カテゴリー「航空」の記事

2017.11.14

2017鳥取夫婦旅その9~鳥取空港から帰りの途に

 2017夫婦旅もいよいよ大詰め。青山剛昌ふるさと館から鳥取空港を目指します。すぐ近くに空港行きのバス停があり、次のバスは16時20分発。1時間ほどで空港に到着するとそのまま羽田行きのフライトに接続しますが、周りは我々以外乗客がおらず、正直バスが来るのか心配してしまいました。ようやく発車の5分前、車体にコナンのラッピングが施されたバスが到着。無事出発となりました。

鳥取砂丘コナン空港ラッピング'17.9.30
コナンのラッピングが施された空港行きのバス

 バスは30分ほど走って倉吉駅に到着。ここで数名乗客を乗せた後、再び鳥取空港へ向けて走り出しました。その途中、広大な湖面が広がる東郷池の脇を通ってきましたが、学生時代この付近にあったユースホステルに宿泊したことがありました。本当に泊っただけで周辺の散策までせず帰ってしまったのが今も残念なところで、常夏の風景を思わせるような羽合温泉共々再訪してみたいところです。

東郷池'17.9.30
バスから東郷池を望む

 その後、バスは因幡の白兎ゆかりの白兎海岸の脇を通り、鳥取空港には17時半頃に到着。近年、「鳥取砂丘コナン空港」という愛称が付き、ここでも至る所にコナンや登場人物のキャラクターのイラストを見ることが出来ました。その様子を見ながらチェックインを済ませると展望デッキへ。ちょうど羽田からの便が到着したところで、ゆっくりと駐機場に近づいてきました。

鳥取砂丘コナン空港旗@鳥取空港'17.9.30

コナンモニュメント@鳥取空港'17.9.30

NHAirbus320‐200@鳥取空港'17.9.30
(3枚とも)コナン一色の鳥取空港から帰りの途に

 徐々に暗くなる中、羽田空港行き全日空298便は鳥取空港を離陸。すでに外は暗くなってしまったので様子を伺うことはできませんでしたが、特段大きな揺れもなく19時55分に羽田空港に着陸し、2日間の旅は無事終了いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.06

2017鳥取夫婦旅その1~伊丹へのフライト

 今年の夫婦旅ですが、夏を通り越してすっかり秋風が吹く頃となった9月29日と30日の2日間で鳥取を訪ねてまいりました。目的地を決めるに当たっては全国鉄道むすめ巡りを絡めたいというこちらの意向がかなり左右されたところがありましたがcoldsweats01、鳥取であれば妻が未踏の地ということ、鳥取までの足に智頭急行を絡めることができることから決定と相成りました。

NHboeing777-200@羽田空港'17.9.29
2017年の夫婦旅は羽田空港からスタート

 さて1日目ですが、羽田から伊丹へのフライトを利用。距離的には岡山空港の方が近いですが、ちょうどいい時間にフライトがなかったことから、やむなく伊丹行きになりました。8時ちょうど発の全日空15便に乗り込んで羽田空港を離陸。この日は天気も良く、雲が少ないこともあって水平飛行中は地上の形状がはっきりと手に取るように見ることが出来ました。

浜名湖@NH15便'17.9.29
浜名湖上空を飛行

 伊勢湾を過ぎ、紀伊半島の上空あたりで伊丹空港へ向けて最終の着陸態勢に入った旨のアナウンス。機体が徐々に高度を下げている中、外の景色を見ていると、眼下に古墳らしき地形が見えてきました。大阪や奈良には大小多くの古墳が点在しておりますが、その時撮影した画像を後日自宅に戻ってから確認したところ、周りにある建物や道路の位置から応神天皇陵であることがわかりました。

応神天皇陵上空@NH15便'17.9.29
上空から古墳の姿を見る

 その後、八尾空港やあべのハルカス、それに大阪城や大阪駅といった大阪を代表する建物や施設を眺めながら機体は降下。伊丹空港へのフライトを利用する際にはこの時が一番の醍醐味ですねhappy01。やがて機体は伊丹空港の滑走路に着陸。羽田から1時間ほどのフライトはあっという間でした(続く)。

あべのハルカス上空@NH15便'17.9.29

宮原総合運転所上空@NH15便'17.9.29

NHboeing777-200@大阪国際空港'17.9.29
(3枚とも)大阪の町をかすめながら伊丹空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.30

6月の全国鉄道むすめ巡りその1~羽田から広島へ

 先月9日と10日の2日間、全国鉄道むすめ巡りで広島を訪ねてまいりました。初日の9日は広島へ向かうため羽田から出発。9時35分発のANA便で飛び立ちました。一応窓側の座席を確保しましたが、チェックインの際に窓枠がずれた位置で外の景色はあまり望めないとの話で、確かに見づらい座席でしたねcoldsweats01。もっとも航路上は全般的に雲が多目で、かすかに若狭湾が見えたくらいでした。

若狭湾@NH675便'17.6.9
広島へ向かう途中、わずかに見えた若狭湾

 結局、11時ちょうどに広島空港に着陸。すぐにリムジンバスに乗り込んで広島市内へ向かいました(続く)。

NHBoeing767-300@広島空港'17.6.9
広島空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.12

週末パスで行く全国鉄道むすめ巡りその2~ラッピング車両の走る仙台空港鉄道を訪ねる

 4月22日の続き。仙台到着後、最初の目的地である仙台空港へ向かいます。その前に一旦改札を抜け、地下にある仙台市営地下鉄の定期券売り場へ。ここで全国鉄道むすめ巡りの限定グッズを入手しました。予定では仙台空港を訪ねてから一旦仙台へ戻り、スタンプが設置されている東西線の荒井駅へ向かうことにしていましたが、仙台への戻りが夕方になってしまい、その時には定期券売り場が閉まってしまうため、先手を打った次第でした。

 一つ目的を果たし、在来線ホームへ移動。この後は仙台空港を目指しますが、一旦先行列車で名取まで向かい、ここから後続の仙台空港行きに乗り込みました。時間があったので、中間駅の杜せきのしたで下車。鉄道むすめの名前にもなっている駅で、イラストが入った飲料の自販機が結構目立つ存在でしたがcoldsweats01、駅前には大型ショッピングモールが建っていて、一緒に降りてきた乗客の多くがそちらへ足を向けておりました。

杜せきのした駅舎'17.4.22

杜せきのした駅構内'17.4.22

杜みなせイラスト入り自販機@杜せきのした'17.4.22
(3枚とも)まだ未訪だった杜せきのした駅に下車

 後続列車に揺られて仙台空港に到着。無事スタンプを押印してまいりましたが、せっかくなので空港の展望デッキで行き交う旅客機を見ながら過ごしてまいりました。この日は好天ではあったものの風が強く、被っていた帽子が飛ばされそうになりましたが、国内の旅客機に混じって台湾のエバー航空の旅客機が出発するところで、小ぢんまりとした空港でありながら国際線の旅客機も目にすることが出来ました。

開業10周年記念&ジョジョHM@仙台空港'17.4.22

杜みなせ等身大パネル@仙台空港'17.4.22

BRAirbusA321-200@仙台空港'17.4.22
(3枚とも)スタンプ押印後、展望デッキで過ごす

 仙台空港では1時間ほど滞在し、そろそろ仙台へ向けて戻ることに。ちょうど杜みなせのラッピング車両が到着したところで、帰りはこちらに乗り込みました。実は来る途中、ラッピング車両とそれ違っており、この日の運用に就いていることは確認することが出来ましたが、外観は杜みなせの様々なイラストがラッピングされているものの車内は至って普通でした。

仙台空港鉄道SAT721-101@仙台空港'17.4.22

杜みなせラッピング'17.4.22-1

杜みなせラッピング'17.4.22-2
(3枚とも)杜みなせラッピング車両に乗って仙台へheart01

 こちらに揺られて仙台に到着。この後は仙台市営地下鉄に乗車しますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.02

つなげて!全国鉄道むすめ巡り西鉄編その9~長崎から帰りの途に

 全国鉄道むすめ巡り西鉄編の続きもいよいよ大詰め。長崎空港に向け、長崎駅前バスターミナルから空港行きのバスに乗り込みます。久しぶりにバスターミナルの中に入りましたが、中の様子は20数年前の頃とあまり変わっていない様子で、新しくなったJRの駅とは対称的ですね。そんなバスターミナルから14時55分、空港行きのバスが発車。途中、長崎の繁華街である新地で乗客を拾った後、高速道路をひた走り長崎空港に到着しました。

長崎バスターミナル待合室'17.2.27

出島@長崎県営バス車内'17.2.27

長崎県営バス@長崎空港'17.2.27
(3枚とも)長崎駅前からバスに乗って空港へ

 搭乗手続きを済ませ、展望デッキでしばし過ごした後、手荷物検査を受けて搭乗口へ向かうことに。この空港を利用するのも10年ぶりですが、思えば国内線を初めて利用したのもここ長崎空港からだったりするので、自分にとっては思い入れのある空港ですね。そんな長崎空港から羽田空港行きJAL614便が16時50分に離陸。夕闇迫る中、1時間半ほどで羽田空港に着陸しました。

JLboeing737-800@長崎空港'17.2.27

右翼@JL614便機内'17.2.27
(2枚とも)長崎空港から帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.25

つなげて!全国鉄道むすめ巡り西鉄編その1~福岡へ

 ようやく画像の整理が終わったので始めることにしますが、先月26日と27日の2日間九州へ出かけてまいりました。目的は全国鉄道むすめ巡り。まずは羽田空港へ向かいますが、今回は浜松町からモノレールを利用しました。上野東京ラインの開業で羽田空港までは品川経由の方が乗り換え1回で済むこともあり、専ら京急利用になっていますが、今回はフライトが早かったこともあって浜松町経由となりました。

東京モノレール1091@浜松町'17.2.26
今回は時間が早いこともあってモノレールを利用

 羽田空港からは福岡行きJAL307便に搭乗。8時過ぎに羽田空港を離陸すると、すぐに眼下には都心の街並みが見えてまいりました。この日は朝から好天に恵まれ、機内からの景色をはっきり見ることが出来ましたが、東京ドームや皇居、それに東京タワーといった東京ではお馴染みのスポットを始め、高層の建物がぎっしりと立ち並ぶ光景は改めて大都市であることを認識いたしました。

東京上空@JL307便'17.2.26
機内から見た東京都心

 JAL307便は中央線沿いに進みながら山梨県方面へ。諏訪湖や南アルプスを見ることが出来ましたが、その後は雲に覆われてしまい、外の景色を堪能することができませんでした。着陸15分ほど前にアナウンスが入り、機体が徐々に降下。玄界灘を見ながら福岡市内のビル群をかすめるように通過していく様子はまさに迫力満点ですね。その光景を見ているうちに機体は福岡空港に着陸。到着後、すぐに地下鉄に乗って目的地へ向かいました(続く)。

箱崎上空@JL307便'17.2.26

JLboeing777-200@福岡空港'17.2.26
(2枚とも)福岡空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.18

秋の西日本紀行その16~出雲空港から飛び立つ

 秋の西日本紀行もいよいよ大詰め。JR出雲市駅前から出雲空港行きのバスに乗り込みます。今回の旅では利用しなかった出雲市駅ですが、高架駅になってから訪れたのは今回が初めてで、どうしても地上駅時代のイメージが強く印象に残っていますね。特に大社線が廃止された1990年前後に何度かこの地を訪ねたことがありますけど、廃止されてから早26年が過ぎてしまいました。

出雲市駅舎'16.11.5
高架駅になってから初めて訪れた出雲市駅

 出雲市駅を出てから30分弱で出雲空港に到着。縁結びにゆかりのある出雲大社のお膝元とあって、「出雲縁結び空港」という愛称が付いておりますが、今から4年前の2012年11月にマイル利用で伊丹空港までのフライトを利用したことがあり、それ以来の訪問となりました。展望デッキにご挨拶してから出発ロビーへ向かうと12時15分、羽田行きJAL280便は出雲空港を飛び立ちました。

しまねっこ@出雲空港'16.11.5
”しまねっこ”に見送られ出発

 帰りは窓側の席だったこともあり、外の景色を堪能することに。この日は天気も良く、絶好の条件でありましたが、飛び立つとすぐに雄大な宍道湖の姿が見えてきました。旅客機から眼下の地上の様子を見てどこの都市かを推測するのが、旅客機の旅の楽しみですが、朝方まで滞在した松江市の上空を過ぎるとすぐに米子市の上空へ。山陰本線と境線の線路がはっきり見えました。

松江市上空@JL280便'16.11.5
朝まで滞在した松江市の上空を通過

 鳥取県を代表する大山の姿に別れを告げた後は延々山の景色ばかりで、景色が今一つ単調になってしまいました。しばらくして遠くに淡路島や大阪市内の様子が見えてきましたが、その後は雲に覆われてしまい、気づいた時には伊勢湾の上空まで達しておりました。やがてシートベルト着用のサインが点灯し機体が降下。ディズニーランドの様子を見ながら羽田空港に着陸しました。

東京ディズニーランド@JL280便'16.11.5
東京ディズニーランドを見ながら降下中

 時刻は14時前。この後は帰るだけでしたが、たまには大宮まで直通するバスを利用することにしました。都心の渋滞が気になるところでしたが、この後は帰るだけで時間は特に気にする必要はなく、バスでのんびり過ごしておりました。結局都心での渋滞は特になく、およそ1時間で大宮駅西口に到着。3日間に渡る旅が終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.29

秋の西日本紀行その1~成田発福岡行き

 今月3日から5日に掛けて博多と山陰地方を廻ってまいりましたが、出掛けに大宮駅に寄り道。東武の乗り場でこの日から発売となった新型特急「リバティ」の記念乗車券を手に入れてまいりました。記念きっぷの発売が続く東武ですが、モノによっては早々に売り切れてしまうことが多いので早めに入手した次第でしたが、後日大宮駅で駅員がテーブルを出して売り込みしているのを見かけ、そんなに慌てずに済んだようですねcoldsweats01

新型特急リバティ愛称決定記念乗車券
行き掛けに大宮駅で入手した新型特急「リバティ」の記念きっぷ

 さてこの日の目的地は博多でしたが、片道だけ貯まっていたユナイテッド航空のマイレージを使用することに。ところが予約の段階で羽田発の適当な時間帯の便に空きがなく、唯一予約が取れたのが成田発の便でした。空港までの移動に時間が掛かるもののこれまで国内線の利用は羽田ばかりだったのである意味新鮮なところ。日暮里からスカイライナーに乗って成田空港へやってまいりました。

京成AE形@成田空港'16.11.3
スカイライナーに揺られて成田空港へ

 以前はJRでも京成でも改札口を抜けると係員による荷物検査が行われ、パスポートや免許証などの確認が求められていましたが、現在は省略されていて久しく来ないうちにずいぶんと変わりましたね。さっそく全日空のチェックインカウンターへ向かいますが、搭乗客の長い列が出来ていて意外と利用者は多かったですね。元より祝日だったことと昨今の海外からの旅行客の増加も影響しているようですが、そのまま搭乗口へ移動となりました。

成田空港'16.11.3
福岡へ向けて出発airplane

 搭乗時刻となり、バスで機材まで移動。全日空2141便は10時15分、成田空港を出発しました。あいにく通路側しか空きがなく、外の景色は拝むことができませんでしたが、この日は朝から好天で機内のアナウンスによれば眼下に富士山が見えるとのこと。機内で大人しく過ごしているうちに12時25分、成田空港から2時間ほどで福岡空港に到着しました。この後、この日の目的地へ向かうべく地下鉄に乗り込みますが、続きは後ほど(続く)。

NHboeing737‐500@福岡空港'16.11.3
晴天の福岡空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.17

北海道完乗旅その4~わずか35分間の空の旅

 北海道完乗旅の続き。新千歳空港に戻り、この後は15時ちょうど発のフライトで函館へ向かいます。すでに搭乗手続きは朝の羽田で済ませてあったので、そのまま展望デッキへ直行。国内線のみならず国際線の旅客機が行き交う様子は見ていても飽きることはなく、そのまま留まっていたい気分でしたが、搭乗時間が気になりだしたところで退散と相成りました。

HDBoeing737‐700@新千歳空港'16.6.5
好天の中、新千歳空港の展望デッキで過ごすairplane

 足早に手荷物検査場へ向かうも出発を待つ乗客の長い列が出来ていてなかなか進まず、次第に不安になってきましたが、しばらくして函館行きを案内する地上職員の声が聞こえたので、優先で検査を受けて無事通過。搭乗口からバスに揺られ、ボンバルディア機の前までやってきました。昨年7月に中部国際空港から仙台空港まで搭乗したのと同じ機体ですが、2台目のバスが到着して乗客が乗り込んだところでドアが閉まりました。

HZDHC‐8‐200@新千歳空港'16.6.5
ボンバルディア機の機内から、ロシアの旅客機を見る

 函館空港行きNH857便は大きなプロペラ音を立てながら新千歳空港を離陸。水平飛行に入り、シートベルトサインが消えたと思ったら、5分ほどで函館空港へ向けて降下を始める旨のアナウンスが流れました。所要時間35分という極めて短いフライトは自分にとっても初めてでしたが、札幌と函館との間はJRやバス利用の方がメインなので、これもマイレージ利用でなければそうそう搭乗する機会もないかもしれませんね。

新千歳空港@NH857便'16.6.5
新千歳空港を離陸

 ボンバルディア機は渡島半島にそびえる恵山を見ながら徐々に降下。函館山や函館駅前、さらには市電の駒場車庫を眼下に見ながら函館空港に着陸しました。この後すぐにバスに乗り込み湯の川へ向かいますが、この続きは後ほど(続く)。

恵山@NH857便'16.6.5

函館駅@NH857便'16.6.5

NHDHC‐8‐Q400@函館空港'16.6.5
(3枚とも)函館空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.14

北海道完乗旅その1~ANA機で北海道へ

 先月5日と6日の2日間、札幌市電の延伸区間と江差線から転換の道南いさりび鉄道、そして北海道新幹線の乗り潰しのため北海道へ行ってまいりました。8時ちょうどのANA53便に搭乗するため、地元日進駅を5時5分に発車する池袋行きに乗車。やってきたのは、りんかい線開業20周年のステッカーを貼った70-000形でした。これまで何度か見かけたことはあったものの、乗車はこの時が初めてとなりました。

りんかい線70-039@赤羽'16.6.5
出掛けに出会ったりんかい線開業20周年記念ヘッドマーク列車

 赤羽で京浜東北線に乗り換えて浜松町へ向かい、モノレールに乗り換えて羽田空港第2ビルに到着。2週間ほど前、ここから熊本へ向けて飛び立ちましたが、その時と比べると2時間ほど早い時間帯でした。まずは搭乗カウンターでチェックイン。今回はユナイテッド航空のマイレージ利用だったので、予めパソコンからプリントアウトしてあった用紙をカウンターで提示し手続きとなりました。

NHboeing777-200@羽田空港'16.6.5
雨の展望デッキで過ごすrain

 朝から雨が降る中、展望デッキで行き交う旅客機を見て過ごした後、手荷物検査場を通り抜けて搭乗口へ向かいました。7時40分過ぎに搭乗手続きが始まり機内へ。8時ちょうど、新千歳空港行きANA53便は羽田空港を離陸しました。新千歳空港行きのフライトに搭乗するのは2011年8月の夫婦旅の時以来でしたが、水平飛行中は厚い雲の上のフライトで、ようやく地上が見えてきた時には北海道の上空でした。

富士山@NH53便'16.6.5
雲の合間から富士山の頭が見えましたfuji

 こうして9時半過ぎに新千歳空港に到着。コインロッカーに荷物を入れて身軽な格好になった後、札幌へ向かうべくJRの乗り場へやってきました。ちょうど待ち時間5分ほどで快速列車が発車するので、指定券券売機で座席指定券「uシート」を入手。座席は他の車両と特段変わりはなく、あくまで着席が確保されるというものですが、荷物があるときや確実に座って行きたい時には便利ですね。

uシート指定券'16.6.5
確実に座りたい時には便利なuシート

 9時45分発快速エアポート97号は新千歳空港を発車するとすぐに地上に出て南千歳に到着。ここから千歳線に入ると25分ほどで新札幌に到着しました。ここで列車から降りて地下鉄に乗り換え。札幌の中心へ向かいます(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧