« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016.11.30

秋の西日本紀行その2~乗れなかった西鉄の鉄道むすめラッピング電車

 秋の西日本紀行の続き。福岡空港から地下鉄に乗って中洲川端まで向かい、貝塚行きに乗り換えます。この日の目的地は西鉄貝塚線。西鉄新宮から津屋崎までの末端区間が廃止される直前の2007年3月に乗車して以来、西鉄貝塚線になってからは初めての乗車で、貝塚駅から乗るのも初乗りの時以来でしたが、今年春から運行開始した鉄道むすめのラッピング電車が一番のお目当てでした。

福岡市交通局2000系@貝塚'16.11.3
この日の目的地、貝塚に到着

 貝塚に到着し、そのまま西鉄貝塚線の乗り場へ向かうとすぐに出発するとのことで慌てて乗り込みましたが、出発して間もなく車両基地が見えてきたので構内に目をやると、止まっていた2本の電車のうちの1本がお目当てのラッピング電車でした。これで運用に就いていないことが確定してしまいましたがweep、車両基地の外側から見える位置に止まっていたことが救いで、すぐに貝塚へ引き返して外側から拝んでまいりました。

西鉄600形@貝塚'16.11.3

朝倉ちはやラッピング'16.11.3

朝倉ちはやポスター@西鉄千早'16.11.3
(3枚とも)鉄道むすめのラッピング電車は乗れず・・・weep(敷地外から拝見)

 運用に就いていれば沿線で撮影タイムとなるところでしたが、これで大きくあてが外れてしまい残念なところ。それでもせっかくだったので、終点の西鉄新宮まで乗車することにしました。終点の西鉄新宮駅のホームから津屋崎方面に目をやると車止めの姿が見えましたが、廃止されて10年近くの時が流れていることに改めて痛感したところ。ここまでは沿線に住宅が多く、それなりに乗客が見込める様子ですね。

車止め@西鉄新宮'16.11.3

西鉄新宮駅舎'16.11.3

西鉄600形@西鉄新宮'16.11.3
(3枚とも)現在の終点、西鉄新宮まで乗車

 結局来た道を戻り、JR鹿児島本線との接続駅である千早で下車。ここから博多へ向かいました。ラッピング電車は来年以降も運転されるようなので、2月からスタートする全国鉄道むすめ巡りと合わせて乗車できるチャンスはありそう。こちらは次回のリベンジとします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.29

秋の西日本紀行その1~成田発福岡行き

 今月3日から5日に掛けて博多と山陰地方を廻ってまいりましたが、出掛けに大宮駅に寄り道。東武の乗り場でこの日から発売となった新型特急「リバティ」の記念乗車券を手に入れてまいりました。記念きっぷの発売が続く東武ですが、モノによっては早々に売り切れてしまうことが多いので早めに入手した次第でしたが、後日大宮駅で駅員がテーブルを出して売り込みしているのを見かけ、そんなに慌てずに済んだようですねcoldsweats01

新型特急リバティ愛称決定記念乗車券
行き掛けに大宮駅で入手した新型特急「リバティ」の記念きっぷ

 さてこの日の目的地は博多でしたが、片道だけ貯まっていたユナイテッド航空のマイレージを使用することに。ところが予約の段階で羽田発の適当な時間帯の便に空きがなく、唯一予約が取れたのが成田発の便でした。空港までの移動に時間が掛かるもののこれまで国内線の利用は羽田ばかりだったのである意味新鮮なところ。日暮里からスカイライナーに乗って成田空港へやってまいりました。

京成AE形@成田空港'16.11.3
スカイライナーに揺られて成田空港へ

 以前はJRでも京成でも改札口を抜けると係員による荷物検査が行われ、パスポートや免許証などの確認が求められていましたが、現在は省略されていて久しく来ないうちにずいぶんと変わりましたね。さっそく全日空のチェックインカウンターへ向かいますが、搭乗客の長い列が出来ていて意外と利用者は多かったですね。元より祝日だったことと昨今の海外からの旅行客の増加も影響しているようですが、そのまま搭乗口へ移動となりました。

成田空港'16.11.3
福岡へ向けて出発airplane

 搭乗時刻となり、バスで機材まで移動。全日空2141便は10時15分、成田空港を出発しました。あいにく通路側しか空きがなく、外の景色は拝むことができませんでしたが、この日は朝から好天で機内のアナウンスによれば眼下に富士山が見えるとのこと。機内で大人しく過ごしているうちに12時25分、成田空港から2時間ほどで福岡空港に到着しました。この後、この日の目的地へ向かうべく地下鉄に乗り込みますが、続きは後ほど(続く)。

NHboeing737‐500@福岡空港'16.11.3
晴天の福岡空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.28

"フラワー長井線”山形鉄道

山形鉄道YR-880形@赤湯'16.1.9

 “フラワー長井線”の愛称を持つ山形鉄道。今年1月、仙台市営地下鉄東西線の完乗と合わせて久しぶりに乗ってまいりました(その時の記事はこちら)。他の第三セクター鉄道の例に漏れず経営は厳しいですが、沿線案内をまとめた冊子を販売するなど、ゆっくり乗り歩いてみたい路線ですね。幸い来年は全国鉄道むすめ巡りでスタンプが設置されるとのことで、訪ねる機会に恵まれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.27

あかつき(1990年1月7日)

寝台特急あかつき@諫早'90.1.7

 おとといに続き、あかつきの画像を紹介します。時期は1990年1月。埼玉へ帰省した帰りに新大阪から諫早まで乗車しました。終点の長崎まで乗車しなかったのは、住まいが浦上駅の方に近かったことと寝台券を手元に残したかったためで、ここから普通列車に乗って浦上まで向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.26

あかつき

寝台特急あかつき@佐賀'87.3

 昨日、長崎ディスティネーションキャンペーンの一環で大阪から長崎へ向けて「サロンカーあかつき」という団体専用列車が運転されましたが、「あかつき」といえば長崎に住んでいた時によくお世話になりましたね。「レガートシート」という座席車を繋げていたことが一番の理由でしたが、さらに遡ること国鉄末期の1987年3月、初めて長崎を訪れた時にも乗車しております。個人的にはそれだけ馴染み深いブルトレでもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.25

東武の記念乗車券2題

 最近手に入れた東武の記念乗車券を2つ紹介します。一つは野岩鉄道相互直通運転30周年記念乗車券ですが、1986年に新藤原から会津高原までの区間が開業して以来、もうそれだけの時間が経過したのかと改めて時の流れを痛感させてくれます。しかし最近は手前の鬼怒川温泉まで行くことはあってもその先へ行く機会が少なく、久しぶりに野岩鉄道を経由して福島県へ向かう旅もしてみたいところです。

野岩鉄道相互直通運転30周年記念乗車券
今年は野岩鉄道開業30周年

 もう一つはSL関連の記念乗車券ですが、こちらはいよいよ来年夏に迫ったSL運転に向け、来月4日に開催される恒例の東武ファンフェスタで撮影会が開催されるとのことで、多くの来場者で賑わいそうですね。しかしこちらは事前申込制とのことであいにく申し込みはしておらず、実物を拝むのは運行がスタートする来年夏以降となりそうです。

SL到着・火入れ式記念乗車券
東武の来年の話題はこちらですね>SL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.24

快速シーハイル上越号

快速シーハイル上越号@宮原'13.2.17

 先日、JRの冬の臨時列車について発表がありましたが、例年運行していた快速シーハイル上越号の記載がありません。2013年までは183系による運行で、イラスト入りのヘッドマークが用意されるなど度々撮影しておりましたが、185系になってからは文字だけのものになってしまい、足が遠のいてしまいましたねweep。スキー客も新幹線へ移行しており、使命を終えた感は否めないところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.23

増毛駅(1991年8月)

増毛駅舎'91.8

 来月4日をもって廃止となる留萌本線の増毛駅。まだ学生だった1991年8月、北海道ワイド周遊券を片手に道内を廻っていた折、乗り潰しを兼ねて降り立っております。当時はほんと、終着駅に到着するとあまり駅周辺をじっくり見ないまま、当時駐在していた駅員から硬券入場券を記念に入手するとすぐに来た道を折り返してしまい、今思えばもうちょっと終着駅の雰囲気を味わっておいてもよかったなと後悔しきりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.22

【11/1】新しい制服を着た相鉄の鉄道むすめ「星川みほし」

 今月から相鉄の制服がリニューアルされるのに合わせ、相鉄の鉄道むすめ、「星川みほし」の新しいイラストが先月公式サイトにUPされましたが、これに伴って今月1日から記念入場券が発売されることになりました。さっそく発売初日に訪ねてまいりましたが、この日は平日ということで仕事が引けた後に横浜へ移動。最初に向かった上星川駅に到着した頃はすっかり暗くなっており、改めて日が短くなったと実感いたしました。

星川みほし制服リニューアル記念入場券ポスター@上星川'16.11.1

星川みほし等身大パネル@上星川'16.11.1
(2枚とも)新しい制服を纏った相鉄の鉄道むすめ・星川みほしが登場heart04

 目的の記念入場券を入手した後、引き続き星川駅へ移動。こちらでも無事記念入場券を入手してまいりました。今回も両方の駅構内に新しいイラストのパネルが展示されましたが、何分平日のラッシュ時間帯とあってじっくり眺めるというわけにはいきませんでしたねcoldsweats01。7月に訪れた時はあいにくの天気で早々に撤収してしまったので、来年からスタートする全国鉄道むすめ巡りの折には1日かけて相鉄沿線をブラブラしたいところです。

星川みほし制服リニューアル記念入場券
無事入手した目的のブツheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.21

【10/30】都電ハロウィン号に乗る

 先月30日の続き。与野駅を後にして都内へとやってまいりました。いつものように尾久駅から都電沿線へ向かい、荒川車庫前電停まで移動。ここでしばらく過ごしていると、王子寄りから都電ハロウィン号に使用されているレトロ車両の9002号が近づいてきました。車庫の中に姿がなかったので動いていることを確信しましたが、前回訪れた10月初旬の時と同様、すんなり出会うことが出来ましたねhappy01

都電9000形@荒川車庫前'16.10.30
荒川車庫前電停で都電ハロウィン号と出会う(前回と同じですが…coldsweats01

 この後三ノ輪橋からの折り返しに乗車しようと思い、線路伝いに歩いて飛鳥山電停まで移動することに。行き交う都電の車両を見ながらしばし過ごすことにしました。ここでは新型車両の8900形はそれほど見かけませんでしたが、すっかり数が少なくなった7000形が何台か行き来しており、そのうち「都電落語会」のラッピングを施した7002号は団体専用として運転されていて、車内では文字通り落語が行われている様子が伺えました。

都電7000形@飛鳥山'16.10.30すっかり少数になってしまった7000形

 こうして過ごしているうちにようやく都電ハロウィン号が到着。乗り込むことにしました。車内はカボチャの装飾が施されていてまさにハロウィン一色。しかし立ち客が出るほどの混雑で、雰囲気に浸るというわけには行きませんでしたねcoldsweats01。大塚駅前電停で幾らか空いたので次の向原まで乗車。この後、線路沿いで見頃を迎えていたバラを見ながら早稲田から戻ってきた都電ハロウィン号を見送りました。

都電7000形&9000形@飛鳥山'16.10.30

都電ハロウィン号車内'16.10.30

都電9000形@向原'16.10.30
(3枚とも)都電ハロウィン号に乗車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.20

【10/30】与野駅に現れた懐かしい”客”

 先月30日は午後からお出かけ。都電荒川線で10月末まで運転の都電ハロウィン号を見に行こうと思いましたが、その前に1ヶ所寄り道することにしました。さいたま新都心で京浜東北線に乗り換えて与野で下車。ここに数日前から京葉線の209系500番台が止まっているとのことで様子を見にやってまいりましたが、秋田にある車両センターへ整備のため回送される途中で車両に不具合が生じ、ここに留め置きされたとのことです。

209系@与野'16.10.30
与野駅でしばし休息する”ケヨ34”209系500番台

 元々は京浜東北線で走っていた車両であり、かつての職場でしばし羽を休める格好となりましたが、京浜東北線で走っていた頃のことを知っている身にとっては顔つきが異なる車両だっただけに気になる存在でもありましたね(続く)。

209系@東十条'08.9

209系@南船橋'10.6
(2枚とも)在りし日の姿~京浜東北線&京葉線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.19

【10/29】宴の後@高崎駅

 先月29日の続き。高崎駅に戻り、後はまっすぐ帰るだけとなりました。すでに駅の南側で行われていたイベントは終了しており、駅構内にはイベント帰りと思しき乗客も多く見受けられましたが、この時間は115系の他、八高線開通80周年記念の塗装車両などがホームに停まっており、駅に発着する列車が行き来する度にカメラを向ける人の姿が見られました。

キハ110形@高崎'16.10.29

115系@高崎'16.10.29

107系&115系@高崎'16.10.29
(3枚とも)宴の後~高崎駅

 そんな高崎駅を後に高崎線の上り列車に乗車。まっすぐ宮原まで帰ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.18

【10/29】佐野のわたし駅近くでぐんまちゃん列車をお迎え~上信電鉄

 先月29日の続き。高崎鉄道ふれあいデーを見終えてから遅いランチタイムを済ませた後、上信電鉄の乗り場へやってきました。時刻は14時過ぎと帰りにはまだ早い時間だったので、上信電鉄の様子を見て回ることに。とは言えこの日は乗り降り自由なフリーきっぷを持っておらず、遠方へ行くのは避けたいところ。そうなるとすっかり定番となった2つ先の駅、佐野のわたしへやってまいりました。

上信電鉄150形@高崎'16.10.29
元西武車に乗って佐野のわたしへ

 高崎を出発する際、本社横の側線にぐんまちゃん列車の姿を確認できなかったので、この日は運用に就いている様子。先月16日の上信電鉄本社で行われたイベントでは、奥の方にひっそりと止まっていたぐんまちゃん列車を見かけ、些か残念なところでしたが、烏川を見渡しながらしばし待っていると、下仁田方面からぐんまちゃん列車が西日を浴びながら鉄橋を渡って近づいてきました。

上信電鉄500形@佐野のわたし'16.10.29-1
烏川の鉄橋を渡る”ぐんまちゃん列車”

 この後、烏川に掛かる木製の橋を渡って対岸へ移動。鉄橋の袂付近でしばらく待っていると、先ほど見送ったぐんまちゃん列車が高崎から戻ってきました。そちらを見送り、再び佐野のわたし駅に戻った後、高崎行きの列車に乗って戻ってまいりました(続く)。

上信電鉄500形@佐野のわたし'16.10.29-2
高崎からの戻りをお見送り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.17

【10/29】高崎鉄道ふれあいデーを訪ねる

 先月29日の続き。大平下から両毛線に揺られ、高崎までやってまいりました。この日は「高崎鉄道ふれあいデー」と題したイベントが駅の南側の側線内で行われていて、午前中の開場直後は多くの来場者で長い行列が出来ていたとか。しかし、高崎駅に到着した13時過ぎ頃にもなると周囲はだいぶ落ち着いており、並ぶことなくすんなり会場に入ることができました。

高崎鉄道ふれあいデー2016ポスター@高崎'16.10.29
午後は「高崎鉄道ふれあいデー」を訪問wink

 さっそく会場を見て回りますが、メインはやはり車両展示。高崎にゆかりのある機関車の他、今回はEF66の27号機が展示されておりました。こちらは唯一国鉄時代からの姿を留めているカマで、昨年5月に宇都宮駅で見かけたことがありますが、往年の出で立ちで残っていることもあって人気がありますねhappy01。その他、こちらも高崎にゆかりのある115系や“金太郎”EH500も展示されておりました。

車両展示@高崎鉄道ふれあいデー'16.10.29

EH500‐7@高崎鉄道ふれあいデー'16.10.29

115系@高崎鉄道ふれあいデー'16.10.29
(3枚とも)高崎鉄道ふれあいデーで展示された車両たち

 上毛電気鉄道の物販ブースで鉄道むすめのグッズを1品入手してから会場を撤収。駅に戻って遅いランチタイムといたしました。この後は夕方まで上信電鉄沿線で過ごしてきましたが、続きは後ほど(続く)。

北原ゆうき缶バッジ
会場での戦利品heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.16

【10/29】両毛線@大平下

 先月29日の続き。新大平下駅近くで東武1800系の臨時快速を見送った後、歩いて両毛線の大平下駅までやってきました。ここから両毛線に乗り込みますが、予定では11時43分発の高崎行きに乗車したかったので少し時間に余裕があったことから、岩舟との間に広がる田園地帯でのんびり過ごすことに。このあたりの流れは今年5月のゴールデンウィークの時と全く同じでしたねwink

 両毛線といえば今年8月に高崎から宇都宮まで直通する115系使用の各停に乗車するなど、夏頃あたりから何度か足を運んでおりますが、やはり注目すべきところは徐々に置き換えが進んでいる115系ですかね?しかしこの日ここで目にした115系は、高崎行きの444Mの1本のみ。改めて211系への置き換えが少しずつ進んいることが肌でも感じ取ることができました。

115系@大平下'16.10.29
大平下駅近くで見かけた115系はこれ1本だけcoldsweats01

 11時過ぎに撤収して大平下駅へ戻ると、11時43分発の高崎行きで大平下を出発。211系に揺られて終点までやってまいりましたが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.15

【10/29】東武1800系臨時快速@新大平下

 先月の群馬訪問も3回目となった29日、栗橋から東武日光線に乗り換えます。この日も1800系使用の臨時快速列車が運転されるとのことでやってまいりましたが、前回10日の時は失敗してしまっただけに何とかリベンジを果たしたいところ。撮影後は両毛線に乗って高崎へ向かうので新大平下までの区間で待とうと思いましたが、板倉東洋大前で後続の快速の待ち合わせがありこちらに乗り換え、結局新大平下で下車となりました。

 今年5月の時より少し先の線路脇でしばし待機。思えばその時と乗ってきた列車が全く同じで、日光詣スペーシアや350系使用の特急しもつけ、それにJR車の253系と待っている間は退屈することはありませんでした。そんな中、待つこと9時20分過ぎにいよいよ1800系の臨時快速が接近。10日の時に失敗してしまっただけに、何とかリベンジは果たせたように思いますcoldsweats01

東武1800系@新大平下'16.10.29
10日のリベンジは何とか果たせました>1800系臨時快速

 これで東武沿線からは離脱。今度は両毛線沿線へ移動しますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.14

【10/23】”普悠瑪”カラーに会えず~東武

 先月23日の続き。赤城駅から東武桐生線に乗り換えます。時刻は13時半前。普段に比べるとずいぶん早くに上毛電鉄沿線から離脱することになりましたが、この後は東武桐生線沿線で過ごすことにします。自宅を出る前に東武鉄道のサイトを見ていたところ、ちょうど午後に赤城へ向かうりょうもう号に”普悠瑪”カラーが入るとのことで、こちらを待つべく藪塚駅で途中下車しました。

藪塚駅舎'16.10.23
この駅に降り立ったのはこの日が初めて~藪塚

 この駅で下車したのはこれが初めてで、近くに小ぢんまりした温泉街があることは知っておりましたが、今回はこちらに寄らずに”普悠瑪”カラーを待つことに。しかし、意外にも駅近くで撮影できそうな場所が見当たらず、結局赤城寄りに歩いて15分ほど行ったところにある神社の前でのんびり待っていると、”普悠瑪”カラーが入るはずのりょうもう17号は通常カラーでの運転でしたweep

東武200系@藪塚'16.10.23
りょうもう17号は”普悠瑪”カラーにあらず…weep

 直前で運用が変わったのかどうかは不明ですが、これは些か残念なところ。結局来た道を引き換えし、15時半過ぎの普通列車に乗って太田へ向かいました。ここからだと朝日バスで県境越えというコースをこれまで何度かやっておりますが、今回はフリーきっぷがあるので伊勢崎線で久喜を目指すことに。とは言え1日歩き疲れたこともあり、ここからはりょうもう号の特急券を買って乗り込みました。

普悠瑪張り子@太田'16.10.23
今回はこちらで・・・coldsweats01>普悠瑪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.13

【10/23】古豪・デハ101号、上毛電鉄を行く

 先月23日の続き。大胡を離れ、デハ101号を追いかけることにします。どこでお迎えするかは特段決めておらず、時間に余裕を持たせようと中央前橋行きに乗車しましたが、結局はこれまで何度も足を運んだことのある上泉で下車。近くの田んぼの脇で待つことにします。この日は朝からすっきりと晴れ渡っていたおかげで赤城山の姿もくっきり見ることができましたが、その赤城山をバックにデハ101号が吊りかけ音を響かせてやってきました。

上毛電鉄デハ101号@上泉'16.10.23
赤城山をバックにデハ101号が行く

 この後、中央前橋からの折り返しを見送った後、後続の西桐生行きの列車に乗車。赤城までやってまいりました。時刻は13時を過ぎたところで少し早目でしたが、これで上毛電鉄沿線から離脱することに。季節柄運転されていたハロウィン仕様の列車を横目に東武に乗り換えました(続く)。

上毛電鉄700型@赤城'16.10.23-1

上毛電鉄700型@赤城'16.10.23-2

北原ゆうき自販機@赤城'16.10.23
(3枚とも)ハロウィン仕様の列車を見送り、上毛電鉄沿線から離脱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.12

【10/23】頑張るぐんまの中小私鉄フェアを訪ねる

 先月23日の続きですが、中央前橋から上毛電鉄に乗り込んで大胡までやってまいりました。この後イベント恒例のデハ101号の運行が始まるところだったので、駅近くの踏切でお見送りすることに。いつもは午前中沿線で古豪を追っかけてから大胡へ向かっておりましたが、今回は順番が逆。踏切でしばらく待っていると、大胡を発車したデハ101号が吊りかけ音を響かせながら、西桐生へ向けて走り去っていきました。

上毛電鉄デハ101号@大胡'16.10.23
大胡駅近くで古豪・デハ101号をお見送り

 この後さっそくイベントが行われている電車庫へ。会場にはすでに多くの人が詰めかけていて今回も大盛況でしたhappy01。中小の私鉄のイベントは規模が小ぢんまりとしているので、手作り感満載のところが多く見受けられますが、会場内に展示されている700型の先頭には「急行 吉祥寺」と記された表示が出されていてなかなか粋な演出も見受けられましたwink

上毛電鉄700型&デキ3021号@大胡電車庫'16.10.23

東武テ241@大胡電車庫'16.10.23

上毛電鉄700型@大胡電車庫'16.10.23
(3枚とも)大胡電車庫でのイベントを訪問

 物販のブースで上毛電鉄の鉄道むすめ、北原ゆうきのイラストが入ったマウスパッドを入手した後、会場から退散。この後は沿線で古豪を追いかけることにしますが、続きは後ほど(続く)。

北原ゆうきデビュー1周年記念マウスパッド
会場で手に入れた、北原ゆうきデビュー1周年記念のマウスパッド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.11

【10/23】115系&211系@高崎駅

 先月の群馬訪問の2回目。23日は上毛電鉄で行われたイベントを訪ねてまいりました。今回は深谷駅で「ぐんまワンデー世界遺産パス」を入手。そのまま高崎へ向かうと、この日唯一見かけた115系を横目にしながら両毛線に乗り換えます。停まっていたのは211系。これまで115系の牙城だった高崎支社管内も徐々にこの211系への置き換えが進みつつあり、見かけた際には記録しておきたいところですね。

115系@高崎'16.10.23

クハ210‐3034@高崎'16.10.23
(2枚とも)この日の朝の高崎駅

 その211系に揺られて前橋に到着。結局この日は115系には乗車することができず、駅前通りを歩きながら中央前橋駅へ向かいます(続く)。

前橋駅前けやき並木通り'16.10.23
前橋駅から駅前通りを歩いて中央前橋駅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.10

【10/22】越谷の有名な公園を訪ねる

 先月22日は遠出せずに近場をブラブラすることに。土曜日ということで、前週に続いて配6794レを地元でお迎えしました。この日のカマはEF65の2092号でしたが、牽引していた貨車の中にホッパー車のホキ1000形が繋がっておりました。これはフライアッシュ・炭酸カルシウムを専用に運搬する貨車ですが、高崎線では滅多に見かけない貨車の一つでもあります。

EF65-2092@宮原'16.10.22

ホキ1000形@宮原'16.10.22
(2枚とも)2週続けて地元で配6794レをお迎え

 午後はマイカーのハンドルを握って近場をドライブ。岩槻で用事を済ませた後、越谷市内へ向かいました。やってきたのは出羽公園。すぐ横を武蔵野線の線路が走っているところで、近年活躍が著しい鉄道写真家の中井精也氏がここで様々な作品を撮られている公園でもあります。東川口と南越谷の間に位置しますが、どちらの駅からでもかなり距離があるので、どうしてもクルマでの訪問となってしまいますね。

EF65@出羽公園'16.10.22
一度は訪ねたかった出羽公園

 地元に戻ると時刻は15時半近く。地元で安中貨物を見送ってから帰宅しました。

EH500‐44@宮原'16.10.22
地元に戻って安中貨物をお迎え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.09

11月14日は埼玉県民の日

 今年も恒例の埼玉県民の日が近づいてきましたが、例年通り県内に通じる各鉄道会社で1日乗り放題のフリーきっぷが発売されます。

 東武鉄道       大人  470円 子供 240円
 西武鉄道       大人  470円 子供 240円
 埼玉高速鉄道    大人  680円 子供 340円
 秩父鉄道       大人 1,000円 子供 500円
 つくばエクスプレス 大人  2,380円 子供 680円(県外の路線も含めTX全線で有効)
 埼玉新都市交通  大人  420円 子供 210円 ※

 今年一番大きな変化はニューシャトル。例年14日に丸山車両基地でイベントが開催されておりましたが、今年は前日の日曜日の13日が開催日となっており、フリーきっぷはこの日が使用日となっておりますので注意が必要です。おかげで休みを取る必要がなくなり有難いところですが、翌14日はあいにく休みではなく出勤ですweep

丸山車両基地'15.11.14
今年のニューシャトルのイベントは13日開催

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.08

【10/16】上信電鉄感謝フェア2016を訪ねる

 先月後半は立て続けに群馬県内で鉄道関連のイベントが開催され、その最初となる上信電鉄のイベントが16日にありました。そこでこのイベントを訪ねるべく上尾から快速はちおうじやまどり号に乗車することに。この列車の高崎到着が10時ちょうどと、イベント開始直後とあって具合がよかったことから、事前に指定券を押さえておいた次第でしたが、列車名の通りこの日は八王子が始発駅でした。

115系@はちおうじやまどり号車内'16.10.16
はちおうじやまどり号の”丸窓”から115系を見る

 10時ちょうど、高崎に到着。さっそくイベント会場となる上信電鉄の本社へ向かいます。すでに会場には多くの人が詰めかけていましたが、中身は例年とあまり変わらない上、昨年登場したぐんまちゃん列車が見づらい位置にいてややテンションが下がってしまいましたねsad。結局、未入手の鉄道むすめ関連のグッズを手に入れて早々に撤収。昼前に発車するデキの臨時列車を追いかけることにします。

上信電鉄デキ1号@高崎'16.10.16

ぐんまちゃん列車ラッピング'16.10.16

上信電鉄感謝フェア2016戦利品
(3枚とも)上信電鉄感謝フェアはさくっと見物

 イベント会場で手に入れた硬券の1日乗車券を片手に高崎を出発。特段どこでお迎えするか決めていませんでしたが、これまで行く機会の多かった馬庭では芸がないと思い、今回は山名で下車し、西山名方向へ歩くと広がる田園地帯の一角で待つことにしました。黄金色に色づいた田んぼを見ながら過ごしていると、高崎寄りから凸型のデキが牽引する臨時列車がゆっくり接近。稲穂を見ながら通過していきました。

上信電鉄7000形@高崎'16.10.16
しるく嬢に見送られて出発heart01

上信電鉄デキ1号@山名'16.10.16
山名と西山名の間でデキの臨時列車をお迎え

 この後、西山名駅から乗り込んで吉井で途中下車。上州富岡からの戻りまで少し時間があったので、近くでランチタイムと思いつつ探すもなかなか見つからず、少し離れたところにあった牛丼チェーン店で済ませてから駅へ戻ってきました。しばし待機していると、上州富岡から戻ってきたデキの臨時列車が接近。構内の側線に転線すると速度を落として停車し、後続列車を先行させてからゆっくり出発しました。

上信電鉄デキ1号@吉井'16.10.16
吉井駅で後続列車の待ち合わせをするデキの臨時列車

 後続列車に乗り込むもまだ帰るには早い時間だったので、佐野のわたしで途中下車。西日が差す烏川の鉄橋を見ながら夕方近くまで過ごしてまいりました。その後は高崎駅方面へ歩きながら南高崎駅近くにある温泉施設「さくらの湯」で汗を流し、高崎線に揺られて帰ってきました。

上信電鉄200形@佐野のわたし'16.10.16

さくらの湯@南高崎'16.10.16
(2枚とも)夕暮れの烏川を眺めた後、温泉で汗を流すspa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.07

埼京線・川越線205系

クハ204‐122@恵比寿'96.3.16

 1985年9月の川越線電化および埼京線開業を間近で見た身としては、それまで他路線からのお古ばかりだったこの路線にようやく新車が入ってきた時は、遅ればせながらようやく国鉄から脱皮が図れると思ったものでした。その後、1996年3月には恵比寿まで、2002年12月にはりんかい線との相互乗り入れによって新木場まで延伸となり、現在の姿となりました。それだけ205系は埼京線及び川越線の変遷をずっと見続けてきたことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.06

【10/15】川越車両センターまつり、おさんぽ川越号、コスモス畑

 先月15日は川越車両センターで毎年恒例のイベントが行われるとのことで訪ねることに。昼前に自宅を出発しましたが、その前に土曜日のお楽しみである配6794ㇾをお迎えしてまいりました。この日先頭に立ったカマはEF65の2076号。編成はコキ車とタンク車というこの列車ではオーソドックスな編成でした。こちらを見送り、日進駅から川越線に乗り込みました。

EF65‐2076@宮原'16.10.15
配6794レを見送ってから出発shoe

 列車に揺られて南古谷駅に到着。さっそく川越車両センターへ向かいます。昨年は首都圏各地で活躍するE233系が集まるなど車両展示はなかなかの見応えでしたが、今年は宇都宮線で使用される205系を除けば埼京線や川越線で活躍する車両が集められ、昨年ほどのインパクトはあまり感じませんでしたね。ただ展示されていた205系ハエ28編成はこのイベント後に運用を離脱しており、このイベントが最後の花道となりました。

川越車両センターまつりポスター@南古谷'16.10.15

車両展示@川越車両センター'16.10.15

205系@川越車両センター'16.10.15
(3枚とも)川越車両センターまつりを訪問

 一通り見て回り、再び川越線に乗車。川越駅の構内でランチを済ませてから西川越駅に向かいました。この後は川越駅16時ちょうど発の快速おさんぽ川越号に乗って帰る予定だったのでそれまでフリータイム。そこで駅近くの馴染みの踏切で東武東上線の列車を見ながらのんびり過ごすことにしました。しばらくすると川越まつりのヘッドマークを付けた50000系が接近。この日、川越市内では盛大なまつりが行われていました。

東武50000系@西川越'16.10.15
「川越まつり」のヘッドマークを付けた50000系と遭遇

 のんびり過ごしながら15時前には撤収。川越駅に戻ってきました。発車までしばらくあったのでそのまま駅構内で待機しておりましたが、しばらくして川越車両センターで止まっていた幕張車両センター所属のE257系が回送で到着。列車に乗り込み16時ちょうど、おさんぽ川越号はゆっくり川越駅を後にしました。川越線の臨時列車はこの他651系を使用した快速ぶらり川越号が運転されるなど、すっかり定着した感がありますね。

快速おさんぽ川越号@川越'16.10.15
川越から快速おさんぽ川越号に乗車

 おさんぽ川越号は16時21分大宮に到着。すぐに東武アーバンパークラインに乗り換えて大宮公園駅に向かいました。実は行きたかったところがあり、歩いて見沼田んぼの一角に植えられているコスモス畑まで辿り着きましたが、だいぶ日が傾いてしまったため長居はできなかったものの、東武アーバンパークラインの列車と絡めながら撮影してまいりました。

東武60000系@大宮公園'16.10.15

夕暮れの見沼田んぼに咲くコスモスの中を東武60000系が行く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.05

【10/10】秋の東武沿線巡りその2~東京スカイツリー周辺散策きっぷで廻る

 先月10日の続き。東武スカイツリーラインで北千住まで向かい、「東京スカイツリー周辺散策きっぷ」を手に入れてから曳舟へやってきました。この後は亀戸線沿線をブラブラ散策。10月末まで行われていたスタンプラリーをして廻ってきましたが、あいにくこの日はリバイバルカラーの運転はなく、スタンプ完集後に曳舟経由で押上へ向かい、ソラマチ5階にあるお馴染みのツーリストプラザで景品のカードと交換してきました。

東武亀戸線スタンプラリーポスター@曳舟'16.10.10

東武8000系@亀戸水神'16.10.10

東武亀戸線スタンプラリー景品
(3枚とも)亀戸線を廻るもリバイバルカラーは見当たらず…weep

 再び押上から来た道を逆戻り。今度は東向島に降り立ちました。ここでは東武博物館を訪ねてまいりましたが、この日までSL関連の企画展が開催されていたので見てまいりました。文字通り、1966年まで活躍していた東武のSLに関する展示が写真を通じて紹介されていましたが、来年のSL運転開始に向けて機関車の整備や使用される客車の搬入など、準備が着々と進んでおります。

B1型5号蒸気機関車@東武博物館'16.10.10
東武博物館で行われたSLの企画展を見学

 この後は堀切へ移動。いつものように駅周辺で撮影タイムと相成りました。この日は午後から雲が広がるなど急に気温が下がり肌寒く感じるほどでしたが、特段あてはなく適当に過ごしながら、帰りは京成関屋から京成に乗って撤収しました。

東武30000系@堀切'16.10.10

東急5000系@堀切'16.10.10

京成AE形@京成関屋'16.10.10
(3枚とも)堀切~京成関屋のコースは定番に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.02

【10/10】秋の東武沿線巡りその1~今年も運転、秋の臨時快速1800系

 10月連休最終日となった10日は東武沿線をブラブラ散策。まずはこの秋も運転が始まった1800系使用の臨時快速を栗橋周辺で待つことにしますが、しばらくして来るはずの特急が来なかったのでどうしたかと調べていたら大袋駅近くで人身事故が発生したようで、復旧まで時間が掛かるとのことでした。半ば諦めかけていましたが、しばらくして1800系がこちらに接近。しかしシャッターの切り位置で失敗してしまいましたweep

東武1800系@栗橋'16.10.10
遅れてやってきた1800系使用の臨時快速。切り位置失敗でしたbearing

 意気消沈の状態で歩いて南栗橋駅に到着。すでに列車は動き始めており、ここから乗り込んで一気に都内を目指すことにします。東武動物公園で後続の急行に乗り換えることにしましたが、反対側のホームにはちょうど”普悠瑪”カラーのりょうもう号が到着。先程撮影した1800系は失敗してしまったのでその代わりというわけではありませんでしたが、こちらを見送り、後続の列車で北千住へ向かいました(続く)。


東武動物公園駅で出会った”普悠瑪”カラー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.01

【10/9】第4回アニ玉祭を訪ねる

 先月9日は地元大宮で開催された「第4回アニ玉祭」を訪ねてまいりました。去年は川越車両センターのイベントと重なり掛け持ちでの訪問となりましたが、今年は特に行きたいイベントが当日なかったことからこちらに絞って訪ねることに。昼過ぎに自宅を出て会場となる大宮のソニックシティにやってまいりました。2013年からスタートして以来今年で4回目となりましたが、相変わらず埼玉県は漫画やアニメに力を入れておりますねhappy01

にゃんぼー@アニ玉祭'16.10.9
今年も開催~アニ玉祭

 そんな中、会場内では9月に秩父鉄道で運転された「SLブルーサーマル号」のヘッドマークが展示。これは熊谷市妻沼が舞台となった漫画「ブルーサーマル」との連携イベントで運転されたものですが、あいにく当日は仕事で行くことができませんでしたweep。代わりに会場で販売されていた記念乗車券を一部入手して増収に貢献。その他、西武鉄道でもアニメ「三月のライオン」の記念乗車券を販売していたので、こちらも手に入れてきました。

ブルーサーマル記念乗車券

三月のライオン記念乗車券
(2枚とも)会場で手に入れた記念乗車券

 この後会場を離れ、入場券を買って新幹線ホームに向かうことに。特段あてはありませんでしたが、しばらくすると銀色塗装のE3系つばさがやってまいりました。つばさ号も派手なカラーリングに塗装変更が進むにつれて従来の銀色が徐々に減り、ついに10月末で銀色のつばさ号は運行終了することになりましたが、ちょっと前までは当たり前に見ることができた塗装で、あっという間になくなった印象がありますね。

E2系&E3系@大宮'16.10.9
銀色のつばさもこれが見納め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »