« 【1/10】終焉間近、小田急50000形“VSE”を撮る | トップページ | 【1/10】海老名で相鉄に乗り換え »

2022.05.04

【1/10】世代交代進む相模線へ

 前回の続き。座間駅近くの踏切を後にして、歩いて相模線の入谷駅にやってまいりました。昨年11月に訪れたばかりだったこともあり、今回はスムーズに移動することが出来ましたが、さっそく海老名方面から橋本行きの列車が接近。やってきたのは、相模線に新しく投入されたE131系でした。昨年1118日に営業運転を開始したので、実物を目にするのはこれが初めてとなりました。

E131系@入谷'22.1.10
相模線の新しい顔、E131系と初対面

 さらに待つことしばし、今度は205系が到着。この時点ではE131系の方が本数は少なかったので、まだまだ205系と出会う確率が高かったようですが、その後205系は3月のダイヤ改正を待たず置き換えとなり、この日見かけたのが最後となりました。これまであまり話題が少なかった相模線も、新型車両置き換えの発表がされてからは注目が集まり、置き換え直前には開業100周年記念のヘッドマークも用意されました。

205系@入谷’22.1.10この時点ではまだまだ健在~205系

 その相模線開業100周年のヘッドマークを付けた205系が橋本方面から接近。こちらに乗り込み、次の海老名駅まで乗車しました(続く)。

205系@海老名’22.1.10相模線開業100周年ヘッドマーク付きの205系で海老名へ

|

« 【1/10】終焉間近、小田急50000形“VSE”を撮る | トップページ | 【1/10】海老名で相鉄に乗り換え »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【1/10】終焉間近、小田急50000形“VSE”を撮る | トップページ | 【1/10】海老名で相鉄に乗り換え »