カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2017.06.24

【5/4】今年もアニメイベント「とちテレアニメフェスタ」開催~宇都宮

 先月4日の続きですが、臨時快速を見送ってから新大平下駅に戻り、栃木方面へ向かうことに。ホームで待っていると、浅草からやってきた東武日光行き臨時列車がやってきました。前の記事でも書きましたが、4月のダイヤ改正で浅草発着の快速列車が廃止になった影響で、今年のゴールデンウィーク中の日光や鬼怒川方面へ向かう列車の一部が通勤ラッシュ並みに混雑しておりましたが、その影響は予想以上に大きい様子ですねbearing

東武6050系@新大平下'17.5.4
浅草からやってきた臨時列車は大混雑bearing

 やむなく臨時列車は見送り後続の列車に乗車。栃木で東武宇都宮行きに乗り換えました。8000系の4両編成に揺られて終点に到着。昼時より少し早い時間でしたが、ここでランチタイムとしました。もちろん宇都宮名物の餃子を頂きたいところだったので、駅のすぐ前にある店で頂くことに。食事を済ませて会計を済ませる頃には待ち客もできるほどの混みようになりましたcoldsweats01

餃子@宇都宮餃子館'17.5.4
宇都宮といえばやはり餃子ですねhappy01

 その宇都宮ですが、この日は恒例の「とちテレアニメフェスタ」が開催され、オリオン通りやその周辺は多くの人が行き交うほどの大変な人出でした。アニメに登場するキャラクターからご当地萌えキャラまで、様々なキャラクターの姿を目にすることが出来ましたが、その一方でオリオン通り周辺では現在宇都宮市が開業を目指すLRTのポスターも見られ、開業に向けて着々と進んでいる印象を受けました。

とちテレアニメフェスタ旗@オリオン通り'17.5.4

思川結@とちテレアニメフェスタ'17.5.4

LRTポスター@オリオン通り'17.5.4
(3枚とも)今年も「とちテレアニメフェスタ」が開催happy01

 結局1時間半ほど滞在した後、再び宇都宮線に乗車。この後どうしようか考えたものの、来るときの列車の混み様が気になるところで、少し早目に帰り支度とすることにしました。新栃木から南栗橋行き各駅停車に乗り換えて栗橋に到着。とは言え、さすがにこれで帰るには早いところで、ここで少し寄り道することにしましたが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.05

【4/17】桃の花咲くわたらせ渓谷鐡道沿線を訪ねる

 4月17日は1日休み。まずは朝一番で病院へ向かいました。当時こちらにも書きましたが、すでに罹ってから早9年近くが経過。今は年1度の検査のみとなり、何とか無事に過ごしておりますhappy01。その病院も午前中に済んだので、この後は久しぶりにマイカーで遠出することに。どこへ行くかあれこれ考えた末、ちょうどわたらせ渓谷鐡道沿線の桃の花が見頃を迎えていたので、見に行くことにしました。

 行きは久喜インターから東北自動車道に乗り込み、栃木都賀ジャンクションから北関東道へ。太田藪塚インターで降りて一般道を走行していると、見慣れた光景が現れたと思っていたら、上毛電鉄の赤城駅前までやってきました。ここで大間々郵便局に寄って風景印を入手。年に何度か足を運ぶ地ではあるものの郵便局にはなかなか足を運んだことがなく、今回初めての入手となりました。

大間々局風景印'17.4.17
大間々局で風景印を入手

 その後、わたらせ渓谷鐡道に沿って通じる国道122号線に沿ってマイカーを走行。この道も日光を起点として東京都内へと通じておりますが、途中岩槻も通じているので自身にとっても馴染み深い道路ですね。そんな国道122号線を進んでいるうちに徐々に山深くなり、途中の休憩処でランチを済ませてからわたらせ渓谷鐡道の神戸駅に到着。ここでマイカーを止めてしばし過ごすことにします。

神戸駅舎'17.4.17
桃の花咲く神戸駅に到着

 ここを訪れるのは4年ぶりのことで(当時に記事はこちら)、前回は週末に訪れたこともあって多くの観光客でごった返していましたが、今回は平日なのでそれほどでもないだろうと思いつつも、それでも多くの人で賑わっておりました。駅周辺は桃や桜の花が見頃を迎えていましたが、跨線橋の上でしばし待っているとわたらせ渓谷鐡道のディーゼルカーが到着。出発まで見届けてきました。

わたらせ渓谷鐡道わ89-310形@神戸'17.4.17-1

わたらせ渓谷鐡道WKT-500形@神戸'17.4.17

わたらせ渓谷鐡道わ89-310形@神戸'17.4.17-2
(3枚とも)桃の花咲く神戸駅を行き交うわたらせ渓谷鐡道のディーゼルカー

 この後は来た道を折り返して水沼駅までドライブ。ここは駅に隣接して温泉施設があるので、一風呂浴びてからしばらく周辺で過ごしてまいりました。15時を過ぎ、幾分雲が出てまいりましたが、ホームでしばらく待っているとディーゼル機関車に牽引されたトロッコ列車が到着。平日だったので運用がないものと思い些か驚きましたが、ギャラリーもそれほど多くはなく、のんびり過ごせました。

わたらせ渓谷鐡道DE10-1537@水沼'17.4.17
水沼駅でトロッコ列車と出会う

 駅のすぐ前に郵便局があったので、風景印を貰ってから水沼駅を出発。途中、大間々駅近くにある焼きまんじゅうの店「美濃屋」で一串いただいた後、帰りは延々一般道を走らせて帰宅しました。

水沼局風景印'17.4.17

焼きまんじゅう@美濃屋'17.4.17
(2枚とも)寄り道しながら帰りは一般道を走行car

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.04

【4/16】全国鉄道むすめ巡り鬼怒川温泉編その3~SL運行が待ち遠しい鬼怒川温泉へ

 4月16日の続き。下今市で30分ほど過ごした後、鬼怒川温泉へ向かいます。やってきたのは浅草からの快速列車。これまで運賃のみで乗車できる列車とあって重宝されてきた快速列車も、4月21日のダイヤ改正をもって運行終了となってしまい、気軽に利用できる列車がなくなってしまうのは些か痛いところですねweep。その6050系はダイヤ改正後、南栗橋より北側の区間で引き続き運行を続けることになります。

東武クハ6172@鬼怒川温泉'17.4.16
下今市から浅草発の快速列車に乗って鬼怒川温泉に到着

 鬼怒川温泉には13時過ぎに到着。まずはこの日一番のミッションだった全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押してまいりました。その後はランチも兼ねて街中を散策。駅から歩いて数分のところに移転したお馴染みの「BENTO CAFÉ KODAMA」でミルフィーユカツサンドを頂いてきました。ちょうど恒例のスタンプラリーも行われていましたが、今年は5月末に開催されたスプリングフェスタが別の用事で行けなかったのが残念でしたねweep

全国鉄道むすめ巡りスタンプ台@鬼怒川温泉'17.4.16

鬼怒川みやび等身大パネル@鬼怒川・川治温泉観光情報センター'17.4.16

BENTO CAFÉ KODAMA@鬼怒川温泉'17.4.16
(3枚とも)無事にミッションを達成wink

 そして今回鬼怒川温泉を訪ねた中で一番目に留まったのが、駅前に完成したSL用の転車台でしたね。いよいよこの夏からSL大樹の運行が始まり、自身も早くその姿を目にしたいところですが、運行開始の暁には沿線に多くの人で大変賑わうことと思われ、こちらは少し落ち着いてから訪ねることになりそうです。何はともあれ、夏以降の鬼怒川温泉は大変な注目を浴びることになりそうです。

鬼怒太&転車台@鬼怒川温泉'17.4.16
鬼が見つめる転車台pout

 もうちょっとゆっくり過ごしていたいところでしたが、15時5分発スペーシアきぬがわ6号の指定券を押さえてあったため、少し早目に鬼怒川温泉を出発。日光詣スペーシアに乗って一気に大宮まで帰ってきました。

東武鉄道むすめ等身大パネル@鬼怒川温泉'17.4.16

特急スペーシアきぬがわ6号@鬼怒川温泉'17.4.16
(2枚とも)鉄道むすめに見送られ、鬼怒川温泉を出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

【4/8】桜@金沢文庫

 先月8日の続き。シーサイドラインフェスタの会場を後にして並木中央からシーサイドラインに乗り込み、終点の金沢八景に降り立ちました。来年度の京急の駅まで乗り入れる工事が行われている中、先ほどイベント会場で手に入れた記念弁当を開くことに。柴口このみのイラストが入った冊子がおまけに付いていたことから手に入れてきましたが、シューマイでお馴染みの崎陽軒が製造元となっております。

シーサイドラインフェスタ2017記念弁当'17.4.8
イベント会場で手に入れた記念弁当を駅のホームで頂くcoldsweats01

 金沢八景駅を後にしてこれでシーサイドライン沿線からは離れ、京急の線路に沿って金沢文庫駅へ向けてぶらぶら歩くことに。行き交う京急の列車を見ながら進んでいくと、昨年も気になっていた水路脇の桜並木がきれいに咲いておりました。シーサイドラインフェスタの時期は桜のシーズンと重なることから、あちこちで桜の様子を見ながら過ごすことになりますが、ここも京急の赤とのコラボがきれいですねhappy01

京急2100形@金沢文庫'17.4.8-1

桜@金沢文庫'17.4.8

京急2100形@金沢文庫'17.4.8-2
(3枚とも)金沢文庫駅近くの桜も満開でしたcherryblossom

 この後、金沢文庫から京急に乗って都内へ。さらに桜を見て回ることにします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.05

【3/25】全国鉄道むすめ巡り伊豆半島編その3~伊東から伊豆急に乗る

 全国鉄道むすめ巡り伊豆半島編の続き。修善寺からバスに揺られて1時間ほど、伊豆半島の東側にある伊東駅に到着しました。この後、全国鉄道むすめ巡りのスタンプが設置されている伊豆高原へ向かいますが、その前にまずはランチタイム。せっかく伊豆方面に足を運んだので海の幸でも頂きたいと思い、駅近くの食堂で刺身やアジの干物を使った定食でランチを済ませてきました。

伊東駅周辺'17.3.25

刺身定食@菊一'17.3.25
(2枚とも)伊東駅周辺でランチタイムfish

 駅に向かい次の伊豆高原方面行きの列車を確認。次の列車は観光列車の「伊豆クレイル」とのことで、少し早目にホームに入ってお迎えすることにしました。しばらくすると、熱海寄りから派手な出で立ちの651系が到着。実車はデビュー前に大宮工場で整備しているところを外から見かけたことがありましたが、車内で食事をしながら伊豆半島の景色を堪能してみたいところですね。

伊豆クレイル@伊東'17.3.25
伊東駅に到着する伊豆クレイル

 さて、ここから伊豆高原までは「ぷらっと伊豆高原往復割引乗車券」なるきっぷを利用することに。文字通り伊豆高原までの往復乗車券で、偶然駅構内でこのきっぷの貼紙を見つけましたが、この日は伊豆高原まで行ってそのまま引き返す予定だったので今回の行程にピッタリでした。おまけにこのきっぷだと通常1,320円のところ940円で済むので、お得になりましたhappy01

ぷらっと伊豆高原往復割引乗車券貼紙@伊東'17.3.25
伊東駅で見かけた「ぷらっと伊豆高原往復割引乗車券」の貼紙

 13時35分発伊豆急下田行きは定刻より10分ほど遅れて到着。すでに河津桜のシーズンも終わっていたので車内はそれなりの乗車率でしたが、伊豆高原駅に到着するとさっそくスタンプを押印。限定グッズも購入すると、あっという間に折り返しの時間となってしまいました。時間があれば駅周辺で咲いている大寒桜を見たかったところでしたが、そんな時間も無くなり、すぐに改札口へと向かいました。

全国鉄道むすめ巡り幟@伊豆高原'17.3.25
今回はスタンプを押してすぐに折り返しweep>伊豆急

 そんなわけで慌ただしく折り返すことになりましたが、やってきた熱海行きはリゾート21の車両を真っ赤に塗装した「キンメ電車」。前月、伊豆箱根鉄道を訪れる途上の熱海駅でホームに停車中のところを見かけましたが、ドア脇のサボや車内の座席にはキンメダイのイラストがデザインされており、外観のみならず車内もキンメダイ尽くしでした。見かけなかなか派手な出で立ちで、どうしても目が行ってしまいますねcoldsweats01

伊豆急2100系@伊豆高原'17.3.25

キンメ電車サボ'17.3.25

キンメ電車座席'17.3.25
(3枚とも)折り返しはキンメ電車に乗車

 こうしてキンメ電車に揺られて終点熱海に到着。ここから上野東京ラインの列車でまっすぐ帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その13~京都駅で出会った車両たち

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。京都駅に到着すると時刻は18時を過ぎたところでした。この後は18きっぷを利用して東海道本線を名古屋方面へ向かう予定で、数時間乗りっぱなしの状況となることから、ここで夕飯を食べていくことに。改札を出て八条口の商業施設「アスティ」周辺をブラブラしていたら、ちょうど食事時で概ね混雑していましたが、少し高めだったものの京料理のお店で湯葉料理を頂きました。

湯葉とろのおひつ膳@くらま'17.3.18
京都駅八条口アスティ内にある京料理の店で晩ごはん

 腹が満たされ、出発まで少し時間があったので京都駅構内をブラブラすることに。やはり京都駅と言えばまず足が向いたのは奈良線のホームで、ちょうどウグイス色の103系が出発を待っているところでした。数日前に記事にした大阪環状線では323系がデビューし、古い車両を使い続けてきたJR西日本にも世代交代の波が押し寄せつつありますが、ここ奈良線の103系も次回関西を訪れた時にまだ走っているかどうか…。

103系@京都'17.3.18
103系は奈良線で今も健在

 一方、東海道本線のホームに目を向けると、ちょうど高山からやってきた特急ひだ36号が到着しました。昨年春のダイヤ改正では特急しなのの大阪乗り入れが取り止めとなり、在来線の車両では現在京都駅に乗り入れる唯一のJR東海の車両となりましたが、思えばこちらも前任のキハ82系から置き換えられて今年でちょうど25年が経過したことになります。こちらは長い距離を乗っていないので、ある程度の距離で乗っておきたいですね。

特急ひだ36号@京都'17.3.18
京都駅に到着した特急ひだ36号

 こうして19時半過ぎに東海道本線の上り列車に乗り込み、京都を後にいたしました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その10~ほぼ1年ぶりの和歌山電鐵

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。和歌山到着後、さっそく和歌山電鐵の乗り場へ向かいます。今回はスタンプが設置されている伊太祁曽まで往復するだけだったので、フリーきっぷは使わずその都度乗車券を買うことに。出発までホームで待っていると、貴志方面からたま電車がやってきました。和歌山電鐵では当日の車両運用を記した時刻表を配布していますが、個性ある和歌山電鐵の車両に乗ることも楽しみの一つですねhappy01

たま電車ラッピング'17.3.18
たま電車に揺られ、一路伊太祁曽へcat

 たま電車はゆっくり和歌山を出発。車内は外国人の姿も見られ、相変わらずの人気ぶりですね。一方、昨年のスタンプラリーの帰りに下車した岡崎前駅付近はまだレンゲの花は咲いていませんでしたが、沿線の至る所で菜の花が咲いていて、途中下車してのんびり過ごしたいところ。しかし、この後和歌山に戻るとすぐに大阪へ移動しなければならず、そのまま伊太祁曽に到着すると、隣のホームに昨年登場したうめ星電車が貴志からやってきました。

和歌山電鐵2270系@伊太祁曽'17.3.18-1
伊太祁曽駅で並ぶ”たま電車”と”うめ星電車”

 うめ星電車を見送り、改札脇に設置されているスタンプを押印。30分ほどで折り返し和歌山行きに乗車するので、伊太祁曽神社の前まで行ってご挨拶した後は駅の周りでのんびり過ごしました。この日「ニタマ」は貴志駅で任務に就いていたようで姿を見ることはできませんでしたが、「よんたま」という見習いの駅長が任務を始めたとのことで、たまの後継者としての活躍を楽しみにしたいところですね。

ネコ@伊太祁曽'17.3.18

伊太祁曽駅構内'17.3.18

和歌山電鐵2270系@伊太祁曽'17.3.18-2
(3枚とも)この日の伊太祁曽駅の様子

 帰りも先ほど乗ってきたたま電車に乗り込み、和歌山まで戻ってきましたが、時刻は昼を過ぎたあたりで、時間があればここで和歌山ラーメンと行きたいところ。しかしすぐに大阪へ移動することにしたため、駅構内で食料を調達してから列車に乗り込みました。調達したのは和歌山名物のめはり寿司。こちらを頬張りながら大阪へ向かいました(続く)。

めはり寿司'17.3.18
せめて和歌山らしい名物ということで、めはり寿司でランチと相成りましたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.12

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その2~1年ぶりのリニモ

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。早朝の八草駅からリニモに乗り込みます。前回の全国鉄道むすめ巡りの時は藤が丘駅にスタンプが設置され、終日押印が可能でしたが、今回は設置場所が愛・地球博記念公園駅に変わった上、8時から18時半までの間になり、前回よりもややハードルが上がってしまいましたcoldsweats01。まずはすでに開いていた八草駅の窓口で限定グッズを入手。併せて八草みずきのイラストが入った時刻表も手に入れてきました。

リニモ時刻表

リニモ100形@八草'17.3.17
(2枚とも)朝の八草駅から出発

 時刻は7時前。このまま愛・地球博記念公園駅に向かったのでは早すぎるので、その前に朝食を摂ることにしました。事前に調べていたら、公園西駅の近くにコメダ珈琲店があることがわかったので、降りて向かうことに。名古屋では定番のモーニングを頂いてきました。以前は名古屋界隈へ訪れた時には必ずと言っていいほど足を運んでいたコメダ珈琲店ですが、今は全国展開となって埼玉県でも見かけるようになりましたね。

モーニング@コメダ珈琲店'17.3.17
朝食は公園西駅近くのコメダ珈琲店

 時刻は7時半。そろそろ愛・地球博記念公園駅へ向かいます。ここに降り立つのは2005年3月以来。この年開催された「愛・地球博」の時以来ですが、当時この駅に降り立った多くの来場者の姿を思い出してみると、今回は朝早い時間だったせいか周辺は人もまばらで、万博の時の賑わいがまるで嘘のようでしたね。そんなことを思いながら時刻は8時になり、職員が事務所からスタンプを出して設置。さっそく押印してまいりました。

愛・地球博記念公園駅舎'17.3.17

八草みずき等身大パネル@愛・地球博記念公園'17.3.17

リニモ100形@愛・地球博記念公園'17.3.17
(3枚とも)万博開催以来の愛・地球博記念公園駅でスタンプを押印

 この後、リニモに揺られて藤が丘へ向かい、そのまま地下鉄東山線に乗り換え。通勤ラッシュの最中、名古屋へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.06

【3/12】つなげて!全国鉄道むすめ巡り横浜シーサイドライン編

 先月12日は自宅をゆっくり目に出発。横浜へ向かいました。前の日に新潟から帰ってきたばかりでしたが、思えば昨年までは次の日に鬼怒川温泉へ足を運んでいたので、それに比べれば今年は幾分余裕がありましたね。まずは腹ごしらえをしようと思い、根岸線の石川町で下車。中華街でランチタイムといたしました。すでに春節の時期は過ぎていましたが、この日も多くの人で大賑わいでしたcoldsweats01

善隣門@横浜中華街'17.3.12

鶏肉とカシューナッツ炒め@横浜中華街'17.3.12

雑貨店看板@横浜中華街'17.3.12
(3枚とも)久しぶりに中華街でランチタイム

 腹が満たされ、再び根岸線に乗って新杉田へ。早速横浜シーサイドラインの乗り場へ向かいました。もちろん目的は全国鉄道むすめ巡りのスタンプでしたが、駅構内の至る所に柴口このみのイラストが溢れ、相変わらず押していることが伺えますね。そんな中を見守られ新杉田を出発。スタンプの設置されている並木中央に到着し、早速スタンプを押印してきました。

柴口このみ@新杉田'17.3.12-1

柴口このみ@新杉田'17.3.12-2

横浜シーサイドライン2000形@並木中央'17.3.12
(3枚とも)相変わらず柴口このみ押し~シーサイドラインheart04

 シーサイドラインといえば、ここ並木中央で今年も「シーサイドラインフェスタ2017」が明後日4月8日に開催され、多くの人で賑わうことと思いますが、何分イベント開催時は慌ただしくなってしまいスタンプを落ち着いて押すことも難しいところで、今回事前に訪ねて押してきた次第でした。もちろん明後日は自分も訪ねる予定で、今年も盛りだくさんなイベントに期待したいですねheart01

横浜シーサイドライン2000形@金沢八景'17.3.12
シーサイドラインはやはり海辺の風景が似合いますship

 この後は終点の金沢八景へ。改修中の駅舎を横目で見ながら京急沿線へ向かい、しばし撮影タイムとしました。あてもなくのんびりカメラを構えていたら、久里浜寄りから「京急イエローハッピートレイン」が接近。こちらも特段目指しているわけではありませんが、出会えると何か得した気分になりますね(^^♪。そのまま歩いて金沢文庫駅へ向かい、ここから一気に都内へ向かいました。

京急1000形@金沢八景'17.3.12
京急イエローハッピートレインと対面wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.05

【3/11】新潟淡麗 にいがた酒の陣2017を訪ねる

 先月11日は家内と2人で新潟へ。ここ数年足を運んでいる「にいがた酒の陣2017」を訪ねてまいりました。例年だと鬼怒川温泉のイベントと重なることから日帰りでしたが、今年は5月になったことから当初1泊2日の旅行商品を申し込もうとしたらすでに一杯とのことで今年も日帰りに。おまけに行きの新幹線も普通車は朝の便が軒並み満席とのことで、やむなくグリーン車利用となりました。

とき301号@新潟'17.3.11
朝一番のとき号で新潟に到着

 とき301号は8時13分、終点の新潟に到着。ここで家内の同僚と合流してタクシーに分乗し、会場の朱鷺メッセに到着しました。時刻は午前8時半を過ぎた頃。すでに長い列が伸びており、さっそく最後尾に付くことにしましたが、3月も中旬に差し掛かったこの時期、雪はないものの春の陽気にはまだまだ遠く、寒い中を延々1時間半近く待ってようやく会場へ入りました。

朱鷺メッセ'17.3.11
会場の朱鷺メッセに到着

 入口で専用の猪口を貰い、テーブル席を確保。各酒蔵のブースを巡りながら試飲してまいりました。特段銘柄は気にしない性質で、何でも飲むタイプでありますがcoldsweats01、今年は昨年12月に糸魚川市で発生した大火で焼失した加賀の井酒造がブースを出していて、試飲はできなかったものの、設置されていたメッセージボードには多くの来場者が激励のメッセージを寄せておりました。

にいがた酒の陣@朱鷺メッセ'17.3.11

乾杯@にいがた酒の陣'17.3.11

ノドグロ丼&寿司@にいがた酒の陣'17.3.11
(3枚とも)今年も飲んだり食べたり楽しみました>にいがた酒の陣

 このにいがた酒の陣も2014年に初めて参加して今年で4年連続の訪問となりましたが、新潟県内の酒蔵で製造された銘柄を試飲できるだけでなく、各ブースで売られているつまみ類を持ち寄って食べることができるので楽しいですね。またテーブル席で隣り合わせたグループと意気投合しながら入手した酒を振る舞うという光景もあちこちで見られ、単なる試飲イベントでは収まらない楽しみがあります。来年も再訪したいですねhappy01

 今年は会場でゆっくり滞在し、夕方近くに朱鷺メッセから退散。バスに乗って新潟駅まで戻ってきました。帰りの新幹線の出発が19時前だったので、駅前の居酒屋で再度飲み直し。会場でもノドグロ丼を頂きましたが、ここでもノドグロの塩焼きを味わって少し早目に出店しました。すっかり暗くなった駅前から改札を抜けて新幹線ホームへ。羽越本線から戻ってきた「きらきらうえつ」と対面後、18時56分発とき344号で帰りの途につきました。

ノドグロ塩焼き@まいど'17.3.11

485系@新潟'17.3.11

NGT48ポスター@新潟'17.3.11
(3枚とも)駅前で軽く打ち上げ後、新幹線で帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧