カテゴリー「旅行・地域」の記事

2017.06.22

【5/3】外川つくしに出会う旅~銚子電鉄

 ゴールデンウィーク後半の連休初日となった先月3日は銚子へ日帰り旅。普通列車を乗り継いで銚子には10時前に到着しました。さっそく駅構内の外れにある銚子電鉄の乗り場へ。少し待っていると青いカラーの3000形がやってきました。こちらは何度か目にしたことはあるもののまだ未乗でしたが、「初海あおい」という何でも3000形を擬人化したキャラクターのヘッドマークが取り付けられていました。

銚子電鉄3000形@銚子'17.5.3

初海あおいHM'17.5.3

初海あおいデビュー記念入場券
(3枚とも)銚子電鉄の新しいキャラクター、初海あおいが登場heart01

 まずはこちらに乗って出発。この日のお目当ては、今年も運転が始まった銚子電鉄の鉄道むすめ、外川つくしのバースデー記念ヘッドマーク付き列車でしたが、この先笠上黒生で日中最後の交換列車があり、こちらに充てられている可能性が高かったことから一つ手前の本銚子で降りて待つことにしました。しばらくすると、緑色の2001編成が接近。予想通り外川つくしのヘッドマークが取り付けられていました。

銚子電鉄2000形@本銚子'17.5.3

銚子電鉄2501@銚子'17.5.3

外川つくしHM'17.5.3
(3枚とも)外川つくしバースデー記念ヘッドマーク付き列車に何とか乗車coldsweats01

 こうして再び銚子まで戻ってきましたが、この後仲ノ町の車庫へ引き上げる様子で日中の運用がないのが残念なところ。一旦改札を出て歩いて仲ノ町駅へ向かいました。窓口で外川つくしのヘッドマークのレプリカが2種類売っていたので、今年のデザインを購入。併せて外川つくしのイラスト入り入場券も手に入れて車庫を見てまいりました。このあたり、昨年と同じ流れになってしまいましたねcoldsweats01

仲ノ町駅舎'17.5.3

外川つくしレプリカヘッドマーク

銚子電鉄2000形&3000形@仲ノ町'17.5.3
(3枚とも)リニューアルされた仲ノ町駅で小休止happy01

 ここで過ごした後、最初に乗った3000形に乗り込み犬吠に到着。ここで今年も発売された外川つくしの記念券を入手してから歩いて外川駅まで向かいました。ここでも記念券を入手。折り返しの列車が来るまで漁港付近を散策してきましたが、ゴールデンウィークとあって観光客で賑わっていた犬吠駅とは対称にこちらは行き交う人もまばらでのんびり過ごせました。

外川つくしバースデー券

銚子電鉄3000形@犬吠'17.5.3

坂道@外川'17.5.3
(3枚とも)記念券を手に入れ、外川駅周辺を散策

 いつもだったら銚子行きに乗って観音駅で下車し、漬け丼の店でランチを済ませてから観音駅名物のたい焼きをデザートとなるところですが、すでに報じられたとおり今年3月でたい焼きの店が閉店となってしまい、楽しみが半減してしまいましたweep。どのみち漬け丼の店もゴールデンウィークで混んでいると思い今回はパス。銚子まで戻り、駅前の食事処で済ませた後、15時14分発しおさい82号に乗って帰ってきました。

特急しおさい82号@銚子'17.5.3
臨時特急しおさい82号で銚子を出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.18

週末パスで行く全国鉄道むすめ巡りその8~散ってしまった上田城千本桜

 4月22日から23日にかけて週末パスで回ってきた全国鉄道むすめ巡りもいよいよ大詰め。上田に戻り、帰るまで少し時間があったので上田城を訪ねてまいりました。20数年前に一度足を運んだことがあるものの記憶に全くと言っていいほど残っておらず、資料館のようなところを見学したのがかすかに残っているくらいでしたが、上田城と言えば数年前に八木沢まいのヘッドマークにも使われた千本桜が有名なところですね。

 駅から歩いて15分ほどで到着しましたが、駐車場の一角に枝垂桜が咲いていたくらいで、城内の桜はだいぶ散っておりましたweep。先程訪ねた別所温泉は見頃だった桜も上田の市街地はすでに盛りが過ぎてしまい、比較的接近しているエリアでも桜の盛りの時期がずれていることを認識した次第でしたが、あと1週間ほど早ければさぞかしきれいだったことと思います。その光景を頭の中に思い浮かべながら場内を散策。上田駅まで戻ってきました。

枝垂桜@上田城'17.4.23
上田城の桜はすでに散った後…weep

 帰りも新幹線を利用。来る時と同じく高崎まで乗車し、ここからは高崎線に揺られてのんびり帰ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.17

週末パスで行く全国鉄道むすめ巡りその7~上田電鉄を乗り歩く

 4月23日の続き。別所温泉行きの列車に揺られて終点までやってまいりました。さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印し駅前に出てみると、入口付近の桜が見頃を迎えておりました。丸窓まつりが5月に開催されていた時は桜の時期とずれていたこともあってこうした光景を目にすることはありませんでしたが、首都圏ではすでに桜の見頃は終わっており、ここ長野県では場所によってまだ見ることができるようですね。

別所温泉駅舎'17.4.23
桜咲く別所温泉駅に到着cherryblossom

 駅前のイタリアンの店でランチを済ませた後、見頃を迎えた通り沿いの桜を見ながら歩いて温泉街へ。別所温泉に来た以上、温泉には入って帰りたいところでしたが、温泉街に何ヶ所か点在する日帰り温泉施設のうち、今回は石湯に入ることにしました。「真田幸村公隠しの湯」と記された石碑が建物の前に鎮座しておりますが、小ぢんまりとした共同浴場で、温泉に入って旅の疲れを癒してきました。

石湯@別所温泉'17.4.22
共同浴場「石湯」で旅の疲れを癒す

 再び別所温泉駅に戻って上田行きの列車に乗車。2つ目の舞田駅に降り立ちました。ホームに設置された八木沢まいの駅名板にご挨拶した後、塩田平の景色を見ながら歩いて八木沢駅へ。相変わらず独特な駅舎がいい味をだしておりますが、しばらく駅近くで待っていると時折クルマで訪ねる人の姿を目にしました。メディアなどでこの付近から撮影された写真などが取り上げられることがあるようで、知名度もそれなりにあるようですね。

上田電鉄6000系@八木沢'17.4.23

待合室からの風景@八木沢'17.4.23

八木沢駅構内'17.4.23
(3枚とも)八木沢駅近くでのんびり過ごす

 結局正味1時間ほど滞在して上田行きに乗車し、そのまま終点に到着。この後、帰りの時間まで上田の町をブラブラしてきましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.05

【4/17】桃の花咲くわたらせ渓谷鐡道沿線を訪ねる

 4月17日は1日休み。まずは朝一番で病院へ向かいました。当時こちらにも書きましたが、すでに罹ってから早9年近くが経過。今は年1度の検査のみとなり、何とか無事に過ごしておりますhappy01。その病院も午前中に済んだので、この後は久しぶりにマイカーで遠出することに。どこへ行くかあれこれ考えた末、ちょうどわたらせ渓谷鐡道沿線の桃の花が見頃を迎えていたので、見に行くことにしました。

 行きは久喜インターから東北自動車道に乗り込み、栃木都賀ジャンクションから北関東道へ。太田藪塚インターで降りて一般道を走行していると、見慣れた光景が現れたと思っていたら、上毛電鉄の赤城駅前までやってきました。ここで大間々郵便局に寄って風景印を入手。年に何度か足を運ぶ地ではあるものの郵便局にはなかなか足を運んだことがなく、今回初めての入手となりました。

大間々局風景印'17.4.17
大間々局で風景印を入手

 その後、わたらせ渓谷鐡道に沿って通じる国道122号線に沿ってマイカーを走行。この道も日光を起点として東京都内へと通じておりますが、途中岩槻も通じているので自身にとっても馴染み深い道路ですね。そんな国道122号線を進んでいるうちに徐々に山深くなり、途中の休憩処でランチを済ませてからわたらせ渓谷鐡道の神戸駅に到着。ここでマイカーを止めてしばし過ごすことにします。

神戸駅舎'17.4.17
桃の花咲く神戸駅に到着

 ここを訪れるのは4年ぶりのことで(当時に記事はこちら)、前回は週末に訪れたこともあって多くの観光客でごった返していましたが、今回は平日なのでそれほどでもないだろうと思いつつも、それでも多くの人で賑わっておりました。駅周辺は桃や桜の花が見頃を迎えていましたが、跨線橋の上でしばし待っているとわたらせ渓谷鐡道のディーゼルカーが到着。出発まで見届けてきました。

わたらせ渓谷鐡道わ89-310形@神戸'17.4.17-1

わたらせ渓谷鐡道WKT-500形@神戸'17.4.17

わたらせ渓谷鐡道わ89-310形@神戸'17.4.17-2
(3枚とも)桃の花咲く神戸駅を行き交うわたらせ渓谷鐡道のディーゼルカー

 この後は来た道を折り返して水沼駅までドライブ。ここは駅に隣接して温泉施設があるので、一風呂浴びてからしばらく周辺で過ごしてまいりました。15時を過ぎ、幾分雲が出てまいりましたが、ホームでしばらく待っているとディーゼル機関車に牽引されたトロッコ列車が到着。平日だったので運用がないものと思い些か驚きましたが、ギャラリーもそれほど多くはなく、のんびり過ごせました。

わたらせ渓谷鐡道DE10-1537@水沼'17.4.17
水沼駅でトロッコ列車と出会う

 駅のすぐ前に郵便局があったので、風景印を貰ってから水沼駅を出発。途中、大間々駅近くにある焼きまんじゅうの店「美濃屋」で一串いただいた後、帰りは延々一般道を走らせて帰宅しました。

水沼局風景印'17.4.17

焼きまんじゅう@美濃屋'17.4.17
(2枚とも)寄り道しながら帰りは一般道を走行car

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その12~夕方の嵐山界隈を行く

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。南茨木から阪急に乗り換え、京都方面を目指します。大阪モノレールはJRとの接続がないため、今回のような18きっぷ利用だと些か不便なところ。この後は嵐電の嵐山駅へ向かいますが、南茨木から桂乗り換えで嵐山へ向かうことにします。もちろん乗車したのはマルーン1色の車両たち。短い時間でしたが、阪急の伝統を改めて感じ取りました。

阪急6300系&7300系@桂'17.3.18
阪急と言えばこのカラーですねwink>マルーン

 桂で乗り換えて終点の嵐山に到着。京都でも有数の観光地だけあって、周辺は多くの観光客が行き交っておりましたが、ちょうど春休みシーズンとあって学生風の若者の姿が多かったですね。去年は4月上旬に訪れたので桜が見頃を迎えておりましたが、さすがに今回はまだ早く、嵐電の嵐山駅へ向かうため歩いて渡月橋を横断。今回は駅と駅との間を移動しただけだったのと夕方とあって、ゆっくり過ごすことができませんでしたweep

渡月橋@嵐山'17.3.18
慌ただしく嵐山は移動dash

 こうして嵐電の嵐山駅に到着。建物内にあるインフォメーションで全国鉄道むすめ巡りのスタンプ押印と限定グッズを無事に手に入れた後、嵐電の電車に乗り込みました。せっかくの嵐電とあって乗らずに帰ってしまうのはもったいないところでしたが、JRの駅へ歩いて移動できる帷子ノ辻で下車。ちょっとだけ嵐電沿線を散策してまいりました。6年前の2011年に乗り歩きしていますが、時間があるときにのんびり過ごしたいところですね。

全国鉄道むすめ巡り幟@嵐山'17.3.18

嵐電モボ611形@嵐山'17.3.18

嵐電モボ101形@嵐山'17.3.18
(3枚とも)嵐山から嵐電に乗車

 このまま歩いて山陰本線の太秦駅に到着。ここから京都へ向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.18

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その8~水間鉄道を訪ねる

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。3月18日の朝を迎え、ホテルをチェックアウトしてから堺駅へ向かいます。この日はまず水間鉄道沿線を訪ねるため貝塚へ向かうことに。時刻表を眺めていたら、ちょうどラピートが来るとのことで一区間だけでしたが岸和田まで揺られることにしました。普段、なかなか乗る機会のない特急列車の一つですが、改めて先頭車両の斬新な顔つきはインパクト大ですねcoldsweats01

南海50000系@堺'17.3.18
堺から岸和田まで一区間だけラピートに乗車

 岸和田から乗り換えて貝塚に到着。そのまま隣接する水間鉄道の乗り場へ向かいます。今から20年以上も前に乗ったのが最後で、かすかにここから元東急の車両に揺られて終点に降り立った記憶が残っている程度ですが、当時撮影した貝塚駅の駅舎を見るとあまり変化はないようですね。早速窓口で水間鉄道の鉄道むすめ、水間みつまがデザインされた1日乗車券を入手。元東急の車両に乗り込み、貝塚を後にしました。

貝塚駅舎'17.3.18

一日フリー乗車券'17.3.18

水間鉄道1006@貝塚'17.3.18
(3枚とも)貝塚から水間鉄道に乗車

 途中、近義の里と石才との間でJR阪和線の線路の下を潜り抜けましたが、水間鉄道が大正15年に全線開業したのに対して阪和線は昭和に入ってからの開業とのことで、水間鉄道の方が古いですね。JRとの接続が全くなく、遠方からだと些か乗りにくい鉄道路線の一つと言えそうですが、のんびり揺られながら終点の水間観音駅に到着。さっそくスタンプを押してきました。

水間観音駅舎'17.3.18
終点の水間観音駅に到着

 駅前から寺院風の駅舎を拝んだ後、駅名にもなっている水間観音を訪ねることに。駅から歩いて10分ほどで到着しました。まだ朝早い時間だったこともあり、境内は人もまばら。本殿はなかなか立派な造りで、境内には三重塔も聳え立つなど見ごたえのある寺院でしたね。元々水間鉄道はここ水間観音の参拝客を運ぶ目的で開業した路線だけに足を運んでおきたいところです。

三重塔&本殿@水間寺'17.3.18
水間観音を訪問

 この後、水間観音駅に戻って貝塚行きに乗車。再び南海に乗り換えて和歌山を目指します(続く)。

水間みつま貼紙@貝塚'17.3.18
水間鉄道の鉄道むすめ「水間みつま」heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.14

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その4~近江鉄道に揺られて

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。高宮から再び本線に乗り込み、豊郷で途中下車しました。ここに降り立つのは一昨年10月以来。今回は郵便局で風景印を貰ってくるのが目的だったので、1時間ほどの滞在となりました。郵便局の窓口が思いの外混んでいましたが、せっかくだったので旧豊郷小学校もさくっと見学。平日とあって観光客の姿はまばらでしたが、人気アニメの舞台となっているこの地には今も多くの人が訪れているようですね。

豊郷局風景印'17.3.17

旧豊郷小学校'17.3.17

初音ミク飛び出し坊や@豊郷'17.3.17
(3枚とも)豊郷で1時間ほど滞在

 再び列車に乗り込んで八日市に到着。さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押すことにしましたが、台が不安定だったせいか押したスタンプにムラができてしまいましたweep。思えばちょうど1年前、ここ八日市駅に夜遅くに到着した後、大宮行きの夜行高速バスに乗ろうとしたら、乗り場が思いの外遠かったこともあって乗り遅れるハプニングがありましたが、どうもこの地は自分にとっては鬼門のようですねcoldsweats01

全国鉄道むすめ巡りポスター@八日市'17.3.17

八日市本町局風景印'17.3.17
(2枚とも)八日市でスタンプを押すも…coldsweats01

 駅近くにある郵便局で風景印を貰い、ここから今度は近江八幡行きの列車に乗車。鉄道むすめのラッピング車両が運用に就いておらず、今回はちょっと残念な格好となってしまいましたが、リベンジをするべくこちらは次回に取っておこうと思いつつ終点に到着。ここから再び東海道本線に乗り換え、西へ向かいます(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.13

つなげて!全国鉄道むすめ巡り関西編その3~多賀大社を訪ねる

 全国鉄道むすめ巡り関西編の続き。地下鉄東山線に揺られて名古屋までやってきました。通勤ラッシュでごった返す中JRの改札口へ向かい、青春18きっぷの2日目に日付を入れてホームへ。東海道本線の下り列車に乗り込み、大垣乗り換えで米原までやってきました。ここからはJR西日本管内となりますが、一つ先の彦根へ向かいここで下車。この後は近江鉄道に乗り換えますが、次の列車まで時間があったので、駅近くの郵便局に立ち寄りました。

彦根駅前局風景印'17.3.17
彦根駅近くの郵便局で風景印を入手

 駅に戻って近江鉄道の乗り場へ。早速窓口で「1デイ・スマイルチケット」を手に入れました。近江鉄道のフリーきっぷはかつて週末の限られた日しか利用できなかった記憶がありますが、今は週末だけでなく金曜日も利用できるようになり、使い勝手がよくなりましたねhappy01。もちろん全国鉄道むすめ巡りの限定グッズも併せて入手しましたが、一方構内に目をやると2本の鉄道むすめのラッピング車両が入庫しており、運用には就いていませんでしたweep

近江鉄道800形@彦根'17.3.17
鉄道むすめのラッピング車両はお昼寝sleepy

 11時35分発貴生川行きで彦根を出発。そのまま全国鉄道むすめ巡りのスタンプが設置されている八日市まで向かわず、途中の高宮で多賀大社前行きの列車に乗り換えました。せっかくなので近江鉄道沿線を乗り歩こうと思った次第で、高宮と多賀大社前を結ぶ多賀線は20年以上も前に初乗りを済ませておりますが、中間に1駅あるだけの短い路線とあって、あっという間に終点に到着してしまいましたcoldsweats01

多賀大社前駅舎'17.3.17
駅前に鳥居を構える多賀大社前駅に到着

 この後は駅名にもなっている多賀大社を訪問。初乗りの時はそのまま折り返してしまったので、今回初めての訪問となりました。駅前にでんと構える鳥居をくぐり、歩くこと10分ほどで神社の入口に到着。思っていた以上に広い境内でなかなか立派な神社でしたねwink。また境内の周りには昔ながらの街並みが残っており、のんびり歩きながら古い町並みを堪能してまいりました。

山門@多賀大社'17.3.17

多賀大社の街並み'17.3.17

多賀局風景印'17.3.17
(3枚とも)多賀大社を訪問

 郵便局に寄ったりしながら結局1時間半ほど過ごし、13時25分発高宮行きに乗車。ここから再び本線の列車に乗り換え、先を目指します(続く)。

高宮駅構内'17.3.17
大きく二股に分かれる高宮駅のホーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.06

【3/12】つなげて!全国鉄道むすめ巡り横浜シーサイドライン編

 先月12日は自宅をゆっくり目に出発。横浜へ向かいました。前の日に新潟から帰ってきたばかりでしたが、思えば昨年までは次の日に鬼怒川温泉へ足を運んでいたので、それに比べれば今年は幾分余裕がありましたね。まずは腹ごしらえをしようと思い、根岸線の石川町で下車。中華街でランチタイムといたしました。すでに春節の時期は過ぎていましたが、この日も多くの人で大賑わいでしたcoldsweats01

善隣門@横浜中華街'17.3.12

鶏肉とカシューナッツ炒め@横浜中華街'17.3.12

雑貨店看板@横浜中華街'17.3.12
(3枚とも)久しぶりに中華街でランチタイム

 腹が満たされ、再び根岸線に乗って新杉田へ。早速横浜シーサイドラインの乗り場へ向かいました。もちろん目的は全国鉄道むすめ巡りのスタンプでしたが、駅構内の至る所に柴口このみのイラストが溢れ、相変わらず押していることが伺えますね。そんな中を見守られ新杉田を出発。スタンプの設置されている並木中央に到着し、早速スタンプを押印してきました。

柴口このみ@新杉田'17.3.12-1

柴口このみ@新杉田'17.3.12-2

横浜シーサイドライン2000形@並木中央'17.3.12
(3枚とも)相変わらず柴口このみ押し~シーサイドラインheart04

 シーサイドラインといえば、ここ並木中央で今年も「シーサイドラインフェスタ2017」が明後日4月8日に開催され、多くの人で賑わうことと思いますが、何分イベント開催時は慌ただしくなってしまいスタンプを落ち着いて押すことも難しいところで、今回事前に訪ねて押してきた次第でした。もちろん明後日は自分も訪ねる予定で、今年も盛りだくさんなイベントに期待したいですねheart01

横浜シーサイドライン2000形@金沢八景'17.3.12
シーサイドラインはやはり海辺の風景が似合いますship

 この後は終点の金沢八景へ。改修中の駅舎を横目で見ながら京急沿線へ向かい、しばし撮影タイムとしました。あてもなくのんびりカメラを構えていたら、久里浜寄りから「京急イエローハッピートレイン」が接近。こちらも特段目指しているわけではありませんが、出会えると何か得した気分になりますね(^^♪。そのまま歩いて金沢文庫駅へ向かい、ここから一気に都内へ向かいました。

京急1000形@金沢八景'17.3.12
京急イエローハッピートレインと対面wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.05

【3/11】新潟淡麗 にいがた酒の陣2017を訪ねる

 先月11日は家内と2人で新潟へ。ここ数年足を運んでいる「にいがた酒の陣2017」を訪ねてまいりました。例年だと鬼怒川温泉のイベントと重なることから日帰りでしたが、今年は5月になったことから当初1泊2日の旅行商品を申し込もうとしたらすでに一杯とのことで今年も日帰りに。おまけに行きの新幹線も普通車は朝の便が軒並み満席とのことで、やむなくグリーン車利用となりました。

とき301号@新潟'17.3.11
朝一番のとき号で新潟に到着

 とき301号は8時13分、終点の新潟に到着。ここで家内の同僚と合流してタクシーに分乗し、会場の朱鷺メッセに到着しました。時刻は午前8時半を過ぎた頃。すでに長い列が伸びており、さっそく最後尾に付くことにしましたが、3月も中旬に差し掛かったこの時期、雪はないものの春の陽気にはまだまだ遠く、寒い中を延々1時間半近く待ってようやく会場へ入りました。

朱鷺メッセ'17.3.11
会場の朱鷺メッセに到着

 入口で専用の猪口を貰い、テーブル席を確保。各酒蔵のブースを巡りながら試飲してまいりました。特段銘柄は気にしない性質で、何でも飲むタイプでありますがcoldsweats01、今年は昨年12月に糸魚川市で発生した大火で焼失した加賀の井酒造がブースを出していて、試飲はできなかったものの、設置されていたメッセージボードには多くの来場者が激励のメッセージを寄せておりました。

にいがた酒の陣@朱鷺メッセ'17.3.11

乾杯@にいがた酒の陣'17.3.11

ノドグロ丼&寿司@にいがた酒の陣'17.3.11
(3枚とも)今年も飲んだり食べたり楽しみました>にいがた酒の陣

 このにいがた酒の陣も2014年に初めて参加して今年で4年連続の訪問となりましたが、新潟県内の酒蔵で製造された銘柄を試飲できるだけでなく、各ブースで売られているつまみ類を持ち寄って食べることができるので楽しいですね。またテーブル席で隣り合わせたグループと意気投合しながら入手した酒を振る舞うという光景もあちこちで見られ、単なる試飲イベントでは収まらない楽しみがあります。来年も再訪したいですねhappy01

 今年は会場でゆっくり滞在し、夕方近くに朱鷺メッセから退散。バスに乗って新潟駅まで戻ってきました。帰りの新幹線の出発が19時前だったので、駅前の居酒屋で再度飲み直し。会場でもノドグロ丼を頂きましたが、ここでもノドグロの塩焼きを味わって少し早目に出店しました。すっかり暗くなった駅前から改札を抜けて新幹線ホームへ。羽越本線から戻ってきた「きらきらうえつ」と対面後、18時56分発とき344号で帰りの途につきました。

ノドグロ塩焼き@まいど'17.3.11

485系@新潟'17.3.11

NGT48ポスター@新潟'17.3.11
(3枚とも)駅前で軽く打ち上げ後、新幹線で帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧