« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016.09.30

銀河鉄道999ラッピング復活!~西武

西武3000系@横瀬'11.10

 銀河鉄道999のラッピング列車が再び西武で走るとのこと。公式サイトによれば来月8日から運転開始とのことですが、ラッピングを施した20000系のイラストを見ると、初代が青地だったのに対して今度は緑がベースになっていますね。西武のラッピング車両や赤い塗装の車両など、西武沿線に足を運んだ際には目に焼き付けておきたい車両ばかりですが、早くお目にかかりたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.29

ニューなのはな

クロ485‐3@千葉'01.7

 千葉支社所属のジョイフルトレイン「ニューなのはな」が先日廃車のため長野へ旅立ったとのこと。千葉へ行ったときや時たま団臨で走っているところを目にしていたので比較的なじみのある車両でした。昨年11月には「リゾートあわトレイン」で乗車しておりましたが、それよりはるか14年前の2001年、当時出入りしていたパソコン通信のオフ会でブライダルトレインが運行された際に乗車したのが思い出であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.28

宮原駅の新しいスタンプ

宮原駅スタンプ

 すでに8月に確認済みでしたが、宮原駅に新しいスタンプが設置されていました。「宮原カーブ」と題し、E231系がカーブを曲がりながら走って来る様子がデザインされていますが、おそらくは上りホームの上尾寄りから見た風景をイメージしているのでしょうか?駅に設置されているスタンプの多くが駅周辺の見どころや名物を描いているものが多い中で、鉄分の濃い内容のスタンプというのも珍しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.27

【9/10】復旧した西武多摩湖線に乗る

 今月10日は西武沿線を1日散策。8月に西武バスの1日乗車券で動き回っていた途中で一区間だけ乗車したりKPPトレインを見に沿線へ出向いたりしておりましたが、いずれも別件ついでだったので今回は1日乗り歩いてまいりました。とは言え、こういう時に限って“ネタ”には出会わないものでして、KPPトレインは元よりレッドアロークラシックにも出会うことができませんでしたweep

 そんな中、8月の台風9号で脱線事故が発生して以来しばらく運休していた西武多摩湖線が6日から復旧したことを知り急遽乗りに行くことに。実は途中で知ったことから予定変更しましたが、萩山から白い新101系使用の西武遊園地行きに乗り込み出発しました。事故現場となったのは武蔵大和駅の西武遊園地駅寄り付近。今も作業員の姿が見られ、改めて自然の猛威を感じました。

お知らせ@萩山'16.9.10

西武1257@西武遊園地'16.9.10
(2枚とも)復旧後の西武多摩湖線に乗車

 終点の西武遊園地駅からは“レオライナー”に乗車。この日は野球の試合がなく、西武球場前駅周辺や駅構内は人の姿もなくひっそりとしていました。ここで降りずにそのまま列車に乗車。夕方近くまで西所沢駅周辺で過ごした後、所沢から本川越経由で帰ってきました。

西武新101系@西所沢'16.9.10
西所沢で寄り道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.26

【9/6】京成バス1日乗車券で乗り歩く~夕方編

 今月6日の続き。柴又から京成に乗って高砂へ向かいましたが、時刻は16時近くとそろそろ帰り支度とも思いつつもまだ明るい時間なので、もうちょっと寄り道しようと思い京成立石へやってきました。特にあてがあったわけではありませんでしたが、この一つ先の駅が昨年訪ねた四つ木駅で、漫画「キャプテン翼」の舞台となった地ですね。葛飾区は多くの漫画や映画の作品に登場していることを改めて認識しました。

京成3050形@京成立石'16.9.6
あてはなかったものの、京成立石駅で下車

 そんな京成立石駅の周辺をブラブラしていると、京成バスが踏切を越えて行き来しているのが目に留まりました。すぐ近くにバス停があったので行き先を確認したところ、亀有行きとなっていたので、バス旅を再開することに。終点まで乗車しました。この日2度目の亀有駅前周辺は夕方とあって人も多目。ここから常磐緩行線に乗って都心へ向かいました。

こち亀連載40周年記念フラッグ@亀有'16.9.6
連載は終了してもこち亀は亀有のシンボルにhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.25

【9/6】京成バス1日乗車券で乗り歩く~午後編

 今月6日の続き。ランチを済ませた後、再び亀有駅周辺に点在するこち亀のキャラクター像を見ながらブラブラしておりましたが、駅前のバスロータリーにはこち亀のラッピングバスが止まっておりました。実はここまで来る途中、墨堤通り付近でこのラッピングバスとそれ違ったのを見かけ改めて見たいと思っておりましたが、やはり漫画の舞台となっているこの地で走る姿は目にしたいところですね。

京成バス@亀有駅'16.9.6
こち亀の舞台、亀有でこち亀のラッピングバスと対面

 さてここからは小54系統京成小岩駅行きに乗車。この路線、京成高砂駅や小岩と金町を結ぶ新金貨物線と並走するなど、バスに乗っていながら“鉄”分も味わえる何とも楽しいバス路線でありましたwink。そんな光景を堪能し、小岩駅北口で下車。6月に小岩菖蒲園を訪ねて以来でしたが、今回はそのまま駅の反対側へ抜けてすぐにバスに乗車。小岩郵便局へ向かい、風景印を貰ってきました。

小岩局風景印'16.9.6
バスに乗って小岩郵便局を訪問し、風景印を入手

 帰りは歩いて小岩駅へ戻ってきましたが、今度は小55系統金町駅行きに乗り込みます。この路線は先ほど駅から小岩郵便局へ向かう際に目にしておりましたが、京成小岩駅や新柴又駅を通り抜けた後、柴又帝釈天バス停で下車。久しぶりにブラブラしてまいりました。京成のリバイバルカラーが走っていた頃以来と思いますが、帝釈天へ通じる参道は多くの観光客が行き来しており、寅さん映画の人気は今も根強いですね。

柴又帝釈天山門'16.9.6
亀有が両さんならここ柴又は寅さんhappy01

 ここでバスの旅はいったん終了。この後京成に乗って高砂へ向かいましたが、もうちょっと続きがあるものの長くなってきたのでこのあたりで一旦切ることとします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.24

【9/6】京成バス1日乗車券で乗り歩く~午前編

 今月6日は1日休みを取って都内へ。大宮から東武経由で向かいますが、春日部で半蔵門線直通の列車を待っていたら、「伊豆のなつ号」カラーの東急8500系がやってまいりました。スカイツリーラインで今も見ることができる東急8500系の中でも“異色”の存在となっておりますが、以前このカラーを追って乗り歩いたこともありましたね。あいにく記事の在りかはすぐにはわかりませんが、伊豆急では今もこのカラーを見ることができます。

東急8614@曳舟'16.9.6
春日部から乗車した「伊豆のなつ号」

 曳舟で浅草行きに乗り換え、とうきょうスカイツリー駅で下車。この日は京成バスの1日乗車券を利用してあちこち乗り歩くことにしますが、京成バスの公式サイトで路線図を見るとこの界隈については亀有へ向かう路線が1時間に1本ある程度と、この界隈ではやや肩身が狭いところですねcoldsweats01。同じバスでも都バスは頻繁に行き来しておりますが、時間潰しがてら周辺を散策した後、本所吾妻橋駅近くのバス停から乗り込みました。

東武100系@とうきょうスカイツリー'16.9.6

本所吾妻橋バス停'16.9.6

本所吾妻橋局風景印'16.9.6
(3枚とも)東京スカイツリー界隈で時間潰し

 有01系統はスカイツリーラインの踏切を渡り、墨堤通りを進んだ後、千住曙町の交差点を右折。この界隈といえばスカイツリーラインの牛田駅や京成関屋駅も近く、自分にとっても馴染み深いところですが、如何せん1時間に1本程度の路線とあって途中下車するわけにもいかず今回はパスweep。荒川を越えた後、堀切菖蒲園駅の下を通り抜けてしばらく走行した後、終点の亀有駅南口に到着しました。

 その亀有といえば、何といっても漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台となったところですが、1976年の連載開始から40年目に当たる今年、ついに連載を終了するというニュースが流れてまいりました。ちょうど現地を訪れた時はそのニュースが流れた直後で、駅周辺に点在するこち亀関連のキャラクターの銅像には多くの人がカメラを向けておりました。

両津・中川・麗子がお出迎え像@亀有'16.9.6
亀有は”こち亀”一色happy01

 すでに正午を過ぎており、腹が減ってきたところ。常磐線の高架下にある食事処で済ませ、引き続き京成バスを乗り歩きます(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.23

【9/3】午後は上信電鉄沿線へ

 今月3日の続き。名物登利平の鶏めしでランチを済ませ、上信電鉄の乗り場へ向かいました。上信電鉄を訪ねたのは、昨年暮れにぐんまちゃん電車に乗って以来ほぼ半年ぶり。もちろん今回のお目当てはそのぐんまちゃん列車でしたが、ホームには今も上信電鉄の鉄道むすめ、富岡しるくの等身大パネルが設置されております。しかし、来年2月からスタートする全国鉄道むすめ巡りには残念ながら不参加となってしまいましたweep

上信電鉄500形@高崎'16.9.3
しるくさんのお出迎えheart04

 さっそく停車中の列車に乗り込んで出発。駅隣接の車庫を見た限りではお目当てのぐんまちゃん列車の姿が見当たらず、どうやら運用に就いている様子でした。一先ず佐野のわたしで下車し、のんびり田園地帯を歩きながら次の根小屋駅を目指しましたが、駅の手前で7000形が下仁田寄りからやってまいりました。デビュー当初はこれまでにない斬新な顔つきで一目置く存在でしたが、今のところ1編成のみで貴重な存在です。

上信電鉄7000形@根小屋'16.9.3
斬新な顔つきの上信電鉄7000形

 その後、高崎から折り返してきた7000形に乗って馬庭で下車。定番の鏑川の土手でしばし撮影タイムとしていると、下仁田寄りからぐんまちゃん列車がやってまいりました。昨年暮れに初めて乗車したときは日が暮れた夕方でしたので、明るいうちに撮影できたのは今回が初めてとなりましたが、改めて目にすると派手なラッピングですねcoldsweats01。結局この日撮影できたのはここだけで、次回はもっと撮影したいところです。

上信電鉄500形@馬庭'16.9.3
馬庭の定番の河原でぐんまちゃん列車と出会う

 この後沿線をブラブラしながら16時過ぎに上州富岡へ移動。特段観光するわけでもなく、16時50分発の始発に乗って高崎まで戻ってきました。来月16日には恒例のイベントも開催されるとのことなので、こちらも楽しみですねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.22

【9/3】井野に寄り道

 今月3日の続き。佐野で高崎行きの列車を待っていると、今度は115系がやってまいりました。この日最初の115系となりましたが、両毛線の沿線ではカメラを構える人の姿をちらほら見かけ、改めてその雄姿を見に再訪したいところ。その姿を見たからというわけではありませんでしたが、途中下車して115系でも撮影したいと思い、井野で降りることにしました。

クハ115‐1133@井野'16.9.3
佐野から115系に揺られ井野に到着

 井野で下車するのはずいぶん久しぶりでしたが、駅から新前橋寄りに歩いてしばらく行ったところでしばし待機。天候にも恵まれて気温もぐんぐん上がってまいりましたが、115系を始め107系や211系、それに吾妻線方面へ向かう651系の特急草津といった顔ぶれが行き交い、見ていて飽きませんでした。もうちょっと早ければ水上へ向かうSLも見ることが出来たんですが、こちらは井野到着直前に行き違いとなりましたcoldsweats01

115系@井野'16.9.3
井野駅近くで115系を待つ

 正味1時間ほど滞在した後、再び井野駅へ。上りホームで列車を待っていると、高崎方面から「NO.DO.KA」が高速で通過していきました。ちょうど1年前、越後湯沢から水上まで「快速NO.DO.KAもぐらループ号」で初めて乗車しましたが、リゾートやまどりと共に今や貴重な485系となっており、格好が異なるとはいえ485系の生き残りに今も乗車することができます。

107系&485系@井野'16.9.3
井野駅で並んだNO.DO.KAと107系

 そのNO.DO.KAが通過した直後にやってきた115系に乗り込み高崎へ。正午前だったので、駅ビル内に店舗を構える群馬名物「登利平」で鶏めしをいただいてから午後の部へと進みます(続く)。

鶏めし@登利平'16.9.3
名物登利平の鶏めしでランチタイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.21

【9/3】佐野で普悠瑪&115系に出会う

 今月3日の続き。地元で5764レを見送ってから出発となりました。大宮で宇都宮線に乗り換えて小山に到着。2週間前、高崎発宇都宮行きの列車で通りかかって以来でしたが、今回はここで降りて「ぐんまワンデー世界遺産パス」を入手してから両毛線に乗り換えます。乗り場へ向かうと107系が停まっておりさっそく乗車。長らく高崎支社管内で活躍してきましたが、一部廃車が出ており今後が気になります。

107系@小山'16.9.3
両毛線最初のランナーは107系

 朝の通勤通学ラッシュの時間帯とあって車内は高校へ通う生徒で混雑しておりましたが、まずは佐野で途中下車。早朝1本だけ運転される葛生始発のりょうもう12号に普悠瑪カラーが入るとのことで、駅近くの踏切で待つことにしました。しばらくすると葛生方面からラッピング車両が接近。佐野線内を走るりょうもう号は朝の浅草行きと夜の葛生行きの1日1往復なので、明るい時間帯を走るりょうもう号はこの12号となります。

特急りょうもう12号@佐野'16.9.3
葛生発りょうもう12号に充てられた”普悠瑪”カラー

 その後もしばらく駅周囲をブラブラしてきましたが、両毛線に目を向けると115系が行き来しておりました。211系への置き換えが始まったことから今後は徐々に数を減らしていくことになりそうですが、待っている間115系ばかりがやってきたので、置き換えになることがまるで嘘のような光景でしたね。高崎支社管内で当たり前のように目にしてきた115系ですが、次回訪問する時には今回のように気軽に目にすることができるのでしょうか?

115系@佐野'16.9.3
黄色い花を見ながら湘南カラーをお見送り

 この後再び両毛線に揺られ、一路高崎を目指すことにしましたが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.20

【9/3】国鉄カラーが牽く5764レ

 今月3日は自宅を5時半頃に出発。ちょうど5764レが通過する時間だったので、地元で見送っていくことにしました。しばらくするとEF65に牽かれた5764レが接近。この日は国鉄カラーの2139号が牽引しておりました。今年5月、大宮工場で開催されたイベントで国鉄カラーに塗装された2139号が展示されていたのを見かけましたが、本線上を走る姿を目にするのは今回が初めてでした(続く)。

EF65-2139@宮原'16.9.3
国鉄色2139号が牽引する5764レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.19

【8/28】久しぶりの富士急沿線を乗り歩く

 先月28日は久しぶりに富士急沿線へ。今回は休日お出かけパス利用で列車を乗り継ぎ、大月まで辿り着きました。ここでフリーきっぷを入手しましたが、名称が「富士急特急フリーきっぷ」と名称が変更された上、値段が2,600円と以前よりも値上げしていました。これまで何度か休日お出かけパスと組み合わせて利用していましたが、今回の値上げで5千円越えとなってしまい、大宮発だったら往復乗車券付きのきっぷの方が安くなりました。

富士急特急フリーきっぷ
名称が変わった上に値上がりした富士急のフリーきっぷ

 高尾からの直通河口湖行きに乗り込み出発。特段目指すところはありませんでしたが、これまで降りたことがなかった赤坂駅で途中下車します。この後189系使用の快速と今年デビューした富士山ビュー特急が来るので、近くの踏切付近でしばし待っていると、189系使用の快速が2本続けてやってまいりました。特に2本目はグレードアップ車と呼ばれる白地に赤と緑のラインが入っており、これが本線走行中初めての撮影となりました。

ホリデー快速富士山1号@赤坂'16.8.28

快速山梨富士3号@赤坂'16.8.28
(2枚とも)2本の189系快速列車をお迎え

 その後しばらく待っていると、元JR東海371系を改造した富士山ビュー特急がやってまいりました。今回の富士急訪問一番のお目当てがこちらでしたが、富士登山電車に続く鉄道デザイナーの水戸岡鋭治氏によるもので、外装はなかなか目立つところ。あいにく今回乗車は叶いませんでしたが、車内で食事もできるプランがあるとのことで、次回訪問時は乗車したいですね。

富士急8500系@赤坂'16.8.28
富士山ビュー特急と初対面

 結局赤坂には2時間以上も滞在し、11時過ぎの列車で終点河口湖駅へ。駅構内の食事処で富士山カレーを頂いた後、13時から始まる車両撮影会に参加しました。このイベントは3つのカラーの189系が一堂に集められて開催されましたが、急遽告知されたイベントにも関わらず会場には多くの人が集まり長蛇の列に。すると入場券購入が参加条件とのことで慌てて入場券を買って中に入りましたが、あまりの混雑に短時間で退散となりました。

富士山カレー@ゲートウェイフジヤマ'16.8.28

189系@河口湖'16.8.28-1

189系&E259系@河口湖'16.8.28
(3枚とも)河口湖駅周辺はこの日も大盛況coldsweats01

 せっかくの特急が利用できるフリーきっぷを持っているので、帰りは特急列車に乗りたいところでしたが、次の特急だと大月から接続する中央線が先から来るので混雑が心配なところ。今回も14時18分発の成田エクスプレスで大月へ向かいます。富士急線内だけの利用だったら追加料金不要なので乗り得な列車ですが、今回に関していえばお得感はありませんでしたねcoldsweats01

特急成田エクスプレス41号@河口湖'16.8.28
成田エクスプレスで大月へ

 この日は悪天候が予想され、雨の中の移動もある程度覚悟していましたが、幸い雨は降られずに済んだのが幸いなところ。大月からは始発の東京行きに乗車して八王子へ向かい、ここからむさしの号に揺られて大宮へ戻ってきました。

信玄餅アイス'16.8.28
帰りの列車で食べた信玄餅のアイス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.15

【8/26】川崎市岡本太郎美術館を訪ねる

 先月26日の続き。いよいよこの日の目的地である川崎市岡本太郎美術館へ向かいます。向ヶ丘遊園駅周辺から10分ほど歩いて美術館のある生田緑地の入り口に到着。広大な公園の中を通り抜けると背の高い木が生い茂る深い森へと進んできました。実はここ生田緑地に足を踏み入れたのは今回が初めて。都心から近い場所にこれだけ自然が多く残る公園があることに正直驚きました。

生田緑地'16.8.26
生田緑地の森を抜け、美術館へ

 森の中を進んでいくと、視界が開けて目的の美術館に到着。さっそく館内に入ります。入口で入館券を購入しますが、割引制度を多数用意されており、手持ちのWAONカードを提示したところ2割引の特典が受けられましたwink。まずは常設展示から見学しましたが、岡本太郎氏ゆかりの作品が展示されていて、独特な作風にただ目を引くばかりでしたが、自分の場合はやはりTVCMに登場していた晩年の活躍が鮮明に残っていますね。

椅子@川崎市岡本太郎美術館'16.8.26
岡本太郎氏の独特な作風に触れる(撮影可能な箇所での撮影)

 常設展示を見学した後、企画展会場へ進みます。「鉄道美術館」展と題した展示ですが、意外と鉄道との絡みがあった方もあり、山陽新幹線の開業に合わせて岡山駅に壁画を描いたり国鉄の分割民営化の際に発売されたメダルのデザインを手がけたりしていますが、展示は鉄道関連の他に実際に乗車できる小さい路面電車の模型やプラレールの線路を用いた作品が展示されていて、なかなか遊び心満載の展示でしたhappy01

鉄道美術館展会場@川崎市岡本太郎美術館'16.8.26
企画展「鉄道美術館」展は鉄道関連の展示満載happy01

 見学を終えて再び森を通り抜け、公園内を散策。2両の保存車両が展示されているので見ていくことにしました。1両は“デゴイチ”ことD51で、手入れが行き届いているようで外観は綺麗でしたね。もう1両は旧型客車のスハ42で、こちらはかつて常磐線などで活躍していたことが案内板で確認できましたが、車内にも入ることが出来、往年のボックスシートがそのまま残されています。

D51408@生田緑地'16.8.26

スハ42‐2047@生田緑地'16.8.26

スハ42‐2047ボックス席@生田緑地'16.8.26
(3枚とも)生田緑地内に展示されている保存車両

 こうして帰りは向ヶ丘遊園駅から小田急に乗って都心へ戻りますが、少し時間があったので駅近くで行き交う小田急の車両を見ていくことに。ロマンスカーに目が行きがちでしたが、昼頃東北沢駅で出会った「小田急いきもの電車」が小田原寄りからやってまいりました。何分小さいヘッドマークなので、遠目だとちょっとわかりづらいですねcoldsweats01

小田急3000形@向ヶ丘遊園'16.8.26
小田急いきもの電車に再会happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.14

【8/26】久々の小田急

 先月26日の続き。新宿から小田急に乗り込みます。今年2月以来の久々の小田急沿線でしたが、途中の東北沢駅の地下ホームで列車を待っていると、ヘッドマークを付けた3000形が新宿方面から近づいてきました。「小田急いきもの電車」と記された小さいヘッドマークで、メンバーが小田急沿線の海老名市と厚木市出身で構成される音楽グループ「いきものががり」のイベント開催に合わせて運転が始まりました。

小田急3000形@東北沢'16.8.26
小田急沿線出身のグループ「いきものががり」のイベントに併せて運転開始した小田急いきもの電車

 あいにく小田急いきもの電車は東北沢を通過weep。後続列車に揺られ、登戸で下車しました。ここから次の向ヶ丘遊園までは歩いてもそれほどの距離ではなく、途中郵便局に寄り道しながら向ヶ丘遊園駅の周辺まで辿り着きましたが、このあたり一帯は2001年に廃止されたモノレールが思い出されますね。乗り潰しで乗車したことがありましたが、今はモノレールの存在を伺わせるものを見かけず、すっかり様変わりしました。

登戸駅前局風景印'16.8.26

向ヶ丘遊園駅周辺'16.8.26
(2枚とも)登戸から向ヶ丘遊園駅周辺まで歩いて移動shoe

 こうしてさらに歩き続けて生田緑地へ。この日一番の目的地である川崎市岡本太郎美術館を訪ねますが、続きは後ほど(続く)。

小田急501@向ヶ丘遊園'98.12
手持ちの画像は少ないですがcoldsweats01、1998年12月にパソコン通信のオフ会で初めて乗車した時の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.13

【8/26】都電納涼号

 先月26日ですが、1日休みを貰って都内へ向かいました。尾久駅から都電沿線へ歩いた後、線路に沿って王子方面へ進みますが、三ノ輪橋方向から9000形らしき姿が遠目で見えました。以前こちらの記事でも書いた都電納涼号の運行が8月末までに迫っていたため、本線上を走行する様子を見にやってきた次第でしたが、栄町電停で都電納涼号に追いつかれてしまいましたcoldsweats01

都電9000形@栄町'16.8.26
栄町電停で都電納涼号を見送り

 この後、栄町電停から後続の電車に乗って大塚駅前に到着。ここで早稲田から折り返してくる都電納涼号を待つことにします。駅前周辺は翌27日に開催される東京大塚阿波踊りを控えたくさんのピンク色の提灯が立てられており、お祭りムードが漂っていましたが、そんな中先ほど栄町電停で見送った都電沿線が早稲田方面から接近。大塚駅前電停で乗客を乗せた後、再び王子方面へ向けて走り去っていきました。

都電8800形&9000形@大塚駅前'16.8.26
提灯を見ながら都電が行く大塚駅前

 これで都電沿線からは離れ、今度は山手線に乗って新宿へ向かいますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.12

【8/21】第7回栗橋みなみ夏祭りを訪ねるその3~午後は県境越え

 先月21日の続き。夏祭り会場を後にして再び来た道を戻ります。この日は1日好天に恵まれたこともあり朝から気温も上昇し、茹だるような暑さの中を延々南栗橋駅周辺まで歩いたことに改めて自信を関心致しましたがcoldsweats01、南栗橋駅周辺の田んぼの稲穂が黄金色に色づき始めておりました。まだまだ真夏の陽気でしたが、着々と秋は近づいているようにも感じました。

東武6050系@南栗橋'16.8.21
稲の穂が垂れる栗橋周辺

 南栗橋から日光線の下り列車に乗り込み、新古河駅で下車。10年以上前に一度降りたことがありましたが、ここから橋を渡った対岸が古河の町で、歩いて県境を越えることにしました。土手を上がるとすぐに渡良瀬川に掛かる橋があり、歩道を歩いているうちに埼玉県と茨城県の県境を越えて古河の町へ。さすがに町歩きするほど体力はありませんで、落ち着いた雰囲気が感じられる街並みを散策しに再訪したいところですね。

渡良瀬川@新古河'16.8.21

県境表示@古河'16.8.21

桃香フラッグ@古河'16.8.21
(3枚とも)埼玉県から茨城県へ県境越え

 そのまま古河駅へ向かい、宇都宮線に乗車。まっすぐ大宮まで帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.11

【8/21】第7回栗橋みなみ夏祭りを訪ねるその2~今年も盛況の夏祭り

 先月21日の続きですが、南栗橋駅から延々歩いて夏祭りの会場となる栗橋文化会館へ到着しました。すでに会場には多くの人が来場していて各ブースとも盛況な様子。そのブースをあちこち回ってまずはグッズを入手してきました。今年もいろいろと入手したおかげで財布の紐は緩みっぱなしでしたがcoldsweats01、改めて買い集めたものを確認すると、やはり実用性の点からクリアファイルを多く買い集めておりましたね。

鉄道むすめグッズ各種
夏祭り会場で手に入れた戦利品の数々

 一方、建物内に入ると鉄道むすめ関連の新しいネタとして、来年2月から始まる全国鉄道むすめ巡りについて告知がありました。今度はスタンプ設置個所が32個ということで、前回以上にハードなことになりそうですが、現在その参加事業者についてtwitterで毎日発表されており、楽しみにしていたりします。少し先ではありますが、今から待ち遠しいですね。

つなげて全国鉄道むすめ巡り紹介パネル@栗橋文化会館'16.8.21
来年2月からスタートする「つなげて全国鉄道むすめ巡り」の紹介パネル

 その他、ステージでは恒例の声優によるトークショーの他、今年初めて開催となった鉄道会社の制服のファッションショーや行われ、今年も盛況なイベントとなりました。結局正午頃に会場から撤収。次回は年末の忘年会でしょうかね?(続く)

豊郷あかね等身大パネル@栗橋みなみ夏祭り'16.8.21

石山ともか@栗橋みなみ夏祭り'16.8.21

もっちぃ@栗橋みなみ夏祭り'16.8.21
(3枚とも)会場の様子(1枚ちょっと違うような…coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/21】第7回栗橋みなみ夏祭りを訪ねるその1~栗橋までの道

 先月21日は夏の恒例行事となった栗橋みなみ夏祭りへ。何年か前だったら栗橋へ向かう道すがら、宇都宮線沿線で北斗星やカシオペアを撮影していたところですが、それが叶わなくなった今、東武を乗り継いで栗橋を目指します。大宮から東武アーバンパークラインに乗り込み、途中七里で下車して寄り道。行き交う東武アーバンパークラインの様子を見てきましたが、今回は8000系に出会う比率が高かったですねhappy01

東武8000系@七里'16.8.21
東武アーバンパークライン8000系はまだまだ健在

 再び七里から乗り込んで春日部へ向かい、ここからスカイツリーラインに乗り換えて南栗橋までやってきました。夏祭り会場の栗橋文化会館へは栗橋駅が最寄りですが、ここは慣れたところで歩いて会場を目指すことに。もちろん途中で行き交う列車を撮影しながら進みますが、旧栗橋町役場の前までやってきたところで春日部寄りから日光詣スペーシアがやってまいりました。こちらはすっかりお馴染みとなりましたね。

東武100系@栗橋'16.8.21-1
イベント会場へ向かう途中に出会った日光詣スペーシア

 こうしていよいよ夏祭り会場へと向かいますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.10

【8/20】115系に揺られて宇都宮へ

 先月20日は昼前に自宅を出発。土曜日ということで、久しぶりに地元で配6794レをお迎えしました。毎度どんな編成でやって来るか、待っていて楽しい列車の一つですが、この日は空のコキの間にタンク車とホッパ車を繋いだ編成でやってまいりました。先頭のEF65は相変わらずですけど、少なくなりつつあるものの高崎線内を走るEF65牽引の貨物列車は今も健在です。

EF65-2091@宮原'16.8.20
この日も配6794レを見送ってから出発

 この後、宮原から列車に揺られて高崎へ。この日は14時30分発の宇都宮行きに終点まで乗り通すことにしますが、少し早目に到着したので駅構内でのんびり過ごしていると、両毛線や信越本線などで走る115系が次々到着しては出発していきました。先日、リニューアル化された211系が8月22日より投入される旨JR東日本高崎支社から発表がありましたが、211系の投入と入れ替わる格好で115系の置き換えが始まることになりそうです。

115系&E231系@高崎'16.8.20
高崎の115系もいよいよ置き換えの時が・・・weep

 発車時刻が近づいてきたので出発ホームへ移動。しばらくすると、新前橋寄りから115系がゆっくりホームに入ってきました。この列車、宇都宮から夕方16時台の上り列車に乗っていると途中で115系とそれ違うのが印象に残っており、以前から全区間乗り通してみたいと考えておりましたが、今や貴重な115系が宇都宮線まで足を運ぶ列車とあって、211系へ置き換えとなる前に乗車しようと思った次第でした。

高崎駅電光掲示板'16.8.20

クハ115-1064@高崎'16.8.20

よなよなエール'16.8.20
(3枚とも)115系使用の宇都宮行きに乗り込み、高崎を出発

 14時30分、宇都宮行き普通列車はゆっくり高崎を発車。信越本線からの列車が遅れていたため、新前橋で後続の列車を待ってから両毛線へと進みます。この日は1日雨ということで傘を持参してきましたが、両毛線内を走行中は晴れ間も出始め、予報もあまりあてにはできませんねbearing。それにしても国鉄時代から続くボックスシートに身を委ねての汽車旅は今や贅沢なアイテムになりつつありそうです。

115系ボックス席'16.8.20

宇都宮行き方向幕'16.8.20
(2枚とも)115系に揺られて両毛線内を行く

 いつしか遅れを取り戻して列車は小山に到着。ここで進行方向が逆になり宇都宮線へと進みます。思えば十数年前までは上野と黒磯の間を普通に115系が走っていたわけで自分も何度となく乗車しておりますが、とりわけ高崎支社管内でも距離が長い区間を走るとあって、汽車旅を堪能するには最適な列車ですね。途中石橋からは学生が乗り込んで車内はかなり賑やかに。17時2分に終点宇都宮に到着し、115系の汽車旅は終了となりました。

115系@宇都宮'16.8.20
終点宇都宮に到着

 この後はちょっと奮発して新幹線に乗車。雨上がりの虹がかかる夕方の宇都宮市内に別れを告げ、一気に大宮へ戻ってきました。

キハ40系@宇都宮'16.8.20
雨上がりの虹がかかる宇都宮を出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.09

【8/13】東急ワンデーオープンチケットで巡る東急沿線その2

 東急ワンデーオープンチケットで巡る東急沿線旅の続きですが、旗の台から大井町線に乗り換えて自由が丘へやってきました。ここで途中下車して駅周辺でブラブラしてきましたが、東横線の線路脇で過ごしていると渋谷方面からヒカリエトレインがやってまいりました。1編成しかない貴重な存在なので出会えるとラッキーなところでありますが、そちらを見送ってから今度は大井町線の線路に沿って歩き、九品仏へ向かいました。

東急4000系@自由が丘'16.8.13
自由が丘でヒカリエトレインと遭遇

 再び大井町線に揺られて二子玉川に到着。ここでスタンプを押した後、今度は新玉川線に乗り換えます。サザエさんで有名な桜新町を過ぎ、三軒茶屋で途中下車。そのまま世田谷線の乗り場へ向かいます。ここにもスタンプが設置されておりますが、世田谷線はここ1個を押せば硬券がゲットできるいわばボーナスポイント的なところ。スタンプを押してすぐ硬券を頂いてきました。

スタンプ台紙&硬券
三軒茶屋で2枚の硬券をゲットwink

 せっかくなので、一区間だけ世田谷線に乗車。都電荒川線とは対照的にこちらは頻繁には足を運んでおりませんで、久しぶりの乗車となりましたが、三軒茶屋を出てものの1、2分で隣の西太子堂に到着してしまいました。この後線路に沿って歩いて三軒茶屋まで向かいましたが、歩いても5分とかからない距離。三軒茶屋名物のキャロットタワーをバックに行き交う連接車を見ながら戻ってきました。

東急300系@三軒茶屋'16.8.13
キャロットタワーをバックに世田谷線の電車が行く

 すでに時刻は16時を過ぎ、そろそろ帰り支度。再び新玉川線に乗って渋谷へ向かい、ここでスタンプを押して東横線の硬券を手に入れてから帰ってきました。

スタンプ台紙&東横線硬券
東横線の硬券はヒカリエトレインhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.08

【8/13】東急ワンデーオープンチケットで巡る東急沿線その1

 先月13日の続き。目黒からは東急沿線をブラブラすることにしましたが、その前に線内乗り降り自由になる東急ワンデーオープンチケットを券売機で入手しました。ちょうど夏休み期間中、「親子でめぐろう!東急線電車スタンプラリー2016」という所定のスタンプを押すと硬券のきっぷが貰えるという企画が行われていて、さっそくここ目黒で1個目のスタンプを押印してから出発しました。

東急ワンデーオープンチケット
目黒駅で東急ワンデーオープンチケットを購入し出発

 目黒線に揺られ、田園調布で下車。ここでスタンプを押して目黒線は完了となり、さっそく硬券きっぷをゲット致しました。一つの区域で2個スタンプを押せば硬券が貰えるとあって気軽に楽しめるイベントですが、スタンプ台紙を見ると10グループあるので、1日で制覇するとなればかなり体力が要りそうですねcoldsweats01。かく言う自分はさすがに全グループ制覇するつもりはなく、ここから東横線に乗り込みました。

スタンプ台紙&目黒線硬券
田園調布で目黒線の硬券をゲットwink

 田園調布から渋谷方面行きに乗り込み、中目黒に到着。ここでスタンプを押した後すぐに列車には乗り込まず、祐天寺方面へ向けて歩き始めました。高架に沿って住宅街を行き来しながらやってきたのは、名物のカレーショップ「ナイアガラ」。駅近くから中目黒寄り少し行ったところ移転した後に1度訪ねてからは久しく足を運んでおりませんでしたが、この日も多くの人が来店してなかなか盛況でした。

ナイアガラ@祐天寺'16.8.13
久々のナイアガラでカレーを頂く

 線路が付け替えて心なしか構内が広くなった祐天寺駅から再び東横線に揺られ、多摩川に到着。ここで多摩川浅間神社にご挨拶した後、境内の前にある多摩川線の踏切で行き交う列車を見てきました。しばらく待っていると、濃い青と黄色の2色に塗装されたレトロなカラーの車両が接近。かつて池上線などで走っていたデハ3450形をイメージしたカラーですが、実はこの日これを見るのも目的の一つでありましたhappy01

東急1000系@多摩川'16.8.13
多摩川線を走るレトロカラーと出会う

 そのレトロカラーの列車が蒲田方面へ向けて走って行くところを見送ってから、六郷用水に沿って沼部駅へ。途中、鵜ノ木駅に寄り道した後、レトロカラーの列車に乗って蒲田までやってきました。ここからすぐに池上線に乗り換え。途中の御嶽山で下車し、隣の雪が谷大塚まで線路に沿ってのんびり歩いてきましたが、古豪の7700系はこちらではあまり見かけず、後輩の7000系ばかりを目にしました。

東急7000系@雪が谷大塚'16.8.13
キバナコスモスに囲まれて…

 この後再び池上線に揺られ、旗の台から田園都市線に乗り換え。自由が丘へ向かいましたが、長くなってきたのでこのあたりで一旦切ることとします(続く)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016.09.07

【8/13】目黒までの道のり

 先月13日ですが、大宮から京浜東北線に揺られて都内へ向かっておりました。その途中でいろいろ情報収集していたところ、山手線のE235系が内回りの運用に入っていることを知り西日暮里で下車。ホームの東京寄りでしばし待機することにしました。待つことしばし、日暮里駅を発車したE235系が到着。これまで何度か走っているところは目にしておりますが、乗車はまだ果たせておりませんweep

E235系@西日暮里'16.8.13
西日暮里でE235系をお迎え

 ここからは山手線に乗車。途中、浜松町駅ホームに建つ名物の小便小僧の像にオリンピック選手の衣装が着せられていたので、列車から降りてご挨拶していくことにしました。まさにリオデジャネイロオリンピック開催期間中で、小便小僧の背中には国旗が背負わされておりましたが、連日の日本人選手の活躍でこれまで以上に盛り上がったオリンピックと思います。

小便小僧@浜松町'16.8.13
浜松町駅の小便小僧はオリンピック仕様wink

 この後再び山手線に揺られ、目黒に到着。ここから東急目黒線に乗り換えます(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.06

【8/11】都営交通105周年記念一日乗車券で巡る東京Part2~SEIBU KPP TRAINに出会う

 先月11日の続き。三ノ輪橋近くから都バスに乗り込みましたが、この後は特にあてはなく、とりあえず東京スカイツリー近辺まで向かおうと思うもうまいこと乗り継げる停留所がなく、途中歩いて移動して何とかとうきょうスカイツリー駅まで辿り着きました。この日はお盆休み前の祝日とあって東京スカイツリーのあたりは多くの観光客で賑わっておりました。

東京スカイツリー'16.8.11
バスを乗り継ぎ、とうきょうスカイツリーの近くまで到着

 この後、本所吾妻橋から都営浅草線に乗車。大門で大江戸線に乗り換えて中井までやってきました。東京の東側から南へ向けて進んだ後、西側へとやってまいりましたが、ここで一日乗車券の旅は終了。ここからは西武新宿線の線路に沿って高田馬場方面へ歩くことにします。この界隈を歩くのは初めてでしたが、時刻は夕方近くで気温もまだまだ高めでしたcoldsweats01

西武6000系@中井'16.8.11
炎天下の中、中井から高田馬場へ向けて歩くshoe

 実は西武沿線に足を運んだのは、7月末から西武新宿線へ転属となった「SEIBU KPP TRAIN」がお目当てで、前日の西武バス1日乗車券の旅で新所沢から狭山市へ列車で移動した際、途中の南入曽車両基地に差し掛かった時に構内で止まっているところを見かけましたが、1本しかないのでこればかりは運でしかありませんね。そんな中、下落合駅近くの踏切で待っていると、所沢寄りから派手なピンク色の車体が近づいてまいりました。

西武9000系@下落合'16.8.11-1
ようやく出会えた「SEIBU KPP TRAIN」

 西武鉄道の公式サイトなどで目にしたことはありましたが、実車を自分の目で見るとやはり派手な出で立ちの列車ですねcoldsweats01。この後、西武新宿からの折り返しをお見送りし、この日は撤収。高田馬場駅から家路を急ぎました。

西武9000系@下落合'16.8.11-2
西武新宿からの返しを見送り、この日は終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.05

【8/11】都営交通105周年記念一日乗車券で巡る東京Part2~都電荒川線を巡る

 先月11日ですが、3日に続き都営交通105周年記念一日乗車券を使用して都内を巡ってまいりました。前回同様、巣鴨駅で乗車券を購入しましたが、今回は地下鉄には乗らずに地上を歩いて都電の庚申塚電停を目指します。途中、巣鴨名物「とげぬき地蔵」のある巣鴨地蔵通りを散策。“おばあちゃんの原宿”と呼ばれ、多くの人で賑わっていますが、本家に比べると歩く速度も心なしかゆっくりしていますねhappy01

すがもんのおしり@巣鴨地蔵通り'16.8.11
巣鴨地蔵通り入口付近で見かけた「すがもんのおしり」

 庚申塚電停で電車を待っていると、やってきたのは新車の黄色い8900形でした。すでに営業運転に入っており、もちろんこれが初めての乗車となりましたが、3日のこの記事でも書いたように8900形が続々投入されるのと入れ替わりにこれまで最大勢力を誇った7000形の姿を徐々に見なくなりつつあります。それでも待っていればやって来る程度ですが、思えば貴重な釣り掛けモーター車でもありますね。

都電8908@王子駅前'16.8.11
黄色い8900形に初めて乗車wink

 途中、王子駅前で降りてここからはいつものように線路に沿ってのんびり散策。荒川車庫前電停までやってきました。ところで今回の目当てはこの日から運行が始まった都電納涼号で、レトロ車両の9001号に夏らしいイラストがラッピングされておりましたが、あいにく訪ねた時は車庫内で出発の時を待っていたところで、本線上へ出てくるのはもうちょっと時間が掛かりそう。一先ず車庫の外側から拝むことが出来たので今回はよしとしました。

都電9000形@荒川車庫前'16.8.11-1

都電8900形&9000形@荒川電車庫'16.8.11

都電9000形@荒川車庫前'16.8.11-2
(3枚とも)荒川車庫前で見かけた”都電納涼号”

 この後、再び都電に揺られて三ノ輪橋へ。近くでランチを済ませた後、今度は都バスで移動することにしますが、続きは後ほど(続く)。

三ノ輪橋広場'16.8.11
終点、三ノ輪橋電停に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.04

【8/10】西武バス1日乗車券で回る散策旅~午後編

 西武バス1日乗車券で回る旅の続き。新所沢駅から西武新宿線に揺られ、狭山市駅に降り立ちました。ここから西武バスの旅を再開しますが、その前に駅から歩いて数分のところにある郵便局に寄り道。風景印を入手してから西武柏原ニュータウン行き狭山24系統で出発しました。バスはすぐに入間川を渡り、川に沿いながら走行。途中の停留所で降りて郵便局に寄り道した後、後続のバスに揺られて終点の西武柏原ニュータウンに降り立ちました。

狭山市内風景印'16.8.10
狭山市内で集めた2つの風景印

 思えば今から4年前の2012年7月、飯能で西武バスのイベントが開催されるとのことで今回と同じく1日乗車券を使用してバスの乗り継ぎ旅を楽しみましたが、当時の記事によれば川越市内のかすみ野から新狭山行きのバスに乗って手前のいるまがわ大橋バス停で狭山市行きのバスに乗り換えております。西武柏原ニュータウンバス停周辺は住宅街で利用客も多い様ですね。

西武柏原ニュータウン入口バス停'16.8.10
住宅街の一角にある西武柏原ニュータウン入口バス停に辿り着く

 広いロータリーの一角でのんびり過ごし、今度はかすみ野行きのバスに乗車。バスはしばらく走ると狭山市から再び川越市へと入り、終点のかすみ野バス停に到着しました。ここからは川越駅方面へ向かうバスが出ておりますが、次の便はちょうど1時間近く後でちょうど発車してしまったところ。周りは閑静な住宅街で、時間を潰せそうなところが見当たらないことから、歩いて川越市内へ向かうことにしました。

かすみ野停留所'16.8.10
かすみ野停留所に辿り着き、再び川越市内へ

 歩き始めてすぐのところにあった川越笠幡郵便局に立ち寄ってからしばらく歩くと県道川越日高線にぶち当たり、ここを右折して延々進みますが、実はすぐ近くに川越線の線路が並行しており位置関係は把握しておりました。そしてさらに進めば関越自動車道と交差。ここは高速バスのバス停でお馴染みの川越的場バス停のあるところで、ここの脇を通り過ぎて結局西川越駅まで歩いてしまいました。

川越笠幡局風景印'16.8.10

入間川@西川越'16.8.10
(2枚とも)かすみ野から延々歩き西川越へ

 そんなわけで1時間ほど歩いてさすがにこれ以上はしんどいところ。結局ここでバスの旅は終了と相成りました。最後は東武東上線を撮影し、川越線に揺られて帰ってきました。

東武9000系@西川越'16.8.10
最後は西川越駅近くで撮影タイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/10】西武バス1日乗車券で回る散策旅~午前編

 先月10日は1日休みを取り、西武バスの1日乗車券を片手にあちこち乗り歩いてきました。まずは大宮駅西口から川越グリーンパーク行き大22系統に乗車。運転手から手持ちのモバイルSuicaに情報を入力してもらいます。大宮から市境を越える系統といえば、所沢駅東口を結ぶ第34系統が思い浮かびますが、西武バスのサイトで時刻を確認したところ、現在1日1本のみとなってしまい、使い勝手が悪くなってしまいましたweep

西武バス@大宮駅西口'16.8.10
西武バスの旅はここからスタート

 今や貴重な市境越えの路線となった大22系統に揺られて荒川越え。すぐに終点の一つ手前で下車しました。ここから川越駅方面へ向かうバスに乗り換えようと思ったものの、ちょうど出てしまったばかりだったので、終点の川越グリーンパークまで歩いて時間潰し。途中、荒川に掛かる上江橋の由来が記された石碑を見つけ、本川越駅行き本52系統に乗り込むと、こちらも終点の一つ手前の脇田町バス停で降りました。

上江橋由来碑@川越グリーンパーク'16.8.10
川越グリーンパークバス停近くに建つ上江橋由来碑

 川越市内では西武新宿線の線路沿いで行き交う列車の様子を見た後、国道16号線を経て川越所沢線にやってきました。近くにある川越新宿郵便局で風景印を貰ってから新所沢駅東口行き新所02系統に乗車。この後、街道沿いにある郵便局に寄るため中福バス停で下車しましたが、この路線は30分に1本程度の本数なので郵便局巡りをする身にとっては都合がよかったですね。

西武2000系@本川越'16.8.10

川越市内風景印'16.8.10-1
(2枚とも)郵便局を巡りながらのバス旅bus

 普段鉄道利用ではなかなか足を運ぶ機会がない中福バス停から再び新所02系統に乗り込み終点の新所沢駅東口に到着。時刻はとうに正午を過ぎており腹も減ってきたので駅近くの中華料理店でランチを済ませました。ここで西武バスの乗り継ぎ旅は一旦お休み。ここからは西武新宿線に乗り込み狭山市へ向かいますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.09.03

都電の気になるあの子

ようこそ都電荒川線へポスター@巣鴨'16.8.3

 先月3日に都営交通105周年記念一日乗車券で回った折、巣鴨駅構内で見かけたポスターが気になりました。以前からtwitterなどでチラチラ目にはしておりましたが、いわゆる擬人化というものでしょうか?公式サイトに特段記載はありませんが、気になる存在であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.02

【8/7】マイカーで近場を散策

 普段列車で出かけることが多いのでどうしてもクルマを動かす機会がなかなかないところですが、なるべくハンドルを握る機会を作ろうと先月7日はマイカーで近場をドライブしてまいりました。まず向かったのは鷲宮神社。ここでお参りついでに東武伊勢崎線の列車を撮影してまいりましたが、1時間ほどの待ち時間で7月に乗車した台湾国鉄「普悠瑪」カラーの200系が浅草へ向けてやってまいりました。

東武200系@鷲宮'16.8.7
鷲宮で普悠瑪カラーの200系と対面

 鷲宮神社でお参りした後、再びクルマを走らせ栗橋へ。この日は暑い1日で、外にいるだけでも汗だくでしたがcoldsweats01、いつものように日光線を走る列車をあれこれ撮影してまいりました。そんな中、街中には2週間後に迫った栗橋みなみ夏祭りのポスターを散見しましたが、今年も盛大に開催されいろいろ楽しんでまいりました。こちらの様子については後日紹介したいと思います。

東武100系@栗橋'16.8.7

第7回栗橋みなみ夏祭りポスター@栗橋文化会館'16.8.7
(2枚とも)栗橋にも寄り道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.01

【8/6】遠州鉄道30形に乗る

 遠州鉄道の旧型車両30形が8月中の土曜日限定で運転されているとのこと。そこで、先月6日に日帰りで行ってまいりました。この夏は青春18きっぷを買っていなかったことから熱海までは休日お出かけパスと区間外の運賃を支払い、熱海で休日乗り放題きっぷを入手。熱海駅だと新幹線乗り場での購入となりますが、今年新たに発売された「JR東海&16私鉄乗り鉄たびきっぷ」のパンフを見つけ、こちらも気になりますね。

休日乗り放題きっぷ&パンフ
今回使用した休日乗り放題きっぷとJR東海&16私鉄乗り鉄たびきっぷのパンフ

 熱海から普通列車に揺られ、浜松に11時前に到着。さっそく遠州鉄道の新浜松駅へ向かいます。この駅は去年10月に関西方面へ向かう途中、浜松で1泊した際に夜の浜松の町をブラブラしていた合間にちょっとだけ乗車しましたが(当時の記事はこちら)、何分地味な印象がありなかなか足が向きませんでした。そんな中ホームでしばらく待っていると、西鹿島寄りから吊りかけ音を上げて30形が到着しました。

遠州鉄道85@新浜松'16.8.6
遠州鉄道の古豪・30形に乗り込む

 30形に乗り込み11時12分、新浜松駅を発車。この後、西鹿島までの途中駅で下車して折り返しを待つことにしましたが、出掛けにネットであれこれ調べておいた遠州西ヶ崎駅で降りることにしました。さっそく新浜松寄りの田んぼの一角にある小さな踏切近くでしばし待機。すると先ほど乗車した30形が戻ってきました。普段は同じ顔の車両ばかり走る遠州鉄道ですが、国鉄80系を思わせる顔つきが今も残っております。

遠州鉄道30形@遠州西ヶ崎'16.8.6
西鹿島から折り返してきた30形を遠州西ヶ崎駅近くでお迎え

 その後ものんびり撮影タイム。元々当初の予定では新浜松を12時24分に発車する列車に乗って途中で引き返す予定でしたが、東海道本線の乗換がスムーズにいったことから早目の列車に乗車できた次第でした。この日は天気も良く、正午過ぎの日が高い時間帯はかなり気温も高めで待っている間中は汗を流しながら待っておりましたが、新浜松からの折り返しをお迎えして撤収と相成りました。

遠州鉄道1000形@遠州西ヶ崎'16.8.6

遠州鉄道ED282@遠州西ヶ崎'16.8.6


(3枚とも)遠州西ヶ崎駅付近でのんびり過ごす

 遠州西ヶ崎駅構内に鎮座する凸型電気機関車に見送られ、新浜松に到着。ランチがまだだったので、駅構内にある寿司屋で済ませましたが、ネタがかなり大きく食べ甲斐がありましたねcoldsweats01。こうして腹が満たされたところで14時9分発興津行きに乗車。途中の島田で始発の熱海行きに乗り換えたので座って移動することが出来ましたwink

寿し@浜松'16.8.6
寿司を食べて家路を急ぐことに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »