« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017.04.30

【3/20】全国鉄道むすめ巡り上高地線編その2~2か月半ぶりの上高地線

 全国鉄道むすめ巡り上高地線編の続き。松本に到着し、この後はこの日一番の目的である上高地線を乗り歩きます。まずは一旦改札を抜けて駅前のバスターミナルへ。ここで上高地線の1日乗車券を手に入れてから乗り場へ向かいます。10時10分発新島々行きに乗って出発し、まずは1月の時と同じく渚で途中下車。今回も近くを流れる奈良井川で鉄橋を渡る上高地線の列車を撮影してきました。

アルピコ交通3000系@渚'17.3.20
まずは渚で途中下車

 再び渚駅から乗り込んで終点の新島々に到着。さっそくスタンプを押してまいりました。2ヶ月半ぶりにやってまいりましたが、3月も下旬に差し掛かったこの日は心なしか寒さが幾分和らいだ感じでしたね。ところでここ新島々からは上高地を始め、平湯温泉や高山方面へ向かうバスが発着していますが、平湯温泉経由で富山へ向かうバスもあり、富山ライトレールと組んだコースも面白いかもしれませんね。

アルピコ交通3000系@新島々'17.3.20

全国鉄道むすめ巡り幟@新島々'17.3.20

アルピコ交通バス@新島々'17.3.20
(3枚とも)新島々でスタンプを押印

 この後、1本落として松本行きの列車で折り返し。途中の新村で下車しました。この日は恒例の「上高地線ふるさと鉄道まつり」が開催され、会場にはすでに多くの人で賑わっていましたが、小ぢんまりした車庫の中でのイベントは手作り感満載で、のんびりしていましたね。そんな中、元東急の“青がえる”や凸型の電気機関車といった古豪もいてなかなか濃い内容でしたが、鉄道博物館に展示されているハニフ1形もここで保存されていましたね。

アルピコ交通3000系@上高地線ふるさと鉄道まつり'17.3.20

全国鉄道むすめ巡りHM@上高地線ふるさと鉄道まつり'17.3.20

渕東なぎさ等身大パネル@上高地線ふるさと鉄道まつり'17.3.20
(3枚とも)小ぢんまりした敷地ながらも内容がなかなか濃い上高地線ふるさと鉄道まつり

 そんな新村駅ですが、この日は近々解体予定の旧駅舎の内部が公開され、多くの人が見物しておりました。思えばハニフ1形を見に訪れた時は旧駅舎がまだ現役で使われていた頃でしたが、1921年の開業当初から使用されていた駅舎で、新しい駅舎が完成した後もそのまま残っておりました。解体されてしまったのは残念なところですが、上高地線の生き証人的な存在でしたね。

新村旧駅舎'17.3.20

旧松本電鉄旧社紋'17.3.18

出札窓口@新村旧駅舎'17.3.20
(3枚とも)解体を前に、内部が公開された旧新村駅舎

 こうしてこの日の目的を無事果たし、後続の列車に揺られて松本に到着。この後、中央本線をひたすら乗り続け、自宅に戻った頃はすっかり暗くなっておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.29

【3/20】全国鉄道むすめ巡り上高地線編その1~スーパーあずさで松本へ

 先月20日は朝5時過ぎに日進駅からスタート。早朝は駅員が不在なので18きっぷに日付を入れることが出来ず、そのまま乗って八王子でようやく日付を入れてもらいました。この日の目的地は上高地線。今年1月以来で今回は全国鉄道むすめ巡り絡みでしたが、乗り込んだ6時35分発松本行きは1月の時と行程は同じでした。しかし今回は途中の韮崎で途中下車。ここで一旦18きっぷから離れ、後続の特急スーパーあずさ1号に乗車します。

特急スーパーあずさ1号@韮崎'17.3.20
韮崎からスーパーあずさ1号に乗り換え

 本来なら新宿から全区間通しで乗りたいところでしたが、如何せん今回は設置個所が多いことから18きっぷをメインに動くことになり、特急利用は少しでも時間を稼ぐ目的がありましたが、現在使用されているE351系も後継のE353系への置き換えが今後始まるので、一度は乗り通したいところですね。そちらは次回のお楽しみとし、松本には9時39分に到着。この後、上高地線に乗り換えます(続く)。

E351系&E353系@松本'17.3.20
松本駅でE353系を目撃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.28

【3/19】リゾートしらかみ、鉄博に来る

 全国鉄道むすめ巡り関西編から朝早くに帰ってきた先月19日、日中は自宅でのんびり静養し、夕方から近場をブラブラしてきました。まずは定番となっている地元での安中貨物のお迎えをすることに。この日の“金太郎”は15号機でしたが、後方はタンク車のみの編成と無蓋車“トキ”は連結されていませんでした。定期での旅客運用の列車はだいぶ地味になってしまっただけに、どうしても貨物列車に目が行きますね。

EH500-15@宮原'17.3.19
この日の安中貨物は15号機

 安中貨物を見送り、その足でニューシャトルの加茂宮駅へ。大宮行きの列車を待っていると、やってきたのは鉄腕アトムやレオなど、漫画家の故手塚治虫氏の原作に登場するキャラクターがラッピングされた車両でした。こちらは自転車事故防止対策の一環で埼玉県警の協力のもと登場したとのことで(参考:埼玉新都市交通の公式サイト)、両端の先頭車のみですが、どうしても目が行ってしまいますね。

自転車事故防止対策ラッピング'17.3.19
自転車事故防止対策の一環で登場した手塚キャラのラッピング車両

 こちらに揺られて次の鉄道博物館駅で下車。地元の強みということで、遅い時間に鉄博見物と相成りましたが、この日はちょうど「リゾートしらかみ橅」が展示のため大宮まで足を延ばしており、さっそく車内を拝見することにしました。10年以上前に乗り通して以来、現在のハイブリット車になってからは乗っていませんが、リゾート列車の先駆けとなった列車もあり、車内は乗って楽しめる空間となっております。

HB-E300系@鉄道博物館'17.3.19

コンパートメント@リゾートしらかみ'17.3.19

ORAHOカウンター@リゾートしらかみ'17.3.19
(3枚とも)鉄道博物館で展示された「リゾートしらかみ橅」

 ところで久しぶりに鉄博を訪ねてみると、館内の展示にいろいろと変化があることに気が付きましたが、リゾートしらかみと並んでDD13が屋外に展示されていたのでこちらも車内見学の後に拝見することに。一方、ヒストリーゾーンではC57に「さくら」のヘッドマークが取り付けられていて、少し早目の春を感じてまいりましたcherryblossom

DD13-1@鉄道博物館'17.3.19
屋外で展示されているDD13-1

C57135@鉄道博物館'17.3.19
”貴婦人”に取り付けられた「さくら」のヘッドマーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その15~刈谷から夜行高速バスで帰途に

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続きもいよいよ完結。米原から再び東海道本線の上り列車に乗り込みます。思えば学生時代、西の方から延々乗り継いで夜の時間帯にここ米原に到着。ここから大垣行きの列車に乗り換え、終点で東京行きの夜行列車に乗ったことを思い出しましたが、その流れを組む快速「ムーンライトながら」は現在長期休暇の時期のみの臨時列車となってしまいました。

クハ312-5015@米原'17.3.18
米原からJR東海エリアへ

 列車は大垣、岐阜を過ぎ、名古屋に到着。さすがにここで多くの乗客が乗り込んで車内は立ち客が出てまいりました。この後23時過ぎに刈谷で下車しましたが、ここは2年前に駅前のホテルに宿泊し、翌朝中部国際空港から仙台行きのフライトで飛び立った時のことを思い出しますね。今回は東京行きの夜行高速バス「知多シーガル号」に乗って帰ることに。23時半過ぎ、人もまばらな刈谷駅前を出発、帰りの途に付きました。

知多シーガル号@豊川SA'17.3.19
東京行き夜行高速バス「知多シーガル号」で帰途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.26

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その14~帰り道で出会った近江鉄道の鉄道むすめラッピング車両

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。すでにスタンプの方は所定の箇所で全て押印済みとなり、後はひたすら東海道本線を名古屋方面へ向けて進むだけとなりました。一つ心残りだったのが、近江鉄道で運転されている鉄道むすめのラッピング車両が彦根の車庫の中で休んでいたことでしたが、京都から乗り込んだ新快速列車で彦根駅に到着すると、近江鉄道の乗り場の方に豊郷あかねの顔が見えたので、迷わず降りることにしました。

近江鉄道800系@彦根'17.3.18
最後の最後で出会えた近江鉄道の鉄道むすめラッピング車両

 まさか最後の最後で目にすることができたというのは何ともラッキーでしたがheart01、この後米原行きになればそのまま乗って行けると思い、改札を抜けて近江鉄道の乗り場へ。残念ながら反対方向の多賀大社前行きとのことで乗車は叶いませんでしたが、ホームから車内の様子を眺めると、各社の鉄道むすめのイラストが展示されているのが見え、こちらは次回のお楽しみとします。

豊郷あかねラッピング'17.3.18
車内は次回のお楽しみに・・・

 一方、隣のホームに停まっていた米原行きの列車は先頭部分が特急車両を思わせる流線形の何とも独特な風貌で、「あかね号」と呼ばれる700系でしたが、いつも車庫の中で止まっている姿は何度か目にしたことがあるものの、乗車はこれが初めてとなりました。こちらもまさか本線上を走る姿を目にするとは思いもよりませんでしたが、近江鉄道の鉄道むすめ、豊郷あかねの元ネタにもなっております。

近江鉄道700系@米原'17.3.18
あかね号に乗って米原に到着

 こうしてあかね号に揺られて米原に到着。ここから再び東海道本線に乗り換え、名古屋方面へ向かいます(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その13~京都駅で出会った車両たち

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。京都駅に到着すると時刻は18時を過ぎたところでした。この後は18きっぷを利用して東海道本線を名古屋方面へ向かう予定で、数時間乗りっぱなしの状況となることから、ここで夕飯を食べていくことに。改札を出て八条口の商業施設「アスティ」周辺をブラブラしていたら、ちょうど食事時で概ね混雑していましたが、少し高めだったものの京料理のお店で湯葉料理を頂きました。

湯葉とろのおひつ膳@くらま'17.3.18
京都駅八条口アスティ内にある京料理の店で晩ごはん

 腹が満たされ、出発まで少し時間があったので京都駅構内をブラブラすることに。やはり京都駅と言えばまず足が向いたのは奈良線のホームで、ちょうどウグイス色の103系が出発を待っているところでした。数日前に記事にした大阪環状線では323系がデビューし、古い車両を使い続けてきたJR西日本にも世代交代の波が押し寄せつつありますが、ここ奈良線の103系も次回関西を訪れた時にまだ走っているかどうか…。

103系@京都'17.3.18
103系は奈良線で今も健在

 一方、東海道本線のホームに目を向けると、ちょうど高山からやってきた特急ひだ36号が到着しました。昨年春のダイヤ改正では特急しなのの大阪乗り入れが取り止めとなり、在来線の車両では現在京都駅に乗り入れる唯一のJR東海の車両となりましたが、思えばこちらも前任のキハ82系から置き換えられて今年でちょうど25年が経過したことになります。こちらは長い距離を乗っていないので、ある程度の距離で乗っておきたいですね。

特急ひだ36号@京都'17.3.18
京都駅に到着した特急ひだ36号

 こうして19時半過ぎに東海道本線の上り列車に乗り込み、京都を後にいたしました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その12~夕方の嵐山界隈を行く

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。南茨木から阪急に乗り換え、京都方面を目指します。大阪モノレールはJRとの接続がないため、今回のような18きっぷ利用だと些か不便なところ。この後は嵐電の嵐山駅へ向かいますが、南茨木から桂乗り換えで嵐山へ向かうことにします。もちろん乗車したのはマルーン1色の車両たち。短い時間でしたが、阪急の伝統を改めて感じ取りました。

阪急6300系&7300系@桂'17.3.18
阪急と言えばこのカラーですねwink>マルーン

 桂で乗り換えて終点の嵐山に到着。京都でも有数の観光地だけあって、周辺は多くの観光客が行き交っておりましたが、ちょうど春休みシーズンとあって学生風の若者の姿が多かったですね。去年は4月上旬に訪れたので桜が見頃を迎えておりましたが、さすがに今回はまだ早く、嵐電の嵐山駅へ向かうため歩いて渡月橋を横断。今回は駅と駅との間を移動しただけだったのと夕方とあって、ゆっくり過ごすことができませんでしたweep

渡月橋@嵐山'17.3.18
慌ただしく嵐山は移動dash

 こうして嵐電の嵐山駅に到着。建物内にあるインフォメーションで全国鉄道むすめ巡りのスタンプ押印と限定グッズを無事に手に入れた後、嵐電の電車に乗り込みました。せっかくの嵐電とあって乗らずに帰ってしまうのはもったいないところでしたが、JRの駅へ歩いて移動できる帷子ノ辻で下車。ちょっとだけ嵐電沿線を散策してまいりました。6年前の2011年に乗り歩きしていますが、時間があるときにのんびり過ごしたいところですね。

全国鉄道むすめ巡り幟@嵐山'17.3.18

嵐電モボ611形@嵐山'17.3.18

嵐電モボ101形@嵐山'17.3.18
(3枚とも)嵐山から嵐電に乗車

 このまま歩いて山陰本線の太秦駅に到着。ここから京都へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.23

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その11~大阪モノレールで行く万博鉄道まつり

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。和歌山から一気に大阪市内まで戻ってまいりました。この後は大阪モノレール沿線へ向かうべく天王寺で地下鉄御堂筋線に乗り換え。なんばや梅田を通り抜けて千里中央に到着すると、そのまま大阪モノレールに乗り換えます。ホームに上がると列車を待つ乗客で混雑しており、やってきた門真市行きも通勤ラッシュ並み。乗客のほとんどが目的地である万博記念公園で降りてくれたのが幸いでした。

豊川まどかポスター@千里中央'17,3,18
すっかり定着した感のある大阪モノレールの鉄道むすめ、豊川まどかheart01

 まずは一番の目的である全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印。一方、この日は万博記念公園で「万博鉄道まつり」というイベントが行われており、こちらも覗いて行くことにしましたが、和歌山から一気にここまでやってきたのはこちらが目的でした。さっそく会場へ向かい会場をブラブラ。関東圏のイベントでは滅多にお目にかかれない事業者が出展しているあたり新鮮でしたが、ここでも鉄道むすめ関連のグッズに注目が向かいましたwink

万博鉄道まつり幟'17.3.18

豊郷あかね等身大パネル@万博鉄道まつり'17,3,18

和泉こうみ等身大パネル@万博鉄道まつり'17.3.18
(3枚とも)万博鉄道まつりでも鉄道むすめに注目heart01

 鉄道むすめ関連のグッズを中心にいろいろ物色。おかげで財布の紐が緩みっぱなしでしたがcoldsweats01、最後に太陽の塔をバックにモノレールを撮影し万博記念公園駅を出発。南茨木で阪急に乗り換えました(続く)。

大阪モノレール2000系@万博記念公園'17.3.18
太陽の塔に見守られ、モノレールが行く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その10~ほぼ1年ぶりの和歌山電鐵

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。和歌山到着後、さっそく和歌山電鐵の乗り場へ向かいます。今回はスタンプが設置されている伊太祁曽まで往復するだけだったので、フリーきっぷは使わずその都度乗車券を買うことに。出発までホームで待っていると、貴志方面からたま電車がやってきました。和歌山電鐵では当日の車両運用を記した時刻表を配布していますが、個性ある和歌山電鐵の車両に乗ることも楽しみの一つですねhappy01

たま電車ラッピング'17.3.18
たま電車に揺られ、一路伊太祁曽へcat

 たま電車はゆっくり和歌山を出発。車内は外国人の姿も見られ、相変わらずの人気ぶりですね。一方、昨年のスタンプラリーの帰りに下車した岡崎前駅付近はまだレンゲの花は咲いていませんでしたが、沿線の至る所で菜の花が咲いていて、途中下車してのんびり過ごしたいところ。しかし、この後和歌山に戻るとすぐに大阪へ移動しなければならず、そのまま伊太祁曽に到着すると、隣のホームに昨年登場したうめ星電車が貴志からやってきました。

和歌山電鐵2270系@伊太祁曽'17.3.18-1
伊太祁曽駅で並ぶ”たま電車”と”うめ星電車”

 うめ星電車を見送り、改札脇に設置されているスタンプを押印。30分ほどで折り返し和歌山行きに乗車するので、伊太祁曽神社の前まで行ってご挨拶した後は駅の周りでのんびり過ごしました。この日「ニタマ」は貴志駅で任務に就いていたようで姿を見ることはできませんでしたが、「よんたま」という見習いの駅長が任務を始めたとのことで、たまの後継者としての活躍を楽しみにしたいところですね。

ネコ@伊太祁曽'17.3.18

伊太祁曽駅構内'17.3.18

和歌山電鐵2270系@伊太祁曽'17.3.18-2
(3枚とも)この日の伊太祁曽駅の様子

 帰りも先ほど乗ってきたたま電車に乗り込み、和歌山まで戻ってきましたが、時刻は昼を過ぎたあたりで、時間があればここで和歌山ラーメンと行きたいところ。しかしすぐに大阪へ移動することにしたため、駅構内で食料を調達してから列車に乗り込みました。調達したのは和歌山名物のめはり寿司。こちらを頬張りながら大阪へ向かいました(続く)。

めはり寿司'17.3.18
せめて和歌山らしい名物ということで、めはり寿司でランチと相成りましたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.19

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その9~りんくうタウン駅で乗り換え

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。水間鉄道を1往復した後、貝塚から再び南海本線に乗り込みました。この後和歌山へ向かいますが、事前に接続時間を調べていたら、和歌山市経由よりもりんくうタウン経由の方が早く到着することが判明。泉佐野で関西空港行きに乗り換えました。さすがに空港へ向かう列車とあって車内にはスーツケースを持った乗客が目立ちましたが、こちらは一つ手前のりんくうタウン駅で下車しました。

南海8002@りんくうタウン'17.3.18
りんくうタウン駅に到着

 この駅に降り立つのは今回が初めて。関東在住の身にとってはなかなか関西国際空港を利用する機会がありませんが、一旦改札を出てから手持ちの青春18きっぷの3日目に日付を入れてもらい、ホームに上がりました。ラピートや特急はるかの通過を眺めながら待つことしばし。関西空港方面からやってきた列車に乗り込むと、数分で隣の日根野に到着しました。

281系@りんくうタウン'17.3.18

りんくうタウン駅名板'17.3.18

クハ222-2515@日根野'17.3.18
(3枚とも)りんくうタウンからJRに乗り換え

 ここから和歌山行きの列車に乗り換え。30分ほどで終点和歌山に到着しました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.18

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その8~水間鉄道を訪ねる

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。3月18日の朝を迎え、ホテルをチェックアウトしてから堺駅へ向かいます。この日はまず水間鉄道沿線を訪ねるため貝塚へ向かうことに。時刻表を眺めていたら、ちょうどラピートが来るとのことで一区間だけでしたが岸和田まで揺られることにしました。普段、なかなか乗る機会のない特急列車の一つですが、改めて先頭車両の斬新な顔つきはインパクト大ですねcoldsweats01

南海50000系@堺'17.3.18
堺から岸和田まで一区間だけラピートに乗車

 岸和田から乗り換えて貝塚に到着。そのまま隣接する水間鉄道の乗り場へ向かいます。今から20年以上も前に乗ったのが最後で、かすかにここから元東急の車両に揺られて終点に降り立った記憶が残っている程度ですが、当時撮影した貝塚駅の駅舎を見るとあまり変化はないようですね。早速窓口で水間鉄道の鉄道むすめ、水間みつまがデザインされた1日乗車券を入手。元東急の車両に乗り込み、貝塚を後にしました。

貝塚駅舎'17.3.18

一日フリー乗車券'17.3.18

水間鉄道1006@貝塚'17.3.18
(3枚とも)貝塚から水間鉄道に乗車

 途中、近義の里と石才との間でJR阪和線の線路の下を潜り抜けましたが、水間鉄道が大正15年に全線開業したのに対して阪和線は昭和に入ってからの開業とのことで、水間鉄道の方が古いですね。JRとの接続が全くなく、遠方からだと些か乗りにくい鉄道路線の一つと言えそうですが、のんびり揺られながら終点の水間観音駅に到着。さっそくスタンプを押してきました。

水間観音駅舎'17.3.18
終点の水間観音駅に到着

 駅前から寺院風の駅舎を拝んだ後、駅名にもなっている水間観音を訪ねることに。駅から歩いて10分ほどで到着しました。まだ朝早い時間だったこともあり、境内は人もまばら。本殿はなかなか立派な造りで、境内には三重塔も聳え立つなど見ごたえのある寺院でしたね。元々水間鉄道はここ水間観音の参拝客を運ぶ目的で開業した路線だけに足を運んでおきたいところです。

三重塔&本殿@水間寺'17.3.18
水間観音を訪問

 この後、水間観音駅に戻って貝塚行きに乗車。再び南海に乗り換えて和歌山を目指します(続く)。

水間みつま貼紙@貝塚'17.3.18
水間鉄道の鉄道むすめ「水間みつま」heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.17

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その7~夜の和泉中央駅に降り立つ

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。大阪から阪和線直通の列車に乗り込み、三国ヶ丘に到着しました。ここから南海に乗り換えますが、この駅に降り立ったのは意外にも今回が初めて。さっそくホームで列車を待っていたら、ちょうど和泉中央行きが入ってきたので乗り込みました。外はすっかり暗くなってしまい、車窓を見て過ごすというわけには行きませんでしたが、仕事帰りの通勤客に混じって終点の和泉中央に到着しました。

泉北高速鉄道5501@和泉中央'17.3.17
ほぼ1年ぶりに降り立った和泉中央駅

 列車から降りて隣のホームに目をやると、見慣れない特急車両の姿がありました。車体は南海の特急サザンを思わせるスタイルですが、今年1月から運行を開始した泉北ライナーの12000系でした。関東でも東武東上線のTJライナーやこの春に登場した西武のS‐TRAINなど、着席を確約した有料特急が各社で運行されていますが、今や着席そのものがサービスの一つとして各社とも重視していることが伺えますね。

泉北高速鉄道12000系@和泉中央'17.3.17

泉北ライナーポスター@和泉中央'17.3.17
(2枚とも)隣のホームに停車していた「泉北ライナー」

 落ち着いてきたところで自分も改札へ向かうことに。改札を出てすぐ脇に設置されているスタンプを押してまいりました。ここは周りを高層マンションが立ち並ぶニュータウンとあって特段足を運ぶようなところがなく、スタンプ台のすぐ隣にあるコンビニで限定グッズも入手するとすぐに改札を通り構内へ。駅構内には泉北の鉄道むすめ、和泉こうみがデザインされたポスターが貼られ、それなりにかわいがられていることが伺えます。

ICOCA発売開始ポスター@和泉中央'17.3.17
ICOCA発売開始ポスターに和泉こうみが登場heart01

 これで後は来た道を引き返すだけとなりましたが、やはりここは鉄道むすめのラッピング車両を拝んで帰りたいところ。あてがないので何本か待って来なければ諦めることにしましたが、2、3本やり過ごすとようやくお目当ての列車がやってまいりましたheart04。思えば初めて乗車した一昨年5月の時も20時過ぎに高速バスで大阪到着後に和泉中央を訪ねた帰りに乗っておりますが、何かと夜にご縁がありますねcoldsweats01

泉北高速鉄道7020系@和泉中央'17.3.17

和泉こうみラッピング'17.3.17-1

和泉こうみラッピング'17.3.17-2
(3枚とも)鉄道むすめのラッピング車両に遭遇heart04

 そのラッピング車両に揺られて天下茶屋に到着。ここから南海本線に乗り換え、この日の宿がある堺へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.16

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その6~大阪環状線の新車、323系と出会う

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。石山から新快速に揺られ、一気に大阪までやってきました。この後もう1ヶ所、泉北高速鉄道を訪ねることにしておりますが、夕暮れ迫る大阪駅の構内でちょっとだけブラブラしていたら、大阪環状線のホームに昨年暮れデビューした323系が入ってきました。もちろん実車を目にするのはこれが初めてで、国鉄型ばかりだった大阪環状線にも新しい波が訪れつつありますね。

323系@大阪'17.3.17
大阪環状線の新しい顔、323系と初対面

 残念ながら今回乗車は叶わずweep。この後、阪和線直通の列車に揺られて三国ヶ丘へ向かい、ここから南海に乗り換えて泉北高速鉄道の終点、和泉中央へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.15

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その5~軽く京阪大津線に

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。近江八幡から東海道本線に乗り込み、石山までやってまいりました。ここからは京阪大津線に乗り換えますが、その前に窓口で限定グッズを入手してからホームへ向かうことに。今回は石山寺駅に設置されているスタンプを押すだけなので、ここと石山寺を1往復してから大阪方面へ向かうことにしますが、ホームで待っていると、やってきたのはかつて京阪京津線を走っていた80型カラーの列車でした。

京阪700形@石山寺'17.3.17
旧京津線80型カラーの700形に揺られて石山寺に到着

 その80型カラーの列車に揺られて終点石山寺に到着。早速スタンプを押してまいりました。石山寺も毎年足を運んでいることもあってすっかり馴染みになってしまいましたが、すぐに引き返すのも慌ただしいので、1本落とすことに。改札を出て近くの踏切で待っていると、アニメ「響け!ユーフォニアム」のラッピング車両がやってきました。やはり“ネタ”の列車は目が行ってしまうところで、こちらに乗って京阪石山へ戻ることにしました。

京阪620@石山寺'17.3.17

黄前久美子ステッカー@京阪600形車内'17.3.17

ユーフォニアムの影'17.3.17
(3枚とも)帰りはアニメ「響け!ユーフォニアム」のラッピング車両に乗車

 こうして京阪石山に戻り、今回京阪はこれで終了。再び東海道本線に乗り換え、大阪へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.14

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その4~近江鉄道に揺られて

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。高宮から再び本線に乗り込み、豊郷で途中下車しました。ここに降り立つのは一昨年10月以来。今回は郵便局で風景印を貰ってくるのが目的だったので、1時間ほどの滞在となりました。郵便局の窓口が思いの外混んでいましたが、せっかくだったので旧豊郷小学校もさくっと見学。平日とあって観光客の姿はまばらでしたが、人気アニメの舞台となっているこの地には今も多くの人が訪れているようですね。

豊郷局風景印'17.3.17

旧豊郷小学校'17.3.17

初音ミク飛び出し坊や@豊郷'17.3.17
(3枚とも)豊郷で1時間ほど滞在

 再び列車に乗り込んで八日市に到着。さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押すことにしましたが、台が不安定だったせいか押したスタンプにムラができてしまいましたweep。思えばちょうど1年前、ここ八日市駅に夜遅くに到着した後、大宮行きの夜行高速バスに乗ろうとしたら、乗り場が思いの外遠かったこともあって乗り遅れるハプニングがありましたが、どうもこの地は自分にとっては鬼門のようですねcoldsweats01

全国鉄道むすめ巡りポスター@八日市'17.3.17

八日市本町局風景印'17.3.17
(2枚とも)八日市でスタンプを押すも…coldsweats01

 駅近くにある郵便局で風景印を貰い、ここから今度は近江八幡行きの列車に乗車。鉄道むすめのラッピング車両が運用に就いておらず、今回はちょっと残念な格好となってしまいましたが、リベンジをするべくこちらは次回に取っておこうと思いつつ終点に到着。ここから再び東海道本線に乗り換え、西へ向かいます(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.13

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その3~多賀大社を訪ねる

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。地下鉄東山線に揺られて名古屋までやってきました。通勤ラッシュでごった返す中JRの改札口へ向かい、青春18きっぷの2日目に日付を入れてホームへ。東海道本線の下り列車に乗り込み、大垣乗り換えで米原までやってきました。ここからはJR西日本管内となりますが、一つ先の彦根へ向かいここで下車。この後は近江鉄道に乗り換えますが、次の列車まで時間があったので、駅近くの郵便局に立ち寄りました。

彦根駅前局風景印'17.3.17
彦根駅近くの郵便局で風景印を入手

 駅に戻って近江鉄道の乗り場へ。早速窓口で「1デイ・スマイルチケット」を手に入れました。近江鉄道のフリーきっぷはかつて週末の限られた日しか利用できなかった記憶がありますが、今は週末だけでなく金曜日も利用できるようになり、使い勝手がよくなりましたねhappy01。もちろん全国鉄道むすめ巡りの限定グッズも併せて入手しましたが、一方構内に目をやると2本の鉄道むすめのラッピング車両が入庫しており、運用には就いていませんでしたweep

近江鉄道800形@彦根'17.3.17
鉄道むすめのラッピング車両はお昼寝sleepy

 11時35分発貴生川行きで彦根を出発。そのまま全国鉄道むすめ巡りのスタンプが設置されている八日市まで向かわず、途中の高宮で多賀大社前行きの列車に乗り換えました。せっかくなので近江鉄道沿線を乗り歩こうと思った次第で、高宮と多賀大社前を結ぶ多賀線は20年以上も前に初乗りを済ませておりますが、中間に1駅あるだけの短い路線とあって、あっという間に終点に到着してしまいましたcoldsweats01

多賀大社前駅舎'17.3.17
駅前に鳥居を構える多賀大社前駅に到着

 この後は駅名にもなっている多賀大社を訪問。初乗りの時はそのまま折り返してしまったので、今回初めての訪問となりました。駅前にでんと構える鳥居をくぐり、歩くこと10分ほどで神社の入口に到着。思っていた以上に広い境内でなかなか立派な神社でしたねwink。また境内の周りには昔ながらの街並みが残っており、のんびり歩きながら古い町並みを堪能してまいりました。

山門@多賀大社'17.3.17

多賀大社の街並み'17.3.17

多賀局風景印'17.3.17
(3枚とも)多賀大社を訪問

 郵便局に寄ったりしながら結局1時間半ほど過ごし、13時25分発高宮行きに乗車。ここから再び本線の列車に乗り換え、先を目指します(続く)。

高宮駅構内'17.3.17
大きく二股に分かれる高宮駅のホーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.12

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その2~1年ぶりのリニモ

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。早朝の八草駅からリニモに乗り込みます。前回の全国鉄道むすめ巡りの時は藤が丘駅にスタンプが設置され、終日押印が可能でしたが、今回は設置場所が愛・地球博記念公園駅に変わった上、8時から18時半までの間になり、前回よりもややハードルが上がってしまいましたcoldsweats01。まずはすでに開いていた八草駅の窓口で限定グッズを入手。併せて八草みずきのイラストが入った時刻表も手に入れてきました。

リニモ時刻表

リニモ100形@八草'17.3.17
(2枚とも)朝の八草駅から出発

 時刻は7時前。このまま愛・地球博記念公園駅に向かったのでは早すぎるので、その前に朝食を摂ることにしました。事前に調べていたら、公園西駅の近くにコメダ珈琲店があることがわかったので、降りて向かうことに。名古屋では定番のモーニングを頂いてきました。以前は名古屋界隈へ訪れた時には必ずと言っていいほど足を運んでいたコメダ珈琲店ですが、今は全国展開となって埼玉県でも見かけるようになりましたね。

モーニング@コメダ珈琲店'17.3.17
朝食は公園西駅近くのコメダ珈琲店

 時刻は7時半。そろそろ愛・地球博記念公園駅へ向かいます。ここに降り立つのは2005年3月以来。この年開催された「愛・地球博」の時以来ですが、当時この駅に降り立った多くの来場者の姿を思い出してみると、今回は朝早い時間だったせいか周辺は人もまばらで、万博の時の賑わいがまるで嘘のようでしたね。そんなことを思いながら時刻は8時になり、職員が事務所からスタンプを出して設置。さっそく押印してまいりました。

愛・地球博記念公園駅舎'17.3.17

八草みずき等身大パネル@愛・地球博記念公園'17.3.17

リニモ100形@愛・地球博記念公園'17.3.17
(3枚とも)万博開催以来の愛・地球博記念公園駅でスタンプを押印

 この後、リニモに揺られて藤が丘へ向かい、そのまま地下鉄東山線に乗り換え。通勤ラッシュの最中、名古屋へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.11

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その1~ドリームとよた1号で八草へ

 先月16日の晩から19日の朝にかけて、全国鉄道むすめ巡りで関西方面へ足を運んでまいりました。出発は東京駅から。夜行高速バス「ドリームとよた1号」に乗り込みます。こちらは名古屋駅が終点ですが、途中岡崎市や豊田市、それに瀬戸市周辺でこまめに停車しており、他の名古屋行きのドリーム号とは些か趣が異なっております。停留所にはリニモの終着駅である八草駅前があるので、今回の全国鉄道むすめ巡りではピッタリですね。

東京駅八重洲南口バスターミナル'17.3.16
旅の始まりは東京駅から…

 ドリームとよた1号は23時ちょうど、東京駅を出発。途中、足柄サービスエリアで休憩した後、うとうとしているうちに2か所目の休憩地に到着しました。時刻は午前3時台。三ケ日みかんのキャラクターらしきものが置かれている以外は飲み物の自販機の明かりが煌々と輝いていましたが、周りには同じJRバスが何台も停車しており、時間が経つと発車していきました。

ミカちゃん@三ケ日営業所'17.3.17
深夜の三ケ日営業所で見かけたミカンのキャラクターhappy01

 再びバスは走り始め、一眠りしているうちに最初の停留所である岡崎駅に到着。その後は愛知環状鉄道に沿って北上し、新豊田駅で乗客の半分ほどが下車していきました。やはり豊田市周辺を行き来する乗客には需要がある様ですが、その後もバスは走り続けて6時過ぎに八草駅前に到着。すでに外は明るくなってまいりましたが、駅周辺は人もまばらで、そのままリニモの乗り場へと向かいました(続く)。

ドリームとよた1号@八草駅前'17.3.17
早朝の八草駅前に到着したドリームとよた1号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.10

国鉄民営化30年その1~西鹿児島駅(1985年7月)

 今年は国鉄が分割民営化してから30年目に当たる年。その割にはJR各社で盛大なイベントが行われる様子はないようですがcoldsweats01、1987年生まれの人が結婚し子供がいてもおかしくないわけで、「国鉄」という言葉はもはや死語に近いのかもしれませんね。その成否について云々書く気などさらさらありませんが、今日は手持ちにある国鉄時代に撮影された写真を紹介しようと思います。

西鹿児島駅舎'85.7

 1985年7月に初めて鹿児島を訪れた際に撮影した西鹿児島駅であります。今は新幹線が開業し、すっかり様子が変わってしまいましたが、東京行きの寝台特急はやぶさもまだまだ健在だった頃でしたね。写真を見ると、「電化15周年」と書かれた立て看板が見て取れますが、1970年9月1日に川尻と鹿児島の間の電化が開業し、これにより鹿児島本線全線が電化されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.09

おくひだ1号復活!

神岡鉄道KM-101@奥飛騨温泉口'00.10

 旧神岡鉄道で使用されていた車両「おくひだ1号」が昨日、10年ぶりに復活したとのニュース(参考:朝日新聞の記事)。2000年10月に初乗りした後、2006年11月の廃線間近と都合2回乗りに行っておりますが、車両が今も大切に保存されていたことにただ驚くばかりですね。そういえばこの車両の車内には囲炉裏が設置されていたのを記憶していますが、これは今もあるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.04.08

583系

 今日は秋田で583系の引退関連のイベントが行われたようで、多くの人で賑わったようですが、近年はすでに定期運用からも外れ、専ら団臨での運用に従事していました。やはり自分の年代となれば寝台列車で使用されていた頃のイメージが強いですが、最後に乗ったのは2010年の急行きたぐにの時で、さらに581系時代も含めれば1980年の家族旅行でも乗車しております。

 ここでは2010年10月の時に乗車した急行列車の動画を編集しましたので紹介したいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.04.07

東武の快速列車~6050系

東武6050系@堀切'13.5

 いよいよ今月21日に迫った東武のダイヤ改正。新型車両「リバティー」のデビューが待ち遠しい中、これとは引き換えに6050系で運転されている浅草発着の快速列車が南栗橋発着の急行列車に変わります。ボックス席で料金不要ではありますが、個人的には混んでいる印象があってこれまで数えるくらいしか乗っていなかったりします。やはり春日部に特急が停まるようになってからは、500円払ってスペーシアに乗ってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.06

【3/12】つなげて!全国鉄道むすめ巡り横浜シーサイドライン編

 先月12日は自宅をゆっくり目に出発。横浜へ向かいました。前の日に新潟から帰ってきたばかりでしたが、思えば昨年までは次の日に鬼怒川温泉へ足を運んでいたので、それに比べれば今年は幾分余裕がありましたね。まずは腹ごしらえをしようと思い、根岸線の石川町で下車。中華街でランチタイムといたしました。すでに春節の時期は過ぎていましたが、この日も多くの人で大賑わいでしたcoldsweats01

善隣門@横浜中華街'17.3.12

鶏肉とカシューナッツ炒め@横浜中華街'17.3.12

雑貨店看板@横浜中華街'17.3.12
(3枚とも)久しぶりに中華街でランチタイム

 腹が満たされ、再び根岸線に乗って新杉田へ。早速横浜シーサイドラインの乗り場へ向かいました。もちろん目的は全国鉄道むすめ巡りのスタンプでしたが、駅構内の至る所に柴口このみのイラストが溢れ、相変わらず押していることが伺えますね。そんな中を見守られ新杉田を出発。スタンプの設置されている並木中央に到着し、早速スタンプを押印してきました。

柴口このみ@新杉田'17.3.12-1

柴口このみ@新杉田'17.3.12-2

横浜シーサイドライン2000形@並木中央'17.3.12
(3枚とも)相変わらず柴口このみ押し~シーサイドラインheart04

 シーサイドラインといえば、ここ並木中央で今年も「シーサイドラインフェスタ2017」が明後日4月8日に開催され、多くの人で賑わうことと思いますが、何分イベント開催時は慌ただしくなってしまいスタンプを落ち着いて押すことも難しいところで、今回事前に訪ねて押してきた次第でした。もちろん明後日は自分も訪ねる予定で、今年も盛りだくさんなイベントに期待したいですねheart01

横浜シーサイドライン2000形@金沢八景'17.3.12
シーサイドラインはやはり海辺の風景が似合いますship

 この後は終点の金沢八景へ。改修中の駅舎を横目で見ながら京急沿線へ向かい、しばし撮影タイムとしました。あてもなくのんびりカメラを構えていたら、久里浜寄りから「京急イエローハッピートレイン」が接近。こちらも特段目指しているわけではありませんが、出会えると何か得した気分になりますね(^^♪。そのまま歩いて金沢文庫駅へ向かい、ここから一気に都内へ向かいました。

京急1000形@金沢八景'17.3.12
京急イエローハッピートレインと対面wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.05

【3/11】新潟淡麗 にいがた酒の陣2017を訪ねる

 先月11日は家内と2人で新潟へ。ここ数年足を運んでいる「にいがた酒の陣2017」を訪ねてまいりました。例年だと鬼怒川温泉のイベントと重なることから日帰りでしたが、今年は5月になったことから当初1泊2日の旅行商品を申し込もうとしたらすでに一杯とのことで今年も日帰りに。おまけに行きの新幹線も普通車は朝の便が軒並み満席とのことで、やむなくグリーン車利用となりました。

とき301号@新潟'17.3.11
朝一番のとき号で新潟に到着

 とき301号は8時13分、終点の新潟に到着。ここで家内の同僚と合流してタクシーに分乗し、会場の朱鷺メッセに到着しました。時刻は午前8時半を過ぎた頃。すでに長い列が伸びており、さっそく最後尾に付くことにしましたが、3月も中旬に差し掛かったこの時期、雪はないものの春の陽気にはまだまだ遠く、寒い中を延々1時間半近く待ってようやく会場へ入りました。

朱鷺メッセ'17.3.11
会場の朱鷺メッセに到着

 入口で専用の猪口を貰い、テーブル席を確保。各酒蔵のブースを巡りながら試飲してまいりました。特段銘柄は気にしない性質で、何でも飲むタイプでありますがcoldsweats01、今年は昨年12月に糸魚川市で発生した大火で焼失した加賀の井酒造がブースを出していて、試飲はできなかったものの、設置されていたメッセージボードには多くの来場者が激励のメッセージを寄せておりました。

にいがた酒の陣@朱鷺メッセ'17.3.11

乾杯@にいがた酒の陣'17.3.11

ノドグロ丼&寿司@にいがた酒の陣'17.3.11
(3枚とも)今年も飲んだり食べたり楽しみました>にいがた酒の陣

 このにいがた酒の陣も2014年に初めて参加して今年で4年連続の訪問となりましたが、新潟県内の酒蔵で製造された銘柄を試飲できるだけでなく、各ブースで売られているつまみ類を持ち寄って食べることができるので楽しいですね。またテーブル席で隣り合わせたグループと意気投合しながら入手した酒を振る舞うという光景もあちこちで見られ、単なる試飲イベントでは収まらない楽しみがあります。来年も再訪したいですねhappy01

 今年は会場でゆっくり滞在し、夕方近くに朱鷺メッセから退散。バスに乗って新潟駅まで戻ってきました。帰りの新幹線の出発が19時前だったので、駅前の居酒屋で再度飲み直し。会場でもノドグロ丼を頂きましたが、ここでもノドグロの塩焼きを味わって少し早目に出店しました。すっかり暗くなった駅前から改札を抜けて新幹線ホームへ。羽越本線から戻ってきた「きらきらうえつ」と対面後、18時56分発とき344号で帰りの途につきました。

ノドグロ塩焼き@まいど'17.3.11

485系@新潟'17.3.11

NGT48ポスター@新潟'17.3.11
(3枚とも)駅前で軽く打ち上げ後、新幹線で帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.04

【3/4】つなげて!全国鉄道むすめ巡り山形鉄道編

 3月に入った最初の土曜日、青春18きっぷの1日目を使用して山形県の赤湯を目指すことに。事前に時刻表で乗り継ぎプランを確認しましたが、福島と米沢の間の運転本数が少なく、ここに併せてプランを立てざるを得ないのが辛いところですねbearing。そんなわけで、地元から列車を乗り継いで山形鉄道の始発駅である赤湯には14時前に到着。思えば途中にある板谷峠は学生時代に東北ワイド周遊券片手に乗り歩いたところでもありました。

オハフ50-2438@板谷'90.8.24
客車列車が活躍していた頃の板谷駅の風景

 赤湯に到着し、まずは駅舎内にある売店で全国鉄道むすめ巡りの限定グッズを入手。店内には山形鉄道の鉄道むすめ、鮎貝りんごがデザインされたラベルのワインもありましたが、この後福島から夜行高速バスに乗って帰る予定だったので、荷物がかさばることを考え断念しましたweep。一方、赤湯駅の跨線橋には今回の全国鉄道むすめ巡りに併せて東北ゆかりの鉄道むすめがお出迎えしてくれましたheart01

鮎貝りんご等身大パネル@赤湯'17.3.4

全国鉄道むすめ巡り看板@赤湯'17.3.4

鉄道むすめパネル@赤湯'17,3,4
(3枚とも)赤湯で鉄道むすめがお出迎えheart01

 ホームで待っていると、花をデザインした山形鉄道のディーゼルカーが到着。さっそく乗り込み、赤湯を後にしました。スタンプは長井駅に置かれており、営業時間までに辿り着けるよう時間を確認したところ、途中で1駅降りることができたので、昨年1月にも降りたことのある宮内で下車。雨がパラパラ降る中を10分ほど歩いて熊野神社にお参りしてきました。

E3系&山形鉄道YR-880形@赤湯'17.3.4

熊野神社本殿@宮内'17.3.4

鉄道むすめ関連グッズ
(3枚とも)宮内で途中下車

 1時間ほど滞在した後、再びディーゼルカーに揺られて長井に到着。さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押してきました。当初はここで町歩きと思いましたが、外は相変わらず雨が降っていたので、乗ってきたディーゼルカーにそのまま乗車。終点の荒砥へ向かいました。この駅におり立つのも初乗りの時以来でしたが、何分20年以上も前のことなので駅や周辺の景色はほとんど記憶にないですねcoldsweats01

山形鉄道YR-880形@荒砥'17.3.4
スタンプ押印後、終点荒砥まで乗車

 17時23分発赤湯行きディーゼルカーに乗って赤湯に到着。この後は温泉にでも入って旅の疲れを癒そうと思いましたが、外はすっかり暗くなってしまい、少し離れたところにある温泉施設まで歩いて行くには暗い夜道を延々歩かなければならず辛いところでした。そこで一駅揺られて高畠で下車。ここは駅舎内に温泉施設が併設されている駅で、隣接の食事処で夕飯を済ませた後、一風呂浴びてきました。

高畠駅舎'17.3.4
高畠駅構内にある日帰り温泉施設で旅の疲れを癒す

 こうして高畠で1時間ほど滞在し、20時23分発米沢行きに乗車。終点で隣のホームに停車中の福島行きに乗り換えました。福島に到着し、ここで18きっぷ1日目の旅は終了。22時50分発ドリームふくしま・横浜2号に乗って帰ってきました。

JRバス東北@東京駅'17.3.5
帰りは夜行高速バスに乗って東京駅に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.03

【3/1】ありがとう松原団地駅記念乗車券

 松原団地駅が改称されるちょうど一月前、「ありがとう松原団地駅記念乗車券」なるものが東武スカイツリーラインの主な駅で発売されるとのことで、仕事帰りに出向いてまいりました。当初、春日部駅を訪ねたもののそれらしい掲示物が見当たらず断念。一駅揺られて北春日部駅で無事手に入れることが出来ました。昨年発売されたリバイバルカラーの記念乗車券もここで入手していますが、そちらとよく似た1枚もののきっぷとなっています。

ありがとう松原団地駅記念乗車券
仕事帰りに入手wink~ありがとう松原団地駅記念乗車券

 ちなみに春日部駅では構内の側線に300系が停まっているのを見かけましたが、今月21日のダイヤ改正をもって運行が終了する旨発表されました(参考:東武鉄道のお知らせ)。16日に運行されるきりふり275号では様々なイベントが催されるとのことですが、これまでどちらかと言えば地味なイメージが強かった系列で、当日はいろいろ盛り上がりそうですね。

東武300系@春日部'17.3.1
春日部駅で引退迫る300系と対面

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.02

つなげて!全国鉄道むすめ巡り西鉄編その9~長崎から帰りの途に

 全国鉄道むすめ巡り西鉄編の続きもいよいよ大詰め。長崎空港に向け、長崎駅前バスターミナルから空港行きのバスに乗り込みます。久しぶりにバスターミナルの中に入りましたが、中の様子は20数年前の頃とあまり変わっていない様子で、新しくなったJRの駅とは対称的ですね。そんなバスターミナルから14時55分、空港行きのバスが発車。途中、長崎の繁華街である新地で乗客を拾った後、高速道路をひた走り長崎空港に到着しました。

長崎バスターミナル待合室'17.2.27

出島@長崎県営バス車内'17.2.27

長崎県営バス@長崎空港'17.2.27
(3枚とも)長崎駅前からバスに乗って空港へ

 搭乗手続きを済ませ、展望デッキでしばし過ごした後、手荷物検査を受けて搭乗口へ向かうことに。この空港を利用するのも10年ぶりですが、思えば国内線を初めて利用したのもここ長崎空港からだったりするので、自分にとっては思い入れのある空港ですね。そんな長崎空港から羽田空港行きJAL614便が16時50分に離陸。夕闇迫る中、1時間半ほどで羽田空港に着陸しました。

JLboeing737-800@長崎空港'17.2.27

右翼@JL614便機内'17.2.27
(2枚とも)長崎空港から帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.01

つなげて!全国鉄道むすめ巡り西鉄編その8~長崎駅周辺で過ごす

 全国鉄道むすめ巡り西鉄編の続き。路面電車に揺られ長崎駅前まで戻ってきましたが、ちょうど昼時だったので、ここでランチタイムとしました。昔、駅前のバスターミナル裏手あった中華料理の店でちゃんぽんを食べたことがあり、今回もそこを目指してみましたが、すでに閉店したようで近くにあった別の中華料理の店に入ることに。もちろん名物のちゃんぽんを頂いてきました。

長崎ちゃんぽん@蘭桂坊'17.2.27
ランチは長崎名物のちゃんぽんを頂くことに

 この後空港行きのバスに乗るまで周辺で時間潰し。JR長崎駅構内に入ってみると、側線に人気アイドルグループ「キスマイ」のラッピング車両が止まっていました。長崎の観光キャンペーンでJR九州の駅構内の至る所でキスマイの姿を目にしますが、使用されているキハ66形はかつて北九州周辺で使用されていた車両で、電化によりここ長崎の地にやってまいりました。

キハ66形@長崎'17.2.27

キスマイ歓迎パネル@長崎'17.2.27

キスマイ等身大パネル@長崎'17.2.27
(3枚とも)アイドルグループ「キスマイ」がお出迎えする長崎駅

 適当なところで切り上げて改札を抜け、今度は駅前の歩道橋から眼下を走る路面電車を撮影。長崎に住んでいた頃は記録程度にしか撮影していませんでしたが、あちこち歩き回ってみるといろいろと撮影することができ、退屈しませんでした(続く)。

長崎電気軌道200形&5000形@長崎駅前'17.2.27
駅前の歩道橋から行き交う路面電車を撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »