« 2016北陸夫婦旅その10~永平寺を訪ねる | トップページ | 2016北陸夫婦旅その12~サンダーバードとかがやきの乗り継ぎで大宮へ »

2016.10.13

2016北陸夫婦旅その11~福井県立恐竜博物館を訪ねる

 2016年夫婦旅の続き。バスに揺られ、えちぜん鉄道の永平寺口駅にやってきました。ここはかつて京福電鉄時代に「東古市」という駅名だったところで、永平寺線の乗換駅でもありましたが、駅構内は当時を偲ばせるものが残っていて、先ほどの旧永平寺駅とは対照的でした。しかしここでの接続時間はわずかで、窓口でフリーきっぷを入手してすぐに勝山行き電車に乗り込みました。

永平寺口駅構内'16.9.18
永平寺線の遺構が残る永平寺口駅

 この後電車にのんびり揺られて終点の勝山駅に到着。ここでもすぐにコミュニティバスに乗り換えます。ここから15分ほどで福井県立恐竜博物館に到着しますが、近くまで来ると駐車場待ちの車の渋滞が発生しており、思っていた以上に人気があることが伺えました。とは言えバスの方は渋滞の手前で折れて細い裏道を縫うように進んで博物館に到着。この日は常設展示が入場無料とのことで、そのまま館内へ進みます。

 館内は連休中日とあって家族連れを中心に多くの来場者で大賑わい。「最後尾」と記されたパネルを持った係員がミュージアムショップの中で待機しているほどで、改めて人気ぶりが伺えましたが、文字通り恐竜をテーマにした博物館で、恐竜の骨格標本が展示されている付近は特に多くの人だかりができておりました。やはり子供にとって恐竜は興味を惹く存在のようですねhappy01

恐竜@福井県立恐竜博物館'16.9.18

骨格標本@福井県立恐竜博物館'16.9.18

恐竜博士@福井県立恐竜博物館'16.9.18
(3枚とも)恐竜博物館は大盛況coldsweats01

 企画展も見て回るとなると、こちらは有料な上にさらに時間が掛かることに。くまなく見て回るには時間が足りなくなってしまったことから、賞味1時間ほどの滞在で撤収。再びコミュニティバスに揺られて勝山駅へ戻ってきました。1本電車を落としても福井からの帰りの特急に間に合うことから、駅周辺で過ごすことに。古い駅舎や駅前に展示の電気機関車。さらに駅舎内にある喫茶室で一服した後、福井行きの電車に乗り込みました(続く)。

勝山駅舎'16.9.18

テキ6@勝山'16.9.18

コーヒー@勝山'16.9.18
(3枚とも)勝山駅で一休みcafe

|

« 2016北陸夫婦旅その10~永平寺を訪ねる | トップページ | 2016北陸夫婦旅その12~サンダーバードとかがやきの乗り継ぎで大宮へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/64343833

この記事へのトラックバック一覧です: 2016北陸夫婦旅その11~福井県立恐竜博物館を訪ねる:

« 2016北陸夫婦旅その10~永平寺を訪ねる | トップページ | 2016北陸夫婦旅その12~サンダーバードとかがやきの乗り継ぎで大宮へ »