« 【11/6】横浜線内で相模線の205系を追う | トップページ | 【11/6】個性ある相模線の駅を訪ねる »

2022.01.30

【11/6】入谷駅に降りる

 前回の続き。相原駅から乗り込んだ茅ヶ崎行きの列車は、次の橋本駅から相模線へと進みます。この後は1日かけて相模線沿線を乗り歩くことにしますが、これまでなかなか時間をかけて乗り歩いたことがないためどこも未訪の駅ばかり。そんな中、入谷駅で降りてみることにしました。田園地帯にぽつんと存在する無人駅を出て、まずは小田急の座間駅の近くまで行ってみることにします。

クハ204‐501@入谷'21.11.6入谷駅で初めて下車

 田園地帯を歩いて進むと高台の手前に突き当たり、本当にこの近くに小田急の線路があるのかと疑ってしまうほど。高台へ通じる坂道を上がり、ようやく小田急の線路が見えてまいりました。ここでしばし行き交う列車を観察。しばらくすると、“VSE50000形が近づいてきました。この時点ではまだ発表されていませんでしたが、今年3月に定期運行を終了することが発表。斬新なデザインは初めて目にした時はインパクトを感じた次第でした。

小田急50000形@入谷'21.11.6座間駅近くで”VSE”50000形をお迎え

 小田急沿線からはこれで撤収。来た道を戻り、再び入谷駅へ向かいます。田園地帯の中ののんびりした駅でしばし行き交う相模線の列車を観察することに。この時点でまだ2051形式による運行でしたが、その後E131系の営業運転が始まり、続々置き換えが進んでいるとのことで、置き換え前に205系の最後の活躍を存分に目に焼き付けることが出来ました。

改札口@入谷'21.11.6

入谷駅名板'21.11.6

205系@入谷'21.11.6(3枚とも)入谷駅でのんびり過ごす

 再び茅ヶ崎行きの列車に乗り込み、次の海老名駅で下車。ちょうど腹が減ってきたので、ここでランチタイムとしました(続く)。

ロマンスカーデザイン自販機@海老名'21.11.6ロマンスカーミュージアム前にあるロマンスカーデザインの自販機

|

« 【11/6】横浜線内で相模線の205系を追う | トップページ | 【11/6】個性ある相模線の駅を訪ねる »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【11/6】横浜線内で相模線の205系を追う | トップページ | 【11/6】個性ある相模線の駅を訪ねる »