カテゴリー「航空」の記事

2019.03.26

【1/2】「新春号」に乗って羽田空港へ~東京モノレール

 12日の続き。年始め恒例となっている東武大師線のヘッドマークを拝んだ後は一気に都心へ向かいます。この後は東京モノレール沿線をブラブラすることにしますが、今年は正月三が日に「新春号」というヘッドマークを付けた列車が運転されるとのことでやってきた次第でした。さっそく浜松町駅のモノレールのホームに上がると、目の前に停まっていたのがお目当ての新春号。足早に乗り込むことにしました。10011  浜松町駅のホームに停車中の新春号


 浜松町駅を発車した直後、もう1本の新春号とそれ違い。この後すぐに折り返してくることから、羽田空港国際線ビル駅で待つことにしました。乗車した新春号を見送った後待つことしばし、もう1本の新春号が到着。先程の新春号のヘッドマークは楕円形なのに対して2本目のものは丸でした。どちらのヘッドマークも、2019年の干支であるイノシシのイラストが描かれております。100002本目の新春号は丸型のヘッドマーク


 ここで一旦改札の外へ。せっかくの羽田空港ということで展望デッキに上がってみることにしました。正月三が日とあって展望デッキには多くの見物客が行き交う旅客機を見たり撮ったりしていましたが、そんな中に混じって外国人の姿も多く見かけました(続く)。Lhboeing747400世界各国の旅客機が行き来する国際線ターミナル

|

2019.03.11

18きっぷで旅する長崎行きその11~雨の長崎を発つ

 18きっぷで行く長崎旅も3日目の朝を迎えましたが、この日は長崎空港から午前中のフライトで東京へ帰ることに。朝食を済ませてからホテルをチェックアウトしました。外はあいにくの雨模様。そんな中、空港行きのバスが出る長崎新地ターミナルまで歩くことにします。途中、オランダ坂があることからちょっとだけ寄り道することに。雨が多い土地柄だけに、雨の風景もまた雰囲気が出てくるところですね。

オランダ坂'18.12.16
冷たい雨が降る中、オランダ坂にご挨拶

 新地中華街電停付近に到着。雨の中、行き交う路面電車を見た後、長崎新地ターミナルへやってまいりました。近距離から高速バスまで多くのバスが発着するターミナルですが、学生時代は意外と利用することが少なく、専ら駅前のバスターミナルを利用することが多かったですね。そんな長崎新地ターミナルの1階、ホテルのフロント前は空港行きバスの待合室になっており、しばし待った後、8時29分発の空港行きバスに乗り込みました。

長崎電気軌道500形@新地中華街電停'18.12.16
バスが来るまでの間、新地中華街電停近くで路面電車を観察

 長崎新地ターミナルを出てから30分ほどで長崎空港に到着。チェックインを済ませた後、みやげをいろいろ物色してから手荷物検査場へ進みました。10時10分、JAL608便は長崎空港を離陸。九州上空は厚い雲に覆われていて地上の様子を見ることが出来ませんでしたが、東へ進むにつれて雲の合間から地上が見え始め、着陸直前の房総半島上空では地上の様子を見ることが出来ました。

長崎バス@長崎空港'18.12.16

JLBoeing767-300@長崎空港'18.12.16

木更津駅上空@JL608便機内'18.12.16
(3枚とも)長崎空港から東京へ

 こうして羽田空港には昼前に到着。展望デッキに寄り道した後、リムジンバスで大宮まで帰ってきました。

CAAirbusA330-300@羽田空港'18.12.16
羽田空港の展望デッキにちょっとだけ寄り道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.07

関西、四国、広島ネタ拾い旅その12~広島空港から帰りの途に

 3月末の旅もいよいよ大詰め。空港行きのリムジンバスに乗るため、広島バスセンターにやってきました。一昨年11月、博多からの夜行バスでここに降り立って以来の訪問となりましたが、中国地方で一番の規模を持つバスセンターだけに近距離区間の路線バスから他県へ向かう高速バスまで様々なバスが頻繁に行き来する様子は、見ていて飽きないですね。

リムジンバス@広島バスセンター'18.3.26
広島バスセンターからリムジンバスで空港へ

 14時45分発の広島空港行きリムジンバスに乗り込み1時間弱で広島空港に到着。この後、17時ちょうど発の羽田行きのフライトで帰りの途に付きますが、この日羽田空港では滑走路に亀裂が見つかるトラブルが発生した影響で発着便に遅れが出ているとのことで、これから乗り込む便も折り返しのフライトが遅れているとのことでした。とは言え、この後は東京へ帰るだけなので搭乗案内が流れるのをひたすら待つのみでした。

NHBoeing787‐8dreamliner@広島空港'18.3.26
広島空港に着陸した”ドリームライナー”

 こうして全日空682便は定刻より30分ほど遅れて広島空港を離陸。使用されていた機材はボーイング787”ドリームライナー”でしたが、これが初めての搭乗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.26

関西、四国、広島ネタ拾い旅その1~スカイマークで神戸へ

 3月25日と26日の2日間、関西と四国そして広島と旅してまいりましたが、1日目の25日は羽田空港からスタート。今回は珍しくスカイマーク便を利用しました。出発のおよそ1時間前に羽田空港に到着してチェックインを済ませた後、展望デッキで行き交う飛行機をしばらく見てから手荷物検査場を抜けて出発ロビーへ移動。阪神タイガースのスカイマーク機を横目で見た後、案内に従い旅客機に乗り込みました。

BCboeing737‐800@羽田空港'18.3.25
羽田空港で見かけた阪神タイガースの旅客機

 スカイマーク103便は9時5分、羽田空港を離陸。窓側の席を押さえることができましたが、この日は朝から天気がよかったので景色を楽しむには絶好でしたね。すると離陸してすぐに車両基地らしきものを発見。真下に横浜のランドマークタワーらしきものが見えたことからシーサイドラインの車両基地と判りましたが、2週間後には恒例のシーサイドラインフェスタが開催され、一足先に上空から全貌を見てまいりました。

シーサイドライン車両基地@BC103便機内'18.3.25
機内からシーサイドラインの車両基地を確認

 その後江ノ島や湘南海岸、そして小田原市上空を経て芦ノ湖が見えてまいりましたが、機内ではアテンダントからチョコレートが配られました。スカイマークと言えばJALやANAのような既存のサービスを簡略化し、より安い運賃を提供する印象がありましたが、LCCの台頭によりそれらと一線を画すべくサービスを見直しているようですね。状況によってはスカイマークも選択肢の一つにあってもいいところかもしれません。

キットカット@BC103便機内'18.3.25
機内で配られたスカイマークのロゴ入りチョコレート

 その後も順調に飛行を続け、着陸する旨のアナウンスが流れると徐々に機体が降下。眼下に明石海峡大橋が見えてまいりました。この明石海峡大橋はこの日の夜にも目にすることになり、それについては後ほど紹介するとしてスカイマーク103便は無事神戸空港に着陸。いよいよ関西での1日が始まりますが、続きは後ほど(続く)。

明石海峡大橋@BC103便'18.3.25

鉢伏山@BC103便'18.3.25

BCboeing737‐800@神戸空港'18.3.25
(3枚とも)神戸空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.14

秋の北陸・関西ネタ探し旅その14~伊丹空港から帰途へ

 秋の北陸・関西ネタ探し旅もいよいよ伊丹空港からのフライトで羽田まで帰るのみとなりました。当初の計画ではJRの「秋の乗り放題パス」を利用しようと思っていましたが、たまたま手持ちのJALのマイルを確認していたら期限が近づいているマイルがあることに気が付き、急遽利用することに。今は片道だけでも交換できることから空路利用となった次第でした。

JLBoeing777‐200@伊丹空港'17.10.16
伊丹空港からのフライトで羽田へ

 16時30分、JAL126便は伊丹空港を離陸。わずか1時間のフライトとあって、あっという間に羽田空港に着陸しましたが、夕方の時間帯だった上、天気が悪いこともあって外の景色は望めませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.14

2017鳥取夫婦旅その9~鳥取空港から帰りの途に

 2017夫婦旅もいよいよ大詰め。青山剛昌ふるさと館から鳥取空港を目指します。すぐ近くに空港行きのバス停があり、次のバスは16時20分発。1時間ほどで空港に到着するとそのまま羽田行きのフライトに接続しますが、周りは我々以外乗客がおらず、正直バスが来るのか心配してしまいました。ようやく発車の5分前、車体にコナンのラッピングが施されたバスが到着。無事出発となりました。

鳥取砂丘コナン空港ラッピング'17.9.30
コナンのラッピングが施された空港行きのバス

 バスは30分ほど走って倉吉駅に到着。ここで数名乗客を乗せた後、再び鳥取空港へ向けて走り出しました。その途中、広大な湖面が広がる東郷池の脇を通ってきましたが、学生時代この付近にあったユースホステルに宿泊したことがありました。本当に泊っただけで周辺の散策までせず帰ってしまったのが今も残念なところで、常夏の風景を思わせるような羽合温泉共々再訪してみたいところです。

東郷池'17.9.30
バスから東郷池を望む

 その後、バスは因幡の白兎ゆかりの白兎海岸の脇を通り、鳥取空港には17時半頃に到着。近年、「鳥取砂丘コナン空港」という愛称が付き、ここでも至る所にコナンや登場人物のキャラクターのイラストを見ることが出来ました。その様子を見ながらチェックインを済ませると展望デッキへ。ちょうど羽田からの便が到着したところで、ゆっくりと駐機場に近づいてきました。

鳥取砂丘コナン空港旗@鳥取空港'17.9.30

コナンモニュメント@鳥取空港'17.9.30

NHAirbus320‐200@鳥取空港'17.9.30
(3枚とも)コナン一色の鳥取空港から帰りの途に

 徐々に暗くなる中、羽田空港行き全日空298便は鳥取空港を離陸。すでに外は暗くなってしまったので様子を伺うことはできませんでしたが、特段大きな揺れもなく19時55分に羽田空港に着陸し、2日間の旅は無事終了いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.06

2017鳥取夫婦旅その1~伊丹へのフライト

 今年の夫婦旅ですが、夏を通り越してすっかり秋風が吹く頃となった9月29日と30日の2日間で鳥取を訪ねてまいりました。目的地を決めるに当たっては全国鉄道むすめ巡りを絡めたいというこちらの意向がかなり左右されたところがありましたが、鳥取であれば妻が未踏の地ということ、鳥取までの足に智頭急行を絡めることができることから決定と相成りました。

NHboeing777-200@羽田空港'17.9.29
2017年の夫婦旅は羽田空港からスタート

 さて1日目ですが、羽田から伊丹へのフライトを利用。距離的には岡山空港の方が近いですが、ちょうどいい時間にフライトがなかったことから、やむなく伊丹行きになりました。8時ちょうど発の全日空15便に乗り込んで羽田空港を離陸。この日は天気も良く、雲が少ないこともあって水平飛行中は地上の形状がはっきりと手に取るように見ることが出来ました。

浜名湖@NH15便'17.9.29
浜名湖上空を飛行

 伊勢湾を過ぎ、紀伊半島の上空あたりで伊丹空港へ向けて最終の着陸態勢に入った旨のアナウンス。機体が徐々に高度を下げている中、外の景色を見ていると、眼下に古墳らしき地形が見えてきました。大阪や奈良には大小多くの古墳が点在しておりますが、その時撮影した画像を後日自宅に戻ってから確認したところ、周りにある建物や道路の位置から応神天皇陵であることがわかりました。

応神天皇陵上空@NH15便'17.9.29
上空から古墳の姿を見る

 その後、八尾空港やあべのハルカス、それに大阪城や大阪駅といった大阪を代表する建物や施設を眺めながら機体は降下。伊丹空港へのフライトを利用する際にはこの時が一番の醍醐味ですね。やがて機体は伊丹空港の滑走路に着陸。羽田から1時間ほどのフライトはあっという間でした(続く)。

あべのハルカス上空@NH15便'17.9.29

宮原総合運転所上空@NH15便'17.9.29

NHboeing777-200@大阪国際空港'17.9.29
(3枚とも)大阪の町をかすめながら伊丹空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.30

6月の全国鉄道むすめ巡りその1~羽田から広島へ

 先月9日と10日の2日間、全国鉄道むすめ巡りで広島を訪ねてまいりました。初日の9日は広島へ向かうため羽田から出発。9時35分発のANA便で飛び立ちました。一応窓側の座席を確保しましたが、チェックインの際に窓枠がずれた位置で外の景色はあまり望めないとの話で、確かに見づらい座席でしたね。もっとも航路上は全般的に雲が多目で、かすかに若狭湾が見えたくらいでした。

若狭湾@NH675便'17.6.9
広島へ向かう途中、わずかに見えた若狭湾

 結局、11時ちょうどに広島空港に着陸。すぐにリムジンバスに乗り込んで広島市内へ向かいました(続く)。

NHBoeing767-300@広島空港'17.6.9
広島空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.12

週末パスで行く全国鉄道むすめ巡りその2~ラッピング車両の走る仙台空港鉄道を訪ねる

 4月22日の続き。仙台到着後、最初の目的地である仙台空港へ向かいます。その前に一旦改札を抜け、地下にある仙台市営地下鉄の定期券売り場へ。ここで全国鉄道むすめ巡りの限定グッズを入手しました。予定では仙台空港を訪ねてから一旦仙台へ戻り、スタンプが設置されている東西線の荒井駅へ向かうことにしていましたが、仙台への戻りが夕方になってしまい、その時には定期券売り場が閉まってしまうため、先手を打った次第でした。

 一つ目的を果たし、在来線ホームへ移動。この後は仙台空港を目指しますが、一旦先行列車で名取まで向かい、ここから後続の仙台空港行きに乗り込みました。時間があったので、中間駅の杜せきのしたで下車。鉄道むすめの名前にもなっている駅で、イラストが入った飲料の自販機が結構目立つ存在でしたが、駅前には大型ショッピングモールが建っていて、一緒に降りてきた乗客の多くがそちらへ足を向けておりました。

杜せきのした駅舎'17.4.22

杜せきのした駅構内'17.4.22

杜みなせイラスト入り自販機@杜せきのした'17.4.22
(3枚とも)まだ未訪だった杜せきのした駅に下車

 後続列車に揺られて仙台空港に到着。無事スタンプを押印してまいりましたが、せっかくなので空港の展望デッキで行き交う旅客機を見ながら過ごしてまいりました。この日は好天ではあったものの風が強く、被っていた帽子が飛ばされそうになりましたが、国内の旅客機に混じって台湾のエバー航空の旅客機が出発するところで、小ぢんまりとした空港でありながら国際線の旅客機も目にすることが出来ました。

開業10周年記念&ジョジョHM@仙台空港'17.4.22

杜みなせ等身大パネル@仙台空港'17.4.22

BRAirbusA321-200@仙台空港'17.4.22
(3枚とも)スタンプ押印後、展望デッキで過ごす

 仙台空港では1時間ほど滞在し、そろそろ仙台へ向けて戻ることに。ちょうど杜みなせのラッピング車両が到着したところで、帰りはこちらに乗り込みました。実は来る途中、ラッピング車両とそれ違っており、この日の運用に就いていることは確認することが出来ましたが、外観は杜みなせの様々なイラストがラッピングされているものの車内は至って普通でした。

仙台空港鉄道SAT721-101@仙台空港'17.4.22

杜みなせラッピング'17.4.22-1

杜みなせラッピング'17.4.22-2
(3枚とも)杜みなせラッピング車両に乗って仙台へ

 こちらに揺られて仙台に到着。この後は仙台市営地下鉄に乗車しますが、この続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.02

つなげて!全国鉄道むすめ巡り西鉄編その9~長崎から帰りの途に

 全国鉄道むすめ巡り西鉄編の続きもいよいよ大詰め。長崎空港に向け、長崎駅前バスターミナルから空港行きのバスに乗り込みます。久しぶりにバスターミナルの中に入りましたが、中の様子は20数年前の頃とあまり変わっていない様子で、新しくなったJRの駅とは対称的ですね。そんなバスターミナルから14時55分、空港行きのバスが発車。途中、長崎の繁華街である新地で乗客を拾った後、高速道路をひた走り長崎空港に到着しました。

長崎バスターミナル待合室'17.2.27

出島@長崎県営バス車内'17.2.27

長崎県営バス@長崎空港'17.2.27
(3枚とも)長崎駅前からバスに乗って空港へ

 搭乗手続きを済ませ、展望デッキでしばし過ごした後、手荷物検査を受けて搭乗口へ向かうことに。この空港を利用するのも10年ぶりですが、思えば国内線を初めて利用したのもここ長崎空港からだったりするので、自分にとっては思い入れのある空港ですね。そんな長崎空港から羽田空港行きJAL614便が16時50分に離陸。夕闇迫る中、1時間半ほどで羽田空港に着陸しました。

JLboeing737-800@長崎空港'17.2.27

右翼@JL614便機内'17.2.27
(2枚とも)長崎空港から帰りの途に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧