カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2018.10.21

大井川鐡道1泊1日旅その5~金谷からの帰り道

 大井川鐡道1泊1日旅も目的を無事達成。後は帰るだけとなりましたが、金谷駅から東海道本線に乗り込んで一路東を目指します。とは言えさっそく次の島田駅で途中下車。ここからだと始発の熱海行きがあることからランチも兼ねて降りてみましたが、駅周辺をブラブラしたものの目ぼしい食事処が見つからず断念。結局、駅近くにあった郵便局に立ち寄って風景印を貰うに留まりました。

島田本通局風景印'18.8.8
風景印を押すだけに下車した格好となった島田駅

 島田駅から後続の東海道本線上りに乗り込み静岡駅で途中下車。隣のホームに停まっていた特急ふじかわ号を見届けた後、改札を抜けて駅ビル内の食事処に入りました。さすがにここはいろんな食事処が入っているのでランチには困らないところ。そんな中から、「沼津」の冠が入った店で海鮮丼を頂いてきました。生しらすや静岡名物の桜えびも入ったなかなかの内容で、十分腹を満たせましたhappy01

海鮮丼@沼津魚がし鮨'18.8.8
静岡駅で遅めのランチタイム

 再び東海道本線の上りに乗り込んで熱海駅に到着。ここから上野東京ラインに乗り換え、まっすぐ帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.10

2018夏東北旅その10~旅の終わりはラフォーレ号

 2018年夏の東北旅もいよいよ大詰め。浅虫温泉で一風呂浴びた後、青森へ戻ることにします。本来であれば、来た時と同じ青い森鉄道を利用するところ。一方、青森市営バスが並行して走っていることを出発前に調べていたので時刻を確認したところ、17時過ぎに発車する便があることからこちらに乗り込むことにしました。海岸線を進みながら青森の市街地へと進み、青森駅前には18時過ぎに到着。バスを降りてすぐ、エキナカにある食事処で早目の夕飯を頂くことにしました。

ほたてづくし定食@つがる路'18.7.28
旅の締めはほたて尽くしhappy01

 この後、青森駅前21時ちょうど発の夜行高速バス「ラフォーレ2号」に乗って帰りますが、出発まで2時間ほど時間があったので周辺をブラブラしながら時間潰しすることに。以前なら入場券を買って夜行列車など長距離列車が発着する様子を駅構内で眺めていたところでしたが、今はそれもなくなり寂しくなってしまいましたねweep。対照的に八甲田丸がある「青森ベイサイド」と呼ばれるエリアは観光スポットが整備され、人の行き来がありました。

青森駅舎'18.7.28
長距離列車がなくなり、すっかり様子が変わってしまった青森駅

 こうして駅周辺をブラブラしながらそろそろ高速バスの乗り場へ移動。21時ちょうど、東京駅行き夜行高速バス「ラフォーレ2号」は青森駅前を発車しました。この後停車する箇所はなく、車内が暗くなるとそのまま眠りに。気が付いたのは翌朝の休憩箇所となっている羽生サービスエリアでした。ここは施設全体が池波正太郎原作の「鬼平犯科帳」の世界感を再現していて一時話題を集めておりましたが、早朝とあって店舗はまだ開店前とひっそりしていました。

羽生パーキングエリア'18.7.29
早朝の羽生パーキングエリアでトイレ休憩

 出来ることならここで降りて熊谷を経由して帰りたいところでしたが、そのままバスに揺られて終点東京駅日本橋口に到着。東北旅は無事終了しました。

ラフォーレ2号@東京駅日本橋口'18.7.29
無事に到着したラフォーレ2号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.08

2018夏東北旅その7~鉄道むすめのヘッドマーク車両に乗って終点黒石へ

 2018年夏の東北旅の続き。田んぼアートを見た後は歩いて隣の田舎館駅へ向かいます。小ぢんまりした文字通り田舎の駅といった雰囲気を感じながら再び列車に乗り込んで終点黒石へと向かうことにしますが、ホームでしばし待っていると田んぼアート駅で見送った鉄道むすめのヘッドマーク付き車両が弘前から到着。ヘッドマークの絵柄は朝方乗車した大鰐線のものと同じ3人の青森鉄道むすめがデザインされています。

弘南鉄道7155@黒石'18.7.28

青森鉄道むすめヘッドマーク'18.7.28-2
(2枚とも)黒石線の鉄道むすめのヘッドマーク付き車両に乗って終点黒石に到着

 終点黒石駅に到着後は市内をブラブラ散策することに。弘南鉄道の乗り潰しで降り立ったことはあったものの市内を散策するのはこれが初めてでしたが、駅前に観光案内所があったのでまずはここで情報収集することにします。ちょうど昼時だったので食事処を訪ねたところ、歩いて15分ほどのところにある「中町こみせ通り」の一角に「すずのや」という黒石名物のつゆ焼きそばが味わえる店があることを教えてもらい、さっそく市内へ繰り出すことにしました。

黒石駅舎'18.7.28
黒石駅から市内散策に出発shoe

 駅から歩くこと15分ほどで中町こみせ通りに到着。建物と通りを挟んだ歩道に雪除けのアーケードが設けられているのが特徴で、その街並みを拝見しながらすずのやに入りつゆ焼きそばを頂いてきました。太平麺という平べったい麺を使用した黒石焼きそばにそばつゆを掛けたもので、一般的にイメージする焼きそばとは大きく異なりますが、素朴な味は黒石のご当地グルメとなっております。

中町こみせ通り@黒石'18.7.28

すずのや@黒石'18.7.28

つゆ焼きそば@すずのや'18.7.28
(3枚とも)黒石市内を散策

 この後、腹ごなしを兼ねて市内を散策しながら黒石駅へ。ここから再び弘南鉄道に乗って弘前へ戻ることにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.03

2018夏東北旅その1~18きっぷで北へ

 7月27日から29日の朝にかけて東北方面へ旅してまいりましたが、初日は18きっぷを使用して東北本線を一路北へと進みました。大宮駅5時36分発の宇都宮線の初電で出発。宇都宮駅から205系に乗り込みましたが、ちょうど朝の通勤ラッシュと重なったこともあって西那須野までは立ち客ができるほどの混雑でした。正直これほど混んでいるものとは思いもよりませんでしたが、幸い途中駅で目の前の席が空いたので、座って行くことができました。

クハ204-604@宇都宮'18.7.27
宇都宮から乗車した205系は通勤ラッシュ真っ只中

 黒磯で7時55分発新白河行きに乗り換え。7月1日に阿武隈急行のイベントを訪ねた時に乗車しておりますが、今回は遅れることなく新白河駅で無事郡山行きに乗り換えることができました。その郡山行きですが、終点からはそのまま福島行きになるとのことで、結局黒磯から福島まで乗り換えなしで移動できたことに。その後、福島では30分ほどの待ち時間で仙台行きの快速に乗り換えとなりました。

郡山駅名板'18.7.27
East-iが佇む郡山駅

 福島駅を発車後、県境の峠を越えて宮城県へ。そのまま仙台まで向かわずに手前の名取駅で下車しました。ここからは仙台空港アクセス線に乗り換えて終点仙台空港へ。仙台空港と言えば全国鉄道むすめ巡りで仙台空港鉄道の鉄道むすめ、杜みなせに会いに何度か足を運びましたが、列車から降りて改札へ向かうと今もみなせさんの等身大パネルが出迎えてくれましたheart01。仙台はちょうど七夕祭りのシーズン。改札付近の天井には七夕飾りが設けられていました。

仙台空港鉄道SAT721系&E721系@仙台空港'18.7.27

OZAirbus320-200@仙台空港'18.7.27

七夕飾り@仙台空港'18.7.27
(3枚とも)北上中、仙台空港に寄り道

 仙台空港駅を後にして、名取からは再び東北本線へ。この後長町駅でも下車しました。ここからは仙台市営地下鉄南北線に乗り換え。まっすぐ仙台駅に降り立ちましたが、こちらにも青葉あさひという鉄道むすめがいて、駅構内の至る所にイラストを見かけましたheart01。こちらにご挨拶した後、この旅唯一の郵便局に寄り道して風景印を入手。その後、仙台駅内にある食事処で海鮮丼を頂いてまいりました。

青葉あさひ案内板@仙台'18.7.27

_仙台中央三局風景印'18.7.27

海鮮丼@あさひ鮨'18.7.27
(3枚とも)仙台でランチタイム

 午後も東北本線を北上しますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.27

【7/14】7月のいずっぱこ訪問その4~午後は大雄山へ

 7月14日の続きですが、この日は昼過ぎに駿豆線沿線から撤収。午後はもう一つのいずっぱこである大雄山線沿線を訪ねることにします。12時35分発の特急踊り子106号に乗車。ちょうど昼時だったので、修善寺駅の中にある弁当屋で鰺寿司を買って乗り込みました。以前から気になっていたもののなかなか食べる機会がありませんでしたが、なかなかおいしかったですhappy01

特急踊り子106号@修善寺'18.7.14

鰺寿司@修善寺'18.7.14
(2枚とも)この日は普段より早めに駿豆線から撤収

 三島から東海道本線に入り、さらに熱海を過ぎて13時50分、小田原駅に到着。そのまま大雄山線の乗り場へ向かい、窓口で1日乗車券「金太郎きっぷ」を手に入れて出発しました。もちろんお目当ては鉄道むすめのコラボヘッドマーク付き列車ですが、ちょうどこの時間は小田原へ向かって走っているところ。途中で捕まえようと穴部駅で下車しましたが、移動中に通り過ぎてしまい、飯田岡駅近くで小田原からの折り返しをお迎えしました。

伊豆箱根鉄道5000系@飯田岡'18.7.14
飯田岡駅手前で鉄道むすめのコラボヘッドマーク付き列車をお迎え

 この後、大雄山からの戻りを撮ろうと思い飯田岡駅から再び乗車。どこで下車するかいろいろ考えたものの、これと言ったところが思い当たらず、結局慣れたところで塚原駅での下車となりました。和田河原寄りに進んだ鉄橋の側のカーブ付近でお迎えしましたが、こちらは5月に訪れた時と同じ絵。もう少し時間があれば和田河原駅で降りて塚原駅寄りに進んだあたりで撮りたかったところでしたね。

伊豆箱根鉄道5000系@塚原'18.7.14
2枚目は慣れたところで…heart01

 この後、再び列車に乗って終点大雄山駅へ向かいましたが、この続きは後ほど(続く)。

塚原いさみ&修善寺まきのイラスト@穴部'18.7.14
いずっぱこの鉄道むすめのツーショットheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.12

【6/30】横浜市営地下鉄の鉄道むすめ、高島あざみデビュー

 6月30日ですが、新たに横浜市営地下鉄にデビューした鉄道むすめ、高島あざみの記念乗車券がこの日先行で発売されるとのことで、さっそく横浜へやってまいりました。到着したのは9時半頃。記念乗車券の発売場所である地下1階の「ハマリンロード」にはすでに多くの人の待つ列が伸びており、なかなか盛況でした。そんな中待つこと10時過ぎに列が動き始め、記念乗車券の発売が開始。10分ほどで順番が回ってきました。

高島あざみ記念乗車券発売案内'18.6.30

高島あざみポスター@横浜'18.6.30

高島あざみ記念乗車券&クリアファイル
(3枚とも)無事、目的のモノを入手heart01

 これでこの日の目的は無事達成となりましたが、さすがにこれで帰るには早すぎるので、駅周辺をブラブラ散策。京急の“ブルスカ”と出会った後、横浜駅から根岸線で石川町駅に降り立ちました。もちろん向かったのは中華街。ここでランチを済ませた後、腹ごなしに関内駅まで歩くことにしました。この日は横浜スタジアムでプロ野球の公式戦が開催。関内駅へ向かう途中、球場へ向かう多くの人とそれ違いました。

京急2100形@横浜'18.6.30

ランチ@横浜中華街'18.6.30

横浜スタジアム'18.6.30
(3枚とも)横浜界隈をブラブラ

 この後ですが、この日のメインが横浜市営地下鉄だったこともあり、乗らずに帰ってしまうのは申し訳ないところ。そこで、関内駅からブルーラインに乗り込むことにしました。列車に乗り込んでまず目に留まったのは、車内にあった吊り広告。そこには高島あざみのイラストが掲載されていて、さっそくPRに努めている様子が伺えましたが、その他駅構内には大きいポスターや幟も見かけました。

高島あざみポスター@戸塚'18.6.30
地下鉄の構内に掲示された高島あざみのポスターheart01

 こうしてブルーラインに揺られて戸塚駅で下車。2週間ほど前、いずっぱこを訪ねた帰りに広報誌を貰いに訪れたばかりでしたが、ここから上野東京ラインに乗ってまっすぐ帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.11

近江鉄道を訪ねる旅6月編その7~名古屋から高速バスで帰途に

 近江鉄道を訪ねる旅6月編もいよいよこの記事で完結。思えば前回5月に近江鉄道を訪れた時は1日雨というあいにくの天気でしたが、今回は梅雨の時期ながら朝から好天に恵まれるなど、動きやすい1日となりましたsun。さて米原からはこだま654号に乗車。発車してすぐに見えてくる伊吹山の雄姿を見ながら、ホーム上の売店で買い込んだ駅弁を頂くことにしました。

こだま654号@米原'18.6.26

伊吹山@こだま654号車内'18.6.26

井筒屋のおかかごはん'18.6.26
(3枚とも)米原からこだま号で名古屋へ

 12時57分、こだま654号は名古屋駅に到着。ここで30分ほどの待ち時間があったので、名鉄百貨店のナナちゃん人形を見てまいりました。今やすっかり名古屋の名物となった感があり、自身も名古屋を訪れる際には必ずと言っていいほどご挨拶するようになりましたが、今回はこの蒸し暑い時期にもかかわらず毛むくじゃらの衣装を身にまとっていましたcoldsweats01

ナナちゃん人形@名古屋'18.6.26
この日もナナちゃん人形にご挨拶heart01

 急ぎ足で駅の反対側にある高速バス乗り場へ移動。落ち着く間もなく東京行きの13時30分発新東名スーパーライナー18号に乗り込みました。こちらは渋滞しなければ東京駅に19時前に到着することもあってこれまで2回ほど利用したことがありますが、運行するJR東海バスが今年で30周年を迎えたとのことで、車体には記念のステッカーが貼ってありました。

JR東海バス30周年ロゴ'18.6.26
今年で30周年を迎えるJR東海バス

 思いの外順調に走り、19時前には東京駅日本橋口に到着。無事旅が終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.01

1泊1日関西旅その5~嵐電に乗って嵐山へ

 5月の関西旅の続き。近江八幡から東海道本線に揺られて山科駅で下車。ここから京都市営地下鉄東西線に乗り換えて終点太秦天神川へ向かいます。京都の地下鉄と言えばやはり「地下鉄に乗るっ」のキャラクターが近年有名になりましたが、この日も山科駅や地下鉄の車内にはキャラクターを使用したポスターやステッカーなどを散見し、相変わらず高い人気があるようですねhappy01

地下鉄に乗るっポスター@山科'18.5.13
この日も地下鉄の駅や車内で「地下鉄に乗るっ」のポスターを見かけましたhappy01

 こうして地下鉄に揺られて一気に終点太秦天神川駅に到着。このまま地上に上がって嵐電乗り場へ向かいました。雨の方はさらに本降りとなり、傘を差していても雨粒が入り込むほど。一方、嵐電に乗り込むと車内はさすが日本有数の観光地だけあって多くの観光客が乗車しておりました。天気が良ければ沿線を乗り降りしてブラブラしたいところでしたが、あいにくの天気ではそれも叶わず。まっすぐ終点の嵐山に向かいました。

嵐電モボ101形@嵐山'18.5.13
嵐電に揺られて嵐山に到着

 ちょうど昼時だったこともあり、駅隣接の食事処でランチタイム。つかの間の休憩の後、次の目的地へと向かいますが、この続きは後ほど(続く)。

寿司セット@ぎゃあてい'18.5.13
嵐山駅近くの食事処でランチタイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.21

【5/3】1年ぶりの銚子電鉄その5~食事を済ませ、帰りの途に

 5月3日の続きですが、本銚子駅で銚子行きの列車を待っていると、先ほど外川駅から乗り込んだ3843号がやってまいりました。その3843号に乗って次の観音駅で途中下車。空き家になっていてがらんとしているたい焼き屋の店舗を横目に久しぶりに漬け丼の店へやってまいりました。たい焼き屋が盛業だった時にはランチの後のデザートでたい焼きを頂いておりましたが、今はそれが叶わず。少し遅めのランチタイムと相成りました。

漬け丼定食@観音食堂七兵衛'18.5.3
久しぶりに漬け丼の店でランチタイム

 観音駅に戻ると今度は外川つくしのバースデー記念ヘッドマークを付けた2000形が到着。こちらに乗って銚子駅へやってきました。昨年は途中から仲ノ町の車庫に引き上げてしまい、沿線で鉄道むすめのヘッドマークを付けて走る姿を目にすることができませんでしたが、今年は終日動いてくれたおかげで目いっぱい雄姿を拝むことが出来ましたheart01。とは言えこればかりは当日の運用次第のところがあるので運次第ですね。

銚子電鉄2000形@銚子'18.5.3

外川つくしバースデー記念HM'18.5.3

外川つくしイラスト@銚子'18.5.3
(3枚とも)今年は1日目一杯乗れましたheart04

 こうして後は帰るだけとなり、佐原周りの千葉行きで銚子駅を出発。銚子電鉄を丸1日堪能することができましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.18

【5/3】1年ぶりの銚子電鉄その2~今年も登場、外川つくしバースデーヘッドマーク

 5月3日の続き。銚子駅の改札を出ると雨の中、隣の仲ノ町駅まで歩いて移動しました。駅に到着してまずはいろいろとお買い物。5月1日は銚子電鉄の鉄道むすめ、外川つくしの誕生日ですが、今年もイラスト入りのヘッドマークを付けて運転されるとのことで、これから使用する「弧廻手形」の他にヘッドマークのレプリカなど、外川つくし関連のグッズをいろいろ手に入れてきました。

外川つくしグッズ
仲ノ町駅で手に入れた外川つくしの関連グッズ

 次の外川行きが来るまで少し時間があったので、時間潰しを兼ねて車庫を見学していくことに。ここの主であるデキを始め、朝のうちはここに止まっていた3000形を間近で見てまいりました。相変わらず雨が降っていましたが、小ぢんまりとした東屋でしばし待っていると外川つくしバースデー記念のヘッドマークを付けた2000形が到着。今年は縦長の四角形のものでした。

銚子電鉄2000形@仲ノ町'18.5.3
外川つくしバースデー記念ヘッドマークを付けた2000形と対面

 この後、銚子からの折り返しに乗り込み仲ノ町を出発。のんびり揺られて犬吠駅に降り立ちました。外川からの折り返しを近くの踏切近くでお迎えした後、再び駅に戻って弧廻手形に付いている濡れ煎餅の引換券で1枚引き換え。一方、駅舎の入口の脇にはたい焼きの店がオープン。こちらは以前観音駅にあった店が老朽化によって閉店となり、新たにオープンしたもの。さっそく1枚味見致しました。

銚子電鉄2000形@犬吠'18.5.3

犬吠駅舎'18.5.3

たい焼き@犬吠'18.5.3
(3枚とも)犬吠駅でたい焼きを頂く

 たい焼きで腹ごなしをした後は歩いて終点の外川駅へ移動。ここから再び銚子電鉄に乗り込みますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧