« 【7/15】天浜線日帰り旅その3~掛川から天浜線沿線へ | トップページ | 【7/15】天浜線日帰り旅その5~アニメ「ゆるキャン△」ラッピング車両に乗る »

2021.10.08

【7/15】天浜線日帰り旅その4~天竜二俣駅周辺を散策する

 前回の続き。天浜線のディーゼルカーに揺られて天竜二俣駅に到着しました。ここで天浜線最初の途中下車。さっそく、駅近くの一角に保存されている国鉄車両を拝見することにします。止まっていたのは、初代ブルートレインのナハネ20形と国鉄型ディーゼルカーのキハ20形。キハ20形の方は旧二俣線時代に活躍していた車両ということで理解できるものの、ナハネ20形の方は二俣線を走行したという記録はおそらくないのではと思われます。

展示車両説明板@天竜二俣'21.7.15

キハ20-443@天竜二俣'21.7.15

ナハネ20ドア'21.7.15(3枚とも)天竜二俣駅構内で保存されている2両の国鉄車両にご挨拶

 さらに進んだところに、何やら古めかしい駅名板を発見。「二俣口」と右から駅名が掛かれておりましたが、ここは光明電気鉄道の旧二俣口駅のホーム跡で、昭和5年に新中泉駅と二俣町駅間が開業したものの、昭和11年に運行が停止された短命な鉄道でした。廃止後90年近くが経過していることもあって、廃線跡などの遺構が残っているところは少ないと思われるものの、こうしてホーム跡が残っていることに驚きです。

旧二俣口駅跡'21.7.15開業5年で廃止となった光明電気鉄道の旧二俣口駅跡

 その後も市内をのんびり散策。市内を流れる二俣川に天浜線の鉄橋が掛かっており、ここで行き交うディーゼルカーを見送ることにしました。しばらくすると、天竜二俣駅を発車した派手なラッピング車両が接近。バーチャルアイドル「音街ウナ」とコラボしたラッピング車両で、「うなぴっぴごー!」という愛称が付いております。先程乗車した「キャタライナー」に負けじ劣らず、こちらもなかなか派手な車両でしたね。

天竜浜名湖鉄道TH2100形@二俣本町'21.7.15天竜二俣駅を発車した「うなぴっぴごー!」

 こうして市内をブラブラ散策して時間を潰し、最後に天竜二俣駅前の公園に保存されている「C58389」にご挨拶。多くの鉄道遺構が点在していて退屈しない時間を過ごせました(続く)。

C58389@天竜二俣'21.7.15天竜二俣駅前の公園に保存されている「C58389」

|

« 【7/15】天浜線日帰り旅その3~掛川から天浜線沿線へ | トップページ | 【7/15】天浜線日帰り旅その5~アニメ「ゆるキャン△」ラッピング車両に乗る »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【7/15】天浜線日帰り旅その3~掛川から天浜線沿線へ | トップページ | 【7/15】天浜線日帰り旅その5~アニメ「ゆるキャン△」ラッピング車両に乗る »