カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2018.02.13

冬の山形鉄道を訪ねるその4~18きっぷで帰りの途に

 冬の山形鉄道を訪ねる旅の続きもすでに目的を果たし、後は帰るのみとなりました。赤湯駅では8分ほどの接続で米沢行きの列車があり、そちらに乗り換えることにしましたが、その前に駅舎内の売店で鮎貝りんごのイラストが入ったワインを入手してまいりました。前回訪れた昨年3月にも見かけましたが、その時は福島から夜行高速バスで帰る予定だったことから荷物が重くなりそうだったため断念。今回はお土産に致しました。

鮎貝りんごワイン
お土産のワインはクリスマスに頂きましたbar

 18きっぷの3日目の欄に日付印を押して貰い、11時38分発の列車で出発。終点米沢に到着しました。ここから次の福島行きまでおよそ1時間あったのでランチタイムとすることにしましたが、駅前に立ってみると周辺からは肉を焼くいい匂いが充満しており食欲を誘うところ。思えばここは米沢牛のお膝元ですっかり記憶から離れておりましたが、今回は駅近くの食事処で米沢産の豚肉を使ったとんかつを頂いてきました。

米沢駅前局風景印'17.12.20

米沢産豚肉のとんかつ@米沢'17.12.20

米沢牛銅像'17.12.20
(3枚とも)米沢駅周辺でランチタイム

 13時8分発福島行きで米沢を出発。結局ここからは当初の予定と一緒になってしまいましたcoldsweats01。この後は延々普通列車を乗り継いで帰ることになりましたが、郡山からは新白河行きに乗車。黒磯駅の改良工事によってこれまで仙台方面から乗り入れていた交流専用車両が黒磯駅に乗り入れ出来なくなってしまい、新白河での乗り換えが必要となってしまいました。

キハ111‐105@新白河'17.12.20
新白河からディーゼルカーに乗って黒磯へ

 その新白河駅では同じホームの東京寄りにキハ110形が停まっており、さっそく乗り換え。16時20分、黒磯行きは新白河を発車しました。同じ区間ではキハ110形と併せてE531系も使用されていますが、学生が休みに入る夏休みなどの時期だと、2両編成のキハ110形では混雑が心配ですね。そんなことを考えながら16時44分、終点黒磯に到着。すぐに宇都宮行きに乗り換えて終点まで向かい、宇都宮からは普段見慣れた車両に乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.07

【12/17】スタンプラリーで巡る東武アーバンパークライン

 12月17日ですが、午前中自宅でのんびり過ごした後、午後から東武アーバンパークライン沿線に出向きました。この日まで野田市駅近くにある野田市郷土博物館で、「鉄道と野田 変わりゆくまちと人々の暮らし」と題した企画展が開催されているとのことで見学することに。東武アーバンパークラインの前身である千葉県営鉄道の開業当時の資料や写真などどれも貴重なものばかりが展示されておりました。

企画展看板@野田市郷土博物館'17.12.17
野田市郷土博物館でこの日まで開催されていた企画展を見学

 博物館を後にして再び市内を散策。駅から数分のところ、キッコーマンの工場内にある「もの知りしょうゆ館」を訪ねてまいりました。ここは醤油の製造過程を見学できるばかりでなく、キッコーマン製品の購入や醤油を使った料理を味わうことができるので、1日いても飽きることがない施設ですが、さすがに製造過程を見学するまで時間はなく、醤油でできたソフトクリームを頂いてきました。

キッコーマンもの知りしょうゆ館'17.12.17

しょうゆソフトクリーム@キッコーマンもの知りしょうゆ館'17.12.17

SLオブジェ@野田市'17.12.17
(3枚とも)野田といえば「キッコーマン」

 そろそろ大宮方面へ向かうため、野田市駅に戻ることに。現在高架化工事が行われている最中で、古くからある駅舎は健在ながら高架化が完成した暁には周辺の様子がだいぶ変わりそうですね。一方、現在の駅前はこれといった商店が見当たらずやや寂しい印象は否めないところ。都心へ向かう人の流れも多いようなので、高架化によって駅周辺がどのように発展していくのか注目されるところです。

野田市駅舎'17.12.17
変わりゆく野田市駅

 大宮行きの列車に乗り込んで出発。ちょうど沿線ではスタンプラリーが開催されており、所定のスタンプを押して集めるともれなくクリアファイルが貰えるとのことで、押して回ることにしました。出掛けに大宮で押してきたので、清水公園で降りてスタンプを押印。その後は藤の牛島で降り、夕日を浴びてやってくる東武アーバンパークラインの列車をいろいろ撮影してまいりました。

東武8000系@藤の牛島'17.12.17
8000系はいまだ健在>東武アーバンパークライン

 春日部で下車。スタンプが3個集まったことから、改札外の定期券売り場で景品のクリアファイルを頂いてまいりました。引き続き8駅すべてを集めると別のデザインのクリアファイルも貰えるとのことで、こちらは日を改めて出向いてまいりましたが、その時の様子については後ほど紹介したいと思います(続く)。

クリアファイル@東武アーバンパークラインスタンプラリー3個
スタンプ3個押してゲットしたクリアファイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.04

【12/16】クリスマス列車「柴口このみ号」に乗るその1~イベント前のプロローグ

 12月16日は毎年恒例、横浜シーサイドラインのクリスマス列車「柴口このみ号」が運転された日ということで、今回も乗車してまいりました。青春18きっぷの2日目に日付印を押してもらってから出発。早めに出発したので寄り道しながら横浜方面へ向かうことにしましたが、品川で京浜東北線に乗り換えの合間に少しだけ山手線の様子を見てきた際、E235系の本数が増えたことを改めて認識しました。

E235系@品川'17.12.16
世代交代が進む山手線のE235系

 品川から京浜東北線に乗り込みましたが、どこで寄り道しようか考えたものの、この界隈で時間潰しするとなれば思いついたのが蒲田くらい。今回も蒲田で途中下車し、エキチカで東急目黒線や多摩川線の列車をいろいろ見てまいりました。この日、古参の7700系はあまり出会うことが出来ず。東急の中でもどちらかと言えばローカルな路線ですが、古参ありリバイバルカラーありといろいろ楽しめますねhappy01

東急7700系@蒲田'17.12.16
蒲田で東急のネタ探し

 再び蒲田駅に戻り、そのまま京浜東北線に乗車。のんびり揺られて石川町に降り立ちました。時刻は11時前後で少し早目ではありましたが、クリスマス列車の集合が正午過ぎからということでランチタイムとすることに。もちろん向かった先は横濱中華街で、ブラブラ歩きながら適当によさげなところに入店しました。

竜@横浜中華街'17.12.16

関帝廟'17.12.16

点心@横浜中華街'17.12.16
(3枚とも)中華街で早目のランチタイム

 これで後は新杉田へ向かいだけとなりましたが、ここで思わぬハプニングが発生することに。この続きは後ほど報告いたします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.24

【12/9】2017年も訪問、ニューヨークグリルの夫婦ランチ

 先月9日ですが、我が家の年末恒例となっているパークハイアット東京の52階にある「ニューヨークグリル」でのランチを楽しんでまいりました。毎年メインで悩まされるところですが、前年は羊の肉だったので今回は魚料理をチョイスすることに。今回も前菜とメインの後のデザートで腹がかなり膨れましたcoldsweats01

シャンパン@ニューヨークグリル'17.12.9

メインディッシュ@ニューヨークグリル'17.12.9

クリスマスツリー@ニューヨークグリル'17.12.9
(3枚とも)2017年もニューヨークグリルで夫婦ランチrestaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.22

【12/2】名城・松本城を訪ねる

 先月2日の続きですが、上高地線で松本まで戻った後、そのまま市内へ繰り出すことにしました。松本と言えばやはり松本城は外せないところで、10年以上前に行ったきりだったことから久しぶりに訪ねることに。黒の城壁から別名「烏城」と呼ばれ、姫路城などと共に天守閣が国宝に指定されるほどの名城ですが、この日は天気がよかったこともあって遠くに見えるアルプスの山々をバックに城全体がきれいに見えました。

松本城'17.12.2
10数年ぶりに松本城を訪ねる

 再び松本駅に戻り、ここでランチタイム。特にあてはなかったものの、今回は駅に隣接して入っている蕎麦屋に入りました。長野県と言えば何と言ってもそば処ですが、お品書きを見ていたらそば粉で作った五平餅というのもあり、こちらも併せて注文いたしました。

もりそば@榑木野'17.12.2

五平餅@榑木野'17.12.2
(2枚とも)蕎麦でランチタイム

 腹も満たされ、後は長野を経由して帰るのみとなりましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.20

【12/2】特急スーパーあずさ5号に乗る

 先月2日ですが、朝7時台に新宿駅へ。この後、8時ちょうど発の特急スーパーあずさ5号に乗って松本へ向かいます。使用車両であるE351系が2018年春のダイヤ改正でE353系へ全て置き換えられることが決まり、新宿から松本までの区間を通しで乗っておこうと思いついた次第でしたが、思えばE351系はあまりご縁がなかった車両で、区間での乗車はあったものの長い距離での利用はこれまでありませんでした。

特急スーパーあずさ5号@新宿'17.12.2

スーパーあずさ5号電光掲示板@新宿'17.12.2

E351系ロゴ'17.12.2
(3枚とも)新宿からE351系特急スーパーあずさ5号に乗車

 かつて流行した歌の歌詞ではありませんがcoldsweats01、8時ちょうどの特急スーパーあずさ5号で旅立つことに。さっそく新宿駅で買っておいた駅弁を開くことにしました。数多く売られている駅弁の中で、「新宿弁当」なるものが気になりチョイスしましたが、中央本線沿線ゆかりの食材をふんだんに使用したなかなか豪華な駅弁で、おいしくいただきました。今更ながら、列車の中で食べる駅弁は格別ですねhappy01

新宿弁当外包み'17.12.2

新宿弁当中身'17.12.2
(2枚とも)新宿駅で手に入れた駅弁を車内でいただくrestaurant

 駅弁も食べ終わり、この後は車内で中央本線沿線の車窓を眺めながら過ごすことに。それにしても乗ってみて改めて感じたことは、やはり走行中の揺れが大きいことでしたね。人によっては酔ってしまうほどの揺れを感じることもあるようですが、このあたりはこの車両の大きな特徴の一つでもあります。それにしても、これほどまで揺れが大きいとは思っても見ませんでした。

 この日、自分が乗車した車両はほぼ満席の状態でしたが、甲府を過ぎたあたりから徐々に乗客も降り、車内も落ち着いてまいりました。こうして10時38分、特急スーパーあずさ5号は終点の松本に到着。2時間半のE351系の旅は無事終了しました(続く)。

特急スーパーあずさ5号@松本'17.12.2
終点松本に到着したスーパーあずさ5号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.19

【11/28】久々の江ノ電訪問

 11月28日ですが、1日休暇を取って江ノ電沿線を訪ねてまいりました。今回は小田急発行の「江の島・鎌倉フリーパス」を新宿駅で入手。このきっぷ、行き帰りの経路上で途中下車が可能ですが、以前このきっぷで途中下車をしようとしたら駅員が途中下車できることを理解しておらず、要領を得なかったことがありました。今回、新百合ヶ丘と柿生の有人改札できっぷを見せたらすんなり下車することができ、大きく改善されましたねhappy01

小田急バス@新百合ヶ丘'17.11.28

小田急50000形@柿生'17.11.28

新百合ヶ丘局&柿生局風景印'17.11.28
(3枚とも)江の島・鎌倉フリーパスで途中下車

 そのまま終点片瀬江ノ島に到着し、駅近くの店で少し遅いランチタイム。名物の生しらす丼を頂いてから江ノ電沿線へやってきました。江ノ島駅の前を過ぎて腰越までの併用軌道区間をのんびり散策。江ノ電沿線で有数の名所と言える区間ですが、道路の真ん中を4両編成の江ノ電の電車が行き来する様子は間近で見ると迫力がありますね。江ノ電沿線を訪ねた折にはこの区間はぜひとも歩いて移動したいところです。

生しらす丼@忠兵衛'17.11.28

スズメ@江ノ島'17.11.28

江ノ電500形@腰越'17.11.28
(3枚とも)江ノ島駅から腰越駅までのんびり散策

 併用軌道区間を歩き、腰越から江ノ電に乗車。一旦鎌倉まで乗り通した後、折り返し藤沢行きに揺られて七里ヶ浜で途中下車しました。ここから歩いて隣の鎌倉高校前駅へ移動しますが、時刻はちょうど夕暮れ時で海に沈む夕日が綺麗でしたねhappy01。一方、鎌倉高校前駅はライトアップが施され、海岸線の夕日とライトアップ目当ての乗客がホームを行ったり来たりしておりました。

江ノ電300形@鎌倉'17.11.28

江ノ島@鎌倉高校前'17.11.28

イルミネーション@鎌倉高校前'17.11.28
(3枚とも)夕暮れの江ノ電沿線をブラブラ

 日もすっかり暮れたところで再び江ノ電に揺られ、江ノ島で下車。これで江ノ電の旅は終了となり、歩いて再び片瀬江ノ島駅にやってまいりました。ここ片瀬江ノ島駅は童話「浦島太郎」に登場する竜宮城をモデルにした駅舎が今も健在ですが、国内外の観光客を意識した駅舎へ建て替えとのニュースが今回の訪問後に報じられました。その片瀬江ノ島駅からロマンスカーに乗車。まっすぐ新宿まで戻ってまいりました。

片瀬江ノ島駅舎'17.11.28

小田急8000形&30000形@片瀬江ノ島'17.11.28
(2枚とも)片瀬江ノ島駅からロマンスカーに乗って帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.02

【11/9】横濱中華街旅グルメきっぷで楽しむ中華街ランチ

 11月9日ですが、「横濱中華街旅グルメきっぷ」を利用してランチを楽しんできました。以前一度利用したことがありますが(その時の記事はこちら)、今回は目黒駅できっぷを入手。武蔵小杉で東横線に乗り換えて終点元町・中華街駅に降り立ちました。きっぷを購入した際に渡される「旅のしおり」には対象の店舗が掲載されておりますが、今回は飲茶が食べ放題となる「招福門本店」に入店。いろいろと頂いてまいりましたhappy01

飲茶@招福門本店'17.11.9
中華街で飲茶のランチを楽しむ

 この後は東横線沿線を乗り歩き。横濱中華街旅グルメきっぷは東急線内およびみなとみらい線が1日乗り放題となっておりますが、特段あてはなく綱島で途中下車することにしました。例によって鶴見川の土手で撮影タイム。すると、渋谷寄りから緑一色に塗装された「青ガエル」が元町・中華街方面へ走り去っていきました。東横線開業90周年を記念して昨年9月から運行を開始しましたが、しばし待って折り返しをお迎えいたしました。

東急5000系@綱島'17.11.9
綱島で東横線開業90周年記念ラッピング車両と対面

 この後新丸子で下車。この日唯一の風景印を入手した後、再び東横線に乗り込んで自由が丘までやってきました。時刻は15時半近く。日もだいぶ傾き始めてきつつあり、改めて日の長さが短くなりつつあることを実感したところでした。結局一駅先の都立大学駅まで歩いてここから再び乗車。渋谷でヒカリエの上階から地下鉄開通90周年のヘッドマークを付けた1000系を撮影して帰ってきました。

川崎新丸子局風景印'17.11.9

東京メトロ1000系@渋谷'17.11.9
(2枚とも)渋谷で地下鉄開通90周年記念ヘッドマーク付き列車を撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.29

全国鉄道むすめ巡り完結編その4~ありすのバースデーパーティー列車に乗る

 11月の全国鉄道むすめ巡りの続きですが、久慈に到着し、いよいよこの旅一番の目的だったありすのバースデーパーティー列車に乗り込みます。その前に全国鉄道むすめ巡りのスタンプを忘れず押印。これで32ヶ所全て無事に完集と相成りました。何分壮大なスタンプ巡りで、これほど広域に渡ったスタンプラリー関連の企画はあまり聞いたことがありませんでしたが、我ながらよく廻ったもんだと正直感心してしまいましたcoldsweats01

全国鉄道むすめ巡りスタンプ台紙
32ヶ所完集!~全国鉄道むすめ巡り

 一方、改札前にはすでに受付のブースが出来ていて、テーブル脇には久慈ありすの等身大パネルが設置されるなど、まさに準備万端といったところ。次第に参加者が集まり始め、17時から受付がスタートしました。何でも今年で9回目とのことですが、自分にとっては意外にも今回が初参加。何分遠方で気軽に参加というわけには行かず、今回は全国鉄道むすめ巡りのスタンプ押印を兼ねて参加しようと前々から考えていた次第でした。

ありすのバースデーパーティー列車受付@久慈'17.11.4
”主役”に出迎えられ、無事受付完了heart01

 すっかり暗くなった駅構内でしばらく待っていると、車庫からレトロ調の2両編成のディーゼルカーが出庫。ゆっくりホームに入ってまいりました。社員の方の案内で乗り込み、受付の時に案内された所定の座席に座ると、テーブルにはすでに特製の弁当がセットされていて、早く開いて中を見たいところ。出発後、乾杯の後にさっそく弁当を開くと、ホヤやホタテといった三陸ゆかりの食材がふんだんに使われていて、おいしく頂きました。

三陸鉄道36‐R形@久慈'17.11.4

久慈ありすのいろどり弁当外包み'17.11.4

久慈ありすのいろどり弁当中身'17.11.4
(3枚とも)久慈を発車後、さっそく特製弁当を開く

 食事も無事済ませ、バースデーパーティー列車は暗闇の中、田野畑駅に到着。ここで特製のヘッドマークがお披露目となりました。このバースデーパーティー列車にも同乗されていた漫画家のMATSUDA98先生書下ろしによるデザインで、久慈駅の受付にも同じデザインのイラストが飾ってあるのが伺えましたが、お披露目した後はそのまま列車に取り付けられました。

ありすのバースデーパーティー列車HM'17.11.4
田野畑駅でお披露目された特製ヘッドマークheart01

 田野畑でバースデーパーティー列車は来た道を折り返し。次の普代駅ではバースデーケーキのお披露目のため、しばし停車となりました。ケーキには久慈ありすのイラストがデザインされ、参加者による「ハッピーバースデー」の歌と共にロウソクが灯されましたが、バースデーケーキと言えば栗橋でのイベントや昨年暮れに行われた鬼怒川みやびのイベントでもお馴染みですねhappy01

バースデーケーキ'17.11.4
ありすのイラストが入ったバースデーケーキでお祝いbirthday

 普代出発後は車内でゲーム大会が行われ、最後まで盛り上がった雰囲気の中、久慈駅に戻ってまいりました。翌5日は三陸鉄道のイベントが行われるとのことで、そのままここで泊まりという参加者も多かったようでしたが、あいにく自分はこのまま帰りの途に付くことに。八戸線の最終八戸行きに乗って帰りの途に付きました。何とも慌ただしい行程でしたが、次回訪れるときは三陸周辺でのんびり過ごしたいですね(続く)。

久慈ありすフィギュア'17.11.4
また来たいですねhappy01~三陸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.26

全国鉄道むすめ巡り完結編その2~盛岡市内を歩く

 11月の全国鉄道むすめ巡りの続きですが、久慈行きのバスまで時間があったので市内をブラブラ散策することにします。駅前から盛岡都心循環バス「でんでんむし」に乗り込み出発。盛岡駅を起点に市内の中心地を一周するバスですが、実は今から8年前の2009年7月に夫婦旅で三陸を訪ねた際にも利用しております(当時の記事はこちら)。ちなみにこの時大宮から乗車したのが今回と同じやまびこ41号でした。

でんでんむし@上の橋'17.11.4
盛岡都心循環バス「でんでんむし」に乗車

 途中の停留所から地元の方も乗り込み、観光のみならず生活路線としても利用されていることが伺えます。どこで降りるかあれこれ考えた末、中津川に架かる上の橋近くのバス停で下車することに。ここから中津川に沿って散策することにしましたが、この日は朝からどんよりとした曇り空で些か肌寒かったですね。少し先に進んだ与の字橋近くには「紺屋町番屋」という古い建物も残っており、市内の至る所に見どころが点在しておりました。

中津川@盛岡'17.11.4

紺屋町番屋@盛岡'17.11.4

新渡戸稲造銅像@盛岡'17.11.4
(3枚とも)上の橋から中津川沿いに沿って散策

 さらに川沿いに歩いて行くと中の橋に到着。このすぐ近くには見覚えのある赤レンガ造りの建物が見えました。前回も訪ねたことがある旧盛岡銀行本店で、2009年当時は岩手銀行の店舗として現役で使用されておりましたが、その後2012年に営業を終了。その後「岩手銀行赤レンガ館」となり、多目的ホールとして現在使用されております。今回は中を見てまいりましたが、この日は催しが行われていて多くの人が訪れておりました。

岩手銀行赤レンガ館@盛岡'17.11.4
多目的ホールとして使用されている「岩手銀行赤レンガ館」

 その岩手銀行赤レンガ館の近くに「もりおか啄木・賢治青春館」という施設があるとのことで寄り道することに。ここもモダンな外観の建物ですが、元々は旧第九十国立銀行として使用されており、この付近一帯は金融機関が集まっていたところの様ですね。現在は岩手県が生んだ代表する2人の文学者に関する資料が展示されており、入館料無料で拝見することが出来ました。

もりおか啄木・賢治青春館@盛岡'17.11.4
こちらもかつて銀行の店舗として造られた「もりおか啄木・賢治青春館」

 その後、のんびり歩いているうちに盛岡駅近くまで到着。時刻は11時ちょうどと少し早目でしたが、ここでランチタイムとしました。盛岡と言えばいろいろ名物が挙げられますが、以前食べたことのある冷麺の味が忘れられなかったことから今回も冷麺を頂くことに。駅近くにあるぴょんぴょん舎で食べてきました。朝鮮半島から移住してきた人物がここ盛岡で広めたことが発祥とのことで、濃厚なマッコリを飲みながら頂いてまいりましたhappy01

マッコリ@ぴょんぴょん舎'17.11.4

盛岡冷麺@ぴょんぴょん舎'17.11.4
(2枚とも)ランチに名物の盛岡冷麺を頂く

 この後、いよいよ久慈へ向けてバスに乗り込みますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧