カテゴリー「スポーツ」の記事

2019.06.14

【3/7】多彩なヘッドマーク付き列車と出会う~京王

 前回の続き。調布駅からさらに先を目指そうと列車を待っていたら、先程とは別のデザインのヘッドマークを付けた8000系が入ってきました。後で確認したところプロバスケットボールチーム、東京八王子ビートレインズの試合開催を告知するものですが、チーム名にある「トレインズ」は本拠地八王子が交通の要所となっていることに因んでおり、鉄道とのゆかりがあるチームと言えそうですね。

8702  プロバスケットボールチーム、東京八王子ビートレインズのヘッドマークを付けた8000系に乗車

 こちらに揺られ、聖蹟桜ヶ丘駅で下車。駅の手前を流れる多摩川の土手へ向かいました。京王の列車を撮影する際には定番となっているところでもありますが、先程から降り続いている雨が本降りになってしまい、長居することが出来ませんでした。そんな中、ここでもヘッドマークを付けた列車と対面。前月22日に行われたダイヤ改正に関するヘッドマークを付けた8000系でした。

8000_4  多摩川の土手を訪れるも、あいにくの天気で長居せず(涙)

 再び列車に揺られて高幡不動駅に到着。そのまま帰るのには少し早かったので、久しぶりに京王れーるランドを訪ねることにしました。ここでもヘッドマークを付けた「キッズパークたまどうとれいん」に乗って終点多摩動物公園駅に到着。夕方近い時間だったのとあいにくの天気だったこともあって館内のお客さんは少な目でした。おかげでこれまでで一番のんびり館内を回ることが出来ました。

7000_10

Photo_50

Photo_49 (3枚とも)久しぶりに京王れーるランドを訪問

 こうして帰りはまっすぐ都内へ。地下鉄を乗り継いで品川経由で帰ってきました。

6078  最後に出会ったヘッドマーク付き列車~京急120周年×養老鉄道100周年ヘッドマーク

| | コメント (0)

2019.05.06

【1/29】残り1本となった東武宇都宮線8000系と出会う

 日比谷線直通で使用されていた東武20000系を改造。20400系として昨年9月から運用を開始しましたが、その後本数を増やして今年1月現在で8000系が残り1本となりました。そこで、久しぶりに様子を見てこようと東武宇都宮線沿線へ向かうことに。栃木駅に到着すると、昨年9月に訪れた際に見かけた時刻表を発見。いろんな意味で重宝する時刻表ですね。

3  

栃木駅で掲示されている東武宇都宮線の時刻表はいろんな意味(?)で重宝

 その時刻表によれば、時刻に〇印が付いているのがボタン開閉式ドアの付いた車両、つまり20400系使用の列車で、〇印が付いていない時刻が8000系使用の列車であることがわかりますが、1344分発の東武宇都宮行きに〇印がなくどうやら8000系の運用がある様子。それまで時間があることから先行列車に乗り込むことにしますが、停まっていたのは宇都宮市を本拠地とするプロバスケットチーム「栃木ブレックス」のラッピング車両でした。

21411  プロバスケットボールチーム「栃木ブレックス」のラッピング車両に乗車

 栃木ブレックスのラッピング車両に揺られ東武宇都宮線沿線へ。ちょうど8000系が栃木方面へ向けて運行していることからどこか下車して待つことにしましたが、定番となっている壬生駅で下車し、東雲公園近くの黒川に掛かる橋梁付近で待つことにしました。待つことしばし、東武宇都宮方面から8000系が接近。これまで8000系オンリーの路線に20400系が入線し、いよいよ8000系が活躍する姿も残りわずかとなってきました。

8000_2  残り1本となった東武宇都宮線の8000系

 引き続き黒川付近でのんびり過ごした後、壬生駅から再び東武宇都宮線に乗って来た道を折り返し。今度は新栃木駅で下車しました。まだ日が高く、帰るには早い時間だったので、駅近くで東武宇都宮線の列車をいろいろ撮ってまいりました。

20400_1

20400

8000_3  (3枚とも)東武宇都宮線沿線でのんびり過ごす

| | コメント (0)

2017.10.31

【9/18】ラブライブ!サンシャイン!!西武線スタンプラリーを巡る~その2

 先月18日の続きですが、小平でスタンプラリーの景品をゲットした後も引き続きスタンプラリーを続けます。今度は7個目のスタンプを押しに国分寺を目指すことに。小平から拝島線に乗り換えて萩山へ向かい、ここからは昔ながらの西武顔の列車に乗り込みます。“S-train”40000系などの新しい車両が次々入って来る中にあって、本線から離れた路線では今も昔ながらの顔つきの車両が元気な姿で走っております。

西武1252@萩山'17.9.18
支線で今も現役の”西武顔”

 国分寺でスタンプを押印してすぐに折り返し。萩山まで戻り、今度は西武遊園地駅へ向かい、レオライナーに乗り込みました。狭山湖を見ながら走るこの路線は西武鉄道の中でも絶景の一つに数えてもいいかも。巨大なメットライフドームが見えてくると、終点西武球場前駅に到着しました。この日はライオンズの公式戦が行われておりましたが、今年は好調だったことからチケットの売れ行きもよかったようですね

メットライフドーム'17.9.18

ライオンズ選手ボード@メットライフドーム'17.9.18

高海千歌等身大パネル@西武球場前'17.9.18
(3枚とも)熱戦が繰り広げられていたメットライフドームを横目にスタンプを押印

 改札脇に設置されていたスタンプを押してから列車に揺られて西所沢に寄り道。この日はずっと乗りメインだったので、ここで降りて駅近くの線路脇から池袋線の様子を見てきました。しばらくすると、所沢寄りから派手なラッピングを施したレッドアローがやってきたと思ったらスタンプラリーに併せて登場したラッピング車両で、先月末にはこの車両を使用した事前応募制のイベントも開催されたとのこと。

西武10000系@西所沢'17.9.18
スタンプラリーに併せてラッピングが施されたレッドアローが運転

 この後所沢へ向かい、新宿線に乗り換え。8月の南入曽のイベントで展示されていた台湾鉄路管理局のラッピング車両に乗って狭山市に降り立ちました。ここで最後の1個を押印。これで9個全部が完集と相成りました

西武2007@狭山市'17.9.18

桜内梨子等身大パネル@狭山市'17.9.18

ラブライブ!サンシャイン!!西武線スタンプラリー台紙
(3枚とも)狭山市でスタンプを押し、全て完集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.14

【1/3】年始め大師線乗り歩き紀行その2~京急大師線

 年始め大師線乗り歩き紀行の続きですが、都心を経て蒲田までやってきました。京急蒲田駅の前までやってくると、駅のすぐ隣に伸びる第1京浜沿いに多くの人だかりの姿を見かけましたが、この日は箱根駅伝の復路が行われた日。沿道でしばらく待っていると、駅伝のランナーが白バイの先導を受けながら目の前を通り抜けていきました。

箱根駅伝@京急蒲田'15.1.3
京急蒲田駅から箱根駅伝の様子を拝見

 ここから京急に乗り込み、京急川崎へ。到着後、さっそく階下の大師線乗り場へやってきました。今年もホームには川崎大師へ向かう多くの人でごった返していましたが、車止めの周辺でしばらく待っていると、小島新田からやってきたヘッドマーク付きの列車が到着。もちろん、今年の干支であるヒツジがデザインされたヘッドマークでしたが、なかなか今年も可愛らしいイラストですね

京急1500形@京急川崎'15.1.3

2015京急干支HM'15.1.3
(2枚とも)可愛らしいヒツジのイラストが目を引く今年のヘッドマーク

 そのまま到着した列車に乗車。今年も去年と同様、東門前へやってきました。撮影目的であれば港町駅周辺が定番となっていますが、幾分建物の影が気になるものの、今年も2種類のヘッドマークを拝むことに。川崎大師へ向かう人の流れを見ながら、のんびり行き交う赤い電車を撮影し、川崎の地を後にいたしました(つづく)。

京急1500形@東門前'15.1.3-1

京急1500形@東門前'15.1.3-2
(2枚とも)東門前で2種類のヘッドマークを拝見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.17

【9/7】18きっぷで旅する信州路の旅その1~上田までの道

 2014年夏の18きっぷもいよいよ残り1日分。ラストは上田電鉄に乗りに訪ねてまいりました。宮原から高崎線の初電に乗車。7時前に高崎に到着し、駅構内で朝食を済ませてから7時30分発横川行きに乗り込みました。使用されていたのは115系。ボックス席に揺られながら8時3分、終点の横川に到着し、雨が降る中、足早に軽井沢行きのJRバスの乗り場へ直行しました。

115系@横川'14.9.7
国鉄型で横川に降り立つ

 軽井沢行きのバスは8時20分、横川を発車。今年5月のGW以来の碓氷峠越えでしたが、この時は繁忙期とあって渋滞を避けるべく旧道経由でした。個人的には横軽の遺構が残る旧道の方が景色が楽しめて好きなんですが、今回は通常のバイパス経由で、9時前に軽井沢駅前に到着。9月に入り、関東近辺も秋の気配が感じられるようになりましたが、ここ軽井沢は半袖では寒いほどでした。

 足早に駅の中に入り、しなの鉄道の乗り場へ。まずはこの後使用するきっぷを入手しますが、定番となっている「軽井沢・別所温泉フリーきっぷ」と併せて帰りに乗車する観光列車「ろくもん」の空き状況を確認したところ、まだ空席があるとのことだったので、一席押さえました。今年7月にしなの鉄道に登場した観光列車ですが、こちらについては後ほど紹介します。

ろくもん横断幕@軽井沢'14.9.7
7月に登場したしなの鉄道の観光列車「ろくもん」の歓迎フラッグ

 次の長野行きは9時29分発。ホームに向かうと、JR東日本長野支社塗装の2両編成の115系が停まっていました。車体には、長野に本拠地を持つサッカーチーム、AC長野パルセイロのロゴが入ったラッビングが施されていましたが、しなの鉄道の公式サイトにこの列車の当日の運用が掲載されていて、これは以前運転されていたアニメ「あの夏で待ってる」のラッピング車両も同じですね。

パルセイロロゴ'14.9.7
AC長野パルセイロのラッピング車両に乗って上田へ

 こちらに揺られること1時間弱、10時22分に上田到着。そのまま上田電鉄の乗り場へ向かいました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.13

サッカーワールドカップ

 いよいよサッカーワールドカップブラジル大会が開幕しましたが、やはり一番の関心事は”サムライブルー”こと日本代表がどこまで勝ち進むのかがに尽きるでしょうか?これはサッカーに詳しくない自分でも興味があるところですが、今回は日本から遠く離れた地球の裏側での開催とあって、夜中に試合が行われることから、寝不足が心配ですね

 さすがにブラジルとなると足を運んだことはありませんで、代わりにブラジル人が多く住む群馬県小泉町の玄関口、西小泉駅を紹介したいと思います。3年前の2011年2月、東日本大震災の直前に訪ねておりますが、ローカル線の終着駅の割りに堂々とした構えの駅で、その周辺にはブラジルの公用語であるポルトガル語の看板をあちこちで目にしました。

西小泉駅名板'11.2
ある意味、ブラジルに一番近い駅かも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.14

【4/7】都内桜巡りと西武ドーム観戦

 4月に入りようやく春らしくなってきましたが、先週の土曜日は都内へ桜を見にぶらぶらしてまいりました。その道すがら、赤羽で寄り道。30分ほど待てば北斗星がやってくる時間だったので撮影していくことに。直前、草津31号に入った湘南色185系OM03編成を久しぶりに見かけるなど、あれこれ撮影してきました。

特急草津31号@赤羽'12.4.7
久しぶりに撮影した湘南色OM03編成

寝台特急北斗星@赤羽'12.4.7
この日の北斗星は定時通過

 ここから京浜東北線に乗り換えて王子に到着。さっそく飛鳥山周辺の桜を見て回りますが、この日は天気に恵まれたこともあり、飛鳥山公園やその周辺は多くの人で大賑わい。特に飛鳥山公園の中は至るところで花見客のブルーシートが広がっていました。

都電7000形@飛鳥山'12.4.7

200系@王子'12.4.7
(2枚とも)飛鳥山周辺に春が訪れました

 もっとのんびりと過ごしていたいところではありましたが、予定が詰まっていたこともあり泣く泣く王子から退散。南北線に乗って飯田橋へやってきました。ここから市ヶ谷方面へ向けて外堀通りに沿って歩き続けますが、先程の飛鳥山公園と同様、多くの人が訪れていました。

桜@外堀通り'12.4.7

E231系@飯田橋'12.4.7

E233系@飯田橋'12.4.7
(3枚とも)外堀通りの桜も見頃を迎えました

 こうして市ヶ谷の駅前に着いたのが11時半頃。もうちょっと時間があれば東中野や武蔵関にも行きたかったところでしたが、この後西武ドームへ行く予定が入っていたためここで桜見物は終了。新宿を経由して高田馬場から西武新宿線に乗り換えました。武蔵関の桜は車内から眺めてまいりましたが、多くの人が見物に訪れている様子が伺えました。

 所沢経由で西武球場前駅に到着したのは13時半頃。この日はプロ野球公式戦、ライオンズ対ホークスの試合があり、試合前には両チームのOBで去年引退した工藤公康氏の始球式が行われました。実は工藤氏の現役時代の投球をナマで見ることができませんでして、最後の勇姿を見たいと思い訪れた次第でしたが、始球式が終わるとライオンズの黄金時代を共に戦った渡辺、秋山の両監督との並びが実現するなど、粋な演出もありましたね

始球式@西武ドーム'12.4.7
黄金時代の対決が実現!>西武ドーム

 その後16時過ぎまで試合観戦。秋津経由で帰途につきましたが、秋津まで乗ったのが京急との相互ラッピングを施した9000系9007Fでした。黄色い車体に赤のラッピングという組み合わせは意外とマッチしているように思えてなかなか面白かったですが、こういうのもありかもしれませんね

西武9107@秋津'12.4.7
京急との相互ラッピング車両に乗って秋津へ

 新秋津からはお約束のむさしの号に乗り込み大宮へと戻ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.02

浦和レッズ初優勝!

 タイトルの通りですが、今日行われたサッカーJ1の試合で、優勝目前だった浦和レッズがガンバ大阪に勝ち見事初優勝を遂げました。

 Jリーグ発足当時は負けてばかりで、一時は2部に落ちたりもしたレッズですが、ここ数年は成績も安定し優勝を狙えるチームになってきました。その中での優勝ですから、ファンにとっては悲願の優勝ですね。

 あまりサッカーには詳しくありませんが、一言、「おめでとう」と言いたいです。

 今晩は、浦和の町がさぞかし盛り上がることでしょうねぇ(^^)。

 関連記事
  ・浦和レッズ初優勝 (u-kj様)
  ・浦和、悲願の初優勝!  (mac様)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.08.04

亀田

 最近あちこちのメディアに登場しては奔放な発言で話題を呼んでいる亀田というボクサーですけど、全く魅力を感じませんな。その奔放な発言はメディアにとっては話題になるので面白いのかもしれないけど、柄の悪いチンピラがそのままメディアに登場したという感じにしか見えないんですよ。

 確かにこうしたキャラはメディアにとっては注目度が高いとあってもてはやされるんでしょうけど、それも一時的なものでしかないことが多いんですよね。で、何かトラブルでも起きれば手のひらを返したように批判の対象となる。ホリエモンもそうだったけど、また一人メディアに踊らされるキャラクターが登場したなぁという思いであります。

 おととい行われた亀田とランダエタとの一戦。あいにくTV中継は観てなかったんで詳しい状況はわからないんですけど、明らかに亀田が不利な状況にもかかわらず、終わってみれば亀田の判定勝ちという結果には、この中継を観た視聴者から疑問の声がTV局などに殺到したそうです。いろんな憶測が飛び交っているんですけど、ここはもう一度ランダエタと対戦してケリをつけるしかないか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.13

日本1-3オーストラリア

 昨日の晩は何といってもワールドカップでしたね。サッカーに普段興味がない私でさえもTV中継を見入ってしまいました。

 前半を終わって1-0とリードしていたんですが、後半終了間際に追いつかれ、それどころか一気に逆転を食ってしまいました。

 このときは、私も、「ウォーッ」とTVのまえで叫んでしまいましたよ(;´Д`)”。

 おまけにロスタイムにもトドメの一点を入れられ万事休すとなってしまいました。

 うーん、次のクロアチア戦は総力で行かないと厳しいでしょう。何しろ次は強豪チームですからねぇ(-_-)。まさかの番狂わせも期待したいところですけど、うーん。

 関連記事
  ・W杯2006-パブリックビューイング岐阜会場 (kojiro-railway 様)
  ・【W杯】日本 1-3 オーストラリア (たいか様)

| | コメント (0) | トラックバック (2)