« 全国鉄道むすめ巡り北陸編その8~あいの風とやま鉄道で高岡へ | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り北陸編その10~のと鉄道に揺られて穴水へ »

2017.09.20

全国鉄道むすめ巡り北陸編その9~わくライナーで能登半島へ

 全国鉄道むすめ巡り北陸編の続き。富山から高岡へとやってまいりました。ここからバスで能登半島を目指しますが、発車まで少し時間があったので駅前で万葉線の電車を見ていくことに。一昨年11月、富山ライトレールの鉄道むすめラッピング電車を乗り歩いた際にここ高岡まで出向いて万葉線のドラえもん電車に乗ってきましたが、残念ながら今回は出会うことができませんでしたweep

万葉線デ7070形@高岡駅前'17.7.29
乗り換え時間の短い合間を利用して万葉線にご挨拶

 駅前のバス乗り場へ向かいしばし待機。ここから高岡と七尾を結ぶバス「わくライナー」に乗車します。これまで富山方面から能登半島へ向かう際には津幡での乗り換えとなりましたが、幾分遠回りとなることからショートカットするバスルートの存在は面白いところですね。同じ乗り場には白川郷へ向かうバスが到着。外国人観光客を乗せて出発した後、わくライナーのバスが入ってきました。

富山地方鉄道バス@高岡駅前'17.7.29
高岡と七尾を結ぶ「わくライナー」に乗車

 定刻9時23分よりやや遅れて高岡駅前を発車。15分ほど走って新高岡駅に寄った後、しばらく一般道を走行してから能越道へと進んでまいりました。その能越道を走り抜け、バスは氷見の市内へと到着。今から11年前の2006年5月、高岡から氷見線に乗って足を運んで以来ご無沙汰でしたが、「ひみ番屋街」という観光施設を始め温泉施設も出来ていて、なかなか盛況の様子でした。

 その後、バスは能登半島の海岸線に沿って進み、やがて富山県と石川県の県境を越えて七尾の市街地へと入ってきました。こうして11時前、わくライナーは七尾駅前に到着。これまで七尾線経由で訪ねてばかりだったので、ショートカットするバス路線の存在は貴重で面白いですね。時間があれば途中の氷見に立ち寄って魚介類でも味わっていきたいところですが、この後は一路穴水へと向かいます(続く)。

|

« 全国鉄道むすめ巡り北陸編その8~あいの風とやま鉄道で高岡へ | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り北陸編その10~のと鉄道に揺られて穴水へ »

バス」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/65816310

この記事へのトラックバック一覧です: 全国鉄道むすめ巡り北陸編その9~わくライナーで能登半島へ:

« 全国鉄道むすめ巡り北陸編その8~あいの風とやま鉄道で高岡へ | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り北陸編その10~のと鉄道に揺られて穴水へ »