カテゴリー「さいたま市」の記事

2017.06.21

【5/1】午後休みで鉄道博物館を訪ねる

 ゴールデンウィークの合間の平日となった先月1日、午後から休みを取って病院へ向かいました。年に1度の検査日でしたが、終了後ちょっとだけニューシャトルを乗り歩いてまいりました。来る途中、大宮駅で1日乗車券を買ってあったのでいちいち手持ちのSuicaをタッチする必要がありませんでしたが、以前紹介した漫画家、手塚治虫の作品に登場するキャラクターのラッピング車両と出会いました。

埼玉新都市交通2000系@伊奈中央'17.5.1
手塚作品に登場するキャラのラッピング車両に乗車

 大宮行きに揺られて鉄道博物館駅で下車。帰るには少し早かったので、鉄博を訪ねてまいりました。連休の合間の平日というせいか、訪れている客は幾分少な目でしたが、ヒストリーゾーンに展示されているEF58に「はやぶさ」のヘッドマークが、そしてC61には国旗が掲揚されていました。思えば鉄博も今年で開館10年が経過しましたが、あっという間でしたね。

C515@鉄道博物館'17.5.1

EF58-89@鉄道博物館'17.5.1

E4系@鉄道博物館'17.5.1
(3枚とも)平日の午後、鉄道博物館で過ごす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.17

【4/2】こちらは見頃~大宮公園

 先月2日の続きですが、藤の牛島から東武アーバンパークラインに揺られて大宮公園に降り立ちました。この日は毎年恒例となっている大宮公園の花見オフ。大宮公園に到着し、一団と合流いたしましたが、ここ大宮公園は見頃を迎え、多くの人で賑わっておりました。この日の午前中に訪れた柳瀬川と藤の牛島はまだ3分咲き程度で、同じ埼玉県内でありながら場所によって桜の咲き具合に違いがあることに正直驚いたところでした。

桜@大宮公園'17.4.2
ここは満開でした~大宮公園cherryblossom

 この日は天気もよく、絶好の花見日和となりましたが、参加者と久しぶりに顔を合わせたこともあって話も盛り上がり、気が付けば時刻は16時近くになっておりました。日も傾きかけてきたところでそろそろお開き。大宮駅で三々五々別れた後、帰るには少し早かったこともあって、入場券を買って新幹線ホームで撮影タイム。H5系を撮影したのは今回が初めてとなりました。

H5系@大宮'17.4.2
H5系を初めて撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.14

鉄道グッズの店大宮駅にオープン

 大宮駅西口のニューシャトルの乗り場へ向かう途中に鉄道グッズの店が今月25日にオープンするとのこと(参考:乗りものニュースの記事)。本日現場を見てきましたが、以前「アンティ・アンズ」というプレッツェルの店があったところに入るとのことで、ここだと鉄博帰りの客を拾えそうですね。後はどんなグッズがあるのか気になるところですが、18きっぷのポスターをかたどった商品はちょっと気になるところです。

ゼネラルストアレールヤード看板@大宮'17.3.14
今月25日に大宮駅にオープンする「ゼネラル・ストア・レールヤード」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.06

【10/15】川越車両センターまつり、おさんぽ川越号、コスモス畑

 先月15日は川越車両センターで毎年恒例のイベントが行われるとのことで訪ねることに。昼前に自宅を出発しましたが、その前に土曜日のお楽しみである配6794ㇾをお迎えしてまいりました。この日先頭に立ったカマはEF65の2076号。編成はコキ車とタンク車というこの列車ではオーソドックスな編成でした。こちらを見送り、日進駅から川越線に乗り込みました。

EF65‐2076@宮原'16.10.15
配6794レを見送ってから出発shoe

 列車に揺られて南古谷駅に到着。さっそく川越車両センターへ向かいます。昨年は首都圏各地で活躍するE233系が集まるなど車両展示はなかなかの見応えでしたが、今年は宇都宮線で使用される205系を除けば埼京線や川越線で活躍する車両が集められ、昨年ほどのインパクトはあまり感じませんでしたね。ただ展示されていた205系ハエ28編成はこのイベント後に運用を離脱しており、このイベントが最後の花道となりました。

川越車両センターまつりポスター@南古谷'16.10.15

車両展示@川越車両センター'16.10.15

205系@川越車両センター'16.10.15
(3枚とも)川越車両センターまつりを訪問

 一通り見て回り、再び川越線に乗車。川越駅の構内でランチを済ませてから西川越駅に向かいました。この後は川越駅16時ちょうど発の快速おさんぽ川越号に乗って帰る予定だったのでそれまでフリータイム。そこで駅近くの馴染みの踏切で東武東上線の列車を見ながらのんびり過ごすことにしました。しばらくすると川越まつりのヘッドマークを付けた50000系が接近。この日、川越市内では盛大なまつりが行われていました。

東武50000系@西川越'16.10.15
「川越まつり」のヘッドマークを付けた50000系と遭遇

 のんびり過ごしながら15時前には撤収。川越駅に戻ってきました。発車までしばらくあったのでそのまま駅構内で待機しておりましたが、しばらくして川越車両センターで止まっていた幕張車両センター所属のE257系が回送で到着。列車に乗り込み16時ちょうど、おさんぽ川越号はゆっくり川越駅を後にしました。川越線の臨時列車はこの他651系を使用した快速ぶらり川越号が運転されるなど、すっかり定着した感がありますね。

快速おさんぽ川越号@川越'16.10.15
川越から快速おさんぽ川越号に乗車

 おさんぽ川越号は16時21分大宮に到着。すぐに東武アーバンパークラインに乗り換えて大宮公園駅に向かいました。実は行きたかったところがあり、歩いて見沼田んぼの一角に植えられているコスモス畑まで辿り着きましたが、だいぶ日が傾いてしまったため長居はできなかったものの、東武アーバンパークラインの列車と絡めながら撮影してまいりました。

東武60000系@大宮公園'16.10.15

夕暮れの見沼田んぼに咲くコスモスの中を東武60000系が行く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.15

【9/22】漫画会館を訪ねる

 先月22日は地元でのんびり過ごすことに。実家へ行くついでに漫画会館へ行ってきました。ちょうど漫画家、故手塚治虫氏関連の企画展が開催中でしたが、氏が亡くなったのが1989年2月ですから27年が経過したんですね。自分くらいの世代だと生前活躍されていた頃の姿をメディアなどで見ていたので、アニメや漫画などで作品に触れる機会が多かったですが、亡くなってもその功績は決して色褪せていないと思います。

鉄腕アトム像@漫画会館'16.9.22
入口には鉄腕アトムがお出迎えhappy01

 展示は原画が主でしたが、漫画会館での展示となるとこちらの方がふさわしいかもしれませんね。ちなみに手塚治虫氏ゆかりの地といえばトキワ荘のある練馬界隈で、数年前に周辺を散策したことがありましたが、この日から数日後に近くまで足を運んでおります。なぜ訪ねたのかは後日報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.16

【7/17】今年も訪問、原市沼の古代蓮

 7月も中旬に差し掛かり、ここ数年恒例になっている原市沼の古代蓮を見に行こうと先月17日の早朝に加茂宮駅へやってくると、改札口付近に最近設置されたと思われる大きなイメージパネルが目に入りました。遠目で見てもなかなか目立つ存在でしたが、公式サイトによればニューシャトルの全駅に設置されているとのことで、ここ加茂宮駅は近くにある大宮加茂宮郵便局がデザインされています。

イメージパネル@加茂宮'16.7.17
ニューシャトル各駅に設置されたイメージパネル

 ニューシャトルに揺られて沼南へ到着。ここにもイメージパネルが設置されていて、イラストはもちろん原市沼の古代蓮でした。さっそく原市沼へ向かうと今年もピンク色の蓮の花を目にすることができましたが、今年は何といっても新型車両2020系と絡めて撮影したいところ。ちょうど6月にデビューした23編成と蓮の花とのツーショットを収めることができました。

イメージパネル@沼南'16.7.17

埼玉新都市交通2020系@沼南'16.7.17
(2枚とも)今年も訪問~原市沼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.11

【7/10】ニューシャトルの新車乗車&東武沿線訪問

 先月10日は地元周辺をブラブラ。まずはニューシャトルの加茂宮駅へ向かいます。実は加茂宮駅にやってきたのには理由があり、6月から運行を開始した2020系の23編成にまだ乗車したことがなかったのでこちらを待つことにしましたが、ホームに上がって最初にやってきたのがまさにお目当ての23編成でした。先輩の21編成がと22編成がそれぞれ緑とオレンジなのに対し、この23編成はピンクがラインに入っております。

埼玉新都市交通2020系@加茂宮'16.7.10


(2枚とも)6月から運行を開始した2020系23編成に初めて乗車

 大宮に到着し、今度は東武アーバンパークラインに乗り換えて春日部へ。お目当てとしては、りょうもう号に使用されている200系の1本が台湾国鉄で活躍する特急車両「普悠瑪」(ブユマ)のカラーにラッピングされ、そちらを見にやってきた次第でしたが、なかなかうまい具合に当たらず、結局この日は目にすることが出来ませんでしたweep。特筆するようなネタは特になく、帰りは久喜経由で宇都宮線に乗って帰ってきました。

東京メトロ03系@東武動物公園'16.7.10
東武動物公園駅で並んだ東京メトロ03系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.03

【6/19】埼玉新都市交通1000系さようなら運転に乗る

 6月19日は地元で“鉄”活動。まずは大宮駅へ向かい、埼玉新都市交通(以下ニューシャトルと記します)の乗り場で1日フリーきっぷを入手しました。大宮車両センターの公開日と同じ日に発売開始されたさようなら1000系の記念1日フリーきっぷですが、購入日当日限り有効とあってこの日もまだ売っていたのは有難いところ。やはり購入日当日限りの有効期限を設けることで転売などの買い占め防止には効果があるようですね。

さようなら1000系引退記念1日フリー乗車券
この日もこのきっぷ片手に沿線をブラブラ

 その1000系のさようなら運転が前日18日から始まりましたが、車両基地のある丸山を出発して大宮まで向かった後、終点内宿までの通しでの運転で、25日までの8日間運転されるとあって乗車機会が多いのが有難いところでしたねhappy01。その前に始発の丸山駅では沿線の児童が描いた絵画の展示を兼ねてしばらく停車するとのことでまずは丸山へ向かうことに。さっそく中線に停まっていた1000系の車内を見て回りました。

さようなら1000系HM'16.6.19

さようなら1000系車内広告'16.6.19

丸山駅名板'16.6.19
(3枚とも)丸山駅に停車中の1000系

 この後ですが、15時36分の発車を待って乗り通そうと思ったものの、やはり撮影したいと思い大宮行きの列車で先行することに。たまたま待機している人がいなかった東宮原駅の下りホームで待つことにしました。到着まで1時間ほど、すっかりニューシャトルの顔となった2020系や高速で行き交う新幹線を横目で見ながらのんびり待っていましたが、この日は午後からあいにくの天気で雨も降ってくる中、ようやく1000系が大宮方面から近づいてきました。

埼玉新都市交通1000系@東宮原'16.6.19
大宮から戻ってきたニューシャトル1000系さようなら運転列車

 普段は地元の足として利用する機会の多いニューシャトルですが、この日はさようなら運転目当てのギャラリーも多く車内は賑やかでしたcoldsweats01。このまま伊奈中央まで乗車してこの日はここでお見送り。すぐにやってきた大宮行きに乗って今度は鉄道博物館へ降り立ちました。すでに時刻は16時半過ぎ。この後は鉄道博物館に入ってのんびり見てから帰ってきました。

485系展示@鉄道博物館'16.6.19
485系の引退に際し、鉄道博物館で特設展示が開催されましたweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.30

【6/12】岩槻駅新駅舎訪問&栗橋みなみ誕生日祭を訪ねる

 先月12日ですが、大宮から東武アーバンパークラインに乗って岩槻へ向かいました。5月31日から新しい駅舎の使用が開始され、今回その様子を見に訪れた次第でしたが、改めて完成した駅舎を見てみると城下町らしさは多少感じるところでしょうかねcoldsweats01?一方、改札脇には小ぢんまりとしたコンビニが出来ておりましたが、元の岩槻駅にはキオスクがあったので、今風のコンビニに置き換えられたと言えなくもなさそうです。

岩槻駅舎'16.6.12

改札口@岩槻'16.6.12

岩槻新駅舎使用開始ポスター'16.6.12
(3枚とも)新駅舎の使用が開始された岩槻駅

 岩槻から再び東武アーバンパークラインに乗り込み、春日部でスカイツリーラインに乗り換えて南栗橋に到着。半年後にはここで盛大なイベントが催されることを思い出しながら、線路に沿って栗橋の市街地へ向けて歩き始めました。新調したばかりのオリンパスペンはまだ使い慣れていませんで、引き続き慣らし運転といったところ。線路沿いで日光詣スペーシアを始め、いろいろ撮影してきました。

東武100系@栗橋'16.6.12
新調したばかりのオリンパスペンで撮影した日光詣スペーシア

 この後正午からは栗橋商工会主催の栗橋みなみ誕生日祭へ。2011年から毎年開催されて今年で6回目となり、すっかりこの時期の恒例行事となりましたねheart01。今年も栗橋みなみのイラストがデザインされた特製のバースデーケーキが登場し、盛大なうちに幕が下りました。

バースデーケーキ@栗橋みなみ誕生日祭'16.6.12
今年も盛大な誕生日祭でした>栗橋みなみheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.07

【5/28】2年ぶりの訪問、鉄道のまち大宮鉄道ふれあいフェア

 5月28日は地元で恒例の鉄道イベントが開催された日。昨年は全国鉄道むすめ巡りで関西へ遠征していたため、2年ぶりの訪問となりました。スタートは埼玉新都市交通の加茂宮から。出掛け、この日から発売のさようなら1000系のフリーきっぷを入手しました。後で使おうと思っていたら、当日でなければ使用できないとのことでそのまま使用することになりましたが、転売による買い占めのことを考えればこれも致し方のないところですね。

さようなら1000系フリーきっぷ
この日から発売されたニューシャトルのさようなら1000系フリーきっぷ

 ニューシャトルに揺られ、鉄道博物館で下車。高架に沿って歩き、大宮車両センターに到着しました。受付で案内図と特製のクリアファイルを頂き、さっそく場内へ。概ね配置は変わりないようでしたが、入口から食堂の脇を通り抜けると以前は見かけなかったガスタービン車、キハ391系のカットモデルが鎮座。長らく保管されていたものの結局解体されてしまいましたが、こうした格好で残ることになったのは幸いだったかも。

キハ391系カットモデル@大宮車両センター'16.5.28
場内に鎮座するガスタービン車のカットモデル

 引き続き場内を進むと、烏山線でお馴染みのハイブリット車、“ACCUM”ことEV-E301系の姿がありました。車内も公開され、多くの人の注目を浴びておりましたが、昨年10月に開催された小山車両センターのイベントでも展示され、自分にとってはすっかりお馴染みになった車両ですね。思えば前日の午後に都内へ繰り出す途中、大宮駅近くで本線上を走行するハイブリッド車とそれ違っておりました。

EV-E301系@大宮車両センター'16.5.28
場内で展示された”ACCUM”

 そして本線寄りに広がる車両展示広場では、D51の498号機と国鉄型電機が展示。それぞれヘッドマークが掲出され、周りには多くの人でごった返しておりました。その中でも特に注目が集まっていたのは、真ん中に展示されていたEF65の2139号で、「がまだせ熊本」と記された特製のヘッドマークが用意されておりました。この2139号機は最近になってかつての国鉄色に塗装が変更となり、本線上を走る姿を見たいところです。

車両展示@大宮車両センター'16.5.28

EF65‐2139@大宮車両センター'16.5.28

EF65-2139クリアファイル&下敷き
(3枚とも)車両展示広場に集まった国鉄型電機

 その他、このイベントではすっかりお馴染みになった試乗会の車両に東武のスペーシアが使用。数あるスペーシアの車両の中でも日光詣の金色のスペーシアが使用されておりました。他社の車両がこのイベントに登場したのは記憶している限りでは恐らく初めてではなかったかと思われますが、外から見ている限りでは車内には多くの人が乗っており、乗車体験を楽しんでいる様子が伺えました。

東武100系@大宮車両センター'16.5.28
試乗会で使用された日光詣スペーシア

 こうして場内を2周したところで撤収。午後は近場でのんびり過ごしてきましたが、続きは後ほど(続く)。

特製クリアファイル
会場での戦利品wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧