« 【5/22】5月の日帰り長野旅その4~観光案内列車・特急ゆけむりのんびり号に乗る | トップページ | 【5/22】5月の日帰り長野旅その6~早目の帰路へ »

2022.10.05

【5/22】5月の日帰り長野旅その5~須坂市内を散策する

 前回の続き。目的の列車に乗ることが出来ず、どうしたものかと考えていたところ、須坂市立博物館で開催されている長野電鉄の企画展のポスターが長野電鉄の各駅に掲示されていたのを思い出し、訪ねてみることにしました。須坂駅前からバスに乗って10分ほど、最寄りの臥竜公園入口バス停で下車。さっそく博物館に入ると、長野電鉄の古い写真やきっぷなど、多くの貴重な資料に触れることが出来ました。

須坂市立博物館'22.5.22長野電鉄の企画展が開催されていた須坂市立博物館

 博物館は臥竜公園の一角にあり、中には動物園もあるとのことでこちらも訪ねてみることに。今年は開園から60年目に当たる節目の年だそうで、それだけ古くから市民に愛されている動物園であることが伺えます。園内は身近な動物の他、ベンガルトラやフンボルトペンギンなど多種多様な動物が飼育されていて、どれも見ごたえ十分。この日は日曜日で好天にも恵まれたことから、家族連れを中心に多くの人で賑わっていました。

開園60周年ボード@須坂市動物園'22.5.22

ベンガルトラ@須坂市動物園'22.5.22

バーバリーシープ@須坂市動物園'22.5.22(3枚とも)開園60周年を迎えた須坂市動物園

 そんな動物園の一角には、1両の蒸気機関車が展示されており、実は園内で一番目に留まったのがこちらでしたが、「デゴイチ」の愛称でお馴染みの「D51-401」は長野県内では最後に配属された木曽福島機関区で中央西線の電化開通まで活躍。その後、国鉄の路線がなかった須坂市に無償貸与され、今日に至っています。全国各地で静態保存のSLが維持困難のため、解体の憂き目に会う中、このデゴイチは末永くこの地で余生を過ごしてもらいたいところです。

D51401@須坂市動物園'22.5.22

D51401説明板@須坂市動物園'22.5.22(2枚とも)園内に保存されている「D51-401」

 ここ臥竜公園は日本さくら名所100選にも選ばれるほどの桜の名所。次回は桜のシーズンに再訪したいと思いつつ、須坂駅へと向かいました(続く)。

|

« 【5/22】5月の日帰り長野旅その4~観光案内列車・特急ゆけむりのんびり号に乗る | トップページ | 【5/22】5月の日帰り長野旅その6~早目の帰路へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【5/22】5月の日帰り長野旅その4~観光案内列車・特急ゆけむりのんびり号に乗る | トップページ | 【5/22】5月の日帰り長野旅その6~早目の帰路へ »