カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2022.05.16

【2/5】東京さくらトラム(都電)からはばたいていく。号に乗る

 タイトルからだと一体何?と思われてしまいますが、劇場版「BanG Dream! ぽっぴん‘どりーむ!」の公開記念で都電とタイアップしたキャンペーンが年末から行われていて、その中で映画の登場人物がヘッドマークにデザインされた電車を運行していました。その運行は26日までとのことで、終了前日にようやく乗車することに。その前にまずは映画の登場シーンが描かれたパネルを見に荒川二丁目電停へ向かいました。

バンドリパネル@荒川二丁目電停'22.2.5荒川二丁目電停のパネルにご挨拶

 荒川二丁目電停から一先ず来た電車に乗り込み、一気に飛鳥山電停に到着。ここにもパネルが展示されており、それらを見ながらしばし待っていると、三ノ輪橋方面からお目当てのヘッドマーク付き車両がやってまいりました。作品の中に都電沿線の風景が登場することから、過去に何度もタイアップキャンペーンが行われているバンドリですが、すっかりお馴染みになりました。

バンドリパネル@飛鳥山電停'22.2.5ー1

バンドリパネル@飛鳥山電停'22.2.5ー2

都電7700形&8500形@飛鳥山電停'22.2.5(3枚とも)バンドリで溢れる飛鳥山電停

 そのままヘッドマーク付き車両に揺られて終点早稲田電停に到着。ここにも展示されていたパネルを見て無事ミッション完了となりました。

バンドリパネル@早稲田電停'22.2.5終点早稲田電停のパネルにご挨拶

| | コメント (0)

2022.05.15

【1/29】帰りはスペーシアきぬがわ

 前回の続き。鬼怒川温泉駅に到着し、改札を抜けて駅前をぶらぶら散策することにします。スタンプラリーなどで何度もお世話になった駅前の「鬼怒川・川治温泉観光情報センター」を訪問。鉄道むすめの鬼怒川みやびと並んで、温泉むすめの鬼怒川日向の等身大パネルが出迎えてくれました。改札脇の鉄道むすめの等身大パネルに加え、アニメ「プラオレ!」に登場するキャラクターのパネルなど、今も賑やかな風景は変わっていませんでした。

鉄道むすめ&温泉むすめ等身大パネル@鬼怒川・川治温泉観光情報センター'22.1.29

東武鉄道むすめ等身大パネル@鬼怒川温泉'22.1.29

鷺沼梨子等身大パネル@鬼怒川温泉'22.1.29

(3枚とも)鉄道むすめ始め、いろいろと賑やかな鬼怒川温泉駅界隈

 みやげをいろいろ物色し、駅に戻って少し早目にホームへ。先に到着していたSL大樹の牽引機であるC11が、駅前の転車台で方向転換を終えて出発の時を待っていました。思えば2019年から2020年にかけて開催された鉄道むすめ関連のキャンペーンの時は、列車ごとに用意された記念乗車証目当てで度々乗車したものでしたが、ここ最近は東武沿線も鉄道むすめ関連の話題が少ないのがやや寂しいところではあります。

C11207@鬼怒川温泉'22.1.29向きを変えて出発を待つC11

 こうして待つことしばし、新藤原方面から特急スペーシアきぬがわ6号が入線。この日は金色の車体の日光詣編成が担当で、156分に鬼怒川温泉駅を発車すると途中栗橋で乗務員交代し、大宮駅には1645分に到着しました。

特急スペーシアきぬがわ6号@大宮'22.1.29日光詣編成の特急スペーシアきぬがわ6号で大宮駅に到着

| | コメント (0)

2022.05.11

【1/23】ニジガクスクールバス、お台場を行く

 前回の続き。都電沿線から今度はお台場へとやってきました。この後は“ニジガク”のスクールバスに乗車。「ニジガク」とは、アニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の略で、ここお台場が舞台の作品ですが、その聖地をラッピングバスが走るという企画が2日間行われ、今回予約を取ることが出来ました。乗車の時間までまだだいぶあったので、まずは国際展示場駅前で観察。派手な出で立ちのスクールバスでした。

ニジガクスクールバス@国際展示場'22.1.23登場人物がラッピングされた「ニジガクスクールバス」

 一先ずスクールバスを見送り、国際展示場駅からりんかい線に乗車。隣の東京テレポート駅にやってきました。バスはここから乗り込むことになりますが、出発まで時間があったので周辺を散策することに。これまでじっくり回る機会があまりなかったお台場ですが、そんな中、大型商業施設「ヴィーナスフォート」は今回が初訪問。2か月後に閉館することが決まっていたので、滑り込みで入ることが出来ました。

ヴィーナスフォート'22.1.23閉館を間近に控えたヴィーナスフォートに初訪問

 こうして駅周辺をブラブラしているうちにようやく予約していた便の時間が近づいてきました。バス乗り場で待つことしばし、先程国際展示場駅で対面したスクールバスが到着。バスに乗り込み、東京テレポート駅を後にしました。時刻は夕方で、外は暗くなってきましたが、ゆりかもめの高架をバスの車内から見ながらお台場を行ったり来たりし、国際展示場駅に到着しました。

ニジガクラッピング'22.1.23派手なスクールバスにいざ乗車

 この後、スクールバスはさらにお台場周辺を周遊。最初に乗り込んだ東京テレポート駅へと向かいますが、時間が遅くなってきたので、ここで見送ることに相成りました。

| | コメント (0)

2022.05.07

【1/18】東京タワーを訪ねる

 数ある東京都内の名所のうち、東京タワーは必ずと言っていいほど上位にランクされるのではないでしょうか?関東圏に住んでいるとなかなか足を運ぶ機会に恵まれませんが、昨年末から年明けにかけてアニメ「ラブライブ!」シリーズのイベントが行われているとのことで、訪ねてまいりました。芝増上寺の境内を通り抜け、徐々に目の前に迫る東京タワーの雄姿は圧巻でした。

東京タワー'22.1.18
間近で見ると圧巻~東京タワー

 東京タワーに到着し、さっそくラブライブ!のイベントに参加。内容は最近流行りの謎解き形式で、全てを解答すると記念のグッズが貰えるというものでしたが、東京タワーの外側の階段を歩いて登ると特製の認定証が貰えるとのことで挑戦してまいりました。高さ150メートルまで続く階段はおよそ600段あり、上へ進むにつれて膝を上げるのが辛くなっていきました。

ラブライブ!シリーズin東京タワーポスター'22.1.18

333段目@東京タワー'22.1.18

ラブライブ!シリーズイラスト@東京タワー'22.1.18(3枚とも)外階段を上がってメインデッキに到着

 こうして何とかすべてをクリアし、最後に記念品と交換。600段の階段を上がった先にあった展望台からの眺めは格別でした。

メインデッキからの眺め'22.1.18メインデッキからお台場方向を見る

| | コメント (0)

2022.04.26

【1/8】俺ガイルスタンプラリー参戦その3~駅から離れた聖地でコンプリート

 前回の続き。千葉みなと駅に戻り、再び京葉線に乗り込んで、今度は稲毛海岸駅に降り立ちました。スタンプラリーも残すところここが最後となりましたが、スポットは駅から歩いて20分ほどの湾岸道路に掛かる稲毛陸橋付近。ここもアニメに登場するいわゆる“聖地”で、交通量の多い通りにかかる陸橋は大きさもさることながら、地上からの高低差もあって、歩道からの眺めもなかなかのものでした。

稲毛陸橋'22.1.8
湾岸道路に掛かる稲毛陸橋もアニメの聖地

 2日前に降った雪が至る所に残っており、足場の悪い中、来た道を引き換えして稲毛海岸駅に到着。改札口付近に設置されたキャラクターパネルを見ながら有人改札口で景品のクリアファイルを手に入れました。スポットの数はそれほど多いわけではありませんが、場所によっては駅から離れた場所にあったこともあり、コンプリートするには1日はかかりそうでしたね。

俺ガイル等身大パネル@稲毛海岸'22.1.8

俺ガイルスタンプラリー景品

(2枚とも)無事景品をゲット!

 スタンプラリーは第2弾もあるとのことで、こちらは後日再訪。その時の様子については後ほど紹介したいと思います。

| | コメント (0)

2022.04.25

【1/8】俺ガイルスタンプラリー参戦その2~ラッピングモノレールに乗る

 前回の続き。スタンプをゲットしながら千葉みなと駅にやってきました。ここから千葉都市モノレールに乗り換えますが、その前に駅から歩いて10分ほどのところにある千葉県立美術館の近くでスタンプをゲット。再び千葉みなと駅に戻り、モノレールに乗って千葉駅に降り立ちました。昼時だったのでランチを済ませた後、駅隣接の百貨店へ通じるデッキで行き交うモノレールを観察。初音ミクのラッピング車両がやってきました。

千葉都市モノレール0形@千葉'22.1.8頭上すれすれを初音ミクのラッピングモノレールが行く

 駅へ戻り、千葉みなとへ折り返し。俺ガイルのスタンプラリーに参戦していることもあり、ラッピング車両に乗り込むことにします。この日は俺ガイルのラッピング車両が千葉みなとと千城台との間を行ったり来たりの運用で、そろそろ戻ってくる時間。ホームで待つことしばし、ラッピング車両がやってきました。登場キャラクターの声を担当する声優の車内アナウンスが流れ、それを聞きながら、千葉みなと駅に到着しました。

千葉都市モノレール0形@千葉みなと'22.1.8

俺ガイルラッピング'22.1.8-1

俺ガイルラッピング'22.1.8-2(3枚とも)俺ガイルのラッピング車両に乗って再び千葉みなと駅へ

 短い時間でしたが、これで千葉都市モノレール沿線からは離脱。京葉線に乗り換えます(続く)。

| | コメント (0)

2022.04.24

【1/8】俺ガイルスタンプラリー参戦その1~京葉線沿線乗り歩き

 アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」(以下、俺ガイル)と言えば、千葉都市モノレールで3月までラッピング車両が運転されていましたが、JRも便乗(?)してデジタルスタンプラリーがスタート。年明けの8日に回ってきました。千葉都市モノレール沿線の2つの駅の他、京葉線の4つの駅にスポットが設置されており、一つ目をゲットしようと葛西臨海公園駅で下車。最初戸惑ったものの、無事ゲットできました。

クハE230‐42@葛西臨海公園'22.1.8ホームから観覧車が見える葛西臨海公園駅に下車

 続いて南船橋駅で2個目のスタンプをゲット。3個目をゲットしようと海浜幕張駅に降り立ちました。スポットは蘇我方面へ歩いて10分ほどのところにある打瀬第1公園とのこと。何の変哲もない公園でしたが、アニメにも登場したいわゆる“聖地”となっています。とは言え、アニメに関するものは特にはなく、スタンプをゲットすると足早に駅に戻ってまいりました。

打瀬第1公園@海浜幕張'22.1.8海浜幕張駅近くの”聖地”、打瀬第1公園を訪問

 そんな海浜幕張駅ですが、新習志野駅との間に2023年春開業予定の幕張豊砂駅のパネルが、改札口のすぐ近くに設置されているのを目にしました。京葉線は19903月に全線開業し、自身にとっては比較的新しい路線というイメージがありますが、開業してからすでに30年が経過。開業当時活躍していたスカイブルーの103系から201系を経て、現在はワインレッドのE233系が京葉線の顔となっています。

幕張豊砂駅ボード@海浜幕張'22.1.8来年春開業~幕張豊砂駅

 再び京葉線に乗り込み、途中デジタルスタンプのスポットがある稲毛海岸駅は素通り。そのまま千葉都市モノレールの乗換駅である千葉みなと駅にやってきました。ここで京葉線からは一旦離脱。千葉都市モノレール沿線へと向かいます(続く)。

| | コメント (0)

2022.04.19

【1/3】鉄道むすめ謹賀新年ヘッドマーク付き車両と出会う~しなの鉄道

 前回の続き。熊谷駅から新幹線に乗り込み、軽井沢までやってまいりました。ここからはしなの鉄道に乗り換え。改札を抜け、ホームへ向かうと、オリジナルカラーの115系が停まっていました。この時点では、JR東日本新潟支社管内で115系が運転されていましたが、その後3月のダイヤ改正で運用から離脱。東日本エリアではここしなの鉄道で残るのみとなりました。

しなの鉄道クハ115‐1067@軽井沢'22.1.3今もしなの鉄道で多数派の115系に乗車

 その115系に乗り込み、軽井沢を出発。信濃追分を過ぎたあたりで浅間山を車窓から見ながら小諸駅に降り立ちました。改札を出ると、小諸が舞台のアニメ「あの夏で待ってる」に登場するキャラクターのパネルが今も健在で、今も根強いファンがいることが伺えるところ。ちなみにテレビ放映が20121月から3月ということで、ちょうど10年が経過したことになります。

あの夏で待ってるパネル@小諸'22.1.3
小諸が舞台のアニメ「あの夏で待ってる」のパネル

 一旦駅を離れ、軽井沢寄りへ行った陸橋付近でしばし待機。行き交う列車を見ながら過ごすことにします。やってきたのは、しなの鉄道の115系と小海線のディーゼルカーで、特急列車のような派手さはありませんが、特にしなの鉄道の115系はリバイバルカラー編成のうち、信州色の編成がやってきました。北陸新幹線開業前までは「あさま」や「白山」といった特急が発着していた小諸駅も、今は地元の足として乗客に利用されています。

キハ110系@小諸'22.1.3

しなの鉄道115系@小諸'22.1.3ー1

キハE200系@小諸'22.1.3

(3枚とも)小諸駅付近で出会った車両たち

 こうして待つこと正午前、上田方面からやってきた鉄道むすめの謹賀新年ヘッドマーク付き車両が小諸駅に到着。徐々に加速しながら目の前を通り過ぎると、そのまま軽井沢方面へと走り去っていきました。今回の旅一番の目的の列車でしたが、まずはここ小諸駅近くで初対面と相成りました(続く)。

しなの鉄道115系@小諸'22.1.3‐2この日一番のお目当て~鉄道むすめ謹賀新年ヘッドマーク付き車両

| | コメント (0)

2022.04.01

【12/23】初めての竹下通り

 「若者の街」と呼ばれる原宿。とりわけ竹下通りは常に多くの若い人たちが行き来しているところでありますが、自分自身は恥ずかしながら竹下通りは未踏の地でなかなか足を踏み入れることが出来ずにいました。しかし、昨年夏に放映され、ここ原宿が舞台となっているアニメ「ラブライブ!スーパースター!!」のおかげで訪ねることに。年末のこの日も多くの若者が竹下通りを行き来する中、アニメに登場するキャラクターの幟やイラストを見ながらブラブラしてきました。

竹下通り'21.12.23ー1

ラブライブ!スーパースター!!イラスト@竹下通り'21.12.23

竹下通り'21.12.23ー2

(3枚とも)師走の竹下通り

 そんな原宿ですが、2年前の2020年3月に現在の新しい駅舎が供用を開始。長らく親しまれたとんがり屋根の駅舎はその役目を終え、近代的な駅舎へと変貌しました。やはり個人的には前の駅舎の方が味わい深かったので、建て替えの際にはそのデザインを踏襲してほしいという思いはありましたね。とは言え、現在の駅舎に使用されている資材が旧駅舎で使われたものとのことで、いずれは原宿の街並みに馴染んでくるのではと思います。

原宿駅舎'21.12.23新しくなった原宿駅

| | コメント (0)

2022.03.30

【12/19】横浜大さん橋から年末の夜景クルーズに乗船する

 前回の続き。都内から横浜までやってまいりました。みなとみらい線に乗り込み、日本大通り駅で下車。歩いて横浜大さん橋にやってきました。さっそく屋上デッキに上がってみると、停泊中だったにっぽん丸がちょうど出航するところ。その様子を見ようと多くの人が訪れていました。一方、横浜市内の方向に目を向けると、ちょうど日没直後だったこともあって、夕焼けをバックにみなとみらい地区の高層ビルが立ち並ぶ様子が見えました。

にっぽん丸@横浜大さん橋'21.12.19横浜大さん橋を出航するにっぽん丸

 さて、ここ横浜大さん橋にやってきたのは、東京湾夜景クルーズに乗船するため。夜景クルーズを運航する東海汽船とアニメ「ラブライブ!スーパースター!!」のコラボ企画で、アニメの中でも登場した神津島も東海汽船の航路で行くことが出来ます。11月から始まりましたが、なかなかの盛況ぶりで、気が付いた時には予約がすでに埋まってしまっていたほど。その後、日程が追加されたことから、今回乗船の運びとなりました。

さるびあ丸@横浜大さん橋'21.12.19横浜大さん橋に到着したさるびあ丸

 乗船客の列に並ぶことしばし、係員の案内で屋外の乗船口まで移動。しばらくすると、大型の「さるびあ丸」が岸壁に近づいてきました。ここで下船する乗客を降ろした後、夜景クルーズに乗り込む乗客が船内へと案内され、さっそく船内を散策。グッズ販売の売店を冷やかしたり、アニメの中でも登場した2等和室で過ごしているうちに、横浜大さん橋を出航しておりました。さすがに12月暮れの時期とあって、デッキ上で過ごすというのも些か寒かったですね。

2等和室@さるびあ丸'21.12.19

ラブライブ!スーパースター!!イラスト@さるびあ丸船内'21.12.19

渋谷かのん&唐可可ぬいぐるみ@さるびあ丸船内'21.12.19(3枚とも)さるびあ丸の船内の様子

 そろそろ到着の時間と思い、船外へ出てみると、レインボーブリッジと東京タワーの姿が海上から見えたので、下船の準備に。東京竹芝客船ターミナルに到着したのは20時近くになっていました。恥ずかしながら伊豆諸島は未踏の地。これまで訪れる機会がありませんでしたが、アニメ「ラブライブ!スーパースター!!」の2部が7月から放送スタートするので、手始めに神津島を訪ねてみたいところです。

さるびあ丸@東京竹芝客船ターミナル'21.12.19東京竹芝客船ターミナルに到着

| | コメント (0)

より以前の記事一覧