カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2018.12.11

【9/15】富士急&いずっぱこ日帰り訪問記その4~三島・河口湖ライナーで三島へ

 9月15日の続き。アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピング車両に乗って河口湖駅にやってまいりました。この後、バスに乗って三島へ向かうことにしますが、次のバスはすぐにあったもののそれに乗ったのではあまりにもせわしなかったことから、1時間後の便まで待つことに。その間、駅隣接の食事処でランチタイムとしました。今回は名物の吉田うどんを頂くことに。コシのある麺は健在でしたhappy01

吉田うどん@ゲートウェイフジヤマ'18.9.15
名物吉田うどんで腹ごなし

 腹が満たされた後は駅近くの踏切で、行き交う富士急の列車を見ながら時間潰し。正午過ぎ、駅前のバス乗り場へやってまいりました。三島行きの特急バス「三島・河口湖ライナー」は大型の高速バススタイルの車両で到着。さっそく車内に乗り込むと、12時20分過ぎ、河口湖駅前を出発しました。始発からの乗客は自分を含めて数人といったところ。自分以外は全員外国人観光客でした。

特急三島・河口湖ライナー@河口湖駅'18.9.15
河口湖駅からバスに乗って三島へ

 バスはしばらく一般道を走行し、最初の停留所の富士急ハイランドに停車。ここでも乗客を拾いました。乗り込んできたのはやはり外国人観光客。ここ富士急ハイランドも外国人観光客に人気のあるスポットだそうで、来るときの富士急の車内でも外国人の姿を多く見かけましたが、インバウンド効果は2020年の東京オリンピックまでこのまま続くことになるのでしょうか?

 その後もバスはしばらく走行し、15分ほどで山中湖に到着。実は山中湖をこれまで訪れたことがなく、湖面を目にしたのは今回が初めてとなりました。富士急に乗ってもせいぜい富士五湖の様子を見たのは最寄りの河口湖くらいで、バスに乗って行かなければならないその他の湖はなかなか足を運べないところ。次回はバスを降りてゆっくり過ごしてみたいですね。

山中湖'18.9.15
バスの車内から山中湖の様子を見る

 この後、山梨県から静岡県へと入ってまいりましたが、進むうちに尿意を催すように。実はこのバス、見かけは高速バスのようなスタイルをしていたものの車内にトイレの設備がなく、正直冷や汗ものでしたcoldsweats01。何とか我慢をしてようやく三島駅北口に到着。本当ならそのまま乗り続けて反対側の南口まで向かう予定でしたが、さすがに我慢の限界と思いここで下車。降りてすぐ、駅のトイレに駆け込みました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.06

【9/14】閉店間際、神田鐡道倶楽部でランチ

 9月14日ですが、1日休みを取ってまずは都内へ繰り出すことに。ちょうど昼時だったのでどこかでランチと思い、9月末で閉店が決まった神田鐡道倶楽部を久しぶりに訪ねてまいりました。閉店を聞きつけて訪ねて来たのか、店内は平日ながら結構混んでいて、ちょうど空いたところに首尾よく座ることに。最後なので、一番お値段が高い煮込みハンバーグを注文しました。

神田鐡道倶楽部'18.9.14

座席札@神田鐡道倶楽部'18.9.14

煮込みハンバーグ@神田鐡道倶楽部'18.9.14
(3枚とも)閉店間際の神田鐡道倶楽部で最後のランチ

 店内は網棚やサボなどといった鉄道にまつわる品々で溢れていて、今回の閉店は大変残念なところweep。腹を満たした後は銀座線に乗り込み、神田を後にしました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.05

2018会津夫婦旅その7~早目の帰宅

 2018年会津夫婦旅の続き。喜多方市内をブラブラ散策した後、喜多方駅には11時前後に戻ってまいりました。本来であれば午後も滞在して喜多方ラーメンを食べたいところでしたが、今回の夫婦旅は土日での行程だったこともあって翌日の仕事のことを考え、早目の帰宅となった次第。来年はもっと念入りに調整し、行程に余裕のある夫婦旅をしたいものです。

喜多方駅舎'18.9.9
喜多方駅から列車に乗り込み、帰宅の途に

 喜多方駅11時39分発の会津若松行きに乗車。終点の会津若松駅では4分の接続で郡山行きに乗り換えました。始発ながらすでに座席がほとんど埋まっており、何とか空いていた座席に着席。13時11分、終点の郡山駅に到着しました。ここで1時間ほど時間があったのでランチタイムとしましたが、駅構内にあったフードコートの中に喜多方ラーメンの店があり、最後の最後で喜多方の名物を味わいました。

喜多方ラーメン@蔵小町'18.9.9
郡山駅構内にあるフードコートで喜多方ラーメンを食べる

 こうして14時5分発のやまびこ46号に乗車。1時間足らずで大宮駅に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.22

2018夏の関西旅その14~嵐山界隈をブラブラ

 2018年夏の関西旅の続き。トロッコ列車に乗ってトロッコ嵯峨駅まで戻ってきましたが、時刻はすでに13時過ぎ。腹も減っていたので、駅の隣にある「19世紀ホール」でランチタイムとしました。建物の中には実物のSLが展示されており、食事を済ませた後にじっくり拝見することに。C56やC58といった大型の機関車に混じって「若鷲号」と呼ばれる小型の機関車が展示されていました。

D5151@19世紀ホール'18.9.1

若鷲号@19世紀ホール'18.9.1

トロトロ牛スジ黒カレー@19世紀ホール'18.9.1
(3枚とも)19世紀ホールでランチタイム

 食事を済ませた後、今度はトロッコ列車を撮影することに。トロッコ嵐山駅との間にある「野々宮踏切」と呼ばれる踏切で待つことしばし、先ほど乗車したトロッコ列車が亀岡方面からやってまいりました。待っている間、とにかく多くの観光客が行き来する踏切で、遮断機が上がっている間、踏切内で記念撮影に興じている人の姿を多く見かけたのが印象的でした。

嵯峨野観光鉄道DE10‐1114@トロッコ嵯峨'18.9.1
食事後、トロッコ列車を撮影

 この後は嵐電の様子を見に嵐山駅へ。何台か見送った後、歩いて再び嵯峨嵐山駅へ向かいました(続く)。

嵐電モボ631形@嵐山'18.9.1
今回は乗車せずcoldsweats01~嵐電

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.16

2018夏の関西旅その8~彦根の夜を過ごす

 2018年夏の関西旅の続き。一旦彦根駅を離れ、予約してあったホテルにチェックインしました。部屋でしばし休息の後、夕飯を食べに夜の町へ繰り出すことに。再び駅へ向かうと近江鉄道のホームに人だかりがあったので、JRのホームから様子を見るべく入場券を買って中へ入りました。この日は豊郷あかねの最初に登場したラッピング車両を使用したビール列車「ビア電」が運転。日によっては満員になるなど盛況の様子でしたbeer

豊郷あかねラッピング'18.8.31
ビール列車「ビア電」が出発

 そのビア電を見送った後、引き続きホームに留まりしばし待っていると、先ほど乗車した豊郷あかね×修善寺まきののコラボヘッドマーク付き車両が米原から到着。近江鉄道の時刻表を確認したところ、この後彦根へ戻る予定がないようだったので、これが最後の対面となりました。5月下旬に運転が始まってからおよそ3か月間、ここ近江鉄道と伊豆箱根鉄道で運転された鉄道むすめのコラボヘッドマーク付き車両もこの日で終了となりました。

近江鉄道800系@彦根'18.8.31-5
鉄道むすめのコラボヘッドマーク付き車両もこれで見納めweep

 これで彦根駅を離れ、駅前の小さな食堂で夕飯を頂くことに。近江牛を使用した丼物を頂きました(続く)。

彦根丼@八千代'18.8.31
駅前の食堂で夕飯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.12

2018夏の関西旅その4~彦根に戻る

 2018年夏の関西旅の続き。多賀大社前駅近くで鉄道むすめのコラボヘッドマーク付き車両を追いかけていましたが、手持ちの近江鉄道の時刻表を見ると9時32分発が米原行きとなっており、多賀線を一旦離れることからこちらに乗り込むことにしました。この後どうしたものかと車内であれこれ考えたもののこれと言って妙案が思い浮かばず、結局彦根駅まで降りることにしました。

近江鉄道700系&800系@彦根'18.8.31
”あかね”尽くしな彦根駅構内heart01

 彦根駅到着後、一旦駅の外へ。この日の晩に宿泊予定だった駅近くのホテルに向かい、大きな荷物を預けることにしました。身軽になって市内をブラブラ散策。15分ほど歩いて彦根郵便局に立ち寄り、風景印を貰ってきました。思えば彦根は近江鉄道に乗るため何度となく足を運んでいる地ですが、市内散策となるとなかなか機会に恵まれず、彦根城もまだ未訪だったりします。

彦根駅前'18.8.31

彦根局風景印'18.8.31

ひこにゃん旗@彦根'18.8.31
(3枚とも)彦根市内をちょっとだけ散策shoe

 東海道本線と近江鉄道を跨ぐ陸橋を越えて線路の反対側へ。近くにある小さい踏切にやってきました。ここは6月、高速バスで到着してすぐに鉄道むすめのコラボヘッドマーク付き車両を撮影したところですが、先程乗って来た鉄道むすめのコラボヘッドマーク付き車両が米原から戻ってくる時間だったのでお迎えすることに。待つことしばし、彦根駅を出発したお目当ての車両が近づいてまいりました。

近江鉄道800系@彦根'18.8.31-2
彦根駅近くでコラボヘッドマーク付き車両をお迎え

 この後、再び彦根駅に戻り線路の反対側へ。時刻は午前11時前で少し早めでしたが、ここでランチタイムとしました。以前から「近江ちゃんぽん」なるものの存在を見聞きしており、いろいろ調べていたら駅前にお店があるとのことで、11時の開店と同時に入ることにしました。自分にとってはどうしてもちゃんぽんと言うと長崎の方が馴染み深いところですが、こちらの方が和風味ですね。

近江ちゃんぽん@ちゃんぽん亭総本家'18.8.31
近江ちゃんぽんを初めて食すnoodle

 この後も引き続き近江鉄道を中心に追いかけることにしますが。一旦ここで切ることとします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.01

大井川鐡道1泊1日旅リベンジその5~静岡駅へ向かう

 大井川鐡道1泊1日旅リベンジ編。沿線でお目当ての車両を撮影した後、新金谷駅まで戻ってまいりました。今回はこの先へは向かわず、昼前には金谷駅へ戻る予定に。最後はやはり鉄道むすめのヘッドマークを付けた7200系に乗車となりました。この日の運用はこの後金谷まで1往復して終了とのことで、もう少し本線上を行き来していればいろんな風景を入れて撮影することが出来ただけにちょっと残念でしたね。

大井川鐡道7200系@新金谷'18.8.18-3
最後もこちらに乗車~鉄道むすめのヘッドマーク付き7200系

 金谷駅に到着し、そのまま隣の東海道本線のホームへ移動。早朝の遅れが若干残っているものの、列車は動いていることから一先ずホッと致しました。こうして上り列車に乗り込み金谷を後にしましたが、ちょうど昼時だったのでそろそろランチタイムとすることに。とは言え、この界隈だとやはり静岡駅で降りれば何でもあるところなので、前回と同じになってしまったものの、駅ビル内の食事処で済ませることにしました。

海鮮丼@日本海庄や'18.8.18
前回と違う店に入るも、食べるものは一緒に…coldsweats01

 さてこの後ですが、このまま東京方面へ向かうには少し早かったので、寄り道していくことに。この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.25

【8/12】東上線1日フリー乗車券で巡るその4~坂戸でランチ休憩

 8月12日の続き。東上線1日フリー乗車券を片手に乗り歩いておりましたが、坂戸駅に到着したところでちょうど昼時を迎えました。腹も減ってきていたので、ここでランチ休憩とすることに。駅の改札脇に「ぎょうざの満州」があるので、ここで頂いてまいりました。所沢に本社があることから埼玉県内ではよく見かけるフードチェーン店ですが、意外と普段は行く機会が少なかったりします。

餃子@ぎょうざの満州'18.8.12
坂戸駅内にある「ぎょうざの満州」でランチ休憩

 腹が満たされたところでしばし駅周辺をブラブラ散策。越生線と本線のネタ探しをすることにしました。8000系が行き来する越生線の方はこの時間帯、リバイバルカラーはツートンカラーのみ。一方、本線の方は来る途中で東急の「ヒカリエトレイン」とそれ違い、手持ちの東武時刻表を確認したところ、昼過ぎに坂戸駅に到着するとのことで、こちらをお迎えしました。

東武8000系@坂戸'18.8.12-1

東急4000系@坂戸'18.8.12

東武8000系@坂戸'18.8.12-2
(3枚とも)坂戸駅周辺でネタ探し

 この後、再び東上線に乗り込んでさらに北上。スタンプラリーの残りを完成させることにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.21

大井川鐡道1泊1日旅その5~金谷からの帰り道

 大井川鐡道1泊1日旅も目的を無事達成。後は帰るだけとなりましたが、金谷駅から東海道本線に乗り込んで一路東を目指します。とは言えさっそく次の島田駅で途中下車。ここからだと始発の熱海行きがあることからランチも兼ねて降りてみましたが、駅周辺をブラブラしたものの目ぼしい食事処が見つからず断念。結局、駅近くにあった郵便局に立ち寄って風景印を貰うに留まりました。

島田本通局風景印'18.8.8
風景印を押すだけに下車した格好となった島田駅

 島田駅から後続の東海道本線上りに乗り込み静岡駅で途中下車。隣のホームに停まっていた特急ふじかわ号を見届けた後、改札を抜けて駅ビル内の食事処に入りました。さすがにここはいろんな食事処が入っているのでランチには困らないところ。そんな中から、「沼津」の冠が入った店で海鮮丼を頂いてきました。生しらすや静岡名物の桜えびも入ったなかなかの内容で、十分腹を満たせましたhappy01

海鮮丼@沼津魚がし鮨'18.8.8
静岡駅で遅めのランチタイム

 再び東海道本線の上りに乗り込んで熱海駅に到着。ここから上野東京ラインに乗り換え、まっすぐ帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.10

2018夏東北旅その10~旅の終わりはラフォーレ号

 2018年夏の東北旅もいよいよ大詰め。浅虫温泉で一風呂浴びた後、青森へ戻ることにします。本来であれば、来た時と同じ青い森鉄道を利用するところ。一方、青森市営バスが並行して走っていることを出発前に調べていたので時刻を確認したところ、17時過ぎに発車する便があることからこちらに乗り込むことにしました。海岸線を進みながら青森の市街地へと進み、青森駅前には18時過ぎに到着。バスを降りてすぐ、エキナカにある食事処で早目の夕飯を頂くことにしました。

ほたてづくし定食@つがる路'18.7.28
旅の締めはほたて尽くしhappy01

 この後、青森駅前21時ちょうど発の夜行高速バス「ラフォーレ2号」に乗って帰りますが、出発まで2時間ほど時間があったので周辺をブラブラしながら時間潰しすることに。以前なら入場券を買って夜行列車など長距離列車が発着する様子を駅構内で眺めていたところでしたが、今はそれもなくなり寂しくなってしまいましたねweep。対照的に八甲田丸がある「青森ベイサイド」と呼ばれるエリアは観光スポットが整備され、人の行き来がありました。

青森駅舎'18.7.28
長距離列車がなくなり、すっかり様子が変わってしまった青森駅

 こうして駅周辺をブラブラしながらそろそろ高速バスの乗り場へ移動。21時ちょうど、東京駅行き夜行高速バス「ラフォーレ2号」は青森駅前を発車しました。この後停車する箇所はなく、車内が暗くなるとそのまま眠りに。気が付いたのは翌朝の休憩箇所となっている羽生サービスエリアでした。ここは施設全体が池波正太郎原作の「鬼平犯科帳」の世界感を再現していて一時話題を集めておりましたが、早朝とあって店舗はまだ開店前とひっそりしていました。

羽生パーキングエリア'18.7.29
早朝の羽生パーキングエリアでトイレ休憩

 出来ることならここで降りて熊谷を経由して帰りたいところでしたが、そのままバスに揺られて終点東京駅日本橋口に到着。東北旅は無事終了しました。

ラフォーレ2号@東京駅日本橋口'18.7.29
無事に到着したラフォーレ2号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧