« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019.11.30

【9/18】さようなら“シマウマ”153編成に乗る~上信電鉄

 前回の続き。新幹線ホームでEast-iを見送った後、改札を抜けて上信電鉄の乗り場へ向かいます。ホームから遠目で側線内を眺めると、153編成はまだ止まっている様子。パンタグラフが上がっていることから期待を持ちつつ、まずは下仁田行き列車に乗り込みます。停まっていたのは元JR107系の700形。今年4月、営業運転に入っているところを初めて見かけましたが、現在3編成が営業運転に就いており、上信電鉄の主力となりつつあります。

上信電鉄700形@高崎'19.9.18元JR107系に乗り込み、高崎駅を出発

 この後ですが、特段行程を決めていなかった上、フリーきっぷの類を持っていないことから遠くまで足を運ぶことが出来ず、一先ず山名駅で下車することに。上下1本ずつの列車を見送ってから再び下仁田行きを待っていると、高崎方面からシマウマ柄の153編成が近づいてきました。人によっては“ホワイトタイガー”とも呼ばれていたこの153編成ですが、自分にとってはシマウマに見えることから敢えて“シマウマ電車”と呼んでいました。

上信電鉄150形@山名'19.9.18山名駅からお目当ての153編成”シマウマ電車”に乗車

 こうして無事に乗車することが叶い、馬庭駅でお見送り。久しぶりに下車したこの駅の近くでしばらく過ごしていると、下仁田方面からシマウマ柄の700形がやってまいりました。現在営業運転に入っている3本の700形のうち703編成と呼ばれる列車ですが、こちらが153編成の後継となる新しい“シマウマ電車”となりました。こうして引き続き“シマウマ電車”を沿線で目にすることが出来そうです。

上信電鉄700形@馬庭'19.9.18”シマウマ電車”の後継者となった703編成

 この後、高崎行きの列車で折り返し。佐野のわたし駅で下車しました。最後にもう1回乗車できそうだったのでここで待つことにしましたが、この日はあいにくの天候でだいぶ暗くなってきたことから、歩いて南高崎駅へ移動することに。ここから一区間だけ153編成に揺られて高崎へ戻ってまいりました。

上信電鉄150形@南高崎'19.9.18

さよならクモハ154ヘッドマーク'19.9.18

上信電鉄150形@高崎'19.9.18(3枚とも)さようなら~”シマウマ電車”

| | コメント (0)

2019.11.29

【9/18】高崎駅でEast-iと出会う

 上信電鉄150形のうち、最後の1本となった153編成が923日で引退とのことで、お別れするため高崎へ向かいました。到着したのがちょうど昼時だったのでまずはランチを済ませることに。駅ビル内にある「登利平」と同じフロアに「La Rocca」という名前の店があり、今回はここで頂きました。ここは「峠の釜めし」で有名な「おぎのや」の系列店とのこと。ビュッフェスタイルの店内から峠の釜めしを連想することが出来ませんでしたね。

ビュッフェ@LaRocca'19.9.18

高崎駅ビル内の「LaRocca」というお店でランチタイム

 腹を満たし、さっそく上信電鉄沿線へ繰り出したいところでしたが、その前に入場券を買って新幹線ホームへ。実は高崎線の車内から高崎駅構内の上信電鉄の側線を眺めていたら、お目当ての153編成が止まっているのを確認し、少し時間を潰そうと思った次第でした。そんな中ホームで過ごしていると、新潟方面から見慣れない短い編成の列車が接近。何かと思いじっくり眺めていると“East-i”こと926形が入ってきました。

E926形@高崎'19.9.18-1

East-iロゴ'19.9.18

E926形@高崎'19.9.18-2(3枚とも)時間潰しのため新幹線ホームで待っていると、 East-iが接近

  時間潰しで過ごした新幹線ホームで思わぬ来客と出会い、いよいよ上信電鉄沿線へと向かうことにします(続く)。

| | コメント (0)

2019.11.28

2019京都夫婦旅その8~のぞみ号に乗り込み京都を発つ

 前回の続き。嵯峨野線に揺られて京都駅に到着しました。いよいよ今年の夫婦旅も後は帰るだけとなりましたが、その前に朝方ホテルのフロントに預けた荷物を受け取ることに。実は今回宿泊したホテルの系列店が京都駅の近くにあり、預ける際に伝えておけば駅前の系列のホテルでも荷物を受け取ることが出来るサービスを利用しました。系列のホテルが市内にあることで可能なサービスで、これは大いに有難かったですね。

京都タワー'19.9.15

京都のシンボル、京都タワー

 荷物を受け取り、再び京都駅へ。お土産を物色し、1921分発のぞみ50号に乗り込みました。夕飯を駅構内で食べる時間はあったものの、ランチが遅めだったこともあって駅弁を買い込んで車内で食べることに。行き帰りの車内で駅弁と相成りました。

20190915_192449

20190915_192530

(2枚とも)帰りの新幹線の車内で頂いた”定番”の駅弁>東海道新幹線弁当

| | コメント (0)

2019.11.26

2019京都夫婦旅その7~京都鉄道博物館を訪ねる

 前回の続き。嵐山を散策後、嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車に乗って再び嵐山へ戻ってきた時にはすでに14時を過ぎておりました。さすがに腹も減ってきたので遅いランチタイムとすることに。周辺の店はどこも多くの人で賑わっておりましたが、昨年5月に訪れた嵐山駅隣にある店で食べることにしました。前回入った際、比較的コストパフォーマンスがいいランチがあったので入ってみた次第で、今回は様々なおかずが付いた「おばんさい定食」というものを頂きました。

おばんさい定食@ぎゃあてい'19.9.15嵐山駅隣のお店で遅めのランチ

 これで予定していた行程は概ね回りましたが、このまま京都市内へ戻るには少し早い時間。そこであれこれ考えた末、京都鉄道博物館を訪ねることにしました。嵯峨野線に揺られ、今年3月に開業した梅小路京都西駅で下車。すぐ目の前に博物館の入口があり、アクセスがだいぶ楽になったのは有難いですね。すでに夕方近い時間だったこともあり長居はできなかったものの、屋外では“貴婦人”ことC571の姿を見ることが出来ました。

梅小路京都西駅舎'19.9.15

N700系@京都鉄道博物館'19.9.15

C571@京都鉄道博物館'19.9.15(3枚とも)自分にとっては3回目の訪問~京都鉄道博物館

 正味1時間ちょっとの滞在で博物館を後にして再び梅小路京都西駅から嵯峨野線に乗車。終点京都駅に到着しました(続く)。

 <おまけ>

米原はるかイラスト@京都鉄道博物館'19.9.15

 京都鉄道博物館のトイレの入口で鉄道むすめ、米原はるかのイラストを見かけました。

| | コメント (0)

2019.11.25

2019京都夫婦旅その6~嵯峨野観光鉄道に乗る

 前回の続き。嵐山界隈をブラブラした後、歩いてトロッコ嵯峨駅にやってきました。この後は嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車に乗り込みますが、きっぷ売り場は長い列が伸びていてこの日はなかなかの盛況ぶり。おまけに直近のトロッコ亀岡行きはすでに立席のみしかなく、1本後の列車を押さえようと窓口で確認したところ、トロッコ亀岡発の便であれば直近で乗ることが出来るとのことだったので、そちらを押さえることにしました。

嵯峨ほづき等身大パネル@トロッコ嵯峨'19.9.15トロッコ列車のきっぷを無事押さえ、引き続き全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印

 これで無事きっぷを押さえることが出来、この後は全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印。無事ミッションを達成することが出来たので、さっそくトロッコ亀岡駅へ移動するべく隣の嵯峨嵐山駅へ移動します。列車を待っていると、隣の嵯峨野観光鉄道のホームにトロッコ列車が到着。先頭のディーゼル機関車には嵯峨ほづき、黒潮しらら、城崎このりの3人の鉄道むすめがデザインされたヘッドマークが期間限定で掲出されていました。

嵯峨野観光鉄道DE10-1104@トロッコ嵯峨'19.9.15

鉄道むすめヘッドマーク'19.9.15

(2枚とも)期間限定で鉄道むすめのヘッドマークが掲出

 嵯峨野線の列車に揺られて馬堀駅に到着。歩いて数分のところにあるトロッコ亀岡駅にやってきました。ここもトロッコ列車を待つ多くの観光客でごった返していて、到着したトロッコ列車からも多くの乗客が下車。ホームは大変な混雑でした。折り返し時間がほとんどない中、何とか乗り込んで出発。ちょうど1年前に降りたトロッコ保津峡駅を過ぎた後、保津川の涼しい風景が車窓に広がってきた頃にはだいぶ車内も落ち着いてまいりました。

保津川@嵯峨野観光鉄道車窓'19.9.15保津川に沿ってトロッコ列車が行く

 このまま終点まで乗車せず、1つ手前のトロッコ嵐山駅で下車。多くの観光客が行き来する竹林を抜け、嵐電の嵐山駅付近まで戻ってきました(続く)。

人力車@嵐山'19.9.15

人力車が行き来する嵐山界隈

| | コメント (0)

2019.11.24

2019京都夫婦旅その5~嵐電に乗って嵐山へ

 前回の続き。2日目の朝を迎えました。ホテルをチェックアウトし、烏丸御池駅から地下鉄東西線に乗車。終点太秦天神川駅にやってきました。20081月の東西線延伸によって開業した比較的新しい駅で、開業直後に初乗り目的でここまで乗車しましたが、それ以降も全国鉄道むすめ巡りやスタンプラリーなどでいろいろとお世話になっており、自分にとってはすっかり馴染みのある駅でもあります。

地下鉄に乗るっポスター@太秦天神川'19.9.15太秦天神川駅構内に掲示されていた「地下鉄に乗るっ」のポスター

 地上に上がり、すぐ目の前にある嵐電天神川駅から嵐電に乗車。この日のミッションは京都市内にある全国鉄道むすめ巡りのスタンプが設置されている2か所を訪ねることでしたが、その前に車折神社を訪ねることにしました。芸能の神社で知られ、近年多くの観光客が訪れるパワースポットとなっているこの神社、境内の玉垣には有名な芸能人に混じってアニメのキャラクターの名前もあって、これを見た時は正直驚きましたね。

車折神社'19.9.15

玉垣@車折神社'19.9.15(2枚とも)嵐山へ向かう途中、車折神社に寄り道

 この後、再び嵐電に揺られて終点嵐山駅に到着。さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印し、嵐山のシンボル的存在である渡月橋を1往復してきました(続く)。

嵐電モボ611@嵐山'19.9.15

福王子寺ひかる等身大パネル@嵐山'19.9.15

渡月橋@嵐山'19.9.15(3枚とも)嵐電に乗って嵐山に到着

| | コメント (0)

2019京都夫婦旅その4~夜の京都を過ごす

 前回の続き。伏見稲荷駅から京阪電車に揺られて再び三条駅にやってきました。地上に出ると外はすっかり暗くなっていて、近くを流れる鴨川の川べりには夕涼みのため多くの人が訪れているのが見えましたが、近くにある祇園や京都でも一番賑やかな河原町周辺へ足を運ぶとここも多くの観光客が行き交っていて、改めて日本のみならず世界を代表する観光地であることを実感した次第でした。

夕焼け@河原町'19.9.14多くの人や車が行き来する夕方の河原町周辺

 さて、そろそろ夕飯を食べようと店を探すことにしましたが、何分多くの店が点在していることもありなかなか決まらない状況。結局歩いているうちに錦市場まで辿り着き、その一角にあった京料理のおばんさいの店に入ることにしました。京都の町を歩くと至る所で目にする「おばんさい」の文字。ここはバイキング形式で、京野菜を始めたくさんの“おばんさい”を頂きました(続く)。

おばんさい@おばん菜ビュッフェひなたや'19.9.14錦市場にあるバイキング形式のおばんさいの店で夕飯を頂く

| | コメント (0)

2019.11.22

2019京都夫婦旅その3~夕方の伏見稲荷大社を訪ねる

 前回の続き。烏丸御池駅から地下鉄東西線に乗って三条京阪駅へ向かい、京阪に乗り換えて伏見稲荷駅に降り立ちました。さっそく歩いて伏見稲荷大社へ。自分自身、5年前の20143月に足を運んでおりますが、改めて訪れてみると外国人観光客の多さに正直驚きましたね。京都でも有数の名所の一つとは言え、シンボルである千本鳥居の付近は多くの人が常に行き交っておりました。

お稲荷さん@伏見稲荷大社'19.9.14

千本鳥居@伏見稲荷大社'19.9.14

京都市内@伏見稲荷大社'19.9.14(3枚とも)夕方の伏見稲荷大社を訪問

 さすがに奥まで行くには時間が掛かり過ぎるので、中腹の展望台から夕暮れの京都市内を眺めてから下山することに。綺麗になった伏見稲荷駅から再び京阪に乗って京都市内へ戻ってきました(続く)。

伏見稲荷駅舎'19.9.14新しくなった伏見稲荷駅

| | コメント (0)

2019.11.21

2019京都夫婦旅その2~烏丸御池駅で見かけた「地下鉄に乗るっ」の展示

 前回の続き。烏丸御池駅近くのホテルにチェックインしましたが、時刻は16時前とまだまだ明るい時間だったので、京都市内を散策することにしました。地下鉄に乗ろうと再び烏丸御池駅へ向かうと、地下通路の一角に地下鉄の利用促進プロジェクト「地下鉄に乗るっ」のコーナーを発見。キャラクターのイラストの他、2016年に行われた鉄道むすめとのスタンプラリーの展示もあり、懐かしく拝見させていただきました。

地下鉄に乗るっ展示@烏丸御池'19.9.14-1

地下鉄に乗るっ展示@烏丸御池'19.9.14-2

関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー展示@烏丸御池'19.9.14

(3枚とも)烏丸御池駅で見かけた「地下鉄に乗るっ」の展示

 こちらはもっとじっくり拝見したいところでしたが、宿が最寄りなので翌日再び拝見することにして足早に地下鉄に乗り込みました(続く)。

| | コメント (0)

2019.11.20

2019京都夫婦旅その1~のぞみ号で京都入り

 毎年恒例の夫婦旅。どこへ行こうかあれこれ考えていましたが、どうせなら全国鉄道むすめ巡りを兼ねた行先ということで、今年は京都を訪ねることにしました。嵐電と嵯峨野観光鉄道に全国鉄道むすめ巡りのスタンプが設置されており、いずれも嵐山周辺の駅にあるのでスタンプを押しながら周辺を観光することが出来るのも都合がいいところ。敢えて残しておいたのも夫婦旅で回ろうと考えていた次第でした。

 さて今年も昨年と同じくお互いの仕事の都合などで週末2日間での旅となってしまいましたが、メイン処となる嵐山周辺は2日目に回ることにし、初日は自宅をゆっくり出発。東京駅13時ちょうどに発車するのぞみ229号に乗り込みました。出発後、東京駅で買っておいた駅弁を開きランチタイム。食後、のぞみ号では営業を続けている車内販売から名物のアイスクリームをデザートに頂きました。

のぞみ229号@東京'19.9.14

幕の内弁当'19.9.14

バニラアイスクリーム'19.9.14

(3枚とも)午後イチののぞみ号に乗って京都へ

 東京駅を発車して2時間ちょっと、京都駅には1517分に到着。まずはこの日の宿へ向かいますが、最寄り駅が烏丸御池ということで地下鉄に乗って移動し、駅から数分でホテルに到着しました(続く)。

| | コメント (0)

2019.11.19

【9/12】北千住久喜間開業120周年記念スタンプラリー再び~東武

 8月に回った「北千住久喜間開業120周年記念スタンプラリー」。9月から景品のクリアファイルのデザインが変わるとのことで再度回ろうと思い度久喜駅まで足を運んだものの、肝心の台紙が見当たらず、断念となってしまいました。その後、別の駅で台紙を入手し、日を改めて訪問。途中の北越谷駅まで残りわずかとなった東京メトロ03系に乗車し、その後もスタンプを押しながら北千住駅の定期券売り場で無事クリアファイルをゲットしました。

東京メトロ03807@せんげん台'19.9.12残りわずかとなった東京メトロ03系に乗車

20191119_1841219月から新しいデザインになった景品のクリアファイルを無事ゲット

 その後、都電沿線へ。ちょうど「BanG Dream!号」が動いているとのことで、三ノ輪橋電停から乗車。荒川車庫前まで乗ってまいりました。

都電8501@三ノ輪橋'19.9.12三ノ輪橋から「BanG Dream!号」に乗車

| | コメント (0)

2019.11.18

【9/10】全国鉄道むすめ巡り東北編その4~山形鉄道

 全国鉄道むすめ巡り東北編。残るは山形鉄道1ヶ所となりましたが、本来であれば2日間かけて回る予定だったものの、急な予定変更で日帰り行程を余儀なくされました。夏の青春18きっぷの残り1日分に日付を入れてもらい、大宮駅から宇都宮線を北上。やはりどこかで新幹線へ乗り換える必要があり、さらにこの日はゆっくり目に自宅を出発したこともあって、那須塩原駅から新幹線に乗り換えとなりました。

E3系@那須塩原'19.9.10那須塩原から新幹線で赤湯へ

 那須塩原駅1222分発なすの257号に乗り込み、終点郡山で後続のつばさ137号に乗り換えて一気に赤湯駅に到着。さっそく山形鉄道の乗り場へ向かおうと跨線橋を上がると、すっかり“名物”となった東北地方の鉄道むすめ達が出迎えてくれました。ホームにはカラフルなディーゼルカーが単行で停車中。そちらに乗り込むと1435分、荒砥行きのディーゼルカーは赤湯駅を後にしました。

全国鉄道むすめ巡り看板@赤湯'19.9.10

鉄道むすめパネル@赤湯'19.9.10

山形鉄道YR888@赤湯'19.9.10(3枚とも)鉄道むすめ達に出迎えられ、山形鉄道のディーゼルカーに乗車

 1514分、スタンプが設置されている長井駅に到着。ホームに降り立ち、まず目に留まったのは、国鉄時代から使用されていた駅舎が取り壊され、すぐ近くにプレハブの仮駅舎が建っていたことでした。スタンプはその仮駅舎内に設置されており、さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印。新しい駅舎は市庁舎との複合施設になる予定で様相が大きく変わりそうです。

仮駅舎@長井'19.9.10

鮎貝りんご等身大パネル@長井'19.9.10

全国鉄道むすめ巡りコレクションカード@長井'19.9.10(3枚とも)仮駅舎の長井駅でスタンプを押印

 帰りの赤湯行きまで少し時間があったので、長井の町をブラブラ散策することに。おととし12月に訪れた際、郵便局巡りを兼ねて町中を散策しておりますが、置賜地方の商業の中心地とあって洋風の古い建物が残る街並みに歴史を感じました。そんな中、かつて置賜郡役所の建物として使用された「小桜館」という施設が公開されており中を見学。館内に展示されている貴重な資料を拝見してまいりました。

Photo_20191118191101

Fukei_nagaitokamachi

(2枚とも)折り返しまで長井の町をブラブラ

 こうして1620分、赤湯行きのディーゼルカーに乗り込み長井駅を出発。終点まで戻ってきました。山形鉄道と言えば東北の鉄道むすめがラッピングされた車両が1両在籍しており、本来であればこちらを追って朝から沿線をブラブラしたかったところでしたが、今回はスタンプの押印に重きを置いたこともあり、長居することが出来ず些か残念でした。赤湯からは再び18きっぷの旅に戻り、のんびり帰ってきました。

| | コメント (0)

2019.11.17

【9/8】全国鉄道むすめ巡り東北編その3~阿武隈急行に乗る

 前回の続き。名取駅から東北本線に揺られ槻木駅にやってきました。ここから阿武隈急行に乗り換え。この日3か所目となる全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押しに丸森駅へ向かいます。阿武隈急行は昨年7月に梁川駅で開催されたイベントで久しぶりに乗車しましたが、槻木までとなると初乗りの時以来。発車しておよそ30分弱で丸森駅に到着し、さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押してきました。

阿武隈急行AT8116@丸森'19.9.8槻木駅から阿武隈急行に揺られ、丸森駅に到着

 後続の福島行きまで30分ちょっとの待ち時間と、駅から遠出するには時間が少ないことから駅周辺でのんびり過ごすことに。ここは国鉄丸森線の終着駅で、国鉄時代から使用されている駅舎が今も健在ですが、第三セクター転換直後は電化されておらず、ディーゼルカーによる運行でした。また丸森町は今年10月の台風19号で大きな被害が発生。今も阿武隈急行の一部区間で運休となっており、1日も早い復旧が待たれるところです。

丸森たかこ等身大パネル@丸森'19.9.8

丸森駅舎'19.9.8

丸森駅名板'19.9.8(3枚とも)後続列車が来るまで、丸森駅でのんびり過ごす

 改札を抜け、福島行きの列車を待っていると、反対側のホームに福島方面から見慣れない明るいブルーの車体の列車が到着。こちらが今年新たに投入された新型車両AB900系で、外観は東北本線などで活躍するJR東日本のE721系と同タイプの車両ですが、残念ながら今回は乗車することが出来ませんでした。今後増備が進み、これまで活躍してきた8100系が置き換えられる予定になっております。

阿武隈急行AB900系@丸森'19.9.8今年デビューの新車、AB900系と出会う

 この後再び列車に乗って終点福島駅に到着。ここからは東北本線を乗り継いでまっすぐ帰ってきました。

| | コメント (0)

【9/8】全国鉄道むすめ巡り東北編その2~仙台空港を訪ねる

 前回の続き。全国鉄道むすめ巡り2か所目は仙台空港駅を訪ねることにします。仙台駅から仙台空港行きの直通に乗り込み出発。名取駅から仙台空港鉄道に入り、途中大型ショッピングモールがある杜せきのした駅で多くの乗客が下車した後、終点仙台空港駅に到着しました。さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印。近くには仙台空港鉄道の鉄道むすめ、杜みなせの等身大パネルが今もお出迎えしてくれました。

杜みなせ等身大パネル@仙台空港'19.9.8全国鉄道むすめ巡り、2か所目は仙台空港駅を訪問

 さすがにスタンプを押してそのまま折り返すのは物足りないので、仙台空港の展望デッキへ向かい様子を見ていくことに。関東在住の身にとってはなかなか利用する機会がない仙台空港ですが、今から4年前の2015年には中部国際空港からの便で到着し、仙台駅から新幹線で帰りの途に付いたことがありました。その仙台空港は国際線が離発着し、様々な旅客機を見ることが出来ます。

JLEmbraerERJ‐170&OZAirbusA320‐200@仙台空港'19.9.8国際線も離発着する仙台空港の展望デッキから眺める

 折り返しに乗って起点の名取駅で下車。ここから東北本線に乗り換えて今度は阿武隈急行沿線へ向かいますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.11.16

【9/8】全国鉄道むすめ巡り東北編その1~荒井駅を訪ねる

 全国鉄道むすめ巡りも着々と進み、青春18きっぷの最後2日分を使用して東北地方のスタンプを押して回る予定でしたが、出発直前で予定変更せざるを得なくなり、当初1泊での行程だったのがやむなく日帰りとなってしまいました。大宮駅536分発の宇都宮行きで出発し延々北上。そのまま在来線で仙台まで行くと昼近くになってしまうことから、新白河駅で東北新幹線に乗り換え。一気に仙台まで高跳びしました。

やまびこ205号@新白河'19.9.8新白河から新幹線で仙台へ

 やまびこ205号は106分、終点仙台駅に到着。まずは仙台市営地下鉄東西線の終点、荒井駅へ向かいます。地下の乗り場へ向かうと、構内のあちこちに仙台市営地下鉄の鉄道むすめ、青葉あさひのイラストを確認。比較的広告物に使用される頻度の高い鉄道むすめですが、グッズの方は展開が少ないのが些か寂しいところで、思えば去年クリアファイルを買おうとしたもののすでに完売してしまい、涙をのんだことを思い出しました。

青葉あさひイラスト@仙台'19.9.8仙台駅構内のあさひさんのイラストは今も健在

 リニアモーター式の地下鉄に揺られ、終点荒井駅に到着。さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印し、この日最初のミッションを達成しました。前回に続いての全国鉄道むすめ巡り参加で、改札口付近でほほ笑んでいる青葉あさひの等身大パネルも健在ですが、201512月開業の新しい駅ながら、足を運んだのが初乗りを含めて今回で3回目とやはり鉄道むすめの存在が大きいところがありますね。

荒井駅舎'19.9.8

青葉あさひ等身大パネル@荒井'19.9.8

荒井駅構内'19.9.8(3枚とも)荒井駅で無事スタンプを押し、ミッション達成

 来た道を折り返し、再び仙台駅に到着。少し早目でしたが、ここでランチタイムといたしました。仙台と言えば最近は牛たんが名物になったものの、ランチ時ともなると店先に行列が出来ていて急ぎの時にはやや辛いところ。そんな行列が出来ている仙台名物の牛タンの店を横目に今回は握りずしを頂いてきました(続く)。

握りずし@こうや'19.9.8少し早目に仙台駅構内でランチタイム

| | コメント (0)

2019.11.15

【9/1】スタンプラリーから転進、千葉都市モノレールを訪ねる

 8月に回った「北千住久喜間開業120周年記念スタンプラリー」の景品が9月から新しいものに変更されるとのことで、再度回ろうと思い久喜駅へ向かいましたが、あいにく駅に台紙が見当たらず、あえなく断念することにしました。元より期間が9月末までだったので慌てる必要もなく、この日は予定を変更。春日部駅構内に掲示されていたクレヨンしんちゃんの広告を見た後、東武アーバンパークラインで大宮駅まで戻ってまいりました。

クレヨンしんちゃん広告@春日部'19.9.1春日部駅構内に掲示されていたクレヨンしんちゃんの広告

 大宮駅西口からは1110分発の高速バス「ちばたまライナー」に乗車。目立った渋滞もなく、正午過ぎに千葉駅前に到着しました。駅周辺でランチを済ませ、千葉都市モノレールに乗車。一駅揺られて市役所前駅に降り立ちました。この日のお目当ては、初音ミクがラッピングされた「MIKU-FLYER-Evo.」。昨年に続いての運行ですが、近隣の幕張メッセでは初音ミクのイベントも開催され、以前と変わらず人気の高いキャラクターであることが伺えます。

千葉都市モノレール0形@市役所前'19.9.1今年も運行された千葉都市モノレールの「MIKU-FLYER」

 この後、歩いて千葉みなと駅へ移動。この日は千葉みなとと県庁前の区間を行ったり来たりの運用とのことで、県庁前からの折り返しに乗り込んで葭川公園駅に降り立ちました。近くのアーチ橋付近で県庁前からの折り返しを撮影した後、千葉駅へ戻ってきました。

千葉都市モノレール007@千葉みなと'19.9.1

MIKU-FLYERラッピング'19.9.1

千葉都市モノレール0形@葭川公園'19.9.1(3枚とも)千葉みなと駅から乗車

| | コメント (0)

2019.11.14

【8/31】「BanG Dream!号」と出会う~都電

 831日から都電と劇場版「BanG DreamFILM LIVE」とのタイアップ企画がスタート。85001両(8501号)に特製のヘッドマークを取り付けて運行とのことで、初日に足を運んでまいりました。例によってスマホで運行状況を確認。栄町電停近くでしばし待っていると、ヘッドマークを付けた8501号が近づいてきました。ヘッドマークは両端でデザインが異なり、いずれも作品に登場するキャラクターがデザインされていました。

都電8500形@栄町'19.8.31

BanG Dream号ヘッドマーク'19.8.31(2枚とも)BanG Dream号と初めて対面

 なお9月後半からはスタンプラリーも開催され、こちらについては後日改めて訪ねておりますので、後ほど紹介いたします。

 <おまけ>

都電8800形@栄町'19.8.31

 栄町電停近くで8501号を待つ間、路娘のヘッドマークを付けた8800形(8807号)がやってきました。このヘッドマークは以前7700形に付いていたもので、なぜこちらに付いていたのかは不明であります。

| | コメント (0)

2019.11.13

【8/27】東武&京成ネタ探し~京成編

 前回の続き。東武沿線でネタ探しをした後、曳舟駅までやってきました。この後は京成曳舟駅から京成沿線へ向かいますが、その前に駅から歩いて数分のところにある高木神社を訪ねることに。京成曳舟駅の改札付近に設置されたアニメ「からかい上手の高木さん2」のフォトスポットを10日前に見かけたばかりで、アニメの舞台となった神社は周りをビルに囲まれた静かな雰囲気でした。

鳥居@高木神社'19.8.27

高木さん等身大パネル@高木神社'19.8.27

絵馬掛け@京成曳舟'19.8.27(3枚とも)京成曳舟駅最寄りの高木神社を訪問

  京成曳舟駅から乗り込み、まずは10日前と同じく八広駅でネタ探しするも、特筆するものはなし。青砥へ向かうべくホームで待っていると、アニメ「ワンピース」のラッピングが施された京急1000形がやってきました。こちらも10日前、青砥駅でイエローハッピートレインを使用したラッピング車両を見かけたばかりでしたが、テレビ放映がスタートして今年で20年を迎える人気アニメで、各鉄道会社とのコラボも見受けられます。

京急1065@青砥'19.8.27

ワンピースラッピング'19.8.27(2枚とも)アニメ「ワンピース」のラッピング車両に乗車

 青砥からは上野行きに乗り換え。やってきたのは、京成創立110周年ヘッドマークを付けた3400形でした。ヘッドマークを付けた列車に乗車したのは今回が初めてでしたが、車内には往年の京成を代表する車両の写真が展示されておりました。

京成3400形@青砥'19.8.27

京成創立110周年ヘッドマーク'19.8.27(2枚とも)京成創立110周年記念ヘッドマークを付けた3400形に初めて乗車

| | コメント (0)

2019.11.12

【8/27】東武&京成ネタ探し~東武編

 職場の健康診断の再検査で8月は2週続けて病院通いとなりましたが、終了後はネタ探しするべくお出かけすることに。まずは東武沿線へ繰り出そうと大宮駅から東武アーバンパークラインで春日部駅にやってきました。ちょうど8000系の北春日部への回送列車が通過する時間だったのでホームで待つことに。この日はノーマルカラーの8565編成がやってまいりました。

東武8000系@春日部'19.8.27春日部駅を通過する8000系2連の回送列車をお迎え

 その春日部駅では東急85008614編成「伊豆のなつ号」が到着。久喜行きだったので、折り返しを狙うことにしましたが、戻ってくるまでしばらく時間が掛かることからそのまま都内へ向かいました。やってきたのは堀切駅近くの歩道橋付近。定番でありますが、一時は東武スカイツリーライン沿線へ足を運ぶ度に見かけたものの最近はご無沙汰だったので久しぶりの撮影となりました。

東急8500系@堀切'19.8.27久しぶりに伊豆のなつ号と対面

 この後は曳舟へ移動し京成沿線へ向かいますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.11.11

【8/25】今年も開催、栗橋みなみ夏祭りを訪ねる

 毎年恒例の栗橋みなみ夏祭りが今年も825日に開催され、昨年に続き足を運んでまいりました。会場に到着したのは午前10時半前。ちょうど鉄道制服ファッションショーが行われるところで、ステージの周りにはすでに多くの人が集まっておりました。元々は鉄道むすめグッズの販売がメインのイベントでしたが、近年はこのファッションショーも目玉の一つになりつつありますね。

鉄道制服ファッションショー@栗橋みなみ夏祭り'19.8.25

丸山はやみ等身大パネル@栗橋みなみ夏祭り'19.8.25

 

葭川となみちびキャライラスト@栗橋みなみ夏祭り'19.8.25

(3枚とも)今年も大盛況でした~栗橋みなみ夏祭り

 もちろん鉄道むすめグッズの方もいろいろと入手。8月最後の日曜日は充実した1日と相成りました。

戦利品@栗橋みなみ夏祭り

今年の戦利品

| | コメント (0)

2019.11.10

11月14日は埼玉県民の日

 今週の木曜日は埼玉県民の日ということで、恒例となっている1日乗り放題のフリーきっぷが各鉄道会社から今年も発売されます。概ね例年通りの内容ですが、今年10月から施行された消費税により東武や西武の大人の値段が上がった一方、SRは逆に値下げとなっております。

 東武鉄道       大人  480円 子供 240

 西武鉄道       大人  480円 子供 240

 埼玉高速鉄道     大人  580円 子供 290

 秩父鉄道       大人 1,000円 子供 500

 つくばエクスプレス  大人  2,420円 子供 690円 (県外の路線も含めTX全線で有効)

 埼玉新都市交通    大人  430円 子供 220円 

  なお、以前は県民の日に開催されていたニューシャトルの丸山車両基地での公開イベントが今年は17日に開催されますが、県民の日のフリーきっぷは14日のみの使用となっているため、通常販売のフリーきっぷ等を利用することになります。

Laviewポスター@元加治'18.11.14

ここ2年間は西武沿線をブラブラ~埼玉県民の日

| | コメント (0)

【8/20】新宿で中央線開業130周年ラッピングトレインと出会う

E233系@新宿'19.8.20

 毎年行われている職場の健康診断の結果で引っ掛かった項目があったので、検査のため病院を受診。終了後、都内へ繰り出すことにしました。ちょうど新宿のオリンパスギャラリーで鉄道写真家広田泉氏の写真展が開催されていたので、そちらを拝見した後、列車が見える青梅街道沿いの陸橋へ。しばし待っていると、中央線開業130周年ラッピングトレインがやってきました。つい数日前に追っていたばかりで、この時期はよく目にしました。

| | コメント (0)

【8/17】東武博物館・京成沿線ネタ探し

 前回の続き。北千住駅から再び東武スカイツリーラインに乗り込み、東向島駅に降り立ちました。東向島と言えば駅のすぐ下にある東武博物館。今年6月に見学した企画展「平成の東武を彩ったヘッドマーク」の後期展示が行われているとのことでやってきましたが、今回は引退した車両や列車がテーマで、中には当時現地に行って乗車した列車のものも展示されていました。

平成の東武を彩ったヘッドマーク企画展示@東武博物館'19.8.17東武博物館の企画展「平成の東武を彩ったヘッドマーク企画展示」の後期展示を見学

 再び東武スカイツリーラインに揺られ、次の曳舟駅で下車。この後は京成沿線でネタ探しをしようと歩いて京成曳舟駅へ向かうと、改札口の近くにアニメ「からかい上手の高木さん2」に登場する教室を再現したフォトスポットが設置されているのを見かけました。あいにくアニメは観たことがないので内容はわかりませんが、駅近くにある高木神社が舞台となっているとのことで、後日改めて訪ねることにしました。

からかい上手の高木さんフォトスポット@京成曳舟'19.8.17アニメ「からかい上手の高木さん2」のフォトスポットが登場した京成曳舟駅

 列車に乗り込み、次の八広駅で下車。ここでネタ探しをしようとしばしホームで待っていると、押上方面から京成創立110周年記念のヘッドマークを付けた3700形がやってきました。イラストは往年の青電とこの秋デビューした新車3100形がデザインされたもの。ニュースリリースによれば、この他3000形と3400形にも取り付けられているとのことでしたが、この日目にしたのはこの1本だけでした。

京成3700形@八広'19.8.17八広で京成創立110周年ヘッドマークを付けた3700形と対面

 再び列車に乗り込み、今度は京成立石駅で下車。今年に入ってから何度も乗り降りしているすっかりお馴染みになった駅ですが、ここでもネタ探ししようと青砥寄りのカーブ付近で待っていると、養老鉄道100周年を記念してコラボしたヘッドマーク付きの京急600形や5500形の投入で徐々に数を減らしつつある都営5300形など多くの車両と出会うことができました。

京急600形@京成立石'19.8.17

都営5300形@京成立石'19.8.17(2枚とも)京成立石駅近くのカーブでネタ探し

 様々な車両と出会うことが出来、これでそろそろ帰り支度。再び列車に乗って青砥駅へ向かい、上野行きの列車に乗り換えようとしたら、反対側のホームにイエローハッピートレインがやってきました。車体にはアニメ「ワンピース」のキャラクターのラッピングが施されており、この夏 京急沿線で行われた「ワンピース」とのコラボ企画に合わせて運行されました。

京急1000形@青砥'19.8.17

ワンピースラッピング'19.8.17

京成AE形&京急1000形@青砥'19.8.17青砥駅でアニメ「ワンピース」のラッピングが施されたイエローハッピートレインと対面

 短い時間でしたが、いろいろネタ探しをすることが出来、満足な1日を過ごせました。

| | コメント (0)

2019.11.09

【8/17】北千住久喜間開業120周年記念スタンプラリーを巡る~東武

 東武伊勢崎線の北千住駅と久喜駅との区間が開業して今年で120年目を迎えることを記念し、沿線でスタンプラリーが行われるとのことで回ってくることに。景品の交換が春日部駅と北千住駅の2か所となっていることから、久喜駅からスタートして都内へ向かって乗り降りしながら進むことにしました。途中の東武動物公園駅で降りた際、反対側のホームに東武20000系が停車。後継の70000系の増備に伴い、徐々に数が少なくなりつつあります。

東武20000系@東武動物公園'19.8.1770000系の増備で徐々に少なくなりつつある20000系と対面

 その後、春日部、北越谷、草加の各駅に下車しながらスタンプを押印。この先の谷塚駅では80002連の回送列車をお迎えしました。午前中に大師線の運用に入っていた8000系で、12時半過ぎに西新井駅を発車。北春日部にある車両基地へ回送される運用ですが、8000系が日中堂々東武スカイツリーライン線内を走ることもあって、自分にとっては要チェックとなっております。

東武8000系@谷塚'19.8.17谷塚で北春日部へ向かう8000系の回送列車をお迎え

 その後、西新井駅でも降りてスタンプを押印。北千住駅で最後のスタンプを押して完集と相成りました。そのまま定期券売り場で景品と交換。歴代の東武を代表する車両がデザインされたクリアファイルを頂きました。なおスタンプラリーは9月末まで行われ、翌月は異なるデザインのクリアファイルが景品とのことで、後日改めてスタンプラリーを行うことになりましたが、その時の様子については後日紹介したいと思います(続く)。

スタンプラリー景品北千住で景品と交換

| | コメント (0)

2019.11.08

【8/11】中央線開業130周年ラッピングトレインを追う

 前回の続き。国分寺駅から中央線に乗り換えます。高尾方面行きのホームへ向かうとちょうど新宿方面から列車がやってくるところだったので目をやると、何やらヘッドマークらしきものが付いている様子。「もしや」と思い待っていると、やはり中央線開業130周年のラッピングトレインでした。実は中央線沿線へやってきたのはこちらがお目当て。いきなりやってくるとは何ともタイミングが良すぎでした。

クハE233-24@国分寺'19.8.11国分寺でいきなり対面~中央線開業130周年ラッピングトレイン

 ここからラッピング車両に乗り込み国立駅で下車。西国分寺駅方向へ歩いて10分ほど行った陸橋や日野駅最寄りの多摩川橋梁、それに御茶ノ水駅近くでそれぞれラッピング車両を撮影してきました。

E233系@国立'19.8.11

E233系@日野'19.8.11

E233系@御茶ノ水'19.8.11(3枚とも)午後は中央線沿線でラッピングトレインを追っかけ

| | コメント (0)

2019.11.07

【8/11】西武多摩湖線で近江鉄道カラーに乗る

 7月に青梅線で運行されたリゾートやまどりに乗車した帰り道、西武多摩湖線で運行中の近江鉄道カラー新101251編成に乗ろうと訪ねたものの、萩山駅で入庫してしまい乗車することが出来ませんでした。そこでリベンジということで再び多摩湖線沿線を訪ねることに。武蔵野線新小平駅から歩いて青梅街道駅近くで待つことしばし、萩山方面から近江鉄道カラーの251編成が近づいてきました。

西武新101系@青梅街道'19.8.11-1多摩湖線を走る近江鉄道カラー251編成と対面

 引き続き青梅街道駅と一橋学園駅との区間の沿線で行き交う多摩湖線の列車を観察。この日は近江鉄道カラーを始め赤電や黄色、それにいずっぱこカラーと4つのカラーが行き来し、待っている間は飽きることがありませんでした。今年4月に西武多摩川線沿線を乗り歩いた際、野川沿いに咲く桜を入れてこれらカラフルな新101系をいろいろ撮影してきましたが、今はここ多摩湖線の方がカラフルになりました。

西武新101系@青梅街道'19.8.11-2

西武新101系@青梅街道'19.8.11-3

西武新101系@青梅街道'19.8.11-4(3枚とも)この日の多摩湖線はカラフル

 この後、歩いて一橋学園駅まで移動。ここから251編成に乗り込み、国分寺駅までの一区間だけ揺られました(続く)。

西武新101系@国分寺'19.8.11近江鉄道カラーに一区間だけ乗車

| | コメント (0)

2019.11.06

【8/10】都電納涼号・東京駅・三ツ星カラーズクイズラリー

 8月中旬の週末土曜日、都営まるごときっぷを片手に都内をブラブラ散策してまいりました。まずはこの日一番のお目当てだった都電納涼号に乗車。都電では季節ごとにレトロ車両9000形を使用した企画モノの電車を運行しておりますが、都電納涼号もその中の一つで、ここ数年は都電の夏の風物詩となりましたね。今回に限らず、都電の企画モノはどうしても足が向いてしまいます。

都電9002@三ノ輪橋'19.8.10

都電納涼号ヘッドマーク'19.8.10

都電納涼号ラッピング'19.8.10(3枚とも)夏の都電沿線の風物詩、都電納涼号に乗車

 都電納涼号で終点三ノ輪橋に到着。近くのバス停から都バスに乗り込みました。都営まるごときっぷは都営地下鉄や都電はもちろん、日暮里・舎人ライナーや都バスも1日乗り放題なので、都内のかなり広範囲を移動することが可能ですが、浅草で地下鉄に乗り換えて新橋へ向かい、有楽町まで歩いて移動した後、再び都バスに乗って東京駅へやってきました。この日は帰省ラッシュの真っ只中。すぐにバスに乗り込み、先へ向かいます。

井上勝像@東京'19.8.10

東京駅近くに立つ井上勝像

 御茶ノ水駅や本郷三丁目で都バスを乗り継ぎ、上野に到着。ちょうど上野が舞台のアニメ「三ツ星カラーズ」のクイズラリーが行われていて、短時間で回れる内容だったので押してきました。以前からアニメの存在は以前から知っておりましたが、JRと東京メトロ、そして京成の各駅にはキャラクターの等身大パネルが設置。些か駆け足でしたが、短時間で回ることができました。

結衣等身大パネル@京成上野'19.8.10

三ツ星カラーズクイズラリーパンフレット

(2枚とも)上野界隈で行われていたアニメ「三ツ星カラーズ」のクイズラリーに参戦

 時刻は16時過ぎ。1日都内をブラブラして回り、だいぶ疲れが出てまいりましたので、ここで帰り支度と相成りました。

| | コメント (0)

2019.11.05

全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その8~18きっぷでのんびり帰る

 前回の続き。三岐鉄道北勢線沿線で午前中過ごした後、正午前に桑名へ戻ってまいりました。ここから再び関西本線に乗り換えて名古屋へ。そろそろ腹も減ってきたところだったので、今年5月に入った在来線ホーム上のきしめんの店で頂くことにしました。「名古屋めし」と呼ばれるほど多くの名物がある名古屋ですが、その中でもきしめんは立ち食いのお店で手頃なお値段で食べることが出来ますね。

きしめん@名古屋駅'19.8.5昼は名物のきしめんで腹ごなし

 
 腹も満たされ、13時過ぎに発車する東海道本線の上り列車に乗車。今回は乗り継ぎ時間が少なかったこともあり、名鉄百貨店のアイドル「ナナちゃん人形」に挨拶することができませんでした。そのまま終点の豊橋駅で浜松行きの列車に乗り換え。時間があったので、名物のあんまきを手に入れました。今年1月に初めて買って食べたのに続いて2回目でしたが、午後のおやつにまさにピッタリですね。

あんまき@豊橋'19.8.5豊橋で名物のあんまきを入手

 浜松行きの列車に揺られ、終点に到着する直前、広大な車両基地の一角にリニア・鉄道館で展示されていた117系とクロ381が繋がれて留置されているのを車内から見かけました。リニア・鉄道館が開館して間もない頃に訪ねておりますが、両方とも拝見していたのでここに留置されている光景を目にしたのは何とも言えないところ。今年7月からN700系の展示が開始されたのと入れ替わる形で、その後解体されてしまったのが残念なところ。

117系&クロ381@浜松'19.8.5浜松で見かけた117系とクロ381

 浜松駅に到着すると、ホームにある電光掲示板に「熱海」と表示があるのを確認。そのまま座って熱海まで運んでくれるので、1本落として乗り込みました。とは言え、車内は立ち客が出るほどの混雑ぶり。些か落ち着かない雰囲気でしたが、熱海まで来ればここからは上野東京ラインで1本道なので、グリーン車に揺られて帰ってきました。

| | コメント (0)

2019.11.04

全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その7~三岐鉄道北勢線を訪ねる

 前回の続き。亀山のホテルで一晩を過ごし、翌朝早くにチェックアウトして亀山駅にやってきました。616分発の名古屋行き普通列車に乗車するためあまり時間がありませんでしたが、待合室に紀勢本線全通60周年を記念して写真が展示されていたので少しだけ拝見することに。高校生の頃、青春18きっぷを使って亀山から新宮まで乗り通したことがあり、当時の記憶が少しだけ蘇ってまいりました。

紀勢本線全通60周年記念@亀山'19.8.5紀勢本線が全通して今年で60年

 亀山駅を出発し、71分に桑名駅到着。ここで下車して、隣にある三岐鉄道の西桑名駅にやってきました。この日は午前中、三岐鉄道北勢線沿線をブラブラすることにしましたが、ちょうど桑名駅到着直前、ホームに北勢線の鉄道むすめ、楚原れんげのラッピング車両が停まっているのを車内から確認。西桑名駅に着いた時にはすでに発車した後だったので、この後北勢線沿線で迎えることにします。

楚原れんげ等身大パネル@西桑名'19.8.5

この日は北勢線沿線をブラブラ

 窓口で1日乗車券を入手。後続の列車に乗り込んで西桑名駅を後にしました。これでラッピング車両の大まかな時刻は把握できたので、後は折り返しをどこでお迎えするかになりましたが、いろいろ考えた末、前回5月に訪れた時と同じく穴太駅近くでお迎えすることに。駅から楚原寄りに進んだところにある踏切付近で待つことしばし、西桑名へ向かうラッピング車両がやってまいりました。

三岐鉄道270系@穴太'19.8.5穴太駅近くでラッピング車両をお迎え

 再び列車に乗り込み先へ。今回は時間があったので、終点の阿下喜駅まで乗ることにしました。ここは近鉄時代と三岐鉄道移管後の2回、乗り潰し目的で降り立っておりますが、駅舎が新しくなっていた上、隣接にはかつて近鉄時代に活躍したモニ226が保存されていました。実は初めて訪れた近鉄時代の19929月、北大社の車両基地にこの車両が止っていたのを当時見かけております。

三岐鉄道270系@阿下喜'19.8.5

阿下喜駅舎'19.8.5

近鉄モニ226@阿下喜'19.8.5(3枚とも)終点阿下喜駅に到着

 折り返し西桑名行きの列車に乗って楚原駅で下車。前回の時と同じく阿下喜寄りへ歩いて20分ほどのところにあるめがね橋付近へ向かいました。西桑名駅で貰った時刻表をもとにラッピング車両のスジを考察していたら、この後やってくる様子だったので待つことに。ところがやってきたのはラッピングのない通常の車両でした。どうやら楚原駅あたりで車両交換が行われた様子で、めがね橋とのツーショットが撮れなかったのが残念なところ。

三岐鉄道270系@楚原'19.8.5めがね橋を渡る北勢線の電車

  再び楚原駅に戻り、列車に揺られて西桑名駅に到着。結局お目当てのラッピング車両は朝のうち1回しか出会うことが出来なかったのが残念でしたね(続く)。

<おまけ>

近鉄モハニ50形@北大社'92.8

 初めて北勢線を訪れた1992年9月、北大社の車両基地に止まっていたモハニ50形の画像が残っているので紹介します。

| | コメント (0)

2019.11.01

全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その6~夜の関西本線で亀山へ

 前回の続き。夏の日の長い時期とは言え、だいぶ薄暗くなってきた大阪の町にやってきました。この後予約したホテルのある亀山まで移動しなければならず、まだまだ旅の途中。夕飯を食べようと新今宮駅から天王寺へ向かいました。ここは駅に隣接して商業施設が多く集まっており、何かしら食事にはあり付けそうですが、駅ビルの中を探していたら串揚げの店を見つけ、ここで頂いてきました。

串揚げ@串の坊'19.8.4夕飯は大阪名物の串揚げ

 腹も満たされ、これでこの先の旅もまだまだ十分行けることに。関西本線に乗り込み、奈良駅に降り立ちました。まず驚いたのが高架化された駅と周辺の様子。自分にとって奈良駅は地上駅時代のイメージしか残っておらず、すっかり変わってしまったことにただ驚くばかりでした。そんな中、駅のすぐ隣には地上駅時代の歴史ある駅舎が保存されていて、昔の面影を忍ばせてくれました。

奈良駅舎'19.8.4

せんとくん@奈良'19.8.4

旧奈良駅舎'19.8.4(3枚とも)高架化ですっかり様子が変わった奈良駅に降り立つ

 この後、亀山行きが出る加茂駅まで移動。橋上駅舎の駅前には高層マンションが建ち、どこでも見ることが出来る駅の風景が広がっていました。そんな行き交う人もほとんどいない加茂駅に2両のステンレス製のディーゼルカーが停車中。これが2118分発の亀山行きで、この日の亀山行きの最終列車となります。加茂を出ると夜の関西本線を亀山へ向けて走行。車窓は楽しむことが出来ないものの、車内はさながら夜汽車の雰囲気が漂っておりました。

キハ120形@加茂'19.8.4加茂から最終の亀山行きに乗車

 終点の亀山駅には2248分に到着。予約してあったホテルは駅から歩いて10分足らずのところにありました(続く)。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »