カテゴリー「野球」の記事

2022.08.11

【4/2】西武沿線ネタ探し

 前回の続き。一旦桜巡りから離れ、西武沿線でネタ探しすることにします。アプリで調べていたら、「DORAEMON-GO!」が拝島線内で運用に入っているとのこと。そこで、萩山駅で降りて待つことにしました、カラフルな多摩湖線の列車を見ながら待つことしばし、拝島方面からDORAEMON-GO!が到着。そのまま小平駅からの折り返しをお迎えしました。202010月に運行開始して1年以上が経過しており、人気ぶりが伺えます。

西武30000系@萩山'22.4.2拝島線内を行き来していたDORAEMONーGO!を萩山駅近くでお迎え

 萩山駅から小川駅を経由して東村山駅に到着。ここで下車することにします。ここ東村山市は20203月に急逝した人気コメディアン、志村けん氏の出身地。現在、駅前に氏の在りし日の姿をかたどった像がポーズを決めて鎮座しています。ザ・ドリフターズのメンバーとして活躍していた頃に観ていたTV番組で大いに笑って過ごした世代なので、今回感謝を込めてご挨拶に訪れた次第でした。

志村けんの像@東村山'22.4.2東村山駅前でポーズを決める「志村けんの像」

 この後、所沢駅からLaviewに乗り込み池袋駅へ。有人改札のすぐ傍に埼玉西武ライオンズのレジェンド、栗山巧外野手のポスターが貼ってあるのが見えました。ポスターは、「駅の推し獅子」と題されており、ライオンズの選手が西武線内全ての駅でそれぞれ一人ずつ選ばれていて、この日下車した武蔵関駅や萩山駅でも見かけましたが、これまでにない面白そうな企画です。

駅の推し獅子ポスター@池袋'22.4.2
池袋駅で見かけた「駅の推し獅子」ポスター(池袋駅は栗山外野手)

 これで西武沿線からは離脱。今度は東武東上線沿線へと向かいます(続く)。

| | コメント (0)

2022.07.24

【3/20】西武沿線でネタ探し

 3月の三連休中日は近場をブラブラ。西武沿線へ足を運んでまいりました。最初に訪れたのは元加治駅。以前、駅近くの線路脇に菜の花が咲いていた様子が忘れられず、昨年訪れた時はあまり咲いてなかったので、今年こそはと思ってやってきましたが、昨年よりは咲いているという程度で、以前のように黄色く染まるという程ではありませんでした。やはりその年によって咲き具合があるようで、果たして来年はどうでしょうか?

西武40000系@元加治'22.3.20ー1今年も菜の花は今一つ・・・

 ちょうど、ドラえもんのラッピング車両がやってきたので、飯能からの折り返しに乗車することに。3月から公開されたドラえもんの映画に併せて登場したラッピング車両で、新宿線の「DORAEMON-GO!」が30000系なのに対して、こちらは40000系に施されています。自分自身、ドラえもんと言えばテレビアニメのイメージが強いですが、子供だけでなく世代の高い層にも親しみのあるキャラクターなだけに、根強い人気があることが伺えます。

西武40000系@元加治'22.3.20ー2ドラえもんの映画公開に併せて運行開始した池袋線のラッピング車両

 そのラッピング列車に乗って所沢駅に到着。新宿線に乗り換え、本川越駅にやってきました。後続でL-trainが来るとのことで、駅近くで迎えることに。シーズン開幕に先立ち、L-trainのラッピングが一新され、見た感じではさほど変わりはありませんが、ラッピングされている選手がこれまでの“レジェンド”から現役選手に変更となっております。昨シーズンは不本意な成績に終わってしまっただけに今シーズンは奮起が期待されます。

西武20000系@本川越'22.3.20この日最後のネタはリニューアルしたL-train

 まだまだネタが多い西武沿線ですが、追々ご紹介していきたいと思います。

| | コメント (0)

2022.01.25

秋の1泊2日関西紀行その13~近江八幡を経由して再び彦根へ

 前回の続き。太郎坊宮前駅から近江鉄道の列車に乗り込み、終点の近江八幡駅にやってきました。列車からホームに降り立つと、駅構内はプロ野球、埼玉西武ライオンズのカラーで埋まっていて、ライオンズカラーが入った駅名板を始め、待合室にはライオンズの正捕手、森友哉選手の等身大パネルが鎮座。西武グループに属していることもあり、ライオンズと関連することは当然ですが、埼玉から来た自分にとっては身近な存在に感じました。

近江八幡駅名板'21.11.3ライオンズカラーに装飾された近江八幡駅の駅名板

 近江鉄道の旅はここでおしまい。ここからは東海道本線に乗り換え、宿泊していたホテルのある彦根へ向かいます。この日は東海道本線内で人身事故が発生した影響もあって遅れが生じており、上り列車はまず各駅停車が到着。ところが、すぐに後続で新快速が来るとのことで、こちらに乗り込みました。この先の駅で先行の各駅停車を追い越し、彦根駅には新快速列車の方が先行しました。

クハ222-2012@彦根'21.11.3人身事故の影響で大幅に遅れていた新快速に乗って彦根駅に到着

 こうして再び彦根駅に到着。ホテルに荷物を預けていたので、こちらを受け取ってから駅へ戻りました(続く)。

| | コメント (0)

2021.07.18

【4/25】ラストラン間近、レッドアロークラシックに乗る~西武

 先代レッドアロー5000系の塗装を施した「レッドアロークラシック」が429日で定期運行を終了すると発表があり、週末最後の日曜日に乗りに行ってまいりました。SNSで情報を見ていると、週末は固定運用に入っている様子で、しかも午前中の運用で入庫してしまうとのこと。そこで、西武新宿へ向かう小江戸号としては日中最後となる小江戸14号を本川越駅近くの単線区間で見送りました。

特急小江戸14号@本川越'21.4.25「LAST RUN」のヘッドマークを付けたレッドアロークラシックをお見送り

 西武新宿からの折り返しとなる小江戸9号に乗車するため、本川越駅から西武新宿線に乗り込み、所沢駅に到着。時間があったので、駅周辺をブラブラしながら過ごすことにしました。今や西武の新しい顔となった池袋線の特急“Laview”を見送り、駅へ通じる繁華街を散策。地元埼玉西武ライオンズの選手がデザインされた旗が通り沿いに掲げられており、中には今シーズン限りで引退する松坂大輔投手のものも見かけました。

西武001系@所沢'21.4.25

所沢プロペ商店街'21.4.25

レオぬいぐるみ@所沢'21.4.25

(3枚とも)所沢駅周辺で時間潰し

 所沢駅に戻り、いよいよ定期運用では最後の乗車となるレッドアロークラシックに乗り込むことに。ホームで待つことしばし、小江戸9号が西武新宿方面からやってまいりました。先頭車には特製のヘッドマークも用意。改めて引退が間近であることが伺えますが、201111月の運行開始から丸10年近く、西武沿線でいろいろと楽しませてくれた列車の一つですね。

特急小江戸9号@所沢'21.4.25

レッドアロークラシックラストランロゴ'21.4.25

西武10000系@本川越'21.4.25

(3枚とも)定期運用での最後の乗車~レッドアロークラシック

 こうして小江戸9号は終点本川越駅に到着。レッドアロークラシックの定期運用での乗車はわずか15分で終了となりました。

| | コメント (0)

2021.01.24

【11/21】アニメ「球詠」の聖地・越谷市民球場を訪ねる

 埼玉県民の日に新越谷駅で頂いたアニメ「球詠」の聖地マップを片手に再び越谷市を訪ねてまいりました。しかし今回はマイカー利用。場所によって駅から離れたスポットもあるので、こういう時にはマイカーを利用した方が小回りを利かせやすいですね。一部の施設で週末休みのところがあり、今回は越谷市民球場を訪問。プロ野球のイースタンリーグの試合が行われる球場で、受付で特製のポストカードを頂いてきました。

越谷市民球場'20.11.21

球詠パネル@越谷市民球場'20.11.21

球詠マップ&ポストカード

(3枚とも)マイカーで訪ねた越谷市民球場を 

 結局この日訪ねたのはここ1ヶ所のみ。近場なので、特に用事のないときに気軽に足を運んでみたいですね。

| | コメント (0)

2020.11.26

【9/26】西武沿線乗り歩きその5~最後はレッドアロークラシックに乗る

 前回の続き。小平駅から新宿線に乗り換えて所沢へ向かいます。途中、新宿へ向かうレッドアロークラシックとそれ違い。この日は運用に入っており、所沢駅から本川越まで乗車することにしました。西武新宿からの折り返しまで時間があったので、一旦下車して駅周辺をブラブラすることに。先程見かけたコウペンちゃんのラッピング車両が池袋から戻ってくるところを見かけました。

西武30000系@所沢'20.9.26-2

ライオンズ歴代ユニフォーム@所沢'20.9.26

西武001系@所沢'20.9.26(3枚とも)所沢で時間潰し

 駅周辺で時間を潰しているうちに、西武新宿からのレッドアロークラシックが到着する時間だったので、改札を抜けて新宿線のホームへ。15分ほど揺られ、本川越駅に到着しました。

西武10705@本川越'20.9.26最後はレッドアロークラシックに乗って本川越へ

| | コメント (0)

2020.07.19

【6/16】久しぶりの西武沿線その3~レッドアロークラシックで本川越へ

 前回の続き。所沢駅に戻り、改札を抜けると駅構内には3月に訪れた時に見かけた往年のライオンズのユニフォームがまだ展示されておりました。今年は感染症拡大の影響により開幕が延期となってしまい、例年だったらこの時期は交流戦が終盤を迎える頃。それだけ今年は野球ファンにとっては異例の年となってしまいましたが、ようやくこの3日後に開幕を迎えることになりました。

ライオンズ歴代ユニフォーム@所沢'20.6.16プロ野球もようやく開幕

  さてこの後ですが、再び新宿線に乗って本川越へ戻ることに。先程入曽駅近くで見送ったレッドアロークラシックがちょうど都内から戻ってくる時間だったので、こちらに乗って帰ることにしました。今や新宿線のみとなったニューレッドアローですが、レッドアロークラシックを新宿線で乗車するのはこれが初めてとなりました。

西武10705@本川越'20.6.16帰りはレッドアロークラシックで本川越へ

| | コメント (0)

2020.05.21

【3/27】Laviewに乗って池袋へ~西武

 前回の続き。元加治駅から再び列車に乗り込んで所沢方面へ戻ることにしますが、帰りの時間にはまだ早かったので、西所沢駅で下車してネタ探ししようと沿線で待っていたら、“ヒカリエトレイン”こと4111編成がやってまいりました。実は日中、小手指駅に降りた際に反対側のホームに停まっているのを見かけておりましたが、1編成のみなので出会うとラッキーですね。

東急4000系@西所沢'20.3.27西所沢駅近くで”ヒカリエトレイン”と出会う

 再び西所沢駅から上り列車に乗り込みますが、やってきたのは“L-train”。装いを新たに登場してからは初めての乗車となりました。車体にはライオンズの現在の主力選手を始め、往年のスター選手の姿もラッピングされており、特に1980年代から90年代にかけての黄金時代に活躍した選手は懐かしいですね。惜しまれるのは当時のスター選手の中で今回ラッピングされていない選手がいること。こちらは別の機会に期待したいところです。

西武20104@所沢'20.3.27装いを新たに登場したL-trainに初乗車

 その“L-train”で一駅揺られて所沢駅に到着。いつもは新宿線の小江戸号に乗って本川越経由で帰るところですが、この日は引き続き池袋線で終点へ。後続の“Laview”に乗って都内へ向かいました。

西武001A-1@池袋'20.3.27Laviewに乗って池袋へ

| | コメント (0)

2020.05.18

【3/27】ライオンズで盛り上がる所沢駅

 以前、ライオンズ70周年を記念して池袋駅に登場した往年の選手の装飾や新しいラッピングのL-trainについてこちらに記しましたが、所沢駅ではこれまで使用されてきたライオンズのユニフォームが展示されております。福岡に本拠地があった西鉄時代のユニフォームも展示されており、こちらは近年行われた「ライオンズ・クラシック」でお馴染みのファンも多いかもしれませんね(続く)。

ヒストリーオブライオンズ@所沢'20.3.27

西鉄ライオンズユニフォーム@所沢'20.3.27

ライオンズユニフォーム@所沢'20.3.27

(3枚とも)所沢駅で展示されている往年のライオンズのユニフォーム

| | コメント (0)

2020.04.22

【3/11】70周年を迎えたライオンズで盛り上げる西武沿線

 レッドアローの池袋線での定期運用終了という大きな話題があったことから、ここ最近西武のネタが続いておりますが、今回も西武に関して書いておきたいと思います。「ライオンズ」として今年で70周年を迎える埼玉西武ライオンズでは様々な企画が催されており、池袋駅では往年のライオンズに所属した選手の装飾が施されることに。やはり自身にとっては90年代初頭の圧倒的な強さを誇った時のイメージが強いですね。

ライオンズ70周年記念装飾@池袋'20.3.11池袋駅に登場したライオンズ70周年記念装飾

 そして数日前に乗車した“L-train”が装いを新たに登場。ライオンズで活躍した往年の選手が車体にラッピングされました。西武時代の選手はもちろん、前身の西鉄ライオンズの時に活躍した“鉄腕”稲尾投手や“怪童”中西選手がラッピングされるあたり、今回の企画はかなり力が入っている印象を受けましたね。これも10年ほど前に行われていた「ライオンズクラシック」の一環と言えるかもしれません。

西武20000系@東久留米'20.3.1170周年を記念してL-trainもデザインを変更

 もちろんこの日はダイヤ改正の前ということで、池袋線で最後の活躍をするレッドアローの姿も確認。レッドアロークラシックの姿を見ることが出来ました。

西武10000系@東久留米'20.3.11池袋線での最後の活躍~レッドアロークラシック

| | コメント (0)

より以前の記事一覧