« 冬の南東北1泊2日紀行その9~とれいゆつばさに乗車する | トップページ | 【1/11】新京成「干支ヘッドマーク」列車を追う »

2016.02.11

【1/11】京急大師線干支ヘッドマーク付き列車に乗る

 先月11日は浮間舟渡で都区内パスを手に入れた後、都内を抜けて川崎へ。そのまま京急川崎駅へ向かいました。この日最初のミッションは京急大師線のヘッドマーク付き列車でしたが、正月三が日だけ運転される東武大師線の干支ヘッドマーク付き列車に対し、京急大師線の方は1月一杯まで掲出とのことで、今年は少し時期をずらして訪れた次第。さっそく1階の大師線のホームで列車を待つことにします。

 しばらくすると、小島新田寄りからヘッドマークを付けた1500形がゆっくりホームに到着。先頭には今年の干支である申がデザインされたヘッドマークが取り付けられていました。今年も応募により2種類のヘッドマークが選出されましたが、2種類とも秀逸なデザインでしたねhappy01。一つはサルらしい絵柄で、もう一つはダルマに扮したサルというちょっとコミカルなイラストでした。

京急1500形@京急川崎'16.1.11

2016申ヘッドマーク'16.1.11
(2枚とも)今年も2種類のヘッドマークが登場した京急大師線

 両方のヘッドマークを拝んだ後、小島新田行きに乗車。京急川崎を後にしました。車内はそれなりに混み合ってはいたものの、正月三が日に比べればだいぶ余裕があり、ヘッドマーク目的で沿線を訪れるのであれば、落ち着いた時期に訪ねる方が賢明かも。今年も東門前駅で下車し、エキチカの線路脇でのんびり撮影タイムといたしました。

京急1500形@東門前'16.1.11-1

京急1500形@東門前'16.1.11-2
(2枚とも)今年も東門前駅近くで撮影タイムcamera

 これで一つ目のミッションが終了となり、再び大師線に乗り込んで京急川崎へ。都内へ戻ってきました。この後午後は一転千葉県内へ。こちらも年始め恒例の新京成のヘッドマーク付き列車を見てきますが、続きは後ほど(続く)。

|

« 冬の南東北1泊2日紀行その9~とれいゆつばさに乗車する | トップページ | 【1/11】新京成「干支ヘッドマーク」列車を追う »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/63196373

この記事へのトラックバック一覧です: 【1/11】京急大師線干支ヘッドマーク付き列車に乗る:

« 冬の南東北1泊2日紀行その9~とれいゆつばさに乗車する | トップページ | 【1/11】新京成「干支ヘッドマーク」列車を追う »