« 2017年12月 | トップページ

2018.01.19

【11/28】久々の江ノ電訪問

 11月28日ですが、1日休暇を取って江ノ電沿線を訪ねてまいりました。今回は小田急発行の「江の島・鎌倉フリーパス」を新宿駅で入手。このきっぷ、行き帰りの経路上で途中下車が可能ですが、以前このきっぷで途中下車をしようとしたら駅員が途中下車できることを理解しておらず、要領を得なかったことがありました。今回、新百合ヶ丘と柿生の有人改札できっぷを見せたらすんなり下車することができ、大きく改善されましたねhappy01

小田急バス@新百合ヶ丘'17.11.28

小田急50000形@柿生'17.11.28

新百合ヶ丘局&柿生局風景印'17.11.28
(3枚とも)江の島・鎌倉フリーパスで途中下車

 そのまま終点片瀬江ノ島に到着し、駅近くの店で少し遅いランチタイム。名物の生しらす丼を頂いてから江ノ電沿線へやってきました。江ノ島駅の前を過ぎて腰越までの併用軌道区間をのんびり散策。江ノ電沿線で有数の名所と言える区間ですが、道路の真ん中を4両編成の江ノ電の電車が行き来する様子は間近で見ると迫力がありますね。江ノ電沿線を訪ねた折にはこの区間はぜひとも歩いて移動したいところです。

生しらす丼@忠兵衛'17.11.28

スズメ@江ノ島'17.11.28

江ノ電500形@腰越'17.11.28
(3枚とも)江ノ島駅から腰越駅までのんびり散策

 併用軌道区間を歩き、腰越から江ノ電に乗車。一旦鎌倉まで乗り通した後、折り返し藤沢行きに揺られて七里ヶ浜で途中下車しました。ここから歩いて隣の鎌倉高校前駅へ移動しますが、時刻はちょうど夕暮れ時で海に沈む夕日が綺麗でしたねhappy01。一方、鎌倉高校前駅はライトアップが施され、海岸線の夕日とライトアップ目当ての乗客がホームを行ったり来たりしておりました。

江ノ電300形@鎌倉'17.11.28

江ノ島@鎌倉高校前'17.11.28

イルミネーション@鎌倉高校前'17.11.28
(3枚とも)夕暮れの江ノ電沿線をブラブラ

 日もすっかり暮れたところで再び江ノ電に揺られ、江ノ島で下車。これで江ノ電の旅は終了となり、歩いて再び片瀬江ノ島駅にやってまいりました。ここ片瀬江ノ島駅は童話「浦島太郎」に登場する竜宮城をモデルにした駅舎が今も健在ですが、国内外の観光客を意識した駅舎へ建て替えとのニュースが今回の訪問後に報じられました。その片瀬江ノ島駅からロマンスカーに乗車。まっすぐ新宿まで戻ってまいりました。

片瀬江ノ島駅舎'17.11.28

小田急8000形&30000形@片瀬江ノ島'17.11.28
(2枚とも)片瀬江ノ島駅からロマンスカーに乗って帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.18

【11/26】晩秋の真岡鐡道沿線紀行その3~沿線を乗り歩く

 11月26日の続き。SLキューロク館で行われていたSLフェスティバルの会場内で過ごしていた時、本線上を走る1両のラッピング車両に目が留まりました。デゴイチの前に設置されていた春崎野乃花のイラストがラッピングされたディーゼルカーで、実は北真岡駅近くでSLを待っていた際にも茂木方面へ走って行くところを見かけておりましたが、よく見るとラッピングされているのは片面で、反対側は別の絵柄になっております。

真岡鐡道モオカ14形@真岡'17.11.26

春崎野乃花ラッピング'17.11.26-1

春崎野乃花ラッピング'17.11.26-2
(3枚とも)春崎野乃花のラッピングが施された真岡鐡道のディーゼルカーと出会うheart01

 14時20分発の下館行きディーゼルカーに乗って真岡を出発。今回はここで折り返しとなりましたが、この後やってくるSL列車を撮影してから帰ることにしました。特にあてはありませんでしたが折本で下車。小ぢんまりとした交換設備のある駅ですが、下館寄りに歩道橋がありここからSL列車を狙うことにします。太陽が西に傾きつつある中、茂木方面からSL列車が到着。茂木行きのディーゼルカーと交換に下館へ向けて出発しました。

真岡鐡道C1266@折本'17.11.26
折本駅でSL列車を”撮”る

 これで後は下館へ戻るだけ。しかし次の下館行きまでしばらく時間があったのでホームでのんびり過ごしていると、先ほど見送ったSL列車が戻ってまいりました。今度は茂木寄りにディーゼル機関車が連結されておりますが、車庫のある真岡へ戻る回送列車の役割を持っているものの客扱いもしていることから乗ることも可能です。乗車券だけで乗れる貴重な客車列車ですね。

真岡鐡道DE10-1535@折本'17.11.26
下館から折り返してきたディーゼルカー牽引の茂木行き

 こうして下館に戻り真岡鐡道の旅は終了。この後は水戸線に乗り換えて帰るのみとなりました。帰りはE501系に乗車。こちらに乗って小山へ向かいました。

クハE501-1004@小山'17.11.26
帰りの水戸線はE501系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.17

【11/26】晩秋の真岡鐡道沿線紀行その2~大賑わいだったSLフェスティバル

 11月26日の続き。北真岡駅近くでSL列車を見送った後、歩いて真岡駅を目指すことにします。2年前にもここから真岡駅まで20分ほど掛けて歩いておりますが、途中、久保記念観光文化交流館という観光施設の前を通りかかったので覗いていくことに。真岡市内に残る古い建物を保存して観光施設としたものですが、オープンが2014年10月とのことでまだ新しい施設ですね。

久保記念観光文化交流館'17.11.26
真岡駅に向かう途中、久保記念観光文化交流館に寄り道

 ブラブラ歩きながら真岡駅に到着。ちょうど駅隣接のSLキューロク館では「SLフェスティバル」と題したイベントが行われ、会場は多くの人で賑わっておりました。会場では地方のローカル鉄道によるグッズ販売やSLキューロク館に展示されている“デゴイチ”が展示。春崎野乃花というご当地のキャラクターが駅員に扮し、デゴイチの前で笑顔を振りまいておりましたheart01

D51146&春崎野乃花等身大パネル@SLフェスティバル'17.11.26
SLキューロク館で行われた「SLフェスティバル」を訪問

 この後は下館方面へ向けて移動しますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.16

【11/26】晩秋の真岡鐡道沿線紀行その1~SL列車を撮る

 11月26日ですが、久しぶりに真岡鐡道沿線へ足を運んでまいりました。宇都宮線で小山まで向かい水戸線に乗り換え。今の水戸線はE531系とE501系という2種類の車両が活躍しておりますが、ホームに停まっていたのは常磐線でお馴染みのE531系でした。水戸線と言うと今も415系のイメージが残っていたりしますが、置き換えになって3月で早2年が経とうとしており、時の流れの早さを実感します。

クハE530‐2018@小山'17.11.26
小山からE531系に乗って下館へ

 下館に到着し、さっそく真岡鐡道のホームへ移動。次の茂木行きは9時42分発で、緑と赤の2色に塗装されたディーゼルカーに乗り込み、下館を後にしました。まずはこの後やってくるSL列車を撮影することにしますが、この日は真岡駅でイベントが開催されることもあり、撮影後に歩いて移動できる距離にある北真岡駅で降りることに。のんびり待つこと1時間ほど、下館寄りからC12に牽引されたSL列車が近づいてきました。

真岡鐡道C1266@北真岡'17.11.26
北真岡駅近くでSL列車を撮る

 この後、一旦真岡鐡道沿線を離れて市内へ移動。のんびり歩きながら真岡駅を目指しますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.15

【11/23】“いずっぱこ”沿線乗り歩き~伊豆箱根鉄道

 11月23日の続き。イベント会場を離れ、定番の大場と三島二日町との間の田園地帯へやってきました。ここは定番の撮影地ですが、朝のうち雨がぱらついていたものの午前中のうちに上がり、雲の合間から富士山の頭が見えてきました。すっきり晴れてくれれば言うことありませんでしたが、こればかりは致し方のないところ。この日イベント会場で洗車体験に使用されていた「HAPPY PARTY TRAIN」と富士山を絡めて再訪したいところです。

185系@大場'17.11.23
何とか富士山が姿を現してくれましたfuji

 いろいろと撮影した後、歩いて大場駅に戻ることに。今回はここで折り返しとなり、三島行きに乗り込みますが、やってきたのは先頭車の全面が金色に縁取りされた7000系でした。実は来る途中に三島駅でこの列車を見かけておりましたが、派手なラッピングが施された3000系や元西武の1300系に比べると元々2編成のみと少数派だったこともあり、これまであまり目立たない印象でした。

伊豆箱根鉄道7502@三島田町'17.11.23
先頭部分が金色に縁どられた7000系に乗車

 その金縁が施された7000系に揺られて三島田町で下車。ここは9月に訪れた際には降りていない駅で、改札口の脇には人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するキャラクターの等身大パネルがお出迎えしておりました。この後はランチがてら隣の三島広小路駅までブラブラ散策。源兵衛川の付近では「時の鐘」なる史跡を見つけ、岩槻や川越と通じるものを感じました。

小原茉莉等身大パネル@三島田町'17.11.23

伊豆箱根鉄道3000系@三島広小路'17.11.23

時の鐘@三島広小路'17.11.23
(3枚とも)三島田町から一駅散策

 この後、伊豆箱根鉄道の列車に揺られて一駅、終点の三島に到着。午前中降っていた雨も上がり、時折晴れ間も覗かせてくれましたが、今回はこのあたりで終了と相成りました。帰るまで時間があったので、三島駅近くの楽寿園をブラブラ散策。この日は入館料無料とのことで得しましたが、園内の紅葉は赤く色づいていてきれいでしたねhappy01

紅葉@楽寿園'17.11.23
赤く色づいた楽寿園の紅葉maple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

【11/23】いずはこねふれあいフェスタを訪ねる~伊豆箱根鉄道

 11月23日の勤労感謝の日、伊豆箱根鉄道のイベント「いずはこねふれあいフェスタ」を訪ねてまいりました。今回も休日お出かけパスを片手に地元を初電で出発。小田原より先は乗り越しとなるので、三島で精算となりました。さっそく伊豆箱根鉄道の乗り場へ向かい、券売機で大場までの乗車券を買ってホームに入ると、イエローパラダイストレインが到着。西武多摩川線で走っているのと同じ100周年記念のヘッドマークを付けていました。

伊豆箱根鉄道1300系@三島'17.11.23
伊豆箱根鉄道創立100周年と西武多摩川線開業100周年のコラボヘッドマークを付けたイエローパラダイストレインに乗車

 そのイエローパラダイストレインに乗って三島を出発。4駅揺られて大場に到着しました。そのまま歩いてイベント会場となっている伊豆箱根鉄道の本社へ向かうと、まずは物販のブースへ。以前に比べて鉄道むすめ関連のグッズが充実するようになり、特に同じ西武グループである近江鉄道のグッズが手に入るのは有難いところですね。今回も鉄道むすめ関連のグッズをいろいろと入手してまいりましたheart01

戦利品@いずはこねふれあいフェスタ
今回の戦利品heart01

 引き続き今度は引込線の方へ向かうと、凸型の電気機関車の姿を確認。ED33は運転室乗車体験で使用され、ED32はその隣で展示されておりましたが、両社ともこのイベントではお馴染みですねhappy01。一方、3月にはこの2台の機関車が大雄山線で使用されている5000系を挟んで本線上を走行。終点の修善寺駅で行われたイベントの際に展示され、その様子を見てまいりましたが、走行シーンを一度お目にかかりたいですね。

伊豆箱根鉄道ED32@いずはこねふれあいフェスタ'17.11.23
凸型電気機関車のED32も展示

 さらに引込線では、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するキャラクターがラッピングされた「HAPPY PARTY TRAIN」が洗車体験として構内を行き来。公式サイトに当日の運行予定が載っていなかったので気になっておりましたが、本線上を走る姿を見ることはできなかったものの、代わりにここイベント会場内で多くの来場者の目を楽しませておりましたhappy01

HPTHM@いずはこねふれあいフェスタ'17.11.23

伊豆箱根鉄道3000系@いずはこねふれあいフェスタ'17.11.23

黒澤ダイヤ&小原茉莉ラッピング@いずはこねふれあいフェスタ'17.11.23
(3枚とも)この日はイベント会場で大活躍~HPTトレイン

 その他、ステージではタレントのトークショーや生演奏などが行われ、賑やかな雰囲気の中多くの来場者で賑わっておりました。まだまだ来場者が訪れる中、昼前には会場を後にいたしました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.13

【11/19】東武ファンフェスタを訪ねるその3~イベントの後

 11月19日の続きですが、東武ファンフェスタの会場を後にして南栗橋駅周辺でのんびり過ごすことにしました。例によって春日部寄りに広がる田園地帯で東武日光線の列車をいろいろ狙うことに。やはり2017年にデビューした車両は気になるところで、あいにく日比谷線直通関連の車両には出会うことができなかったもののリバティと対面しました。それにしてもリバティのデビューでスペーシアと出会う機会が少なくなってしまいました。

東武500系@南栗橋'17.11.19
2017年デビューのリバティと対面

 ほどほどのところで切り上げて今度は栗橋の市街地へ向けてブラブラ歩くことに。線路脇でしばし待っていると、南栗橋方面からスカイツリートレインがやってまいりました。今年デビューしたリバティに取って代わる格好で団臨用として残りましたが、お目にかかる機会が少なくなってしまいましたね。今回は東武ファンフェスタに合わせてツアーが主催され、この後下今市へ向かった模様です。

東武634型@栗橋'17.11.19
東武ファンフェスタのツアー列車に使用されたスカイツリートレイン

 引き続き、線路脇でのんびり過ごしていると、今度は350系を使用した特急きりふりがやってまいりました。こちらは定番の列車ですが、300系が2017年4月に引退したこともあってこちらの去就も気になるところ。古き良き東武のスタイルを残す車両だけに、末永く走ってほしいところですね。

東武350系@栗橋'17.11.19
古き良き時代の東武の面影を残す350系と対面

 この後、歩いて栗橋の市街地へ。2015年頃から栗橋の町中には鉄道むすめの旗が掲げられるようになり、今も残っているところがありました。中には風で飛ばされたりして絡まってしまったり破損や紛失などでなくなってしまうなど数は少なくなってしまいましたね。残っている分だけでも末永く大事にしていただきたいところですが、こちらを見て回った後、恒例の久喜市商工会主催の忘年会に出席。ゲームなどでいろいろと盛り上がりました。

和倉ななおフラッグ@栗橋'17.11.19
今も栗橋の町中に残る鉄道むすめの旗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.12

【11/19】東武ファンフェスタを訪ねるその2~会場を歩く

 11月19日の続きですが、春日部から東武スカイツリーラインで南栗橋に到着。そのまま歩いて東武ファンフェスタの会場へ向かいました。昨年から入口が駅寄りに変わり、受付まで車両基地内に止まっている列車を見ながら進むことに。ある意味、受付までの間の通路もイベント会場の一角とみなすことが出来そうですね。受付で案内図とともにこのイベントでお馴染みの車両型ティッシュボックスを入手。今回は「リバティ」500系でした。

東武500系ティッシュボックス
2017年のティッシュボックスは”リバティ”500系でしたhappy01

 さっそく会場内を見て回ることにしますが、まず目に留まったのは工場棟の脇の引込線に止まっていた14系客車。現在はSL大樹に使用されておりますが、かつては全国各地の急行列車で活躍し、自身も「津軽」や「八甲田」などでお世話になりましたね。ただ、民営化後は急行列車の廃止やジョイフルトレインへの改造など、原形を保っている車両は希少価値になりました。

14系@東武ファンフェスタ'17.11.19
原型に近い14系客車を目にするのは久しぶり

 一先ず物販ブース向かい、手に入れたいものを入手することに。ここ数年は鉄道むすめ関連のグッズばかり手に入れておりましたが、今回も入手したのは鉄道むすめグッズでしたhappy01。例年通り久喜市商工会のブースで2018年のカレンダーを入手。今回は両面刷りになっており、ゲストで上田電鉄の鉄道むすめ、八木沢まいがデザインされております。それと新しいデザインのクリアファイルも入手。こちらはカレンダーの絵柄と同じでした。

2018鉄道むすめカレンダー
今回も鉄道むすめ柄のカレンダーを入手heart01

 入手するものは無事手に入れたので、引き続き車両撮影会場へ。11時の開始前でしたが、すでに長い列ができておりこのイベントでおそらく一番の人気だったかもしれませんね。最後尾に並んで順番が来るまで待つことしばし、ようやく会場へ。今回も東武を代表する車両が勢揃いしましたが、8000系や1800系といった古豪から2017年にデビューした「リバティ」500系と日比谷線乗り入れの70000系といった新車が勢揃いしました。

車両撮影会@東武ファンフェスタ'17.11.19
今回も大盛況だった車両撮影会

 あっという間に撮影会も終了。今度は工場棟の中をブラブラしてまいりました。例年編成を切り離して整備中のところが展示されておりますが、今回は東武アーバンパークラインで使用されている8000系が展示。対象の編成は8172Fでした。これまで本線筋の車掌が展示されておりましたが、東武アーバンパークラインの車両が展示されたのはおそらく初めてだったかもしれませんね。

東武8000系@東武ファンフェスタ'17.11.19
工場棟内で整備を受ける東武アーバンパークラインで使用の8000系

 こうして一通り会場を見終えたところで撤収。昼食にする駅弁を入手してから会場を後にしました。この後は南栗橋駅周辺をブラブラ散策してまいりましたが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.11

【11/19】東武ファンフェスタを訪ねるその1~南栗橋までの道のり

 11月19日ですが、毎年恒例の東武ファンフェスタを訪ねてまいりました。昨年まで12月頭の週末に開催されておりましたが、2017年は2週間ほど前倒しに。今回も南栗橋までは大宮から東武アーバンパークラインに乗ってスタートとなりました。途中、七里で下車して東武アーバンパークラインの列車を撮影していくことに。短い時間で3形式の車両と出会うことができました。

東武8000系@七里'17.11.19
恒例の七里での撮影タイムwink

 この後春日部へ向かいここでも下車。東武スカイツリーラインの列車を軽く流す程度に撮影し、そのまま南栗橋へ向かいました(続く)。

東急8500系@春日部'17.11.19
こちらの去就も気になるところ~東急8500系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.10

【11/14】埼玉県民の日フリー乗車券で行く西武沿線の旅その3~西武沿線をブラブラ

 11月14日の続き。少し早目に西武秩父を後にして飯能まで戻ってきました。ここで遅めのランチタイム。駅近くの郵便局で風景印を入手した後、再び列車に揺られて元加治で下車しました。今にも雨が落ちてきそうな空模様で、すっきりとした秋の空というわけには行かなかったのが残念なところでしたが、こればかりは如何ともしがたいところ。プラチナエクスプレスを見送ったところでここは退散となりました。

飯能駅南口局風景印'17.11.14

雪村あおい等身大パネル@飯能'17.11.14

西武10000系@元加治'17.11.14
(3枚とも)少し早目に飯能へ

 その後、所沢へ向けて進んでいるうちに雨が降り始め、いよいよ降りて外で過ごす気にならなくなりましたが、途中で飯能へ向かう40000系とそれ違ったので、小手指で降りて捕まえることにしました。昨年3月にS-trainで乗車して以降はなかなかお目にかかる機会がありませんでしたが、10月に西武球場前へ向かう際に乗車し、本数も徐々に増えつつありますね。40000系に限らず新車に当たると何だか得した気分になりますhappy01

西武40101@西所沢'17.11.14
新車40000系に乗車

 こうして所沢に到着。エキナカに描かれたライオンズの選手のパネルを目にした後、最後は特急小江戸号に乗って本川越まで戻ってきました。

ライオンズ選手パネル@所沢'17.11.14

西武10704@本川越'17.11.14
最後は小江戸号に乗車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.09

【11/14】埼玉県民の日フリー乗車券で行く西武沿線の旅その2~SL埼玉県民の日号を迎える

 11月14日の続き。西武秩父駅に到着後、歩いて秩父鉄道の御花畑駅と秩父駅との間にある秩父札所15番少林寺前の踏切までやってきました。この後正午過ぎにパレオエクスプレスがやってくるのでお迎えすることにしますが、向かっている途中に雨が降り出してきました。この日は朝からどんよりとした曇り空で、雨が降ることは想定していたものの、秋晴れの県民の日というわけには行きませんでしたねrain

少林寺@御花畑'17.11.14
秩父札所、少林寺前の踏切でしばし待機

 少林寺の境内は紅葉が赤く色づいており、そちらを見ながら待つことしばし。秩父駅の方から発車を合図するSLの汽笛が聞こえてきました。秩父と御花畑の間は距離が短く、待っている踏切からは両方の駅が見えるほどですが、徐々にSLのドラフト音が大きくなるにつれてパレオエクスプレスが接近。「埼玉県民の日」と記された特製のヘッドマークを掲げてやってまいりました。

秩父鉄道C58363@御花畑'17.11.14
2017年も運転された「SL埼玉県民の日号」をお迎え

 これで秩父鉄道沿線からは離れて再び西武秩父駅へ。腹も減ってきたので、8月に食事した仲見世通りの中のフードコートへ向かいましたが、ちょうど昼時とあって中は混んでおりやむなく断念。少し早目でしたが飯能行きに乗って秩父を離れることにしました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.08

【11/14】埼玉県民の日フリー乗車券で行く西武沿線の旅その1~秩父路へ

 昨年の11月14日は西武発行の埼玉県民の日フリー乗車券を片手に沿線をブラブラすることに。今回もJRを除く埼玉県内の鉄道会社から1日乗り放題のフリーきっぷが発売されましたが、これまで東武やニューシャトルのものを利用したことがあったものの西武は今回が初めてでした。スタートは本川越。ここから新宿線で所沢へ向かい、池袋線に乗り換えて西武秩父を目指すことにします。

埼玉県民の日フリー乗車券@西武
今回は西武のフリーきっぷを利用

 途中、新所沢駅では隣のホームに2000系が停まっているのを見かけ、少しだけ寄り道していくことに。2000系の中でも田の字型の窓を持つ古いタイプの車両で、1977年にデビューしてからすでに40年が経過しておりますが、廃車になった車両も出てきており、今後少しずつ置き換えが進むことになりそうです。新宿線と言えば個人的にはこの車両のイメージが強いところで、見かけると気になるところです。

西武2034@新所沢'17.11.14
新所沢で田の字窓タイプの2000系に対面

 所沢で池袋線に乗り換えて飯能に到着。ここからさらに西武秩父行きに乗り換えます。始発とあって座席に座ることはできましたが、県民の日とあって車内は多くの乗客で混雑しておりました。県民の日とは言え祝日ではないので普段の平日の扱いでありますが、ここまで混むとは思いもよりませんでしたねcoldsweats01。家族連れも乗り込み、車内は幾分賑やかな雰囲気の中、飯能を後にしました。

西武4001@飯能'17.11.14
混雑した車内で出発した西武秩父行き

 普段の週末であれば途中駅でパラパラと降りていくところですが、この日は終点の西武秩父まで立ち客ができるほどの混雑のままでした。この後一旦西武秩父駅を離れ、御花畑駅近くでこの日運転された秩父鉄道のパレオエクスプレスを迎えることに。この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.07

【11/12】ニューシャトル沿線乗り歩き

 11月12日の続きですが、丸山車両基地まつりの会場を後にして丸山駅から再びニューシャトルに乗り込みます。せっかく手元に1日乗り放題のフリーきっぷがあることから、ニューシャトル沿線をブラブラすることに。終点の一つ手前にある羽貫で降りてみました。1990年8月に現在の終点である内宿まで延伸され、それまでの終着駅がここ羽貫駅でしたが、駅の周りは住宅街が広がりありふれた光景でしたcoldsweats01

羽貫駅舎'17.11.12

羽貫駅イメージパネル'17.11.12

E7系@羽貫'17.11.12
(3枚とも)羽貫駅で下車

 この後、大宮行きに乗って来た道を戻ることに。鉄道博物館を観てまいりました。ちょうど埼玉県飯能市在住の鉄道画家である福島尚氏の絵画展が2階ステーションギャラリーで開催されており、こちらを観てまいりましたが、氏の絵をテレビか何かで一度目にした時は、細かいところまで描写されていてまるで写真ではないかと驚いたものでした。改めて氏の作品を目にすると、細かい描写にただ驚きを隠せないところです。

鉄道画家福島尚の世界ポスター@鉄道博物館'17.11.12
鉄博で開催の鉄道画家、福島尚氏の絵画展を見学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.06

【11/12】丸山車両基地まつりを訪ねる~埼玉新都市交通

 11月12日は地元を走るニューシャトルのイベントへ。以前は11月14日の埼玉県民の日に併せて開催されていましたが、昨年から直近の週末に開催されるようになり、以前に比べると足を運びやすくなりましたねhappy01。事前にこの日限定で乗り降り自由になる「埼玉県民の日記念フリー乗車券」を入手しており、地元の最寄り駅である加茂宮から乗車。イベント会場のある丸山で下車しました。

埼玉県民の日記念フリー乗車券
この日限定のフリーきっぷ片手にニューシャトル沿線へ

 さっそくイベント会場となっている丸山車両基地へ。まずは車両展示エリアへ向かいました。昨年あたりから車両基地の一角を撮影スポットとして開放されるようになりましたが、今回はニューシャトルで現在活躍する3形式の車両が一堂に展示されました。2016年に開業当時から走っていた1000系が引退し、一気に世代交代が進みましたが、一番新しい2020系もすっかりニューシャトルの顔になりましたね。

車両展示@丸山車両基地まつり'17.11.12
車両展示エリアには現在活躍する3形式の車両が勢揃い

 その車両展示エリアにはニューシャトルの開業時から活躍した1000系が展示されておりましたが、2016年6月のさようなら運転の後はここ丸山車両基地で保管されており、前回の丸山車両基地まつりでも展示されておりました。解体される様子がなく、今後の動向が気になるところですが、ニューシャトル開業時からの車両だけに何らかの格好で保存が実現されると有難いところですね。

埼玉新都市交通1000系@丸山車両基地まつり'17.11.12
今も残る1000系

 一方、車庫内では恒例の部品販売を始め、開放車両前では地元伊奈町のゆるキャラ、伊奈ローズちゃんの撮影会が行われておりました。JRや大手私鉄のイベントに比べると車両基地も手狭で派手さは感じませんが、手作り感のあるイベントは以前と変わっていないですね。普段それほど話題に上がることが少ないニューシャトルですが、今後とも引き続き追っていきたいと思います(続く)。

伊奈ローズちゃん@丸山車両基地まつり'17.11.12
伊奈町のキャラクター、伊奈ローズちゃんも大活躍happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.05

【11/11】都電沿線散策

 11月11日の続きですが、尾久車両センターでのイベントを見て回った後、そのまま歩いて都電沿線にやってきました。この後は特に予定がなかったものの、帰るにはまだ早い時間だったので都電沿線をブラブラすることに。荒川車庫前電停付近から栄町電停まで線路伝いにのんびり歩く定番コースですが、この日はレトロ車両9000形が2台とも運転され、本線上を行き来する様子を目にすることが出来ました。

都電9000形@栄町'17.11.11
定番コースを歩きながら王子駅近くまで移動

 栄町電停から一旦都電の線路を離れ、飛鳥山公園の南側を一回りして飛鳥山電停から都電に乗車。そのまま鬼子母神前電停までやってきました。この後はすぐ近くにある千登世橋から橋の下を行き来する都電を撮影することに。都電の定番の撮影地で過去に何度も訪れておりますが、例年11月は目白通り沿いに植えられた木の葉が黄色く色づき、おそらく1年で一番きれいな様子を見ることができますが、今回はやや早い印象がありました。

都電7700形@鬼子母神前'17.11.11
千登世橋からの風景(紅葉はやや早かった・・・coldsweats01

 これでこの日のミッションは全て終了。歩いて目白駅まで向かい、ここから山手線に乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.04

【11/11】ふれあい鉄道フェスティバルを訪ねる

 11月11日の続きですが、栗橋で1800系使用の臨時快速列車を撮影した後は一気に都内へ移動。この日は尾久車両センターで毎年恒例の「ふれあい鉄道フェスティバル」が開催されるとのことで、久しぶりに訪ねてまいりました。例年多くの来場者で賑わうイベントですが、この日も昼前後に尾久駅に到着。会場へ向かう来場者の長い列が地下道から続いておりました。

横断幕@ふれあい鉄道フェスティバル'17.11.11久しぶりのふれあい鉄道フェスティバルcoldsweats01

 とは言え列はそれなりには流れており、並び始めてからそれほど待たずに会場に到着。さっそくブラブラすることにしましたが、今回はJR東日本管内で運転されている「乗って楽しい」ディーゼルカーが展示されておりました。いずれも未乗の列車ですが、かつてはブルートレインがねぐらにしていたこの車両基地も今は電車がメインとなっており、時代の変化を実感いたしました。

キハ40系@ふれあい鉄道フェスティバル`17.11.11

キハ110系@ふれあい鉄道フェスティバル'17.11.11-1

キハ110系@ふれあい鉄道フェスティバル'17.11.11-2
(3枚とも)「乗って楽しい」ディーゼルカーが勢揃い~尾久車両センター

 会場をさらに奥へ進んでいくと機関車の車両展示エリアに到着。ここではブルトレ時代に使用されていた往年の機関車と対面することが出来ました。今もここ尾久車両センターにはEF65やEF81などが設置されており、上野東京ラインの列車に乗っていると車両基地内で佇む姿を目にすることができますが、その姿を目にするとかつて本線上で闊歩していた頃の姿が思い出されますね。

機関車展示@ふれあい鉄道フェスティバル'17.11.11
ブルトレ運転時に使用された機関車が展示

 こうして一通り会場内を歩いて撤収。久しぶりの尾久車両基地でのイベント訪問でしたが、時代が変わったものの多くの人で賑わうイベントには変わりはないことが伺えました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.03

【11/11】東武1800系臨時快速@栗橋

 11月11日ですが、東武1800系使用の臨時快速を狙いに栗橋へ行ってきました。この秋は10月の3連休から週末ごとに運転されていましたが、なかなか日程が合わずに残り2日となったこの日ようやく訪ねることになった次第。しかも出掛けに公式サイト掲載の運転時間を確認したところ、今回は上下1往復で下りが南栗橋7時31分発なのに対して上りが東武日光17時55分発とのことで、必然的に下り狙いとなりました。

 栗橋には6時半頃到着と以前よりも1時間以上早い時間。やってくるまでちょうど1時間ほどありましたが、今回はこれまで足を向けていなかった新古河との区間で狙うことにしました。適当にブラブラ歩きながら住宅街が切れたあたりにある踏切付近で待機。徐々に明るくなる中、1800系使用の臨時快速がほぼ定刻にやってまいりました。逆光になってしまいましたが、今季の運転も画像に収めることができました。

東武1800系@栗橋'17.11.11
今季も何とか1800系の臨時快速列車を撮影できましたhappy01

 この後は一気に都内へ移動。この日行われたイベントを訪ねてまいりましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.02

【11/9】横濱中華街旅グルメきっぷで楽しむ中華街ランチ

 11月9日ですが、「横濱中華街旅グルメきっぷ」を利用してランチを楽しんできました。以前一度利用したことがありますが(その時の記事はこちら)、今回は目黒駅できっぷを入手。武蔵小杉で東横線に乗り換えて終点元町・中華街駅に降り立ちました。きっぷを購入した際に渡される「旅のしおり」には対象の店舗が掲載されておりますが、今回は飲茶が食べ放題となる「招福門本店」に入店。いろいろと頂いてまいりましたhappy01

飲茶@招福門本店'17.11.9
中華街で飲茶のランチを楽しむ

 この後は東横線沿線を乗り歩き。横濱中華街旅グルメきっぷは東急線内およびみなとみらい線が1日乗り放題となっておりますが、特段あてはなく綱島で途中下車することにしました。例によって鶴見川の土手で撮影タイム。すると、渋谷寄りから緑一色に塗装された「青ガエル」が元町・中華街方面へ走り去っていきました。東横線開業90周年を記念して昨年9月から運行を開始しましたが、しばし待って折り返しをお迎えいたしました。

東急5000系@綱島'17.11.9
綱島で東横線開業90周年記念ラッピング車両と対面

 この後新丸子で下車。この日唯一の風景印を入手した後、再び東横線に乗り込んで自由が丘までやってきました。時刻は15時半近く。日もだいぶ傾き始めてきつつあり、改めて日の長さが短くなりつつあることを実感したところでした。結局一駅先の都立大学駅まで歩いてここから再び乗車。渋谷でヒカリエの上階から地下鉄開通90周年のヘッドマークを付けた1000系を撮影して帰ってきました。

川崎新丸子局風景印'17.11.9

東京メトロ1000系@渋谷'17.11.9
(2枚とも)渋谷で地下鉄開通90周年記念ヘッドマーク付き列車を撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.01

【1/1】新年あけましておめでとうございます

寝台特急あけぼの@青森'10.12
「津軽海峡冬景色」の風景も今は昔・・・

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。2017年は全国鉄道むすめ巡りで西へ東へ奔走した1年となりましたが、今年は新線開業も見当たらないので比較的穏やかな(?)年になりそうな印象があります。とは言えあちこち出かける機会も多いかと思いますが、今日は1日自宅で大人しく過ごした後、明日は定例の場所へお出かけする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ