カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2018.04.07

冬の富山紀行その8~夜行高速バスで富山を発つ

 冬の富山紀行もいよいよ大詰め。夜行高速バスの出発時間まで市内をブラブラしながら暇つぶししてまいりましたが、それでもまだ1時間以上あったので、市内電車の様子を見てから電鉄富山駅の上階にある居酒屋で一杯やってまいりました。日中は雪が降るあいにくの天気だったこともあって寒い中の移動は難儀しましたが、居酒屋に入ると後は夜行高速バスに乗って帰るだけとあってホッといたしましたhappy01

富山地鉄7000形@富山駅'18.1.27

オブジェ@富山駅前'18.1.27

最初の一杯@炉端長屋一一'18.1.27
(3枚とも)夜行高速バスの出発までブラブラ

 22時を過ぎたこともあり、店を出てバス乗り場へ向かうことに。東京行きのバス乗り場は電鉄富山駅の前にありましたが、ここは昨年10月に乗車した大阪行きの高速バスの乗り場と同じところでした。ほろ酔い加減と思われる人の姿を横目で見ながら待つことしばし、東京行きの加越能バスが到着。指定された座席に座ると22時50分、富山駅前を後にいたしました。

加越能バス@富山駅前'18.1.27
東京行きの夜行高速バスに乗って富山を出発

 途中、富山市内でこまめに停車しながら夜の北陸自動車道を快走。途中の休憩場所ではほとんど記憶がなく、降車する川越的場到着の直前に目が覚めました。これまで何度か利用している川越的場ですが、夜行高速バスに乗って早朝に降り立ったのは今回が初めてで、この時間だと川越線も運転されていなかったことから、たまたま見つけた的場駅近くのコンビニで暖を取った後、川越行き始発に乗って帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.06

冬の富山紀行その7~夜の富山で過ごす

 冬の富山紀行の続きですが、富山駅に到着するとそのまま改札を抜けて電鉄富山駅へ向かいました。富山では特にあてはなかったものの夕飯にするには時刻が17時過ぎと早かったことから、富山地鉄に乗って南富山まで向かい市内線で戻ることに。富山地鉄と言えば大手私鉄から転属してきた車両のみならず自社オリジナルの車両も走っていて面白い鉄道ですが、ホームで過ごしていると京阪や東急で走っていた車両が続々やってきました。

富山地鉄10030形&14760形@電鉄富山'18.1.27
夜の電鉄富山駅で地鉄の車両にご挨拶

 岩峅寺行きの列車に揺られて南富山に到着。すぐ市内線に乗り換えて富山駅まで戻ってきました。時刻は19時を過ぎていてそろそろ腹も減ってきたことから夕飯にすることに。さすがに富山ブラックではありきたりだったので、昨年7月に訪ねた駅前の食事処「さかなや撰鮮」で頂いてきました。北陸新幹線開業後にオープンした店で、駅のすぐ目の前にお店があることから気軽に利用できるのは有難いですね。

海鮮丼@さかなや撰鮮'18.1.27
駅前食事処で夕飯を済ます

 こうして食事を済またものの、夜行高速バスの出発まではまだまだ時間があったので、富山ライトレールに乗って暇つぶし。富山ライトレールの鉄道むすめで岩瀬ゆうこのモデルとなったポートラム・アテンダントが3月をもって業務終了とのニュースがこの旅から戻った後に入り、些か残念なところですね。アテンダントさんの姿を見ることはできなくなってしまいますが、鉄道むすめの方は末永く可愛がっていただきたいところです。

岩瀬ゆうこイラスト@城川原'18.1.27
アテンダントさんがいなくとも、こちらは末永く見守ってほしいところ・・・>岩瀬ゆうこheart01

 全国鉄道むすめ巡りのスタンプが置かれている城川原で折り返した後、インテック本社前電停で下車。歩いて富岩運河環水公園へやってきました。これまで何度か富山を訪れていながらここは初めての地でしたが、ライトラップが行われているとのことで見に行ってきました。周辺は雪が積もっていて足元も滑りやすくなっていましたが、水路にはライトアップされた天門橋が掛かっており綺麗でした。

イルミネーション@富岩運河環水公園'18.1.27
富岩運河環水公園のイルミネーションを訪ねる

 ここから再び歩いて富山駅に到着。何とか時間を潰したものの、それでも出発まではまだまだ時間があり、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.30

冬の富山紀行その2~鉄道むすめがデビューした万葉線に乗る

 冬の富山紀行の続きですが、富山からあいの風とやま鉄道に乗り換えて高岡までやってきました。さっそく駅ビルの中にある万葉線の乗り場へ向かいましたが、ちょうど赤い2両編成の電車が到着したところで、まずは運転手から万葉線の鉄道むすめ「吉久こしの」のお披露目キャンペーンの1日フリーきっぷを入手。そのままきっぷに付いていた応募券を運転手に渡し、参加賞の特製のクリアファイルと引き換えました。

万葉線MLRV1005B@高岡駅前'18.1.27
2両編成の赤い電車に乗り込み出発

吉久こしのお披露目キャンペーンクリアファイル
万葉線の鉄道むすめ、吉久こしのがデザインされた1日乗車券と参加賞のクリアファイル

 その赤い2両編成の電車に乗って高岡駅前を出発。まずは本社のある米島口電停で下車することにしました。さっそく本社の中に入ってみると、吉久こしのの等身大パネルが設置されておりご挨拶することに。万葉線と言うとドラえもんトラムを思い出しますが、そのドラえもんトラムは本社に隣接する車庫の中で止まっており、あいにく今回は乗車することができませんでしたweep

吉久こしの等身大パネル@米島口'18.1.27
本社で出迎えてくれたこしの嬢heart01

 先へ向かうため電停に戻ると、高岡方面から今度は単車が到着。万葉線の前身である加越能鉄道の時代から使用されている車両で塗装も当時のままですが、こちらに乗り込み米島口を出発します。しばらくするとJR氷見線の線路の上を跨ぎ、六渡寺の先に流れる庄川に掛かる長い鉄橋を渡りましたが、ここについては帰りに立ち寄ってきましたので後ほど紹介します。

万葉線デ7073@米島口'18.1.27
旧加越能鉄道時代からの電車が到着

 こうして電車は東新湊電停に到着。ここから歩いて「新湊きっときと市場」へ向かうことにします。しばらく進むと「近道」と書かれた案内板を見つけたのでその通りに向かうと、一面雪に覆われていて道らしいものがありませんでした。目の前には目指す建物が見えておりそのまま進んでみましたが、何か側溝のようなところだったようで足を取られてしまい一瞬身動きが取れなくなりましたbearing。これだったら遠回りした方が安全でしたね。

 こうして何とか新湊きっときと市場に到着。さっそくランチタイムにします。店先には近海で獲れた新鮮な魚介類がところ狭しと並んでおり、追加料金を支払えばその場で調理してもらうことができるとのことですが、いろいろと並んでいる中からカワハギをチョイス。1日フリーきっぷの特典で引き換えることができる白エビの唐揚げと一緒に頂いてまいりました。

カワハギの刺身&白エビの唐揚げ@新湊きっときと市場'18.1.27
カワハギの刺身と特典で引き換えた白エビの唐揚げを頂く

 腹が満たされたところで再び万葉線に乗り込むべく東新湊電停へ戻ることに。今度は足を取られないようするため、遠回りして辿り着きましたcoldsweats01。ここからは終点越ノ潟を目指しますが、少し長くなってきたので一旦切ることにします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.18

【1/15】駅弁片手にロマンスカーに乗り込む

1月13日に京王百貨店の駅弁大会を訪ねてからわずか2日後、1月15日に再び京王百貨店に足を運びました。この日は平日とあって週末ほどではなかったものの、会場には多くの人が訪れていて相変わらずの盛況ぶりでしたが、今回は輸送駅弁の中からチョイス。こちらを片手に小田急の乗り場へ向かいました。ホームでしばらく待っていると “LSE”こと7000形が入線。良き時代のロマンスカーの雰囲気を残していますね。

小田急7003@新宿'18.1.15
終焉迫る”LSE”こと7000形に乗車

 指定の座席に着席し、さっそく買ってきた駅弁を開くことに。今回チョイスしたのは鳥栖駅のかしわめしでしたが、昔長崎に住んでいた頃に18きっぷなどで行き来していた際、駅で買っていた駅弁なので思い出深いですね。かしわめしというと北九州では定番の駅弁で、特に折尾駅ではホームでの立ち売りが一頃有名になりましたが、今一つインパクトが薄い印象があるものの九州では外すことのできない駅弁の一つですね。

かしわめし外包み'18.1.15

かしわめし中身'18.1.15
(2枚とも)今回は鳥栖駅のかしわめしをチョイス

 駅弁を食べ終わり車内で一段落すると、ロマンスカーは町田に到着。ここから藤沢行きの列車に乗り換えますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.16

【1/13】今年も開催、京王百貨店駅弁大会を訪ねる

 毎年1月に開催される京王百貨店の駅弁大会ですが、今年も1月13日に足を運んでまいりました。さっそく会場へ向かうと、すでに多くのお客さんで大盛況。場所によっては長い行列ができていて、駅弁の人気ぶりは相変わらずですねhappy01。今年も会場で行き当たりばったりで探すことにしましたが、行列ができていなかった山陰本線和田山駅の駅弁をチョイス。古めかしいラベルもさることながら、牛肉がおいしかったですwink(続く)。

上等御辯当外包み'18.1.13

上等御辯当中身'18.1.13
(2枚とも)今年も湘南新宿ラインのグリーン車内でいただきましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.14

【1/8】会津鉄道日帰り旅その3~芦ノ牧温泉駅に降り立つ

 会津鉄道日帰り旅の続き。快速AIZUマウントエクスプレス1号に揺られて11時41分、芦ノ牧温泉駅に降り立ちました。改札口の側で名物のネコ駅長“らぶ”に出迎えられ、その足で駅前を少し行ったところにある「牛乳屋食堂」へ向かうことに。腹が空いてきたのでランチタイムにしましたが、メニューの中から煮込みカツ丼という聞き慣れないものを注文してみました。見かけは一般的なカツ丼ですが、カツにソースがしみ込んでいました。

芦ノ牧温泉駅舎'18.1.8

牛乳屋食堂@芦ノ牧温泉'18.1.8

煮込みカツ丼@牛乳屋食堂'18.1.8
(3枚とも)芦ノ牧温泉駅近くにある牛乳屋食堂でランチタイム

 腹も満たされ、この後は次の列車が来るまで駅周辺でのんびり過ごすことに。待合室には会津鉄道の鉄道むすめ、大川まあやのパネルが設置されていてなかなか存在感がありましたねheart01。昨年4月にデビューして以来、関連グッズがいろいろ販売されるなど活躍の様子が伺えますが、ここへ来る前に立ち寄った鬼怒川温泉駅では鬼怒川みやびと一緒にデザインされた幟も駅構内で見かけました。

大川まあや等身大パネル@芦ノ牧温泉'18.1.8
駅の待合室でまあやさんがお出迎えheart04

 一方、駅の外に目を向けると会津田島寄りに車両が1両置かれているのが見えましたが、こちらはかつて会津鉄道でトロッコ車両として使用されていたAT-301号で、元国鉄のキハ30-18号を種車としてトロッコ車両に改造したもの。実は1999年8月に乗車したことがあり、当時はキハ30系列からトロッコ車両に改造されたということでどうしても川越線のイメージが強く印象に残っておりました。

会津鉄道AT-300形@芦ノ牧温泉'18.1.8
芦ノ牧温泉駅構内に鎮座する元トロッコ車両AT-301号

 こうしてのんびり過ごすこと1時間半。13時18分発の会津若松行きで芦ノ牧温泉駅を後にしました(続く)。

会津鉄道AT-301@会津田島'99.8
現役時代のトロッコ車両AT-301号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.13

冬の山形鉄道を訪ねるその4~18きっぷで帰りの途に

 冬の山形鉄道を訪ねる旅の続きもすでに目的を果たし、後は帰るのみとなりました。赤湯駅では8分ほどの接続で米沢行きの列車があり、そちらに乗り換えることにしましたが、その前に駅舎内の売店で鮎貝りんごのイラストが入ったワインを入手してまいりました。前回訪れた昨年3月にも見かけましたが、その時は福島から夜行高速バスで帰る予定だったことから荷物が重くなりそうだったため断念。今回はお土産に致しました。

鮎貝りんごワイン
お土産のワインはクリスマスに頂きましたbar

 18きっぷの3日目の欄に日付印を押して貰い、11時38分発の列車で出発。終点米沢に到着しました。ここから次の福島行きまでおよそ1時間あったのでランチタイムとすることにしましたが、駅前に立ってみると周辺からは肉を焼くいい匂いが充満しており食欲を誘うところ。思えばここは米沢牛のお膝元ですっかり記憶から離れておりましたが、今回は駅近くの食事処で米沢産の豚肉を使ったとんかつを頂いてきました。

米沢駅前局風景印'17.12.20

米沢産豚肉のとんかつ@米沢'17.12.20

米沢牛銅像'17.12.20
(3枚とも)米沢駅周辺でランチタイム

 13時8分発福島行きで米沢を出発。結局ここからは当初の予定と一緒になってしまいましたcoldsweats01。この後は延々普通列車を乗り継いで帰ることになりましたが、郡山からは新白河行きに乗車。黒磯駅の改良工事によってこれまで仙台方面から乗り入れていた交流専用車両が黒磯駅に乗り入れ出来なくなってしまい、新白河での乗り換えが必要となってしまいました。

キハ111‐105@新白河'17.12.20
新白河からディーゼルカーに乗って黒磯へ

 その新白河駅では同じホームの東京寄りにキハ110形が停まっており、さっそく乗り換え。16時20分、黒磯行きは新白河を発車しました。同じ区間ではキハ110形と併せてE531系も使用されていますが、学生が休みに入る夏休みなどの時期だと、2両編成のキハ110形では混雑が心配ですね。そんなことを考えながら16時44分、終点黒磯に到着。すぐに宇都宮行きに乗り換えて終点まで向かい、宇都宮からは普段見慣れた車両に乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.07

【12/17】スタンプラリーで巡る東武アーバンパークライン

 12月17日ですが、午前中自宅でのんびり過ごした後、午後から東武アーバンパークライン沿線に出向きました。この日まで野田市駅近くにある野田市郷土博物館で、「鉄道と野田 変わりゆくまちと人々の暮らし」と題した企画展が開催されているとのことで見学することに。東武アーバンパークラインの前身である千葉県営鉄道の開業当時の資料や写真などどれも貴重なものばかりが展示されておりました。

企画展看板@野田市郷土博物館'17.12.17
野田市郷土博物館でこの日まで開催されていた企画展を見学

 博物館を後にして再び市内を散策。駅から数分のところ、キッコーマンの工場内にある「もの知りしょうゆ館」を訪ねてまいりました。ここは醤油の製造過程を見学できるばかりでなく、キッコーマン製品の購入や醤油を使った料理を味わうことができるので、1日いても飽きることがない施設ですが、さすがに製造過程を見学するまで時間はなく、醤油でできたソフトクリームを頂いてきました。

キッコーマンもの知りしょうゆ館'17.12.17

しょうゆソフトクリーム@キッコーマンもの知りしょうゆ館'17.12.17

SLオブジェ@野田市'17.12.17
(3枚とも)野田といえば「キッコーマン」

 そろそろ大宮方面へ向かうため、野田市駅に戻ることに。現在高架化工事が行われている最中で、古くからある駅舎は健在ながら高架化が完成した暁には周辺の様子がだいぶ変わりそうですね。一方、現在の駅前はこれといった商店が見当たらずやや寂しい印象は否めないところ。都心へ向かう人の流れも多いようなので、高架化によって駅周辺がどのように発展していくのか注目されるところです。

野田市駅舎'17.12.17
変わりゆく野田市駅

 大宮行きの列車に乗り込んで出発。ちょうど沿線ではスタンプラリーが開催されており、所定のスタンプを押して集めるともれなくクリアファイルが貰えるとのことで、押して回ることにしました。出掛けに大宮で押してきたので、清水公園で降りてスタンプを押印。その後は藤の牛島で降り、夕日を浴びてやってくる東武アーバンパークラインの列車をいろいろ撮影してまいりました。

東武8000系@藤の牛島'17.12.17
8000系はいまだ健在>東武アーバンパークライン

 春日部で下車。スタンプが3個集まったことから、改札外の定期券売り場で景品のクリアファイルを頂いてまいりました。引き続き8駅すべてを集めると別のデザインのクリアファイルも貰えるとのことで、こちらは日を改めて出向いてまいりましたが、その時の様子については後ほど紹介したいと思います(続く)。

クリアファイル@東武アーバンパークラインスタンプラリー3個
スタンプ3個押してゲットしたクリアファイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.04

【12/16】クリスマス列車「柴口このみ号」に乗るその1~イベント前のプロローグ

 12月16日は毎年恒例、横浜シーサイドラインのクリスマス列車「柴口このみ号」が運転された日ということで、今回も乗車してまいりました。青春18きっぷの2日目に日付印を押してもらってから出発。早めに出発したので寄り道しながら横浜方面へ向かうことにしましたが、品川で京浜東北線に乗り換えの合間に少しだけ山手線の様子を見てきた際、E235系の本数が増えたことを改めて認識しました。

E235系@品川'17.12.16
世代交代が進む山手線のE235系

 品川から京浜東北線に乗り込みましたが、どこで寄り道しようか考えたものの、この界隈で時間潰しするとなれば思いついたのが蒲田くらい。今回も蒲田で途中下車し、エキチカで東急目黒線や多摩川線の列車をいろいろ見てまいりました。この日、古参の7700系はあまり出会うことが出来ず。東急の中でもどちらかと言えばローカルな路線ですが、古参ありリバイバルカラーありといろいろ楽しめますねhappy01

東急7700系@蒲田'17.12.16
蒲田で東急のネタ探し

 再び蒲田駅に戻り、そのまま京浜東北線に乗車。のんびり揺られて石川町に降り立ちました。時刻は11時前後で少し早目ではありましたが、クリスマス列車の集合が正午過ぎからということでランチタイムとすることに。もちろん向かった先は横濱中華街で、ブラブラ歩きながら適当によさげなところに入店しました。

竜@横浜中華街'17.12.16

関帝廟'17.12.16

点心@横浜中華街'17.12.16
(3枚とも)中華街で早目のランチタイム

 これで後は新杉田へ向かいだけとなりましたが、ここで思わぬハプニングが発生することに。この続きは後ほど報告いたします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.24

【12/9】2017年も訪問、ニューヨークグリルの夫婦ランチ

 先月9日ですが、我が家の年末恒例となっているパークハイアット東京の52階にある「ニューヨークグリル」でのランチを楽しんでまいりました。毎年メインで悩まされるところですが、前年は羊の肉だったので今回は魚料理をチョイスすることに。今回も前菜とメインの後のデザートで腹がかなり膨れましたcoldsweats01

シャンパン@ニューヨークグリル'17.12.9

メインディッシュ@ニューヨークグリル'17.12.9

クリスマスツリー@ニューヨークグリル'17.12.9
(3枚とも)2017年もニューヨークグリルで夫婦ランチrestaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧