« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019.05.31

静岡1泊2日の旅その5~往路はSL列車に乗る

 静岡12日の旅の続き。千頭駅で1時間半ほど滞在した後、1453分発のSL列車に乗って折り返すことにします。駅構内ではちょうどC56が新金谷へ向けて方向転換を行っている最中で様子を見ていると、千頭寄りの先頭に連結されていた客車に大井川鐡道の鉄道むすめ、井川ちしろのヘッドマークが付いていることを確認。この後すぐに補機の電気機関車が連結してしまったため、ほんの一瞬のご対面と相成りました。

33  

ほんの一時だけの対面となった井川ちしろのヘッドマーク

 少し早目に指定された車両に乗車。乗り込んだのは一番前の客車でしたが、年代物の旧型客車が平成の世の中まで残っていることに正直驚きを感じるところでしたね。そんなことを思いつつ過ごしていると徐々に乗客も乗り込み、ボックス席はそこそこ埋まるほど。こうして1453分、C56の汽笛が高らかに鳴るとSL列車は千頭駅をゆっくり後に致しました。

C5644_2

C5644_1

42 (3枚とも)レトロな旧型客車に乗り込み、千頭を出発 

 SL列車は2月の川根路をゆっくりと新金谷へ向けて進んでおりましたが、JRでは今やすっかり衰退してしまった車内販売のワゴンが通路を行ったり来たりしていて、その中に鉄道むすめグッズもあったので散財すると、おまけに缶バッヂを頂きました。実はこちらがお目当てで今回SL列車に乗車したところで、引き続き車内ではハーモニカの演奏が行われるなど、SL列車の旅を堪能いたしました。

20190531_183927  SL列車の車内で手に入れた鉄道むすめグッズ(缶バッジはおまけ)

 こうして169分、SL列車は終点新金谷駅に到着。10分の待ち時間で隣のホームに停車中の元近鉄16000系に乗り込み、金谷駅へ向かいました(続く)。

Photo_42  新金谷駅で出迎えてくれました~ちしろ&かなか

| | コメント (0)

2019.05.30

静岡1泊2日の旅その4~大井川鐡道を訪ねる

 静岡12日の旅の続き。再び東海道本線に揺られて金谷駅にやってきました。この後大井川鐡道沿線を乗り歩くことにしますが、ここからは乗り込まず一つ先の新金谷駅へ向かうことに。15分ほど歩いて辿りつき駅構内を探していたところ、SLに牽引される客車に期間限定で大井川鐡道の鉄道むすめ、家山かなかがデザインされたヘッドマークが付いておりました。しかしこちらはあいにくこの日の運用はなし。遠目でのご挨拶となりました。

35 新金谷駅構内に佇んでいた家山かなかのヘッドマーク付き客車

  ホームで119分発千頭行きの列車を待っていると、金谷方面から元南海ズームカーの21000系が到着。こちらに乗り込み、新金谷駅を後にしました。これまで大井川鐡道を訪れると元近鉄16000系に当たることが多く、状況によってはこちらばかり乗るということもありましたが、グリーンの丸っこい顔つきをしたズームカーの車内は昭和の香りを感じさせてくれますね。

21001 新金谷駅ホームの狸に迎えられた元南海ズームカー

 そのズームカーに揺られて千頭方面へと向かいますが、このまままっすぐ向かわずにどこかで途中下車しようと考えた末、以前降りたことのある地名駅で下車することに。年代物の木造駅舎が残る小さい駅で、ここでこの後にやってくるSL列車を待つことにしました。茶畑が見える周辺の風景を眺めながら待つことしばし、金谷方面からSL列車が接近。この日はC5644による運転でした。

Photo_41

C5644

E10

(3枚とも)地名駅でSL列車をお見送り

 こうして13時ちょうど発の千頭行きに乗車し、地名駅を出発。今度やってきたのは元近鉄車の16000系で、こちらに揺られて終点千頭駅へ向かいました(続く)。

16002 元近鉄16000系で千頭駅に到着

| | コメント (0)

2019.05.27

静岡1泊2日の旅その3~静岡鉄道に寄り道する

 静岡12日の旅の続き。清水駅で途中下車し、ここで一旦東海道本線から離れることにします。向かったのは、歩いて10分ほどのところを流れる巴川の土手。目の前には東海道本線と並行して静岡鉄道の鉄橋が掛かっており、ここで鉄橋を渡る静岡鉄道の電車を撮影することにします。待つことしばし、新静岡方面からアニメ「ちびまる子ちゃん」のラッピング車両が鉄橋に差し掛かりました。

1000_1  巴川の鉄橋を渡るちびまる子ちゃんのラッピング車両

 川べりから新清水駅までは歩いても目と鼻の先。足早に駅へ向かうと、停車中のちびまる子ちゃんのラッピング車両に乗り込みました。こちらは昨年8月にも乗車しておりますが、旅から帰ってきた直後に原作者のさくらももこ氏が急逝するというニュースが報じられ、驚いたことを思い出しました。そんなことを思い出しつつ今回も草薙駅で下車。ラッピング車両をお見送りしました。

Photo_40

Photo_39

1000_2 (3枚とも)ちびまる子ちゃんのラッピング車両に乗って草薙へ

 結局今回も新型A-3000形には乗車できず。こちらは次回のお楽しみということにして、再び東海道本線の旅へと戻ることにします(続く)。

| | コメント (0)

2019.05.26

静岡1泊2日の旅その2~御殿場線直通2745Mに乗る

 静岡12日の旅の続き。熱海駅から東海道本線に乗り込み、一路静岡方面へと向かいます。乗り込んだのが沼津止まりだったことから終点で乗り換えることになりましたが、沼津駅で乗り換えたのは御殿場線からやってきた静岡行きの列車の2745Mでした。御殿場線の時刻表を見ると、静岡方面へ向かう直通列車が存在していることがわかりますが、乗り込んだのも313系の3000番台という普段は御殿場線などで活躍する車両でした。

3133102  御殿場線からやってきた直通静岡行きの列車に乗って清水駅に到着

 こちらに揺られて清水駅で下車。ここで一旦東海道本線を離れることになりますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.05.25

静岡1泊2日の旅その1~新幹線で熱海へ

 224日から25日にかけて静岡県内を旅してまいりましたが、初日の24日は大井川鐡道沿線を訪ねることに。スタートは東京駅から東海道新幹線を利用することになりました。乗り込んだのは、633分発のこだま631号。日帰りだと休日おでかけパスを利用することが多いことから在来線でのんびり向かうところですが、今回は宿泊を伴うことや大井川鐡道沿線を訪ねることもあり、新幹線を利用することになった次第でした。

7842039  2週間前と同じ時間の列車で東京駅を出発

 こだま631号は716分、熱海駅に到着。改札を抜けると、そのまますぐ脇にあるJR東海の窓口へと向かいました。ここで、これから使用する「休日乗り放題きっぷ」を入手しましたが、過去に何度か利用したことのあるきっぷで、東海道本線のフリー区間が熱海から豊橋までとかなり広範囲になっていることから、青春18きっぷが利用できる期間以外の時期には重宝するきっぷとなっております。

20190525_183548  熱海駅で入手した「休日乗り放題きっぷ」

 無事に休日乗り放題きっぷを入手してさっそく在来線ホームへ向かうと、地下の通路に何とも懐かしい画像を使用したポスターが貼ってあるのが目に留まりました。間近で見てみると「あまぎ」や「伊豆」、そして現在運行中の「踊り子」といった首都圏と伊豆方面を結んだ歴代の列車の写真が載っておりましたが、どうしてもこうしたポスターはじっくり見てしまうもので、JR東日本もなかなか粋なポスターを作ったものですね。

Photo_38  熱海駅で見かけた昔懐かしい列車のポスター

 こうして東海道本線の列車に乗って熱海駅を出発。一路西へと向かいますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.05.24

【2/23】これで最後、幸谷なのはのヘッドマーク付き列車と出会う~流鉄

 昨年11月から4か月の予定で運転された流鉄の鉄道むすめ、幸谷なのはのヘッドマーク付き列車が2月末で運転が終わることから、2月最後の週末に流鉄沿線へ出向くことに。動いているかどうかが現地へ行くまでわからなかったので心配でしたが、幸いにも動いておりました。ちなみに相方で動いていたのは「あかぎ」。いつものように小金城趾駅で両方の列車が交換しておりました。

5000_8  この日も運転~幸谷なのはのヘッドマーク付き列車

 最後に馬橋駅まで乗車。ホーム上のなのはさんの等身大パネルを入れて撮影してまいりました。

5000_9  なのはさんの等身大パネルを入れて・・・

| | コメント (0)

2019.05.23

【2/20・22】2本の埼玉新都市交通1050系に出会う

1050190220

1050190222

 ここ2日間続くニューシャトルネタ。今回もその続きで紹介したいと思います。220日と22日の朝にそれぞれ2本の1050系と対面。20日は51編成と、22日は50編成に出会いましたが、これら2編成はその後52編成と53編成に行われた塗装変更を行っておりません。特に50編成については昨年11月に開催された丸山車両基地公開の際、2月の引退が発表されているものの、その後特に目立った動きがなく、些か気になるところです。

| | コメント (0)

2019.05.22

【2/19】営業運転を開始した埼玉新都市交通2020系24編成に乗る

2020190219

 前の記事の続きですが、午後に再びニューシャトル沿線へ出向いたところ、前日18日に営業運転を開始した202024編成が動いておりました。4本目となる24編成は帯のカラーが黄色。ところがこれまでの3本の2020系には付いているニューシャトルの鉄道むすめ、丸山はやみのヘッドマークは取り付けられておりませんでした。とは言え昨年2月にデビューして以来1年が経過したものの、今だヘッドマークはそのままとなっています。

| | コメント (0)

2019.05.21

【2/19】埼玉新都市交通1050系52編成と出会う

1050190219

 今年218日より、埼玉新都市交通2020系の4本目となる24編成が運行開始し、翌19日に様子を見ようと沿線へ出向いてまいりました。あいにく朝は目にすることが出来ませんでしたが、代わりに105052編成がやってまいりました。こちらは200系新幹線の塗装に併せて2013年に塗装変更され、200系引退後もそのままのカラーで運行を続けてまいりました。その後、3月から4月にかけて白地の塗装に変更となりました。

| | コメント (0)

2019.05.20

【2/16】EF65が展示された鉄道博物館を訪ねる

 鉄道博物館で昨年1020日から今年の224日まで、「貨物ステーション~カモツのヒ・ミ・ツ」と題した企画展が開催されましたが、それに連動して215日から18日までの4日間、EF65が館内で展示されるとのことで、16日に足を運んでまいりました。館内に入りさっそく本館南側の屋外へ。展示されたのは、原色に塗装されたEF652081号機でした。時間中はヘッドマークの付け替えも行われ、往年の姿が蘇りました。

Ef652081_1

Ef652081

Ef65208114  (3枚とも)鉄道博物館で展示されたEF65の2081号機

| | コメント (0)

2019.05.19

【2/16】快速十日町雪まつり号を狙うも・・・

6531902161  

 例年2月中旬に大宮と新潟県の十日町とを結ぶ「快速十日町雪まつり号」。ここ数年は運行日に別の用事が入ってしまいなかなかお目にかかることが出来ませんでしたが、今年は特段出かける用事がなかったことから地元で狙ってみることにしました。ところが上りの貨物列車に被られてしまい残念な結果に。そこで大宮駅への送り込みでやってきたところを紹介したいと思います。

| | コメント (0)

2019.05.18

【2/11】カナヘイの小動物 ゆるっと小旅 西武鉄道で行く川越旅号と出会う

 昨年暮れから西武新宿線でラッピングを施したレッドアローが運転されているとのことで2月の連休の最終日に本川越駅近くで初めてお目にかかりました。ウサギと小鳥をモチーフにした小動物が登場する「カナヘイの小動物」は日本と台湾で人気のあるキャラクターだそうですが、実は今回の西武鉄道とのコラボが実現するまで存在を全く知りませんでした。

10000_3  西武新宿線を走る「カナヘイの小動物 ゆるっと小旅 西武鉄道で行く川越旅号」

| | コメント (0)

2019.05.17

【2/10】バレンタイン企画のいずっぱこ沿線を訪ねるその7~旅の終わりは「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバス

 前の記事の続き。三島駅から東海道本線に乗り込み、次の沼津駅にやってまいりました。いつもだったら上野東京ラインでまっすぐ帰るところですが、今回は少し変化を付けるべく高速バスを利用することに。出発まで時間があったので、沼津駅近くの仲見世商店街へ行ってみました。ここはアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するキャラクターのマンホールがあり、ファンと思しき一団が周辺に集まっておりました。

Photo_35  仲見世商店街内で見かけたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のマンホール

 そろそろ出発の時間が近くなってきたのでバス乗り場へ移動することに。1550分発の東京駅行き富士急シティバスに乗り込みます。このバスはアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するキャラクターのラッピングバスを使用しておりますが、公式サイトを見ると東京行きはこの便に限定して使用されていることがわかります。それにしても、沼津駅周辺で過ごしていると、頻繁にラッピングバスと出会うようになりましたね。

Photo_36  東京駅行き富士急シティバスで沼津を出発

 こうしてバスは定刻1550分に沼津駅南口を出発。駅周辺の道路は土休日とあって混んでいて、ゆっくり進みながら反対側の北口でも乗客を拾い、一路東京方面へと向かいます。途中、足柄サービスエリアで休憩がありましたが、時刻はすでに15時を過ぎているものの、2月のこの時期だとまだまだ日が短く、外はだいぶ暗くなってまいりました。

Photo_37

ラッピングバスの最後部も賑やか

 すっかり暗くなった東京都内へと入り、無事終点の東京駅日本橋口に到着。このバスについてはこの後もちょくちょく利用しており、その様子は改めて報告したいと思います。

| | コメント (0)

2019.05.16

【2/10】バレンタイン企画のいずっぱこ沿線を訪ねるその6~佐野美術館に立ち寄る

 前の記事の続き。修善寺駅で行われていたバレンタイン企画のイベントを見てまいりましたが、そろそろ三島方面へ戻る時間となりました。その前にもう一つ見ておきたいものがあったのでホームで過ごしていると、まず「Over the Rainbow号」7502編成が到着。続いて”HPT“が到着し、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の2本のラッピング車両が修善寺駅構内で並びました。

30007000_2  修善寺駅で並んだ2本のラッピング車両

 この後、Over the Rainbow号に乗り込んで修善寺駅を出発。三島田町駅に降り立ちました。ここで下車したのは、駅から歩いて5分ほどのところにある佐野美術館を訪ねるためでしたが、朝方乗車したゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のヘッドマーク付き列車運行に併せて刀剣に関する企画展が開催されているとのことで訪ねることに。美術館の存在は以前から知っていたもののここを訪れるのは実は初めてで、企画展の性格からか、若い女性の姿を多く見かけました。

Photo_33

Photo_34

3000_12  

(3枚とも)三島田町駅近くにある佐野美術館を初めて訪ねる

 三島田町駅に戻ると、次の三島方面行きの列車が東京行きの特急踊り子110号だったことから、三島駅まで一区間だけ揺られることに。三島駅到着後、東海道本線の下り列車に乗り換えて沼津へと向かいますが、続きは後ほど(続く)。

18512 一区間だけ踊り子号に乗車

| | コメント (0)

2019.05.14

【2/10】バレンタイン企画のいずっぱこ沿線を訪ねるその5~修善寺駅にやってきた2機の電気機関車

   前の記事の続き。再び修善寺駅へ戻ると、先ほどお迎えした2機の電気機関車が駅構内を行き来しておりました。この後2機の機関車の連結作業が行われますが、ホームにはその様子を見ようと多くの人だかりが出来ておりました。さっそくこちらもその輪に加わるべく改札を抜けてホームへ向かうことに。2機の機関車にはそれぞれ特製のハート型のヘッドマークが取り付けられておりました。

Ed33

Hm_5

Hm_6 (3枚とも)修善寺駅で連結された2機の電気機関車

  この後、2機の電気機関車は車庫のある大場へと戻っていくことになりましたが、出発する前にホーム上では女性運転士から男性運転士へ電気機関車の形をした特製のケーキが贈答され、多くの注目を集めておりました。本来ならこの後重連運転の様子を見たいところだったものの、あいにくその前に三島方面へ向かう予定となっていたため、今回は目にすることが出来ず。一足早く三島へと向かいました(続く)。

| | コメント (0)

2019.05.13

【2/10】バレンタイン企画のいずっぱこ沿線を訪ねるその4~電気機関車が本線を走る

 前の記事の続き。修善寺駅を離れ、大仁方面へ少し進んだところに広がる田園地帯へとやってまいりました。ここは昨年4月に訪れた際、菜の花をバックに様々な列車を撮影しておりますが、すでに菜の花が咲いていて見頃を迎えていました。ちょうどこの後バレンタイン企画で電気機関車が運転されることから、まずは行き交う列車をいろいろと撮影してまいりました。

300028  一足早く春が訪れたいずっぱこ沿線

 一足早い春を感じつつ待つことしばし、徐々に周りにはギャラリーの姿も増えてまいりました。そんな中、大仁方面からバレンタイン企画の主役である凸型の電気機関車が接近。昨年は2機の電気機関車を連結しての運転でしたが、今年は修善寺駅で連結作業が行われることからそれぞれ単機でやってまいりました。どちらもハート型のヘッドマークが取り付けられており、こちらは後ほど修善寺駅でお目にかかることになります。

Ed32 1機でやってきた凸型電気機関車「ED32」

 この後再び修善寺駅へ向かい、今度はホーム上から電気機関車を拝見することに。この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.05.12

【2/10】バレンタイン企画のいずっぱこ沿線を訪ねるその3~松浦果南バースデーヘッドマークを付けたHPTと出会う

 前の記事の続き。修善寺駅構内で引き続き列車を待つことにします。まずやってきたのは、「Over the Rainbow号」の70007502編成。アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」劇場版の公開を記念し、昨年末から営業運転を開始しました。この日のつい2週間前には伊豆箱根鉄道本社で“HPT”と並べた撮影会も催され、すっかり沿線に馴染んだ印象を受けますね。

7000_7  修善寺駅に到着した「Over the Rainbow号」

 引き続きホームで待っていると、“HPT”が到着。この日お目当ての一つで、アニメに登場するキャラクターの一人である松浦果南のバースデーヘッドマークが取り付けられておりました。こちらはちょうど1年前にも運転されており、目にするのはこれで2年連続となりましたが、昨年来からいずっぱこ沿線を訪れてバースデーヘッドマークを追ってこれで残すところ国木田花丸を残すのみとなりました。

300011_1

Hm_4

Photo_32  (3枚とも)続けて到着した松浦果南のバースデーヘッドマーク付きHPT

 この後改札を出て沿線へ。バレンタイン企画で運転された電気機関車をお迎えすることにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.05.11

【2/10】バレンタイン企画のいずっぱこ沿線を訪ねるその2~ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」ヘッドマーク付き列車に乗る

 前の記事の続き。三島駅から伊豆箱根鉄道沿線へと繰り出します。まずは窓口で1日乗車券の旅助けを入手。例によってアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」柄の券をチョイスしましたが、併せて松浦果南のバースデーヘッドマークをあしらったバッジがおまけに付いてきました。これでメンバー9人中8人目が揃い、残りは国木田花丸一人だけ。こちらは2月末からバースデーヘッドマークを付けて運転され、後日報告したいと思います。

20190511_183306  「ラブライブ!サンシャイン!!」柄の旅助けは松浦果南のバースデーヘッドマークをあしらったバッジ付き

 改札を抜けてホームに入ると軌道線カラーの3501Fが停まっており、こちらに乗り込み出発。すると、この先の三島田町駅で前月27日の車両撮影会の日に見かけたゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のヘッドマークを付けた3000系とそれ違いました。こちらは2月までの運行とのことで、次の三島二日町駅で下車して捕まえることに。待つことしばし、ヘッドマークを付けた3000系が三島からやってまいりました。

3000_10  ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のヘッドマークを付けた3000系に乗車

 こちらに乗り込み、三島二日町駅を出発。前月27日の時は大場駅のホームから見かけただけだったので車内の様子はうかがい知ることができませんでしたが、車内はゲームに登場するキャラクターがデザインされた吊り広告で埋め尽くされておりました。こちらに揺られて終点修善寺駅に到着。この後、車両基地のある大場まで回送列車として引き上げてしまいました。

Photo_31

Hm_3

3000_11  (3枚とも)車内はキャラクターのイラストで満載

 この後はここ修善寺でのんびり過ごすことに。続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.05.10

【2/10】バレンタイン企画のいずっぱこ沿線を訪ねるその1~たまには新幹線を利用する

 伊豆箱根鉄道で今年も210日にバレンタイン企画のイベントが催され、ちょうど駿豆線を走る “HPT”にアニメ「ラブライブサンシャイン」に登場するキャラクター、松浦果南のバースデーヘッドマークが今年も掲出されるとのことで訪ねてまいりました。いつもは在来線でのんびり行くところですが、今回は東京駅から東海道新幹線を利用。633分発こだま631号に乗り込みました。

7842067  たまには新幹線で早く・・・(笑)

  三島駅には724分に到着。東京駅を出発してから50分ほどでしたが、この時間はここまで通過列車がないことから余計早く感じましたね。さっそく伊豆箱根鉄道の乗り場へ向かい、いずっぱこ沿線へと繰り出します(続く)。

20190210_063118_1   朝食は久しぶりにこちら~東海道新幹線弁当

| | コメント (0)

2019.05.09

【2/8】西武の新型特急“Laview”と初めて対面する

 今年3月にデビューした西武の新型特急“Laview”。さっそく先日乗車してまいりましたが、その時の様子については後ほど紹介するとして、それに先駆けて今年2月に初めてその姿を見にいってまいりました。とは言え、西武沿線をブラブラした際、少し時間が空いたことからついでに小手指車両基地まで足を延ばし、その際車両基地内に止まっているところを拝見。実車はこれまでの車両にはない独特な雰囲気を感じさせますね。

0012000  小手指車両基地の外側から新型特急”Laview”と初対面

 Laviewについては今後増備を続け、今年度中には池袋線および秩父線で運行中のレッドアローを置き換える予定とのこと。ちなみにこの日はレッドアロークラシックが運用に入っておりました。

10000_2  

この日はレッドアロークラシックも運行

| | コメント (0)

2019.05.08

【2/3】2月はさくらに掲出、幸谷なのはのヘッドマーク付き列車~流鉄

 昨年11月より運行の流鉄の鉄道むすめ、幸谷なのはのヘッドマーク付き列車も2月末までの運行とのことで、最後の月となった2月は昨年8月から運行を開始した「さくら」に掲出されて運転されました。まずは運用を確かめるべく幸谷駅近くで待機。さっそく馬橋方面から1月にヘッドマークが掲出された「流星」がやってきました。その後すぐに流山方面から列車が接近。こちらはお目当てのさくらが運用に就いておりました。

5000_6  

最後の月となった2月は「さくら」に掲出された幸谷なのはのヘッドマーク

 これでお目当てのさくらが動いていることが確認できたことから幸谷駅へ移動。馬橋から折り返してきたさくらに乗り込みました。その後は流鉄沿線でさくらを追いながらのんびり過ごしてまいりましたが、11月から運転された幸谷なのはのヘッドマーク付き列車も4本の列車に掲出され、いずれも目にすることが出来ました。

5000_7

5001

Hm_2  (3枚とも)小春日和の流鉄沿線でさくらを追う

| | コメント (0)

2019.05.07

【2/2】久々にヨコハマ鉄道模型フェスタを訪問する

 例年2月に開催されるヨコハマ鉄道模型フェスタ。今年は鉄道むすめ関連のグッズが販売されるとのことで久しぶりに足を運んでまいりました。東急東横線に乗り込み、途中の多摩川駅で下車。冬場の時期、駅近くにある多摩川浅間神社から富士山を望むことが出来ることから久しぶりに足を運んできました。定番の車両に混じって西武40000系を使用したS-trainが多摩川を通過。こちらを東急線内で目にしたのはこれが初めてでした。

40000  富士山をバックに横浜方面へ向かうS-train

 多摩川駅に戻り、再び東急東横線に乗車。横浜、そしてみなとみらいを越えて終点の元町・中華街駅に降り立ちました。ちょうど昼時だったことから中華街でランチタイム。この時期は春節ということで観光客など多くの人で賑わっておりましたが、こちらは特段あてもなく適当に入れそうな店に入ってランチタイム。やはり横浜と言えば中華街でのランチが定番ですね。

Photo_28

20190202_114555  (2枚とも)ランチは定番の横浜中華街

 元町・中華街駅に戻って列車に乗り込み、今度はみなとみらい駅で下車。ヨコハマ鉄道模型フェスタの会場へ向かいます。ここを訪れるのも久し振りでしたが、会場内は多くの人で賑わっており、さっそく鉄道むすめグッズを販売しているJR西日本のブースへ。2人の鉄道むすめ、黒潮しららと城崎このりのグッズを入手してきました。しららさんについては今回の全国鉄道むすめ巡りにも参加。近いうちに白浜へスタンプを押しに行く予定です。

Photo_29

Photo_30

20190507_184716  (3枚とも)久々のヨコハマ鉄道模型フェスタを訪問

 この後は東急東横線沿線をブラブラ。いろいろネタ探ししてきました。

7000_6

Y500

5000_5 (3枚とも)帰りは東横線沿線をブラブラ

| | コメント (0)

2019.05.06

【1/29】残り1本となった東武宇都宮線8000系と出会う

 日比谷線直通で使用されていた東武20000系を改造。20400系として昨年9月から運用を開始しましたが、その後本数を増やして今年1月現在で8000系が残り1本となりました。そこで、久しぶりに様子を見てこようと東武宇都宮線沿線へ向かうことに。栃木駅に到着すると、昨年9月に訪れた際に見かけた時刻表を発見。いろんな意味で重宝する時刻表ですね。

3  

栃木駅で掲示されている東武宇都宮線の時刻表はいろんな意味(?)で重宝

 その時刻表によれば、時刻に〇印が付いているのがボタン開閉式ドアの付いた車両、つまり20400系使用の列車で、〇印が付いていない時刻が8000系使用の列車であることがわかりますが、1344分発の東武宇都宮行きに〇印がなくどうやら8000系の運用がある様子。それまで時間があることから先行列車に乗り込むことにしますが、停まっていたのは宇都宮市を本拠地とするプロバスケットチーム「栃木ブレックス」のラッピング車両でした。

21411  プロバスケットボールチーム「栃木ブレックス」のラッピング車両に乗車

 栃木ブレックスのラッピング車両に揺られ東武宇都宮線沿線へ。ちょうど8000系が栃木方面へ向けて運行していることからどこか下車して待つことにしましたが、定番となっている壬生駅で下車し、東雲公園近くの黒川に掛かる橋梁付近で待つことにしました。待つことしばし、東武宇都宮方面から8000系が接近。これまで8000系オンリーの路線に20400系が入線し、いよいよ8000系が活躍する姿も残りわずかとなってきました。

8000_2  残り1本となった東武宇都宮線の8000系

 引き続き黒川付近でのんびり過ごした後、壬生駅から再び東武宇都宮線に乗って来た道を折り返し。今度は新栃木駅で下車しました。まだ日が高く、帰るには早い時間だったので、駅近くで東武宇都宮線の列車をいろいろ撮ってまいりました。

20400_1

20400

8000_3  (3枚とも)東武宇都宮線沿線でのんびり過ごす

| | コメント (0)

2019.05.05

【1/27】アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台を訪ねる

 前の記事の続き。大場駅から伊豆箱根鉄道に揺られ伊豆長岡駅に降り立ちました。この日はここでいずっぱこ沿線から離脱。伊豆箱根バスに乗り込み、伊豆三津シーパラダイスへ向かいます。事前に大場駅で伊豆箱根鉄道とバスの片道券と伊豆三津シーパラダイスの入館券がセットになった「シーパラセット券」なるものを入手。通常の入館券とほぼ同額で伊豆箱根鉄道とバスに乗ることが出来るのでお得です。

Photo_23  伊豆長岡駅の出入り口で見かけたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」映画公開の横断幕

 伊豆箱根バスに揺られ、終点の伊豆三津シーパラダイスに到着。一昨年9月に訪れた時は入館せずそのままバスで伊豆長岡へ戻ってしまいましたが、さっそく館内へ入るとアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のキャラクターが至る所で見ることが出来ました。ここ伊豆三津シーパラダイスはアニメの中で登場しており、アニメファンも訪れているようですね。

Photo_24

18

Photo_25  (3枚とも)伊豆三津シーパラダイスを見学

 イルカのショーを見て伊豆三津シーパラダイスから退館。この後はバスで沼津へ向かいますが、時間があったので周囲をブラブラ散策することにしました。海岸線に沿ってしばらく進むと内浦湾の後ろに富士山を見ることが出来、絶好の景色を堪能。この付近一帯もアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の中に登場しており、この日も多くのアニメファンの姿を見かけました。

Photo_26  長浜城址から内浦湾を見る

 長浜城跡から内浦湾の景色を見た後、近くのバス停から沼津行きのバスに乗車。やってきたのはアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバスで、これまで伊豆箱根バスのラッピングバスは乗車したことがあったものの、東海バスはこれが初めてとなりました。途中、こちらもアニメの舞台となった淡島の近くを通過。40分ほど揺られて終点の沼津駅に到着しました。

Photo_27 ラッピングバスに揺られて沼津駅に到着

 この後、東海道本線に乗り込み、のんびり揺られて帰ってきました。

| | コメント (0)

2019.05.04

【1/27】この日のいずっぱこ沿線~伊豆箱根鉄道

 前の記事の続き。ラッピング車両撮影会が行われていた伊豆箱根鉄道本社を離れ、この後少しだけ沿線で撮影タイム。大場と三島二日町との間にある定番の踏切にやってきました。すでに多くのギャラリーがカメラを構えて待っておりましたが、この日はラッピング車両の運行がなかったものの、朝から好天に恵まれたことから富士山の姿をくっきり見ることが出来ました。

1300  富士山をバックに走るイエローパラダイストレイン

 大場駅に戻り、伊豆箱根鉄道に乗車。ホームで修善寺方面行きの列車を待っていると、反対側のホームにゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のヘッドマークを付けた3000系がやってまいりました。こちらは三島田町駅最寄りの佐野美術館で開催された刀剣に関する企画展に併せての運行でしたが、後日再訪の折に乗車しており、その時の様子については後ほど紹介いたします。

3000_9  大場駅に到着したゲーム「刀剣乱舞―ONLINEー」のヘッドマーク付き3000系

 こうして修善寺行きに乗り込み大場駅を出発。伊豆長岡駅に降り立ちました。これでこの日は伊豆箱根鉄道沿線から離れることになりましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.05.03

【1/27】「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピング車両撮影会を訪ねる~伊豆箱根鉄道

 伊豆箱根鉄道で現在運行中のアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピング車両の撮影会が127日に開催され、そちらを訪ねるべく東海道本線を西へと進むことに。途中、熱海駅から847分発沼津行きに乗り込みました。この列車、特急型車両の373系を使用しており、過去の何度か乗車しておりますが、短い区間ながら乗り得な列車の一つとなっております。

373  熱海から特急型車両で函南へ

 いつもであればそのまま三島駅まで乗車し、ここで旅助けを入手してから沿線へ繰り出しますが、この日は撮影会の後そのまま沿線を離れることから、函南駅から伊豆箱根バスに乗車。15分ほど揺られて終点大場駅に到着しました。そのまま撮影会場となる伊豆箱根鉄道の本社へ向かうと、すでに多くの人が列を作っており改めてアニメの人気が伺えるところ。まずはこの日先行発売の「Over the Rainbow号」の記念乗車券を入手いたしました。

20190503_195223  

先行発売された「Over the Rainbow号」の記念乗車券を入手

 無事に記念乗車券を手に入れ、この後はいよいよ本題のラッピング車両の撮影へ。この日は2本のラッピング車両、「Happy Party Train」と「Over the rainbow」の2本が展示され、すでに多くの人が列を作っておりました。それでも撮影者が退場するのと入れ替わりで入場することが出来、10分ほどの待ち時間で撮影会場へ。会場内はやや小高い丘があり、そこから撮影致しました。

30007000_1  2本のラッピング車両が並んだ撮影会場

 その他、会場ではアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」ゆかりのラッピングバスやタクシーも展示。それらを撮影し、会場を後に致しました(続く)。

7000_5

Photo_21

Photo_22

(3枚とも)撮影会場はラブライブ一色

| | コメント (0)

2019.05.02

【1/22】駅弁大会・相鉄・京急大師線

 122日はまず新宿へ。京王百貨店で開催されていた駅弁大会の会場にやってきました。今年はこれで3度目の訪問となり、これまでで一番多く足を運んだ年となりましたが、この日も平日とは言え多くの人で賑わっておりました。で、今回は山陰本線米子駅の「復刻版吾左衛門弁当」なるものを入手。米子駅を代表する駅弁の吾左衛門寿しを製造する米吾による販売で、この後ロマンスカーの車内で頂きました。

30056

20190122_113614

20190122_113636

 (3枚とも)京王百貨店の駅弁大会会場で入手した駅弁をロマンスカー車内で頂く

 相模大野駅から江ノ島線に揺られて大和駅に到着。ここから相鉄に乗り換え、二俣川駅にやってきました。ここを訪れたのはこの日オープンした鉄道グッズの店を訪ねるためで、海老名駅の改札前にあった店舗が移転した格好となりましたが、特に欲しいものがなかったためすぐに移動と相成りました。さすがにそのまま帰るのではつまらないので、隣の鶴ヶ峰駅まで歩いて行くことに。行き交う相鉄の列車を見ながら移動しました。

7000_4  二俣川から鶴ヶ峰まで歩いて移動

 鶴ヶ峰駅から相鉄に乗り込んで終点の横浜駅に到着。帰るにはまだ早い時間だったので、川崎へ向かい京急大師線沿線を訪ねてきました。1月中運行の干支ヘッドマーク付き列車の他、京急120年の歩み号も運転。昨年一度大師線を訪れたもののその時は運用に就いておらず、その後7月に再訪した際に乗車することができましたが、この日訪問のおよそ1か月後に運行を終了いたしました。

1500_3  運行終了が近い京急120年の歩み号と出会う

 これでこの日は終了。品川経由で帰ってきました。

| | コメント (0)

2019.05.01

【1/20】2日連続、成田山開運号を追う~京成

 120日は午前中用事があり、それが済んでからお出かけすることに。前日に続いて京成の成田山開運号を追うことにしました。これまではいずれも都内で撮影しておりましたが、今年こそは千葉県内まで出向こうと思い、一旦スカイライナーで空港第2ビル駅へ向かった後に京成で折り返し。大佐倉駅で下車することにしました。待つこと15時過ぎ、成田方面から成田山開運号がやってまいりました。

Ae_2  大佐倉駅近くで成田山開運号を撮る

 これで2019年の成田山開運号の撮影は終了。来年もあれば再訪したいですね。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »