« 北海道完乗旅その7~出発前の朝の函館を散策する | トップページ | 北海道完乗旅その9~北海道新幹線で帰路に »

2016.07.25

北海道完乗旅その8~道南いさりび鉄道に乗る

 先月の北海道完乗旅の続き。ホテルをチェックアウトし、函館駅へ向かいました。この後はJR江差線から第三セクターへ転換した道南いさりび鉄道を乗り潰しますが、次の木古内行きは10時40分発。自動改札機を抜けホームへ向かうと、JR 北海道カラーのキハ40系が単行で停まっており、さっそくこちらに乗り込みます。ぱっと見だけではかつての江差線と変わりはありませんが、側面の濃い青地のサボが移管を物語っております。

キハ40-1810@函館'16.6.6

道南いさりび鉄道サボ'16.6.6
(2枚とも)函館から道南いさりび鉄道に乗車

 座席が少しずつ埋まり、定刻10時40分に函館を発車。五稜郭で函館本線と分かれ、架線が張られた単線区間を進みます。2か月ほど前までは本州を結ぶ特急列車が行き交う路線も旅客列車は現在この道南いさりび鉄道のディーゼルカーの運行のみ。そんな中、上磯から団体客が乗り込み、車内は立ち客が出るほどの混雑となりましたが、トラピスト修道院がある渡島当別で下車し、再び落ち着きを取り戻しました。

道南いさりび鉄道車窓'16.6.6
車窓の風景は昔と変わらず…

 単行のディーゼルカーは11時46分、終点木古内に到着。構内は一見以前とほとんど変わっていないようでしたが、青森方面の乗り場となっていたホームは閉鎖され、出札窓口も無人化されていました。駅前に郵便局があったので立ち寄ると、風景印の他に北海道新幹線開業記念の小型印があるとのことで、手持ちのはがきに押印。近くにできた道の駅の駐車場は賑わっているようでしたが、新幹線の改札付近は人の姿がなく寂しい風景でした。

キハ40系@木古内'16.6.6

木古内駅舎'16.6.6

木古内風景印'16.6.6
(3枚とも)終点の木古内で折り返し時間を過ごす

 1時間近く滞在した後、12時33分発の函館行きで折り返し。先ほど乗ってきた単行のディーゼルカーに揺られ、五稜郭駅に降り立ちました。この後はいよいよ北海道新幹線に乗って帰ることにしますが、この続きは後ほど(続く)。

道南いさりび鉄道キハ40系@五稜郭'16.6.6
五稜郭で見かけた道南いさりび鉄道カラーのキハ40系

|

« 北海道完乗旅その7~出発前の朝の函館を散策する | トップページ | 北海道完乗旅その9~北海道新幹線で帰路に »

鉄道」カテゴリの記事

風景印」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/63965731

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道完乗旅その8~道南いさりび鉄道に乗る:

« 北海道完乗旅その7~出発前の朝の函館を散策する | トップページ | 北海道完乗旅その9~北海道新幹線で帰路に »