« 大井川鐡道1泊1日旅リベンジその5~静岡駅へ向かう | トップページ | 大井川鐡道1泊1日旅リベンジその7~あちこち寄り道 »

2018.11.02

大井川鐡道1泊1日旅リベンジその6~久々の静岡鉄道を訪ねる

 大井川鐡道1泊1日旅リベンジ編。ランチを済ませた後、静岡駅から歩いて静岡鉄道の新静岡駅へやってまいりました。帰るにはまだ早かったので、この後は久しぶりに静岡鉄道に乗車することに。静岡鉄道と言えば長いこと1000形1形式による運行が続いていましたが、2016年にようやく新型車両A-3000形が投入され、徐々に置き換えが進んでおります。その新静岡駅の待合室を覗くと、A-3000形の模型が展示されていました。

ShizuokaRainbowTrain模型@新静岡'18.8.18
静岡鉄道の新しい顔、A-3000形の模型

 さっそく停車中の新清水行きの列車に乗り込み、この先の春日町駅で下車することに。特段どこで降りるかは決めていませんでしたが、ここ春日町駅は2014年5月、静岡ホビーショーの帰りに立ち寄ったことがある駅でした。駅近くの線路脇で行き交う列車を観察していると、新清水方面からA-3000形が接近。車両ごとにカラーが異なるあたり、京王井の頭線やニューシャトルを思わせますね。

静岡鉄道A-3000形@春日町'18.8.18
春日町駅近くで出会った新型車両A-3000形

 引き続き列車を待っていたら、今度は漫画「ちびまる子ちゃん」のキャラクターがラッピングされた1000形が接近。沿線の新清水駅周辺は漫画の舞台となった地で、1990年に放映が開始されたテレビアニメは今も放映され、国内外で人気を保っております。この後、再び列車に乗って草薙駅へ向かうことにしますが、新車かラッピング車両か迷った末、ラッピング車両に乗ることにしました。

静岡鉄道1000形@春日町'18.8.18
後続でやってきた漫画「ちびまる子ちゃん」のラッピング車両

 ホームに入り、新静岡駅で折り返してきたちびまる子ちゃんのラッピング車両に乗車。 車内に乗り込むと、つり革やドア部分に登場キャラクターのイラストがデザインされていました。ところで漫画「ちびまる子ちゃん」の作者であるさくらももこ氏ですが、急逝のニュースが今回乗車の直後に飛び込んでまいりました。正直自分も驚きを隠せないところで、今回は偶然のタイミングとなりました。

ちびまる子ちゃんイラスト@1000形車内'18.8.18
車内もちびまる子ちゃんが満載happy01

 そのちびまる子ちゃんのラッピング車両に揺られて草薙駅に到着。この後、新清水駅からの折り返しを見送ってから、東海道本線草薙駅へ向かいました(続く)。

静岡鉄道1000形@草薙'18.8.18
草薙駅近くでお見送り~ちびまる子ちゃんのラッピング車両

 (追記) この場を借りて、作者であるさくらももこ氏のご冥福をお祈り致します。

|

« 大井川鐡道1泊1日旅リベンジその5~静岡駅へ向かう | トップページ | 大井川鐡道1泊1日旅リベンジその7~あちこち寄り道 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/67339378

この記事へのトラックバック一覧です: 大井川鐡道1泊1日旅リベンジその6~久々の静岡鉄道を訪ねる:

« 大井川鐡道1泊1日旅リベンジその5~静岡駅へ向かう | トップページ | 大井川鐡道1泊1日旅リベンジその7~あちこち寄り道 »