« 2016北陸夫婦旅その7~福井鉄道経由で三国へ | トップページ | 2016北陸夫婦旅その9~久々のヨーロッパ軒 »

2016.10.10

2016北陸夫婦旅その8~東尋坊と三国を訪ねる

 2016年夫婦旅の続き。三国駅から東尋坊方面へ向かう京福バスに乗り込みます。学生時代、京福電鉄の乗り潰しを兼ねて訪れて以来でしたが、現地までの道のりが今一つ記憶になく、改めて時の流れを感じたところ。バスを降りてみやげ物屋が連なる通りは前回訪れた時も行き来していたはずですが、荒々しい岩肌がむき出しとなった断崖絶壁は今も変わっておりませんでした。

東尋坊'16.9.17
20数年ぶりに東尋坊を訪ねる

 雨が心配されたものの、天気の方は何とか持ちこたえてくれたのは何よりで、来た道を戻りこのあたりで少し遅めのランチタイムとすることに。適当なところに入っていただくことにしました。やはり海辺のエリアとあって海鮮丼とイカ焼きを頂いてきましたが、前日の金沢でも海産物をいろいろと頂いているので、ここまでは海の幸尽くしでしたねwink。ここ福井といえばカニは有名ですが、やはり寒い時期の方がおいしい印象がありますね。

イクラ丼@東尋坊'16.9.17

イカ焼き@東尋坊'16.9.17
(2枚とも)金沢に続き、ここ福井でも海産物を頂くことにfish

 再びバスに乗り込んで、帰りは三国港駅の前で下車。京福電鉄とえちぜん鉄道の完乗の折には足を運んだ終着駅ですが、小ぢんまりとした駅舎は昔とあまり変わっておりませんでしたね。ただ今回はここからは乗り込まず、歩いて三国の町を散策することにします。昔ながらの港町の佇まいが残る静かな町でしたが、観光客の姿はほとんどなく些か寂しい印象は否めないところで、前日滞在した金沢の賑わいとは対照的でした。

えちぜん鉄道MC6101形@三国港'16.9.17
終着駅で出発を待つえちぜん鉄道の電車

 のんびり歩いて三国駅の前まで辿り着きましたが、そのまま引き続き歩いて今度はみくに龍翔館へやってきました。近年三国町を舞台としたアニメにも登場した洋館はかつて小学校として長年使用された建物で、現在は博物館として使用されていますが、小高いところに建っていることもあり展望スペースから一望することができる三国の町はなかなか格別でした。

みくに龍翔館'16.9.17
三国の町を一望することができるみくに龍翔館を訪問

 この後さらに三国の町を散策。一度足を運んだことのあった森田銀行の建物にご挨拶してまいりましたが、すでに時刻は17時を過ぎていたため周囲は静まり返っておりました。徐々に暗くなりつつある中、三国駅へ戻ってえちぜん鉄道の単行に乗車。まっすぐ福井駅まで戻ってまいりました(続く)。

旧森田銀行本店@三国'16.9.17
今も残る旧森田銀行本店の建物

|

« 2016北陸夫婦旅その7~福井鉄道経由で三国へ | トップページ | 2016北陸夫婦旅その9~久々のヨーロッパ軒 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/64327595

この記事へのトラックバック一覧です: 2016北陸夫婦旅その8~東尋坊と三国を訪ねる:

« 2016北陸夫婦旅その7~福井鉄道経由で三国へ | トップページ | 2016北陸夫婦旅その9~久々のヨーロッパ軒 »