カテゴリー「鉄道むすめ」の記事

2018.02.13

冬の山形鉄道を訪ねるその4~18きっぷで帰りの途に

 冬の山形鉄道を訪ねる旅の続きもすでに目的を果たし、後は帰るのみとなりました。赤湯駅では8分ほどの接続で米沢行きの列車があり、そちらに乗り換えることにしましたが、その前に駅舎内の売店で鮎貝りんごのイラストが入ったワインを入手してまいりました。前回訪れた昨年3月にも見かけましたが、その時は福島から夜行高速バスで帰る予定だったことから荷物が重くなりそうだったため断念。今回はお土産に致しました。

鮎貝りんごワイン
お土産のワインはクリスマスに頂きましたbar

 18きっぷの3日目の欄に日付印を押して貰い、11時38分発の列車で出発。終点米沢に到着しました。ここから次の福島行きまでおよそ1時間あったのでランチタイムとすることにしましたが、駅前に立ってみると周辺からは肉を焼くいい匂いが充満しており食欲を誘うところ。思えばここは米沢牛のお膝元ですっかり記憶から離れておりましたが、今回は駅近くの食事処で米沢産の豚肉を使ったとんかつを頂いてきました。

米沢駅前局風景印'17.12.20

米沢産豚肉のとんかつ@米沢'17.12.20

米沢牛銅像'17.12.20
(3枚とも)米沢駅周辺でランチタイム

 13時8分発福島行きで米沢を出発。結局ここからは当初の予定と一緒になってしまいましたcoldsweats01。この後は延々普通列車を乗り継いで帰ることになりましたが、郡山からは新白河行きに乗車。黒磯駅の改良工事によってこれまで仙台方面から乗り入れていた交流専用車両が黒磯駅に乗り入れ出来なくなってしまい、新白河での乗り換えが必要となってしまいました。

キハ111‐105@新白河'17.12.20
新白河からディーゼルカーに乗って黒磯へ

 その新白河駅では同じホームの東京寄りにキハ110形が停まっており、さっそく乗り換え。16時20分、黒磯行きは新白河を発車しました。同じ区間ではキハ110形と併せてE531系も使用されていますが、学生が休みに入る夏休みなどの時期だと、2両編成のキハ110形では混雑が心配ですね。そんなことを考えながら16時44分、終点黒磯に到着。すぐに宇都宮行きに乗り換えて終点まで向かい、宇都宮からは普段見慣れた車両に乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.11

冬の山形鉄道を訪ねるその3~長井の町を散策後、赤湯へ

 冬の山形鉄道を訪ねる旅の続きですが、長井で1時間ほど市内散策することに。2016年1月に下車した際にも駅周辺を散策しておりましたが、山形鉄道沿線の見どころやグルメを特集した冊子を以前手に入れており、その中で長井の町中に古い建物が点在していることを知ったことから訪ねてみることにしましたが、桑島記念館や旧小池医院など内部が非公開な上に周囲が駐車場で囲まれてしまい、観光地として整備されていない印象でした。

旧小池医院@長井'17.12.20

長井局風景印'17.12.20

長井駅舎'17.12.20
長井の町を散策するもあまり見て回れずcoldsweats01

 さすがにランチタイムには早すぎたため、早々に長井駅に逆戻り。改札前の鮎貝りんごの等身大パネルを見ながら過ごしておりました。次の赤湯行きは10時45分ですが、時間的に先程乗って来た鉄道むすめのラッピング車両が戻ってくる頃合い。ところがやってきたのは、朝方乗車したのとよく似た花柄のディーゼルカーでした。もうちょっとラッピング車両を見たかっただけに車両交換が行われてしまったのは残念なところでしたねweep

鮎貝りんご等身大パネル@長井’17.12.20

雪除け@長井'17.12.20

山形鉄道YR880形@長井'17.12.20
(3枚とも)帰りは鉄道むすめのラッピング車両に乗れず・・・weep

 そんな赤湯行きディーゼルカーに揺られて今泉に到着。ここで荒砥行きとの交換待ちと米坂線の接続のためしばらく停車しました。隣のホームには米坂線のステンレス車体のディーゼルカーが到着し、ここ米坂線でも車両の世代交代が進んでいることが伺えましたが、JRになってそれほど経過していない頃に降りたことがあり、当時撮影した写真にはキハ58形の姿が映し出されておりました。

キハE120形@今泉'17.12.20
米坂線の現在の車両~キハE120形

 こうして赤湯に戻ってまいりましたが、予定では昼過ぎの米沢行きに乗って帰りの途につくところだったものの、1本前の列車で米沢へ向かうことに。この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.10

冬の山形鉄道を訪ねるその2~鉄道むすめラッピング車両に乗る

 冬の山形鉄道を訪ねる旅の続き。早朝の赤湯駅から出発することにします。券売機で宮内までの乗車券を購入。今回は平日ということでフリーきっぷが利用できず、乗り降りの都度に運賃を精算することになりましたが、改札を抜けて乗り場へ向かうと、跨線橋の通路脇には3月に来た時に見かけた東北の鉄道むすめ達のパネルがお出迎え。7時7分発の荒砥行きで出発しました。

山形鉄道YR883@赤湯'17.12.20
赤湯から山形鉄道沿線へ

 通学途中の学生たちを大勢乗せ、花柄のディーゼルカーは宮内に到着。前回3月に訪れた時も路面に雪が残っていましたが、今回は一面銀世界でまさに雪国の風景でした。一方駅の方は事務所に誰も人がおらず閑散としていましたが、出札窓口にあった案内によれば水曜日は駅員が不在とのこと。そのため、この駅の名物であるウサギ駅長もこの日は定休日とのことでお会いすることができませんでしたweep

雪景色@宮内'17.12.20
沿線は銀世界

 後続の7時49分発荒砥行きに乗り込んで宮内を出発。続いて西大塚駅で下車しました。10分足らずで赤湯行きが到着するので駅の反対側でしばし待機していると、何やら人物のイラストがラッピングされた車両が接近。まさに今回の旅で一番見たかった鉄道むすめのラッピング車両で、前回3月の時は荒砥駅構内の車庫の中に引っ込んでしまっていて見ることができませんでした。

山形鉄道YR‐880形@西大塚'17.12.20
今回は出会うことができた鉄道むすめのラッピング車両heart04

 この後、赤湯からの折り返しで戻ってくることからこれで一安心。この後は出発までここで過ごすことにしました。ここ西大塚駅は年代物の木造駅舎が今も健在で、2015年には登録有形文化財に指定されたとのことですが、無人駅ではあるものの見た印象では手入れも行き届いているようで、今後もローカル線の小さな駅として末永く大事にしていただきたいところですね。

西大塚駅舎'17.12.20

出札窓口@西大塚'17.12.20

西大塚駅名板'17.12.20
(3枚とも)登録有形文化財に指定された西大塚駅

 こうして先程見かけた鉄道むすめのラッピング車両が到着。そのまま乗り込むと、すでに通勤通学の時間帯を過ぎていたことから車内はのんびりとした雰囲気に変わってまいりました。一方車内には東北各地の鉄道むすめ達のポスターが吊り下げられていましたが、ちょうどクリスマスシーズンとのことでそれらしいイラストが描かれておりました。じっくり拝見したいところでしたが、眺めているうちに長井に到着してしまいました。

山形鉄道YR887@西大塚'17.12.20

鉄道むすめ吊り広告'17.12.20

鉄道むすめラッピング'17.12.20
(3枚とも)鉄道むすめのラッピング車両に揺られて長井へ

 こうして長井に到着し、今回はここで折り返すことに。この後は市内をブラブラ散策することにしましたが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.06

【12/16】クリスマス列車「柴口このみ号」に乗るその3~クリスマス列車を撮る

 12月16日の続きですが、イベントは無事終了したものの帰るにはまだ早い時間。そこで、この後出発する第2便を待ち構えるべく再びシーサイドライン沿線へ繰り出すことにしました。先行列車で並木北駅に到着。しばらくすると、新杉田寄りからクリスマス列車が近づいてまいりました。ちなみに今回のクリスマス列車に使用されたのは赤い帯の2000形第46編成。数ある2000形の中でも唯一このカラーの帯を纏っております。

横浜シーサイドライン2000形@並木北'17.12.16
並木北駅でクリスマス列車の第2便をお迎え

 この後は一つ先の並木中央へ移動。ホームの金沢八景寄りで今度は車両基地からの戻りを待つことにします。しばらくすると、車両基地の奥からゆっくりとクリスマス列車が動いているのが遠目で確認。列車の姿が見えなくなったと思ったら、中線に入線してまいりました。運転台の脇には柴口このみを始めとした鉄道むすめ達がデザインされたボードが掲げられておりましたが、これは金沢八景寄りにはありませんでした。

横浜シーサイドライン2000形@並木中央'17.12.16
新杉田寄りに鉄道むすめのイラスト入りボードを掲げ、並木中央駅に入線するクリスマス列車

 クリスマス列車は並木中央駅でしばらく停車した後、ゆっくりと出発。もう一回くらい撮影できるかと思いましたが、やむなく後続列車に揺られて新杉田まで戻ってきました。これで後は帰り道となりましたが、根岸線の改札へ向かうも日中の架線トラブルはいまだ続いている様子。そのまま杉田駅まで向かい、まっすぐ京急で都内へ向かいました。その後もJR各路線は動き始めてはいましたが、1日影響はずっと続いておりましたweep

星川みほし賞
ゲーム大会で頂いた「星川みほし賞」heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.05

【12/16】クリスマス列車「柴口このみ号」に乗るその2~遠回りして新杉田に到着

 12月16日の続きですが、中華街でランチを済ませてから歩いて石川町駅まで戻ると、何やら根岸線が動いていない様子。何でも鶴見と川崎の間で架線が切れたとのことで、復旧までにだいぶ時間が掛かる様子でした。やむなく関内まで歩いて移動し、ここから地下鉄に乗車。上大岡から京急に乗り換えて杉田まで何とか辿り着きましたが、新杉田駅まで通じる商店街の通りは多くの人が行き交っておりましたcoldsweats01

クリスマス列車柴口このみ号受付@新杉田'17.12.16
何とか時間前に到着happy01

 こうして何とか新杉田駅に到着。さっそくクリスマス列車の受付を済ませ、これで一安心と相成りました。この後、出発まで時間があったので構内でブラブラ過ごすことに。改札付近には今回も全国の鉄道むすめのパネルがずらりと並び、イベント参加者のみならずシーサイドラインから降りてきた乗客の注目を集めておりましたが、今回はこれまでのクリスマス列車の中で過去最多とのことでした。

シーたん@新杉田'17.12.16

鉄道むすめパネル@新杉田'17.12.16

クリスマス列車柴口このみ号乗車口@新杉田'17.12.16
(3枚とも)新杉田駅構内は今回も鉄道むすめ一色にheart04

 13時30分、クリスマス列車の第1便に乗り込んで新杉田を出発。今回もクリスマスのデコレーションと並んで全国の鉄道むすめ達が車内を彩っておりました。そんな今回のクリスマス列車、これまでと大きく変わった点として第1便と第2便が明るい時間帯での開催となりましたが、個人的には昼間開催の方が早めに帰宅できる点で有難いものの、クリスマスらしい雰囲気という点では夜の方が相応しく感じましたね。

クリスマスツリー@クリスマス列車柴口このみ号車内'17.12.16

鉄道むすめイラスト@クリスマス列車柴口このみ号車内'17.12.16-1

鉄道むすめイラスト@クリスマス列車柴口このみ号車内'17.12.16-2
(3枚とも)今年も車内は鉄道むすめで満載にheart01

 クリスマス列車は並木中央駅を通過し、車両基地に到着。このルートは例年のクリスマス列車と同じで、引き続き恒例のゲーム大会に進んでまいりました。シーサイドラインのプロモーションガールで“リアル柴口このみ”こと幸野ゆりあさんがイベント進行に大活躍されておりましたが、ゲーム大会の方は今回くじ運がよかったこともあって、鉄道むすめグッズを景品として頂きましたhappy01

景品引換券'17.12.16
今年はゲーム大会で景品をゲットheart01

 ゲーム大会も盛大のうちに終わり、クリスマス列車は車両基地を出発。並木中央駅を通過して新杉田駅に戻ってまいりました。あっという間の1時間でしたが、車内で当たったゲーム大会の景品を受付したブースで引き取った後、再びシーサイドライン沿線へ繰り出すことにしました。この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.02

【12/12】鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道栗橋みなみコースその3~無事完集

 12月12日の続き。スタンプラリーも残すところ浅草のみとなりましたが、まだ明るい時間でもう少しブラブラしていたいところ。せっかくフリーきっぷを利用していることから、堀切まで戻ることにしました。ここから荒川の土手一帯をブラブラするのは定番コース。今回も荒川の鉄橋を渡る京成の列車をいろいろ撮影してきましたが、年明け早々にこのあたり一帯を何度か足を運ぶことになりました。こちらについては後日紹介したいと思います。

京成AE形@堀切'17.12.12
時間があったので、堀切界隈をブラブラ散策

 次第に暗くなってきたのでそろそろ撤収。堀切から列車に揺られ、終点浅草に到着するとすぐにスタンプを押して無事完集となりました。そのまま1階の旅行センターへ向かい、景品の栗橋みなみコースの缶バッジと2コース完集で貰えるトートバックを無事ゲットwink。特急列車の車内にスタンプが設置されるなど幾分ハードルが高めですが、32個のスタンプが設置されている全国鉄道むすめ巡りに比べれば何とかなるレベルでしょうcoldsweats01

鉄道むすめ&SLスタンプラリー景品
スタンプを完集し、無事景品をゲットheart04

 これでこの日のミッションは終了。途中、曳舟に寄り道して亀戸線のリバイバルカラーにご挨拶してから北千住へ向かいました。

東武8000系@曳舟'17.12.12
亀戸線のリバイバルカラーにご挨拶してから帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.29

【12/10】鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道を巡るその4~SL大樹に乗る

 先月10日の続きですが、新高徳から列車に揺られて鬼怒川温泉に到着。そのままスタンプを押した後、駅前にある鬼怒川・川治温泉情報観光センターへ出向いて景品の缶バッジを頂いてまいりました。これでこの日のスタンプラリーは終了。この後、14時35分発SL大樹に乗って下今市へ戻ることから待ち時間があまりなく、駅前に設置された転車台にご挨拶するとすぐ駅へ引き返してきました。

缶バッジ&マフラータオル

鬼怒川みやび等身大パネル@鬼怒川・川治温泉情報観光センター'17.12.10

転車台@鬼怒川温泉'17.12.10
(3枚とも)景品の缶バッジを引き換え後、足早に駅へ

 ランチも済んでいなかったので、駅の売店にあった弁当を手に入れてから改札を抜けてホームに移動。しばらくすると、SL大樹がディーゼル機関車に牽かれて入線してまいりました。駅構内には多くの人がSL目当てに集まっており、銘々SLの前で記念撮影に興じておりましたが、その風景を見ながら列車に乗り込んで指定の座席に着席。14系客車に乗るのはずいぶん久し振りのことで、自分にとっては八甲田や津軽のイメージが強いですね。

SL大樹@鬼怒川温泉'17.12.10

SL大樹サボ'17.12.10

弁当'17.12.10
(3枚とも)SL大樹に初めて乗車

 SL大樹は定刻に鬼怒川温泉を発車。昔の汽車旅の風景を思い出しながら、30分ほどで下今市に到着しました。この後は駅構内でSLの入れ替え風景を見学することにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.28

【12/10】鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道を巡るその3~SL大樹を撮る

 先月10日の続きですが、下今市からは11時57分発AIZUマウントエクスプレス3号に乗車。この時間帯のAIZUマウントエクスプレスは過去に何度か乗車したことがありますが、車内を見渡すと昨年会津鉄道に登場した鉄道むすめ、大川まあやのイラストが入った広告が貼られておりました。会津鉄道も時間をかけて乗り歩きたいところですが、こちらについてはおよそ一月後の今月頭に乗ってきましたので、後ほど報告いたします。

会津線いいね車内広告'17.12.10

会津鉄道AT601@新高徳'17.12.10

大川まあやアクリルスタンド
(3枚とも)AIZUマウントエクスプレス車内で見かけた会津鉄道の鉄道むすめ、大川まあやheart01

 そのAIZUマウントエクスプレスに揺られて新高徳で途中下車。この後は1時間ほど後にやってくるSL大樹を撮影することにします。如何せん運転区間である下今市から鬼怒川温泉までの間で撮影可能な場所が見当つかない状況で、適当に新高徳で降りた次第でしたが、一先ず下今市方面へ数分歩いて行った線路脇でしばし待機。13時20分頃、SL大樹が煙を上げて近づいてきました。

SL大樹@新高徳'17.12.10
SL大樹、初撮影!

 今回は初めてということで下準備等せず行き当たりばったりでしたが(^^、何度か沿線に赴き周囲を歩いてみたいところ。今回“撮”の方はこれで終わりにして、再び新高徳から後続列車に乗り込み鬼怒川温泉に向かいました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.25

【12/10】鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道を巡るその1~おもちゃのまちへ

 先月8日から「鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道」が始まり、さっそく最初の週末となった先月10日に回ってきました。「鬼怒川みやびコース」と「栗橋みなみコース」の2つのコースが設定されており、今回は鬼怒川みやびコース中心にスタンプを押してくることにしましたが、ちょうどこの日から青春18きっぷが利用できるので、まずは宇都宮線に揺られて栗橋で下車。ここでスタンプ台紙を手に入れ、1個目を押してきました。

鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道ポスター@おもちゃのまち'17.12.10
鉄道むすめのスタンプを押しにあちこち乗り歩きshoe

 再び宇都宮線に揺られ、小山に到着。ここからは両毛線に乗り換えます。18きっぷ利用とあってなるべくJRを使って回ることにしましたが、少し時間があったので一つ先の思川で途中下車することに。周りを田園地帯に囲まれた小さい駅で、次の列車が来るまでのんびり過ごしてきましたが、12月も中旬に差し掛かったこの時期は気温も下がり、外で過ごすには些か辛いところですねbearing

クモハ211‐3037@思川'17.12.10

思川駅舎'17.12.10

ホーロー看板@思川'17.12.10
(3枚とも)思川で途中下車

 後続に揺られて栃木に到着。ここで一旦18きっぷの旅を離れ、東武沿線へ繰り出します。東武宇都宮行き8000系に揺られておもちゃのまちに到着。2個目のスタンプを押した後、無料シャトルバスに乗っておもちゃ団地チャリティーバザールの会場へ向かいました。毎年恒例のイベントですが、会場の前にはすでに長い列が伸びていて盛況な様子。特にお目当てのものはありませんでしたが、会場をブラブラしてから帰りは歩いて駅へ戻ってきました。

5号蒸気機関車@おもちゃのまち'17.12.10

壬生ゆうゆ&壬生むつみイラスト@おもちゃ団地チャリティーバザール会場'17.12.10

東武8000系@おもちゃのまち'17.12.10
(3枚とも)おもちゃのまちをブラブラ散策

 この後、再び8000系に乗り込み、栃木まで戻ることに。ここからは一路鬼怒川温泉を目指すことにしますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

【11/23】いずはこねふれあいフェスタを訪ねる~伊豆箱根鉄道

 11月23日の勤労感謝の日、伊豆箱根鉄道のイベント「いずはこねふれあいフェスタ」を訪ねてまいりました。今回も休日お出かけパスを片手に地元を初電で出発。小田原より先は乗り越しとなるので、三島で精算となりました。さっそく伊豆箱根鉄道の乗り場へ向かい、券売機で大場までの乗車券を買ってホームに入ると、イエローパラダイストレインが到着。西武多摩川線で走っているのと同じ100周年記念のヘッドマークを付けていました。

伊豆箱根鉄道1300系@三島'17.11.23
伊豆箱根鉄道創立100周年と西武多摩川線開業100周年のコラボヘッドマークを付けたイエローパラダイストレインに乗車

 そのイエローパラダイストレインに乗って三島を出発。4駅揺られて大場に到着しました。そのまま歩いてイベント会場となっている伊豆箱根鉄道の本社へ向かうと、まずは物販のブースへ。以前に比べて鉄道むすめ関連のグッズが充実するようになり、特に同じ西武グループである近江鉄道のグッズが手に入るのは有難いところですね。今回も鉄道むすめ関連のグッズをいろいろと入手してまいりましたheart01

戦利品@いずはこねふれあいフェスタ
今回の戦利品heart01

 引き続き今度は引込線の方へ向かうと、凸型の電気機関車の姿を確認。ED33は運転室乗車体験で使用され、ED32はその隣で展示されておりましたが、両社ともこのイベントではお馴染みですねhappy01。一方、3月にはこの2台の機関車が大雄山線で使用されている5000系を挟んで本線上を走行。終点の修善寺駅で行われたイベントの際に展示され、その様子を見てまいりましたが、走行シーンを一度お目にかかりたいですね。

伊豆箱根鉄道ED32@いずはこねふれあいフェスタ'17.11.23
凸型電気機関車のED32も展示

 さらに引込線では、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するキャラクターがラッピングされた「HAPPY PARTY TRAIN」が洗車体験として構内を行き来。公式サイトに当日の運行予定が載っていなかったので気になっておりましたが、本線上を走る姿を見ることはできなかったものの、代わりにここイベント会場内で多くの来場者の目を楽しませておりましたhappy01

HPTHM@いずはこねふれあいフェスタ'17.11.23

伊豆箱根鉄道3000系@いずはこねふれあいフェスタ'17.11.23

黒澤ダイヤ&小原茉莉ラッピング@いずはこねふれあいフェスタ'17.11.23
(3枚とも)この日はイベント会場で大活躍~HPTトレイン

 その他、ステージではタレントのトークショーや生演奏などが行われ、賑やかな雰囲気の中多くの来場者で賑わっておりました。まだまだ来場者が訪れる中、昼前には会場を後にいたしました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧