« 【9/10】運転終了、初代まいりゅう号に乗るその1~関東鉄道竜ケ崎線 | トップページ | 【9/11】マイカーで妻沼へ »

2017.10.23

【9/10】運転終了、初代まいりゅう号に乗るその2~関東鉄道竜ケ崎線

 関東鉄道竜ケ崎線を巡る旅の続き。沿線でまいりゅう号を撮影した後はそろそろ腹が減ってきたのでランチタイムとしました。先程竜ケ崎駅で手に入れた「竜鉄コロッケ☆フリーきっぷ」を沿線の指定された飲食店で提示すれば食事代が150円引きとなることから、竜ケ崎駅から歩いて一番近いところにあるそば屋に入ることに。外観はどこにでもあるおそば屋さんですが、龍ヶ崎コロッケが付いている定食はなかなかのボリュームでした。

龍ヶ崎コロッケ@池田屋'17.9.10
名物の龍ヶ崎コロッケをランチに頂く

 この後は一旦沿線から離れ、そば屋から歩いて15分ほどのところにある龍ヶ崎市歴史民俗資料館へ。先程入ったそば屋に置いてあった龍ヶ崎市内の観光案内を見て存在を知りましたが、竜ケ崎線で使用されていた蒸気機関車が展示されているとのことで早速見てまいりました。小ぢんまりとしたSLで、区間の短い竜ケ崎線にはぴったりな機関車かもしれませんね。

4号機関車@龍ヶ崎市歴史民俗資料館'17.9.10

4号機関車説明板@龍ヶ崎市歴史民俗資料館'17.9.10
(2枚とも)龍ヶ崎市歴史民俗資料館に展示されている元竜ケ崎線4号機関車を見学

 来た道を戻りながら竜ケ崎駅まで戻り、再びまいりゅう号に乗り込みました。この後、中間のある唯一の駅、入地で途中下車。過去に何度か降り立ったことのある駅ですが、ホーム1面の無人駅は元より田園地帯が広がるのんびりした駅周辺の風景は以前とほとんど変わっていない印象でした。そんな中、のんびり走るまいりゅう号を撮影。こうしたのんびりした風景の中で過ごすのもいいものですね。

関東鉄道キハ2000形@入地'17.9.10-1

関東鉄道キハ2000形@入地'17.9.10-2

関東鉄道キハ2000形@入地'17.9.10-3
(3枚とも)入地駅周辺を走るまいりゅう号

 こうして入地駅から再びまいりゅう号に乗って佐貫に到着。これで十分まいりゅう号の旅は堪能して後は帰るだけとなりましたが、帰るには少し早い時間でした。とは言え特段用事がないことから、少し迷ったものの友部経由で帰ることに。どの道大回り乗車の関係でどちらのルートで帰っても運賃は変わりませんが、水戸線は数週間前に大洗を訪ねた時に乗車したばかりでしたcoldsweats01

E657系@高浜'17.9.10
帰りは水戸線経由で大回り

|

« 【9/10】運転終了、初代まいりゅう号に乗るその1~関東鉄道竜ケ崎線 | トップページ | 【9/11】マイカーで妻沼へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/65954386

この記事へのトラックバック一覧です: 【9/10】運転終了、初代まいりゅう号に乗るその2~関東鉄道竜ケ崎線:

« 【9/10】運転終了、初代まいりゅう号に乗るその1~関東鉄道竜ケ崎線 | トップページ | 【9/11】マイカーで妻沼へ »