« 【12/23】初めての竹下通り | トップページ | 【12/25】開業90年を迎えた東武大師線を訪ねる »

2022.04.02

【12/25】東武スカイツリーライン沿線ネタ探し

 クリスマスのこの日、午後から東武スカイツリーライン沿線へ。この日はスカイツリートレインを使用した臨時列車が日中走るとのことで、定番の春日部駅と一ノ割駅の間で待つことにしました。しばらくすると、浅草方面からスカイツリートレインが接近。かつて週末のみ定期的に走っていた時は大宮駅発の列車を東武アーバンパークライン沿線で度々狙っていたものでしたが、最近動いているところはあまり見なくなりました。

東武634型@一ノ割'21.12.25クリスマスの日中に東武スカイツリーラインを走ったスカイツリートレイン

 一ノ割駅から列車に乗り込み、西新井駅に到着。春日部方面へ歩いて10分ほどのところにある大きくカーブする区間までやってきました。まずやってきたのは、リバイバルカラーのスペーシア。デビュー当時のカラーはやはりスペーシアらしさを感じるところですが、賛否両論があるとは思いつつ、スカイツリーオープンに合わせて登場した3つのカラーもそれなりに個性があって個人的には良かった印象があります。

東武100系@西新井'21.12.25西新井駅近くのカーブに差し掛かるリバイバルカラーのスペーシア

 時刻は16時近くになり、周囲も徐々に暗くなりつつある時間でしたが、そんな中、特急きりふり284号が春日部方面から接近。すでに3月での運転終了が報じられていた時でしたが、週末の夕方の定番として長らく親しんだ列車だけに、いざなくなってしまうとなると寂しさを感じるものですね。これも時代の流れというもので、ある程度致し方のないところではあるものの、また新しいネタを探していきたい次第です。

特急きりふり284号@西新井'21.12.25残り3か月ほどとなった特急きりふり

 ここで一旦東武スカイツリーライン沿線からは離脱。今度は大師線沿線へと向かいます(続く)。

|

« 【12/23】初めての竹下通り | トップページ | 【12/25】開業90年を迎えた東武大師線を訪ねる »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【12/23】初めての竹下通り | トップページ | 【12/25】開業90年を迎えた東武大師線を訪ねる »