« 2017年11月 | トップページ

2017.12.11

秋の北陸・関西ネタ探し旅その11~今年登場、京阪のプレミアムカーに乗る

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続き。堺を朝早くに出発してあちこちブラブラしてきましたが、実は出掛けに堺駅で「京都みやこびと1dayチケット」というものを手に入れておきました。これは京阪全線のみならず大阪市営地下鉄が全路線1日乗り放題となるものですが、さらに南海北部版になると南海の難波周辺のエリアも乗り放題となり、なかなか使い出のあるきっぷとなっております。

京都みやこびと1dayチケット
旅の2日目に使用した「京都みやこびと1dayチケット」

 こうしてなんばから地下鉄御堂筋線に乗って淀屋橋に到着。ここからは京阪に乗り換えますが、今回は8月に登場したプレミアムカーに初めて乗ってみることにしました。プレミアムカー券についてはすでに予約済みで、専用の乗車口から乗り込むと女性のアテンダントの出迎えを受け、指定された座席に着席。出町柳行きの特急は10時ちょうど発、淀屋橋を後にしました。

淀屋橋駅名板'17.10.15
プレミアムカーに初めて乗車

 料金は淀屋橋からだと出町柳まで大人500円。上野東京ラインなどで走っているグリーン車と比べるとややお安めとなっていますが、座席を指定することができるので確実に着席したい向きには利用価値は高いかもしれませんね。京阪で大阪と京都を特急列車で行き来する場合、時期によっては混雑することがあるので、旅行で出かける際に押さえておいてもいいかもしれません。

京阪プレミアムカー座席'17.10.15
ゆったりとしたプレミアムカーの座席

 ゆったりした座席を堪能しながら列車は大阪府から京都府へと進んでまいりましたが、淀屋橋を出て40分余り、列車は中書島に到着。もうちょっと乗っていたいところでしたが、ここで下車と相成りました(^^♪。この後、ここから宇治を目指しますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.10

秋の北陸・関西ネタ探し旅その10~ネタ探ししながら大阪市内へ

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続き。鳳から阪和線で大阪方面へ向かいますが、まさに通勤通学のラッシュ時間帯で車内は大変な混雑でした。普段、旅の行程を立てる時はなるべくラッシュ時間帯を避けるようにしていますが、どうしても行程によっては避けられないこともあり何ともし難いところ。結局三国ヶ丘で南海に乗り換え、天下茶屋で降りてネタ探しをしてきましたが、ちょうど難波からこうや号がやってまいりました。

南海30000系@天下茶屋'17.10.16
朝の天下茶屋駅でこうや号を見送る

 引き続きネタ探し、特に泉北高速鉄道の鉄道むすめ、和泉こうみのラッピング車両が来ないか待ってみたものの、結局時間切れとなり後続の難波行きの列車に乗車。やってきたのは、泉北高速鉄道の3000系でした。泉北高速鉄道の車両もいくつか種類があってバラエティに富んでいる印象を受けますが、やってきた列車には前日難波駅で見かけた古墳型のヘッドマークを付けておりました。

泉北高速鉄道3521@難波'17.10.16
古墳型のヘッドマークを付けた泉北高速鉄道3000系

 この後、一旦難波駅を離れて10分足らずのところにある浪速郵便局に寄り道。ここで風景印を貰ってきました。難波と言うと自分の世代だとやはり南海ホークスが本拠地球場とした大阪球場が思い出されますが、残念ながら球場には足を運んだことがなく、TVなどの映像を介して雰囲気を感じるしかありません。手動式のスコアボードも九州へ移転する1988年の最終年まで健在でしたね。

浪速局風景印'17.10.16

浪速郵便局付近'17.10.16

(2枚とも)浪速郵便局に寄り道

 この後は地下鉄御堂筋線に乗って淀屋橋へ。ここから京阪に乗り換えますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

秋の北陸・関西ネタ探し旅その9~羽衣線の103系に乗る

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続きですが、諏訪ノ森駅からさらに南海本線に揺られて羽衣駅に到着。歩いてすぐのところにある東羽衣駅へやってまいりました。この後は阪和線の支線となる羽衣線に乗って鳳へ向かいますが、自身初乗りしたのは1989年12月と28年も前の話になります。この時は南近畿ワイド周遊券を利用して旅しており、この区間も自由周遊区間に含まれておりました。

東羽衣駅舎'17.10.16
東羽衣駅から鳳へ

 その東羽衣駅は高架駅で、南海本線の手前で行き止まりになっている何とも中途半端な終着駅となっていますが、ホームでしばらく待っているとスカイブルーの103系が近づいてきました。低運転台の103系もさることながら、スカイブルーの103系を目にするとどうしても京浜東北線を思い出してしまいますね。もっとも使用されている車両について帰ってから調べてみたら、当初から関西地区で走っていた車両とのことでした。

クハ103‐162@東羽衣'17.10.16
久しぶりに目にしたスカイブルーの103系

 朝の通勤通学のラッシュ時とあって、鳳からやってきた列車からは多くの乗客が降りてきましたが、折り返しとなる鳳行きはそれほどの混雑ではありませんでした。そんな状況の中、3両編成の103系は東羽衣を発車。あっという間に終点鳳に到着しました。この後この103系はここと東羽衣とを行ったり来たりの運用で、東羽衣へ向けて出発後10分ほどで戻って来ることからホームでしばし待機。今度はホームから103系をお迎えいたしました。

103系@鳳'17.10.16
東羽衣からやってきた103系をお迎え

 ここ羽衣線の103系も置き換えの話が出ているようなので、今回乗っておいたのは正解だったかもしれませんね。その103系ですが、今回の旅ではもう1ヶ所走っている路線を訪れており、こちらについては後ほど改めて紹介することにします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.08

秋の北陸・関西ネタ探し旅その8~諏訪ノ森駅に降りる

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続きですが、2日目の10月16日は朝7時前に堺市駅近くのホテルをチェックアウト。南海本線に乗ってまずは諏訪ノ森駅に降り立ちました。ここ諏訪ノ森と言えばモダンな駅舎が有名で、国の登録有形文化財にも指定されておりますが、現在周辺は高架化工事が行われており、この駅舎の行方が気になるところ。同じく指定されている隣の浜寺公園駅の駅舎は保存されることになっただけにこちらも期待したいですね。

諏訪ノ森駅舎'17.10.16
国の登録有形文化財に指定されている諏訪ノ森駅

 この日は朝から雨模様。予報で関西地方は1日雨とのことで些か残念なところでしたが、難波方面へ向かうラピートなどを見送ってから諏訪ノ森駅を後にしました(続く)。

南海50000系@諏訪ノ森'17.10.16
難波へ向かうラピートを見送り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.07

秋の北陸・関西ネタ探し旅その7~泉北ライナーに乗る

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続きですが、難波駅構内で過ごした後は泉北ライナーに乗って終点を目指します。元々この旅の目的は富山ライトレールのラッピング電車でしたが、出発前に泉北高速鉄道の公式twitterアカウントをフォローしたところプレゼント企画に当選しまして、送られてきたものの中に泉北ライナーの特急回数券が入っておりました。期間も設けられていて何とか利用したいと思い、今回関西行きを決めた次第でした。

和泉こうみクリアファイル&泉北ライナー特急回数券
プレゼント企画でいただいた品々の一部happy01

 そろそろ泉北ライナーの入線時間が近づいてきたので乗り場へ向かうと、先ほど見かけた31000系とよく似た特急型車両がやってまいりました。泉北ライナーはこの11000系と3月に和泉中央駅で見かけた12000系の2種類の車両が使用されていて、どちらも金色をベースにした塗装が施されておりますが、指定された車両に乗り込むとこの日は日曜日の夜だったせいか空席が目立ちました。

南海11000系@難波'17.10.15

泉北ライナーロゴ'17.10.15

泉北ライナー種別幕'17.10.15
(3枚とも)泉北ライナーに初めて乗車

 泉北ライナー75号は19時26分、難波を発車。新今宮と天下茶屋に停車した後は泉北高速鉄道の乗換駅である中百舌鳥を通過し、泉北高速鉄道線内でこまめに停車しました。東武で例えるならばまさに今年4月に登場したアーバンパークライナーとよく似ておりますが、平日どのくらい利用されているのかが気になるところ。着席が保証されていることもあって平日の方が乗っている客が多いかもしれません。

 こうして19時57分、終点和泉中央に到着。本当ならここで鉄道むすめのラッピング車両でも見て帰りたいところでしたが、来る途中に光明池にある車両基地の中を車内から見ていたらそれらしき車体を見つけてしまいましたweep。おまけに折り返しの泉北ライナーも20時7分発の後1時間近くも空いてしまうため、やむなくすぐに折り返し。手早く窓口で特急券を引き換えてから乗り込み、慌ただしく出発しました。

特急泉北ライナー80号@和泉中央'17.10.15
同じ列車に乗って慌ただしく折り返しcoldsweats01

 折り返しとなる泉北ライナー80号は20時33分、天下茶屋に到着。ここで本線の列車に乗り換えてこの日の宿がある堺へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.06

秋の北陸・関西ネタ探し旅その6~難波駅で観察

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続き。梅田から地下鉄御堂筋線に乗ってなんばまでやってきました。迷路のような地下道を抜け、そのまま南海の難波駅に到着。この後ここから列車に乗り込みますが、その前に駅構内で行き交う列車を観察していくことにしました。阪急の梅田駅と並び、関西随一の巨大ターミナルを形成する難波駅ですが、やはり南海と言えば空港特急のラピートで、独特な顔つきは今も健在です。

南海50000系@難波'17.10.15
南海と言えばやはりこの顔~ラピート

 そのラピートが空港連絡を担う特急列車なのに対し、31000系はこうや号やりんかん号といった高野線で使用されている特急車両ですが、ラピートと比べるとやや大人しい印象ですね。確か未乗だったように記憶しておりますが、思えば高野線を完乗したのは2001年の夏で、ずいぶんとご無沙汰だったりします。もちろんその時には高野山も訪問していますが、再訪の折には時間をかけてのんびり過ごしたいですね。

南海31000系@難波'17.10.15

 一方、通勤型車両に目を向けるとこちらも多彩な顔ぶれですが、今回はヘッドマークを付けた編成を2本見かけました。一つは百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産国内推薦が決まったことを記念して登場したもので、前方後円墳の形は初めてお目にかかりましたね。9月の夫婦旅の折、羽田からのフライトで伊丹空港にアプローチする際には、眼下に見えてきた古墳の姿を思い出しました。

南海6000系@難波'17.10.15
百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録推薦を記念して登場した古墳型のヘッドマーク

 そしてもう一つお見かけしたヘッドマークは「南海電車まつり」と書かれたもの。千代田車庫で毎年開催されている恒例のイベントで、今年は10月28日に開催される予定でしたが、台風21号の影響で南海の各路線では大きな被害に見舞われ、やむなく中止となってしまいました。現在も高野線の一部区間で運休が続いているとのことで、早い復旧が待たれます。

南海9000系@難波'17.10.15
台風の影響で中止となってしまった南海電車まつりのヘッドマーク

 こうしていろんな車両を観察し、この後はとある列車に乗り込むことに。この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.05

秋の北陸・関西ネタ探し旅その5~大阪行き高速バスに乗る

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続き。無事に目的を果たし、少し早目ではありましたが大阪行きの高速バスで富山を後にします。その前にランチがてら腹ごなし。せっかく富山に来たこともあり、何か名物を食べて帰りたかったので、駅構内「とやマルシェ」の中にある富山ブラックの店「西町大喜」で頂いてきました。北陸新幹線開業直後の一昨年4月にここで食べたことがありますが、エキナカにあるので列車の待ち時間でも食べられますね。

富山ブラック@西町大喜'17.10.15
出発前、名物の富山ブラックを頂く

 腹も満たされたので、いよいよ大阪行きの高速バスに乗って出発することに。この路線は阪急バスと富山地鉄が共同で運行しておりますが、やってきたのは富山地鉄の車両でした。富山駅前を12時10分に出発すると市内の停留所にこまめに停車。砺波インターで一旦高速道路から降り、城端線の砺波駅前で最後の乗客を乗せてから再び北陸自動車道に入ると、金沢の市街地や小松空港の脇を通り過ぎて尼御前サービスエリアでしばし休憩しました。

富山地鉄バス@尼御前サービスエリア'17.10.15
尼御前サービスエリアでしばし休息

 バスは石川県から福井県へと進んできましたが、18きっぷのような乗り換えが必要な旅ではなくただ目的地まで座っているだけなので、時々退屈になることはあるものの昼行便とあって移り行く景色を見ながらバス旅を満喫いたしました。滋賀県内の神田パーキングエリアで最後の休憩。名神高速道路に入ると雨が降り始め、京都を過ぎたあたりから渋滞が激しくなってきました。

日本海@富山地鉄バス車内'17.10.15
どんよりとした曇り空の下、日本海も寒々とした景色

 こうして定刻より20分ほど遅れて終点の梅田阪急三番街高速バスターミナルに到着。思えば2週間前、夫婦旅で伊丹空港からリムジンバスに乗って降り立ったのもここでしたが、多くの人が行き交う地下街を抜けて地下鉄に乗り込みました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.04

秋の北陸・関西ネタ探し旅その4~富山駅に戻りネタ探し

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続き。富山駅前まで戻り、正午過ぎに発車する大阪行きの高速バスの出発までしばし駅周辺で時間潰しすることにしますが、ちょうど市内線のレトロ電車が出発するところだったので見送ることにしました。実は中町で電車を待っていた際、このレトロ電車がやってきましたが、あいにく「貸切」の表示が出ており乗車は叶いませんでした。

富山地鉄7000形@富山駅前'17.10.15
富山駅前でレトロ電車をお見送り

 高速バスの出発までまだ1時間ほどあったので、再び北口へ移動。朝方から追いかけてきた富山ライトレールのラッピング電車が到着する時間だったので、最後に拝んでいくことにしました。概ね1時間ほどで戻って来るので運用さえわかれば到着時間は把握できましたが、改めてラッピング電車を拝見するとなかなか可愛らしいですねheart01。来年には「鉄道コレクション」として登場するとのことで、こちらも楽しみです。

富山ライトレールTLR0600形@富山駅北'17.10.15
ラッピング電車を最後にお迎えheart01

 こうして再び南口へ移動。これで思い残すことなく富山を後にできることになり、いよいよ大阪行きのバスに乗り込みますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.03

秋の北陸・関西ネタ探し旅その3~大手モールフェスを訪ねる

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続きですが、富山ライトレールの沿線を離れて今度は富山地鉄の市内線に乗り込みます。実は旅に出る前にいろいろ情報収集をしていたら、「大手モールフェス」というイベントが14日と15日の2日間開催されることを知りましたが、会場内に富山ライトレールのブースが出店され、岩瀬ゆうこ関連のグッズを販売するとのことで訪ねてみることにしました。

富山地鉄9001A@大手モール'17.10.15
市内線に乗って大手モール電停に到着

 富山ライトレールの車両とよく似た連接車両に揺られ、大手モール電停に到着。周辺は多くのブースが出店していてさっそく富山ライトレールのブースへ向かうと、岩瀬ゆうこの等身大パネルのお出迎えを受けましたheart01。さっそく岩瀬ゆうこ関連のグッズをいろいろ物色。いずれも8月に開催されたラッピング電車のイベントの時に売り出されたもので、いいお土産になりましたねheart04

岩瀬ゆうこ等身大パネル@大手モールフェス'17.10.15

岩瀬ゆうこグッズ
(2枚とも)大手モールフェス会場に出店していた富山ライトレールのブースで岩瀬ゆうこグッズを入手

 その後はイベント会場をブラブラ散策。ギター演奏が行われていたり、小物を売っていたりと様々なブースが出店していましたが、クルマの進入を制限して路面電車を優先して行き来させるいわゆる「トランジットモール」を形成しておりました。書物などで見聞きしておりましたが、海外での実例に比べて日本ではまだまだ馴染みが薄く、これからあちこちで見られるようになるかもしれませんね。

富山地方鉄道9000形@大手モール'17.10.15
トランジットモールを市内線の連接車両が行く

 まだまだあちこち見て回りたいところでしたが、この後正午過ぎに大阪行きの高速バスに乗って富山を後にしなければならず、適当なところで撤収。総曲輪を抜けて中町電停から再び市内線に乗り込み、富山駅前まで戻ってきました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.02

秋の北陸・関西ネタ探し旅その2~富山ライトレール・岩瀬ゆうこラッピング電車に乗る

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続きですが、駅そばで朝食を済ませた後はいよいよこの日一番の目的である富山ライトレールに乗り込みます。その前に富山地鉄の窓口で富山ライトレールと富山地鉄の市内線が乗り降り自由になる「富山まちなか岩瀬1日フリーきっぷ」を入手。その後、富山ライトレールの乗り場がある北口へ向かうと、さっそくお目当てだった岩瀬ゆうこのラッピング電車が到着しました。

岩瀬ゆうこラッピング'17.10.15
さっそくミッション達成heart04~ラッピング電車

 このラッピング電車が運行を始めたのが8月10日だったので、7月に全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押しに訪れた時とちょうど時期がずれてしまいましたが、まずはこのラッピング電車に乗り込み出発。一先ず城川原で降りることにしました。ところがここで雨が降り始めてきましたrain。元々朝から天気が悪いことは予報で知っていたので織り込み済みでしたが、後続の電車に揺られて岩瀬浜に到着。定番の橋の上から狙いました。

富山ライトレールTLR0600形@岩瀬浜'17.10.15
定番の橋の上からラッピング電車を撮影

 幸い雨の方は上がってくれたので何よりでしたが、この後は乗り降りしながらラッピング電車をいろいろ撮影。過去、全国鉄道むすめ巡りの開催の度にラッピング電車が運転されてきましたが、今回は岩瀬ゆうこ1名だけとこれまでに比べるとやや大人しい印象を受けましたね。ただ、新しく登場したイラストもラッピングされており、これはこれでなかなか可愛かったりしますhappy01

富山ライトレールTLR0600形@粟島'17.10.15

富山ライトレールTLR0600形@インテック本社前'17.10.15-1

富山ライトレールTLR0600形@インテック本社前'17.10.15-2
(3枚とも)雨も上がり、沿線でラッピング電車を追いかけ

 こうしてラッピング電車を十分に堪能した後、歩いて富山駅北電停まで到着。ここで一旦富山ライトレール沿線から離れ、駅の反対側へ移動して今度は富山地鉄の市内線に乗り込みますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.01

秋の北陸・関西ネタ探し旅その1~グランドリーム金沢号で富山へ

 10月14日の夜から16日にかけて北陸と関西を旅してまいりましたが、14日の日中は前の記事でも書いたとおり川越車両センターの公開イベントを訪問。一旦自宅に戻り、夕飯を済ませてから出発となりました。まず向かったのは上野駅。この日は夜行高速バス「グランドリーム金沢1号」を押さえてありましたが、到着後さっそくバス停のある入谷口へ向かい、バスに乗り込みました。

グランドリーム金沢1号@上野駅入谷口'17.10.14
上野駅前からグランドリーム金沢1号に乗車

 こうしてグランドリーム金沢1号は22時10分、上野駅入谷口を出発。都内最後の停留所である東京駅八重洲口では上野駅からよりも乗り込む乗客が多く、車内は満席にはならなかったもののまずまずの乗車率となりました。バスはしばらく都内の一般道を走行。大泉ジャンクションから関越自動車道へと進んでまいりましたがその後うとうとしてしまい、次に気が付いたのは上里サービスエリアでの休憩の時でした。

グランドリーム金沢1号@上里サービスエリア'17.10.15
深夜の上里サービスエリアに高速バスが集う

 その後はすっかり夢の中。次に気が付いたのは北陸自動車道の有磯海サービスエリアでの休憩停車の時でした。すでに富山県内まで来ており、降車場所である富山駅前までもう少し。その後もうひと眠りし、バスはまだ薄暗い富山市内へと入ってまいりました。こうしてグランドリーム金沢1号は6時少し前、富山駅前に到着。客扱いを済ませると、次の目的地である金沢へ向けて出発しました。

グランドリーム金沢1号@富山駅前'17.10.15
薄暗い富山駅前に到着

 さっそく大きな荷物をコインロッカーに預け、この日最初の目的地へと向かいますが、朝早い時間にもかかわらず駅そばの店「立山そば」が開いていたので朝食を済ませることに。温かいそばを頂いてから出発しました(続く)。

立山そば@富山駅構内店'17.10.15
朝食は立山そば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ