« 全国鉄道むすめ巡り北陸編その7~岩瀬浜まで1往復 | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り北陸編その9~わくライナーで能登半島へ »

2017.09.19

全国鉄道むすめ巡り北陸編その8~あいの風とやま鉄道で高岡へ

 全国鉄道むすめ巡り北陸編の続き。富山駅に戻り、あいの風とやま鉄道で高岡を目指します。高架上のホームにやってくると、黒地に派手な出で立ちの列車がちょうど魚津寄りから到着。JRで使用されていた413系をベースにした「とやま絵巻」というイベント車両でした。北陸新幹線の開業後、並行する在来線は第三セクターに転換され、こうしたイベント列車は観光のみならず集客の目玉として活躍しております。

あいの風とやま鉄道413系@富山'17.7.29
富山駅であいの風とやま鉄道のイベント列車「とやま絵巻」と出会う

 とやま絵巻が回送列車としてホームを離れた後、これから乗り込む金沢行きの列車が到着。8時38分、富山を後にしました。車内は高校生の一団が乗り込み賑やかでしたが、次の呉羽でその一団は下車。それでも車内は通勤客で立ち客も出るほどの乗車率でした。富山を出てから20分ほどの8時56分、高岡に到着。ホームに降り立つと、駅構内は北陸本線時代の雰囲気がそのまま残っておりました。

あいの風とやま鉄道クモハ521‐23@高岡'17.7.29
北陸本線時代の雰囲気そのままに残る高岡駅に到着

 そんな駅構内を見まわしてから改札へ。この後はバスで能登半島を目指すことにしますが、この続きは後ほど(続く)。

|

« 全国鉄道むすめ巡り北陸編その7~岩瀬浜まで1往復 | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り北陸編その9~わくライナーで能登半島へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/65812457

この記事へのトラックバック一覧です: 全国鉄道むすめ巡り北陸編その8~あいの風とやま鉄道で高岡へ:

« 全国鉄道むすめ巡り北陸編その7~岩瀬浜まで1往復 | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り北陸編その9~わくライナーで能登半島へ »