« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021.12.31

【12/31】よいお年を

EH500‐52@宮原'21.12.31

 2021年も残りわずか。去年に続き、感染症の影響を受けた1年となり、度重なる緊急事態宣言で遠出もままならない状況もあって、思うように出かけることができなかった1年となってしまいました。思えば、今年1月、いきなり緊急事態宣言が発令されるという報道が流れるあたり、今年1年を案じる予感がした次第でしたが、来年こそは落ち着いた年が過ごせることを祈るばかりです。

 そんなわけで、今年も撮り納めは地元で。久しぶりに安中貨物を撮ってきました。安中貨物と言えば今年、無蓋車の運行が終了したとの話題をSNSなどで見聞きしていましたが、タキのみながら金太郎が引っ張る姿を見送りました。

| | コメント (0)

【10/16】秋の長野紀行その5~北陸新幹線で帰りの途に

 前回の続き。須坂から長野駅まで戻ってきました。後は新幹線に乗って帰るだけとなりましたが、出発まで少しだけ時間があったので、在来線ホームでネタ探しをすることに。特筆するものはありませんでしたが、名古屋行き特急しなのが停まっていました。使用されている車両はJR東海の383系。そのJR東海については来年春のダイヤ改正で「ワイドビュー」の愛称が消滅することになり、時代の変わり目に差し掛かっていることが伺えます。

383系@長野'21.10.16長野駅で出発を待つ特急しなの

 一旦改札を出てみやげを物色。新幹線ホームへやってきました。当初は19時台に発車する新幹線を押さえてありましたが、予定より早めの列車に乗車変更。今回は夕飯を調達しており、駒ヶ根名物のソースカツ丼の弁当を車内で頂きました。

明治亭ソースカツ丼'21.10.16新幹線車内で夕飯に頂いた駒ヶ根名物のソースカツ丼

| | コメント (0)

【10/16】秋の長野紀行その4~長野電鉄で須坂へ

 前回の続き。JR長野駅の改札口を抜け、地下にある長野電鉄長野駅へ向かいます。この後須坂へ向かいますが、1427分発の特急があり、特急券を買って乗り込むことに。ホームに停まっている「ゆけむり」1000系は元小田急“HiSE”で、ロマンスカーとして活躍した後、2006年にこの地に移りすでに15年が経過しております。「スノーモンキー」こと元“N’EX”と共に元のカラーそのままで活躍しているあたり、往時を偲ばせてくれます。

長野電鉄1000系&3000系@長野'21.10.16元日比谷線03系とともに長野駅に停車中の1000系「ゆけむり」

 長野駅を出て20分足らずで須坂駅に到着。改札へ向かうと、近くには長野電鉄の鉄道むすめ、朝陽さくらの等身大パネルが出迎えてくれました。この朝陽さくらですが、鉄道むすめ総選挙では堂々1位を獲得。2019年にデビューして3年ほどと、数ある鉄道むすめの中で新顔ながら、ラッピング列車の運行やイベントなどが行われるなど、着実に人気を得た結果の現れではないでしょうか?

朝陽さくら等身大パネル@須坂'21.10.16
鉄道むすめ総選挙堂々1位を獲得したさくらさん

 この後一旦駅を離れ、須坂の市内を散策。駅から歩いて10分ほどのところにある旧越家住宅に到着しました。中では案内役の方の説明があり、それを聞きながら建物内を見学。実はこの旧越家住宅、かつてこの地で製糸業を営んでいた山丸組の創業者、越寿三郎ゆかりの建物で、1907年には大宮にも進出。同じ長野県ゆかりの片倉組と共に大宮での製糸業の発展に努めました。ちなみに大宮にある「山丸公園」はこの山丸組が由来となっています。

旧越家住宅@須坂'21.10.16大宮とゆかりのある「旧越家住宅」を訪問

 思わぬところで地元との繋がりを感じた須坂市を後にして、再び長野電鉄に乗車。長野へ戻ってまいりました(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.30

【10/16】秋の長野紀行その3~しなの鉄道の新しいラッピング車両「佐久地域星空トレイン」と出会う

 前回の続き。上田電鉄沿線を乗り歩いた後は、長野へ移動します。ネタ探しをしようと在来線ホームで過ごしていると、しなの鉄道の新しいラッピング車両「佐久地域星空トレイン」が到着。浅間山や八ヶ岳、それに佐久地域の星空をイメージしたラッピングが施されていますが、2年前の7月に小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」に乗車した際、野辺山駅で予定されていた星座観察会があいにくの天候で叶わなかったことが今も心残りです。

しなの鉄道115系@長野'21.10.16

佐久地区星空トレインラッピング'21.10.16‐1

佐久地区星空トレインラッピング'21.10.16‐2(3枚とも)デビューして間もないしなの鉄道のラッピング車両「佐久地域星空トレイン」と対面

 新しいラッピング車両と対面した後は長野電鉄沿線へと繰り出すことに。改札を出て長野電鉄の地下駅へ向かいます(続く)。

| | コメント (0)

【10/16】秋の長野紀行その2~ローカル鉄道グッズ販売会in 上田電鉄下之郷を訪ねる

 前回の続き。別所温泉駅から列車に揺られ、下之郷駅に降り立ちました。この日、隣接する車庫では鉄道グッズ販売会が開催されており、入場制限で少し待ってから会場入り。車庫内に止まっている車両の前で、長野県ゆかりの鉄道むすめ達が出迎えてくれました。今回も鉄道むすめグッズを中心にいろいろ入手してまいりましたが、依然感染症予防でなかなかイベント開催が難しい中、イベントに携わるスタッフには感謝の言葉しかありません。

上田電鉄1000系@下之郷'21.10.16ー1

鉄道むすめボトルキャップ@下之郷'21.10.16

上田電鉄1000系&JRバス関東@下之郷'21.10.16(3枚とも)下之郷駅隣接の車庫で開催されたグッズ販売会を訪問

 いろいろグッズを入手し、上田駅へ戻ることに。帰りもれいんどりーむ号に乗車しました(続く)。

上田電鉄1000系@下之郷'21.10.16ー2
帰りもれいんどりーむ号に乗車

| | コメント (0)

【10/16】秋の長野紀行その1~別所温泉を訪ねる

 今年3月の全線開通後、6月に上田市内の商業施設でグッズ即売会が行われた際にも訪れた上田電鉄ですが、夏場に首都圏発令された緊急事態宣言が10月に解除され、4か月ぶりに訪ねてまいりました。大宮駅717分発あさま601号に乗車し、825分に上田駅到着。さっそく上田電鉄の乗り場へ向かうと、派手なカラーの「れいんどりーむ号」1002編成が停まっていました。

上田電鉄1002@上田'21.10.16上田電鉄の新しい顔、れいんどりーむ号に初乗車

 そのれいんどりーむ号に揺られ、終点別所温泉駅に到着。改札を抜けると、待合室で上田電鉄の鉄道むすめ、八木沢まいの等身大パネルが出迎えてくれました。その足元には、鉄道むすめキャラクター総選挙で2位に輝いた記念のステッカーが取り付けられており、心なしか輝きを感じるところ。実は今回これを見に訪れたのも目的の一つで、数ある鉄道むすめにあって、初期から登場したキャラクターの中でも根強い人気ぶりが伺えます。

八木沢まい等身大パネル@別所温泉'21.10.16キャラクター総選挙2位の栄冠に輝いた八木沢まい

 一旦別所温泉駅を後にして、坂道を歩きながら温泉街へ。もちろん温泉に入るためで、別所温泉にある2ヶ所の外湯のうち、前回は大師湯に入ったので、今回はもう一つの石湯に入ることにしました。脱衣場から浴場まで階段で降りて辿り着く構造になっており、大師湯とはまた違った雰囲気の外湯ですが、まだ朝の時間帯ながらここまでの旅の疲れを癒すことが出来ました。

石湯@別所温泉'21.10.16今回は石湯で一風呂

 温泉で体も温まり、来た道を歩いて別所温泉駅に到着。この後は下之郷駅に隣接する車庫でこの日開催されたグッズ販売のイベントを訪ねることにします(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.29

【10/10】鉄分補給!ヘッドマークスタンプラリーを回るその5~トラブル発生

 前回の続き。黒磯駅から折り返し宇都宮行きの列車に乗り込み、那須塩原駅に降り立ちました。ここで最後のスタンプを押印し、これでコンプリート。後は宇都宮駅に立ち寄って景品を交換するだけとなり、ここから一区間新幹線に乗ることにしました。ちょうど上り列車が出発した後で、この後の列車は1時間後。その間、ホームで通過する新幹線を見ながら過ごしました。

E3系&E5系@那須塩原'21.10.10那須塩原駅で新幹線を見ながら時間潰し

 1時間ほど待って上りの新幹線に乗車。次の宇都宮駅に降り立ちました。さっそく景品を交換し、これでスタンプラリーは完結。後は帰るだけとなりましたが、この日は蕨駅近くの変電所で火災が発生し、京浜東北線を始め、宇都宮線も運転見合わせとなっていたため、やむなく新幹線で帰ることになりました。最後はバタバタとしてしまいましたが、無事スタンプラリーの方は完結と相成りました。

スタンプラリー景品
アクシデントがあったものの、スタンプラリーは無事完結

| | コメント (0)

【10/10】鉄分補給!ヘッドマークスタンプラリーを回るその4~宇都宮線をさらに北上

 前回の続き。日光線に揺られて宇都宮駅まで戻ってまいりました。時刻は11時を過ぎたあたりで、ここで少し早目のランチタイムにすることに。もちろん名物の宇都宮餃子を頂きました。駅ビルの一角に餃子の店が軒を連ねているので、乗り換え時間で餃子を味わいたいという時には重宝なところ。また宇都宮餃子は持ち帰り用も充実しており、この地を訪れる際には必ずと言っていいほどおみやげに買っていっております。

餃子@宇都宮'21.10.10名物の宇都宮餃子でランチタイム

 腹が満たされ、再び宇都宮線に乗ってさらに北上。スタンプが設置されている宝積寺駅に降り立ちました。ここ宝積寺と言えば烏山線の乗換駅。キハ40形が使用されていた時に度々訪れていましたが、最近はすっかりご無沙汰状態になってしまいました。そんな中、駅周辺をブラブラしていると、烏山線からの宇都宮行きの列車が宝積寺駅を発車。2014年からキハ40形の後を継いで投入されたACCUMもすっかり定着しました。

EV‐E301系@宝積寺'21.10.10宝積寺駅で見かけた烏山線のACCUM

 再び宇都宮線に乗ってさらに北上。この日は大まかな行程は決めていたものの、急ぎの旅ではなかったので、これまで降りたことがない野崎駅で下車することにしました。昔からの平屋の駅舎が今も残っている駅ですが、駅前はタクシーが止まっているだけで周囲に店舗は見当たらず、人通りはほとんどなし。駅前に建っている那須与一の像が一層引き立っておりました。

野崎駅舎'21.10.10平屋の駅舎が残る野崎駅で下車

 その後、後続列車に乗り込んで終点黒磯駅に到着。かつて115系で使用されていたサボを積み上げて出来た改札脇のタワーは今も健在でした(続く)。

サボタワー@黒磯'21.10.10黒磯駅の名物”サボタワー”

| | コメント (0)

【10/10】鉄分補給!ヘッドマークスタンプラリーを回るその3~日光駅周辺でネタ探し

 前回の続き。日光駅に降り立ち、無事スタンプを押印しましたが、来た列車でそのまま折り返すのももったいなかったので、1本落として駅周辺をブラブラすることにします。とは言え観光するわけではなくネタ探しでしたが、駅の宇都宮寄りに掛かる細い陸橋から先程乗って来た205系をお見送り。前の記事でも書いた通り、ここ日光線でも来年春のダイヤ改正で新型車両への置き換えが決まり、205系が走る姿ももう少しで見納めになります。

205系@日光'21.10.10日光駅を発車する205系

 その細い陸橋を渡って今度は東武日光線の線路脇へ。特急スペーシアや6050系の普通列車がやってきました。特に6050系は20400系への置き換えが進んでおり、来年春には東武日光線や鬼怒川線でワンマン運転が始まるのに伴い、6050系に乗車する機会が大幅に少なくなりそうです。かつては浅草まで快速列車として乗り入れていた6050系も現在は日光線や鬼怒川線で細々とした運行に留まっており、終焉が近づきつつあります。

東武100系@日光'21.10.10

東武6050系@日光'21.10.10ー1

東武6050系@日光'21.10.10ー2(3枚とも)この日は乗車せず~東武

 こうして再び日光駅に戻り、日光線に揺られて宇都宮へ戻ることにします(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.28

【10/10】鉄分補給!ヘッドマークスタンプラリーを回るその2~宇都宮から日光線に乗車

 前回の続き。宇都宮駅から日光線に乗って終点日光駅を目指しますが、次の列車まで時間があったので、駅前をブラブラして過ごすことにしました。東口に向かってデッキを歩いていると、宇都宮ライトレールの看板を発見。軌道の整備や車両の搬入が進んでおり、2023年の開業までまだ先ではありますが、宇都宮の町をライトレールが走る様子を今から楽しみにしております。

宇都宮ライトレール看板@宇都宮'21.10.10開業待ち遠しい宇都宮ライトレールの看板

 そろそろ出発の時間になったので、日光線の乗り場へ。先程と同じ205系がホームに停車していました。来年3月のダイヤ改正で、ここ日光線でも新型車両のE131系が営業運転を開始することから、205系が日光線で走る姿を目にするのはあとわずかとなりましたが、10年ほど前までは107系が走っていたこともあり、10年足らずで後継車両に置き換えとなりました。

クハ205‐610@日光'21.10.10レトロカラーの205系に揺られ日光駅に到着

 こうして終点日光駅に到着。スタンプを押した後、1本落として駅周辺を散策することにします(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.27

【10/10】鉄分補給!ヘッドマークスタンプラリーを回るその1~宇都宮へ

 昨年1月から2月にかけてJR東日本大宮支社管内で行われた「ヘッドマークスタンプラリー」が101日から再びスタート。近場を少しずつ回った後、1日かけて栃木県内を中心に押してまいりました。このスタンプラリーは駅ごとにスタンプ台やその周りの装飾が凝っていて、回っていてなかなか楽しいものがありましたが、今回も前回に劣らず各駅趣向を凝らした装飾で、見ていて楽しいものがありました。

E231系モックアップ@古河'21.10.10

今回の各駅凝らした装飾で楽しませてくれました(画像は古河駅のE231系モックアップ)

 古河駅でこの日最初のスタンプを押印し、宇都宮線でさらに北上。小山駅、小金井駅と下車しながら進むと、741分発の始発の黒磯行きがあったので、こちらに乗車することにしました。使用されている205系は現在、宇都宮線の宇都宮以北および日光線を中心に活躍していますが、先般発表された来年春のダイヤ改正では新型車両のE131系へ置き換えが決まり、205系の定期運用が終了することになりました。

クハ204‐605@小金井'21.10.10小金井始発の黒磯行きに乗車

 その205系に揺られて宇都宮駅に到着。ここから日光線に乗り換え、日光へ向かいます(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.25

【10/2】仙台日帰り旅その7~こまちで帰途に

 前回の続き。無事目的を果たし、仙台空港駅から列車に揺られて仙台駅に戻ってまいりました。この後は帰るだけとなりましたが、早めに戻ってきたこともあり、当初押さえてあった新幹線の指定席をスマホ経由で変更することに。30分ほど早い列車で帰ることにします。その前に少し早目の夕飯。昼は松島で名物のカキを頂いたので、夕飯は仙台名物の牛たんを頂きました。

牛たんづくし膳@伊勢屋'21.10.2夕飯は仙台名物の牛たんを頂く

 腹が満たされ、出発までまだだいぶ時間があったので、地下鉄の乗り場にご挨拶。2年前に全国鉄道むすめ巡りで訪れた時は、駅構内の至る所に仙台市営地下鉄の鉄道むすめ、青葉あさひのイラストが目に留まりましたが、これらのイラストは今も健在で、元気な様子が伺えました。ただ、仙台空港アクセス線の杜みなせに比べるとグッズの種類がやや寂しいのが否めないところで、落ち着いた頃にまた盛り上がってくれることを祈るばかりです。

青葉あさひイラスト@仙台'21.10.2あさひさんは健在

 こうしてそろそろ出発の時刻になり、新幹線の乗り場へ移動。1857分発こまち40号に乗って戻ってまいりました。

こまち40号@大宮'21.10.2帰りはこまちで大宮へ

| | コメント (0)

【10/2】仙台日帰り旅その6~再び仙台空港へ

 前回の続き。仙台駅に戻り、この日2度目となる仙台空港駅へ向かいます。1日かけて温泉むすめと鉄道むすめのコラボキャンペーンを回ってきましたが、仙台空港駅と松島レストハウスに設置されている等身大パネルを撮影し、SNSにアップして片方の設置場所でSNSの画面を提示すると特製のポストカードが貰えるというもので、両方ゲットする場合はどちらかに2か所足を運ぶ必要がありました。

温泉むすめ×鉄道むすめポストカード
2種類のポストカードを無事ゲット!

 仙台空港アクセス線に揺られ、この日2度目の仙台空港駅に到着。日中、松島レストハウスで撮影した等身大パネルをSNSにアップし、その画面を提示してポストカードをゲットいたしました。これで目的を達成。朝は慌ただしく折り返したので、今度は仙台空港の展望デッキに足を運ぶことにしました。すでに日が西へ傾きつつある時間で、仙台市内のビル群をバックに滑走路を行き来する旅客機を見てまいりました。

ピーチAirbusA320‐214@仙台空港'21.10.2仙台市内をバックに仙台空港の滑走路を旅客機が行き来する

 こうして無事2種類のポストカードを手に入れることができ、そろそろ仙台駅へ戻る時間。再び列車に乗り込み、仙台駅へ向かいました(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.23

【10/2】仙台日帰り旅その5~引退間近のジョイフルトレイン「ジパング」を見送る

 前回の続き。仙台駅に戻り、駅構内をブラブラしていたら、下り方面の乗り場の電光掲示板に「臨時」の文字が表示されていました。いろいろ情報を集めていたら、ジョイフルトレイン「ジパング」がこの後盛岡へ向けて出発するとのことで、隣の東仙台駅まで移動して見送ることにしました。貨物列車が頻繁に行きかう様子をホームで見ながら待つことしばし、仙台方面からジパングが近づいてきました。

485系@東仙台'21.10.2引退間近のジョイフルトレイン「ジパング」をお見送り

 ジパングと言えば、かつて高崎支社に所属していたお座敷列車が「リゾートやまどり」に改造された際、余剰となった車両を集めて登場させたもの。残念ながら乗車は叶いませんでしたが、最後の最後に目にすることが出来ました(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.22

【10/2】仙台日帰り旅その4~小鶴新田駅近くでマンガッタンライナーを撮る

 前回の続き。松島海岸駅から再び仙石線に乗って仙台方面へ戻ることにしますが、この後は夕方までに仙台空港へ到着すればよく、時間がたっぷりあったので、途中下車して来るときに乗車したマンガッタンライナーを狙うことにします。20167月に下車したことのある小鶴新田駅近くで待つことしばし、先ほど乗車したマンガッタンライナーが石巻方面から接近。改めて見ると、子供の頃に目にしたキャラクターのラッピングが目立っていました。

205系@小鶴新田’21.10.2‐1

205系@小鶴新田’21.10.2‐2(2枚とも)駅周辺にマンションが建ち並ぶ小鶴新田駅近くでマンガッタンライナーを待つ

 その後も仙台方面からの折り返しを待ち、再び仙石線に乗車。この日はプロ野球、楽天の公式戦が開催されていたこともあり、球場の最寄り駅である宮城野原駅で多くの乗客が降りていきました(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.20

【10/2】仙台日帰り旅その3~仙石線で松島海岸へ

 前回の続き。仙台駅に戻ると今度は仙石線に乗って松島海岸駅を目指します。長いエスカレーターを下って地下ホームから乗車。途中、故石ノ森章太郎の漫画キャラクターがラッピングされた「マンガッタンライナー」とそれ違ったので、中野栄駅で列車を落としてあおば通からの折り返しを待っていると、派手な出で立ちのラッピング車両が到着。いずれも子供の頃にテレビで観たキャラクターばかりで、懐かしく拝見いたしました。

クハ204‐3108@松島海岸'21.10.2マンガッタンライナーに乗って松島海岸駅に到着

 そのマンガッタンライナーに揺られ、松島海岸駅に到着。この時、駅の改修工事が行われていた最中で、1か月後の1115日に新しい駅舎が供用を開始しました。まずは島めぐりの遊覧船が発着する松島レストハウスへ。中は観光案内所が併設されており、仙台空港駅と同じく、温泉むすめの松島名月と鉄道むすめの杜みなせの等身大パネルが仲良くツーショットで設置されていました。

松島名月&杜みなせ等身大パネル@松島レストハウス'21.10.2

松島でも実現!鉄道むすめと温泉むすめのツーショット

 その後、松島海岸周辺をブラブラ散策。過去の何度か足を運んでいるものの、実は高校の修学旅行で訪ねた思い出の地でもあります。そんな松島は随一の観光地だけあって、この日は好天にも恵まれ、観光するにはちょうどいい陽気でありましたが、腹が減ってきたこともあり、少し早目のランチタイムにすることに。せっかく海の近くを訪ねているので、新鮮な海の幸を味わいたいと思い、名物のカキを頂きました。

生ガキ@お食事処櫻井'21.10.2名物の生ガキでランチタイム

 五大堂や瑞巌寺という定番の名所を見ながらブラブラ散策し、松島海岸駅に到着。再び仙石線に乗って仙台方面へ戻ることにします(続く)。

五大堂@松島海岸'21.10.2

瑞巌寺@松島海岸'21.10.2

松島海岸駅名板'21.10.2(3枚とも)好天に恵まれた松島海岸

| | コメント (0)

2021.12.19

【10/2】仙台日帰り旅その2~久々の仙台空港駅

 前回の続き。はやぶさ1号で仙台駅に到着し、さっそく最初の目的地へ向かいます。その前に、窓口でこれから使用する「仙台まるごとパス」を入手。文字通り、仙台周辺の各鉄道路線やバスなどが乗り降り自由になるきっぷですが、この日は仙台空港駅の他、松島海岸を訪ねる予定だったので、まさに都合のいいきっぷでした。その仙台まるごとパスを手に在来線ホームへ移動。831分発仙台空港行きの列車に乗り込みます。

E721系@仙台空港'21.10.2久しぶりの訪問~仙台空港駅

 名取駅から仙台空港アクセス線内へ入り、高架線をひた走りながら終点仙台空港駅に到着。これまで全国鉄道むすめ巡りなどで度々訪れている駅で、さっそく改札近くで出迎えている仙台空港アクセス線の鉄道むすめ、杜みなせの等身大パネルに挨拶してまいりました。隣には「松島名月」という温泉むすめのパネルも設置。このパネルを撮影してSNSにアップするとポストカードが貰えるキャンペーンが前日からスタートしたばかりでした。

杜みなせ&松島名月等身大パネル@仙台空港'21.10.2鉄道むすめと温泉むすめが並ぶ仙台空港駅

 1本落とし、後続でやってきた列車に乗り込んで仙台空港駅を出発。仙台へ戻ってまいりました(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.18

【10/2】仙台日帰り旅その1~はやぶさで仙台へ

 8月頭からほぼ2か月間に亘って発令されていた緊急事態宣言がようやく解除となったので、久しぶりに遠出することに。いろいろ行きたいところはありましたが、さすがにいきなり泊りがけというのもまだまだ心配だったので、今回は日帰りで仙台を訪ねてまいりました。大宮駅657分発のはやぶさ1号に乗車。仙台までノンストップの列車ということもあり、大宮を出てあっという間に到着した感がありました。

はやぶさ・こまち1号@大宮'21.10.2大宮から仙台までノンストップ

 改札を抜け、在来線ホームへ。まずはこの日最初の目的である仙台空港へ向かいます(続く)。

| | コメント (0)

【10/1】定期運行最終日、“Max”E4系を見に行く

 101日。いよいよ“MaxE4系の定期運行最終日を迎えました。この日は仕事を少し早目に切り上げ、熊谷駅へ移動。17時前後にやってくる2本のE4系を待つことにします。最終日とあって、ホームには多くのギャラリーの姿を確認。それでも平日だったせいか、混雑するほどではありませんでしたが、ホーム上にいるギャラリーの注目の中、高崎方面からMaxとき330号がホームに入ってきました。

Maxとき330号@熊谷'21.10.1定期運行最終日、熊谷駅で見送った”Max”E4系

 先輩に当たるE1系がデビューした時は、オール2階建てというこれまでにない斬新な設計で、実車を目にした時はインパクトが強かった記憶が残っていますが、この日でオール2階建て新幹線の定期運行は終了となりました。

| | コメント (0)

2021.12.17

【9/26】近場の小ネタ探し~秋の交通安全運動ヘッドマーク

東武60000系@藤の牛島'21.9.26

 厚い雲に覆われ、いつ雨が降り出してもおかしくなかったこの日、秋の交通安全運動ヘッドマークを付けた車両を見に東武アーバンパークライン沿線へ。首尾よくお目当ての車両とそれ違ったので、大宮からの折り返しを藤の牛島駅近くを流れる大落古利根川の鉄橋付近で待つことにしました。今回取り付けられていたのは、6000061601編成。2013年にデビューした60000系のトップナンバーです。

| | コメント (0)

2021.12.15

【9/25】お台場を訪ねる

 アニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」とりんかい線・ゆりかもめがコラボした1日乗車券を通信販売で手に入れていましたが、なかなか足を運ぶ機会がないまま9月末を迎えてしまい、ようやくこれらを使ってお台場を訪ねることに。まずは新橋駅からゆりかもめに乗り込むことにします。開業当時から使用されていた7000系は昨年10月に全車置き換えが完了。現在、後継の7300系と7500系による運行となっています。

ゆりかもめ7300系@新橋'21.9.25新しい車両に置き換えが完了したゆりかもめ

 ゆりかもめ沿線の車窓で一番の景色と言えるレインボーブリッジを渡り、お台場の中をぐるりと回るように進むと、目の前の東京ビッグサイトが聳える国際展示場正門駅に到着。駅前に降りてみると、行き交う人をほとんど見かけませんでした。東京ビッグサイトでイベントが開催されると多くの人で賑わうこのエリアですが、これほど人が少ない風景を目にするのは正直初めてでした。

ゆりかもめ7300系@国際展示場正門'21.9.25ビッグサイトとゆりかもめ

 そのまま歩いてりんかい線の国際展示場駅に到着。今度はりんかい線沿線をブラブラすることにしますが、せっかくフリーきっぷがあるので、隣の東雲駅を訪ねることにしました。なかなか降りる機会がない駅ですが、行き来しているりんかい線の車両は普段埼京線や川越線で見かけるお馴染みの車両で、乗り換えなしで地元まで帰ることが出来ることに些か不思議に感じました。

E233系@東雲'21.9.25馴染みの車両が行き来する東雲駅

 再びりんかい線に乗り込み、今度は東京テレポート駅で下車。今年1月に訪ねて以来でしたが、地上に上がったすぐのところにアニメとコラボしたカフェがオープンしていて、ここで一休みすることにしました。コラボメニューを注文すると、キャラクターがデザインされたコースターをゲット。沼津が舞台の「ラブライブ!サンシャイン!!」ほどではありませんが、あちこちでキャラクターのイラストを目にすることが出来ました。

ミニパフェ@Cafe Hop&Steps'21.9.25東京テレポート駅近くのコラボカフェで一休み

 結局、元は取れませんでしたが、久しぶりのお台場でいろいろ楽しむことが出来ました。

| | コメント (0)

2021.12.13

【9/23】久々の県境越えその4~E217系に乗って都内へ

 前回の続き。千葉都市モノレール沿線で過ごした後、再び千葉駅に戻ってまいりました。帰りも総武快速線に乗車。さっそくホームへ向かうと、E217系が停まっていました。昨年暮れにE235系がデビューし、長らく1形式のみだった総武快速線や横須賀線にも変化が見られることになりましたが、それでも待てば乗ることが出来るほどまだまだ健在で、もうしばらくは元気な姿を見ることが出来そうです。

E217系@千葉'21.9.23千葉駅から都内までE217系に乗車

 そんなE217系に揺られ、錦糸町駅で下車。久々の県境越えで充実した1日を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0)

2021.12.12

【9/23】久々の県境越えその3~久々の千葉都市モノレール

 前回の続き。ランチを済ませ、千葉都市モノレール沿線へと繰り出します。この日のお目当ては、アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-完-」(以下、俺ガイル)のラッピング車両。9月までの運行とのことで、最後にもう一度乗車しようと思い立った次第でしたが、実はこの直後、来年3月まで運行が延長されることが発表され、もう少しの間、その雄姿を沿線で見ることが出来るようになりました。

葭川となみ等身大パネル@千葉'21.9.23
千葉駅でとなみさんがお見送り

 この日は、千葉みなとと千城台との間を行ったり来たりの運行でしたが、ちょうど千城台行きでやってくるところだったので、まずはこちらに乗車。途中の都賀駅で下車し、千城台からの折り返しを待つことにします。総武本線の線路に沿って歩くこと5分ほどの陸橋付近で待機。都賀駅を発車したモノレールがちょうど目の前を行き来するので、ラッピング車両の撮影には適したところでもあります。

千葉都市モノレール0形@都賀'21.9.23都賀駅近くで「俺ガイル」のラッピング車両をお見送り

 都賀駅に戻り、再びモノレールに乗車。終点千城台駅にやってきました。ここで、ラッピング車両の到着までしばし待機。ここから再び乗車することにします。ここは終着駅とあって、折り返しまで多少時間があることから、間近にラッピング車両の観察が出来ますが、改めてラッピング車両を間近で目にすると、キャラクターが大きくラッピングされていて、なかなかの存在感がありますね。

千葉都市モノレール0形@千城台'21.9.23

俺ガイルラッピング'21.9.23ー1

俺ガイルラッピング'21.9.23ー2

(3枚とも)千城台駅から乗車

 そのラッピング車両に揺られ、今度は千葉公園駅で下車。目の前の千葉公園の円内から、この後千葉みなとから折り返してくるラッピング車両を待つことにします。ここも定番の撮影スポットになっていますが、この日は天気が良く、初秋の心地いい陽気だったこともあって、池に多くのボートが繰り出していました。その背後を、「俺ガイル」のラッピング車両が通過。再び千城台へ向けて走り去っていきました。

千葉都市モノレール0形@千葉公園'21.9.23好天の千葉公園でお見送り

 これで千葉都市モノレール沿線のミニトリップは終了。千葉駅に戻ってまいりました(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.11

【9/23】久々の県境越えその2~総武快速線のE235系に乗る

 前回の続き。五香駅から再び新京成に乗り込みます。この後、千葉市内へと向かいますが、京成津田沼経由で乗り換えなしで行かず、この日は新津田沼駅で下車。歩いて津田沼駅へとやってまいりました。ここからは総武快速線に乗車。やってきたのは、新鋭のE235系でした。今年1月に初めて乗車した総武快速線のE235系はE217系と共に千葉から神奈川まで縦横無尽に活躍。果たしてこのコンビでいつまで活躍するのでしょうか?

クハE234‐1108@千葉'21.9.23新鋭E235系に乗って千葉駅に到着

 そのE235系に揺られて千葉駅に到着。この後は千葉都市モノレール沿線へ繰り出します(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.10

【9/23】久々の県境越えその1~五香駅を訪ねる

 感染者数の減少により、8月から首都圏で発出されていた緊急事態宣言が9月末で解除となることから、久しぶりに県を跨いで出かけることに。大宮駅からしもうさ号に乗り込み、新八柱駅で新京成に乗り換えて五香駅に降り立ちました。五香駅と言えば、今年4月にデビューした鉄道むすめ、五香たかねのイラストが駅構内でお出迎えしていますが、当初8月末までだったのが延長となり、しばらく目にすることが出来るようになりました。

五香たかねイラスト'21.9.23
3か月半ぶりに訪問~五香駅

 一旦駅を離れ、津田沼寄りの線路脇でネタ探し。新鋭80000形が来ないかと思い待つも、今回は空振りでした(続く)。

新京成8800形@五香'21.9.23五香駅近くでマリーンズのラッピング車両をお見送り

| | コメント (0)

2021.12.09

【9/20】近場の小ネタ探しその4~熊谷駅でE4を見送る

 前回の続き。超平和バスターズトレインに乗って熊谷駅にやってきました。この後、ちょうど上りのMaxとき326号が通過する時間だったので見送ることに。入場券を買って新幹線乗り場へ向かいます。5日前に訪れた時は平日だったこともあって、ホームで待つE4系目当てのギャラリーは少な目でしたが、この日は週末とあってギャラリーはやや多めでした。

 ホームで待つことしばし、高崎方面からMaxとき326号が接近。目の前を通過していきました。

| | コメント (0)

2021.12.08

【9/20】近場の小ネタ探しその3~超平和バスターズトレインに乗車

 前回の続き。春日部駅から東武スカイツリーラインに乗り込み、羽生駅にやってきました。昼過ぎに見送った初代りょうもう号のリバイバルカラーが浅草から戻ってくるので、もう1回くらいお迎えできそうな時間でしたが、駅近くで過ごしていたら、熊谷方面から超平和バスターズトレインが接近。限定運用での運転だった8月中、度々秩父鉄道沿線に繰り出しは乗車していたので、この日はいいタイミングでしたね。

秩父鉄道7500系@羽生'21.9.20

超平和バスターズトレインラッピング'21.9.20ー1

超平和バスターズトレインラッピング'21.9.20ー2(3枚とも)この日も超平和バスターズトレインに対面

 結局考えた末、超平和バスターズトレインに乗り込み、羽生駅を出発。熊谷駅まで向かいました(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.07

【9/20】近場の小ネタ探しその2~東武スカイツリーラインネタ探し

 前回の続き。埼京線沿線から一気に場所を移動し、東武スカイツリーライン沿線にやってまいりました。春日部駅に降り立つと、隣のホームに日光詣のスペーシアが到着。デビュー当時のカラーに続き、デラックスロマンスカー塗装と最近何かと話題が多い東武のスペーシアですが、車体全体が金色という日光詣カラーは2015年の運行開始から6年が経過し、今も健在です。

特急きぬ116号@春日部'21.9.20春日部駅で日光詣スペーシアと対面

 この後、春日部駅周辺でネタ探し。まずは、秋の全国交通安全運動のヘッドマークを付けた50000系がやってまいりました。こちらも毎年9月下旬の恒例行事ですが、ヘッドマークのデザインはさほど変わりはないものの、掲出する車両を変えて運行しており、今年は50000系に取り付けられました。こちらのヘッドマークは東武アーバンパークラインの車両にも取り付けられており、別の日にお目に掛かっております。

東武50000系@春日部'21.9.20今年も登場~秋の全国交通安全運動ヘッドマーク

 その後も引き続きネタ探し。デビュー当時のリバイバルカラーのスペーシアや初代りょうもう号のワインレッド塗装など、様々な車両が行き来し、楽しいひと時を過ごせました(続く)。

特急けごん24号@春日部'21.9.20

東武8000系@春日部'21.9.20

特急りょうもう24号@春日部'21.9.20(3枚とも)春日部周辺でネタ探し

| | コメント (0)

2021.12.04

【9/20】近場の小ネタ探しその1~中浦和駅でE4系を見送る

 近場の小ネタ探し。この日もまずはE4系を見送ることにします。大宮駅を953分に発車するMaxとき313号があり、こちらを待つことにしますが、今回は場所を変えて埼京線の中浦和駅で待つことに。ホームで待っている間、眼下に伸びる貨物線を貨物列車が時折通過するのを見ながら過ごしていると、東京方面からMaxとき313号が接近。大宮へ向けて通過していきました。

 

 定期運行終了まで残り10日となり、大宮駅でもE4系に関するポスターが掲示されているのを目にしましたが、オール2階建ての新幹線としてE1系と並んで活躍してきたE4系もいよいよ終焉が近づいていることが伺えました(続く)。

| | コメント (0)

2021.12.03

【9/15】近場の小ネタ探し~鉄道博物館、E4系

 近場の小ネタ探し。この日から鉄道博物館でEF64-37の展示イベントがスタートしましたが、初日は「あけぼの」のヘッドマークが掲出されるとのことで、午後から休みを取って見に行ってまいりました。37号機は1年間だけあけぼのを牽引しており、地元でも何度かその雄姿を見送っただけに、今回の展示はぜひとも拝見したいと思っていたところ。時間ごとに少人数に分けて見学するシステムだったので、のんびり見学することが出来ました。

EF64-37@鉄道博物館'21.9.15鉄道博物館にやってきたEF64-37

 鉄道博物館で過ごした後、ニューシャトルで大宮駅へ移動。帰るには時間が早かったので、上越新幹線で熊谷駅まで向かいました。16時前に東京行きのE4系が通過するので、ホームで見送ることに。待つことしばし、高崎寄りからMaxとき326号が高速で通過していきました。定期運行の終了まで残り半月に迫った時期でしたが、平日だったせいか、E4系目当てのギャラリーはまばらでした。

Maxとき326号@熊谷'21.9.15熊谷駅を通過するMaxとき326号

| | コメント (0)

2021.12.02

【9/12】近場の小ネタ探し~西武池袋線で“Shibuya Hikarie号”

 近場の小ネタ探し。新宿線で走っていた「レッドアロークラシック」が5月に運行終了となってしまい、ここ最近は足が遠のいてしまった西武沿線に久しぶりに足を延ばしました。この日は池袋線内を東急40004110編成「Shibuya Hikarie号」が走っているとのこと。西武鉄道のアプリで列車の走行位置を確認すると、形式だけでなく特徴ある車両もわかるので、鉄道会社のアプリの中でもなかなか凝った造りになっております。

東急4000系@西所沢'21.9.12池袋線内で見かけた「Shibuya Hikarie号」

 西所沢駅で下車し、駅近くの線路脇で待つことしばし、飯能方面から「Shibuya Hikarie号」が接近。ここのところで東武沿線ばかりが続いていたので、久しぶりに西武沿線でネタ探しが出来ました。

| | コメント (0)

2021.12.01

【9/11】近場の小ネタ探し~久々に対面、東急8500系

 近場の小ネタ探し。この日も東武スカイツリーライン沿線をブラブラすることにしましたが、今やすっかり少数派になってしまった東急8500系に乗車することが出来ました。つい23年前までは当たり前に目にしていた東急8500系も、後継の2020系に置き換えが進み、東武スカイツリーラインでは少数派に。青い帯を纏っていた「伊豆のなつ号」と度々出会うと話題にしていた頃が懐かしく感じます。

東急8537@南栗橋'21.9.11乗車は久しぶり~東急8500系

 今のところ、公式に全車引退との報はありませんが、今後しばらくは目が離せないところです。

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »