カテゴリー「ゲーム」の記事

2019.06.05

静岡1泊2日の旅その9~大仁で過ごす

 静岡12日の旅の続き。HPTに揺られて大仁駅に降り立ちました。この後はしばし駅周辺をブラブラすることに。ここまで来る途中の駅で“Over the Rainbow号”こと7502編成とそれ違ったことから駅近くの踏切で待っていると、その前にゲーム「刀剣乱舞―ONLINE―」のヘッドマークを付けた3502編成がやってきました。こちらはこの日朝の運用のみで、この後大場へ入庫してしまいました。

3000_14  ゲーム「刀剣乱舞―ONLINEー」のヘッドマークを付けた3502編成が到着

 その後も引き続き大仁駅近くでのんびり過ごすことに。駅の近くでは河津桜や梅が咲いていて、春の訪れを感じさせてくれました(続く)。

7000_8

Photo_44

Fukei_ohito

(3枚とも)大仁駅周辺をブラブラ

| | コメント (0)

2019.05.11

【2/10】バレンタイン企画のいずっぱこ沿線を訪ねるその2~ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」ヘッドマーク付き列車に乗る

 前の記事の続き。三島駅から伊豆箱根鉄道沿線へと繰り出します。まずは窓口で1日乗車券の旅助けを入手。例によってアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」柄の券をチョイスしましたが、併せて松浦果南のバースデーヘッドマークをあしらったバッジがおまけに付いてきました。これでメンバー9人中8人目が揃い、残りは国木田花丸一人だけ。こちらは2月末からバースデーヘッドマークを付けて運転され、後日報告したいと思います。

20190511_183306  「ラブライブ!サンシャイン!!」柄の旅助けは松浦果南のバースデーヘッドマークをあしらったバッジ付き

 改札を抜けてホームに入ると軌道線カラーの3501Fが停まっており、こちらに乗り込み出発。すると、この先の三島田町駅で前月27日の車両撮影会の日に見かけたゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のヘッドマークを付けた3000系とそれ違いました。こちらは2月までの運行とのことで、次の三島二日町駅で下車して捕まえることに。待つことしばし、ヘッドマークを付けた3000系が三島からやってまいりました。

3000_10  ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のヘッドマークを付けた3000系に乗車

 こちらに乗り込み、三島二日町駅を出発。前月27日の時は大場駅のホームから見かけただけだったので車内の様子はうかがい知ることができませんでしたが、車内はゲームに登場するキャラクターがデザインされた吊り広告で埋め尽くされておりました。こちらに揺られて終点修善寺駅に到着。この後、車両基地のある大場まで回送列車として引き上げてしまいました。

Photo_31

Hm_3

3000_11  (3枚とも)車内はキャラクターのイラストで満載

 この後はここ修善寺でのんびり過ごすことに。続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.05.04

【1/27】この日のいずっぱこ沿線~伊豆箱根鉄道

 前の記事の続き。ラッピング車両撮影会が行われていた伊豆箱根鉄道本社を離れ、この後少しだけ沿線で撮影タイム。大場と三島二日町との間にある定番の踏切にやってきました。すでに多くのギャラリーがカメラを構えて待っておりましたが、この日はラッピング車両の運行がなかったものの、朝から好天に恵まれたことから富士山の姿をくっきり見ることが出来ました。

1300  富士山をバックに走るイエローパラダイストレイン

 大場駅に戻り、伊豆箱根鉄道に乗車。ホームで修善寺方面行きの列車を待っていると、反対側のホームにゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」のヘッドマークを付けた3000系がやってまいりました。こちらは三島田町駅最寄りの佐野美術館で開催された刀剣に関する企画展に併せての運行でしたが、後日再訪の折に乗車しており、その時の様子については後ほど紹介いたします。

3000_9  大場駅に到着したゲーム「刀剣乱舞―ONLINEー」のヘッドマーク付き3000系

 こうして修善寺行きに乗り込み大場駅を出発。伊豆長岡駅に降り立ちました。これでこの日は伊豆箱根鉄道沿線から離れることになりましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2006.04.07

ハマりもの~水色散歩道

 おそらくゲームのカテゴリに書くのはこれが最初と思いますが、只今「水色散歩道」というゲームにハマっております。元々は相方が「レミュオールの錬金術師」という同じ作者のゲームをやってたのを横目で見ているうちに自分もハマってしまったという経緯があるんですが、決して複雑なコマンドがないもののやってて面白いゲームですね。

 今のところ、「勇者が倒れた道」というステージまで進んでます。ただ、なかなかこのあたりになるとすんなりと進みませんねぇ(^_^;)。

 参考:犬と猫 (ゲーム作者のサイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)