« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021.01.31

晩秋の伊豆1泊2日旅その5~地元愛満タン★沼津満喫ツアー!!に参加パート1

 前回の続き。三島駅近くでいずっぱこの様子を見てきた後、373系使用の沼津行きで戻ってまいりました。この後、東海バス主催のバスツアー「地元愛満タン★沼津満喫ツアー!!」に参加することに。指定された駅近くの集合場所へ向かうと、前年バスタ新宿から三島駅まで乗車した「三島エクスプレス号」に乗車したアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバス4号車がやってまいりました。

東海バス@沼津駅南口'20.11.23東海バスのラッピングバスに乗ってツアー出発!

 受付を済ませ、指定された座席に着席すると9時30分、バスはゆっくり動き出しました。真ん中の通路を挟んで片側2列に並んだ座席は、参加者同士の距離を保つためそれぞれ一人ずつ使用。座席の背には飛沫防止のパネルが設置されるなど、感染防止対策が徹底されている印象を受けました。出発してまもなく、案内役であるガイドからアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に絡めた観光ガイドが行われ、ツアーならではの裏話で盛り上がりました。

  バスは最初の目的地「沼津市芹沢光治良記念館」に到着。沼津市出身の作家である芹沢光治良に関する様々な資料が展示されておりますが、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」ともゆかりがあり、シングル「未体験HORIZON」のプロモーションビデオ(PV)にも登場しております。恥ずかしながらここを訪ねるのはこれが初めて。PVに登場したワンシーンが2階展示室の一角に再現されています。

沼津市芹沢光治良記念館'20.11.23

国木田花丸ぬいぐるみ@沼津市芹沢光治良記念館'20.11.23

蝶@沼津市芹沢光治良記念館'20.11.23(3枚とも)最初の目的地は沼津市芹沢光治良記念館

 1時間ほど滞在し、バスに乗り込んで芹沢光治良記念館を出発。次の目的地であるあわしまマリンパークへ向かいますが、長くなってきたのでこの続きは後ほど(続く)。

沼津市文化財収蔵庫'20.11.23記念館近くにある沼津市文化財収蔵庫。映画版にも登場しました。

| | コメント (0)

2021.01.29

晩秋の伊豆1泊2日旅その4~朝の“いずっぱこ”観察

 前回の続き。沼津のホテルで一晩過ごし、朝食を頂いてからチェックアウトを済ませました。その足で沼津駅へ向かい、東海道本線に乗り込んで三島駅へ移動。一旦駅を離れていずっぱこの様子を見に行くことにします。この時間はまだ特急踊り子が来ないので、いずっぱこの車両がメイン。うちHPTはこの日の運用はなく、代わりに “Over the Rainbow7002編成にご挨拶してきました。

伊豆箱根鉄道7000系@三島'20.11.23今回は三島駅近くで”いずっぱこ”をお見送り

 足早に三島駅に戻り、再び東海道線に乗って沼津へ戻ることに。ちょうど373系を使用した91分発の沼津行きがあったので、こちらに乗り込みました(続く)。

クモハ373-3@沼津'20.11.23373系使用の普通列車で沼津へ

| | コメント (0)

2021.01.27

晩秋の伊豆1泊2日旅その3~沼津へ移動

 前回の続き。小田原駅に戻り、今度は東海道線に乗り換えます。この日は沼津駅近くのホテルを予約しておりましたが、時刻表を確認したら、少し待てば沼津まで直通する列車があったので、こちらに乗車。途中、JR東海管内で発生した人身事故により熱海駅で足止めになりましたが、どの道沼津止まりだったこともあり、多少の遅れは全く気にも留めませんでした。

E231系グリーン車LED表示器'20.11.22小田原から沼津まで乗り換えなしで移動

  
こうして定刻より少し遅れて終点沼津駅に到着。ホテルにチェックインし、近くの居酒屋で夕飯を済ませました(続く)。

寿司@さかなや道場沼津南口店'20.11.22ホテル近くの居酒屋で晩ごはん

| | コメント (0)

2021.01.26

晩秋の伊豆1泊2日旅その2~大雄山線を1往復

 前回の続き。ロマンスカー「GSE」で小田原駅に到着後、すぐに伊豆箱根鉄道大雄山線の乗り場へ向かいます。改札口の上からこちらを睨みつけている大きな天狗の面の下を通り抜け、停車中の列車に乗り込んで小田原駅を出発。8月に道了尊を訪ねた時以来でしたが、すでに時刻は夕方近くとあって途中下車をする時間はあまりありませんでした。ちなみにこの日は4色全てが運用に入り、色とりどりの塗装を目にすることが出来ました。

塚原いさみ等身大パネル@小田原'20.11.22

小田原で下車し、大雄山線に寄り道

 日中、晴れ間が出ていたものの、終点大雄山駅に到着した頃になると、夕方16時近くだった上に雲が出てき始めたこともあって、だいぶ暗くなってしまいました。一時中断していた全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印した後、戻りは「ミント・スペクタクル・トレイン」に乗車。小田原駅まで戻ってきました(続く)。

金太郎像@大雄山'20.11.22

伊豆箱根鉄道5000系@大雄山'20.11.22

伊豆箱根鉄道5505@大雄山'20.11.22(3枚とも)夕方の大雄山駅で折り返し

| | コメント (0)

2021.01.25

晩秋の伊豆1泊2日旅その1~久々のロマンスカー

 11月の3連休。中日と最終日の2日間で伊豆方面へ出かけてまいりました。スタートは新宿駅。小田原まで小田急のロマンスカーを利用することにしましたが、2020年は緊急事態宣言などもあって、最後にロマンスカーに乗ったのがいつ以来だったか思い出せない程、小田急沿線は久しぶりでした。ロマンスカーに乗り込む前に駅構内をブラブラしていると、2020年に営業運転を開始した5000形が到着。間近で目にしたのはこれが初めてでした。

小田急5000形@新宿'20.11.222020年にデビューした5000形と初めて対面

  行き交う小田急の列車を見ながら待つことしばし、赤い車体のGSEがゆっくり入線。その前に小田原へ向かうロマンスカーがあったものの、せっかくなら車種を選んで乗りたかったので、GSEを使用した列車を選びました。指定の席に座るとはこね21号は1320分、新宿駅を出発。午後の列車だったこともあってか、新宿を発車した時点では空席が目立ちましたが、町田や海老名といった途中駅から乗車があり、座席はそこそこ埋まりました。

はこね21号@新宿'20.11.22久々のロマンスカーはGSE

 こうしてはこね21号は1434分、小田原駅に到着。久しぶりのロマンスカーの旅は1時間ちょっとで終了となりました(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.24

【11/21】アニメ「球詠」の聖地・越谷市民球場を訪ねる

 埼玉県民の日に新越谷駅で頂いたアニメ「球詠」の聖地マップを片手に再び越谷市を訪ねてまいりました。しかし今回はマイカー利用。場所によって駅から離れたスポットもあるので、こういう時にはマイカーを利用した方が小回りを利かせやすいですね。一部の施設で週末休みのところがあり、今回は越谷市民球場を訪問。プロ野球のイースタンリーグの試合が行われる球場で、受付で特製のポストカードを頂いてきました。

越谷市民球場'20.11.21

球詠パネル@越谷市民球場'20.11.21

球詠マップ&ポストカード

(3枚とも)マイカーで訪ねた越谷市民球場を 

 結局この日訪ねたのはここ1ヶ所のみ。近場なので、特に用事のないときに気軽に足を運んでみたいですね。

| | コメント (0)

【11/19】イベント盛りだくさんな鉄博を訪ねる

 2020年は川越線が開業して80年目に当たる年ということで、記念ヘッドマークの掲出や各駅にちなんだイラスト入り駅名板など様々な催しが行われましたが、111日に運行終了した記念ヘッドマークを始め川越線にまつわる展示が鉄道博物館で開催されるとのことで訪ねてまいりました。2階のコレクションギャラリーに向かうと、前月まで川越線や埼京線沿線で目にしたヘッドマークを始め、多くの貴重な資料が展示されました。

川越線関連ヘッドマーク@鉄道博物館'20.11.19

前の月まで沿線で見かけたヘッドマークが鉄博に集結

 ちなみにこの日はクルーズトレイン「四季島」の2020年の運行最後日。鉄博の前を通過するとのことで、普段列車に乗務するクルーと一緒にお見送りするというイベントも開催されました。1階インフォメーション前で出発時に使用されるハンドベルの実演が行われた後、屋外のミニパーク前に向かい1640分過ぎ、宮原方面から四季島が鉄博の前を減速して通過していきました。

四季島レッドカーペット@鉄道博物館'20.11.19四季島のレッドカーペット

| | コメント (0)

2021.01.23

【11/14】埼玉県民の日フリーきっぷで行く・東武編その4~みなみ寄居駅初訪問

 前回の続き。埼玉県民の日のフリーきっぷを使ってあちこちブラブラしてきましたが、午後は川越乗り換えで東武東上線沿線へ向かいます。小川町駅で寄居行きに乗り換え。1031日に開業したばかりのみなみ寄居駅に降り立ちました。残念ながら開業日当日は千葉方面へ行っていたため、初日に立ち会うことが出来ませんでしたが、開業して2週間ほど経過したこの日はまだ新しい駅の雰囲気が残っていました。

みなみ寄居駅舎'20.11.14

みなみ寄居駅名板'20.11.14

東武8000系@みなみ寄居'20.11.14(3枚とも)開業したばかりのみなみ寄居駅を初訪問

 そのみなみ寄居駅ですが、「ホンダ寄居前」という副駅名のとおり、すぐ傍にホンダ寄居工場があり、従業員のアクセス向上を目的として設置。駅から敷地へは連絡通路が設けられています。一方駅周辺は木々に囲まれており、自然豊かな中にあるものの、夜間に乗り降りするときは些か緊張するところ。しかし、11月中旬の晩秋の時期とあって、駅周辺の木々は色づいていました。

東武8000系@小川町'20.11.14

みなみ寄居駅開業ヘッドマーク'20.11.14(2枚とも)小川町駅で出会ったみなみ寄居駅開業記念ヘッドマークを付けた8000系

| | コメント (0)

【11/14】埼玉県民の日フリーきっぷで行く・埼玉新都市交通編~終日運行した1050系52編成

 前回の続き。大宮駅に戻り、ここで東武沿線から離れて今度は埼玉新都市交通沿線へと向かいます。窓口で県民の日のフリー乗車券を手に入れ、一先ず来た列車に乗車。東宮原駅に降り立つと、この後はこの日限定で終日運行となった105052編成を待つことにします。本数が増える平日朝のラッシュ時間帯を除けば、普段の日中運用に入ることが少なくなった1050系ですが、この日は終日運行とあって、元気な姿を目にすることが出来ました。

埼玉新都市交通1050系@東宮原'20.11.14埼玉県民の日の終日運用に入った埼玉新都市交通1050系52編成

 例年、県民の日の週末に開催されていた丸山車両基地の公開イベントは、感染症拡大の影響により中止の憂き目に。2020年は寂しい県民の日になるかと思いきや、普段なかなか見ることが少なくなった1050系が終日運行され、ささやかながら楽しむことが出来ました(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.20

【11/14】埼玉県民の日フリーきっぷで行く・東武編その3~スカイツリーライン沿線をブラブラ

 前回の続き。鷲宮駅から再び伊勢崎線に乗り込み、久喜駅乗り換えで東武動物公園駅に降り立ちました。ここで一旦改札を出て春日部寄りの線路脇でネタ探しすることに。待つことしばし、都心へ向かうTHライナーがやってきました。6月に初めて乗車した際、乗車した車両に自分以外1人しか乗客がおらず、営業開始から5か月が過ぎてどれくらい利用があるのかが気になるところ。とは言え着席が確保されるのは大きいところがありますね。

THライナー4号@東武動物公園'20.11.14東武動物公園駅近くでTHライナー4号をお見送り

 東武動物公園駅に戻り、上りの東武スカイツリーラインの列車を待っていると、東急8500系が到着。後継の2020系を目にする機会が多くなるのと入れ替わりに8500系は徐々に見かける機会が少なくなっており、改めて世代交代が進んでいることが伺えました。特に2020年は、青いラインが特徴のあった「伊豆のなつ号」が運用を離脱。残った8500系も動向が気になるところです。

東急8630@越谷'20.11.14数が少なくなってきた東急8500系に乗車

 その8500系の独特なモーター音を聞きながら、新越谷駅で下車。有人改札へ向かい、越谷市が舞台のアニメ「球詠」のポストカードと市内の聖地を紹介されたマップを手に入れてきました。野球を題材にしたアニメであることは大まかには理解していたものの、あいにくアニメそのものは拝見したことがなく、身近なところでアニメの舞台となっていることから訪ねた次第でしたが、後日改めて市内を訪ねているので、後ほど紹介いたします。

球詠ポストカード&マップ

新越谷駅で配布されていたアニメ「球詠」のポストカードとマップ

 再び東武スカイツリーラインに揺られ、春日部で東武アーバンパークラインに乗り換え。大宮まで戻ってきました(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.19

【11/14】埼玉県民の日フリーきっぷで行く・東武編その2~リバティに置き換えられたりょうもう号

 前回の続き。春日部駅から東武スカイツリーラインに揺られて鷲宮駅に降り立ちました。この後、リバティりょうもう8号が来るのを待つことに。11月から一部のりょうもう号が「リバティ」500系に置き換えられましたが、そのうちリバティりょうもう8号は始発の赤城駅を656分に発車することから、伊勢崎線内を明るい時間に走る姿を見ることが出来るようになりました。

特急リバティりょうもう8号@鷲宮'20.11.14明るい時間に伊勢崎線内を走る特急リバティりょうもう8号を見送り

 今回置き換えになったりょうもう号は上下2本ずつ。まだまだ200系による運行が多いりょうもう号もですが、リバティの勢力が伊勢崎線内にも伸びてきつつあります(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.18

【11/14】埼玉県民の日フリーきっぷで行く・東武編その1~早朝の大宮駅に並ぶ8000系の幕車

 20201114日の埼玉県民の日。今回は東武のフリー乗車券を利用して1日乗り歩くことにします。スタートは大宮駅。ホームには2本の8000系が停まっていましたが、いずれも方向幕を使用した編成でした。10000系や60000系に混じり今も東武アーバンパークラインで活躍する8000系の中でも方向幕を持った編成は少なく、しかも2本の幕車が早朝の大宮駅に揃う光景は初めて目にしました。

東武8000系@大宮'20.11.142本の幕車の8000系が早朝の大宮駅に並ぶ
 

 その方向幕を持った8163Fに揺られて春日部駅に到着。ここから東武スカイツリーラインに乗り換えます(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.17

【11/7】真岡鐡道沿線で過ごすその4~SLもおか号に乗って下館へ

 前回の続き。茂木からの折り返しはSLもおか号に乗り込みます。窓口でSL整理券を引き換え、元JR50形客車を昔風に塗装した客車のボックス席に腰を掛けることに。以前は当日でも空きがあればSL整理券を入手することができましたが、感染症拡大の影響により事前に購入する必要が生じており、数日前にネット経由で予約しておきました。ちなみにこの日はワンボックスで一グループといった埋まり方で、“密”を避けた状態でした。

真岡鐡道オハフ50-11@茂木'20.11.7帰りはSLもおか号に乗車

 SLもおか号は1426分、茂木駅を出発。先程訪ねた道の駅の側まで来ると、線路脇には多くの観光客がこちらに視線を向けておりました。念のため、飲み物やつまみ類を駅周辺のスーパーで手に入れて乗り込みましたが、この日車内販売等はなく、頻繁に車内販売員が回ってくる秩父鉄道のパレオとは対照的でした。これも感染症拡大の影響によるところかもしれません。

 真岡駅では交換列車の待ち合わせで少し停車時間があり、先頭のC12にご挨拶。期間限定で掲出されていたアニメ「レヱル・ロマネスク」に登場するキャラクターをデザインしたヘッドマークを間近で拝見しました。前月10月とこの日の午前中、沿線で“撮”ばかりだったので、間近で見るのはこれが最初となりました。アニメ自体はこの真岡鐡道とのコラボで初めて知った次第で、やはりこうしたコラボは目が離せないですね。

SLもおか号サボ'20.11.7

レヱル・ロマネスクヘッドマーク'20.11.7

SLもおか号車窓'20.11.7(3枚とも)あっという間のSLもおか号の汽車旅

 SLもおか号は真岡駅を出発。1556分、終点の下館駅に到着しました。この後すぐに水戸線の小山行きと接続することもあり、足早に跨線橋を渡って乗り場へ向かいました。

| | コメント (0)

2021.01.16

【11/7】真岡鐡道沿線で過ごすその3~久々に訪ねた茂木

 前回の続き。真岡鐡道のディーゼルカーに揺られて終点茂木駅に到着しました。構内にはすでに転車台で向きを変えていたC121台佇んでおり、しばし休息している様子。一旦駅を離れ、15分ほど歩いて道の駅にやってきました。ここはみやげ物屋や飲食店があり、食事時とあって多くの観光客の姿が見られましたが、すぐ脇を真岡鐡道の線路が行き来しており、SLもおか号が通過する時間は線路脇に多くの人が集まるところでもあります。

茂木駅構内'20.11.7

八雲神社@茂木'20.11.7

真岡鐡道モオカ14形@茂木'20.11.7(3枚とも)終点茂木でしばし散策

 下館へ向かうディーゼルカーを見送り、来た道を歩きながら駅に戻ると、先程構内で休息していたC12が客車を連結して停車中。入換の様子を見届けてから駅へ向かいました(続く)。

真岡鐡道C1266@茂木'20.11.7出発へ向けて入換作業中

| | コメント (0)

【11/7】真岡鐡道沿線で過ごすその2~SLもおか号を見送り茂木へ

 前回の続き。下館駅から真岡鐡道のディーゼルカーに乗り込みます。まずは下館への送り込みを見送ることにしましたが、今まで降りたことがない駅に降りてみようと思い、あれこれ考えた末、ひぐち駅で下車することに。まずはロケハンしようと駅周辺をブラブラしたものの、思っているようなところが見つからず、結局駅に戻って手軽にホームからお見送りました。

真岡鐡道DE10-1535@ひぐち'20.11.7初めて降りたひぐち駅で送り込みを見送り

 再びディーゼルカーに揺られて先へ進むことに。今度は茂木へ向かうSLもおか号を待つことにしますが、続いても今まで未踏の駅だった西田井駅で下車することにしました。茂木寄りに少し進んだところにある小さな踏切の側で待機。交換設備がある比較的広い駅構内で、行き交う真岡鐡道のディーゼルカーを見ながら過ごしていると、SLもおか号がやってまいりました。

SLもおか号@西田井'20.11.7こちらも初めて降りた西田井駅近くでSLもおか号をお見送り

 この後、再びディーゼルカーに乗りこみ出発。そのまま終点茂木まで向かいます(続く)。

| | コメント (0)

【11/7】真岡鐡道沿線で過ごすその1~関東鉄道に寄り道

 10月中旬の日曜日、ときわ路パス片手に茨城県内を乗り歩いてきましたが、この時期TV放映されていたアニメ「レヱル・ロマネスク」のヘッドマークを取り付けていた真岡鐡道のSLもおか号を見て再訪したくなりました。今回も結城駅で一旦下車してときわ路パスを購入。真岡鐡道を終点まで乗り降りするとそれなりの運賃になることから、こちらを購入することにした次第でした。

E501系停車位置@結城'20.11.7結城駅に残るE501系の停車位置表示

 後続の列車で下館駅に到着。SLもおか号が来るまで時間があったので、関東鉄道にご挨拶することにしました。とは言え、あまり遠方まで足を延ばすほど時間がなかったので、次の大田郷駅で折り返すことに。お目当ては鉄道むすめのラッピング車両でしたが、残念ながらこの日は出会うことが出来ず。こちらも20213月頃までの運行となっているので、終了までにもう一度乗りに行きたいところですね。

関東鉄道キハ2400形@大田郷'20.11.7関東鉄道にちょっとだけ寄り道

 そんなわけで、再び関東鉄道のディーゼルカーに揺られて下館駅に到着。この後は真岡鐡道沿線に繰り出すことにします(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.14

【11/3】埼玉県民の日フリーきっぷで行く・西武編その3~締めはレッドアロークラシック

 前回の続き。飯能駅から池袋線に揺られ、西所沢駅に降り立ちました。ここから次の所沢駅まで線路に沿ってのんびり歩くことに。しばらく進んで所沢駅近くまで来ると、西武秩父へ向かうLaviewがやってきました。今や西武の顔となったLaviewも、デビュー前に発表されたイラストを見た時には、あまりの斬新なデザインに正直実物はどうなるのかと興味津々でしたが、池袋線を走る姿を見るとすっかり馴染んでしまいましたね。

西武001系@所沢'20.11.3池袋線の”顔”となりつつあるLaviewと対面

 そのまま歩いて所沢駅に到着。ここからは新宿線に乗って本川越へ戻ることにします。この日もいつも同じ特急小江戸に乗車。昼間、航空公園駅近くで見かけたレッドアロークラシックに乗って帰ってきました。

西武10000系@本川越'20.11.3締めは所沢からレッドアロークラシックに乗車

| | コメント (0)

2021.01.13

【11/3】埼玉県民の日フリーきっぷで行く・西武編その2~久々の天覧山

 前回の続き。埼玉県民の日記念フリーきっぷで引き続き西武沿線を乗り歩くことにします。所沢駅から池袋線に乗り換え。再び西武鉄道のアプリを確認すると、横浜高速鉄道のY500系がやってくるとのことで、こちらに乗ることにしました。9月に西武沿線を訪ねた際、秋津駅を通過するところを見かけましたが、東急東横線でも東急車に比べて見かける機会が少ないので、西武沿線で目にするとなおさら新鮮味がありますね。

横浜高速鉄道Y505@小手指'20.11.3西武線内で初めて乗車した横浜高速鉄道のY500系

 終点の小手指駅で先行する飯能行きに乗り換え。そのまま終点まで向かいます。駅近くでランチを済ませ、駅前からバスに乗車。せっかくの好天だったので、天覧山を訪ねることにしました。数年前に訪ねた時は雨に降られてしまい、山頂まで登るのに難儀しましたが、この日は絶好のハイキング日和。山頂からは飯能の市街地を一望することができ、標高は低いものの景色は抜群でした。

飯能の市街地@天覧山'20.11.3天覧山の山頂から飯能の街並みを望む

 再びバスに揺られて飯能駅に到着。池袋線に乗り込み、来た道を戻ることにします(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.12

【11/3】埼玉県民の日フリーきっぷで行く・西武編その1~新宿線を走るレッドアロークラシック

 さいたま割を利用して地元のホテルで一晩を過ごした翌朝は朝食を済ませた後、午前9時頃にはチェックアウト。そのまま自宅に戻りました。この日は11月3日の文化の日。恒例のつくばエクスプレスと関東鉄道のイベントが開催される日ですが、2020年は感染症拡大の影響により、つくばエクスプレスのイベントは中止に。関東鉄道は事前応募制による開催となりました。例年、秋口に各鉄道会社で開催されるイベントは軒並み中止となり、2020年は異例の年となりました。

 さて、一旦自宅には戻りましたが、朝から好天に恵まれたこともあってお出かけしたい気分に。とは言え、あまり遠出はできなかったので、利用期間が大幅に拡大した西武の「埼玉県民の日 記念1日フリーきっぷ」を使って近場をブラブラすることにしました。西武鉄道のアプリで運行情報を確認したところ、新宿線でレッドアロークラシックが運用に就いていることを確認。本川越駅でフリーきっぷを手に入れた後、航空公園駅まで向かい、近くでお迎えしました。

西武10000系@航空公園'20.11.3航空公園駅近くでレッドアロークラシックをお見送り

 この後は所沢を経由して池袋線沿線をブラブラすることにします(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.11

【11/2~3】地元のホテルで過ごす~2020夫婦旅番外編

 2020年は感染症拡大の影響もあって、例年夏場に出かけていた夫婦旅は取り止めになってしまいましたが、そんな折さいたま市で「さいたま割」という宿泊促進キャンペーンを実施しているとのこと。こちらを利用して地元のホテルで一晩を過ごすことにしました。11泊あたり上限3,000円を補助するというもので、予約したのはさいたま新都心にある「ラフレさいたま」。普段地元のホテルに泊まることがないので、逆に今がチャンスですね。

さいたま新都心の夜景@ラフレさいたま'20.11.2ラフレさいたまからさいたま新都心駅方面を望む

 翌朝は上階にある展望レストランで朝食。普段見慣れている地元の街並みを見渡しながら頂きました。

| | コメント (0)

サンキューちばフリー乗車券で行く千葉の旅その9~特急新宿さざなみ号で都内へ

 前回の続き。小湊鐡道のディーゼルカーに揺られて五井駅に戻ってきました。時刻は15時を過ぎ、後は帰るだけ。時刻表を確認すると、1616分発特急新宿さざなみ2号があり、これに乗って都内へ向かうことに。出発まで時間があったのでホームでネタ探ししながら待つことにしました。ちょうど総武快速線からのE217系が何本か到着。当たり前に走っていたこの車両もE235系の増備により、後輩に道を譲ることになるのでしょう。

E217系@五井'20.10.31西日を浴びて五井駅に到着するE217系

 こうして特急新宿さざなみ2号に乗り込み1616分に五井駅を出発。2日間に渡る房総半島の旅は無事終了しました。

特急新宿さざなみ2号@五井'20.10.31旅の終わりは新宿さざなみ

| | コメント (0)

2021.01.10

サンキューちばフリー乗車券で行く千葉の旅その8~1年ぶりの小湊鐡道沿線を訪ねる

 前回の続き。イベントも無事終了となり、この後は小湊鐡道沿線を訪ねることにしました。サンキューちばフリー乗車券はもちろん小湊鐡道も乗り降り自由。五井駅に戻り、改札を抜けて小湊鐡道のホームへ向かうと、先程までイベントの参加者で賑わっていた五井機関区は普段の姿に戻り、運用のないディーゼルカーがのんびり昼寝をしておりました。そんな光景を見ながら、ホームに停車中のディーゼルカーに乗り込み、五井駅を出発します。

小湊鐡道キハ200形&キハ40形@五井機関区'20.10.31この日の主役たちもようやく休息~キハ202&キハ40

 特にあてはなかったものの、帰りの時間もあったのでそれほど遠方へは足を延ばせないところ。考えた末、海士有木駅で下車することにしました。ちょうど1年前に降りた時は、直前に発生した台風の爪痕が周辺に残っていましたが、1年が経過しその爪痕は癒されつつあるように感じました。そんな中、行き交う小湊鐡道のディーゼルカーを“撮”しながら過ごすことに。1形式のみではありますが、のんびり過ごすことが出来ました。

海士有木駅舎'20.10.31

小湊鐡道キハ200形@海士有木'20.10.31‐1

小湊鐡道キハ200形@海士有木'20.10.31‐2(3枚とも)1年ぶりに海士有木駅に降り立つ

 海士有木駅に戻り、小湊鐡道のディーゼルカーに乗車。五井に戻ってきました(続く)。

| | コメント (0)

サンキューちばフリー乗車券で行く千葉の旅その7~小湊鐡道のイベント「構内食堂企画」に参加する その2

 前回の続き。案内役である小湊鐡道の社員の誘導でさらに機関区の奥へ進みます。やってきたのは木造の機関庫。ここでは小湊鐡道のディーゼルカーの整備を始め、多くの作業が行われています。鉄道イベントで車両基地の公開が行われる際、普段は目に触れることのない機関庫の中に入ることが出来ますが、実際に作業は行われていないものの、多くの機材が設置されている様子から作業場の雰囲気が伝わってきます。

機関庫@五井機関区'20.10.31大正時代建築の機関庫の中を見学

 そしていよいよこのイベント一番の目玉であるランチタイムへ。機関区に止まっているディーゼルカーの車内で頂くことにします。使用する車両については事前には伝えられていませんでしたが、今回使用されたのは直前に引退したキハ202JRから譲渡を受けたキハ40形。そのキハ40形の中で千葉では名が知られている「としまや」の弁当を頂きました。

小湊鐡道キハ40形@五井機関区'20.10.31

キハ40形ボックスシート'20.10.31

としまや弁当'20.10.31

(3枚とも)JRからやってきたキハ40形のボックスシートでランチタイム
 

 こうして13時にイベントは無事終了。小湊鐡道では様々なイベントを企画しているとのことで、今後も面白そうな企画があれば参加したいと思います(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.08

サンキューちばフリー乗車券で行く千葉の旅その6~小湊鐡道のイベント「構内食堂企画」に参加する その1

 前回の続き。五井駅東口に広がる小湊鐡道の五井機関区へ向かいます。この後、この日一番のお目当てである「構内食堂企画」に参加することに。事前に予約をしており、受付を済ませると開始までの時間、構内を行き来する小湊鐡道のディーゼルカーを見ながら過ごしました。ここ五井機関区と言えば2017年に公開イベントが開催されたことがありましたが、あいにく仕事が入ってしまい行くことが出来ませんでした。

小湊鐡道キハ200形@五井'20.10.31‐1初めて足を踏み入れた小湊鐡道の五井機関区

 待つことしばし、案内役である小湊鐡道の社員の挨拶でイベントがスタート。まずは木造の車庫に止まっているキハ5800形を見学します。2017年のイベントでも公開され、実物を目にするのはこれが初めてでしたが、外観の至る所に痛みがある一方、車内は座席回りが埃っぽかった他はまずますの状態とお見受けしました。動いている姿は残念ながら見ることはできなかったものの、貴重な車両を間近で目にすることが出来ました。

小湊鐡道キハ5800形@五井機関区'20.10.31

キハ5800形ナンバー'20.10.31

キハ5800形車内'20.10.31(3枚とも)キハ5800形を初めて見学

 引き続き機関区の中を進むと、3台のSLが保存されている一角に到着。屋根の下にSLが仲良く3台並んで保存されており、こちらも大事に保存されていることが伺えますが、いずれも小湊鐡道で活躍した貴重なSLばかりで一見の価値がありましたね。SLと言えば、小湊鐡道でSLの格好をしたトロッコ列車を運行しており、沿線で“撮”をしたことがあるもののまだ未乗なので、一度乗りに行きたいところです。

小湊鐡道SL@五井機関区'20.10.31機関区内に保存されているSLも初めて対面

 まだまだ構内の見学が続きますが、長くなりそうなので一旦ここで切ることとします(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.07

サンキューちばフリー乗車券で行く千葉の旅その5~E217系に乗る

 前回の続き。前泊した君津から内房線の上り列車に乗り込みます。ここからは総武快速線の始発列車が出ており、どうせならE217系に乗りたいところ。この後、小湊鐡道のイベントに参加するのでそれに間に合う列車を確認したところ952分発逗子行きがあり、こちらで出発することにしました。改札を抜けてホームで待っているとE217系が到着。今回の旅で初めての乗車となりました。

クハE217‐48@君津'20.10.31この旅初めてE217系に乗車

 君津駅を発車して30分弱、目的地の五井駅に到着。改札を出るとそのまま小湊鐡道のイベントの受付へと向かいました(続く)。

| | コメント (0)

2021.01.03

サンキューちばフリー乗車券で行く千葉の旅その4~朝の君津でネタ探し

 年末で完結しなかったサンキューちばフリー乗車券の旅の続きですが、1日目は君津駅近くのホテルで1泊しました。元々、翌31日に開催される小湊鐡道のイベントに参加する予定にしており、ちょうどフリー乗車券が2日間有効だったので、それならば1泊して目一杯使おうと考えた次第。本来日帰り圏内のエリアではあるものの、宿泊することで行程に余裕が出来るという発見もありましたね。

 そんな君津駅を午前10時前に出発すればよかったので、それまで駅近くでネタ探しすることに。209系が大部分を占める内房線にあって、やはり注目は今後の去就が気になるE217系でしょうか。この時点ではまだ後継のE235系が運用に入る前だったので、総武快速線は全てE217系による運行でしたが、いずれE235系の増備につれて徐々にその数を減らしていくのは明らかなので、今のうちにのんびり狙いたいですね。

E217系@君津'20.10.31今後の動向が気になるE217系

 その他、209系を改造した観光列車「B.B.BASE」が千葉方面から接近。デビューする前、大宮工場の側線に止まっているところを見かけたことがありましたが、本線上を走っているところを目にするのはこれが初めてとなりました。「B.B.BASE」は「BOSO BICYCLE BASE」の略。文字通り、自転車を列車に積んで目的地でサイクリングを楽しむというコンセプトで、自身にとってなかなか乗車の機会がないのが悩ましいところですね。

B.B.BASE@君津'20.10.31本線上を走る姿を初めて目にした「B.B.BASE」

  この後、内房線では朝夕のみの運行となった特急新宿さざなみ号が到着。こちらを見送り、君津駅へ向かいました(続く)。

特急新宿さざなみ1号@君津'20.10.31内房線で数少なくなった「特急新宿さざなみ」

| | コメント (0)

2021.01.01

【1/1】新年あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年は感染症拡大の影響もあって、全般的に低調な活動となってしまいました。今年もしばらくは同様の状況になるのかと思いますが、個人としては出来る限りの対策を講じて活動するしかないので、こればかりは静観しかないところでしょうか。行きたいところはいろいろあり、頭の中では旅程を考えてはいます。実現できるようになるまでは温めておきたいと思います。

紀州鉄道キハ603@御坊'89.12.28昨年鉄道むすめがデビューした紀州鉄道。30数年ぶりに訪ねてみたいところですね。

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »