« 【2/26】ニューシャトルの新車2本目、22編成に乗る | トップページ | あれから5年 »

2016.03.10

【2/26】2年連続、初春の三浦海岸~京急

 先月26日ですが、1日休みを取って三浦半島へ行ってまいりました。この時期河津桜が見頃で、昨年もちょうど同じ時期に訪ねておりますが、まずは品川駅でみさきまぐろきっぷを入手。快特三崎口行きに乗り込んで出発しました。横浜まではあっという間でしたが、その先は乗っていて長く感じましたねcoldsweats01。こうして午前11時過ぎ、三浦海岸駅に到着しました。

河津桜@三浦海岸'16.2.26
三浦海岸駅周辺は河津桜が見頃を迎えていましたcherryblossom

 この日は金曜日。平日ながら列車からは多くの乗客が降りてきましたが、駅前の露天を通り過ぎて河津桜が咲く小松ヶ池へやってきました。ところが京急の線路を跨ぐ陸橋には桜並木をバックに撮影する人で大賑わい。中に入る余地がないほどで、週末に比べれば少しは落ち着いているだろうと思っていただけに意表を突かれましたね。昼近くになり腹も減ってきたことから一旦退散することにしました。

京急1000形@三浦海岸'16.2.26
赤とピンクと黄色の色彩・・・

 三浦海岸駅に戻り、駅前から三崎港行きのバスに乗車。なぜか途中の停留所から乗客が続々乗り込み、車内は立ち客が出来るほどの混雑となりました。この調子だと三崎港周辺の飲食店も混雑しているんではないかと心配でしたが、到着後に近くの店を覗いたら空席があったので無事ランチに有り付けましたwink。名物のまぐろを使った丼ものの他、竜田揚げやデザートまで付いていて、なかなか豪勢でありました。

まぐろ丼@割烹旅館立花'16.2.26
三崎港バス停近くの店でまぐろ料理を堪能

 食後は三崎港周辺の郵便局に立ち寄りながら周辺を散策。新鮮な魚介類を扱う産直センターには観光バスが続々到着してはツアー客が降りてきて、店内は大盛況でしたね。実はみさきまぐろきっぷの施設利用券をここで使用しようと思っていましたが、対象となる商品が店によっては表に出ておらず、いちいち聞くのも面倒となってしまったことから断念。坂をしばらく上がったところにあるバス停から乗り込み、三崎港を後にしました。

三浦市風景印'16.2.26
三崎港周辺の郵便局で風景印集め

 バスは終点の三崎口駅に到着。時刻は15時近くと帰るにはまだ早い時間だったので、歩いて午前中訪ねた小松ヶ池へやってきました。三崎口駅からだと歩いて15分ほどで、三浦海岸駅の方が若干近いところですが、午前中は人だかりができていた桜並木が見える陸橋は若干落ち着いていたので、ここでしばらく撮影タイム。すると、品川方面から青い車体の2100形が近づいてきました。

京急2100形@三浦海岸'16.2.26
河津桜の並木を行く”ブルスカ”

 よく見ると、正面のスカート部分は黄色と黒のトラ模様で、台湾鉄路のカラーに近い塗装が施されておりましたが、これは京急と台湾鉄路の友好鉄道協定締結1周年を記念したラッピング車両で、どうやら午前中の人だかりはこちらがお目当てだったようですね。“ネタ”が通る時を除けは人が流動的なので撮影できないほどではなく、結局1時間ほど滞在して赤い電車とピンクの河津桜のコラボを堪能いたしました。

 こうして時刻は16時近く。そろそろ撤収して三浦海岸駅までやってきました。しかし手元にはまだ施設利用券が残っており、こちらを使って帰りたいところ。そこで、駅近くにある「三浦マホロバ温泉」で施設利用券が使えるとのことで一風呂浴びてくることに。かなり立派な建物は、浴衣に着替えてそのまま宿泊したいところ。しかし今回は日帰り入浴を楽しんだ後、惜しみつつ三浦海岸駅へ向かい、17時過ぎの列車で品川まで帰ってまいりました。

京急600形@三浦海岸'16.2,26
夕日を浴びた赤い電車に乗って帰りますwink

|

« 【2/26】ニューシャトルの新車2本目、22編成に乗る | トップページ | あれから5年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

風景印」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/63326936

この記事へのトラックバック一覧です: 【2/26】2年連続、初春の三浦海岸~京急:

« 【2/26】ニューシャトルの新車2本目、22編成に乗る | トップページ | あれから5年 »