カテゴリー「鉄道むすめ」の記事

2017.02.20

【2/4】冬の秩父路散策その1~今年も運転、急行ロウバイ号

 今月4日は秩父鉄道沿線へ向かうべく川越線に乗車。途中、高麗川で降りて後続の東京行き直通に乗り込みました。駅構内にある電光掲示板を見ると、「川越」と「高崎」の表示挟まれて「東京」の文字が表示されていて、目的地が広範囲に点在していることが確認できましたが、高崎へ向かうディーゼルカーを見送った後、オレンジの帯が入ったE233系が入線。次の東飯能までの一駅だけ揺られました。

E233系@高麗川'17.2.4
高麗川でこの車両を見ると新鮮味が湧きますねhappy01

 東飯能で降りるとすぐ隣の西武の乗り場へ直行。窓口で秩父フリーきっぷを入手し、7時53分発の秩父鉄道直通に乗り込みます。途中横瀬で長瀞行きを切り離し、秩父鉄道線内へ乗り入れ。この日はまず、三峰口行きの急行をお迎えすることにしますが、いろいろと考えた末に武州中川駅で降りることにしました。熊谷寄りの線路脇で待っていると、ヘッドマークを付けた急行が接近。桜沢みなののイラストが小さくデザインされていました。

秩父鉄道6000系@武州中川'17.2.4
今年も桜沢みなののイラスト入りヘッドマークを付けた急行ロウバイ号が運行

 この後、後続の列車に乗り込んで終点三峰口へ移動。ここでも後からやって来る急行列車を待つことにします。駅から歩いて数分の警報器のない小さな踏切の側でしばし待機していると、先程とは異なるデザインのヘッドマークを付けた6000系が接近。この日、旧急行色の6003Fが運用に就いていなかったのでこちらに付いているヘッドマークを拝むことができなかったのは残念なところでしたね。

秩父鉄道6000系@三峰口'17.2.4
別バージョンの急行ロウバイ号のヘッドマーク。結局この日拝めたのは2種類のみweep

 この後は11時21分発の熊谷行き急行に乗車。駅に戻り、窓口で急行券と台紙に桜沢みなののイラストがデザインされている「ロウバイ観賞記念乗車券」を手に入れてから出発しました(続く)。

秩父鉄道6202@三峰口'17.2.4

急行ロウバイ号HM'17.2.4

ロウバイ観賞記念乗車券
(3枚とも)桜沢みなののイラストが入った記念乗車券を手に入れ、三峰口を出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.07

【1/9】地方民鉄ガタゴト電子スタンプラリーに参加する~伊豆急

 先月3日から有効の北海道&東日本パスの最終日となった先月9日、地元宮原駅から高崎線に乗り込み、上野東京ラインを経て東海道本線で熱海までやってきました。ここからは伊東線の伊豆急下田行きの列車に乗り換え。東海道本線からの接続が今一つで、出発を待つ間はホームで後続の特急踊り子号をお迎えしながら過ごしておりました。熱海を出発後、伊東から伊豆急線内に乗り入れ。この日最初の目的地である伊豆高原に到着しました。

185系@熱海'17.1.9
2日続けて185系と対面

 ここを訪れたのは、1月6日から始まった「地方民鉄ガタゴト電子スタンプラリー」をするためでしたが、予めスマホにダウンロードしたアプリにシリアル番号を登録する必要があるため、まずは各事業者で販売している記念乗車券を入手することに。ところが駅構内を探してもスタンプラリーに関する案内が見当たらず、一時は諦めかけていたものの、駅員に聞いて何とか記念乗車券を入手。シリアル番号を登録し、無事押印となりました。

地方民鉄ガタゴト電子スタンプラリー記念乗車券
鉄道むすめがデザインされた伊豆急の記念乗車券

 ちなみにここ伊豆急の記念乗車券は、スタンプラリーに参加している5社のキャラクターがデザインされたものですが、伊豆急と伊豆箱根鉄道、それに上毛電鉄はそれぞれ鉄道むすめがデザインされており、今回伊豆急を訪れたのもこちらがお目当てでしたheart04。一方電子スタンプは生まれて初めての体験でしたが、スタンプを2個集めればキャラクターがデザインされたクリアファイルを貰えるので、まずはそちらを目指すことにします(続く)。

城ケ崎なみ等身大パネル@伊豆高原'17.1.9
全国鉄道むすめ巡りで再訪予定~伊豆高原駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.02

【1/3】寄居からパレオに乗る~秩父鉄道

 先月3日の続きですが、高崎14時37分発の高麗川行きに乗車。何とか座ることができましたが、車内は混雑していて立ち客も出るほどでした。その混雑も途中の群馬藤岡か児玉あたりまでで落ち着くだろうと思っていましたが、むしろ各駅で乗り込んできてさらに車内は混雑。何分1時間に1本程度の路線なので乗客が集中してしまうところですが、以前は区間運転があったはずでもう少し本数があってもいいところ。

キハ110-207@寄居'17.1.3
八高線のディーゼルカーで寄居に到着

 若干の遅れが生じたものの、寄居にはほぼ定刻に到着。ここから20分ほどの待ち時間で熊谷行きのパレオに乗り換えます。今回も事前にwebで予約をしていたので、まずは窓口で整理券を入手。もちろん目当てはweb予約で貰える桜沢みなののイラスト入り缶バッジでcoldsweats01、それ目当てであれば団体客が降りて車内が落ち着く寄居からの乗車の方がのんびり過ごせますね。

SL整理券&缶バッヂ他
寄居駅でパレオの整理券の他、いろいろと入手wink

 ホームでしばらく待っていると、秩父寄りから煙を吐きながらパレオが到着。正月三が日は「SL秩父路初詣号」と名付けられ、特製のヘッドマークや日章旗、さらに正月飾りが取り付けられるなど、新年にふさわしい出で立ちとなりました。さっそく乗り込み、ボックスシートに着席。予想していた通り車内は空席が目立ち、おかげでのんびり汽車旅を堪能することができました。

SL秩父路初詣号@寄居'17.1.3
寄居からSL秩父路初詣号に乗車

 こうして16時18分、終点熊谷に到着。今回はじっくりSLの撮影はできず、ホームでヘッドマークを拝んでまいりました。

秩父鉄道C58363@熊谷'17.1.3
9時間ぶりに熊谷へ戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.30

【1/3】上毛電鉄新春イベント2017を訪ねる

 今月3日の続きですが、熊谷駅からバスに揺られて1時間弱、県境を越えて終点の太田駅までやってきました。ここからは東武桐生線に乗車。終点で上毛電鉄に乗り換えます。今年も新年3日に上毛電鉄のイベントが大胡電車庫で開催されるとのこと。当初は秩父鉄道沿線で1日過ごそうと思っていましたが、会場で上毛電鉄の鉄道むすめ、北原ゆうきのポストカードが貰えるとのことで、これ目当てでやってきてしまいましたwink

上毛電鉄デハ100形&デキ3021号@大胡電車庫'17.1.3

上毛電鉄700型@大胡'17.1.3

北原ゆうきポストカード
今年も上毛電鉄新春イベントを訪問wink

 昨年のイベントでは、北原ゆうきがデザインされたヘッドマークを付けてデハ101号が運転されたものの今年はなし。さらに今回は午後から運転とのことで、この点はこれまでと変わったところでした。実はこの後の予定では一気に寄居まで移動することになっておりましたが、1本だけお迎えできそうだったので少し早目に大胡を発って中央前橋駅近くで待つことに。定番の橋の上でのんびりお迎えしました。

上毛電鉄デハ100形@中央前橋'17.1.3
今回のデハ101号の臨時運転は午後から

 時刻は13時を少し過ぎたところ。今回は少し早目ですが、上毛電鉄沿線からは離脱となりました。ここからJR前橋駅まではシャトルバスに乗車。最近では珍しくなったバスカードが今も現役で、手持ちのカードを消化させていただきました(続く)。

日本中央バス@中央前橋'17.1.3
たまにはバスで移動・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.22

【12/18】鬼怒川みやびバースデーフェスタ2016に参加する

 先月18日の続きですが、あちこち寄り道してから浅草に到着。この後はこの日の目的である「鬼怒川みやびバースデーフェスタ2016」に参加します。前日のシーサイドラインに続いて鉄道むすめ関連のイベントに参加となりましたが、受付を済ませてから11時半前にスタッフの案内でホームへ向かうと、団体列車に使用される350系がすでに入線しており、さっそく乗車。11時40分、浅草を出発しました。

鬼怒川みやびバースデーフェスタ2016貼紙@浅草'16.12.18
鬼怒川温泉へ向けて出発heart01

 出発してすぐに車内では鬼怒川みやびの新デザインがお披露目。パネルを覆っていた布が取り払われると、鬼怒川温泉の鬼のキャラクター、KINUちゃんとKAWAちゃんの2人の鬼を手に乗せた鬼怒川みやびのイラストが現れました。この鬼のキャラクター、鬼怒川温泉駅の改札前に設置されている顔出しパネルで記憶していますが、鬼怒川温泉を代表するキャラクターの競演と相成りましたhappy01

鬼怒川みやび新イラスト'16.12.18
車内でお披露目された鬼怒川みやびの新イラスト

 その後ミス鬼怒川の2人による弁当配布が行われ、そちらを頂きながらしばし流れる車窓を堪能。列車は東武動物公園でいったん停車し、2週間前に東武ファンフェスタが盛大に開催された南栗橋車両工場の脇を通り過ぎると、栗橋でも停車しました。浅草を出発した際、栗橋で停車する旨の案内があり、これは何かあるなと思っておりましたが、出発後しばらくするとバースデーケーキが団体客に振る舞われ、どうやらここで搬入された様子happy01

記念弁当'16.12.18

記念弁当中身'16.12.18

鬼怒川みやびバースデーケーキ'16.12.18
(3枚とも)車内で振る舞われた記念弁当とバースデーケーキbirthday

 団体列車は埼玉県から群馬県に入り、板倉東洋大前に到着。ここでしばらく停車となりましたが、車内ではこのイベントの目玉の一つである落語家、古今亭駒次さんによる鉄道落語が開かれました。列車の車内で落語というと都電が思い出されますが、恥ずかしながらナマで落語を聞くのは今回が初めてで、鉄道をネタにした落語で車内は大いに盛り上がりましたhappy01

鬼怒川みやびねんどろいど'16.12.18
ねんどろいど鬼怒川みやびも参加heart04

 その後、車内ではグッズが当たるゲーム大会やトークショーが開催。トークショーでは今年2月からスタートする全国鉄道むすめ巡りに関する話題がありましたが、しばらくすると列車は下今市に到着し、駅構内では今年夏の運行に向けてSL関連と思われる施設が建設中でした。こうして14時半過ぎ、団体列車は鬼怒川温泉に到着。浅草を出発してほぼ3時間、あっという間の団体列車は終点に到着と相成りました。

鬼怒川みやびバースデーフェスタ記念乗車証

東武350系@鬼怒川温泉'16.12.18
(2枚とも)鬼怒川温泉に到着

 この後、15時から駅前のバウムクーヘン工房はちやでティーパーティが開催されるとのことでしたが、残念ながらこの後15時5分発の新宿行きスペーシアきぬがわ6号の指定券を事前に押さえてあったのでこれにて解散。この日の鬼怒川温泉での滞在時間は30分ほどとなってしまいましたweep。何分えきねっと割引で大宮まで2千円ほどというのは魅力なところで、些か心残りがあったものの鬼怒川温泉を後にいたしました。

車庫@下今市'16.12.18
下今市駅構内に建設中の構築物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.19

【12/17】クリスマス列車「柴口このみ号」に乗る~横浜シーサイドライン

 先月17日の続きですが、杉田駅から歩いて新杉田駅までやってきました。この後、シーサイドラインのクリスマス列車「柴口このみ号」に乗り込みますが、2014年からスタートしたこのイベントも今回が3回目となり、すっかり定着した感がありますね。今回は19時30分発の便を押さえてありましたが、だいぶ早くに到着してしまいスタッフに確認したところ、前の便への振替がOKとのことで、1本前の便に乗ることになりました。

柴口このみポスター@新杉田'16.12.17
2016年も開催heart01~クリスマス列車「柴口このみ号」

 受付を済ませ、出発まで改札口付近でブラブラ過ごしておりましたが、今年も全国の鉄道会社に所属する鉄道むすめのパネルが設置され、行き交う人がその前に足を止めておりました。昨年よりも数が増えており、なかなか見ごたえがありましたねcoldsweats01。そんな中過ごしていると、最初の便がホームに到着しましたが、使われている車両が他の2000形の中でも塗装の塗り分けが異なる第46編成でした。

鉄道むすめ等身大パネル@新杉田'16.12.17

クリスマス列車「柴口このみ号」ポスター@新杉田'16.12.17

横浜シーサイドライン2000形@新杉田'16.12.17
(3枚とも)鉄道むすめで埋め尽くされた新杉田駅heart04

 シーサイドラインのイベントではお馴染みのキャンペーンガールのお出迎えを受け車内に乗り込むと18時ちょうど、第2便は新杉田を出発。車内は今年も鉄道むすめのキャラクターで埋め尽くされて、乗っているこちらも正直圧倒されてしまうほどでしたねcoldsweats01。クリスマス列車は並木中央を出ると本線を離れ、車両基地の中へ。普段乗ることができない区間に乗れるとあって、鉄道むすめメインのイベントながら、なかなか濃い演出であります。

クリスマス列車「柴口このみ号」乗車口@新杉田'16.12.17

柴口このみ号車内装飾'16.12.17

クリスマスツリー@柴口このみ号車内'16.12.17
クリスマス列車「柴口このみ号」に乗車heart01

 今回もゲームありグッズが当たる抽選会ありと車内は大いに盛り上がり、50分間はあっという間に過ぎていきました。こうして再び新杉田に到着。この後、大船経由でまっすぐ帰ってまいりました。

クリスマス列車「柴口このみ号」戦利品
今回の戦利品。なかなかてんこ盛りでしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.11

【12/4】東武ファンフェスタを訪ねるその1

 先月4日の続きですが、春日部から東武スカイツリーラインの列車に揺られて南栗橋までやってきました。駅構内でSL大樹のポスターが目に留まりましたが、今年夏に鬼怒川線で運行開始されるSL列車の愛称が「大樹」と決まり、いよいよ運行開始が近づいていることが実感できましたね。早く乗車したいところですが、運行開始直後はそれなりに人出も多そう。とは言え2月からは全国鉄道むすめ巡りも始まるので、果たしてどうしたものか…。

SL大樹ポスター@南栗橋'16.12.4
南栗橋でSL大樹のポスターがお出迎え

 駅から会場までは例年通り歩いての移動。しかし今回は入口が普段よりも南栗橋駅寄りへ戻った付近となりました。そのため、これまで足を踏み入れてないところを進んだこともあって見慣れない景色に触れることができたのは新鮮でしたね。そんな中、気になる構造物の存在を発見。構内に造られたホームに目が行きましたが、前からあったものなのかどうかはわからず、どんな用途なのかちょっと気になりますね。

ホーム@南栗橋車両工場'16.12.4
車両基地内で見かけた気になるホーム

 受付で会場の案内図と併せて恒例の車両型ティッシュボックスをゲット。今年のデザインは300系でした。「ゆのさと」や「きりふり」などの特急列車でお馴染みですが、今年からは新型特急車両「リバティ」の運行が開始され、今後の動向が気になるところですね。昨年末、300系や350系を使用した臨時列車や団体列車がいろいろと設定されておりますが、気になる存在であります。

東武300系ティッシュボックス
今年のティッシュボックスは300系

 さっそく会場内をブラブラすることにしますが、今年も例年通りまずはグッズ販売のブースへ。どうしても鉄道むすめ関連のものに目が行ってしまいますが、トミーテックブースで東武の鉄道むすめをかたどったアクリル製のフィギュアを、そして栗橋商工会のブースでは2017年のカレンダーを手に入れてきました。カレンダーは今回2種類販売とのことで両方入手してきましたが、イベントの予定が記されており、チェックしておきたいところ。

鉄道むすめアクリルフィギュア

東武鉄道むすめ2017年カレンダー1

東武鉄道むすめ2017年カレンダー2
(3枚とも)今回の戦利品heart01

 この後は車両撮影会へと進みますが、ボリュームがあるのでここで一旦切りたいと思います(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.08

【11/30】午後からネタ探し~京急・横浜シーサイドライン

 11月30日は午後から休みを取って横浜方面へ。京急に乗って能見台までやってきました。ここで降りたのは駅近くにある郵便局を訪ねるため。で風景印を貰うため。ここと隣の金沢文庫駅近くの計2局で貰ってきました。午後からだとどうしても訪ねる郵便局に限りがあるので多くは足を運ぶことができませんが、最近は近場の局も概ね蒐集し尽くしており、なかなか集まりにくくなりつつあります。

風景印'16.11.30
この日集めた風景印2種

 その後、金沢八景との間の区間で撮影しながら進むことに。曇りがちな天気でしたが、いろいろネタが行き来して退屈しませんでした。この日は黄色から青まで来ましたが、最近京急沿線を訪ねると古参となった800形に目が行くようになりましたね。こちらも去就が気になるところですが、そういえば金沢文庫駅ではリバイバル塗装の記念乗車券が発売され、こちらも1部手に入れてきました。

800形リバイバル塗装記念乗車券

京急600形@金沢文庫'16.11.30

京急1000形@金沢文庫'16.11.30
金沢文庫で手に入れた記念乗車券(画像一番上)と赤くない京急coldsweats01

 この後は金沢八景からシーサイドラインへ乗り換えて新杉田へ。ちょうど鉄道むすめ、柴口このみの新しいイラストが公式サイトで発表されており、金沢八景や新杉田の各駅構内に新しいイラストが至る所で出ておりました。そのシーサイドラインといえば月が替わった12月に恒例のクリスマス列車が運転されましたが、こちらも乗車してきましたので、いずれ紹介したいと思います。

柴口このみイラスト@金沢八景'16.11.30
新しいこのみ嬢のイラストが登場したシーサイドラインheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.30

【11/23】「いずっぱこ」沿線を乗り歩く

 先月23日の続き。ここからはイベント会場を離れて駿豆線沿線を乗り歩くことにします。駅から歩いて15分ほど三島寄りに行った定番の田園地帯にやってきましたが、この日はあいにく富士山の姿を見ることができませんでしたweep。時期的にはだいぶ気温が下がってきていたので期待していたものの、今回は残念なところでしたが、そんな中アニメ「ラブライブサンシャイン」ラッピング車両や185系などいろいろ目にすることができました。

伊豆箱根鉄道3000系@大場'16.11.23
この日は富士山は見えず…weep

 大場駅に戻って修善寺方面の列車を待つことに。次の列車はJR線からの特急踊り子109号でしたが、駿豆線内は特急料金が不要なので乗り得ですねhappy01。ところが何分主要駅のみの停車なので返って身動きが取れなくなってしまうのが悩ましいところで正直迷うところ。しかし優等列車に運賃のみで乗車できるという誘惑には勝つことができず、そのまま乗り込んで終点まで向かいました。

特急踊り子109号@修善寺'16.11.23
踊り子号で修善寺に到着

 5月に訪れた時にはまだ設置されていなかった修善寺まきのの等身大パネルに出迎えられ、そのままエキナカの土産物屋に併設されているそばやでランチタイム。この後は先ほど大場で撮影したラッピング車両に乗って折り返します。間近で目にすると派手なラッピングに圧倒されてしまいますが、5月に乗車した時に車内で見かけたアニメのキャラクター満載の吊り広告は通常の広告に変わっておりました。

修善寺まきの等身大パネル@修善寺'16.11.23

桜えび天そば@修善寺'16.11.23

ラブライブサンシャインラッピング'16.11.23
(3枚とも)修善寺から折り返し

 この後、再び大場で下車。三島からの折り返しをお迎えしようと思いましたが、ここから函南へ向かう伊豆箱根バスの時間がうまく繋がらず結局断念。ここでいずっぱこ沿線を離れ、バスでショートカットすることにしました。これまで何度か利用したことのある路線で、時間帯によってはこちらの方が短い時間で移動が可能に。小さいバスに揺られて函南駅に到着した後、ここから東海道本線に乗ってまっすぐ帰ってきました。

伊豆箱根バス@函南駅'16.11.23
帰りはショートカットして函南駅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.29

【11/23】いずはこねふれあいフェスタを訪ねる~伊豆箱根鉄道

 今年は大雄山線での“赤電”の運転や鉄道むすめの登場など、何かと話題が多かった伊豆箱根鉄道でしたが、その締めとなる「いずはこねふれあいフェスタ」が先月23日の勤労感謝の日に行われるとのことで訪ねてくることに。東海道線を乗り継いで三島までやってきました。さっそく伊豆箱根鉄道の窓口で1日乗車券「旅助け」を入手。きっぷが絵馬の格好なので持ち運びにやや難点がありますねcoldsweats01

旅助け&時刻表
三島で手に入れた1日乗車券「旅助け」と修善寺まきののイラストが入った線内時刻表

 修善寺行きに乗り込んで大場に到着。まっすぐイベント会場がある大場工場へ向かうと、すでに来場者の列が伸びておりましたが、進んでいたので短い時間で中に入ることができました。まずは欲しいものを手に入れてこようと鉄道グッズ販売のブースへ直行。鉄道むすめ関連のグッズを中心にいろいろ散在してきました。中でも近江鉄道のブースにあった西武グループ3社の記念乗車券は収穫でしたね。おかげで3社全てが揃いましたwink

戦利品'16.11.23
この日の戦利品heart01

 一方、会場内に目を向けてみると、恒例の凸型電気機関車と並んで黄色に塗装された1300系の姿がありました。どこか懐かしい塗り分けですが、こちらは「いずっぱこイエローパラダイストレイン」と名付けられ、その後今月に入ってから営業運転を開始しました。ラブライブのラッピング列車やJR乗り入れの185系と並び楽しみが増えましたが、来年2月からは全国鉄道むすめ巡りがスタートするので、早いうちに再訪したいですね。

伊豆箱根鉄道1300系@大場工場'16.11.23

伊豆箱根鉄道1300系&ED32形@大場工場'16.11.23

高海千歌イラスト@伊豆箱根タクシー'16.11.23
(3枚とも)イベント会場の様子

 以前は地元のイベントという印象で鉄分が少なめの印象がありましたが、今年は鉄分も十分あって楽しませてくれましたねhappy01。この後は近場でいろいろネタ探ししてきましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧