« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020.04.30

【3/15】運行開始、鉄道むすめラッピング車両に乗る~関東鉄道

 37日から関東鉄道で運行を開始した鉄道むすめのラッピング車両。15日からは「常総線春のお出かけ!キャンペーン」と題し、所定の企画乗車券を購入すると鉄道むすめがデザインされたクリアファイルが貰えるとのことで、早速キャンペーン初日に訪ねてまいりました。流山おおたかの森経由で守谷駅に到着。そのまま関東鉄道の乗り場へ向かい、「常総線1日フリーきっぷ」を購入すると、目的のクリアファイルを頂くことが出来ました。

常総線春のお出かけ!キャンペーンクリアファイルフリーきっぷを購入し、鉄道むすめのクリアファイルをゲット!

 そのラッピング車両はキャンペーン期間中の土休日、限定で運行されることが公式サイトで記されており、それによれば水海道駅1147分発の下館行きに充てられるとのこと。一先ず水海道へ向かいますが、11月のイベントの時にはお馴染みの水海道車両基地に差し掛かると、お目当てのラッピング車両が出発の準備を整えておりました。そのまま水海道駅に到着して待つことしばし、ゆっくりとラッピング車両がホームに入ってまいりました。

鉄道むすめラッピング車両ポスター@水海道'20.3.15

ラッピング車両運行を知らせるポスターにも2人の鉄道むすめがデザイン

 出発までの間、車体にデザインされたラッピングをじっくり拝見することに。関東鉄道の鉄道むすめ、寺原ゆめみに加えてつくばエクスプレスの鉄道むすめ、秋葉みらいがデザインされた辺りは茨城県つながりですね。その秋葉みらいについては登場して以降、フィギュアを除いては今一つ展開に乏しかったので、今回はようやく日の目を見たところでしょうか?

関東鉄道キハ5000形@水海道'20.3.15


秋葉みらいラッピング'20.3.15

寺原ゆめみ&秋葉みらいラッピング'20.3.15(3枚とも)茨城県の鉄道会社所属の2人の鉄道むすめがラッピング

 こうしてラッピング車両充当の下館行きは1147分、水海道駅を発車。久しぶりに関東鉄道の車窓を堪能することにします(続く)。

| | コメント (0)

2020.04.29

【3/14】開業初日の高輪ゲートウェイ駅を訪ねる

 前回の続き。船橋から総武快速線に乗り込んで都内へ向かいます。この日は高輪ゲートウェイ駅が開業。その様子を見に行くことにしますが、その前に新小岩駅で下車して都区内パスを手に入れました。きっぷの券面には「祝!高輪ゲートウェイ駅開業」の文字が印字されており、これは昨年4月から5月にかけて「平成」と「令和」の文字が印字された時と同じ期間限定の特別仕様となっておりました。

祝!高輪ゲートウェイ駅開業都区内パス新小岩駅で購入した都区内パスは高輪ゲートウェイ駅開業記念仕様

 再び総武快速線に乗り込み、新橋で山手線に乗り換え。田町を過ぎると、車内に流れる「次は高輪ゲートウェイ」の旨の自動放送が新鮮でしたね。しかし高輪ゲートウェイ駅に到着しホームに降り立つと、駅構内は多くの人でごった返しておりました。この時期はすでにテレビなどで感染症のニュースが連日報道されていた時期。駅に溢れるほどの人の波からはその後の世の中の空気を予想することはできませんでした。

高輪ゲートウェイ駅名板'20.3.14

高輪ゲートウェイ駅名表示'20.3.14

E233系@高輪ゲートウェイ'20.3.14(3枚とも)大盛況だった開業初日の高輪ゲートウェイ駅

 あまりの混雑とあいにくの雨模様もあって短時間で撤収。帰りの途に付きました。

| | コメント (0)

2020.04.28

【3/14】運転開始、急行で東武アーバンパークライン全線を乗り通す

 314日はJRを始め、鉄道各社でダイヤ改正が行われましたが、東武アーバンパークラインでは全線での急行運転がこの日からスタート。さっそく運転開始初日に全線を踏破してまいりました。大宮駅でまずはこの日から発売された全線急行運転開始記念乗車券を入手。全線急行運転開始のポスターが目立つ中、大宮駅発最初の直通列車となる911分発急行船橋行きに乗り込みます。

全線急行運転開始記念乗車券

全線急行運転開始ポスター@大宮'20.3.14

東武60000系@大宮'20.3.14(3枚とも)記念乗車券をゲットし、いよいよ急行列車に乗車

 岩槻、春日部の各駅はこれまでの急行の停車駅と同じ。そして春日部から先、運河まで各駅に停車した後、ここから先は再び急行運転となります。つくばエクスプレスの乗換駅である流山おおたかの森駅に停車した後、柏駅に到着。ここで少し停車した後、向きを変えて一路船橋へと向かいます。今回の急行運転で一番大きな変化を遂げた高柳駅と北総線や新京成線の乗換駅である新鎌ヶ谷駅に停車した後、1032分に終点船橋駅に到着しました。

60000系車内モニター'20.3.14急行運転中の60000系の車内モニター

  ところで船橋へ向かう途中、何やらヘッドマークを付けた60000系とそれ違いましたが、新しい東武の時刻表で大まかな運用を調べていたら、柏と船橋との間を行き来していることから、すぐに折り返して高柳駅へ向かいました。途中でヘッドマークをつけた60000系と再度それ違っており、ホームで待つことしばし、お目当ての60000系が到着。中身は全線急行運転開始のヘッドマークでした。

全線急行運転開始ヘッドマーク'20.3.14

東武60000系@高柳'20.3.14(2枚とも)全線急行運転開始のヘッドマークを付けた60000系

 こちらを見送り、再び船橋へ。隣接の東武百貨店へ向かい、大宮駅で手に入れた記念乗車券に付いているノベルティ引換券を見せてオリジナルのボールペンを頂きました(続く)。

クリアファイル&ボールペン

記念乗車券に添付の引換券でボールペンとクリアファイルをゲット

| | コメント (0)

2020.04.27

【3/13】東武20000系

東武20000系@一ノ割'20.3.13

 東武スカイツリー沿線で日比谷線直通用の20000系が走っている姿を目にすることが出来ました。この時点ではまだ営業運転を終了する旨のアナウンスがなく、もう少し走るのかなと思っておりましたが、この日から半月ほどで運行を終了するとは思いもしませんでしたね。ちなみにこの日は短い時間ながら、2本の20000系が本線上を走っているところを見かけました。

| | コメント (0)

2020.04.26

【3/12】片道1,000円で行く沼津旅その4~ラッピングバスで帰路に

 前回の続き。三島駅に戻るとすぐに東海道本線のホームへ向かい、下り列車に乗り込みます。揺られること一駅で沼津駅に到着。この後、来た時に乗車した富士急シティバスに乗って東京へ向かうことにしますが、出発まで時間があったので、駅前に乗り入れてくるアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバスを見ながら時間潰ししておりました。多くのラッピングバスが走っているので、駅前で待っていれば何かしらのバスに出会えますね。

東海バス@沼津駅南口'20.3.12出発まで、駅前にやってくるラッピングバスを見ながら時間潰し

 そろそろ出発時間が近づいてきたので、富士急シティバスの乗り場へ向かうと、午前中乗車したラッピングバスが到着。さっそく乗り込み1545分、沼津駅南口を発車しました。午前中降り立った北口で乗客を拾い、沼津市内をしばし走行した後に沼津インターから東名高速道路へ。足柄サービスエリアで休憩した後、大きな遅れもなく東京駅日本橋口に到着しました。

富士急シティバス@東京駅日本橋口'20.3.12すっかり日が落ちた東京駅に到着

| | コメント (0)

2020.04.25

【3/12】片道1,000円で行く沼津旅その3~帰りはHPTで三島へ

 前回の続き。修善寺駅到着後、1本後にやってくる“HPT”に乗って折り返すことにします。その修善寺駅、2番線と3番線の車止め手前にあるホームの柵に何やら籠のようなものが設置されているのを確認。ぬいぐるみと一緒に記念撮影するためのもののようですが、実は前回訪れた2月末の時にはすでに設置されていて、実際にぬいぐるみを置いて記念撮影していた乗客を見かけました。

ぬいぐるみ置き場@修善寺'20.3.12

ぬいぐるみとの記念撮影に便利なものが出来てました(笑)

 そんな中ホームで待つことしばし、三島方面から“HPT”が到着。この日は”Over the Rainbow号“の後続で運行されていたこともあって、修善寺駅での並びを見ることが出来ました。その”HPT“ですが、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の3人組ユニット「AZALEA」のヘッドマークを掲出。2月中から行われていた3人組ユニットのヘッドマークのラストとなりました。

伊豆箱根鉄道3000系&7000系@修善寺'20.3.12-1

伊豆箱根鉄道3000系&7000系@修善寺'20.3.12-2

AZALEAヘッドマーク'20.3.12(3枚とも)アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の3人組ユニット「AZALEA」のヘッドマークを付けた”HPT”

 こうして“HPT”に乗り込み、修善寺駅を出発。少し時間があったので、三島田町駅で途中下車し、三島から戻ってきた2本のラッピング車両をお見送りしました(続く)。

ラブライブサンシャイン等身大パネル@三島田町'20.3.12

伊豆箱根鉄道7000系@三島田町'20.3.12

高海千歌ラッピング'20.3.12(3枚とも)三島田町で途中下車

| | コメント (0)

2020.04.24

【3/12】片道1,000円で行く沼津旅その2~“LAST RUN”ヘッドマークが付いた“Over the Rainbow号”に乗る

 前回の続き。バスを降りてすぐに沼津駅の改札を通りホームへ向かいます。タイトルでは“沼津旅”と書いたものの、実際にはいずっぱこ沿線を訪ねるのがこの日のメインでありましたが、ちょうど東海道本線の上り列車が発車するところだったので足早に乗り込むことに。一駅揺られて三島駅に降り立ちました。まずはランチを済ませることに。昨年来から度々足を運んでいる駅隣接の「沼津魚がし鮨」でランチの握りを頂いてまいりました。

握り寿司@沼津魚がし鮨'20.3.12三島駅隣接の寿司店でランチタイム

 腹が満たされ、そのままいずっぱこの乗り場へ。今回も窓口でアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」柄の旅助けを入手しましたが、おまけに付いてくるアクリルバッジは“LAST RUN”のヘッドマークをあしらったものでした。当初は3月末をもって運行を終了する予定だった“Over the Rainbow号”も、年明け来から連日ニュースにも感染症の影響で3月末に開催予定だったイベントが中止になってしまいました。

ラブライブサンシャイン旅助け'20.3.12

伊豆箱根鉄道7000系@三島'20.3.12

Overtherainbowラストランヘッドマーク'20.3.12(3枚とも)ラストランのヘッドマークを掲出した”Over the Rainbow号”

 その“Over the Rainbow号”に乗り込み、三島駅を出発。今回は帰りのバスの時間もあり途中下車はせず終点修善寺駅までまっすぐ乗り通してまいりました(続く)。

| | コメント (0)

2020.04.23

【3/12】片道1,000円で行く沼津旅その1~ラッピングバスで沼津へ

 今年も富士急シティバスの東京と沼津を結ぶ路線で平日に限り片道1,000円で乗車できるキャンペーンが行われていましたが、終了の1週間前となる312日に日帰りで足を運ぶことに。東京駅八重洲南口にある電光掲示板を見ると、9時ちょうど発の沼津行きだけがこの日なぜか満席でした。感染症拡大のニュースが徐々に流れている時期ながら、その後の自粛ムードからはまだまだ遠い印象でしたね。

東京駅八重洲南口バスターミナル'20.3.12

この日はラッピングバスが運行~ラブライブ!サンシャイン!!

 9時ちょうど、沼津行きのバスは東京駅八重洲南口を発車。昨年9月に利用して以来久しぶりの乗車となりましたが、その時はラッピング車両の不具合で一般車による運行だったので、ラッピング車両に出会うのは7月以来となりました。(続く)。

富士急シティバス@沼津駅北口'20.3.12ラッピングバス同士が出会う沼津駅北口

| | コメント (0)

2020.04.22

【3/11】70周年を迎えたライオンズで盛り上げる西武沿線

 レッドアローの池袋線での定期運用終了という大きな話題があったことから、ここ最近西武のネタが続いておりますが、今回も西武に関して書いておきたいと思います。「ライオンズ」として今年で70周年を迎える埼玉西武ライオンズでは様々な企画が催されており、池袋駅では往年のライオンズに所属した選手の装飾が施されることに。やはり自身にとっては90年代初頭の圧倒的な強さを誇った時のイメージが強いですね。

ライオンズ70周年記念装飾@池袋'20.3.11池袋駅に登場したライオンズ70周年記念装飾

 そして数日前に乗車した“L-train”が装いを新たに登場。ライオンズで活躍した往年の選手が車体にラッピングされました。西武時代の選手はもちろん、前身の西鉄ライオンズの時に活躍した“鉄腕”稲尾投手や“怪童”中西選手がラッピングされるあたり、今回の企画はかなり力が入っている印象を受けましたね。これも10年ほど前に行われていた「ライオンズクラシック」の一環と言えるかもしれません。

西武20000系@東久留米'20.3.1170周年を記念してL-trainもデザインを変更

 もちろんこの日はダイヤ改正の前ということで、池袋線で最後の活躍をするレッドアローの姿も確認。レッドアロークラシックの姿を見ることが出来ました。

西武10000系@東久留米'20.3.11池袋線での最後の活躍~レッドアロークラシック

| | コメント (0)

2020.04.21

【3/7】西武沿線乗り歩きその4~L-train、そして小江戸号

 前回の続き。元加治駅付近でいろいろネタ探しをしてまいりましたが、そろそろ帰りの時間となりました。ちょうど飯能方面へL-trainが走って行ったので、折り返しの池袋行きに乗り込むことに。このL-train2日後の9日から埼玉西武ライオンズ70周年を記念してデザインを変更して運行を開始することになり、変更前の姿を目にしたのはこの日が最後となりました。

西武20000系@元加治'20.3.7-22日後にはパワーアップして登場することになる”L-train”

 所沢駅に到着し、ここから新宿線に乗り換え。いつものように小江戸号に揺られて本川越へ向かいました。池袋線では定期運用が終了となるレッドアローもこちらでは引き続き元気な姿を見ることが出来ます。

西武10711@本川越'20.3.7最後は所沢から小江戸号に乗って本川越へ

| | コメント (0)

2020.04.20

【3/7】西武沿線乗り歩きその3~元加治駅近くでネタ探し

 前回の続き。西所沢駅から池袋線に乗り換えて元加治駅へ向かいます。池袋線のネタ探しをする上では自分にとって定番の地となっていますが、この日もここでいろいろネタを探すことに。様々な車両と出会った中、この日は「コウペンちゃん」のラッピング車両と「ドラえもん」のラッピング車両の2本の40000系と出会いました。特に「コウペンちゃん」の方は20日までの運行とのこと。結局これが最後となりました。

西武40000系@元加治'20.3.7-1

西武40000系@元加治'20.3.7-2(2枚とも)ラッピングを施した2本の40000系と遭遇

 そしてここ元加治ではやはり終焉迫るレッドアロー10000系と遭遇。特にラストランヘッドマークを付けた編成とレッドアロークラシックの2本と出会いました。長年西武の看板特急として活躍してきたレッドアローも、昨年デビューした「Laview」にその座を明け渡した格好になりましたが、新宿線の方では引き続き「小江戸号」として使用されるので、こちらでの活躍を見守りたいところです。

西武10000系@元加治'20.3.7-1

西武10000系@元加治'20.3.7-2(2枚とも)この日のお目当てはやはりこちら~レッドアロー

 ところで元加治駅と言えば昨年見つけた駅近くの菜の花畑が思い出されるところ。しかしこの日はまだまだ見頃というところまでは遠い状況で、もう少し時間が掛かりそうでした(続く)。

西武20000系@元加治'20.3.7駅近くの菜の花はまだこれから・・・

| | コメント (0)

2020.04.19

【3/7】西武沿線乗り歩きその2~久々の多摩湖線に乗る

 前回の続き。萩山駅で今度は多摩湖線に乗り換えます。多摩湖線と言えばいろんなカラーの新101系が行き来する路線で自身も度々足を運んでおりますが、手持ちのスマホで西武鉄道のアプリを見ていたら、次の西武遊園地行きはいずっぱこカラーとのこと。国分寺からやってきた赤電の到着を待っていると、いずっぱこカラーの新101系がやってまいりました。“いずっぱこ”と言えば1週間前に足を運んだばかりで、どちらも西武グループですね。

西武新101系@萩山'20.3.7萩山でいずっぱこカラーと赤電が並ぶ

 そのいずっぱこカラーの新101系に揺られて終点西武遊園地駅に到着。ここから今度は “レオライナー”山口線に乗り換えます。レオライナーに使用されている8500系の顔出しパネルを見ながら待つことしばし、本家の8500系が到着。さっそく乗り込むとすぐに発車しました。山口線は途中遊園地西駅があるのみ。最近では駅名を「西武園遊園地駅」に改称するとの話題が入り、このあたりもいろいろと変化がありそうです。

8500系顔出しパネル@西武遊園地'20.3.7

西武遊園地駅からレオライナーに乗り換え

 こうして狭山丘陵の景色を見ながら終点西武球場前駅に到着。そのまま西所沢行きの列車に乗り換えました(続く)。

メットライフドーム'20.3.7球春間近と思われたメットライフドームでしたが・・・

| | コメント (0)

【3/7】西武沿線乗り歩きその1~南入曽車両基地50周年ヘッドマークをつけた2000系に乗る

 3月のダイヤ改正を目前に控えた西武沿線の様子を見に訪ねることに。今回は拝島駅からスタートとなりました。西武鉄道のスマホアプリには列車の位置情報の機能があり、車種も一目でわかるようになっていることから重宝しておりますが、それによれば南入曽車両基地50周年のヘッドマークを付けた2000系が拝島へ向けて走行中とのこと。しばし待って乗り込むことにしました。

西武2000系@拝島'20.3.7

南入曽車両基地50周年ヘッドマーク'20.3.7(2枚とも)首尾よく乗ることが出来た南入曽車両基地50周年ヘッドマーク付き2000系

 昨年10月に開催された南入曽車両基地のイベントは新京成のイベントと重なり、こちらには足を運ぶことが出来ませんでしたが、こちらに乗り込み、萩山まで揺られました(続く)。

| | コメント (0)

2020.04.18

【3/3】久々の訪問~横浜シーサイドライン

 昨年61日に新杉田駅で発生した事故以降多くのイベントが中止になってしまい、4月に訪ねたのを最後にご無沙汰していた横浜シーサイドラインですが、3月から新たな柴口このみグッズ販売の報が入ってきたので、久しぶりに訪ねてまいりました。途中、石川町駅で下車して中華街でランチタイム。中国に端を発した感染症の影響はここ中華街にも及んでおり、普段は多くの人で賑わう通りは人の行き来もまばらでした。

横濱中華街'20.3.3ランチ時にもかかわらず人の行き来がまばらな中華街

 石川町駅に戻り、再び根岸線に揺られて新杉田駅に到着。さっそくシーサイドラインの乗り場へと向かいます。以前は改札口や構内にこれでもかと見ることが出来た柴口このみのイラストは幾分少なくなっていたものの、少なからず散見するあたり、今もシーサイドラインのキャラクターとして大事にされているという印象を受けたところ。さっそく窓口でお目当ての柴口このみグッズを入手し、金沢八景行きに乗り込みます。

柴口このみグッズ今回入手した柴口このみグッズ(今回の新発売は右のクリアファイル)

 新杉田駅を出発してからしばらくすると、見慣れないカラーリングの車両と交換。昨年新型車両が投入され、暮れには営業運転を開始したことは聞いておりましたが、昨年は何かと暗いニュースが多かったシーサイドラインにとっては久しぶりの明るい話題とあってこれでぜひとも実物を見たいと思いました。八景島駅で降りて待つことしばし、海の上を水色をベースにしたカラーの2000形がやってまいりました。

横浜シーサイドライン2000形@八景島'20.3.3昨年暮れにデビューした水色ベースの2000形と遭遇

 こちらに乗り込み、終点金沢八景駅に到着。ここからは京急の赤い電車を見ながら金沢文庫駅まで歩いて向かいました。

京急2100形@金沢八景'20.3.3赤い電車を見ながら金沢文庫へ

| | コメント (0)

【2/29】旅の終わりはスーパービュー踊り子

 前回の続き。沼津駅から再び東海道本線に揺られ、熱海駅に降り立ちました。この日はいつもよりも帰り時間が遅かったので沼津にも寄り道することが出来ましたが、熱海からはスーパービュー踊り子号に乗ってまっすぐ大宮まで帰ることに。実は日中、ふと大宮行きの特急スーパービュー踊り子号の存在を思い出し、空席を確認したところ十分あったので急遽指定券を押さえた次第でした。

特急スーパービュー踊り子10号指定券'20.2.29急遽押さえたスーパービュー踊り子の指定券

 駅ビルのみやげ処で買い物してから再びホームへ。列車到着まで少し時間があったので構内をブラブラしていると、至る所に特急踊り子号やスーパービュー踊り子号にまつわるイラストを見ることが出来ました。そんな中、それらのイラストの近くには新たにデビューする「サフィール踊り子」のポスターが貼られており、改めて3月のダイヤ改正で大きく変化することが伺えました。

乗車位置@熱海'20.2.29-1

乗車位置@熱海'20.2.29-2

サフィール踊り子ポスター@熱海'20.2.29
(3枚とも)熱海駅で見かけた「去りゆく者」と「新たにやって来る者」

 待つことしばし、伊東方面から特急スーパービュー踊り子10号が到着。足早に乗り込むと1726分、熱海駅を後にしました。車内では横浜まで営業する車内販売のワゴンが行き来しており、わずかながら売り上げに貢献することに。その後、熱海駅で買っておいた駅弁を開いて夕飯にしました。今回手に入れたのは「鯛めし」。熱海駅を始め、周辺の駅でよく見かける素朴な駅弁であります。

電光掲示板@熱海'20.2.29
特急スーパービュー踊り子10号@熱海'20.2.29

鯛めし'20.2.29(3枚とも)熱海駅で手に入れた鯛めしを食べながら一路大宮へ

  横浜を過ぎ、湘南新宿ラインと同じルートを辿りながら都内に入ると、周りの乗客のほとんどが徐々に下車。池袋を出た頃には車内は5人にも満たないほどでした。そんな半ば“貸切”状態の中、終点大宮駅には1930分に到着。大きな遅れもなく、スーパービュー踊り子の最後の乗車が終了しました。

特急スーパービュー踊り子10号@大宮'20.2.29大宮に到着

| | コメント (0)

2020.04.17

【2/29】2020年最初の沼津訪問

ラブライブサンシャイン横断幕@沼津仲見世商店街’20.2.29

伊豆箱根バス@沼津駅南口'20.2.29

富士急シティバス@沼津駅南口'20.2.29

 前回の続き。少し早目にいずっぱこ沿線から離れ、東海道本線に揺られて沼津駅に降り立ちました。今年に入って初めての沼津訪問となりましたが、特段何か用事があったわけではなく町の様子を見に来た次第。駅前にはアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバスが何台かやってまいりました。ラッピングバスは伊豆箱根バスと東海バスそれぞれで走っており、今や沼津駅前にいれば高い確率で遭遇することが出来ますね(続く)。

| | コメント (0)

2020.04.16

【2/29】CYaRon!のヘッドマークを掲出したHPTに乗る~伊豆箱根鉄道

 前回の続き。菜の花畑の近くでのんびり過ごした後、修善寺駅に戻ることにします。この後は“HPT3506編成に乗り込み三島まで戻ることに。修善寺寄りの先頭車にはアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の3人組ユニット「CYaRon!」のヘッドマークが掲出されておりました。「Guilty Kiss」に続く第2弾ですが、先程通ってきた伊豆長岡駅に続いてここ修善寺駅でも3人組の等身大パネルが並べられておりました。

ラブライブサンシャイン等身大パネル@修善寺'20.2.29

伊豆箱根鉄道3000系@修善寺'20.2.29

CYaRon!ヘッドマーク'20.2.29(3枚とも)CYaRon!のヘッドマークを掲出したHPTに乗り込み、修善寺を出発

 “HPT”に揺られてまっすぐ終点三島駅に到着。改札を抜け、歩いて途中の踏切まで移動し、再び修善寺へと向かう“HPT”をお見送りしました(続く)。

伊豆箱根鉄道3000系@三島'20.2.29三島駅近くの踏切でお見送り

| | コメント (0)

2020.04.15

【2/29】特急踊り子で修善寺へ~伊豆箱根鉄道

 前回の続き。伊豆長岡駅から再びいずっぱこに乗り込みます。改札口の上に設置してある行先案内板を見るとちょうど特急踊り子105号があったのでこちらに乗車することに。3月のダイヤ改正では伊豆急下田へ向かう一部の踊り子号がE257系での運行となりましたが、修善寺行きの踊り子号については引き続き185系による運行に。もうしばらくは国鉄型が走る姿を目にすることが出来そうです。

特急踊り子105号@伊豆長岡'20.2.29特急踊り子号に乗って修善寺へ

 終点修善寺駅に到着。この日は駅ナカにある「イズーラ修善寺」の食事処でランチタイムとしました。この日は定番の三島コロッケに加え、「イズシカそば」なるものを頂くことに。伊豆市産の鹿肉と椎茸が入ったそばですが、三島駅の構内には少し前まで鹿のはく製が鎮座しているのを見かけました。ちょうど松浦果南の等身大パネルの横に鎮座していたので、目にする機会が多かったですね。

イズシカそば@イズーラ修善寺'20.2.29修善寺駅の「イズーラ修善寺」でイズシカそばを頂く

 食後は一旦駅を離れ、前回も足を運んだ駅近くの菜の花畑へ。2月頭の頃に比べるとだいぶ花も見頃を迎えておりました(続く)。

伊豆箱根鉄道7000系@修善寺'20.2.29

菜の花畑を行く”Over the Rainbow号”

| | コメント (0)

2020.04.14

【2/29】富士山は雲隠れ~伊豆箱根鉄道

 前回の続き。国木田花丸のバースデーヘッドマークをつけた“Over the Rainbow号”に揺られ韮山駅で途中下車することにしました。つい数週間前にも降り立った駅でなるべくなら異なる駅と思っていましたが、やはり冬場の時期だと富士山を見たいところ。伊豆長岡駅方向へ歩いて向かうも、この日も雲がかかってしまいすっきりとは見ることが出来ませんでした。

伊豆箱根鉄道7000系@韮山'20.2.29富士山は雲隠れ・・・

 そのまま歩いて伊豆長岡駅に到着。いつもは改札脇のコンビニの前に鎮座するアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の主人公、高海千歌の等身大パネルの両隣には、修善寺駅に置かれていた黒澤ルビィと伊豆仁田駅に置かれていた渡辺曜のパネルが加わっておりました(続く)。

ラブライブサンシャイン等身大パネル@伊豆長岡'20.2.293人のメンバーが揃った伊豆長岡駅の等身大パネル

| | コメント (0)

2020.04.13

【2/29】国木田花丸バースデーヘッドマークを付けた“Over the Rainbow号”に乗る~伊豆箱根鉄道

 昨年からアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のバースデーヘッドマークを付けて運行を続けてきた“いずっぱこ”の7502編成、“Over the Rainbow号”。そのラストとなる国木田花丸のバースデーヘッドマークが228日よりお目見えし、翌29日に訪ねてまいりました。もちろん今回も三島駅で「ラブライブ!サンシャイン!!」柄の旅助けを購入。おまけのバッジはこれで9人全てが揃いました。

旅助け&国木田花丸バースデーヘッドマークアクリルバッジ

無事9人ゲット~アクリルバッジ

 ホームページに公開されている当日の運行情報によれば、この後すぐに“Over the Rainbow号”がやってくるとのこと。そこでホームでしばし待つことにしました。しばらくすると、修善寺方面からバースデーヘッドマークを付けた“Over the Rainbow号”が到着。昨年4月の渡辺曜から始まり、これで9人全てのヘッドマークを拝むことが出来ましたが、2年連続でいずっぱこ沿線に足しげく通い詰めたものと我ながら感心してしまいます。

伊豆箱根鉄道7000系@三島'20.2.29

国木田花丸バースデーヘッドマーク'20.2.29

国木田花丸ラッピング'20.2.29(3枚とも)国木田花丸のバースデーヘッドマークをつけた”Over the Rainbow号”

 その“Over the Rainbow号”に乗り込み三島駅を出発。途中下車しながら進むことにしますが、長くなりそうなので続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2020.04.12

【2/27】受験生を応援、さくらサク号運転~都電

都電9000形@三ノ輪橋'20.2.27

さくらサク号ラッピング'20.2.27

さくらサク号ヘッドマーク'20.2.27

 受験シーズンが始まった2月から、都電のレトロ車両9001号を使用して「さくらサク号」が運転されました。レトロ車両を使用してシーズンごとに様々な企画が催されていますが、受験シーズン中にこうした電車を走らせたのはおそらく今回が初めてと思われます。また今年は感染症の拡大というこれまでにない事態が発生したこともあり、受験生にとっては戸惑いを隠せなかったことと思います。1日も早い終息を願わずにいられません。

| | コメント (0)

2020.04.11

【2/26】ラストランヘッドマークを付けたレッドアロー~西武

 先月14日のダイヤ改正で西武池袋線での定期運行が終了した“レッドアロー”10000系ですが、224日からラストランのヘッドマークを掲出した編成が運行を開始しました。当初はラストランのポスターをあしらったクリアファイルの配布や運行最終日に式典なども催される予定でしたが、昨今の感染症の拡大に伴いこれらのイベントが中止に。ヘッドマークの掲出のみとなりました。

西武10000系@西所沢'20.2.26池袋線でのラストランヘッドマークを掲出したレッドアロー

 帰りがけ、所沢駅の跨線橋に貼ってあったラストランのポスターにご挨拶。本川越までは小江戸号に乗って帰ってきました。

NREラストランポスター@所沢'20.2.26

所沢駅で見かけたラストランポスター

西武10000系@本川越'20.2.26新宿線では引き続き運行~レッドアロー

| | コメント (0)

2020.04.10

【2/24】長野県鉄道むすめ巡りその4~しなの鉄道に一区間だけ揺られる

 前回の続き。長野電鉄沿線で鉄道むすめのラッピング車両を追いながら、信濃吉田駅から歩いて北長野駅へやってきました。ここから長野までしなの鉄道で移動することに。国鉄型の115系が主力のしなの鉄道にご挨拶していかないのはやはり頂けないところで、わずか一区間ではありましたが、国鉄型に揺られることにしました。待つことしばし、やってきたのはスカ色のリバイバルカラー。中央線での活躍を髣髴とさせてくれますね。

しなの鉄道クモハ115-1072@長野'20.2.24スカ色のリバイバルカラーで長野に到着

 長野駅到着後、1814分発かがやき536号に乗り込み、大宮まで帰ってまいりました。

| | コメント (0)

2020.04.09

【2/24】長野県鉄道むすめ巡りその3~長野電鉄のラッピング車を追う

 前回の続き。上田駅から新幹線で一気に長野駅にやってまいりました。この後は長野電鉄沿線に繰り出しますが、やはりお目当ては昨年6月に登場した長野電鉄の鉄道むすめ、朝陽さくらのラッピング車両ですね。運用に就いているかどうかは当日の運次第なところがあるものの、一先ず長野駅を出発。すると、地上区間に出たところでお目当ての列車とそれ違ったので、朝陽駅近くの田園地帯でのんびり待つことにしました。

長野電鉄8500系@朝陽'20.2.24朝陽駅近くでラッピング車両を待つ

 待っている間、“マッコウクジラ” 3500系が長野方面へ向かって走って行ったので、その折り返しに乗車。昨年11月のラッピング車両の団体列車の時は乗車が叶わなかったので、今回は乗ることが出来ましたが、日比谷線で活躍した03系の譲渡によりそろそろ先が見えつつありますね。それにしても日比谷線で共に活躍した車両がここ長野の地で第二の人生を過ごすことになろうとは何とも皮肉なところであります。

長野電鉄3500系@須坂'20.2.24今回は乗車が叶った”マッコウクジラ”

 そのマッコウクジラに揺られて須坂駅に到着。この後、折り返してくるラッピング車両に乗って戻ることにしますが、少し時間があったので駅周辺をブラブラしてきました。昨年6月に行われたイベント会場の近くに廃線跡があったのを思い出し、改めて訪ねることに。20124月に廃止された屋代線の跡を一部公園として使用しております。屋代線と言えば廃線間近に乗車しているので、当時の記憶が蘇ってきました(当時の様子はこちら)。

河東線記念公園@須坂'20.2.24須坂駅近くにある屋代線の廃線跡を使用した公園を訪問

 須坂駅に戻り、ラッピング車両に乗車。そのまま長野まで乗車も考えたものの、帰りの新幹線まで時間があったので、手前の信濃吉田駅で下車することにしました。ここでしばし行き交う列車を見送り、長野電鉄沿線を後に致しました(続く)。

長野電鉄8500系@須坂'20.2.24

朝陽さくらラッピング'20.2.24

長野電鉄3500系@信濃吉田'20.2.24(3枚とも)ラッピング車両に揺られて信濃吉田駅で下車

| | コメント (0)

2020.04.08

【2/24】長野県鉄道むすめ巡りその2~蕎麦で腹ごなし

そば@ちくま'20.2.24

 前回の続き。上田電鉄沿線を乗り歩いた後、再び上田へ戻ってまいりました。この後は長野へ向かいますが、その前にここでランチタイムとすることに。今回は昨年6月の時にも入った駅ナカのそば屋「ちくま」で頂きました。長野県はそば処とあってどこの「駅そば」もなかなかクオリティが高い印象があるところ。こちらを頂いて長野へと向かいました(続く)。

| | コメント (0)

2020.04.07

【2/24】長野県鉄道むすめ巡りその1~上田電鉄を訪ねる

 2月の連休最終日、長野県内の鉄道むすめに会いに大宮駅718分発あさま601号に乗車。上田駅に降り立ちました。さっそく上田電鉄の乗り場へ向かうと、いつもは改札内に設置されている上田電鉄の2人のキャラクターのパネルが改札前に設置。その脇の窓口で上田電鉄の鉄道むすめ、八木沢まいがデザインされた「1日まるまるフリーきっぷ」を手に入れました。

北条まどか&八木沢まい等身大パネル@上田'20.2.24上田駅の改札前で出迎えてくれる二人の”むすめ”たち

 さて、上田電鉄は昨年10月の台風19号で千曲川に掛かる橋梁が流され、甚大な被害を追いましたが、その後、一つ先の城下駅から終点までの区間で運転を再開しました。その城下駅までは上田駅から連絡バスが出ているものの、時間があったので歩いて向かうことに。15分もあれば十分歩いて行ける距離で、その途中千曲川の土手から流された鉄橋の姿を見た時には、改めて台風の脅威を感じました。

千曲川橋梁@上田'20.2.24

「通行止」の看板が立ちはだかる千曲川の鉄橋

 千曲川を渡り城下駅に到着。上田寄りに設置された車止めに気を止めながら待つことしばし、別所温泉寄りから10001002編成がやってまいりました。こちらには八木沢まいのイラストが入った「令和222日/22日」の2並びのヘッドマークを掲出。実はこちらがこの日のお目当てでしたが、上田電鉄の公式サイトに掲載された当日の運用によれば、93分発の下之郷行きの後はそのままお休みとのことで、何とか間に合いました。

車止め@城下'20.2.24

上田電鉄1000系@城下'20.2.24

2並びヘッドマーク'20.2.24(3枚とも)何とか間に合った「2並び記念ヘッドマーク」付きの1000系

 終点下之郷駅に到着後待つことしばし、後続の別所温泉行きに乗車。のんびり揺られて舞田駅に降り立ちました。八木沢まいの駅名板が設置されているお馴染みの駅で、同じく設置されている八木沢駅までの区間を歩いて移動するのがすっかり定番となっております。この日は朝から好天に恵まれ、冷たい空気の中、塩田平をのんびり歩いて向かうには最適でした。

上田電鉄1000系@八木沢'20.2.24舞田から八木沢の徒歩移動は定番コース

 この後、再び上田電鉄の列車に乗り込み、終点の別所温泉駅に到着。今回は下之郷駅でタオルを手に入れたので、大師湯で一風呂浴びてから上田へ戻ってまいりました(続く)。

大師湯@別所温泉'20.2.24

折り鶴@別所温泉'20.2.24

1日まるまるフリーきっぷ&レプリカヘッドマーク(3枚とも)温泉で一風呂浴びて上田へ折り返し

| | コメント (0)

2020.04.06

【2/23】全線急行運転開始スタンプラリーを巡る~東武アーバンパークライン

 前回の続き。高崎線で大宮駅まで向かい、東武アーバンパークラインに乗り換えます。この日は3月のダイヤ改正で東武アーバンパークライン全線での急行運転がスタートするのに先立ち沿線で開催されていた「全線急行運転開始スタンプラリー」を巡ることに。岩槻と春日部を除くスタンプ設置駅で下車しながらスタンプを押印し、この日は5つでクリアする「スマイル賞」のクリアファイルを手に入れてまいりました。

全線急行運転開始スタンプラリー戦利品この日はスマイル賞のクリアファイルをゲット

 船橋へ向かう途中、高柳駅で下車することに。3月の急行運転開始で最も大きな変化を遂げることになった高柳駅ですが、昨年12月に訪れた時と比べると駅構内の線路も配置され、準備万端といった印象でした。そんな中、船橋方面から「試運転」と表示された8000系が柏方面へ向けて出発。3月の急行運転開始に向けた試運転が柏と船橋との間で行われておりました。

東武8000系@高柳'20.2.23ー1

電光掲示板@高柳'20.2.23

東武8000系@高柳'20.2.23ー2(3枚とも)8000系を使用した試運転列車が柏と船橋との間を行き来

  その後、柏から戻ってきた試運転列車を見送り、後続列車に乗って船橋へ向かいました。

| | コメント (0)

2020.04.05

【2/23】地元で国鉄色E653系と出会う

E653系@宮原'20.2.23

 出掛け、地元宮原駅で国鉄色のE653K70編成が3番ホームに停まっているのを見かけました。E653系と言えば常磐線で運転された特急フレッシュひたちのイメージが今も強く残っておりますが、このK70編成は一度新潟車両センターへ転属したものの、国鉄色に塗装変更されて古巣の勝田車両センターへ戻ってまいりました。昨年10月には川越線で「快速ぶらり川越号」として使用され、今後の活躍に期待したいところです。

| | コメント (0)

2020.04.04

【2/20】アニメ「BanG Dream!」とコラボした都電沿線を訪ねる

 1月からスタートした、アニメ「BanG Dream! 3rd Season」と都電とのコラボキャンペーン。1月にはBanG Dream!号に乗車しましたが(その時の様子はこちら)、2月に再び訪ねてまいりました。王子駅に到着するとちょうど目の前でBanG Dream!号が三ノ輪橋へ向けて発車したところ。そこで歩いて飛鳥山電停まで移動すると、電停にはアニメに登場するゆかりの地を紹介した案内パネルや大型ポスターが設置されていました。

BanG Dream!案内パネル@飛鳥山'20.2.20

BanG Dream!大型ポスター@飛鳥山'20.2.20(2枚とも)飛鳥山電停に設置されたアニメ「BanG Dream!」の案内パネル(画像上)と大型ポスター

 これらを眺めながら待つことしばし、王子方面からBanG Dream!号が交差点を大きくカーブして接近。こちらに乗り込みます。アニメの舞台となっているところが主に早稲田周辺とのことで、終点まで乗り通すことに。三ノ輪橋に比べると訪ねる機会がずっと少なくなってしまう早稲田界隈ですが、ここにも案内パネルが設置されており、こちらを見ているうちにここまで乗って来たBanG Dream!号が三ノ輪橋へ向けて出発しました。

都電8501@早稲田'20.2.20

BanG Dream!ヘッドマーク'20.2.20

BanG Dream!案内パネル@早稲田'20.2.20(3枚とも)終点早稲田電停まで乗車~BanG Dream!号

 隣の面影橋電停にも案内パネルが設置されていたのを見かけたので、歩いて電停まで移動。ここで都電沿線から離れて神田川を渡り、長い坂道を上がりながら東京メトロの雑司が谷駅へ向かいました。コラボキャンペーンは3月一杯までの開催で、後日改めて再訪しているので、追って紹介したいと思います。

BanG Dream!案内パネル@面影橋'20.2.20面影橋電停の案内パネル

| | コメント (0)

【2/16】“くぬぎ山のタヌキ”新京成8000形に乗る

 前回の続き。千葉都市モノレール沿線を離れ、京成千葉線に乗り込みます。実は千葉へ向かう途中に新京成8000形とそれ違い気になっていたところ。前面の顔つきから“くぬぎ山のタヌキ”なる愛称を持っていますが、後継車両の増備が進み、現在は20176月に旧塗装化された8512編成を残すのみとなりました。その8512編成と途中でそれ違ったので京成幕張駅で待つことに。しばらくすると、京成千葉方面からタヌキ顔がやってまいりました。

新京成8000形@京成幕張'20.2.16”くぬぎ山のタヌキ”新京成8000形に乗車

 正直新京成沿線へは年明けの干支のヘッドマーク付き列車で訪れるくらいで、以前から走っていた8000形が残り1編成となっていることに気が付きませんでした。こちらもいつまで元気な姿で走っているところを見ることが出来るのか、気になるところです。

| | コメント (0)

2020.04.02

【2/16】第3弾登場、葭川となみコレクションカードを手に入れる~千葉都市モノレール

 昨年のデビュー以来、グッズ販売やコレクションカードの配布などいろいろと展開している千葉都市モノレールの鉄道むすめ、葭川となみの新しい第3弾のコレクションカードが215日から配布を開始したとのこと。さっそく頂きに訪ねてまいりました。まずは千葉駅で「ホリデーフリーきっぷ」を入手しミッションを達成。カードには新しいちびキャラのイラストが描かれています。

ホリデーフリーきっぷ&葭川となみコレクションカード第3弾葭川となみの第3弾のコレクションカードをゲット!

 もちろんこの後はホリデーフリーきっぷ片手にモノレール沿線へ繰り出すことに。この日は駅メモ!のラッピング車両が千葉みなとと千城台との間を行き来しており、1本前の列車で千城台駅へ先行し、後続のラッピング車両に乗って戻ってきました。ヘッドマークは1月からスタートしたデジタルスタンプラリーに併せて登場したもの。しかしスタンプラリーはその後、世界中で猛威を振るっている感染症の影響で中断となってしまいました。

千葉都市モノレール0形@千城台'20.2.16-1

千葉都市モノレール0形@千城台'20.2.16-2

駅メモ!ヘッドマーク'20.2.16(3枚とも)駅メモ!のラッピング車両に乗って千葉駅へ

  千葉駅到着後、駅前にあるデパートの踊り場で千葉みなとからの折り返しをお迎えし、千葉を後にしました(続く)。

千葉都市モノレール0形@千葉'20.2.16千葉駅前のデパートの踊り場で折り返しをお迎え

<おまけ>

Photo_20200402191201

Photo_20200402191202

(2枚とも)沿線にあったキャラクターのパネルも現在は撤去とのこと(涙)

| | コメント (0)

2020.04.01

【2/15】けんかつ鉄道フェア&さいたま文学館を訪ねる

 埼玉県伊奈町にある「埼玉県県民活動総合センター」(通称けんかつ)で215日、「けんかつ鉄道フェア2020」なる催しが開催されるとのことで訪ねることに。地元にいながらこれまでけんかつに一度も訪ねたことがなかったので、ちょうどいい機会でした。最寄りの加茂宮駅からニューシャトルに乗り込み、一旦羽貫駅で下車。後続を待っていると、伊奈町町制施行50周年のラッピング車両がやってまいりました。

埼玉新都市交通2000系@羽貫'20.2.15伊奈町町制施行50周年ラッピング車両に乗車
 
 こちらに乗って終点内宿駅に到着。けんかつへは無料のバスが運行しており、こちらに乗って5分ほどで到着しました。ニューシャトルの各駅に置かれていたチラシに鉄道むすめのイラストが載っていたので何か展示があるのかと思っていたら、入口に埼玉県内を行き来する鉄道会社の鉄道むすめのパネルが設置。元々鉄道むすめにゆかりのある土地柄ではありますが、これほど集まるとなかなか壮観ですね。

埼玉鉄道むすめ等身大パネル@埼玉県県民活動総合センター'20.2.15埼玉県ゆかりの鉄道むすめがお出迎え~けんかつ鉄道フェア2020

 イベント自体はファミリー向けの内容なので、短時間で会場から撤収。羽貫駅まで戻り、バスで上尾駅へ向かいました。ここから高崎線に揺られて桶川駅に到着。歩いて5分ほどのところにある「さいたま文学館」を訪ねてまいりました。ここを訪れるのは久しぶりでしたが、ちょうど「太宰治と埼玉の文豪展」という企画展を開催。「人間失格」や「走れメロス」で知られる文豪は埼玉県、とりわけ大宮とご縁が深く、「人間失格」を大宮の地で執筆しております。

太宰治と埼玉の文豪展垂れ幕@さいたま文学館'20.2.15

さいたま文学館で開催された「太宰治と埼玉の文豪展」を見学

 以上、この日は近場をブラブラしてきました。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »