« 【7/3】相鉄沿線を訪ねるその5~相鉄の新鋭、20000系を追う | トップページ | 【7/8】京急120年の歩み号に乗る »

2018.09.20

【7/7】新しくなった鉄道博物館を訪ねる

 七夕の7月7日ですが、地元で1日のんびり過ごしてまいりました。土曜日ということで、昼間は恒例の配6794レをお迎えすることに。この日はタンク車メインの短い編成でしたが、EF65の国鉄色である2070号機が牽引しておりました。最近貨物色から国鉄色へ塗装変更されるEF65を見かけるようになりましたが、この2070号機は塗装が施されて間もない様子で、車体がピカピカでしたhappy01

EF65-2070@宮原'18.7.7
この日の配6794レはピカピカの国鉄色

 一旦自宅に戻り、夕方再びお出かけ。リニューアルオープンした鉄道博物館を見てまいりました。さっそく南側の新館へ向かうと、1階に展示されているE5系と400系の先頭車がお出迎え。E5系はモックアップですが、400系は実際に山形新幹線を走っていた実物の車両で、鉄道博物館へ搬入後しばらく屋外に置かれていた様子を目にしたことがありました。両者とも新しい車両で、こうした車両が博物館の展示対象となる時代ですね。

400系&E5系@鉄道博物館'18.7.7-1
新館1階に展示されている400系とE5系と初対面

 エスカレーターで上の階へ移動。先程見たE5系と400系の姿を上から見ることができますが、「歴史ステーション」と呼ばれる3階には1872年に日本で初めて鉄道が開業して以来の歴史について紹介されています。これまでのヒストリーゾーンの拡大版といったところですが、国鉄末期にみどりの窓口で使用されていたマルス端末やスタンプ台といった自分にとって親しみのある展示もありました。

400系&E5系@鉄道博物館'18.7.7-2

マルス端末@鉄道博物館'18.7.7

わたしの旅スタンプ台@鉄道博物館'18.7.7
(3枚とも)「歴史ステーション」に展示されている懐かしい品々を拝見

 4階は「ビューレストラン」と呼ばれるレストランがあり、ここで軽く休憩。さらに同じフロアには「トレインテラス」と呼ばれる展望スペースがあったので周辺の景色を見てまいりましたが、西側を行き来する新幹線は一部しか視界が開けていないのがちょっと残念なところですかね。しかし鉄道博物館の周辺や地上に展示されているE1系を一望することができ、天気のいい日にのんびり過ごしてみたいですね。

E1系@鉄道博物館'18.7.7
トレインテラスから見た周辺の景色

 入館料が1,300円に値上げされたことについては些か頂けないところですが、この日はオープンして間もないこともあって普段よりも混雑しており、落ち着いた頃に再訪したいところですね。

|

« 【7/3】相鉄沿線を訪ねるその5~相鉄の新鋭、20000系を追う | トップページ | 【7/8】京急120年の歩み号に乗る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/67189288

この記事へのトラックバック一覧です: 【7/7】新しくなった鉄道博物館を訪ねる:

« 【7/3】相鉄沿線を訪ねるその5~相鉄の新鋭、20000系を追う | トップページ | 【7/8】京急120年の歩み号に乗る »