カテゴリー「鉄道むすめ」の記事

2017.06.22

【5/3】外川つくしに出会う旅~銚子電鉄

 ゴールデンウィーク後半の連休初日となった先月3日は銚子へ日帰り旅。普通列車を乗り継いで銚子には10時前に到着しました。さっそく駅構内の外れにある銚子電鉄の乗り場へ。少し待っていると青いカラーの3000形がやってきました。こちらは何度か目にしたことはあるもののまだ未乗でしたが、「初海あおい」という何でも3000形を擬人化したキャラクターのヘッドマークが取り付けられていました。

銚子電鉄3000形@銚子'17.5.3

初海あおいHM'17.5.3

初海あおいデビュー記念入場券
(3枚とも)銚子電鉄の新しいキャラクター、初海あおいが登場heart01

 まずはこちらに乗って出発。この日のお目当ては、今年も運転が始まった銚子電鉄の鉄道むすめ、外川つくしのバースデー記念ヘッドマーク付き列車でしたが、この先笠上黒生で日中最後の交換列車があり、こちらに充てられている可能性が高かったことから一つ手前の本銚子で降りて待つことにしました。しばらくすると、緑色の2001編成が接近。予想通り外川つくしのヘッドマークが取り付けられていました。

銚子電鉄2000形@本銚子'17.5.3

銚子電鉄2501@銚子'17.5.3

外川つくしHM'17.5.3
(3枚とも)外川つくしバースデー記念ヘッドマーク付き列車に何とか乗車coldsweats01

 こうして再び銚子まで戻ってきましたが、この後仲ノ町の車庫へ引き上げる様子で日中の運用がないのが残念なところ。一旦改札を出て歩いて仲ノ町駅へ向かいました。窓口で外川つくしのヘッドマークのレプリカが2種類売っていたので、今年のデザインを購入。併せて外川つくしのイラスト入り入場券も手に入れて車庫を見てまいりました。このあたり、昨年と同じ流れになってしまいましたねcoldsweats01

仲ノ町駅舎'17.5.3

外川つくしレプリカヘッドマーク

銚子電鉄2000形&3000形@仲ノ町'17.5.3
(3枚とも)リニューアルされた仲ノ町駅で小休止happy01

 ここで過ごした後、最初に乗った3000形に乗り込み犬吠に到着。ここで今年も発売された外川つくしの記念券を入手してから歩いて外川駅まで向かいました。ここでも記念券を入手。折り返しの列車が来るまで漁港付近を散策してきましたが、ゴールデンウィークとあって観光客で賑わっていた犬吠駅とは対称にこちらは行き交う人もまばらでのんびり過ごせました。

外川つくしバースデー券

銚子電鉄3000形@犬吠'17.5.3

坂道@外川'17.5.3
(3枚とも)記念券を手に入れ、外川駅周辺を散策

 いつもだったら銚子行きに乗って観音駅で下車し、漬け丼の店でランチを済ませてから観音駅名物のたい焼きをデザートとなるところですが、すでに報じられたとおり今年3月でたい焼きの店が閉店となってしまい、楽しみが半減してしまいましたweep。どのみち漬け丼の店もゴールデンウィークで混んでいると思い今回はパス。銚子まで戻り、駅前の食事処で済ませた後、15時14分発しおさい82号に乗って帰ってきました。

特急しおさい82号@銚子'17.5.3
臨時特急しおさい82号で銚子を出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.17

週末パスで行く全国鉄道むすめ巡りその7~上田電鉄を乗り歩く

 4月23日の続き。別所温泉行きの列車に揺られて終点までやってまいりました。さっそく全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印し駅前に出てみると、入口付近の桜が見頃を迎えておりました。丸窓まつりが5月に開催されていた時は桜の時期とずれていたこともあってこうした光景を目にすることはありませんでしたが、首都圏ではすでに桜の見頃は終わっており、ここ長野県では場所によってまだ見ることができるようですね。

別所温泉駅舎'17.4.23
桜咲く別所温泉駅に到着cherryblossom

 駅前のイタリアンの店でランチを済ませた後、見頃を迎えた通り沿いの桜を見ながら歩いて温泉街へ。別所温泉に来た以上、温泉には入って帰りたいところでしたが、温泉街に何ヶ所か点在する日帰り温泉施設のうち、今回は石湯に入ることにしました。「真田幸村公隠しの湯」と記された石碑が建物の前に鎮座しておりますが、小ぢんまりとした共同浴場で、温泉に入って旅の疲れを癒してきました。

石湯@別所温泉'17.4.22
共同浴場「石湯」で旅の疲れを癒す

 再び別所温泉駅に戻って上田行きの列車に乗車。2つ目の舞田駅に降り立ちました。ホームに設置された八木沢まいの駅名板にご挨拶した後、塩田平の景色を見ながら歩いて八木沢駅へ。相変わらず独特な駅舎がいい味をだしておりますが、しばらく駅近くで待っていると時折クルマで訪ねる人の姿を目にしました。メディアなどでこの付近から撮影された写真などが取り上げられることがあるようで、知名度もそれなりにあるようですね。

上田電鉄6000系@八木沢'17.4.23

待合室からの風景@八木沢'17.4.23

八木沢駅構内'17.4.23
(3枚とも)八木沢駅近くでのんびり過ごす

 結局正味1時間ほど滞在して上田行きに乗車し、そのまま終点に到着。この後、帰りの時間まで上田の町をブラブラしてきましたが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.16

週末パスで行く全国鉄道むすめ巡りその6~第23回丸窓まつりを訪ねる

 4月23日の続き。さっそく上田電鉄の乗り場へ向かいます。今回利用している週末パスはここ上田電鉄もフリー区間に含まれており、新たに乗車券を買う必要はありませんが、ここ以外にも乗り降りできる路線が含まれているのでなかなか乗り出がありますね。そんなわけで乗車券を手配する代わりに全国鉄道むすめ巡りの限定グッズを入手。改札前で八木沢まいと北条まどかに見送られて出発しました。

八木沢まい&北条まどか等身大パネル@上田'17.4.23
上田電鉄の可愛いキャラに見送られて出発heart04

 この日は下之郷で恒例の丸窓まつりが開催されるということで、まずはこちらに顔を出すことに。すると後続で下之郷行きの臨時があるとのことで、次の城下で降りて待つことにしました。しばらくすると上田からまるまどりーむ号が到着。両端には全国鉄道むすめ巡りのヘッドマークが取り付けられていました。一方車内では上田電鉄の名物であるハーモニカの生演奏が行われており、のんびりとした音色を聞きながら下之郷に到着しました。

上田電鉄1000系@城下'17.4.23
下之郷行き臨時列車に乗車

 さっそく丸窓まつりの会場をブラブラすることに。今年も恒例の元東急ステンレスカー、クハ5251が東急時代のサボを出して展示されていました。一方、隣に展示された先代のまるまどりーむ号の車内では各鉄道会社のグッズ販売が行われ、その中には鉄道むすめ関連のグッズも。今回は上田電鉄の鉄道むすめ、八木沢まいの木製コースターを入手してまいりました。

上田電鉄クハ5251&7200系@下之郷'17.4.23

八木沢まい&北条まどか等身大パネル@下之郷'17.4.23

八木沢まい木製コースター
(3枚とも)今年も行われた丸窓まつりを訪問

 今年も小ぢんまりとしたイベントながら十分楽しんできた後、再び上田電鉄の列車に乗って終点別所温泉へ向かいますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.14

週末パスで行く全国鉄道むすめ巡りその4~夜行バスで東京へ

 4月22日の続きですが、仙台に戻って食事を済ませた後、東北本線に揺られて福島方面へ向かいます。この日も東京駅行きドリームふくしま・横浜2号を押さえてありましたが、うっかり乗車場所を郡山駅にしてしまったため、延々郡山まで南下する羽目に。多少高速バスの運賃は安くなりましたが、さっそく在来線ホームに向かうと夕方乗車した鉄道むすめのラッピング車両が停まっていたので、もう一度こちらに乗って名取へ向かいました。

杜みなせラッピング'17.4.22-3
鉄道むすめラッピング車両に再び乗車heart01

 名取で後続の東北本線上りに乗り込みましたが、この列車は途中の白石止まり。とは言え後続の福島行きに乗る予定だったので、そのまま終点まで揺られることにしました。白石に到着した時、時刻は21時近く。人通りがほとんどない駅前の一角にあったコンビニの明かりが何ともホッとしたところでしたが、ホームに鎮座するレンガ造りの油庫やこの地ゆかりの萌えキャラのポスターを見かけたりして案外退屈しませんでした。

E721系@白石'17.4.22

東北ずん子ポスター@白石'17.4.22

油庫@白石'17.4.22
(3枚とも)夜遅い白石駅で暇つぶし

 こうして後続の列車に揺られ福島に到着しましたが、さすがに各駅停車で延々揺られるのも飽きてしまい、ここで新幹線に浮気することに。ちょうど最終となるやまびこ290号が間に合うことから、自由席特急券を散在して乗り込むことにしました。すでに東京行きの列車は終了しており、残るはこれから乗車するやまびこ290号のみ。やってきたのはE5系で、はやぶさのイメージが強いものの短い区間での運用にも従事しております。

E5系ロゴ'17.4.22
福島からE5系に揺られ郡山に到着

 終点郡山には23時4分に到着。在来線もすでにこの日の運行を終了しており、改札口付近も人通りは少なくなっておりましたが、駅のすぐ近くに繁華街があるせいか、駅前の人通りはそれなりにありました。そんな中をのんびり待ちながら徐々に高速バスに乗車する人の姿も現れると、日付も変わる15分ほど前にドリームふくしま・横浜2号が到着。指定された座席に落ち着くとすぐに発車しましたが、その後はそのまま寝入ってしまい、気が付いた時には東京駅に到着する手前くらいでした。

ドリームふくしま・横浜2号@東京駅'17.4.23
この日のねぐらは夜行バスbus

 ほぼ定刻に東京駅日本橋口に到着。ここから一旦上野へ移動しましたが、前回3月の時は高崎線の1番列車に間に合ったものの今回さすがにうまくは行かず、後続列車に揺られて宮原まで戻ってきました。ここで一旦自宅に戻り、一風呂浴びて一服するのもつかの間、この日の目的地へと向かいますが、続きはのちほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.13

週末パスで行く全国鉄道むすめ巡りその3~仙台市営地下鉄東西線を訪ねる

 4月22日の続きですが、仙台へ戻った後、今度は仙台市営地下鉄東西線に乗り換えます。こちらに乗るのは昨年1月の完乗の時以来。時刻はすでに17時を過ぎ、さすがに全区間乗り歩くには時間がやや少ないところでした。荒井行きに乗り込み、まっすぐ終点に到着するとさっそくスタンプを押印。駅構内をブラブラしていると、前回訪れた時にはまだ設置されていなかった仙台地下鉄の鉄道むすめ、青葉あさひの等身大パネルが飾られておりました。

全国鉄道むすめ巡り幟@荒井'17.4.22

青葉あさひ等身大パネル@荒井'17.4.22

仙台市営バス@荒井'17.4.22
(3枚とも)この2か所目の目的地、荒井に到着

 この後は来た道を折り返して仙台へ。改めて駅構内をブラブラしていると、青葉あさひのイラストを使用したポスターや看板が至る所で掲示されているのが見えました。登場以来、いろいろと使われているようですが、グッズに関しては今のところ全国鉄道むすめ巡り関連のものくらいしか見かけないので、こちらは今後に期待といったところでしょうかね?そんな地下鉄の駅構内をブラブラした後、JRの乗り場へ向かいました(続く)。

青葉あさひイラスト看板@仙台'17.4.22
仙台で見かけたあさひさんheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.12

週末パスで行く全国鉄道むすめ巡りその2~ラッピング車両の走る仙台空港鉄道を訪ねる

 4月22日の続き。仙台到着後、最初の目的地である仙台空港へ向かいます。その前に一旦改札を抜け、地下にある仙台市営地下鉄の定期券売り場へ。ここで全国鉄道むすめ巡りの限定グッズを入手しました。予定では仙台空港を訪ねてから一旦仙台へ戻り、スタンプが設置されている東西線の荒井駅へ向かうことにしていましたが、仙台への戻りが夕方になってしまい、その時には定期券売り場が閉まってしまうため、先手を打った次第でした。

 一つ目的を果たし、在来線ホームへ移動。この後は仙台空港を目指しますが、一旦先行列車で名取まで向かい、ここから後続の仙台空港行きに乗り込みました。時間があったので、中間駅の杜せきのしたで下車。鉄道むすめの名前にもなっている駅で、イラストが入った飲料の自販機が結構目立つ存在でしたがcoldsweats01、駅前には大型ショッピングモールが建っていて、一緒に降りてきた乗客の多くがそちらへ足を向けておりました。

杜せきのした駅舎'17.4.22

杜せきのした駅構内'17.4.22

杜みなせイラスト入り自販機@杜せきのした'17.4.22
(3枚とも)まだ未訪だった杜せきのした駅に下車

 後続列車に揺られて仙台空港に到着。無事スタンプを押印してまいりましたが、せっかくなので空港の展望デッキで行き交う旅客機を見ながら過ごしてまいりました。この日は好天ではあったものの風が強く、被っていた帽子が飛ばされそうになりましたが、国内の旅客機に混じって台湾のエバー航空の旅客機が出発するところで、小ぢんまりとした空港でありながら国際線の旅客機も目にすることが出来ました。

開業10周年記念&ジョジョHM@仙台空港'17.4.22

杜みなせ等身大パネル@仙台空港'17.4.22

BRAirbusA321-200@仙台空港'17.4.22
(3枚とも)スタンプ押印後、展望デッキで過ごす

 仙台空港では1時間ほど滞在し、そろそろ仙台へ向けて戻ることに。ちょうど杜みなせのラッピング車両が到着したところで、帰りはこちらに乗り込みました。実は来る途中、ラッピング車両とそれ違っており、この日の運用に就いていることは確認することが出来ましたが、外観は杜みなせの様々なイラストがラッピングされているものの車内は至って普通でした。

仙台空港鉄道SAT721-101@仙台空港'17.4.22

杜みなせラッピング'17.4.22-1

杜みなせラッピング'17.4.22-2
(3枚とも)杜みなせラッピング車両に乗って仙台へheart01

 こちらに揺られて仙台に到着。この後は仙台市営地下鉄に乗車しますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.04

【4/16】全国鉄道むすめ巡り鬼怒川温泉編その3~SL運行が待ち遠しい鬼怒川温泉へ

 4月16日の続き。下今市で30分ほど過ごした後、鬼怒川温泉へ向かいます。やってきたのは浅草からの快速列車。これまで運賃のみで乗車できる列車とあって重宝されてきた快速列車も、4月21日のダイヤ改正をもって運行終了となってしまい、気軽に利用できる列車がなくなってしまうのは些か痛いところですねweep。その6050系はダイヤ改正後、南栗橋より北側の区間で引き続き運行を続けることになります。

東武クハ6172@鬼怒川温泉'17.4.16
下今市から浅草発の快速列車に乗って鬼怒川温泉に到着

 鬼怒川温泉には13時過ぎに到着。まずはこの日一番のミッションだった全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押してまいりました。その後はランチも兼ねて街中を散策。駅から歩いて数分のところに移転したお馴染みの「BENTO CAFÉ KODAMA」でミルフィーユカツサンドを頂いてきました。ちょうど恒例のスタンプラリーも行われていましたが、今年は5月末に開催されたスプリングフェスタが別の用事で行けなかったのが残念でしたねweep

全国鉄道むすめ巡りスタンプ台@鬼怒川温泉'17.4.16

鬼怒川みやび等身大パネル@鬼怒川・川治温泉観光情報センター'17.4.16

BENTO CAFÉ KODAMA@鬼怒川温泉'17.4.16
(3枚とも)無事にミッションを達成wink

 そして今回鬼怒川温泉を訪ねた中で一番目に留まったのが、駅前に完成したSL用の転車台でしたね。いよいよこの夏からSL大樹の運行が始まり、自身も早くその姿を目にしたいところですが、運行開始の暁には沿線に多くの人で大変賑わうことと思われ、こちらは少し落ち着いてから訪ねることになりそうです。何はともあれ、夏以降の鬼怒川温泉は大変な注目を浴びることになりそうです。

鬼怒太&転車台@鬼怒川温泉'17.4.16
鬼が見つめる転車台pout

 もうちょっとゆっくり過ごしていたいところでしたが、15時5分発スペーシアきぬがわ6号の指定券を押さえてあったため、少し早目に鬼怒川温泉を出発。日光詣スペーシアに乗って一気に大宮まで帰ってきました。

東武鉄道むすめ等身大パネル@鬼怒川温泉'17.4.16

特急スペーシアきぬがわ6号@鬼怒川温泉'17.4.16
(2枚とも)鉄道むすめに見送られ、鬼怒川温泉を出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

【4/8】桜@金沢文庫

 先月8日の続き。シーサイドラインフェスタの会場を後にして並木中央からシーサイドラインに乗り込み、終点の金沢八景に降り立ちました。来年度の京急の駅まで乗り入れる工事が行われている中、先ほどイベント会場で手に入れた記念弁当を開くことに。柴口このみのイラストが入った冊子がおまけに付いていたことから手に入れてきましたが、シューマイでお馴染みの崎陽軒が製造元となっております。

シーサイドラインフェスタ2017記念弁当'17.4.8
イベント会場で手に入れた記念弁当を駅のホームで頂くcoldsweats01

 金沢八景駅を後にしてこれでシーサイドライン沿線からは離れ、京急の線路に沿って金沢文庫駅へ向けてぶらぶら歩くことに。行き交う京急の列車を見ながら進んでいくと、昨年も気になっていた水路脇の桜並木がきれいに咲いておりました。シーサイドラインフェスタの時期は桜のシーズンと重なることから、あちこちで桜の様子を見ながら過ごすことになりますが、ここも京急の赤とのコラボがきれいですねhappy01

京急2100形@金沢文庫'17.4.8-1

桜@金沢文庫'17.4.8

京急2100形@金沢文庫'17.4.8-2
(3枚とも)金沢文庫駅近くの桜も満開でしたcherryblossom

 この後、金沢文庫から京急に乗って都内へ。さらに桜を見て回ることにします(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.22

【4/8】シーサイドラインフェスタ2017を訪ねる

 先月8日の続きですが、東海道本線で横浜まで向かい根岸線に乗り換え。新杉田で下車しました。この後、この日一番のミッションであるシーサイドラインフェスタを訪ねるべくシーサイドラインに乗り込みますが、一月ほど前に全国鉄道むすめ巡りで訪ねたばかりではあったものの、改めて駅のあちこちに登場する柴口このみのイラストには圧倒されっぱなしでしたねheart04

きらきらシーたん@新杉田'17.4.8
こちらも忘れずに・・・>シーたん

 並木中央に到着し、さっそく会場となる車両基地へ向かうことに。ここでも柴口このみのお出迎えを受けましたheart01。まずは鉄道むすめのブースへ。今年も全国の鉄道会社が様々なグッズを用意しておりましたが、やはり全国鉄道むすめ巡りの限定グッズはどの道手に入れることもあり、今回はこちらを中心に入手してまいりました。それにしても箱が大きいこともあり、傘を差して会計を待つ間が些かしんどかったですねrain

柴口このみ@シーサイドラインフェスタ'17.4.8

鉄道むすめパネル@シーサイドラインフェスタ'17.4.8

鉄道むすめ集合ポスター@シーサイドラインフェスタ'17.4.8
(3枚とも)今年も鉄道むすめが大集合heart01

 こうして手に入れるものを手に入れて後は会場内をブラブラ散策。今年も1000形の先頭車が展示されたりステージで様々な催し物が行われたりと盛りだくさんな内容でした。そんな中、「幸野ゆりあ」という新しいプロモーションガールが登場。先代は年末のクリスマスのイベントで大活躍でしたが、2代目のプロモーションガールも活躍を期待したいところですねhappy01

横浜新都市交通1000形@シーサイドラインフェスタ'17.4.8

幸野ゆりあポスター@シーサイドラインフェスタ'17.4.8

横浜シーサイドライン2000形@シーサイドラインフェスタ'17.4.8
(3枚とも)今年も大盛況でしたwink>シーサイドラインフェスタ

 時刻は昼過ぎ。相変わらず雨は降り続いておりましたが、駅のすぐ脇を流れる川沿いの桜並木は今年も桜が満開で、こちらもご挨拶してからシーサイドラインに乗り込み、並木中央を後にしました(続く)。

横浜シーサイドライン2000形@並木中央'17.4.8
駅近くの桜は今年も満開でしたcherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.05

【3/25】全国鉄道むすめ巡り伊豆半島編その3~伊東から伊豆急に乗る

 全国鉄道むすめ巡り伊豆半島編の続き。修善寺からバスに揺られて1時間ほど、伊豆半島の東側にある伊東駅に到着しました。この後、全国鉄道むすめ巡りのスタンプが設置されている伊豆高原へ向かいますが、その前にまずはランチタイム。せっかく伊豆方面に足を運んだので海の幸でも頂きたいと思い、駅近くの食堂で刺身やアジの干物を使った定食でランチを済ませてきました。

伊東駅周辺'17.3.25

刺身定食@菊一'17.3.25
(2枚とも)伊東駅周辺でランチタイムfish

 駅に向かい次の伊豆高原方面行きの列車を確認。次の列車は観光列車の「伊豆クレイル」とのことで、少し早目にホームに入ってお迎えすることにしました。しばらくすると、熱海寄りから派手な出で立ちの651系が到着。実車はデビュー前に大宮工場で整備しているところを外から見かけたことがありましたが、車内で食事をしながら伊豆半島の景色を堪能してみたいところですね。

伊豆クレイル@伊東'17.3.25
伊東駅に到着する伊豆クレイル

 さて、ここから伊豆高原までは「ぷらっと伊豆高原往復割引乗車券」なるきっぷを利用することに。文字通り伊豆高原までの往復乗車券で、偶然駅構内でこのきっぷの貼紙を見つけましたが、この日は伊豆高原まで行ってそのまま引き返す予定だったので今回の行程にピッタリでした。おまけにこのきっぷだと通常1,320円のところ940円で済むので、お得になりましたhappy01

ぷらっと伊豆高原往復割引乗車券貼紙@伊東'17.3.25
伊東駅で見かけた「ぷらっと伊豆高原往復割引乗車券」の貼紙

 13時35分発伊豆急下田行きは定刻より10分ほど遅れて到着。すでに河津桜のシーズンも終わっていたので車内はそれなりの乗車率でしたが、伊豆高原駅に到着するとさっそくスタンプを押印。限定グッズも購入すると、あっという間に折り返しの時間となってしまいました。時間があれば駅周辺で咲いている大寒桜を見たかったところでしたが、そんな時間も無くなり、すぐに改札口へと向かいました。

全国鉄道むすめ巡り幟@伊豆高原'17.3.25
今回はスタンプを押してすぐに折り返しweep>伊豆急

 そんなわけで慌ただしく折り返すことになりましたが、やってきた熱海行きはリゾート21の車両を真っ赤に塗装した「キンメ電車」。前月、伊豆箱根鉄道を訪れる途上の熱海駅でホームに停車中のところを見かけましたが、ドア脇のサボや車内の座席にはキンメダイのイラストがデザインされており、外観のみならず車内もキンメダイ尽くしでした。見かけなかなか派手な出で立ちで、どうしても目が行ってしまいますねcoldsweats01

伊豆急2100系@伊豆高原'17.3.25

キンメ電車サボ'17.3.25

キンメ電車座席'17.3.25
(3枚とも)折り返しはキンメ電車に乗車

 こうしてキンメ電車に揺られて終点熱海に到着。ここから上野東京ラインの列車でまっすぐ帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧