« 【10/2】YOKOHAMAトレインフェスティバル訪問 | トップページ | 【10/7】サンキューちばフリーパスで行く房総半島その1~小湊鐡道で上総牛久へ »

2016.10.24

【10/2】大雄山線開業90周年ファイナル・イベントで登場した赤電

 今月2日の続き。東海道本線で小田原までやってきました。午後は伊豆箱根鉄道大雄山線沿線を乗り歩くことにしますが、前日1日から大雄山線開業90周年イベントのファイナルを飾るべく昔の赤い塗装に塗り替えた5000系1編成が運転を開始しました。小田原到着後そのまま大雄山線の乗り場へ向かい、窓口で1日乗車券を入手してからホームに入ると、さっそくお目当ての“赤電”がやってまいりました。

伊豆箱根鉄道5501@小田原'16.10.2
昔懐かしい”赤電”が復活!>大雄山線

 赤電といえば、同じ西武グループの近江鉄道でもイベントの一環で塗装が変更され、7月の関西遠征の際には短い区間ながら乗ってまいりましたが、こちらは比較的新しい車両ではもののこれはこれで悪くないですね。ちなみに大雄山線の初乗りは1991年9月のことでしたが、当時すでに現在使用されている5000系が入線しており、25年前と変わらぬラインナップで今も動いている路線というのも珍しいかもしれません。

 その赤電に乗り込み小田原を出発。この後、適当に乗り降りしながら赤電を追いかけることにします。とは言えあてはなく、適当に飯田岡駅で途中下車。駅のすぐ近くにあった田んぼの一角でしばし待機していると、大雄山から赤電が折り返してきました。この日は天気も良く、外でのんびり過ごすには快適な1日でしたが、適当に乗り降りしながらお目当ての列車を追いかけるというもの楽しいものですねhappy01

伊豆箱根鉄道5000系@飯田岡'16.10.2

伊豆箱根鉄道5000系@和田河原'16.10.2
(2枚とも)大雄山線沿線で赤電を追っかけ

 この後、和田河原でも途中下車して赤電を追っかけた後、終点大雄山へ移動することに。駅前の金太郎の像を見ながら周辺をブラブラしていたら、駅構内の外れに事業用車両のコデ165号の姿がありました。こちらは大雄山線のイベントではお馴染みで、今年2月のバレンタインイベントでは車内を拝見いたしましたが、動いている姿は今だ見たことがなく、一度は見てみたいところですね。

伊豆箱根鉄道コデ165@大雄山'16.10.2
終点大雄山駅構内でコデ165号がのんびりお休みsleepy

 帰りも赤電に揺られて戻ってまいりましたが、単線の路線の割に本数も多い上にヘッドマーク付きの列車も走っているので、フリーきっぷを片手に乗り歩きするのも面白いですね。もっとも短い区間なので半日もあれば十分楽しめますが、余裕があれば大雄山からバスに揺られて道了尊訪問や小田急の新松田駅へ抜けるのも楽しいものです。

伊豆箱根鉄道バス&箱根登山バス@関本'16.10.2

ホワイトボード@大雄山'16.10.2

伊豆箱根鉄道5000系@大雄山'16.10.2
(3枚とも)帰りも赤電に乗車

|

« 【10/2】YOKOHAMAトレインフェスティバル訪問 | トップページ | 【10/7】サンキューちばフリーパスで行く房総半島その1~小湊鐡道で上総牛久へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/64394243

この記事へのトラックバック一覧です: 【10/2】大雄山線開業90周年ファイナル・イベントで登場した赤電:

« 【10/2】YOKOHAMAトレインフェスティバル訪問 | トップページ | 【10/7】サンキューちばフリーパスで行く房総半島その1~小湊鐡道で上総牛久へ »