« 【3/6】狭山線に舞台を移した西武新101系 | トップページ | 【3/6】元加治駅で下車する »

2021.05.16

【3/6】西武球場前駅から下山口駅まで歩く

 前回の続き。狭山線で運用に就いた新101系に揺られ、終点西武球場前駅に到着しました。駅構内には埼玉西武ライオンズ所属の選手の顔写真や、列車で到着したファンを歓迎する看板が至る所に設置され、月末から始まるプロ野球公式戦に向けて準備が着々と進んでいる様子。一方、改札を出て目の前に広がるメットライフドームはここ数年の改修ですっかり様変わりし、ライオンズファンの聖地と呼べるにふさわしい地になりました。

西武新101系@西武球場前'21.3.6-1西武球場前駅構内はライオンズ一色

 さてこの後ですが、そのまま折り返すのも面白くなかったので、狭山線の線路に沿って歩いて隣の下山口駅まで移動することに。もちろんこの区間を歩いて移動するのは初めてで、車窓から狭山湖に接する小高い丘が見えるイメージが強く残っている区間ですが、所沢市内から通じる交通量のある県道を進みながら、狭山線の線路沿いで先程乗った新101系をお迎えしました。

西武新101系@西武球場前'21.3.6-2狭山線沿線で新101系をお迎え

 さらに県道を進むと、「山口城跡」と記された石碑を発見。平安時代末期に活躍した山口氏の居館の後で、かつては広大な敷地に土塁や堀がありましたが、周辺の開発によって壊されてしまい、原型はわからなくなってしまったそうです。こうして今まで足を踏み入れたことがないところを歩いてみると、思わぬ発見があったりするのが面白いところ、気候のいい時期にのんびり線路に沿って一区間歩いてみるというのもいいものですね。

山口城跡@下山口21.3.6踏切側にある山口城跡の石碑

 こうして西武球場前駅からのんびり歩いて下山口駅に到着。ここから再び新101系に乗り込み、西所沢駅に向かいました(続く)。

メットライフドーム@下山口'21.3.6下山口駅の跨線橋から見えるメットライフドーム

|

« 【3/6】狭山線に舞台を移した西武新101系 | トップページ | 【3/6】元加治駅で下車する »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【3/6】狭山線に舞台を移した西武新101系 | トップページ | 【3/6】元加治駅で下車する »