« 【7/22】会津日帰り旅その2~鬼怒川線内で20400系に乗る | トップページ | 【7/22】会津日帰り旅その4~会津田島駅を発つ »

2021.10.23

【7/22】会津日帰り旅その3~会津田島駅に到着

 前回の続き。会津田島行きの普通列車は新藤原駅を1037分に発車するとすぐトンネルに入ります。延々トンネル内を進み、徐々に減速していくうちに野岩鉄道最初の駅である龍王峡駅に到着。トンネルの中にある駅で、山の中を切り開くように線路が伸びている野岩鉄道は多くのトンネルがある路線ですが、一方で並走して流れる鬼怒川や五十里湖など車窓に変化があり、汽車旅派にとっては退屈しない路線でもあります。

五十里湖@野岩鉄道車窓'21.7.22変化に富んだ野岩鉄道の車窓を堪能する

 会津高原尾瀬口駅からは会津鉄道へと変わり、終点会津田島駅には1137分に到着。隣のホームには会津鉄道のお座トロ展望列車が停まっており、この後会津若松へ向けて出発します。こちらは昨年9月に乗車しておりますが、アニメ「ノラと皇女と野良猫ハート」のラッピングはすでに終了していて、代わりに青を基調とした明るい塗装に変わっていました。

会津鉄道AT‐400形@会津田島'21.7.22ラッピングが剥され、青を基調とした塗装に変更した会津鉄道のお座トロ展望列車

 お座トロ展望列車を見送り、ちょうど昼時だったのでランチタイムにすることに。駅の2階に食事処があり、ここで済ませることにしました。お品書きには、この地方の名物である「ソースカツ丼」の文字があり、こちらを注文。カツ丼と言えば卵とじが主流ですが、最近はソースカツ丼の認知度が上がり、珍しくなくなりましたね。どちらもそれぞれの個性があって自身にとってはどちらも好みであります。

ソースカツ丼@ヴォーノ'21.7.22会津田島駅2階の食事処で名物のソースカツ丼を頂く

 食後は駅周辺をぶらぶら。みやげを物色した他、駅の隣に保存されているSLにご挨拶しながら過ごしました(続く)。

C11254@会津田島'21.7.22会津田島駅隣に保存されているC11254号機

|

« 【7/22】会津日帰り旅その2~鬼怒川線内で20400系に乗る | トップページ | 【7/22】会津日帰り旅その4~会津田島駅を発つ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【7/22】会津日帰り旅その2~鬼怒川線内で20400系に乗る | トップページ | 【7/22】会津日帰り旅その4~会津田島駅を発つ »