« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016.01.31

【1/3】東武小泉線を訪ねる

 今月3日の続きもすでに目的を果たした後とあって、すでに帰り支度といったところですが、赤城駅を出たのがまだ13時代とあってそのまままっすぐ帰るには早すぎるところ。赤城から乗り込んだのは太田を経て小泉線の東小泉駅まで向かう列車だったので、そのまま終点まで乗り続けることにしました。震災の直前に西小泉駅を訪ねたことがありますので、この沿線に足を運ぶのは5年ぶりとなりました。

東武クハ8664@太田'16.1.3
太田を経て小泉線へ

 太田を経て小泉線へと進みますが、単線ののんびりした車窓で、初乗り以降なかなか足を運べていない路線の一つでもありますが、終点の東小泉駅に到着し駅前に降り立つと、駅周辺には住宅街が構成されていて、それなりに利用者は多い様子でした。そんな中、駅近くにある踏切の近くで小泉線の列車を撮影することに。2両編成の8000系が行ったり来たりしている様子は、東武のローカル路線らしいところでしょうか。

東武8000系@東小泉'16.1.3
東小泉駅近くで太田へ戻る8000系を撮影

 この後、西小泉へ移動しますが、次の列車が来るまで30分ほど時間があり、歩いているうちに辿り着いてしまいそう。天気もいいこともあり、のんびり線路に沿って歩くことにしました。小泉町駅を経て20分ほどで終点西小泉駅に到着。そろそろ列車が到着する頃だったので近くの線路脇で待っていると、東小泉寄りから2両編成の8000系がこちらに近づいてまいりました。

東武8000系@西小泉'16.1.3
西小泉駅に到着する8000系

 5年ぶりの西小泉駅に到着。ここからは熊谷行きの朝日バスに乗り込み、県境を越えることにします。西小泉駅を出発してしばらく群馬県内を走行し、利根川を渡って埼玉県へ戻ってきました。このまま熊谷駅へ向かい、高崎線に乗って帰ろうと思っていたら、下り列車が遅れている様子。やむなく構内をブラブラしていると、朝方羽生駅で見かけた秩父三社トレインとこの日2度目の対面を果たしました。

秩父鉄道7500系@熊谷'16.1.3
夕暮れの熊谷駅でこの日2度目となる秩父三社トレインと再会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.30

【1/3】上毛電鉄新春イベント2016を訪ねる

 今月3日の続き。桐生駅から歩いて上毛電鉄の西桐生駅にやってきました。この日は大胡でイベントが行われ、恒例のデハ101号も運転されましたが、正月三が日の鉄道イベントというのも珍しく、この時期に訪ねるのは今回が初めてでした。まずは西桐生駅の出札窓口でフリーきっぷを入手。その後、大胡からやってくるデハ101号をお迎えするため駅近くの踏切で待機していると、甲高いモーター音を響かせながら古豪が近づいてきました。

上毛電鉄デハ101号@西桐生'16.1.3
上毛電鉄のイベントではおなじみのデハ101号が今回も運転

 足早に駅に戻りホームへ。さっそく停車中のデハ101号と対面しました。今回、車両の両端に取り付けられていたヘッドマークには上毛電鉄の鉄道むすめ、北原ゆうきのイラストが入っていて、今回のイベントの注目する一つでありましたが、当初このデハ101号に乗ろうと思っていたものの、すでに多くの乗客が待っていてかなりの混雑だったことから、1本前の中央前橋行きで先行することといたしました。

迎春HM'16.1.3

寿HM'16.1.3
(2枚とも)デハ101号に取り付けられた2種類のヘッドマーク

 途中の赤城で東武からの乗換客を乗せると、駅に停車する度に乗客が降りて行きました。いずれも撮影目的の出で立ちの乗客で、今回のイベントはなかなか盛況の様子でしたが、こちらもどこかでお迎えしたいところ。いろいろ考えた末、北原で待つことにしました。上毛電鉄の鉄道むすめに由来するところで、彼女に敬意を示すべくここに降り立った次第でしたが、暫し待っていると西桐生方面から乗客を満載に乗せたデハ101号がやってきました。

上毛電鉄デハ101号@北原'16.1.3
ゆうきさんに敬意を表して・・・heart01

 後続の中央前橋行きに乗り込み、イベントが行われている大胡を過ぎて次の江木で下車。せっかくなので一区間だけデハ101号に乗車することにしました。しばらく待っていると、中央前橋方面からデハ101号が到着。こちらも車内は通勤ラッシュさながらの混雑ぶりで、何とか車内に入って出発しました。もっとも一区間だけなのでこれでも別段構いませんでしたが、吊り掛けモーターの音を聞きながら終点の大胡に到着しました。

上毛電鉄デハ101号@大胡'16.1.3
臨時列車の運転を終え、電車庫へ・・・

 この後は大胡電車庫で行われていたイベントへ。電車庫内では近隣の鉄道会社によるグッズ販売やデキ3021号の試乗会など、様々な催しが行われておりましたが、そのうち一番の注目だったのが、713号の前に並んだ北原ゆうきと上信電鉄の鉄道むすめ、富岡しるくのツーショットが実現したことでしょうか?富岡しるくについては年末に上信電鉄沿線で彼女の雄姿(?)を見てきましたが、今後の活躍に期待したいところですねheart04

上毛電鉄700型@大胡電車庫'16.1.3
彼女たちの今後の飛躍を期待heart01

 この後13時過ぎに大胡を退散。赤城駅ですぐに東武に乗り換え、少し早めではありましたが上毛電鉄沿線から撤収と相成りました。もちろんこれでまっすぐ帰ってしまうには早すぎたので、どこへ行ったのかは次の記事でご報告といたします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.29

【1/3】両毛線で出会った懐かしい顔

 今月3日の続き。羽生から東武伊勢崎線に乗り込み、館林乗換で足利市までやってきました。歌手・森高千里の歌でも有名になった「渡良瀬橋」を横目で見ながら両毛線の足利駅へ移動。ここから桐生を目指すことにしますが、ホームで列車を待っていたら、小山行きの列車にJR東日本で唯一残っている幕車の211系A36編成がやってきました。高崎線で何度か乗ったことのある車両ですが、久しぶりの対面となりました。

211系@足利'16.1.3
久々の対面~211系A36編成

 その交換で高崎行きが入ってきましたが、こちらには115系が使用されておりました。中央線でも211系に置き換えられ、JR東日本管内では次第に活躍の場が狭くなりつつある115系ですが、ここ両毛線を始め、高崎支社管内では今も107系や211系と共に元気な姿を見ることができます。そんな国鉄型のモーター音を響かせながら両毛線を西へ進み桐生に到着。そのまま、上毛電鉄西桐生駅へ向かいました(続く)。

クハ115‐1101@桐生'16.1.3
国鉄型・115系に揺られて桐生に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.28

【1/3】2016年最初の秩父鉄道訪問

 正月三が日の1月3日、高崎線に乗り込むところからスタートし、熊谷駅に降り立ちました。ここから秩父鉄道に乗り換えますが、今回はフリーきっぷを買わず、券売機で羽生までの乗車券を購入。引き続き窓口で急行券と干支イラスト入りの開運入場券を1枚手に入れてきました。一時、新年早々に売り切れてしまい買えなかったことがありましたが、今年は無事手に入れることが出来ましたwink

干支イラスト入り開運入場券@熊谷駅
今年も入手~干支イラスト入り開運入場券

 改札を抜け、そのままホームへ向かうことに。この後、7時38分発の羽生行き急行に乗り込みますが、やってきたのは「急行 開運」と書かれたヘッドマークを付けた急行色の6003Fでした。今年も「開運」号のヘッドマークを付けた急行が運転されるとのことでやってきましたが、ここ数年行われてきたSL運行が今年はないとのことで、今年は“乗”に徹しようと思った次第でした。

秩父鉄道6203@熊谷'16.1.3
急行「開運号」に乗って羽生へ

 熊谷から揺られること20分弱で終点の羽生に到着。東武伊勢崎線に乗り換えようとホームで列車を待っていたら、秩父鉄道のホームに見慣れないラッピング車両が入ってきました。こちらは昨年末に登場した「秩父三社トレイン」で、文字通り秩父三社と呼ばれる寶登山神社と秩父神社、三峯神社ゆかりのイラストが各車両にラッピングされていました。こちらは別の機会にゆっくり見てみたいところですね。

秩父鉄道7500系@羽生'16.1.3
秩父三社トレインと初対面happy01

 こうして羽生から東武伊勢崎線に乗り換えて県境を越えて群馬県へ入ってきましたが、この続きは後ほど(続く)。

桜沢みなの等身大パネル@羽生'16.1.3
羽生駅でお出迎え~みなのさんheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.27

【1/2】2016”鉄”始めその2~急遽転進、都電沿線を巡る

 今月2日の続き。関屋から京成に乗り込み、町屋へやってきました。当初、こちらも毎年恒例となっている新京成の干支ヘッドマーク付き列車を見に行く予定でしたが、twitterでたまたま都電のヘッドマーク付き車両を見つけたので急遽変更をした次第。町屋到着後、町屋二丁目電停まで歩いてしばし待機していると、早稲田寄りから1台の8800形が近づいてきました。

都電8800形@町屋二丁目'16.1.2
「賀正 2016」のヘッドマークを付けた都電8800形

 やってきたのは、紫色の8807号。前方の三ノ輪橋寄りには何も付いていませんでしたが、後方の早稲田寄りには「賀正 2016」と記されたヘッドマークが取り付けられていました。ヘッドマークは大概、車両両端部に取り付けられることが多いですが、片方しか取り付けられていないのは珍しいところで、何か理由があるのかどうかは不明なところ。こちらを見送り、町屋を後にしました。

 この後、荒川遊園地前電停で下車し、荒川車庫前を経て飛鳥山まで都電を横目で見ながらのんびり歩くことに。新車8900形やレトロ車両など、様々な種類の電車が行き来している様子を見ながら過ごしてきました。

都電8800形@荒川車庫前'16.1.2

都電8900形@荒川車庫前'16.1.2

都電8500形@王子'16.1.2
(3枚とも)のんびり都電沿線をブラブラshoe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.26

【1/2】2016”鉄”始めその1~東武の干支ヘッドマークを追う

 2016年の“鉄”活動。スタートは恒例の新春ヘッドマーク付き列車の追っかけとしました。大宮からしもうさ号に乗り込んで南越谷へ向かい、ここから東武スカイツリーラインに乗り換え。大師線の乗換駅である西新井までやって来ました。さっそく大師線に乗り込みますが、三が日の2日目とあって車内は西新井大師へ向かう乗客で満員。そんな中、2両編成の8000系に揺られ、終点大師前に到着しました。

東武8000系@大師前'16.1.2

2016年賀正HM'16.1.2
(2枚とも)今年の干支、申がデザインされたヘッドマークが登場>東武大師線

 さっそくホームに降りて今年のヘッドマークを拝むことに。もちろんイラストは2016年の干支である申が使用されておりますが、一時期使われていた東京スカイツリーのキャラクターのものよりもずっとこっちの方がしっくり来ますね。もっとも東京スカイツリーの宣伝という観点から使われていたのかと思いますけど、やはり干支の方が新年らしい雰囲気ですね。

 再び大師線に乗り込んで西新井へ。すぐに東武スカイツリーラインの列車に乗り換えて堀切までやってきました。手前の牛田で先ほどの大師線と同じデザインのヘッドマークを付けた10000系とそれ違ったので、駅近くでお迎えすることにしましたが、大師線と同じデザインということもあって本線上の列車の方はこれまであまり追いかけてきていなかったりします。そんな中、金色の日光詣スペーシアなど多士済々な車両と出会いました。

東武100系@堀切'16.1.2

東武10000系@堀切'16.1.2-1

東武10000系@堀切'16.1.2-2
(3枚とも)堀切駅近くで本線上を走るヘッドマーク付き列車をお迎え

 この後は荒川の土手で京成のスカイライナーをお迎えしてから京成関屋駅へ。今度は京成に乗り込むことにしましたが、この続きは後ほど(続く)。

京成AE形@京成関屋'16.1.2
定番の荒川の土手からスカイライナーをお迎え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.25

【12/29】ぐんまちゃん列車に乗る~上信電鉄

 2015年も残すところあと3日となった先月29日ですが、年内最後のお出かけはいろいろ考えた末、上信電鉄沿線に足を運んできました。何でも「ぐんまちゃん列車」なるものが運行を開始したとのことで、文字通りぐんまちゃんのイラストが車体全体にラッピングされていますが、その隙間を縫うように上信電鉄の鉄道むすめ、富岡しるくもラッピングされているとのことで、様子を見に行くことにしました。

 高崎線に乗って深谷で下車。ここ深谷と言えば、夏場に開催された鉄道むすめのスタンプラリーではここで降りて「ぐんまワンデー世界遺産パス」を手に入れてきましたが、今回もこのきっぷを利用することにしました。大人1枚2,100円で群馬県内のJRは元より各私鉄も利用できるとあって便利なきっぷでしたが、このきっぷも年内一杯までの発売とのことで、乗り降り自由であることを利用し、ここ深谷と次の岡部で郵便局巡りをしてきました。

埼玉グランドホテル深谷内局&岡部局風景印'15.12.29
2015年最後の収穫~風景印

 再び岡部から高崎線に乗り込んで高崎へ。到着直前、引込線にこの日のお題目であるぐんまちゃん列車らしき車両が止まっている様子が車内から見えました。どうやら日中営業運転は入っていない様子で些か残念なところ。それでも午後から動き出すかもしれないので、ランチを済ませてから上信電鉄の乗り場へ移動し、下仁田行きの列車に乗り込み出発します。

 どの道、本線上にはお目当ての列車が動いていなかったので、いろいろ考えた末に山名で下車。上信電鉄では一番新しい7000形や“シマウマ”柄153Fなどをお迎えしました。上信電鉄沿線ではどちらかと言えばこれまであまり乗り降りしていない駅でしたが、駅のすぐ裏手には山名八幡宮があり、境内を少しだけ散策。正月準備に追われている様子が伺えました。

上信電鉄7000形@山名'15.12.29

上信電鉄150形@山名'15.12.29

鳥居@山名八幡宮'15.12.29
(3枚とも)山名駅周辺でのんびり滞在

 この後、高崎行きの列車に乗り込み逆戻り。佐野のわたし駅に降り立ちました。初めて降り立った11月の時はあいにくの天気の中でしたが、今回は冬晴れの天気とあって、前回の分も合わせて駅周辺を散策。この駅が出来る前は隣の根小屋から歩いて辿り着いた烏川に掛かる木製の橋もこの駅からだと歩いてすぐなので、利用する価値が高いですね。しかしお目当てのぐんまちゃん列車は結局来ず、やむなく高崎行きの列車に乗り込みました。

上信電鉄150形@佐野のわたし'15.12.29
夕暮れの佐野のわたしでシマウマを待つ

 そんな中高崎へ戻ってくると、日中構内に止まっていたぐんまちゃん列車のパンタグラフが上がっている様子を確認。しかもここまで乗ってきた列車はそのまま車庫に引き上げていきました。どうやらこの後、入れ替わりでぐんまちゃん列車が営業運転に就く様子で、これはまさにチャンスwink。せっかくなので一区間だけ乗車するべくホームで待っていると、ぐんまちゃんを満載した派手な列車がホームに入線してきました。

ぐんまちゃん&富岡しるくラッピング'15.12.29

運転台@ぐんまちゃん列車'15.12.29

上信電鉄500形@高崎'15.12.29
(3枚とも)最後の最後で乗車happy01>ぐんまちゃん列車

 ぐんまちゃんの合間に富岡しるくのイラストがラッピングされており、車内にはぐんまちゃんのぬいぐるみも鎮座。そんなぐんまちゃん列車に揺られること数分で次の南高崎に到着しました。すでに時刻は17時を過ぎており、わずかな時間しか乗車できなかったのが残念でしたが、次回はじっくり乗りたいところで、こちらは2016年の“宿題”と相成りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.24

【12/27】2015年最後の鉄博へ

 先月27日は基本地元でのんびり過ごしておりましたが、夕方からちょっとだけお出かけすることに。出掛けにまずは地元で“鉄”活動してきました。と言っても、特にレアな列車が来るわけではなく、定番の安中貨物のお出迎えでしたが、この日はタンク車と無蓋車のほぼフルの編成でやってきました。通過した時、西日が陰ってしまったのがちょっと残念でしたね。

EH500-73@宮原'15.12.27
出掛けに地元で安中貨物をお迎え

 この後は鉄道博物館へ。ヒストリーゾーンに展示されているC57の135号機に、「さようなら」と記されたヘッドマークが取り付けられました。これは、1975年12月14日に運転された国鉄最後の定期SL列車に取り付けられたのと同じデザインのヘッドマークで、写真で目にしたことはありますが、今から40年ほど前までSLが現役で活躍していたことを思うと、現役の頃の姿を一度は目にしたかったですね。

C57135@鉄道博物館'15.12.27
国鉄最後のSL列車運行時に取り付けられたヘッドマークが登場~C57

 その他同じヒストリーゾーンでは、EF58の89号機に寝台特急「みずほ」のヘッドマークが取り付けられているのを確認。閉館が間近に迫る時間帯、外のイルミネーションを見ながら、2015年最後の鉄博を堪能してきました。

イルミネーション@鉄道博物館'15.12.27

EF58-89@鉄道博物館'15.12.27

ヒストリーゾーン@鉄道博物館'15.12.27
(3枚とも)2015年最後の鉄博を堪能してきましたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.23

【12/26】真冬の東武東上線を訪ねる

 12月最後の土曜日となった26日は東武東上線沿線へ。池袋からスタートしました。この日のお目当ての一つ、昨年11月末に登場したフライング東上カラーの50090系50092Fに乗りたいところでしたが、如何せん1編成とあってはそう簡単に出会えるはずもなし。それ違う列車にもそれらしい車両と出会うことができませんでした。来るあてもなかったので、そのまま越生線の乗換駅である坂戸までやってきました。

とうぶてつどうの電車たち@池袋'15.12.26
池袋駅のホームで見かけた子供向けのイラスト

 駅構内の食事処でランチを済ませた後、越生行きに乗車。この日、越生線にはツートンカラーのリバイバル編成、81107Fが行き来しており、坂戸に着いた際に越生線のホームに停車していたのを確認しておりましたが、武州長瀬で越生からの戻りと交換し、そちらを見送った後、ここで下車することにしました。8月のスタンプラリーでも降り立った駅ですが、駅近くの線路脇でしばし待っていると、坂戸方面から戻ってまいりました。

東武8000系@武州長瀬'15.12.26
武州長瀬駅近くでリバイバルカラー81107Fを撮影

 再び坂戸へ戻り、東上線に乗り換え。小川町へやってきました。ここですぐに寄居行きに乗り換えましたが、次の東武竹沢でフライング東上カラーの8198Fと交換。50092Fに出会えませんでしたが、こちらは運用に入っていることがわかり一安心したところで次の男衾で下車することになりました。前年もここで降りて先ほど越生線で見かけた81107Fを撮影しておりますが、今回もここで小川町から折り返してきた8198Fをお迎えしました。

東武8000系@男衾'15.12.26
フライング東上カラーになった8198F

 前年と全く同じ時期的に訪れているにもかかわらず今回はそれよりも遅い時間帯だったようで、太陽が西に傾きつつありました。そこで、今度は玉淀へ移動。荒川鉄橋を渡る8198Fをお迎えすることにしました。しばし待つこと16時近く、小川町からやってきた8198Fが西日を浴びて鉄橋に差し掛かりました。男衾では影が伸びつつあったので、冬場で遅い時間でも間に合いましたwink

東武8000系@玉淀'15.12.26
西日を浴びて荒川鉄橋を渡る8198F

 この後寄居へ向かい、8198Fに乗って小川町へ。駅前のおからドーナツの店でおみやげを手に入れてから帰ってきました。

おからドーナツ@三代目清水屋
おみやげはお馴染みのおからドーナツhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.22

【12/21】2020系初乗車~埼玉新都市交通

埼玉新都市交通2020系@加茂宮'15.12.21

 先月21日の朝、埼玉新都市交通の新車、2020系に初めて乗車することができました。実はそれまでも何度か沿線に足を運んで待っては見たんですが、如何せんわずか1編成の“レアモノ”なだけになかなか出会えず、ようやく2015年も押し迫った時期に何とか間に合った格好でした。改めて実物を間近にすると、先頭車の顔つきもさることながら、やはり幅広のドアが目立ちますねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.21

【12/20】クリスマス列車「柴口このみ号」に乗車する~シーサイドライン

 先月20日の続き。新杉田からクリスマス列車「柴口このみ号」のイベントに参加します。改札口付近で鉄道むすめ21人のお出迎えを受けた後、受付を完了してから再び改札内へ。出発前、ホーム上では4月にお披露目されたキャンペーンガールによるミニライブが開催され、彼女たちが歌うオリジナルソングが披露されました。そのオリジナルソングのCDは前日から発売され、受付で頂いた記念品の中にも入っておりました。

クリスマス列車受付ブース@新杉田'15.12.20

鉄道むすめパネル@新杉田'15.12.20

西武グループ鉄道むすめパネル@新杉田'15.12.20
(3枚とも)新杉田からクリスマス列車「柴口このみ号」に乗車

 ミニライブ終了後、いよいよクリスマス列車に乗り込みます。車内は今年も鉄道むすめ一色で、一通り見る間もなく車内の照明が落とされるとすぐ、新杉田を後にしました。先ほどライブを行ったキャンペーンガールもそのまま乗り込んでイベントの進行に一役買っておりましたが、クリスマス列車の方は昨年と同様に並木中央の車両基地へ進み、普段通ることができない区間を行き来するなど、意外と濃い側面もありました。

車内装飾@クリスマス列車'15.12.20

柴口このみ&川越いぶきポスター@クリスマス列車車内'15.12.20

イルミネーション@クリスマス列車車内'15.12.20
(3枚とも)今回もなかなか派手だったクリスマス列車の装飾xmas

 こうして来た道を逆戻りして再び新杉田へ。あっという間に1時間が過ぎておりました。この後は帰り道。大船経由で帰ってきました。

記念品@クリスマス列車
今年も盛りだくさんな記念品(その他ポスター2点あり)happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.20

【12/20】かき小屋を訪ねる~シーサイドライン

 先月20日の続き。上野東京ラインに揺られて横浜まで向かい、ここから京急に乗り換えて金沢文庫にやってきました。ここから隣の金沢八景駅まで、行き交う列車を横目に線路に沿って歩くことに。日中はすっきり晴れ間が出ていたのにここ金沢文庫に到着した時は曇り空になってしまいましたが、しばらくすると横浜方面からわずか1編成しかない「京急イエローハッピートレイン」がやってきましたwink

京急1000形@金沢文庫'15.12.20
ここでは2度目の対面となった「京急イエローハッピートレイン」

 そのままシーサイドラインの金沢八景駅に到着。クリスマス列車は新杉田を18時に発車するので、そのまますんなり新杉田まで直行するにはちょっと早すぎることから、途中下車しながら新杉田を目指すことにします。まずは券売機で1日乗車券を入手。相変わらず駅構内にはシーサイドラインの鉄道むすめ、柴口このみのイラストが多く見られ、押していることが伺えますねheart01

横浜シーサイドライン2000形@金沢八景'15.12.20

1日乗車券'15.12.20

柴口このみ@金沢八景'15.12.20
(3枚とも)金沢八景からシーサイドラインに乗車happy01

 そんな中、新杉田行きに乗り込んで八景島で途中下車。駅の近くには、カキを始め新鮮な魚介類が味わえる「かき小屋」が3月までオープンしており、そちらに寄り道することにしました。しかも期間中、シーサイドラインに乗ってきた旨伝えると、漁師汁が無料となるサービスもあり、店員にその旨伝えて漁師汁をいただいてきました。もちろんそれだけじゃ物足りないので、生ビールも1杯いただいてまいりましたbeer

漁師汁@八景島'15.12.20
八景島駅近くのかき小屋で漁師汁を頂くhappy01

 この後、並木中央でも途中下車。新杉田には周りがすっかり暗くなった17時過ぎに到着しました。この後はいよいよクリスマス列車に乗り込みますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.19

【12/20】都電クリスマス号に出会う

 先月20日は横浜シーサイドラインで夕方運転されたクリスマス列車に乗車してきましたが、日中はその前に都電沿線へ。毎年恒例の都電クリスマス号の様子を見に行ってきました。王子駅近く、新幹線高架下の大きなカーブのところでしばらく待っていると、三ノ輪橋方向からクリスマスツリーの装飾を付けた9001号が接近。側面にはクリスマスらしいイラストが施されていました。

都電9000形@栄町'15.12.20
2015年も運転された「都電クリスマス号」

 そのまま、いつものように線路沿いに歩いて荒川車庫前電停へ。営業所内に、見慣れない青い車体の電車が止まっていました。昨年秋から投入が始まった8900形の2つ目のカラーとなる8903号で、デビューを記念したヘッドマークが取り付けられていました。まだ投入されて間もないこともあり、車体がピカピカだったのが印象的でしたねhappy01。一方、もう1台の8904号は営業運転中。オレンジ色の8900形共々、目にすることができました。

都電7000形&8900形@荒川車庫前'15.12.20

都電8900形@荒川車庫前'15.12.20-1

都電8900形@荒川車庫前'15.12.20-2
(3枚とも)初めて対面~青塗装の8900形

 この後、尾久駅へ向かい、上野東京ラインで横浜へ向かいましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.18

【12/19】2015年も訪問、ニューヨークグリルの夫婦ランチ

 年末恒例のパークハイアット東京52階にある「ニューヨークグリル」でのランチですが、2015年は先月19日に行ってまいりました。前年は窓側の席が空いておらず、外の景色を堪能しながらの食事ができませんでしたが、今回は幸いにも窓側の席に案内され、好天の東京の景色を見ることができましたsun。まずはウェルカムドリンクのシャンパンを飲みながら、前菜をチョイスいたします。

シャンパン@ニューヨークグリル'15.12.19
2015年もニューヨークグリルでランチを堪能restaurant

 引き続きメインディッシュが運ばれましたが、2014年はちょっと珍しいものと思ってパスタを選んだら量が少なめで物足りず、今回はステーキをチョイス。ところが妻の方は何にしたのか失念してしまいましたcoldsweats01。毎年ウェイターからメニューを手渡されて見る度にあれこれ迷ってしまうところですけど、やはりステーキが一番おいしいでしょうかね?

ステーキ@ニューヨークグリル'15.12.19
今回はステーキをチョイス>メイン

 こうしてメインをいただいた後は締めのデザートとなりますが、ここでもついつい取り過ぎてしまうところcoldsweats01。前菜もなるべく抑えて取ったつもりでしたが、今年も胃薬は欠かせませんでしたcoldsweats02

デザート@ニューヨークグリル'15.12.19
今回も胃薬必須でしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.17

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その10~旅の終わりはこだま号

 先月の旅の続きもいよいよ最後。京都から新幹線に乗って帰ることにします。手元にあるのは、14時59分発こだま666号の指定券。もちろん今回も「ぷらっとこだま」のプラン利用で、現地での滞在時間はやや少なくなってしまうものの、安く上げるには使い勝手のいい旅行商品であります。おまけにアルコール類でも使える引換券付きなので、乗り込む前にビールを引き換えてきましたbeer

 こだま666号は定刻に京都を発車。10月に訪れた京阪大津線の線路や並行して流れる瀬田川、それに豊郷小学校の校舎を車窓から眺め、一路東京を目指します。車内は平日だったせいか、行楽客よりもビジネスマン風の乗客の方が多目で、名古屋では半分近くが入れ替わることに。のぞみ号やひかり号が停車しない駅を利用する乗客にとって、こだま号は重要な足となっているようです。

豊郷周辺@こだま666号車内'15.12.14
10月に訪ねた豊郷町付近を通過中のこだま666号

 東京に近づくにつれて次第に日も傾き、静岡を過ぎたあたりですっかり暗くなってしまったので、富士山は残念ながら車窓からは拝むことはできず。こだま666号は定刻の18時47分、終点東京に到着しました。ちょうど妻の帰宅時間と重なることもあり、東京駅で待ち合わせ。エキナカにある丼専門店で夕食を摂った後、丸の内側で行われていたイルミネーションを見てから帰ってきました。

こだま666号@東京'15.12.14

親子丼@新橋鶏重どんぶり子'15.12.14

イルミネーション@丸の内'15.12.14
(3枚とも)無事、東京駅に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.16

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その9~クリスマススタンプラリー2015に参戦

 先月の旅の続き。京都で帰りの新幹線に乗るまで時間潰しすることにしました。ちょうど京都市営地下鉄と嵐電のコラボでスタンプラリーが開催されていて、3か所巡れば記念品を貰えるとのことで、帰りの新幹線には十分間に合いそう。さっそく地下鉄の乗り場へ向かい、スタンプラリーの台紙を入手。京都市営地下鉄のキャラクター「太秦萌」と嵐電のキャラクター「福王寺ひかる」の等身大パネルに見守られ、1個目のスタンプを押してきました。

太秦萌&福王寺ひかる等身大パネル@京都'15.12.14
京都市営地下鉄と嵐電のコラボ企画のスタンプラリーに参加

 この後地下鉄に乗車し、烏丸御池で乗り換え。東西線に乗り換えて終点の太秦天神川へやってきました。ここで2個目を押印。そのまま地上へ上がり、すぐ傍の嵐電乗り場へやってきました。5月の全国鉄道むすめ巡りで訪れて以来、半年ぶりにやってまいりましたが、今回は帰りの新幹線のこともあったのですぐに出発することに。ホームで嵐山行きの電車を待つことにします。

太秦萌&福王寺ひかる等身大パネル@嵐電天神川'15.12.14
太秦天神川で2個目を押印

 しばらくすると、四条大宮方面から嵐山行きの電車が到着。やってきたのは茶色に塗装されたモボ21形で、こちらに乗り込み嵐電天神川を後にしました。この日は修学旅行生の一団が乗車。賑やかな車内を過ごした後、終点の嵐山に到着しました。さっそく3個目のスタンプを押印。これで完集となり、全国鉄道むすめ巡りのスタンプが設置されているインフォメーションへスタンプ台紙を持参し、記念品をゲットしてきました。

嵐電モボ21型@嵐山'15.12.14

太秦萌&福王寺ひかる等身大パネル@嵐山'15.12.14

スタンプ台紙&缶バッジ
(3枚とも)嵐山で記念品をゲットwink

 これで京都でのミッションは終了となり、駅近くにある郵便局に寄った後、嵯峨嵐山駅へ移動。山陰本線で一気に京都へ向かいました。これで後は帰り支度。東京行きの新幹線に乗るだけとなりましたが、続きは後ほど(続く)。

嵐電モボ611型@嵐山'15.12.14
赤く色づいた木々がまだ残る嵐山

京都嵯峨局風景印'15.12.14
京都嵯峨局の風景印

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.15

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その8~2日連続でスーパーはくとに乗る

 先月の旅の続き。新大阪から京都へは在来線に乗り換えます。姫路からだと、新大阪までと京都までとでは新幹線自由席特急券の料金が変わってしまい、在来線の特急を乗り継いだ方が安いことから、姫路駅で新幹線の特急券を買った際に京都までの自由席特急券を購入した次第。次の特急列車は11時24分発の特急スーパーはくと4号で、2日続けての乗車と相成りました。

特急スーパーはくと4号@新大阪'15.12.14
新大阪からスーパーはくと4号に乗車

 新大阪では定刻よりも5分ほど遅れて到着。最後尾の自由席車両に乗り込むと、すでに大阪あたりで降りてしまったのか、車内にいた乗客は数えるくらいになっておりました。そんな中、乗り継ぎ時間内で慌ただしく手に入れた蓬莱551の肉まんをランチにいただくことに。食べ終わったと思ったら、すでに列車は大阪府から京都府へ入っておりました。こうして新大阪から20分ほどで終点京都に到着しました。

肉まん@蓬莱551'15.12.14
車内で蓬莱551の肉まんをいただくwink

 この後は帰りの新幹線までの間、京都市営地下鉄と嵐電の共同で開催されていたスタンプラリーに参戦することにしましたが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.14

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その7~500 TYPE EVAに乗車する

 先月の旅の続き。姫路から山陽新幹線に乗り込みますが、10時28分発こだま730号の指定券を押さえました。この後、京都に寄り道するので自由席でも十分でしたが、敢えて指定席を購入したのは、このこだま730号がアニメ「エヴァンゲリオン」をモチーフにした500系を使用しているためで、話のネタで乗ってみることにした次第でした。10時23分、岡山方面からこれまで見たことがないカラーの500系がホームに入線してきました。

こだま730号@姫路'15.12.14
アニメ「エヴァンゲリオン」仕様になった500系

 車内に乗り込み、指定券に記された座席に着席。10時28分、ゆっくり姫路駅を発車しました。さっそく車内を見てきましたが、博多寄り最後尾の1号車は旅行商品を購入した乗客専用の車両となっていて、それ以外の乗客は入ることができません。一方、自由席は座席がエヴァンゲリオン仕様になっており、これを見た瞬間に失敗と感じてしまいましたねcoldsweats01。おまけに自由席は十分空席があったので、敢えて押さえる必要はありませんでした。

500系ひよけ'15.12.14

500系&N700系@西明石'15.12.14

山陽新幹線開業40周年ステッカー'15.12.14
(3枚とも)50分足らずで「エヴァンゲリオン新幹線」を体験

 次の西明石で後からやってくるのぞみ14号の通過待ちがあったので、改めて外から観察。新神戸を経て11時14分、終点の新大阪に到着しました。すでに折り返しとなるこだま741号を待つ乗客の列が伸びていて、改めて人気ぶりが伺えましたね。一方で旅行商品購入で入ることができる車両というのもちょっと興味があるところですが、さすがにこれだけのために乗車というのは、ファンでないと気が進まないところかもしれませんね。

 この後はすぐに東海道本線に乗り換えて京都へ向かいますが、この続きは後ほど(続く)。

エヴァンゲリオン新幹線クッキー
関連グッズも充実happy01(こちらはクッキー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.13

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その6~朝の姫路城を訪ねる

 先月の旅の続き。2日目となった12月14日は姫路をゆっくり出発する予定にしておりました。そこで、出発前にもう一度姫路城を見に行くことに。朝食を済ませ、散歩がてら姫路城を目指します。城内は今から10数年前に見学済みだったので、今回は外側から眺めることにしましたが、世界遺産にも登録されている城郭は改めて実物を目にすると、日本の城らしい建築物であることに納得させられますね。

鯱@姫路'15.12.14
出発前にもう一度、姫路城にご挨拶happy01

 姫路城の周りをブラブラしているうちに時刻は9時近く。すぐ傍に姫路郵便局があったので、寄り道をしてからホテルへ戻ってきました。部屋に戻って荷物を整理しチェックアウト。その足で姫路駅へ向かい、一路新大阪を目指すことにしますが、この続きは後ほど(続く)。

姫路局風景印'15.12.14
姫路局で貰って来た風景印

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.12

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その5~姫路の夜

 先月の旅の続き。姫路の宿にチェックインし、手荷物を部屋に置いてから夕食を食べに外出することにしました。駅の観光案内所を覗き、市内のパンフレットをいろいろ貰ってきましたが、その中に「姫路おでん」なるものを見つけたので、駅前の「姫路のれん街」という食事処が集まる一角の居酒屋に入ることに。1,000円で7種類のおでんの盛り合わせというのがあったのでいただいてきました。

姫路のれん街'15.12.13

姫路おでん'15.12.13
(2枚とも)しょうが醤油で頂く姫路おでん

 おでんのネタは牛すじ、卵、こんにゃく、さつま揚げ、巾着餅の他、関東ではあまりお目に掛かれないジャガイモやロールキャベツの7種類。ちなみに自宅でおでんをやるときにはジャガイモを入れているのでそれほど違和感はありませんが、何といっても姫路おでん一番の特徴は、しょうが醤油でいただくところですね。普段はからしを付けて食べておりますが、こちらもなかなか一味違いました。

 腹が満たされ、この後は夜の市内を散策。ライトアップされた姫路城や商店街のイルミネーションを見てからホテルに戻りました(続く)。

姫路城'15.12.13

イルミネーション@みゆき通り'15.12.13
(2枚とも)夜の姫路の町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.11

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その4~ヘッドマーク付きディーゼルカーに乗って智頭へ

 先月の旅の続き。大原から智頭に向かいます。ホームでのんびり待っていると、上郡寄りから日中ホームで見送った宮本えりおのイラストが入ったヘッドマーク付きディーゼルカーが到着。今回の全国鉄道むすめ巡りのスタンプと同じデザインが使用されています。ちなみに以前からあるヘッドマーク付きディーゼルカーはこの日、鳥取と智頭との間を行き来している様子で、残念ながらお目に掛かれませんでしたweep

智頭急行HOT3500形@大原'15.12.13-2

鉄道むすめHM'15.12.13
(2枚とも)宮本えりおイラスト入りヘッドマーク付きディーゼルカーで智頭へ

 智頭行きディーゼルカーは16時18分、大原を発車。すでに外は暗くなりつつあり、改めて12月のこの時期、日照時間が短いことを痛感しましたが、前回降り立った恋山形駅は辛うじて明るいうちに通り過ぎ、終点の智頭には16時44分に到着しました。今回、智頭に用事がありませんでしたが、ヘッドマーク付きディーゼルカーに乗りたいがためにやってきた次第でありましたcoldsweats01

ミニカー@智頭'15.12.13
智頭駅前で見かけたえりおさんイラスト入りのミニカー

 これで後はこの日の宿泊地である姫路へ向かうだけ。17時25分発特急スーパーはくと12号で折り返すことにします。駅前のスーパーでいろいろ買い出しをし、智頭急行の窓口で自由席特急券を購入。すっかり暗くなった智頭駅にゆっくりと特急スーパーはくと12号が滑り込んできました。この日は日曜日だったせいか自由席もまずまずの乗車率で、何とか空いている席に座り、1時間ほど揺られて姫路に到着しました。

特急スーパーはくと12号@姫路'15.12.13
スーパーはくとに乗って姫路に到着

 この日の旅はここまで。そのまま駅の近くにあるホテルにチェックインし、少し休憩した後、夕飯がてら夜の姫路の町をブラブラしてきました。この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.10

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その3~智頭急行沿線へ

 先月の旅の続きですが、上郡からいよいよ智頭急行沿線を訪ね歩きます。時刻は正午を過ぎ、腹も減ってきたこともあってランチタイムにしようと思いましたが、駅周辺は開いている飲食店はなく、近くにあったスーパーで穴子飯を見つけこれを入手。智頭急行の乗り場へ向かいました。窓口で1日乗車券と智頭急行の鉄道むすめ、宮本えりおのイラストが入った記念乗車券を手に入れ、停車中のディーゼルカーに乗り込みます。

智頭急行HOT3500形@上郡'15.12.13

宮本えりお記念きっぷ&智頭線1日フリーきっぷ

穴子飯'15.12.13
(3枚とも)上郡から智頭急行に乗車

 13時13分、智頭行きディーゼルカーは上郡を発車。実は昨年も同じスジに乗車しており、智頭の一つ手前にある恋山形駅を訪ねておりますが、鳥取方面からの列車に遅れが発生した影響で、本来平福で交換待ちするはずのスーパーはくとを一つ手前の佐用で交換となりました。今回は特に遅れはなくほぼ定刻運転だったため、平福で特急スーパーはくと号の交換待ちがありました。

特急スーパーはくと8号@平福'15.12.13
平福で特急スーパーはくと8号の交換待ち

 こうして13時59分、目的地の大原に到着。さっそくスタンプを押したいところでしたが、その前に14時10分発上郡行きをお見送りすることにします。今回の全国鉄道むすめ巡りに併せて2つ目の宮本えりおのイラスト入りヘッドマークが登場し、そのヘッドマークを付けたディーゼルカーが運用に入るとのことでしたが、こちらはこの後折り返しの智頭行きで乗車することになり、ここは見送りに留めることにします。

智頭急行HOT3500形@大原'15.12.13-1
大原で宮本えりおイラスト入りのヘッドマーク付きディーゼルカーと初対面

 上郡行きのディーゼルカーを見送った後、いよいよこの旅の大きな目的を達成するため駅舎へ。スタンプは出札窓口のすぐ脇、宮本えりおの等身大パネルの並びに設置されており、そのえりおさんに見守られながら、最後のスタンプを押してきました。ここが最後になったのは特別意識していた訳ではなく、結果的に残ってしまった形となりましたが、23ヶ所にも及んだ2015年度の全国鉄道むすめ巡りも無事完集と相成りました。

宮本えりお等身大パネル@大原'15.12.13
ラスト1個を無事押印heart04

 その後は大原の町をブラブラ散策。大原神社や古い町並みが残る大原宿を見てまいりました。大原宿は智頭急行が開業した1994年12月にも途中下車した際に訪ねていることが当時撮影した画像で確認することができますが、如何せん20年という歳月が経過してしまい記憶に残っておりませんcoldsweats01。現在の兵庫県と鳥取県を結ぶ因幡街道沿いの静かな宿場ですが、当時を偲ぶ建物が数多く残されています。

大原駅舎'15.12.13

キハ187系@大原'15.12.13

紅葉@大原宿'15.12.13
(3枚とも)大原の町を散策

 こうしてあっという間に時刻は16時近く。この後は先ほど見送った宮本えりおのイラストが入ったヘッドマーク付きディーゼルカーに揺られて智頭へ向かいますが、長くなってきたので、このあたりで一旦切りたいと思います(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.09

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その2~国鉄型で上郡へ

 先月の旅の続きですが、岡山から智頭急行の乗換駅である上郡を目指すことにします。出発までの間、岡山駅の構内をブラブラしていましたが、四国連絡の特急列車やマリンライナー、それに山陽本線や赤穂線を行き来する115系など、多士済々な車両が行き来する中で、特急やくもに使用される381系の姿がありました。381系と言えば昨年、国鉄時代から長らく活躍していたくろしおから引退したばかりで、ここが最後の牙城となりました。

381系@岡山'15.12.13
381系にとってやくもが最後の定期運用に

 しばらくして11時13分発の相生行き1312Mが入線。115系がやって来ましたが、真っ黄色一色に塗装されていたのはともかくとしても、姫路寄りの先頭車は115系の顔つきとは似ても似つかぬ前面で、正直違和感たっぷりでしたねcoldsweats01。115系、とりわけJR西日本所属の車両は様々な改造が施されていて原型を留めている車両が残っているのかどうかも不明ですが、この顔はちょっとインパクトが大きいですね。

クモハ115‐1711@岡山'15.12.13
独特の顔を持つ115系に乗車

 1312Mはほぼ定刻に岡山を発車。途中、徐行をしていた関係で上郡には数分遅れて到着となりました。いよいよこの後は智頭急行沿線を訪ねることにしますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.07

2015年最後の全国鉄道むすめ巡り旅その1~空路で岡山へ

 全国23ヶ所に及ぶ全国鉄道むすめ巡り2015もいよいよ残り1ヶ所となりましたが、栄えある(?)ラストを飾ることとなった智頭急行を訪ねる旅に出かけてまいりました。行きは空路を利用。12月13日、羽田空港を7時55分に出発するJAL231便に搭乗しましたが、この日は雨こそ降ってはいなかったもののうっすら雲が掛かり、機内から地上の様子を伺うことができませんでした。

NHboeing787-9@羽田空港'15.12.13
曇り空の羽田空港から出発airplane

 着陸寸前、雲の切れ間から太陽光線が差し込む様子を機内から見ることができましたが、その様子を見ながら機体は岡山空港に着陸。そのままリムジンバスに乗り込み、岡山駅まで辿り着きました。ここから山陽本線の上り列車に乗り込みますが、次の列車まで1時間ほどあったので、東口へ移動して路面電車を観察することに。新型車両「MOMO」に混じって独特の腰高のパンタグラフを高々と上げた電車が行き来しておりました。

岡山電気軌道7100形@岡山駅前'15.12.13
岡山駅前で路面電車を観察

 あっという間に時間が過ぎ、再び岡山駅へ戻ることに。改札を抜けて山陽本線のホームへやってきました。この後は智頭急行の起点である上郡を目指しますが、この続きは後ほど(続く)。

アンパンマンラッピング@岡山'15.12.13
岡山駅で見かけたアンパンマン列車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.06

三陸縦貫鉄道~大船渡線・気仙沼線

 2011年の東日本大震災で甚大な被害を被った大船渡線と気仙沼線の2つのJR路線ですが、沿線自治体によるBRT(バス高速輸送システム)での交通網の整備を進める方針を固めたことから、鉄道による復旧は断たれることになりました。沿線の総意による方針決定であればある程度やむなしのところですが、おととし6月に盛駅を訪れた際、駅構内にしっかり舗装されたアスファルトを見て、鉄道による復旧は厳しいと思っておりました。

 気仙沼線は1989年の夏に、そして大船渡線には1990年8月に当時健在だった東北ワイド周遊券を片手に乗り潰しておりますが、その2年後の1992年には廃止間近の岩手開発鉄道の乗り潰しの際にも乗車しております。民営化後5年も経っていない頃で、首都圏ではJR独自のサービスが出つつある中、地方路線はまだまだ国鉄の色が残っていた頃でしたが、このような時期に旅ができたことは貴重な体験だったと思いますね。

キハ53-201@気仙沼'92.3
キハ58系列で運転されていた快速南三陸。1992年3月撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.05

今春以降も販売~青春18きっぷ

 北海道新幹線の開業に伴い、青春18きっぷの処遇がどうなるのか気になっていたところでしたが、今日になりオプション券を購入することで利用することが可能となると発表がありました。片道大人2,300円で1回限りということで、往復利用の場合は2枚購入することになりますが、全国の駅などで購入可能とのことで、事前に用意して出発することも可能ですね。

 とは言え、このオプション券が通用するのは、新幹線の区間は奥津軽いまべつから木古内の間までと道南いさりび鉄道の五稜郭までの区間で、青森方面からだと津軽線に乗って津軽二股まで辿り着く必要があります。一方、北海道&東日本パスについては特急券を手に入れれば新青森と新函館北斗との間を利用することも可能なので、現実味からすれば北海道&東日本パスの方が使い勝手はいいのかもしれませんね。

青春18きっぷ
春以降も発売されることになった「青春18きっぷ」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016.01.04

【12/11】特急きりふり267号に乗る~東武

 先月11日は職場の忘年会があり、20時過ぎにお開きとなりましたが、ほろ酔い加減のまま都内へ遠征することにしました。お目当ては、12月の毎週金曜日に運転された浅草発運河行きの特急きりふり267号。東武アーバンパークラインに特急が乗り入れるとあって期間中に一度様子を見に行きたいと思っておりましたが、何分夜遅い時間の運転とあってまさにこの日はチャンスでした。

きりふり267号ポスター@浅草'15.12.11
浅草駅で見かけたきりふり267号運転のポスター

 上野から銀座線に乗り込み、浅草には21時過ぎに到着。すでに酔いが覚めつつありましたが、特急券はすでに日中のうちに手に入れてあったので、後は出発を待つのみとなりました。ホームでのんびり過ごしていると、明らかにきりふり267号目当てと思われる乗客姿をちらほら見かけ、思っていた以上に注目度が高いことが伺えましたが、出発時間が近くなるにつれてその数も徐々に増えていきました。

 22時を過ぎ、回送列車がゆっくり入線。使用されている車両は300系で、運転台には黄色い地の種別札も用意されるなど力の入れ様が伺えましたね。ちなみにこの種別札は運転された日によって異なるデザインが用意されていたことを後日知り、全種類見てみたかった気持ちはありましたが、如何せん夜遅くともなるとなかなか動きづらいところがありましたね。

きりふり267号電光掲示板@浅草'15.12.11

特急きりふり267号@浅草'15.12.11

きりふり267号種別札'15.12.11
(3枚とも)浅草駅での様子

 こうして列車に乗り込み22時10分、きりふり267号はゆっくり浅草を発車。北千住に停車した後、春日部までやってきました。ここでしばらく停車した後、進行方向が逆向きとなり、渡り線を辿って東武アーバンパークライン内へ。この渡り線は一昨年の11月、ゆるキャラサミットに合わせて運転された臨時列車ですでに体験済みでしたが、終点まで乗ってしまうと大宮まで帰ってくることができないので次の藤の牛島で下車と相成りました。

特急きりふり267号@春日部'15.12.11
春日部に到着したきりふり267号。この後進行方向が変わり、東武アーバンパークラインへ。

 この日の乗客の様子からすると、沿線の利用客というよりは体験乗車的な乗客の方が多数を占めていたように思えましたが(かく言う自分もその一人…coldsweats01)、それなりに注目度はあったようで、第二弾があるかどうか気になるところですね。急行運転の開始など、大きな変化が予想される東武アーバンパークラインですが、春日部から船橋寄りでもどんな動きがあるか注目したいところです。

きりふり267号特急券'15.12.11
きりふり267号の特急券。春日部より先は特急券なしで乗車できるため、東武アーバンパークライン線内の駅までのものは買えず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.03

【12/6】栗橋界隈で過ごす午後

先月6日の続きですが、東武ファンフェスタを見て回った後、午後は南栗橋駅周辺でのんびり過ごすことに。特にあてはありませんでしたが、いろいろ撮影しながら過ごしてきました。日光詣のスペーシアやスカイツリートレインなどの多士済々な車両達が行き交う中、いろいろ撮影しているうちに時刻は15時近く。あっという間に時が過ぎてしまいましたねhappy01

東武100系@南栗橋'15.12.6

東武634型@栗橋'15.12.6

東武8000系@南栗橋検修区'15.12.6
(3枚とも)午後は南栗橋周辺でネタ探しhappy01

 こうして栗橋の町中へ向かい、全国の鉄道むすめ達の表情を見て回った後は久喜市商工会主催の親睦会へ。参加者とのゲームなどで盛り上がった後、宇都宮線に乗って帰ってまいりました。

岩瀬ゆうこフラッグ@栗橋'15.12.6

栗橋みなみラベル'15.12.6

姫宮ななチーム'15.12.6
(3枚とも)鉄道むすめ達と過ごす夕べheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.02

【12/6】東武ファンフェスタを訪ねる

 2015年中に残してしまったネタがいろいろあるのでcoldsweats01、少しずつ報告していこうと思います。今回は先月6日に開催された恒例の東武ファンフェスタ。行きはもちろん東武に敬意を払うべく大宮から東武アーバンパークラインに乗り込みました。途中、七里で寄り道してきましたが、60000系もすっかり定着した感があるものの、8000系もまだまだ健在ですね。その七里駅では姫宮ななにお見送りを受け、春日部経由で南栗橋へ向かいました。

東武8000系@七里'15.12.6

姫宮ななポスター@七里'15.12.6

東武60000系@七里'15.12.6
(3枚とも)七里で寄り道

 南栗橋に到着。さっそく歩いて会場となる南栗橋検修区へやってきました。例年通り、受付で係員からティッシュボックスを頂きましたが、今年は6050系。昨年頂いたスカイツリートレイン634型は自宅でそのまま使わせてもらっていますが、さすがに1年が経過すると水分で外側がボロボロになり、そろそろ変え時だったことから、今回も有難く使わせてもらいますwink

6050系ティッシュボックス
2015年のティッシュボックスは6050系でしたhappy01

 さっそく会場をブラブラすることにしますが、今年もまずはグッズのブースへ向かいました。例年同じ行動パターンですが、鉄道むすめ関連のグッズを中心に(と言いつつ、結局手に入れたのはそれだけでした…coldsweats01)あれこれ物色してきました。トミーテックブースでは鉄道むすめのアクリル製のキーホルダーを、そして久喜商工会では今年も栗橋みなみのイラストが入ったカレンダーを手に入れてきましたhappy01

鉄道むすめキーホルダー&鬼怒川みやび缶バッジ

2016年栗橋みなみカレンダー
(2枚とも)イベント会場での戦利品heart04

 これでグッズの方は無事入手。引き続き車両撮影会へ進みます。今年も時間を区切って順番に案内するシステムでしたが、例年と比べると一度に入れる人の数が多かったので、そのためか今年のイベントで一番のネタだったフライング東上カラーの車両の前に多くの人が集まることになってしまいました。おかげで一部押し合いながらの撮影となってしまい落ち着かないことこの上ありませんでしたbearing

車両展示@東武ファンフェスタ'15.12.6

東武8000系@東武ファンフェスタ'15.12.6

東武100系&200系@東武ファンフェスタ'15.12.6
(3枚とも)些か窮屈だったcoldsweats01今年の撮影会

 こうして何とか撮影会も無事終了。会場では野田線沿線で過ごした身にとっては何とも懐かしい3000系のイラストが入った記念弁当を販売していたので、1個入手してから会場を撤収となりました。11月に訪ねた、南栗橋駅から歩いて10分ほどのところに広がるコスモスの花畑の傍でいただいてきましたが、12月上旬というこの時期としてはコスモスの花がまだまだ咲いていましたね。

3000系記念弁当外包み'15.12.6

3000系記念弁当'15.12.6

E5系@南栗橋'15.12.6
(3枚とも)コスモスを見ながらランチタイムrestaurant

 この後、午後は撮影を中心に周辺をブラブラした後、夕方からは商工会主催のイベントへ参加となりましたが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.01

【1/1】新年あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。今年まずやることと言えば、昨年末に開業したまま未乗となっている区間の初乗りですかね?さっそく今月上旬に仙台市営地下鉄東西線の乗り潰しのため現地へ赴きますが、札幌市電の延伸区間についてはまだ決めていません。こちらは北海道新幹線と合わせて行くのが筋かもしれませんね。

 そんな2016年最初の日となった今日は自宅でじっとしていましたcoldsweats01。明日は毎年恒例の東武大師線を訪ねる予定です。

富士山'16.1.1
外へ出ていないのでcoldsweats01、夕方撮影した富士山を載せておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »