« 【3/27】終焉迫る都電7000形と出会う | トップページ | 【4/1】5日ぶりの都電散策 »

2017.05.07

【3/27】3月デビューのS-TRAINに乗る~西武

 3月27日の続き。尾久から上野東京ラインに乗り込み、新橋に降り立ちました。ここからゆりかもめに乗り換えて豊洲を目指しますが、久しぶりに乗ってみると2014年から運転を開始した7300系にすっかり置き換わった感がありますね。ゆりかもめも1995年の開業から早20年以上が経過し、すっかり臨海エリアにはなくてはならない公共交通機関となりました。

ゆりかもめ7300系@豊洲'17.3.27
7300系にすっかり取って代わったゆりかもめ

 そのゆりかもめに揺られながら今話題の豊洲市場の脇を抜けて終点豊洲に到着。この後は3月にデビューしたばかりのS-TRAINに乗り込みます。特急券は事前に予約済みで、改札内の事務室できっぷに交換。しばしホームで待っていると、池袋寄りから西武40000系がゆっくり入線してまいりました。さっそく車内に乗り込み、指定された座席に着席。S-TRAIN101号は17時ちょうど、豊洲を発車しました。

S-TRAIN101号列車指定券'17.3.27

S-TRAIN電光掲示板@豊洲'17.3.27

S-TRAIN101号@豊洲'17.3.27
(3枚とも)S-TRAINに初乗車

 車内はクロスシートを装備しており、座席の下にはコンセントのプラグが設置されていましたが、これまで特急車両でしかお目にかかったことがなかったので、この点については目新しいところでしょうかね?ただ、車内の空間についてはどうしても先輩格に当たる東武東上線のTJライナーと比較してしまうところで、さほど目新しい印象は感じませんでした。

西武40000系車内モニター'17.3.27
西武40000系の車内モニター

 S-TRAIN101号の有楽町線内での停車駅は、有楽町と飯田橋の2駅のみ。いずれも乗車のみの扱いでしたが、通勤ラッシュの時間帯より早いこともあって2つの駅とも乗り込んでくる乗客はまばらでした。池袋を通過するあたりは意外にも思えましたが、西武池袋線があるので敢えて通過の扱いとなっているのでしょうかね?その後、練馬の手前で地上へ出ると、石神井公園と保谷に停車。こちらはいずれも降車のみの扱いでした。

S-TRAIN101号@所沢'17.3.27
終点所沢に到着したS-TRAIN101号

 こうしてS-TRAIN101号は18時ちょうど、終点所沢に到着。豊洲からちょうど1時間、新車の旅はあっという間に終了となりました。

|

« 【3/27】終焉迫る都電7000形と出会う | トップページ | 【4/1】5日ぶりの都電散策 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/65248946

この記事へのトラックバック一覧です: 【3/27】3月デビューのS-TRAINに乗る~西武:

« 【3/27】終焉迫る都電7000形と出会う | トップページ | 【4/1】5日ぶりの都電散策 »