« 秋の北陸・関西ネタ探し旅その9~羽衣線の103系に乗る | トップページ | 秋の北陸・関西ネタ探し旅その11~今年登場、京阪のプレミアムカーに乗る »

2017.12.10

秋の北陸・関西ネタ探し旅その10~ネタ探ししながら大阪市内へ

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続き。鳳から阪和線で大阪方面へ向かいますが、まさに通勤通学のラッシュ時間帯で車内は大変な混雑でした。普段、旅の行程を立てる時はなるべくラッシュ時間帯を避けるようにしていますが、どうしても行程によっては避けられないこともあり何ともし難いところ。結局三国ヶ丘で南海に乗り換え、天下茶屋で降りてネタ探しをしてきましたが、ちょうど難波からこうや号がやってまいりました。

南海30000系@天下茶屋'17.10.16
朝の天下茶屋駅でこうや号を見送る

 引き続きネタ探し、特に泉北高速鉄道の鉄道むすめ、和泉こうみのラッピング車両が来ないか待ってみたものの、結局時間切れとなり後続の難波行きの列車に乗車。やってきたのは、泉北高速鉄道の3000系でした。泉北高速鉄道の車両もいくつか種類があってバラエティに富んでいる印象を受けますが、やってきた列車には前日難波駅で見かけた古墳型のヘッドマークを付けておりました。

泉北高速鉄道3521@難波'17.10.16
古墳型のヘッドマークを付けた泉北高速鉄道3000系

 この後、一旦難波駅を離れて10分足らずのところにある浪速郵便局に寄り道。ここで風景印を貰ってきました。難波と言うと自分の世代だとやはり南海ホークスが本拠地球場とした大阪球場が思い出されますが、残念ながら球場には足を運んだことがなく、TVなどの映像を介して雰囲気を感じるしかありません。手動式のスコアボードも九州へ移転する1988年の最終年まで健在でしたね。

浪速局風景印'17.10.16

浪速郵便局付近'17.10.16

(2枚とも)浪速郵便局に寄り道

 この後は地下鉄御堂筋線に乗って淀屋橋へ。ここから京阪に乗り換えますが、続きは後ほど(続く)。

|

« 秋の北陸・関西ネタ探し旅その9~羽衣線の103系に乗る | トップページ | 秋の北陸・関西ネタ探し旅その11~今年登場、京阪のプレミアムカーに乗る »

鉄道」カテゴリの記事

風景印」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/66144249

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の北陸・関西ネタ探し旅その10~ネタ探ししながら大阪市内へ:

« 秋の北陸・関西ネタ探し旅その9~羽衣線の103系に乗る | トップページ | 秋の北陸・関西ネタ探し旅その11~今年登場、京阪のプレミアムカーに乗る »