« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019.06.30

【4/9】山北の桜

60000

 前回の続き。大雄山からバスで新松田駅まで向かい、ここから御殿場線に揺られて山北駅にやってきました。山北と言えば桜が有名なところ。以前から訪ねたいと思っていたものの、やや遠方とあってなかなか足を運べずにおりましたが、今年ようやく訪ねることができました。4月も中旬に差し掛かったこの時期、すでに盛りも過ぎたところでしたが、十分堪能することができました。

| | コメント (0)

【4/9】あつめて!全国鉄道むすめ巡り~伊豆箱根鉄道大雄山線

 今回の「あつめて!全国鉄道むすめ巡り」で、“いずっぱこ”こと伊豆箱根鉄道はスタンプが大雄山線と駿豆線の2ヶ所に設置されておりますが、まずは大雄山線を訪ねることに。小田原駅に到着すると、これまで見たことがない黄色い塗装の5000系がやってきました。こちらは44日から運行を開始した「イエローシャイニングトレイン」の5504編成で、新しい大雄山線の顔として新たに登場しました。

5000_20190630181901  4月から運行を開始した「イエローシャイニングトレイン」に初乗車

 そのイエローシャイニングトレイン5504編成に乗り込んで小田原駅を出発。途中の相模沼田駅で下車して大雄山からの折り返しを待つことにします。来る途中、五百羅漢駅で赤電こと5501編成と交換しており、このまま行けばここで両者が交換する様子。まずは大雄山からイエローシャイニングトレインが到着するとすぐ小田原から赤電がやってきました。赤と黄色、それに青と大雄山線もなかなかカラフルな路線になりましたね。

5000_20190630182101 黄色と赤が並んだ相模沼田駅

 この後、後続の列車に乗り込んで終点の大雄山駅に到着。さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印した後、近くの郵便局に寄り道し、目の前にあったバス停から新松田駅へ向かいました(続く)。

Photo_20190630183001

5000_20190630183001

Fukei_minamiashigara  (3枚とも)終点大雄山駅に到着

| | コメント (0)

【4/7】新型特急Laviewに乗る~西武

 前回の続き。元加治駅から一駅揺られ飯能駅に降り立つと、駅構内が西洋風のデザインに変わっていたのに驚きました。これは飯能市内に今年3月にオープンしたテーマパーク「ムーミンバレーパーク」に併せ、ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの出身であるフィンランドをイメージしてリニューアルされたものですが、新型特急Laviewの営業運転の開始と併せて西武の力の入れ様が伺えるところですね。

Photo_20190630103201  北欧のイメージにリニューアルされた飯能駅構内

 さてこの後はいよいよこの日一番のミッションである新型特急Laviewに乗り込むことに。特急が発着する専用ホームで待つことしばし、シルバーの車体に丸っこい斬新なデザインの001系が入線してまいりました。さっそく車内に乗り込みましたが、何といっても目に留まるのは座席脇の大きな窓。車窓を堪能するのには十分すぎるほどの大きさですが、足回りまで見えてしまうことと夏場の時期が些か気になるところ。

001_20190630103601

Laview_20190630103601  

Laview (3枚とも)新型特急Laviewに初乗車

 こうしてLaview使用の特急むさし34号は1635分、飯能駅を発車。入間市、所沢と停車して終点池袋駅には1717分に到着しました。

20190630_103745  今回使用した特急券。「ラビュー」の文字が入ります。

| | コメント (0)

2019.06.29

【4/7】新型特急Laviewを撮る~西武

 今年3月に営業運転を開始した西武の新型特急“Laview”。今年2月、小手指車両基地で実物を初めて目にした時は、これまでにない斬新な顔つきの車両に正直驚いたところでした。そのLaviewに乗車しようと思い、4月最初の日曜日となる7日に西武沿線へ。乗車の方は帰りのお楽しみとして、その前に沿線で撮影することとしました。元加治駅近くの踏切で待つことしばし、営業運転で走るLaviewを初めて撮影することが出来ました。

001営業運転の新型特急”Laview”を初めて撮影   

 その元加治駅の近く。飯能寄りに少し歩いたところにある踏切付近には菜の花が咲いている一角があり、Laviewが来るまでしばし待つことに。この日はあいにくの曇り空で、待っているうちに雨が落ちてまいりましたが、人気キャラクター「コウペンちゃん」のヘッドマークを付けた40000系やHikarieトレインなど、いろんな車両と出会うことができました(続く)。

4000_20190629193101

40000-2  (2枚とも)元加治駅近くで咲く菜の花を入れて様々な列車を撮る

| | コメント (0)

2019.06.28

【4/4】野川の桜と西武多摩川線

 旧西武カラーからいずっぱこ、それに近江鉄道カラーと行き交う列車がカラフルな西武多摩川線ですが、新小金井駅と多磨駅との間を流れる野川付近に桜が咲いているところがあるとのことで足を運んでまいりました。訪ねた日は近江鉄道カラーがお休み。赤電と黄色、それにいずっぱこカラーが運用に就いておりました。実は桜の時期に訪れたのは今年が初めてで、来年もぜひ足を運びたいですね。

10111  野川の桜と西武多摩川線

 ちなみに西武多摩川線沿線へは中央線の東小金井駅から歩いて新小金井駅へ向かいましたが、その東小金井駅では2091000番台と対面。こちらもオレンジの帯がすっかり板についた印象を受けました。

209_20190628182001  東小金井駅で出会った中央線の209系1000番台

| | コメント (0)

2019.06.27

【4/4】日暮里・舎人ライナーの320形と飛鳥山の桜

 毎年桜のシーズンには必ず足を運んでいる飛鳥山公園。都内でも有数の桜の名所ですが、やはりここはどうしても外せないところですね。今年も桜を見に足を運んでまいりましたが、その前に日暮里・舎人ライナーに乗車するべく日暮里駅で列車を待っていると、2017年に投入された320形が到着。前月沿線を訪ねた際に動いているところを初めて目にしましたが、今回はこちらに初めて乗り込むことにしました。

320  日暮里・舎人ライナーの新鋭320形に初めて乗車

 熊野前駅で下車し、今度は都電に乗り換え。満開の桜が見頃を迎えていた飛鳥山公園へやってまいりました。都電の運行情報で都電さくら号の位置を確認しながら飛鳥山交差点の歩道橋で待つことしばし。早稲田方面から都電さくら号に使用されているレトロ車両9002号がやってまいりました。自身にとっては毎年足を運んでいる飛鳥山公園ですが、今年もレトロ車両と絡めて拝むことが出来ました。

9000_20190627212001  

飛鳥山公園の桜をバックに走る都電さくら号

| | コメント (0)

2019.06.26

【4/3】大落古利根川と北春日部駅近くの菜の花畑

 東武アーバンパークライン藤の牛島駅近くを流れる大落古利根川。今年も桜の時期に足を運んでまいりました。東武アーバンパークラインと言えば今も8000系が活躍しておりますが、やはり桜と絡めての撮影となれば8000系を入れたいところ。今だと少し待っていれば8000系と出会うことが出来るので、できる限りいろんなシーンをカメラに捕らえておきたいところですね。

8000_20190626181301  

大落古利根川の桜と8000系

 この後、春日部駅を経由して今度は東武スカイツリーラインに乗り換え。北春日部駅近くに菜の花が咲いている一角を見つけたので降りてみることにしました。春は桜もさることながら、菜の花も外せないところ。菜の花を入れていろいろ撮影してまいりました。

200  北春日部駅近くの菜の花畑を見ながらりょうもう号が行く

| | コメント (0)

2019.06.25

【4/2】2年ぶりの武蔵関

6000_20190625214301

 前回の続き。柳瀬川から一気に武蔵関へと向かいます。2年ぶりの訪問となりましたが、ここはほぼ満開でした。それにしても柳瀬川からだとどうやって行こうかいろいろ迷うところでしたが、池袋と高田馬場を経由して辿り着きました。

| | コメント (0)

2019.06.24

【4/2】池袋川越アートトレインと柳瀬川の桜

 2019年の桜。外堀通りに続いて柳瀬川を訪ねてまいりました。途中、ふじみ野駅でこの春から運行を始めた「池袋川越アートトレイン」の51092Fと初対面。こちらは今年2月までフライング東上色として走っていましたが、この3月から東武東上線で運行を開始した「川越特急」に併せて登場しました。ラッピングは川越の町をイメージしたものとなっており、こちらは間近で拝見したいところですね。

50090  3月から運行を開始した51092F「池袋川越アートトレイン」

 この後、柳瀬川駅で下車。川沿いの桜並木はまだつぼみの木も見かけたものの、だいぶ見頃を迎えておりました(続く)。

50000  今年も訪問~柳瀬川の桜

| | コメント (0)

2019.06.23

【3/30】あつめて!全国鉄道むすめ巡り~小田急

 今回の全国鉄道むすめ巡りは関東近郊にスタンプ設置個所がいくつか点在しておりますが、唯一東京都内に設置されたのが小田急で、和泉多摩川駅の高架下にある小田急のグッズショップ「TRAINS」でスタンプを押すことが出来ます。ずいぶん前に行ったっきりで、今回スタンプを押しに久しぶりに訪問。都内から気軽に行けるところにスタンプが置かれるのは有難いところとは言え、些かあっさりとしていましたね。

Trains  全国鉄道むすめ巡りのスタンプが置かれている和泉多摩川駅高架下の「TRAINS」

 結局この日スタンプを押したのはここ1ヶ所のみ。そのまま来た道を戻り、桜が見頃を迎えた外堀通りを歩いてきました。桜を見ながら進むと、3月のダイヤ改正で営業運転を開始した中央線の209系が接近。E233系ばかりのところに異色の顔がやってまいりました。

209  桜咲く外堀通りを行く209系

| | コメント (0)

【3/28】あつめて!全国鉄道むすめ巡り~相鉄&横浜市営地下鉄ブルーライン

 全国鉄道むすめ巡り第3弾は横浜周辺へ。まずは相鉄に乗って上星川駅へやってまいりました。前回の全国鉄道むすめ巡りや記念きっぷの販売などですっかりお馴染みになった上星川駅ですが、今回スタンプ台の他は等身大パネルや幟などはなく、些か寂しいですね。この後、二俣川駅にオープンした「SOTETSU GOODS STORE」で限定グッズのコレクションカードを入手。この日は終焉間もない7000系の姿も見かけました。

7000_20190623164001 二俣川駅で見かけた相鉄7000系

 この後横浜まで戻り、今度は横浜市営地下鉄ブルーラインのスタンプを押印。全国鉄道むすめ巡り初の参加ということになりましたが、当初スタンプが設置されている場所がわからず、駅員に聞いてようやくたどり着くことが出来ました。やや人通りが少ない踊り場部分がスタンプの設置場所で、昨年6月にデビューしたブルーラインの鉄道むすめ、高島あざみのイラストが入った幟が目印となっております。

Photo_20190623164201  

あざみさんの幟が目印~横浜駅のスタンプ台

 最後に駅近くのアニメイトで限定グッズのコレクションカードを入手し、帰ってきました。

| | コメント (0)

【3/24】あつめて!全国鉄道むすめ巡り~秩父鉄道

 昨年に続き今年も秩父鉄道の鉄道むすめ、桜沢みなののバースデー関連イベントが3月中に開催され、うち24日はSLパレオエクスプレスを使用した「SL桜沢みなの5thバースデーエクスプレス号」として運転とのことで、全国鉄道むすめ巡りのスタンプと併せて訪ねてまいりました。熊谷駅に到着し、ネット経由で申し込んであったSL整理券を入手。ホームで待っていると、特製のヘッドマークを付けたSLパレオが入線してまいりました。

C58363_20190623103501  

桜沢みなののイラストが入ったバースデートレインのヘッドマーク

 SLパレオはゆっくり熊谷駅を出発。しばらくすると桜沢みなの扮するコスプレイヤーが記念のバースデーカードを配布しに回ってきました。この後、全国鉄道むすめ巡りのスタンプが設置されている長瀞駅で下車。スタンプを押した後、改札を抜けて上長瀞寄りへ少し行ったところでSLパレオをお見送りし駅前に戻ると、先程車内を回っていたコスプレイヤーの撮影会が行われておりました。

C58363_20190623104001

Photo_20190623104001

20190324_120114  (3枚とも)長瀞駅ではイベントも開催

 駅前の売店で売っていたみそポテトをランチにしてこの後は後続の列車に揺られて皆野駅へ。この日から長瀞駅や皆野駅、そして桜沢駅で桜沢みなの5thバースデー記念乗車券が発売開始されたので、先程降りた長瀞駅に続いてここでも手に入れてきました。その後、折り返しの熊谷行きSLパレオを撮ろうと駅から長瀞寄りに歩いて数分のところにある踏切でしばし待機。三峰口からやってきたSLパレオをお見送りしました。

C58363_20190623104201  

皆野駅近くの踏切で熊谷行きSLパレオをお見送り

 SLパレオを見送るとすぐに皆野駅に戻り、後続の列車に乗車。この列車はこの先の長瀞駅で先行のSLパレオを追い抜くので、もう1ヶ所桜沢駅でお迎えすることにしました。到着後さっそくここでも記念乗車券を手に入れ、SLパレオをお迎えすることに。ここ桜沢駅のホームには近くにある高校の生徒が育てている花壇が設置されており、ちょうど花も咲いていたことからここでお迎えいたしました。

C58363_20190623104401  花咲く桜沢駅を通過するSLパレオ

 これで後は熊谷へ戻るだけ。そのままホームで待っていると、桜沢みなののヘッドマークを付けた7500系がやってまいりました。実はSLパレオに乗車した際、寄居駅で反対側のホームにやってきたのを見かけておりましたが、最後の最後で乗車することが出来ました。

7506  最後に乗車できた桜沢みなののバースデーヘッドマーク付き列車

| | コメント (0)

2019.06.22

【3/23】あつめて!全国鉄道むすめ巡り~鬼怒川温泉

 鬼怒川温泉で2年ぶりに東武鉄道むすめスプリングフェスタが開催されるとのことで、全国鉄道むすめ巡りのスタンプ押印を兼ねて訪ねてまいりました。今回も朝8時過ぎに下今市駅に到着。92分発のSL大樹1号に乗車しますが、1月の時はDLが牽引していたのに対して今回はSLが牽引とのことでリベンジを果たせましたね。一方、スプリングフェスタ開催に併せ、先頭のSLと最後尾のDLには特製のヘッドマークが用意されました。

C1120710  今回はSLが牽引~SL大樹1号

 SL大樹1号に揺られ、終点の鬼怒川温泉駅に到着。全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印し、さっそくスプリングフェスタの会場をブラブラすることにします。一昨年は仕事の都合で行くことが出来ず、3年ぶりの訪問となりましたが、今回は新たに登場した鉄道むすめの「大桑じゅり」がお披露目。SL大樹の機関士の設定ということで、東武の鉄道むすめに新たに加わりました。

Photo_20190622171701

20190323_110838

Hm_20190622171701

(3枚とも)スプリングフェスタでお披露目された新しい鉄道むすめ「大桑じゅり」

 こうして鬼怒川温泉で一日を過ごし、157分発特急スペーシアきぬがわ6号に乗車。まっすぐ大宮駅まで帰ってきました。

1061  日光詣スペーシアで帰りの途に

| | コメント (0)

2019.06.20

【3/21】あつめて!全国鉄道むすめ巡り~栗橋&千葉都市モノレール

 321日より「あつめて!全国鉄道むすめ巡り」がスタートし、さっそく初日に廻ることに。まずは自宅から一番近い久喜市商工会栗橋支所に足を運んでまいりました。スタンプ帳を手に入れ、1個目を押印。今回の限定グッズはコレクションカードということでこちらも併せて入手しましたが、ボックスで買うと特製カードが貰える上レアカードが必ず1枚入っているので、こちらの方がお得感がありますね。

20190321_094757  

いよいよスタート~全国鉄道むすめ巡り

 この後一気に千葉まで移動。初めて全国鉄道むすめ巡りに参加した千葉都市モノレールを乗り歩きます。ここ千葉都市モノレールはスタンプが千城台駅と千葉駅の2か所に設置されており、初参加でなかなかの気合の入れ様でしたが、この日千葉駅では改札口付近でコレクションカードの販売ブースが設けられ、その隣には昨年暮れのクリスマスイベントの際に設置されていた作草部チコとマコの等身大パネルがお目見えしました。

Photo_20190620184301  千葉駅ではクリスマスイベントで登場した等身大パネルがお出迎え

 改札内に設置されていたスタンプを押した後、モノレールに乗り込んで終点千城台駅に到着。ここで3個目のスタンプを押し、これでこの日のミッションは無事達成となりました。さすがにそのまま戻るのはもったいないので、あちこち寄り道していくことに。レッサーパンダで有名な千葉市動物公園を訪ねた後、午後からは動き出した駅メモ!のラッピング車両を千葉公園で撮影してまいりました。

Photo_20190620184601

0

0_20190620184601  (3枚とも)モノレール沿線をブラブラ

 こうして千葉駅には16時過ぎに到着。この後、大宮行きの高速バス「ちばたまライナー」に乗ってまっすぐ帰ってきました。

Photo_20190620184901  

千葉駅から高速バスで大宮へ

| | コメント (0)

2019.06.19

【3/17】都内ぶらぶらネタ探し

 毎年恒例となっている都電さくら号が今年は315日から運行を開始したとのことで、さっそく見に行くことに。都電の運行状況を見ながら荒川車庫前電停付近で待っていると、三ノ輪橋方面から都電さくら号に使用されているレトロ車両9002号が近づいてきました。この日はもう1両のレトロ車両、「東京さくらトラム記念号」に使用されている9001号の姿も見られました。

9000-2

9000_2(2枚とも)この日は2両とも運転~レトロ車両    

 荒川車庫前電停から都電に乗り込み、宮ノ前電停で下車。熊野前駅まで歩いて移動した後、今度は日暮里・舎人ライナーに乗り込みました。正月三が日に運行される東武大師線の干支ヘッドマーク付き列車を見に行くときくらいしかなかなか乗車の機会がない路線ですが、近年新型車両が投入されるなど気になるところ。そんな中、日暮里駅に「NT‐りり」という名前の「路娘motion」のキャラクターを見かけました。

Nt 日暮里・舎人ライナーの路娘motionキャラクター「NT-りり」

 この後、山手線に乗り換えて秋葉原へ。ここから総武緩行線に乗り換えて御茶ノ水駅にやってきました。ここでは2月から運行を開始した東京メトロ丸ノ内線の新型車両と出会いました。

2000-2  御茶ノ水で丸ノ内線の新鋭2000系と対面

| | コメント (0)

2019.06.18

【3/14】片道1,000円で沼津を訪ねる

 2月に2回ほど乗車したアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバスを運行している富士急シティバスの沼津と東京駅を結ぶ路線で、3月末までの月曜から木曜までの平日に片道1,000円で乗車できるキャンペーンをやっているとのことで、日帰りで沼津を訪ねることに。行きはラッピングバスが使用されている東京駅9時ちょうど発の便で出発。 途中目立った渋滞もなく、沼津駅北口に11時半前に到着しました。

Photo_60  ラッピングバス同士が並んだ沼津駅北口

 まずは東海道本線で三島へ移動。伊豆箱根鉄道の乗り場へ向かいしばし待っていると、“HPT”がやってまいりました。こちらには伊豆三津シーパラダイスのキャラクター、「うちっちー」の誕生日をお祝いして特製ヘッドマークが期間限定で掲出。アニメの中にも登場し、知名度が上がりましたね。その後、1本前にやってきた“Over the Rainbow” 7502編成に乗って三島広小路駅で下車。歩いて三島駅へ戻ってきました。

Hm_10

7000_11

Fukei_sangennya

(3枚とも)今回は一区間だけ~いずっぱこ

 再び東海道本線に揺られて沼津へ。南口駅前から沼津港行きのバスに乗り込みます。やってきたのは伊豆箱根バスのラッピングバス。こちらに揺られること15分ほどで到着しました。沼津港を訪れたのは2007年以来十数年ぶり。まだ昼を済ませていなかったのでここで頂くことにしました。「丸勘」という最近SNSなどで取り上げられているお店で頂きましたが、丼物が千円以下とリーズナブルに海の幸が味わうことが出来ます。

Photo_63

Photo_62

20190314_135710 (3枚とも)沼津港でランチライム

   腹ごなしに沼津港周辺を散策した後、再び沼津駅行きのバスに乗車。途中の停留所で降りてブラブラ歩きながら駅へ戻ってまいりました。以前手に入れた「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場した沼津市内の名所を紹介した観光マップを片手に歩いてきましたが、至る所にキャラクターのイラストを目にすることが出来、アニメの人気は相変わらずですね。

Photo_61

Photo_64

Photo_65 (3枚とも)沼津市内をブラブラ

  こうして沼津駅に戻り、1550分発の東京駅行きの富士急シティバスに乗車。帰りもラッピングバスとなりました。

Photo_66 帰りもラッピングバス(笑)

| | コメント (0)

2019.06.17

【3/13】新しい企画展が始まった鉄道博物館を訪ねる

 39日より、鉄道博物館で「鉄道マンの仕事アルバム」と題した企画展がスタートしたのでさっそく訪ねることに。時間休を貰い、大宮駅からニューシャトルに乗り込みました。鉄道博物館駅に到着後、しばしニューシャトルの様子を見ていくことに。すると反対側の大宮行きのホームに105053編成がやってまいりました。こちらはその後4月に白をベースにした塗装に変更され、旧塗装を目にしたのはこれが最後となりました。

1050  塗装変更される前の1050系53編成と出会う

 改札を抜けて鉄道博物館へ。さっそく企画展を見てまいりました。今回は鉄道を動かすうえで欠かすことのできない鉄道マンがテーマとなっておりますが、とかく車両ばかりに目が行きがちになりやすい身にとってこの視点は新鮮でしたね。ちなみにこちらは今月末までの開催とのこと。時間に余裕があれば再訪してもう一度拝見したいところですが、果たして…。

Photo_58  3月からスタートした企画展「鉄道マンの仕事アルバム」を見学

 その後は館内をブラブラ散策。季節柄、C57にはさくらのヘッドマークが取り付けられておりました。

C57135

E926

Photo_59  

(3枚とも)館内をブラブラ

| | コメント (0)

2019.06.16

2019新潟夫婦旅その4~旅の終わりもE2系

 前回の続き。一旦ホテルに戻り、預けていた荷物を受け取ってから新潟駅へ向かいました。みやげを物色してから新幹線の乗り場へ向かうと、3月のダイヤ改正で新たに上越新幹線に登場するE7系のグランクラスの座席が展示されているのを目撃。北陸新幹線でお馴染みのE7系が上越新幹線にもお目見えすることになりますが、グランクラスは今だ利用したことがなく、一度は体験してみたいですね。

Photo_57  新潟駅にお目見えしたE7系グランクラスの座席

 乗車の案内があるまでしばしホーム上で過ごすことに。隣のホームには2階建て新幹線のE4系が止まっておりました。ちょうど反対側のホームにもE4系がやってきたので並びを目にすることが出来ましたが、この春のダイヤ改正で新たにE7系が上越新幹線で営業運転を開始。今後はE4系も置き換えが進むことになりそうです。全車引退までにはもう少し時間がありそうなので、できる限り乗車したいですね。

E4  新潟駅で並んだ2本のE4系

 帰りは1723分のとき338号に乗車。昨年の酒の陣では帰りがE4系でしたが、今回は行きと同じく帰りもE2系となりました。

E2241113  とき338号はE2系使用

| | コメント (0)

2019新潟夫婦旅その3~循環バスで新潟市内を回る

 前回の続き。2日目となった310日ですが、出発前にこの日の予定をどうしたものかいろいろと思案したものの、これといった目的地を決めることが出来ませんでした。きらきらうえつという目的があった昨年と比べると些か頭の痛いところでしたが、結局は新潟市内でのんびり過ごすことに。以前利用したことのある新潟市観光循環バスに乗って回ることにします。

Photo_51  駅ビルは昔も今も変わらず~新潟駅

 ホテルをチェックアウト。この日もフロントに大きな荷物を預けた後、新潟駅前にあるバスターミナルへ向かいました。窓口で循環バス専用の1日乗車券を手に入れてから待つと、車体に新潟市ゆかりの漫画家の作品に登場するキャラクターがラッピングされた小型のバスがやってまいりました。5年前の2014年ににいがた酒の陣を訪れた後、新潟市マンガ・アニメ情報館を訪れておりますが、いずれも一度は目にしたことがあるキャラクターです。

Photo_52    新潟ゆかりの漫画家の作品に登場するキャラクターがラッピングされたバス

 途中、にいがた酒の陣の会場となる朱鷺メッセの前を通過。この日も多くの人が列を作っていて盛況だったことが伺えました。その後信濃川を越えて市内の細い道を行ったり来たりしながら海沿いにある「マリンピア日本海」の前に到着。ここで降りて見学してまいりました。日本海側にある水族館だけあって館内に展示されているのは日本海側の生物が多いですが、特に近年高級魚として人気があるノドグロことアカムツの展示は圧巻でしたね。

Photo_53

20190310_114407

Photo_54  (3枚とも)マリンピア日本海のいきものたち

 引き続き循環バスに乗り込み、今度は本町バス停で下車。この一帯は駅から少し離れたところにあることからこれまであまり足を運ぶ機会がありませんでしたが、昼を過ぎてそろそろ腹も減ってきたのでここでランチタイムといたしました。本町中央市場の近くにある青海ショッピングセンターの中に食事処があったのでここで頂くことに。日本海の海の幸が使われた海鮮丼を頂いてきました。

Photo_55

20190310_134821  (2枚とも)ランチは海鮮丼

 ここからは歩いて移動。しばらく進むと、昨年宿泊したホテルの前に差し掛かりました。ここまで来れば街並みの景色も把握できるところ。すぐに信濃川に掛かる萬代橋を渡ると、新潟日報メディアシップという高層ビルの前にやってきました。2013年にオープンした比較的新しいビルですが、20階は展望台となっておりエレベーターで上がってみることに。眼下に広がる新潟市内を一望してまいりました。

Photo_56 新潟日報メディアシップから朱鷺メッセ方向を望む

 結局この後はブラブラ歩いて新潟駅へ。近くのファミレスでしばし休憩した後、いよいよ帰りの途につくことにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019新潟夫婦旅その2~にいがた酒の陣を訪ねる

 前回の続き。ホテルに大きな荷物を預けた後、にいがた酒の陣の会場となる朱鷺メッセへ向かいます。今回のホテルは駅のすぐ傍にあり、地図を見ると朱鷺メッセまで徒歩でも行くことが出来そうな距離。しかし朱鷺メッセの高い建物が遠くから見えるもののなかなか傍まで近づけず、思いの外時間が掛かってしまいました。それでも何とか会場に到着し、さっそく長い行列に並ぶこと1時間ほど、10時過ぎに会場入りしました。

20190309_095051  

今年は暖かい新潟でした~朱鷺メッセ

 入口でお猪口を貰い、飲食スペースを確保。さっそく会場内を回ることにします。適当によさげなところを回りながら試飲するという例年通りのパターンですが、今回はスパークリング系のところを中心に味わってまいりました。そして食の方は今年も充実。今回は五泉市の「とりかん」があったので久しぶりに頂いてきました。ここは今から20年近く前にパソコン通信の仲間内で知ったお店。味は昔と変わりませんでした。

20190309_101606

20190309_114603

20190309_133133  (3枚とも)今年も充実の内容~にいがた酒の陣

 こうして1日ゆっくり楽しんでホテルへ移動。昨年はかなり酔いが回ってしまい、そのままベッドに横になってしまいましたが、今年は何とか持たせることができました(笑)(続く)。

| | コメント (0)

2019.06.15

2019新潟夫婦旅その1~とき号で新潟へ

 すっかり我が家の恒例行事となった「にいがた酒の陣」に今年も足を運んでまいりました。昨年に続き今年も12日の行程で、行きは例年通り大宮駅1番の上越新幹線となるとき301号でスタート。その車内ではワゴンを牽いた車内販売が行われており、今やすっかり名物となった固いアイスクリームを手に入れました。車内販売もJR東日本についてはこの3月で大幅に縮小されてしまい、車内での買い物をする機会が少なくなりつつありますね。

20190309_072904  

行きの車内で固いアイスを食す

 群馬県と新潟県の県境を越える長い大清水トンネルを抜けて越後湯沢駅に到着。さすがにこの界隈は雪が見られましたが、広大な新潟平野に差し掛かる頃にはその姿もなく些か拍子抜けしたところでした。こうしてとき301号は813分、終点新潟駅に到着。昨年4月に在来線ホームが高架化されてから初めて降り立ちましたが、その様子を観察することなくそのままこの日の宿へ向かいました(続く)。

E2  新潟駅に並んだE2系

| | コメント (0)

2019.06.14

【3/7】多彩なヘッドマーク付き列車と出会う~京王

 前回の続き。調布駅からさらに先を目指そうと列車を待っていたら、先程とは別のデザインのヘッドマークを付けた8000系が入ってきました。後で確認したところプロバスケットボールチーム、東京八王子ビートレインズの試合開催を告知するものですが、チーム名にある「トレインズ」は本拠地八王子が交通の要所となっていることに因んでおり、鉄道とのゆかりがあるチームと言えそうですね。

8702  プロバスケットボールチーム、東京八王子ビートレインズのヘッドマークを付けた8000系に乗車

 こちらに揺られ、聖蹟桜ヶ丘駅で下車。駅の手前を流れる多摩川の土手へ向かいました。京王の列車を撮影する際には定番となっているところでもありますが、先程から降り続いている雨が本降りになってしまい、長居することが出来ませんでした。そんな中、ここでもヘッドマークを付けた列車と対面。前月22日に行われたダイヤ改正に関するヘッドマークを付けた8000系でした。

8000_4  多摩川の土手を訪れるも、あいにくの天気で長居せず(涙)

 再び列車に揺られて高幡不動駅に到着。そのまま帰るのには少し早かったので、久しぶりに京王れーるランドを訪ねることにしました。ここでもヘッドマークを付けた「キッズパークたまどうとれいん」に乗って終点多摩動物公園駅に到着。夕方近い時間だったのとあいにくの天気だったこともあって館内のお客さんは少な目でした。おかげでこれまでで一番のんびり館内を回ることが出来ました。

7000_10

Photo_50

Photo_49 (3枚とも)久しぶりに京王れーるランドを訪問

 こうして帰りはまっすぐ都内へ。地下鉄を乗り継いで品川経由で帰ってきました。

6078  最後に出会ったヘッドマーク付き列車~京急120周年×養老鉄道100周年ヘッドマーク

| | コメント (0)

2019.06.12

【3/7】地下化された調布駅に降りる~京王

 2012年に地下化されて以来、なかなか降りる機会がなかった調布駅にようやく訪ねることができました。新宿駅からスタートするべく京王の地下ホームで列車を待っていると、何やらヘッドマークを付けた7000系が到着。近づいて見ると、ちょうどこの時期開催されていた京王電車スタンプラリーのヘッドマークでした。京王ライナーの運行開始から1周年を記念してのスタンプラリーですが、こちらもなかなか乗る機会がないですね。

Hm_9  新宿駅に到着した京王電車スタンプラリーのヘッドマーク付き7000系

 こちらに乗り込み、新宿駅を出発。調布駅に降り立ちました。さっそく地上に上がってみると、すっかり様子が変わってしまった駅周辺にただ驚くばかり。自分自身、2012年までの地上駅の頃のイメージしか残っていなかったので、この変貌ぶりには正直ショックでしたね。面影すら見つかりそうにない駅周辺にあって、家電量販店の裏手にあった「てつみち」と記されたかつての線路跡が唯一の名残と言えそうです。

Photo_47 地上駅時代の名残が残る「てつみち」

 そんな調布ですが、ここは漫画家の故水木しげる氏原作の「ゲゲゲの鬼太郎」の舞台となったところ。ちょうど日曜日にテレビアニメが放映されており自身も時々視ておりますが、調布市役所には原作ゆかりの地を紹介した観光パンフレットが設置されており、こちらをいただいてまいりました。あいにくこの日は天候が悪かったこともあり、駅近くの天神通り商店街に設置されていたお馴染みのキャラクターの像を見て回るに留まりました。

Photo_48  

天神通り商店街に設置されている鬼太郎の像

 この後も再び京王に乗り込み先を目指しますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.06.10

【3/2】久しぶりに訪ねた秩父鉄道沿線

 国電カラーの1000系が現役だった頃、毎月1回は秩父鉄道沿線に足を運んでいましたが、その1000系も20143月をもって全車引退。その後は数か月に1回程度の頻度となってしまいました。そんな中、昨年に続いて今年も秩父鉄道の鉄道むすめ、桜沢みなののバースデー関連のイベントがあるとのことで、久しぶりに訪ねることに。スタートの熊谷駅ではバースデー仕様になったみなのさんの等身大パネルが出迎えてくれました。

Photo_46  

熊谷駅ではバースデー仕様のみなのさんがお出迎え

 この日はSLパレオの運転日。もちろんその雄姿を見ていこうと思い、さっそく熊谷駅から列車に乗り込みました。特にあてはなかったものの車内でいろいろ考えた末、ひろせ野鳥の森駅で下車。ここだと一つ先の大麻生駅までの広瀬川原の区間が自分にとって定番となっておりますが、今回は駅のすぐ脇で待つことにしました。ちょうど広瀬川原車両基地から熊谷へ向けて出庫する様子を見ることが出来、ある意味一石二鳥の感がありますね。

C58363_3  ひろせ野鳥の森駅のすぐ脇でSLパレオをお迎え

 再びひろせ野鳥の森駅から列車に乗車。波久礼駅で途中下車することにしました。これまであまり乗り降りしたことがなく、記憶に残っている限りでは1度しか降りたことがない駅でしたが、小ぢんまりした駅舎は以前と変わりない様子。そんな中、ちょうど食事時だったので駅近くにあった小ぢんまりしたお店でランチタイムとしました。豚丼が名物とのことでこちらをチョイス。おいしくいただきました。

20190302_125003 波久礼駅近くの「焼肉たてがみ」で頂いた豚丼    

  食事が済んだ後、波久礼駅周辺で秩父鉄道のネタ探し。熊谷行きのSLパレオが来るまでは電気機関車に牽引された石灰石列車が何本か行き来しておりましたが、茶色に塗装されたデキ505や黄色のデキ202といった機関車がやってきました。SLもさることながら、カラフルな電気機関車に牽引された貨物列車を出会うのもまた楽しいところ。そんな様子を見ているうちに結局寄居駅まで移動することになりました。

505

502

6000_3 (3枚とも)波久礼駅からネタ探ししながら寄居駅へ

| | コメント (0)

2019.06.08

【3/1】新車2000系に乗る~東京メトロ丸ノ内線

 31日の続き。東京さくらトラム記念号を見送ったものの、そのまま帰るには早い時間でした。そこで今年2月より営業運転を開始した東京メトロ丸ノ内線2000系の様子を見てこようと大塚駅前から都バスに揺られ茗荷谷へ。駅のすぐ近くに線路が見える陸橋があったのを思い出し、訪ねてみることにしました。さすがに最初は02系ばかりでしたが、諦めかけていた時にようやく後楽園方面からお目当ての2000系が近づいてきました。

022000 丸ノ内線の新車、2000系と初めて対面

 ちょうど線路の先には丸ノ内線の車両基地が広がっていて、その中にはこれまで長年活躍してきた02系が止まっておりましたが、丸みを帯びた先頭車両と真っ赤な車体が印象的でしたね。この後池袋からの折り返しに乗車しようと茗荷谷駅へ向かいホームで待つことしばし、先ほど陸橋でお迎えした2000系が到着。先頭車両に乗り込みました。目に留まったのが大きな丸い窓と車いすのスペースに備え付けられたコンセントで、さっそく手持ちのスマホの充電に利用させてもらいました。

20190301_164431  先頭車両に設置されているコンセント

 こちらに揺られて御茶ノ水駅で下車。この後、後続で茗荷谷から出庫した2000系を待ちました。

2000  後続でやってきた2000系を御茶ノ水で見送り

| | コメント (0)

【3/1】東京さくらトラム記念号に乗る~都電荒川線

 31日より、都電のレトロ車両9001号を使用した「東京さくらトラム記念号」が運行を開始したとのことで、運行初日に乗りに行ってまいりました。尾久駅から歩いて荒川車庫前電停で待つことしばし、王子方面からレトロ車両の9001号が到着。先頭部分には「路娘motion」の2人のキャラクター、飛鳥山さくらと三ノ輪橋ひながデザインされたヘッドマークを付けておりました。

9000  3月1日から運行を開始した「東京さくらトラム記念号」

 足早に電停へ向かい、こちらに乗車。延々揺られて終点の三ノ輪橋電停に降り立ちました。折り返し時間までの間、ここで改めて外観を拝見することに。側面には路娘motionの2人のキャラクターが桜と一緒にラッピングされていて、春らしいデザインとなっておりました。

Motion9001

Hm_8

Motion (3枚とも)三ノ輪橋電停に到着した東京さくらトラム記念号

 こちらを見送り、1台後の電車に乗車。今度は大塚駅前電停に降り立ちました。ここで先を走っていた東京さくらトラム記念号の早稲田からの折り返しを待つことに。バラが有名なこのあたり一帯も3月の時期はまだ早く、早春の肌寒い中レトロ車両を待ちました(続く)。

9000_1

西日を浴びながら大塚駅前方面へ走り去る東京さくらトラム記念号

| | コメント (0)

2019.06.07

静岡1泊2日の旅その11~旅の終わりはラッピングバス

 静岡12日の旅の続き。いずっぱこ沿線から早目に撤収し、三島駅に戻ってきました。これで後は帰るだけとなりましたが、この日は沼津1550分発の東京駅行き富士急シティバスを押さえてありました。東海道本線で沼津駅まで戻り、バスの出発まで時間があったので、みやげを物色しがてら駅周辺ブラブラすることに。駅前のバス乗り場の様子を見ていると、改めてラッピングバスが多くなったことを実感しますね。

Photo_45  「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバスがひっきりなしにやってくる沼津駅南口

 発車の時刻が近づいてきたので、駅南口の富士急バスのターミナルへ。発車の10分前、派手なラッピングが施された富士急シティバスがやってまいりました。つい2週間ほど前にここから乗車したばかりで、改めて目の前にするとその派手さに圧倒されましたが、足早にバスに乗り込み沼津駅南口を出発。この日は平日だったせいか、道も比較的空いていました。

Sa  2週間ぶりに乗車した富士急シティバスのラッピング車両

| | コメント (0)

2019.06.06

静岡1泊2日の旅その10~いずっぱこ沿線をブラブラする

 静岡12日の旅の続き。大仁駅から再び伊豆箱根鉄道に乗り込み、一つ先の牧之郷駅に降り立ちました。この後、ここから修善寺駅方面へ向けて歩いて移動することに。以前も歩いたことがあり、のんびり歩いても20分ほどで辿り着くことが出来るほどの距離ですが、2週間前のバレンタイン企画の時に訪れた修善寺駅近くの田園地帯へ向かうとまだ菜の花が咲いていたので、ここでしばしのんびり過ごすことにしました。

3000_15

 この日は静かだった修善寺駅界隈

 三島方面からやってきたHPTを見送り、修善寺駅へ移動。駅構内で待っていると、続いて「Over the Rainbow号」こと7502編成がやってまいりました。これで2週間前の松浦果南に続いて2本のラッピング車両の並びをここで目にすることが出来ましたが、中間駅と比べると停車時間に比較的余裕があることから、ここでの並びが一番見やすいところですね。

30007000_3  この日も並んだ2本のラッピング車両

 その7502編成に乗り込み、修善寺駅を出発。もう一ヶ所くらい寄ることが出来そうだったので、韮山駅で下車することにしました。伊豆長岡駅寄りに広がる田園地帯でラッピング車両を始め様々な車両と出会うことができました(続く)。

3000_17

3000_16

7000_9 (3枚とも)韮山駅近くでのんびり

| | コメント (0)

2019.06.05

静岡1泊2日の旅その9~大仁で過ごす

 静岡12日の旅の続き。HPTに揺られて大仁駅に降り立ちました。この後はしばし駅周辺をブラブラすることに。ここまで来る途中の駅で“Over the Rainbow号”こと7502編成とそれ違ったことから駅近くの踏切で待っていると、その前にゲーム「刀剣乱舞―ONLINE―」のヘッドマークを付けた3502編成がやってきました。こちらはこの日朝の運用のみで、この後大場へ入庫してしまいました。

3000_14  ゲーム「刀剣乱舞―ONLINEー」のヘッドマークを付けた3502編成が到着

 その後も引き続き大仁駅近くでのんびり過ごすことに。駅の近くでは河津桜や梅が咲いていて、春の訪れを感じさせてくれました(続く)。

7000_8

Photo_44

Fukei_ohito

(3枚とも)大仁駅周辺をブラブラ

| | コメント (0)

2019.06.04

静岡1泊2日の旅その8~国木田花丸バースデーヘッドマークを付けた伊豆箱根鉄道“HPT”に乗る

 静岡12日の旅の続き。2日目の朝の沼津市内は雨が降っておりました。身支度を済ませてからホテルをチェックアウト。三島へ移動するため沼津駅へ向かいますが、次の東海道本線の上りは上野東京ラインの宇都宮行きとのことでしばし待っていると、JR東日本E231系がホームに近づいてきました。朝晩を中心に東京方面へ向かう列車が今も残っており、高崎線でもお馴染みのE231系がここ沼津駅まで乗り入れております。

E2308066  上野東京ライン直通で沼津駅を出発

 こちらに揺られて三島駅に到着。そのまま伊豆箱根鉄道の乗り場へ向かい、窓口でアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」柄の「旅助け」を手に入れました。ちょうどこの日からアニメに登場する国木田花丸のバースデーヘッドマークを付けたラッピング車両 “HPT”が運行を開始しておりましたが、もちろん旅助けに付いてくる特製のバッジもバースデーヘッドマークの柄に致しました。

20190604_183231  アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」柄の旅助けと国木田花丸のバースデーヘッドマークの特製バッジ

 改札を抜けてホームに入ると、さっそくお目当てのHPTが到着。まずはこちらに乗り込み、大仁まで向かうことにします(続く)。

3000_13  国木田花丸のバースデーヘッドマークを付けたHPTで三島駅を出発

| | コメント (0)

2019.06.03

静岡1泊2日の旅その7~沼津の夜を過ごす

 静岡12日の旅の続き。富士駅から東海道本線の普通列車に乗り換え、沼津駅に降り立ちました。この日はここ沼津で泊まることに。早速予約してあった駅近くのホテルに向かいチェックインしました。何分日帰り圏内の地とあってなかなか泊まる機会がありませんが、夕飯がてら夜の市内へ繰り出すと、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に関するものが町の至る所で見られ、人気に衰えを知らないところですね。

Photo_43

20190224_191437

20190224_193704 (3枚とも)夜の沼津で過ごす

 その「ラブライブ!サンシャイン!!」の劇場版が今年に入ってから全国各地で放映されており、ここ沼津の地でも駅前の映画館で放映されているとのことで、暇つぶしを兼ねて観ていくことに。22時過ぎの終了でしたが、日中ほどではないにしろ館内にはそこそこお客さんの姿がありました(続く)。

| | コメント (0)

2019.06.02

静岡1泊2日の旅その6~特急ふじかわに乗る

 静岡12日の旅の続き。大井川鐡道の旅を終えて金谷駅から東海道本線に乗り込み静岡駅に戻ってきました。この後は宿のある沼津まで移動するのみとなりましたが、ちょうど1740分発の特急ふじかわ11号があり、富士まで乗車することに。手持ちの休日乗り放題きっぷは新幹線に乗車することはできないものの、在来線であれば特急券を別途購入すれば乗車することが出来ます。

Hm_7  イラストが入った特急ふじかわのヘッドマーク

 特急ふじかわ11号は1740分、静岡駅を発車。使用されているのは373系で、自分にとっては「快速ムーンライトながら号」で使用されていた頃の記憶が強く残っておりますね。一方、車内の座席は進行方向とは逆向きになっていたのが気になるところでしたが、この先の富士から身延線に入る際に進行方向が変わることから敢えて逆向きにしている様子でした。

373_1  富士駅に到着した特急ふじかわ11号

 187分に富士駅到着。ここから東海道本線の上り列車に乗り換え、沼津へと向かいます(続く)。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »