« 全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その5~鉄道むすめのミューラルがある和泉中央駅を訪ねる | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その7~三岐鉄道北勢線を訪ねる »

2019.11.01

全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その6~夜の関西本線で亀山へ

 前回の続き。夏の日の長い時期とは言え、だいぶ薄暗くなってきた大阪の町にやってきました。この後予約したホテルのある亀山まで移動しなければならず、まだまだ旅の途中。夕飯を食べようと新今宮駅から天王寺へ向かいました。ここは駅に隣接して商業施設が多く集まっており、何かしら食事にはあり付けそうですが、駅ビルの中を探していたら串揚げの店を見つけ、ここで頂いてきました。

串揚げ@串の坊'19.8.4夕飯は大阪名物の串揚げ

 腹も満たされ、これでこの先の旅もまだまだ十分行けることに。関西本線に乗り込み、奈良駅に降り立ちました。まず驚いたのが高架化された駅と周辺の様子。自分にとって奈良駅は地上駅時代のイメージしか残っておらず、すっかり変わってしまったことにただ驚くばかりでした。そんな中、駅のすぐ隣には地上駅時代の歴史ある駅舎が保存されていて、昔の面影を忍ばせてくれました。

奈良駅舎'19.8.4

せんとくん@奈良'19.8.4

旧奈良駅舎'19.8.4(3枚とも)高架化ですっかり様子が変わった奈良駅に降り立つ

 この後、亀山行きが出る加茂駅まで移動。橋上駅舎の駅前には高層マンションが建ち、どこでも見ることが出来る駅の風景が広がっていました。そんな行き交う人もほとんどいない加茂駅に2両のステンレス製のディーゼルカーが停車中。これが2118分発の亀山行きで、この日の亀山行きの最終列車となります。加茂を出ると夜の関西本線を亀山へ向けて走行。車窓は楽しむことが出来ないものの、車内はさながら夜汽車の雰囲気が漂っておりました。

キハ120形@加茂'19.8.4加茂から最終の亀山行きに乗車

 終点の亀山駅には2248分に到着。予約してあったホテルは駅から歩いて10分足らずのところにありました(続く)。

|

« 全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その5~鉄道むすめのミューラルがある和泉中央駅を訪ねる | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その7~三岐鉄道北勢線を訪ねる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その5~鉄道むすめのミューラルがある和泉中央駅を訪ねる | トップページ | 全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その7~三岐鉄道北勢線を訪ねる »