« 2018夏東北旅その1~18きっぷで北へ | トップページ | 2018夏東北旅その3~ヨーデル号で弘前までショートカット »

2018.10.04

2018夏東北旅その2~仙台から盛岡へ

 2018夏の東北旅の続き。仙台14時35分発小牛田行きに乗り込み、18きっぷの旅を再開します。途中、松島の海岸線を車窓に見ながら終点小牛田駅に到着。ここで15分の待ち時間で一ノ関行きに乗り換えます。ホームで待っていると、2両編成の701系が到着。90年代初頭に客車列車の置き換えとして登場した当時、汽車旅をする者にとっては旅情に乏しい印象が否めませんでしたが、登場してすでに20年以上が経過しすっかり東北の顔となりました。

クハ700-1507@小牛田'18.7.27
東北地方を走り続けて20年以上が経過し、今もなお走り続ける701系に乗車

 その一ノ関行きですが、途中石越駅に停車しました。ここ石越は2007年4月に廃止されたくりはら田園鉄道の始発駅で、自身も乗車する度に何度かこの駅を利用しましたが、車窓から見る限りでは駅前にあった駅舎は跡形もなくなり、広く開いたスペースがそれらしき痕跡を残している程度でした。年季の入った駅舎や車両など、現役当時の風景が今も記憶に残っている路線なので、現在どうなっているのか気になるところですね。

石越駅舎'95.8
在りし日のくりはら田園鉄道石越駅

 この後一ノ関駅で盛岡行きに乗り換え。ホームには紫色の帯を纏った701系が停まっておりました。時刻は16時過ぎ。車内は部活帰りの高校生の一団が乗り込んでなかなか賑やかなりましたがcoldsweats01、花巻あたりまででほとんどの生徒が降りてしまいました。17時を過ぎ、盛岡に近づくに連れて今度は通勤帰りの客で車内は再び混雑し始め、日が傾きかけた18時4分に終点の盛岡駅に到着しました。

クモハ701-1008@一ノ関'18.7.27
一ノ関から乗車した紫色帯の701系

 18きっぷの旅はここでおしまい。しかしこの日の宿がある地まではまだ北へ移動しなければなりませんでしたが、この続きは後ほど(続く)。

|

« 2018夏東北旅その1~18きっぷで北へ | トップページ | 2018夏東北旅その3~ヨーデル号で弘前までショートカット »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/67239512

この記事へのトラックバック一覧です: 2018夏東北旅その2~仙台から盛岡へ:

« 2018夏東北旅その1~18きっぷで北へ | トップページ | 2018夏東北旅その3~ヨーデル号で弘前までショートカット »