カテゴリー「旅行・地域」の記事

2018.02.16

【12/28】赤ちゃんパンダ誕生で盛り上がる上野界隈

 昨年の12月28日ですが、朝早く自宅を出発して上野に到着。改札を抜け京成上野駅へ向かうと、上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン」をお祝いするポスターが駅構内の至る所に貼ってあるのを見かけました。昔も今も上野動物園の人気者の地位が揺らぐことがないパンダですが、記念乗車券が京成各駅で発売されるなど、上野界隈は盛り上がっている印象を受けましたhappy01

上野動物園シャンシャン公開ポスター@京成上野'17.12.28

シャンシャン一般公開記念乗車券
(2枚とも)京成沿線はパンダ誕生で大盛り上がりhappy01

 この後京成に乗り込み上野を出発。日中は千葉モノレール沿線をブラブラしてきましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.11

冬の山形鉄道を訪ねるその3~長井の町を散策後、赤湯へ

 冬の山形鉄道を訪ねる旅の続きですが、長井で1時間ほど市内散策することに。2016年1月に下車した際にも駅周辺を散策しておりましたが、山形鉄道沿線の見どころやグルメを特集した冊子を以前手に入れており、その中で長井の町中に古い建物が点在していることを知ったことから訪ねてみることにしましたが、桑島記念館や旧小池医院など内部が非公開な上に周囲が駐車場で囲まれてしまい、観光地として整備されていない印象でした。

旧小池医院@長井'17.12.20

長井局風景印'17.12.20

長井駅舎'17.12.20
長井の町を散策するもあまり見て回れずcoldsweats01

 さすがにランチタイムには早すぎたため、早々に長井駅に逆戻り。改札前の鮎貝りんごの等身大パネルを見ながら過ごしておりました。次の赤湯行きは10時45分ですが、時間的に先程乗って来た鉄道むすめのラッピング車両が戻ってくる頃合い。ところがやってきたのは、朝方乗車したのとよく似た花柄のディーゼルカーでした。もうちょっとラッピング車両を見たかっただけに車両交換が行われてしまったのは残念なところでしたねweep

鮎貝りんご等身大パネル@長井’17.12.20

雪除け@長井'17.12.20

山形鉄道YR880形@長井'17.12.20
(3枚とも)帰りは鉄道むすめのラッピング車両に乗れず・・・weep

 そんな赤湯行きディーゼルカーに揺られて今泉に到着。ここで荒砥行きとの交換待ちと米坂線の接続のためしばらく停車しました。隣のホームには米坂線のステンレス車体のディーゼルカーが到着し、ここ米坂線でも車両の世代交代が進んでいることが伺えましたが、JRになってそれほど経過していない頃に降りたことがあり、当時撮影した写真にはキハ58形の姿が映し出されておりました。

キハE120形@今泉'17.12.20
米坂線の現在の車両~キハE120形

 こうして赤湯に戻ってまいりましたが、予定では昼過ぎの米沢行きに乗って帰りの途につくところだったものの、1本前の列車で米沢へ向かうことに。この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.07

【12/17】スタンプラリーで巡る東武アーバンパークライン

 12月17日ですが、午前中自宅でのんびり過ごした後、午後から東武アーバンパークライン沿線に出向きました。この日まで野田市駅近くにある野田市郷土博物館で、「鉄道と野田 変わりゆくまちと人々の暮らし」と題した企画展が開催されているとのことで見学することに。東武アーバンパークラインの前身である千葉県営鉄道の開業当時の資料や写真などどれも貴重なものばかりが展示されておりました。

企画展看板@野田市郷土博物館'17.12.17
野田市郷土博物館でこの日まで開催されていた企画展を見学

 博物館を後にして再び市内を散策。駅から数分のところ、キッコーマンの工場内にある「もの知りしょうゆ館」を訪ねてまいりました。ここは醤油の製造過程を見学できるばかりでなく、キッコーマン製品の購入や醤油を使った料理を味わうことができるので、1日いても飽きることがない施設ですが、さすがに製造過程を見学するまで時間はなく、醤油でできたソフトクリームを頂いてきました。

キッコーマンもの知りしょうゆ館'17.12.17

しょうゆソフトクリーム@キッコーマンもの知りしょうゆ館'17.12.17

SLオブジェ@野田市'17.12.17
(3枚とも)野田といえば「キッコーマン」

 そろそろ大宮方面へ向かうため、野田市駅に戻ることに。現在高架化工事が行われている最中で、古くからある駅舎は健在ながら高架化が完成した暁には周辺の様子がだいぶ変わりそうですね。一方、現在の駅前はこれといった商店が見当たらずやや寂しい印象は否めないところ。都心へ向かう人の流れも多いようなので、高架化によって駅周辺がどのように発展していくのか注目されるところです。

野田市駅舎'17.12.17
変わりゆく野田市駅

 大宮行きの列車に乗り込んで出発。ちょうど沿線ではスタンプラリーが開催されており、所定のスタンプを押して集めるともれなくクリアファイルが貰えるとのことで、押して回ることにしました。出掛けに大宮で押してきたので、清水公園で降りてスタンプを押印。その後は藤の牛島で降り、夕日を浴びてやってくる東武アーバンパークラインの列車をいろいろ撮影してまいりました。

東武8000系@藤の牛島'17.12.17
8000系はいまだ健在>東武アーバンパークライン

 春日部で下車。スタンプが3個集まったことから、改札外の定期券売り場で景品のクリアファイルを頂いてまいりました。引き続き8駅すべてを集めると別のデザインのクリアファイルも貰えるとのことで、こちらは日を改めて出向いてまいりましたが、その時の様子については後ほど紹介したいと思います(続く)。

クリアファイル@東武アーバンパークラインスタンプラリー3個
スタンプ3個押してゲットしたクリアファイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.04

【12/16】クリスマス列車「柴口このみ号」に乗るその1~イベント前のプロローグ

 12月16日は毎年恒例、横浜シーサイドラインのクリスマス列車「柴口このみ号」が運転された日ということで、今回も乗車してまいりました。青春18きっぷの2日目に日付印を押してもらってから出発。早めに出発したので寄り道しながら横浜方面へ向かうことにしましたが、品川で京浜東北線に乗り換えの合間に少しだけ山手線の様子を見てきた際、E235系の本数が増えたことを改めて認識しました。

E235系@品川'17.12.16
世代交代が進む山手線のE235系

 品川から京浜東北線に乗り込みましたが、どこで寄り道しようか考えたものの、この界隈で時間潰しするとなれば思いついたのが蒲田くらい。今回も蒲田で途中下車し、エキチカで東急目黒線や多摩川線の列車をいろいろ見てまいりました。この日、古参の7700系はあまり出会うことが出来ず。東急の中でもどちらかと言えばローカルな路線ですが、古参ありリバイバルカラーありといろいろ楽しめますねhappy01

東急7700系@蒲田'17.12.16
蒲田で東急のネタ探し

 再び蒲田駅に戻り、そのまま京浜東北線に乗車。のんびり揺られて石川町に降り立ちました。時刻は11時前後で少し早目ではありましたが、クリスマス列車の集合が正午過ぎからということでランチタイムとすることに。もちろん向かった先は横濱中華街で、ブラブラ歩きながら適当によさげなところに入店しました。

竜@横浜中華街'17.12.16

関帝廟'17.12.16

点心@横浜中華街'17.12.16
(3枚とも)中華街で早目のランチタイム

 これで後は新杉田へ向かいだけとなりましたが、ここで思わぬハプニングが発生することに。この続きは後ほど報告いたします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.25

【12/10】鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道を巡るその1~おもちゃのまちへ

 先月8日から「鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道」が始まり、さっそく最初の週末となった先月10日に回ってきました。「鬼怒川みやびコース」と「栗橋みなみコース」の2つのコースが設定されており、今回は鬼怒川みやびコース中心にスタンプを押してくることにしましたが、ちょうどこの日から青春18きっぷが利用できるので、まずは宇都宮線に揺られて栗橋で下車。ここでスタンプ台紙を手に入れ、1個目を押してきました。

鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道ポスター@おもちゃのまち'17.12.10
鉄道むすめのスタンプを押しにあちこち乗り歩きshoe

 再び宇都宮線に揺られ、小山に到着。ここからは両毛線に乗り換えます。18きっぷ利用とあってなるべくJRを使って回ることにしましたが、少し時間があったので一つ先の思川で途中下車することに。周りを田園地帯に囲まれた小さい駅で、次の列車が来るまでのんびり過ごしてきましたが、12月も中旬に差し掛かったこの時期は気温も下がり、外で過ごすには些か辛いところですねbearing

クモハ211‐3037@思川'17.12.10

思川駅舎'17.12.10

ホーロー看板@思川'17.12.10
(3枚とも)思川で途中下車

 後続に揺られて栃木に到着。ここで一旦18きっぷの旅を離れ、東武沿線へ繰り出します。東武宇都宮行き8000系に揺られておもちゃのまちに到着。2個目のスタンプを押した後、無料シャトルバスに乗っておもちゃ団地チャリティーバザールの会場へ向かいました。毎年恒例のイベントですが、会場の前にはすでに長い列が伸びていて盛況な様子。特にお目当てのものはありませんでしたが、会場をブラブラしてから帰りは歩いて駅へ戻ってきました。

5号蒸気機関車@おもちゃのまち'17.12.10

壬生ゆうゆ&壬生むつみイラスト@おもちゃ団地チャリティーバザール会場'17.12.10

東武8000系@おもちゃのまち'17.12.10
(3枚とも)おもちゃのまちをブラブラ散策

 この後、再び8000系に乗り込み、栃木まで戻ることに。ここからは一路鬼怒川温泉を目指すことにしますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.22

【12/2】名城・松本城を訪ねる

 先月2日の続きですが、上高地線で松本まで戻った後、そのまま市内へ繰り出すことにしました。松本と言えばやはり松本城は外せないところで、10年以上前に行ったきりだったことから久しぶりに訪ねることに。黒の城壁から別名「烏城」と呼ばれ、姫路城などと共に天守閣が国宝に指定されるほどの名城ですが、この日は天気がよかったこともあって遠くに見えるアルプスの山々をバックに城全体がきれいに見えました。

松本城'17.12.2
10数年ぶりに松本城を訪ねる

 再び松本駅に戻り、ここでランチタイム。特にあてはなかったものの、今回は駅に隣接して入っている蕎麦屋に入りました。長野県と言えば何と言ってもそば処ですが、お品書きを見ていたらそば粉で作った五平餅というのもあり、こちらも併せて注文いたしました。

もりそば@榑木野'17.12.2

五平餅@榑木野'17.12.2
(2枚とも)蕎麦でランチタイム

 腹も満たされ、後は長野を経由して帰るのみとなりましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.19

【11/28】久々の江ノ電訪問

 11月28日ですが、1日休暇を取って江ノ電沿線を訪ねてまいりました。今回は小田急発行の「江の島・鎌倉フリーパス」を新宿駅で入手。このきっぷ、行き帰りの経路上で途中下車が可能ですが、以前このきっぷで途中下車をしようとしたら駅員が途中下車できることを理解しておらず、要領を得なかったことがありました。今回、新百合ヶ丘と柿生の有人改札できっぷを見せたらすんなり下車することができ、大きく改善されましたねhappy01

小田急バス@新百合ヶ丘'17.11.28

小田急50000形@柿生'17.11.28

新百合ヶ丘局&柿生局風景印'17.11.28
(3枚とも)江の島・鎌倉フリーパスで途中下車

 そのまま終点片瀬江ノ島に到着し、駅近くの店で少し遅いランチタイム。名物の生しらす丼を頂いてから江ノ電沿線へやってきました。江ノ島駅の前を過ぎて腰越までの併用軌道区間をのんびり散策。江ノ電沿線で有数の名所と言える区間ですが、道路の真ん中を4両編成の江ノ電の電車が行き来する様子は間近で見ると迫力がありますね。江ノ電沿線を訪ねた折にはこの区間はぜひとも歩いて移動したいところです。

生しらす丼@忠兵衛'17.11.28

スズメ@江ノ島'17.11.28

江ノ電500形@腰越'17.11.28
(3枚とも)江ノ島駅から腰越駅までのんびり散策

 併用軌道区間を歩き、腰越から江ノ電に乗車。一旦鎌倉まで乗り通した後、折り返し藤沢行きに揺られて七里ヶ浜で途中下車しました。ここから歩いて隣の鎌倉高校前駅へ移動しますが、時刻はちょうど夕暮れ時で海に沈む夕日が綺麗でしたねhappy01。一方、鎌倉高校前駅はライトアップが施され、海岸線の夕日とライトアップ目当ての乗客がホームを行ったり来たりしておりました。

江ノ電300形@鎌倉'17.11.28

江ノ島@鎌倉高校前'17.11.28

イルミネーション@鎌倉高校前'17.11.28
(3枚とも)夕暮れの江ノ電沿線をブラブラ

 日もすっかり暮れたところで再び江ノ電に揺られ、江ノ島で下車。これで江ノ電の旅は終了となり、歩いて再び片瀬江ノ島駅にやってまいりました。ここ片瀬江ノ島駅は童話「浦島太郎」に登場する竜宮城をモデルにした駅舎が今も健在ですが、国内外の観光客を意識した駅舎へ建て替えとのニュースが今回の訪問後に報じられました。その片瀬江ノ島駅からロマンスカーに乗車。まっすぐ新宿まで戻ってまいりました。

片瀬江ノ島駅舎'17.11.28

小田急8000形&30000形@片瀬江ノ島'17.11.28
(2枚とも)片瀬江ノ島駅からロマンスカーに乗って帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.17

【11/26】晩秋の真岡鐡道沿線紀行その2~大賑わいだったSLフェスティバル

 11月26日の続き。北真岡駅近くでSL列車を見送った後、歩いて真岡駅を目指すことにします。2年前にもここから真岡駅まで20分ほど掛けて歩いておりますが、途中、久保記念観光文化交流館という観光施設の前を通りかかったので覗いていくことに。真岡市内に残る古い建物を保存して観光施設としたものですが、オープンが2014年10月とのことでまだ新しい施設ですね。

久保記念観光文化交流館'17.11.26
真岡駅に向かう途中、久保記念観光文化交流館に寄り道

 ブラブラ歩きながら真岡駅に到着。ちょうど駅隣接のSLキューロク館では「SLフェスティバル」と題したイベントが行われ、会場は多くの人で賑わっておりました。会場では地方のローカル鉄道によるグッズ販売やSLキューロク館に展示されている“デゴイチ”が展示。春崎野乃花というご当地のキャラクターが駅員に扮し、デゴイチの前で笑顔を振りまいておりましたheart01

D51146&春崎野乃花等身大パネル@SLフェスティバル'17.11.26
SLキューロク館で行われた「SLフェスティバル」を訪問

 この後は下館方面へ向けて移動しますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.15

【11/23】“いずっぱこ”沿線乗り歩き~伊豆箱根鉄道

 11月23日の続き。イベント会場を離れ、定番の大場と三島二日町との間の田園地帯へやってきました。ここは定番の撮影地ですが、朝のうち雨がぱらついていたものの午前中のうちに上がり、雲の合間から富士山の頭が見えてきました。すっきり晴れてくれれば言うことありませんでしたが、こればかりは致し方のないところ。この日イベント会場で洗車体験に使用されていた「HAPPY PARTY TRAIN」と富士山を絡めて再訪したいところです。

185系@大場'17.11.23
何とか富士山が姿を現してくれましたfuji

 いろいろと撮影した後、歩いて大場駅に戻ることに。今回はここで折り返しとなり、三島行きに乗り込みますが、やってきたのは先頭車の全面が金色に縁取りされた7000系でした。実は来る途中に三島駅でこの列車を見かけておりましたが、派手なラッピングが施された3000系や元西武の1300系に比べると元々2編成のみと少数派だったこともあり、これまであまり目立たない印象でした。

伊豆箱根鉄道7502@三島田町'17.11.23
先頭部分が金色に縁どられた7000系に乗車

 その金縁が施された7000系に揺られて三島田町で下車。ここは9月に訪れた際には降りていない駅で、改札口の脇には人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するキャラクターの等身大パネルがお出迎えしておりました。この後はランチがてら隣の三島広小路駅までブラブラ散策。源兵衛川の付近では「時の鐘」なる史跡を見つけ、岩槻や川越と通じるものを感じました。

小原茉莉等身大パネル@三島田町'17.11.23

伊豆箱根鉄道3000系@三島広小路'17.11.23

時の鐘@三島広小路'17.11.23
(3枚とも)三島田町から一駅散策

 この後、伊豆箱根鉄道の列車に揺られて一駅、終点の三島に到着。午前中降っていた雨も上がり、時折晴れ間も覗かせてくれましたが、今回はこのあたりで終了と相成りました。帰るまで時間があったので、三島駅近くの楽寿園をブラブラ散策。この日は入館料無料とのことで得しましたが、園内の紅葉は赤く色づいていてきれいでしたねhappy01

紅葉@楽寿園'17.11.23
赤く色づいた楽寿園の紅葉maple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.09

【11/14】埼玉県民の日フリー乗車券で行く西武沿線の旅その2~SL埼玉県民の日号を迎える

 11月14日の続き。西武秩父駅に到着後、歩いて秩父鉄道の御花畑駅と秩父駅との間にある秩父札所15番少林寺前の踏切までやってきました。この後正午過ぎにパレオエクスプレスがやってくるのでお迎えすることにしますが、向かっている途中に雨が降り出してきました。この日は朝からどんよりとした曇り空で、雨が降ることは想定していたものの、秋晴れの県民の日というわけには行きませんでしたねrain

少林寺@御花畑'17.11.14
秩父札所、少林寺前の踏切でしばし待機

 少林寺の境内は紅葉が赤く色づいており、そちらを見ながら待つことしばし。秩父駅の方から発車を合図するSLの汽笛が聞こえてきました。秩父と御花畑の間は距離が短く、待っている踏切からは両方の駅が見えるほどですが、徐々にSLのドラフト音が大きくなるにつれてパレオエクスプレスが接近。「埼玉県民の日」と記された特製のヘッドマークを掲げてやってまいりました。

秩父鉄道C58363@御花畑'17.11.14
2017年も運転された「SL埼玉県民の日号」をお迎え

 これで秩父鉄道沿線からは離れて再び西武秩父駅へ。腹も減ってきたので、8月に食事した仲見世通りの中のフードコートへ向かいましたが、ちょうど昼時とあって中は混んでおりやむなく断念。少し早目でしたが飯能行きに乗って秩父を離れることにしました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧