カテゴリー「旅行・地域」の記事

2018.04.18

【2/12】いずっぱこ沿線を訪ねる~午後編

 2月12日の続きですが、無名踏切からのんびり15分ほど歩いて伊豆長岡駅に到着。修善寺行きの列車を待っていると、イエローパラダイストレインがやってまいりました。こちらに乗り込み終点修善寺まで向かいましたが、到着後先頭車両に取り付けられているヘッドマークにご挨拶。「Happy Valentine’s Day」の文字の横にはいずっぱこの鉄道むすめ、修善寺まきののイラストが添えられていましたheart01

Happy Valentine's DayHN'18.2.12
まきのさんのイラストが入ったバレンタインデー企画のヘッドマーク

 引き続きホームで待っていると、朝方三島から乗り込んだHPTが到着。ホーム上でイエローパラダイストレインと並びました。いずっぱこに限らず、ネタになる車両の並びはワクワクさせるものがありますが、ここでの並びと言えば昨年7月に訪れた際に先代のラッピング車両となる3501編成との並びを見ることができたのは忘れられないところ。その3501編成は4月1日をもって運用終了とのニュースがこの後入ってきました。

伊豆箱根鉄道3000系@修善寺'18.2.12

伊豆箱根鉄道1300系&3000系@修善寺'18.2.12

松浦果南中吊り広告'18.2.12
(3枚とも)終点修善寺で並んだネタ編成

 この日2度目となるHPTに乗り込み修善寺を出発。大仁で寄り道して後続の列車に乗っていたら、車窓に午前中見ることができなかった富士山の姿が見えてきました。いずっぱこ沿線といえば富士山の景色は外せないところでここはカメラに残して帰りたいところ。幸い帰りには時間が早かったので、原木駅近くの線路脇で待つことに。あいにくイエローパラダイストレインには行かれてしまいましたが、HPTとのツーショットが収まりました。

伊豆箱根鉄道3000系@原木'18.2.12
やはり富士山とのツーショットは外せないところfuji

 再び原木駅に戻り三島行きの列車に乗車。最後に三島駅でイエローパラダイストレインにご挨拶してから東海道線のホームへ向かいました(続く)。

伊豆箱根鉄道1300系@三島'18.2.12
三島駅でイエローパラダイストレインにご挨拶して帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.06

冬の富山紀行その7~夜の富山で過ごす

 冬の富山紀行の続きですが、富山駅に到着するとそのまま改札を抜けて電鉄富山駅へ向かいました。富山では特にあてはなかったものの夕飯にするには時刻が17時過ぎと早かったことから、富山地鉄に乗って南富山まで向かい市内線で戻ることに。富山地鉄と言えば大手私鉄から転属してきた車両のみならず自社オリジナルの車両も走っていて面白い鉄道ですが、ホームで過ごしていると京阪や東急で走っていた車両が続々やってきました。

富山地鉄10030形&14760形@電鉄富山'18.1.27
夜の電鉄富山駅で地鉄の車両にご挨拶

 岩峅寺行きの列車に揺られて南富山に到着。すぐ市内線に乗り換えて富山駅まで戻ってきました。時刻は19時を過ぎていてそろそろ腹も減ってきたことから夕飯にすることに。さすがに富山ブラックではありきたりだったので、昨年7月に訪ねた駅前の食事処「さかなや撰鮮」で頂いてきました。北陸新幹線開業後にオープンした店で、駅のすぐ目の前にお店があることから気軽に利用できるのは有難いですね。

海鮮丼@さかなや撰鮮'18.1.27
駅前食事処で夕飯を済ます

 こうして食事を済またものの、夜行高速バスの出発まではまだまだ時間があったので、富山ライトレールに乗って暇つぶし。富山ライトレールの鉄道むすめで岩瀬ゆうこのモデルとなったポートラム・アテンダントが3月をもって業務終了とのニュースがこの旅から戻った後に入り、些か残念なところですね。アテンダントさんの姿を見ることはできなくなってしまいますが、鉄道むすめの方は末永く可愛がっていただきたいところです。

岩瀬ゆうこイラスト@城川原'18.1.27
アテンダントさんがいなくとも、こちらは末永く見守ってほしいところ・・・>岩瀬ゆうこheart01

 全国鉄道むすめ巡りのスタンプが置かれている城川原で折り返した後、インテック本社前電停で下車。歩いて富岩運河環水公園へやってきました。これまで何度か富山を訪れていながらここは初めての地でしたが、ライトラップが行われているとのことで見に行ってきました。周辺は雪が積もっていて足元も滑りやすくなっていましたが、水路にはライトアップされた天門橋が掛かっており綺麗でした。

イルミネーション@富岩運河環水公園'18.1.27
富岩運河環水公園のイルミネーションを訪ねる

 ここから再び歩いて富山駅に到着。何とか時間を潰したものの、それでも出発まではまだまだ時間があり、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.04

冬の富山紀行その5~藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーを訪ねる

 冬の富山紀行の続きですが、新吉久停留所から万葉線の電車に揺られて志貴野中学校前停留所で下車。ここから歩いて「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」に向かいました。ここは言うまでもなくアニメ「ドラえもん」などで有名な漫画家の故藤子・F・不二雄氏ゆかりのギャラリーで、2015年11月に訪れた時は12月の開館直前ということでチラシを貰ってきましたが、今回ドラえもんトラムに乗れなかった代わりに訪ねてみた次第でした。

高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー'18.1.27
藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーに到着

 ドラえもんに登場する「どこでもドア」からギャラリーへ進むと、中では藤子・F・不二雄氏の生い立ちや氏の作品に関する資料が展示されており、特に「ドラえもん」など子供の頃に慣れ親しんだ作品ばかりとあって楽しみながら拝見いたしました。さらに「F-GIRLSコレクション展」と題して氏の作品に登場する女の子のキャラクターに特化した企画展も行われていて、こちらもなかなか興味深かったですねhappy01

ドラえもん@高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー'18.1.27
藤子・F・不二雄氏の作品と言えばやはりドラえもんhappy01

 一通り見学して建物の外へ出るとすぐ近くにJR氷見線の踏切があり、側まで行くとすぐ目の前が越中中川駅のホームでした。しばし待っていると、漫画「忍者ハットリくん」のラッピング車両が高岡から到着。氷見へ向けて走って行きました。ここから高岡まで乗ってもいいかと思い駅へ向かったものの、次の列車まで1時間以上もあったのでこちらは断念。万葉線の広小路停留所まで向かい、再び万葉線に揺られて戻ってきました(続く)。

キハ40系@越中中川'18.1.27
ギャラリーの近くで出会った忍者ハットリくんのラッピング車両

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.03

冬の富山紀行その4~庄川と吉久地区を訪ねる

 冬の富山紀行の続きですが、越ノ潟から再び万葉線に乗って高岡市内へと戻ることに。特に急ぎの旅ではなかったので適当に乗り降りしながら沿線を訪ねることにしましたが、一度昼前後に晴れ間が出てきたものの再び雪が降り始め、外を出歩くには些か厳しいところでした。まずは庄川の袂にある庄川口で下車。隣の六渡寺までの間には庄川に掛かる長い鉄橋が架かっており、小ぢんまりとした電車が行き来する姿は何とも不思議な光景ですね。

万葉線デ7070形@庄川口'18.1.27
庄川に掛かる鉄橋を万葉線の電車が行く

 この後、再び万葉線に乗って今度は吉久停留所で下車。電車道から一本奥に入った通り一帯は吉久地区と言って、かつて米商で栄えていた頃の古い町並みが残っております。今回万葉線に登場した鉄道むすめ「吉久こしの」の名前はここから取られており、敬意を表するべく訪ねてまいりましたが、観光地化されていない街並みは人通りもまばらで、静かな雰囲気でした。

吉久地区の街並み'18.1.27
鉄道むすめ由来の吉久地区は静かな街並み

 隣の新吉久停留所は安全地帯があるだけの電停で、電車に乗る際はクルマの往来に注意する必要があるところ。ここから再び電車に乗って一気に高岡市内まで向かいました。この後はあの人気アニメの作者にまつわるミュージアムを訪ねてまいりましたが、この続きは後ほど紹介します(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.24

【1/21】スタンプラリーで巡る東武アーバンパークライン続編

 1月21日の続きですが、千住大橋から京成船橋まで移動。ここからは東武アーバンパークラインに乗り換えます。昨年末から2月にかけて東武アーバンパークライン沿線でスタンプラリーが開催され、昨年末に一部回ってきましたが(その時の記事はこちら)、今回はまだ押していない駅を回ることに。船橋駅でスタンプを押してから出発し、新鎌ヶ谷駅で下車してスタンプを押してきました。

リバティ&SL大樹模型@新鎌ヶ谷'18.1.21
新鎌ヶ谷駅で見かけたリバティとSL大樹の模型

 この後一旦沿線から離れ、歩いて15分ほどのところにある鎌ヶ谷市市制記念公園を訪問。公園に入ってすぐのところにはデゴイチや海上自衛隊で活躍した飛行機が保存されていて、さながら交通公園とった雰囲気でした。一方、デゴイチや飛行機のすぐ近くには展望台があり無料で利用することができますが、すぐ脇を北総鉄道の高架があるので間近で列車を見ることが出来ます。

D51385@鎌ヶ谷市市制記念公園'18.1.21

京成AE形@新鎌ヶ谷'18.1.21

2017年ファイターズ新入団選手手形@新鎌ヶ谷'18.1.21
(3枚とも)鎌ヶ谷市市制記念公園を訪問

 その鎌ヶ谷と言えば日本ハムのファームが本拠地としているところ。新鎌ヶ谷駅には2017年に入団した選手の手形が展示されており、そちらを拝見してから新鎌ヶ谷を後にしました。この後柏で降りてスタンプを押印。ランチを済ませた後、大宮行きの列車に乗って流山おおたかの森で下車しました。ここでもスタンプを押印し、例によって駅近くの線路脇で東武アーバンパークラインの列車を撮影してまいりました。

東武8000系@流山おおたかの森'18.1.21
流山おおたかの森駅近くで撮影タイムcamera

 これで残るは大宮公園駅のみとなりましたが、そのまままっすぐ向かって行っても早すぎたので春日部で寄り道することに。月並みながら駅近くで東武スカイツリーラインの列車を撮影してまいりましたが、時刻が15時台ということで、半過ぎにやってくる特急きりふりの他、「普悠瑪」カラーのりょうもう号や東急8500系など、相変わらずいろいろな車両と出会いました。

東武200系@春日部'18.1.21

東武350系@春日部'18.1.21
(2枚とも)春日部駅近くでネタ探し

 この後、大宮行きに乗って大宮公園で下車。最後の1個を押して無事コンプリートとなったので、帰りしなに大宮駅で前回とはデザインの異なるクリアファイルをゲットいたしました。

東武アーバンパークラインスタンプラリー完集景品
景品のクリアファイルをゲットwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.21

【1/15】トンネルに囲まれた田浦駅に降り立つ

 1月15日の続き。帰りの時間までまだ早かったこともあり、鎌倉駅から横須賀線に揺られて田浦駅に降り立ちました。ここは初めて降りた駅ですが、ホームの両端にトンネルがある変わった駅で、ホームに降りてみると周りを小高い山で囲まれていて昼間でも薄暗いですね。駅から歩いてすぐのところに郵便局があったので訪ねてきましたが、ここへ行くにもトンネルを抜けて辿り着きました。

トンネル@田浦'18.1.15

田浦隧道'18.1.15

田浦局風景印'18.1.15
(3枚とも)トンネルに囲まれた田浦駅で下車

 この後、一駅揺られて横須賀に到着。海を見ながらヴェルニー公園の中を抜け、汐入駅から京急に乗って帰ってきました。

京急1500形@汐入'18.1.15
汐入もトンネルのある駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.19

【1/15】映画「DESTYNY 鎌倉ものがたり」公開記念スタンプラリーで江ノ電を巡る

 1月15日の続きですが、町田でLSEを見送り、後続列車に乗り込んで藤沢までやってまいりました。ここからは江ノ電に乗り換えとなりますが、フリーきっぷを買うかどうか迷ったもののこの日は頻繁に乗り降りするわけではなかったのでその都度運賃を支払うことにしました。窓口を覗くと記念きっぷの案内があったので1部入手。映画「DESTYNY 鎌倉ものがたり」公開記念の入場券セットでした。

映画「DESTYNY 鎌倉ものがたり」公開記念入場券セット
藤沢駅で記念入場券セットを入手

 その映画ですが、ちょうどタイアップしたスタンプラリーが開催されているとのことで回ってみることにしました。実は12月に訪れた時にはすでに始まっていまして江ノ電の各駅にはお知らせも見かけましたが、その時は気にも留めておらず全く手を付けておりませんでしたcoldsweats01。まずは藤沢で1個目を押印し、鎌倉行きの電車で出発。江ノ島で下車した後、歩いて片瀬江ノ島駅まで向かいスタンプを押してまいりました。

江ノ電2000形@藤沢'18.1.15

スズメ@江ノ島'18.1.15

江ノ島駅舎'18.1.15
(3枚とも)江ノ電に乗って江ノ島へ

 ここからは前回と同じく併用軌道をのんびり歩きながら腰越駅を目指すことに。途中、古参300形を繋げた電車が鎌倉方面から近づいてまいりましたが、先頭車には「DESTYNY 鎌倉ものがたり」と記された映画公開を記念したヘッドマークが取り付けられており、こちらは後でじっくり拝見することにします。この後腰越から再び江ノ電に乗り込み、今度は極楽寺で下車。ここでもスタンプを押してまいりました。

江ノ電300形@腰越'18.1.15

江ノ電2000形@腰越'18.1.15

極楽寺駅舎'18.1.15
(3枚とも)併用軌道を歩いて腰越駅へ向かい、ここから極楽寺まで乗車

 今も健在なレトロな極楽寺の駅舎にご挨拶した後、改札を抜けてホームで鎌倉行きの電車を待っていると、先ほど腰越でそれ違った300形が藤沢から到着。こちらに乗り込んで終点鎌倉まで向かいました。先程腰越では通り過ぎてしまい、じっくり見ることができなかったヘッドマークをここで拝見することに。ホームでは自分の他にもカメラやスマホで撮影するギャラリーの姿が見受けられました。

DESTYNY 鎌倉ものがたりHM'18.1.15
鎌倉駅でヘッドマークを拝見

 この後、市内のスタンプ設置個所でスタンプを押して完集。記念品のポストカードを貰って終了となりました(続く)。

スタンプラリー台紙&ポストカード
スタンプラリーの台紙(左端)と景品のポストカード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.07

【1/6】京成金町線に乗る

 1月6日の続き。松戸から常磐緩行線に乗って一駅、金町に降り立ちました。ここからは再び下町日和きっぷのエリアへと戻ってきましたが、さっそく駅前にある京成金町駅に向かいホームでしばらく待っていると、京成高砂寄りから列車が到着。ドア横に「芝山鉄道」と書かれたステッカーが貼ってありました。後で調べたところ、京成3500形のうち芝山鉄道に所属する3537編成とのこと。

芝山鉄道3537@京成金町'18.1.6

芝山鉄道ステッカー
(2枚とも)京成金町から乗車した芝山鉄道所属の3537編成

 せっかくなので次の柴又で途中下車。ところが年明け早々なのか、駅前には帝釈天へ向かう人の波が出来ていて、駅前に鎮座する寅さんや妹さくらの像の周りには多くの観光客が記念撮影に興じておりました。思えば年明け早々、柴又の駅前に降り立ったことがあったかどうか記憶が定かではありませんが、外国人観光客の姿も加わって柴又の駅や帝釈天に通じる通りは人でごった返していました。

さくら像@柴又'18.1.6
多くの人でごった返していた柴又駅前coldsweats01

 そんなわけでゆっくりできないまま柴又を後にして次の京成高砂からは本線に乗り換え。この後、もう一度成田山開運号をお迎えすることにしましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.26

【1/4】年明けの大洗を散策する

 先月4日の続きですが、水戸からアニメ「ガールズアンドパンツァー」のラッピング車両に揺られて大洗に到着。さっそく市内をブラブラ散策することにします。ここは昨年8月の茨城交通のバスで訪れて以来となりましたが、今も商店街の店先にはアニメに登場するキャラクターの等身大パネルが置かれ、町全体がアニメの舞台そのままの雰囲気ですね。ただ年明け間もない時期とあってまだ正月休みの店も多く見受けられました。

大洗の街並み'18.1.4

戦車模型@大洗'18.1.4

風鈴@大洗'18.1.4
(3枚とも)正月明け間もない大洗の町を散策

 そんな大洗の町をブラブラしながら再び大洗駅へ戻ることに。この後は再び鹿島臨海鉄道に揺られて水戸へ向かうことにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.23

【1/3】鷲宮神社で初詣

 先月3日の続きですが、羽生から東武伊勢崎線に乗り換えて鷲宮で下車。歩いて鷲宮神社にやってまいりました。ずいぶん前に初詣のため訪れたことがありましたが、ここが舞台のアニメ「らき☆すた」がテレビで放映されて間もない頃で、参道には長蛇の列が伸びていて諦めて帰ってきたことがありましたが、今は多少待つものの並び始めてから20分ほどで本殿まで辿り着きました。

鷲宮神社'18.1.3

酒樽@鷲宮神社'18.1.3

釜揚げピザ@鷲宮神社'18.1.3
(3枚とも)鷲宮神社で初詣

 初詣を済ませた後は伊勢崎線沿線へ。実はここへ来る前に羽生駅で台湾鉄路の特急車両“普悠瑪”カラーのりょうもう号が浅草へ向けて通過するところを見送っており、その折り返しがそろそろ戻ってくる頃だったことから狙うことにしました。この界隈だとこれまで花崎駅寄りへ向かっておりましたが、新規開拓を兼ねて今回は久喜駅寄りに向かうことに。12時過ぎ、久喜方面からお目当てのりょうもう号がやってまいりました。

東武200系@鷲宮'18.1.3
鷲宮駅近くで“普悠瑪”カラーのりょうもう号をお迎え

 この後、鷲宮駅に戻り伊勢崎線に乗車。久喜へやってまいりましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧