« 夏の関西遠征その7~東海道本線で京都へ | トップページ | 夏の関西遠征その9~京都鉄道博物館・本館 »

2016.08.23

夏の関西遠征その8~京都鉄道博物館を訪ねる

 夏の関西遠征の続き。桂川でのんびり過ごした後、各駅停車に揺られて隣の西大路に降り立ちました。この駅で下車するのは初めてで、自分にとっては京都駅の隣にあって新快速が通過してしまう地味な印象のある駅ですが、さっそく線路下のガードを潜り抜けて反対側へ向かいました。その先にある交差点近くに郵便局があり、今回の旅で最初の風景印を入手。平清盛が描かれていました。

321系@西大路'16.7.19

西大路駅舎'16.7.19

京都御所ノ内局風景印'16.7.19
(3枚とも)西大路駅に初めて降り立つ

 その足で京都駅方面へ歩いて15分ほど、今年4月にオープンした京都鉄道博物館にやってきました。この日一番の目的地がここでしたが、さっそく入館券1,200円を支払って館内へ。プロムナードと呼ばれるエリアにはC62や80系電車、それに新幹線0系が展示されていて、いずれも大阪にあった交通科学博物館から移設された車両ですが、食事スペースとしてこちらでも使用されているナシ20以外車内に入れなかったのが残念でしたweep

京都鉄道博物館入口'16.7.19

C6226&80系@京都鉄道博物館'16.7.19

プラットホーム@京都鉄道博物館'16.7.19
(3枚とも)京都鉄道博物館に入館

 そのプロムナードには、クハ103形のトップナンバーも展示されていて、大阪環状線で走っていた頃の姿が再現されていました。2006年に大阪環状線でこのトップナンバーに乗車しているのでちょうど10年ぶりに再会したことになりますが(当時のblog記事はこちら)、大宮の鉄道博物館には101系の先頭車が展示されており、ある意味多くの人に馴染み深い車両と言えるかもしれませんね。

クハ103‐1@京都鉄道博物館'16.7.19
クハ103形のトップナンバーもここで展示されていましたhappy01

 引き続き、隣接する本館へと向かいますが、如何せんボリュームがあることから一旦ここで切ることといたします(続く)。

|

« 夏の関西遠征その7~東海道本線で京都へ | トップページ | 夏の関西遠征その9~京都鉄道博物館・本館 »

鉄道」カテゴリの記事

風景印」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/64101072

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の関西遠征その8~京都鉄道博物館を訪ねる:

« 夏の関西遠征その7~東海道本線で京都へ | トップページ | 夏の関西遠征その9~京都鉄道博物館・本館 »