カテゴリー「風景印」の記事

2018.02.14

【12/25】赤電が復活した西武多摩湖線を訪ねる

 12月25日ですが、西武沿線をブラブラ乗り歩こうと思い、大宮からむさしの号に乗り込みました。大宮から東京都の西側へ向かう際、むさしの号は乗り換えなしで行けるので重宝しますねwink。逆に千葉方面へ行くときはしもうさ号をよく利用していますが、いずれも2010年12月の運行開始から8年近くが経過しており、以前に比べて利用者も多くなった印象があります。

むさしの号@新小平'17.12.25
大宮からむさしの号に乗って新小平へ

 新小平で下車。青梅街道に沿って歩いて西武多摩湖線の青梅街道駅近くまでやってきました。午前中は多摩湖線で運転されている“赤電”を追いかけることにしますが、さっそく萩山からお目当ての赤電が到着。これで運用に入っていることが確認できましたhappy01。赤電と言えば、数年前に西武グループの伊豆箱根鉄道駿豆線で走っていたのを乗りに行ったことがありましたが、大雄山線では現在5000系1編成に塗装が施されていますね。

西武新101系@青梅街道'17.12.25
復活した”赤電”と初対面happy01

 その後、多摩湖線を行ったり来たりしている赤電を追いながら過ごし、一橋学園からは赤電に乗車。国分寺駅に到着しました。これで午前の部は終了。午後は多摩川線に移動しますが、続きは後ほど(続く)。

西武1248@国分寺'17.12.25

国分寺本多局風景印'17.12.25
(2枚とも)赤電に乗って国分寺に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.13

冬の山形鉄道を訪ねるその4~18きっぷで帰りの途に

 冬の山形鉄道を訪ねる旅の続きもすでに目的を果たし、後は帰るのみとなりました。赤湯駅では8分ほどの接続で米沢行きの列車があり、そちらに乗り換えることにしましたが、その前に駅舎内の売店で鮎貝りんごのイラストが入ったワインを入手してまいりました。前回訪れた昨年3月にも見かけましたが、その時は福島から夜行高速バスで帰る予定だったことから荷物が重くなりそうだったため断念。今回はお土産に致しました。

鮎貝りんごワイン
お土産のワインはクリスマスに頂きましたbar

 18きっぷの3日目の欄に日付印を押して貰い、11時38分発の列車で出発。終点米沢に到着しました。ここから次の福島行きまでおよそ1時間あったのでランチタイムとすることにしましたが、駅前に立ってみると周辺からは肉を焼くいい匂いが充満しており食欲を誘うところ。思えばここは米沢牛のお膝元ですっかり記憶から離れておりましたが、今回は駅近くの食事処で米沢産の豚肉を使ったとんかつを頂いてきました。

米沢駅前局風景印'17.12.20

米沢産豚肉のとんかつ@米沢'17.12.20

米沢牛銅像'17.12.20
(3枚とも)米沢駅周辺でランチタイム

 13時8分発福島行きで米沢を出発。結局ここからは当初の予定と一緒になってしまいましたcoldsweats01。この後は延々普通列車を乗り継いで帰ることになりましたが、郡山からは新白河行きに乗車。黒磯駅の改良工事によってこれまで仙台方面から乗り入れていた交流専用車両が黒磯駅に乗り入れ出来なくなってしまい、新白河での乗り換えが必要となってしまいました。

キハ111‐105@新白河'17.12.20
新白河からディーゼルカーに乗って黒磯へ

 その新白河駅では同じホームの東京寄りにキハ110形が停まっており、さっそく乗り換え。16時20分、黒磯行きは新白河を発車しました。同じ区間ではキハ110形と併せてE531系も使用されていますが、学生が休みに入る夏休みなどの時期だと、2両編成のキハ110形では混雑が心配ですね。そんなことを考えながら16時44分、終点黒磯に到着。すぐに宇都宮行きに乗り換えて終点まで向かい、宇都宮からは普段見慣れた車両に乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.11

冬の山形鉄道を訪ねるその3~長井の町を散策後、赤湯へ

 冬の山形鉄道を訪ねる旅の続きですが、長井で1時間ほど市内散策することに。2016年1月に下車した際にも駅周辺を散策しておりましたが、山形鉄道沿線の見どころやグルメを特集した冊子を以前手に入れており、その中で長井の町中に古い建物が点在していることを知ったことから訪ねてみることにしましたが、桑島記念館や旧小池医院など内部が非公開な上に周囲が駐車場で囲まれてしまい、観光地として整備されていない印象でした。

旧小池医院@長井'17.12.20

長井局風景印'17.12.20

長井駅舎'17.12.20
長井の町を散策するもあまり見て回れずcoldsweats01

 さすがにランチタイムには早すぎたため、早々に長井駅に逆戻り。改札前の鮎貝りんごの等身大パネルを見ながら過ごしておりました。次の赤湯行きは10時45分ですが、時間的に先程乗って来た鉄道むすめのラッピング車両が戻ってくる頃合い。ところがやってきたのは、朝方乗車したのとよく似た花柄のディーゼルカーでした。もうちょっとラッピング車両を見たかっただけに車両交換が行われてしまったのは残念なところでしたねweep

鮎貝りんご等身大パネル@長井’17.12.20

雪除け@長井'17.12.20

山形鉄道YR880形@長井'17.12.20
(3枚とも)帰りは鉄道むすめのラッピング車両に乗れず・・・weep

 そんな赤湯行きディーゼルカーに揺られて今泉に到着。ここで荒砥行きとの交換待ちと米坂線の接続のためしばらく停車しました。隣のホームには米坂線のステンレス車体のディーゼルカーが到着し、ここ米坂線でも車両の世代交代が進んでいることが伺えましたが、JRになってそれほど経過していない頃に降りたことがあり、当時撮影した写真にはキハ58形の姿が映し出されておりました。

キハE120形@今泉'17.12.20
米坂線の現在の車両~キハE120形

 こうして赤湯に戻ってまいりましたが、予定では昼過ぎの米沢行きに乗って帰りの途につくところだったものの、1本前の列車で米沢へ向かうことに。この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.01

【12/12】鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道栗橋みなみコースその2~東武博物館を訪ねる

 12月12日の続きですが、春日部までは辿り着いたものの大袋駅近くで発生した人身事故の影響で都心方面へ向かう列車が運転を見合わせていたことから、やむなく大宮経由に転進。乗り換えて何とか北千住まで辿り着くことが出来ました。ここからは再び東武沿線を乗り歩くことになりますが、列車の方は遅れながらも動いている様子。券売機で「東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷ」を手に入れてから出発となりました。

墨田白髭局風景印'17.12.12
この日唯一の郵便局訪問~墨田白髭局の風景印

 次にやってきたのは東向島。スタンプを押印してからこの日唯一の郵便局巡りをした後、東武博物館へやってまいりました。中へ入ると、まず目にするのが入口に展示されている5号蒸気機関車。午前中に宮代町で拝見した40号機と同型のSLで、1965年まで現役で活躍しておりました。こちらはここを訪れる度にこれまで何度となく目にしているので、お馴染みですね。

5号蒸気機関車@東武博物館'17.12.12
東武博物館の入口で出迎えてくれる5号蒸気機関車

 これでスタンプラリーのスタンプは残すところ浅草のみとなりましたが、この続きは後ほど(続く)。

サンタクロース@東武博物館'17.12.12
5号電車に乗車するサンタクロースと対面happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.19

【11/28】久々の江ノ電訪問

 11月28日ですが、1日休暇を取って江ノ電沿線を訪ねてまいりました。今回は小田急発行の「江の島・鎌倉フリーパス」を新宿駅で入手。このきっぷ、行き帰りの経路上で途中下車が可能ですが、以前このきっぷで途中下車をしようとしたら駅員が途中下車できることを理解しておらず、要領を得なかったことがありました。今回、新百合ヶ丘と柿生の有人改札できっぷを見せたらすんなり下車することができ、大きく改善されましたねhappy01

小田急バス@新百合ヶ丘'17.11.28

小田急50000形@柿生'17.11.28

新百合ヶ丘局&柿生局風景印'17.11.28
(3枚とも)江の島・鎌倉フリーパスで途中下車

 そのまま終点片瀬江ノ島に到着し、駅近くの店で少し遅いランチタイム。名物の生しらす丼を頂いてから江ノ電沿線へやってきました。江ノ島駅の前を過ぎて腰越までの併用軌道区間をのんびり散策。江ノ電沿線で有数の名所と言える区間ですが、道路の真ん中を4両編成の江ノ電の電車が行き来する様子は間近で見ると迫力がありますね。江ノ電沿線を訪ねた折にはこの区間はぜひとも歩いて移動したいところです。

生しらす丼@忠兵衛'17.11.28

スズメ@江ノ島'17.11.28

江ノ電500形@腰越'17.11.28
(3枚とも)江ノ島駅から腰越駅までのんびり散策

 併用軌道区間を歩き、腰越から江ノ電に乗車。一旦鎌倉まで乗り通した後、折り返し藤沢行きに揺られて七里ヶ浜で途中下車しました。ここから歩いて隣の鎌倉高校前駅へ移動しますが、時刻はちょうど夕暮れ時で海に沈む夕日が綺麗でしたねhappy01。一方、鎌倉高校前駅はライトアップが施され、海岸線の夕日とライトアップ目当ての乗客がホームを行ったり来たりしておりました。

江ノ電300形@鎌倉'17.11.28

江ノ島@鎌倉高校前'17.11.28

イルミネーション@鎌倉高校前'17.11.28
(3枚とも)夕暮れの江ノ電沿線をブラブラ

 日もすっかり暮れたところで再び江ノ電に揺られ、江ノ島で下車。これで江ノ電の旅は終了となり、歩いて再び片瀬江ノ島駅にやってまいりました。ここ片瀬江ノ島駅は童話「浦島太郎」に登場する竜宮城をモデルにした駅舎が今も健在ですが、国内外の観光客を意識した駅舎へ建て替えとのニュースが今回の訪問後に報じられました。その片瀬江ノ島駅からロマンスカーに乗車。まっすぐ新宿まで戻ってまいりました。

片瀬江ノ島駅舎'17.11.28

小田急8000形&30000形@片瀬江ノ島'17.11.28
(2枚とも)片瀬江ノ島駅からロマンスカーに乗って帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.10

【11/14】埼玉県民の日フリー乗車券で行く西武沿線の旅その3~西武沿線をブラブラ

 11月14日の続き。少し早目に西武秩父を後にして飯能まで戻ってきました。ここで遅めのランチタイム。駅近くの郵便局で風景印を入手した後、再び列車に揺られて元加治で下車しました。今にも雨が落ちてきそうな空模様で、すっきりとした秋の空というわけには行かなかったのが残念なところでしたが、こればかりは如何ともしがたいところ。プラチナエクスプレスを見送ったところでここは退散となりました。

飯能駅南口局風景印'17.11.14

雪村あおい等身大パネル@飯能'17.11.14

西武10000系@元加治'17.11.14
(3枚とも)少し早目に飯能へ

 その後、所沢へ向けて進んでいるうちに雨が降り始め、いよいよ降りて外で過ごす気にならなくなりましたが、途中で飯能へ向かう40000系とそれ違ったので、小手指で降りて捕まえることにしました。昨年3月にS-trainで乗車して以降はなかなかお目にかかる機会がありませんでしたが、10月に西武球場前へ向かう際に乗車し、本数も徐々に増えつつありますね。40000系に限らず新車に当たると何だか得した気分になりますhappy01

西武40101@西所沢'17.11.14
新車40000系に乗車

 こうして所沢に到着。エキナカに描かれたライオンズの選手のパネルを目にした後、最後は特急小江戸号に乗って本川越まで戻ってきました。

ライオンズ選手パネル@所沢'17.11.14

西武10704@本川越'17.11.14
最後は小江戸号に乗車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.02

【11/9】横濱中華街旅グルメきっぷで楽しむ中華街ランチ

 11月9日ですが、「横濱中華街旅グルメきっぷ」を利用してランチを楽しんできました。以前一度利用したことがありますが(その時の記事はこちら)、今回は目黒駅できっぷを入手。武蔵小杉で東横線に乗り換えて終点元町・中華街駅に降り立ちました。きっぷを購入した際に渡される「旅のしおり」には対象の店舗が掲載されておりますが、今回は飲茶が食べ放題となる「招福門本店」に入店。いろいろと頂いてまいりましたhappy01

飲茶@招福門本店'17.11.9
中華街で飲茶のランチを楽しむ

 この後は東横線沿線を乗り歩き。横濱中華街旅グルメきっぷは東急線内およびみなとみらい線が1日乗り放題となっておりますが、特段あてはなく綱島で途中下車することにしました。例によって鶴見川の土手で撮影タイム。すると、渋谷寄りから緑一色に塗装された「青ガエル」が元町・中華街方面へ走り去っていきました。東横線開業90周年を記念して昨年9月から運行を開始しましたが、しばし待って折り返しをお迎えいたしました。

東急5000系@綱島'17.11.9
綱島で東横線開業90周年記念ラッピング車両と対面

 この後新丸子で下車。この日唯一の風景印を入手した後、再び東横線に乗り込んで自由が丘までやってきました。時刻は15時半近く。日もだいぶ傾き始めてきつつあり、改めて日の長さが短くなりつつあることを実感したところでした。結局一駅先の都立大学駅まで歩いてここから再び乗車。渋谷でヒカリエの上階から地下鉄開通90周年のヘッドマークを付けた1000系を撮影して帰ってきました。

川崎新丸子局風景印'17.11.9

東京メトロ1000系@渋谷'17.11.9
(2枚とも)渋谷で地下鉄開通90周年記念ヘッドマーク付き列車を撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.22

【10/31】西武多摩川線沿線を歩く

 10月31日ですが、午後から休みを取って西武多摩川線沿線を訪ねてまいりました。武蔵境からスタートしますが、その前に駅近くの郵便局に立ち寄って風景印を入手。再び駅に戻って多摩川線のホームに上がり、この日の運用を確認しながら待っていましたが、この日はあいにく“いずっぱこ”カラーの車両は運用に入っていませんでしたweep。やむなく来た列車に乗り込み、武蔵境を出発します。

武蔵野境南局風景印'17.10.31

西武新101系@武蔵境'17.10.31
(2枚とも)武蔵境からスタート

 武蔵境を出て数分、さっそく次の新小金井駅で下車。多磨駅方面へ10分ほど歩いたところにある「いちご橋」という陸橋までやってきました。このすぐ下を多摩川線の線路が伸びており、橋の上から眼下を行き来する多摩川線の列車を撮影してきましたが、ここから撮影されたと思われる写真をネットなどで見かけたことがあり、沿線の撮影スポットの一つとなっている様ですね。

西武新101系@新小金井'17.10.31
新小金井と多磨の間に架かる「いちご橋」の上から撮影

 新小金井駅に戻って列車に乗り込み、今度は白糸台で下車。20日ほど前に撮影しに訪れたばかりでしたが、駅構内に隣接する車両基地にこの日のお目当てだった“いずっぱこ”カラーの車両がお休み中でしたweep。やむなくこの日は敷地の外からその姿を見るに留めましたが、西武ではさらに“赤電”も年末に復活したとのこと。こちらは当面多摩湖線での運転とのことで、こちらも併せて再訪したいですね。

西武新101系@白糸台'17.10.31
いずっぱこカラーはこの日お休みsleepy

 そんな中、駅周辺を歩いていたら、「旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕」と記された看板を見つけたので訪ねてみることにしましたが、武蔵境寄りに線路沿いに沿って数分歩いたところにコンクリートの塊がフェンスに囲まれて鎮座しているのが見えました。説明書きがないと何かの廃材にしか見えないこの物体は第二次大戦中に戦闘機を敵の攻撃から守るため造られたもので、貴重な戦争の生き証人と言えそうです。

旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕'17.10.31
白糸台駅近くにある戦争の遺構~旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕

 この後、再び多摩川線に乗って終点の是政に到着。これで多摩川線沿線の乗り歩きは終了となり、多摩川にかかる是政橋を渡って南武線の南多摩駅へ向かいました。時刻は17時近くとすっかり日も傾き始めていたことからそろそろ帰り支度。府中本町へ向かい、武蔵野線に乗って帰りました。

E233系@南多摩'17.10.31
是政駅から多摩川を渡って南武線の南多摩駅へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.12

秋の北陸・関西ネタ探し旅その12~宇治を歩く

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続き。中書島から宇治へ向かいます。宇治と言えば平等院鳳凰堂が真っ先に思い浮かびますが、最近ではアニメ「響け!ユーフォニアム」の舞台として話題になりましたね。一昨年の10月、暗くなってから宇治線を利用した時にキャラクターがデザインされたパネルが六地蔵駅に設置されているのを見かけましたが、今回こうしたアニメに関するものをあまり見かけなかったのがちょっと残念でしたね。

京阪13051@中書島'17.10.16
中書島から宇治へ

 終点宇治に到着後、さっそく市内散策へ。外は相変わらず雨が降っていて止む気配がありませんでしたが、さすがにこればかりはどうにもなりませんねsad。まずは宇治川を渡ってすぐのところにある郵便局で風景印を入手。その後、宇治を代表する名所である平等院鳳凰堂を観てまいりました。こちらは前回訪ねた時にも拝見しておりますが、今回は雨模様とあって景色は今一つでした。

宇治橋局風景印'17.10.16
宇治橋郵便局の風景印

平等院鳳凰堂'17.10.16
雨の平等院鳳凰堂を訪ねる

 再び宇治川を渡り、宇治駅近くのお休み処で一休み。昼時だったので、京都名物のにしんそばを頂いた後、宇治川の土手からJR奈良線の列車を撮影してきました。奈良線と言えばウグイス色の103系が今も健在ですが、あいにくの天気にもかかわらず何本か押さえることができました。朝方乗車した羽衣線共々、残り少なくなった103系が走る区間として今後も注目が集まりそうです。

にしんそば@つうゑん茶屋'17.10.16
宇治駅近くのお休み処で宇治茶のにしんそばを頂く

103系@宇治'17.10.16
今も健在、奈良線の103系

 こうしてそろそろ宇治を出発。大阪方面へ戻ることにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.10

秋の北陸・関西ネタ探し旅その10~ネタ探ししながら大阪市内へ

 秋の北陸・関西ネタ探し旅の続き。鳳から阪和線で大阪方面へ向かいますが、まさに通勤通学のラッシュ時間帯で車内は大変な混雑でした。普段、旅の行程を立てる時はなるべくラッシュ時間帯を避けるようにしていますが、どうしても行程によっては避けられないこともあり何ともし難いところ。結局三国ヶ丘で南海に乗り換え、天下茶屋で降りてネタ探しをしてきましたが、ちょうど難波からこうや号がやってまいりました。

南海30000系@天下茶屋'17.10.16
朝の天下茶屋駅でこうや号を見送る

 引き続きネタ探し、特に泉北高速鉄道の鉄道むすめ、和泉こうみのラッピング車両が来ないか待ってみたものの、結局時間切れとなり後続の難波行きの列車に乗車。やってきたのは、泉北高速鉄道の3000系でした。泉北高速鉄道の車両もいくつか種類があってバラエティに富んでいる印象を受けますが、やってきた列車には前日難波駅で見かけた古墳型のヘッドマークを付けておりました。

泉北高速鉄道3521@難波'17.10.16
古墳型のヘッドマークを付けた泉北高速鉄道3000系

 この後、一旦難波駅を離れて10分足らずのところにある浪速郵便局に寄り道。ここで風景印を貰ってきました。難波と言うと自分の世代だとやはり南海ホークスが本拠地球場とした大阪球場が思い出されますが、残念ながら球場には足を運んだことがなく、TVなどの映像を介して雰囲気を感じるしかありません。手動式のスコアボードも九州へ移転する1988年の最終年まで健在でしたね。

浪速局風景印'17.10.16

浪速郵便局付近'17.10.16

(2枚とも)浪速郵便局に寄り道

 この後は地下鉄御堂筋線に乗って淀屋橋へ。ここから京阪に乗り換えますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧