« 【6/1】朝陽駅に降り立つ~長野電鉄 | トップページ | 【6/1】しなの鉄道115系を撮る »

2019.09.03

【6/1】全国鉄道むすめ巡り・上田電鉄編

 前回の続き。長野から北陸新幹線で一駅、上田駅に降り立ちました。この後は全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押しに上田電鉄沿線を乗り歩くことにしますが、ちょうど昼時ということもあり、駅周辺でランチタイムとすることに。駅の隣にある人気の唐揚げの店も気になったものの、せっかく信州へ来たので蕎麦も捨てがたいところだったため、駅の中にあった立ち食いの店で頂きました。

そば@ちくま・そば処'19.6.1上田駅の立ち食いそば屋でランチタイム

 腹が満たされ、上田電鉄の乗り場へ。改札脇で出迎えてくれた上田電鉄の二人の“看板娘”にご挨拶した後、停車中の別所温泉行きの列車に乗り込みました。停まっていた車両の上田寄りには上田電鉄の鉄道むすめ、八木沢まいとアルピコ交通のキャラクター、渕東なぎさが一緒にデザインされた全国鉄道むすめ巡りのヘッドマークが掲出。やや小ぢんまりしているものの、こうしたヘッドマークもイベントに花を添えてくれますね。

八木沢まい&北条まどか等身大パネル@上田'19.6.1

上田電鉄1003@上田'19.6.1

全国鉄道むすめ巡りHM'19.6.1(3枚とも)全国鉄道むすめ巡りのヘッドマークを付けた1000系に乗車

 さてこの後ですが、そのまま終点まで行ってスタンプを押してくるコースも考えたものの、やはり舞田駅と八木沢駅にはご挨拶したいところ。まずは舞田駅で下車し、広大な塩田平をのんびり歩きながら隣の八木沢駅へ向かいました。木造の個性的な駅舎は今も健在。塩田平の景色に溶け込んでいて、列車を1本落としてもこの景色は見て帰りたいところですね。

上田電鉄1000系@八木沢'19.6.1八木沢駅の個性的な駅舎は健在

 この後、一駅揺られて終点の別所温泉駅に到着。全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押した後、温泉に入ることにしました。いつもであれば温泉街にある公衆浴場へ向かうところですが、あいにくタオルを持参しておらず、今回は駅のすぐ近くにある温泉施設「あいそめの湯」で入ることにしました。いつも施設の前を行き来していて気になっていたものの、やはり温泉街の公衆浴場に比べると新しい建物とあって、幾分風情が描けてしまうところ。

別所温泉駅舎'19.6.1

改札口@別所温泉'19.6.1

あいそめの湯@別所温泉'19.6.1(3枚とも)別所温泉駅に到着

 温泉で汗を流した後、上田行きの列車に揺られ戻ってきました(続く)。

|

« 【6/1】朝陽駅に降り立つ~長野電鉄 | トップページ | 【6/1】しなの鉄道115系を撮る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

鉄道むすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【6/1】朝陽駅に降り立つ~長野電鉄 | トップページ | 【6/1】しなの鉄道115系を撮る »