« 【5/5】今年も運転、東武1800系使用の臨時快速 | トップページ | 【5/5】東武沿線をぶらつく午後 »

2016.06.18

【5/5】多彩な顔ぶれの両毛線

 先月5日の続き。東武日光線沿線から離れ、今度は両毛線沿線へやってきました。以前訪ねたことのある、大平下駅から佐野方向へ10分ほど行った田園地帯を目指している最中、踏切の警報器がなり始めたので待っていると、小山寄りから快速足利藤まつり1号が近づいてきました。183系時代は毎年撮影に出向いていましたが、185系に変わってからは「臨時快速」と記された文字だけの幕となってしまい、足が遠のいてしまいましたねcoldsweats01

快速足利藤まつり1号@大平下'16.5.5
移動中にやってきた快速足利藤まつり1号

 快速足利藤まつり号はこの後もう1本来るので、田園地帯でしばし待機。その前に115系の普通列車がやってきました。高崎支社の115系は4月の上田日帰り旅の途上、高崎駅で目にしておりますが、ここ両毛線では今も国鉄時代の風景を目にすることができます。今後の動向が気になるところですが、具体的な置き換え話が上がってくれば、撮影目的の人で賑わうことでしょうね。

115系@大平下'16.5.5
両毛線では今も現役の115系

 こうして過ごしていると、ようやく快速足利藤まつり3号が接近。ゴールデンウィーク期間中は2往復体制で、日によっては指定券が満席になるほどの盛況ぶりですが、高崎線経由のリゾートやまどりを使用した快速リゾートやまどり藤まつり号や常磐線沿線から水戸線を経由してやってくる快速足利大藤まつり号も運転されるなど、ゴールデンウィーク中のあしかがフラワーパークは大盛況ですねhappy01

快速足利藤まつり3号@大平下'16.5.5

快速足利大藤まつり号@大平下'16.5.5
(2枚とも)臨時快速2本をお迎え

 そんな足利大藤まつり号を見送り、これで目的は達成となりましたが、この後小山行きの普通列車がやってくるので、どんな車両でやってくるのかを見届けようとしばし待つことにしました。やってきたのは107系。こちらも今後の動向が気になる車両ですが、足回りはかつての急行型車両の165系のものを使用しており、形は変わっていても国鉄時代の香りを残している車両と言えそうですね。

107系@大平下'16.5.5
こちらも今後が気になるところ~107系

 これで両毛線沿線から離れ、再び新大平下駅へ戻ってきました。この後は特に予定はなく、東武日光線沿線をブラブラしようと思っていましたが、このまま来た道を戻るのももったいなかったので、急遽予定を変更して宇都宮へ向かうことに。この続きは後ほど(続く)。

|

« 【5/5】今年も運転、東武1800系使用の臨時快速 | トップページ | 【5/5】東武沿線をぶらつく午後 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/63796543

この記事へのトラックバック一覧です: 【5/5】多彩な顔ぶれの両毛線:

« 【5/5】今年も運転、東武1800系使用の臨時快速 | トップページ | 【5/5】東武沿線をぶらつく午後 »