« 【1/27】アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台を訪ねる | トップページ | 【2/2】久々にヨコハマ鉄道模型フェスタを訪問する »

2019.05.06

【1/29】残り1本となった東武宇都宮線8000系と出会う

 日比谷線直通で使用されていた東武20000系を改造。20400系として昨年9月から運用を開始しましたが、その後本数を増やして今年1月現在で8000系が残り1本となりました。そこで、久しぶりに様子を見てこようと東武宇都宮線沿線へ向かうことに。栃木駅に到着すると、昨年9月に訪れた際に見かけた時刻表を発見。いろんな意味で重宝する時刻表ですね。

3  

栃木駅で掲示されている東武宇都宮線の時刻表はいろんな意味(?)で重宝

 その時刻表によれば、時刻に〇印が付いているのがボタン開閉式ドアの付いた車両、つまり20400系使用の列車で、〇印が付いていない時刻が8000系使用の列車であることがわかりますが、1344分発の東武宇都宮行きに〇印がなくどうやら8000系の運用がある様子。それまで時間があることから先行列車に乗り込むことにしますが、停まっていたのは宇都宮市を本拠地とするプロバスケットチーム「栃木ブレックス」のラッピング車両でした。

21411  プロバスケットボールチーム「栃木ブレックス」のラッピング車両に乗車

 栃木ブレックスのラッピング車両に揺られ東武宇都宮線沿線へ。ちょうど8000系が栃木方面へ向けて運行していることからどこか下車して待つことにしましたが、定番となっている壬生駅で下車し、東雲公園近くの黒川に掛かる橋梁付近で待つことにしました。待つことしばし、東武宇都宮方面から8000系が接近。これまで8000系オンリーの路線に20400系が入線し、いよいよ8000系が活躍する姿も残りわずかとなってきました。

8000_2  残り1本となった東武宇都宮線の8000系

 引き続き黒川付近でのんびり過ごした後、壬生駅から再び東武宇都宮線に乗って来た道を折り返し。今度は新栃木駅で下車しました。まだ日が高く、帰るには早い時間だったので、駅近くで東武宇都宮線の列車をいろいろ撮ってまいりました。

20400_1

20400

8000_3  (3枚とも)東武宇都宮線沿線でのんびり過ごす

|

« 【1/27】アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台を訪ねる | トップページ | 【2/2】久々にヨコハマ鉄道模型フェスタを訪問する »

スポーツ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【1/27】アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台を訪ねる | トップページ | 【2/2】久々にヨコハマ鉄道模型フェスタを訪問する »