カテゴリー「バス」の記事

2020.03.13

久しぶりの沖縄紀行その1~高速バスで名古屋へ

 昨年10月1日に沖縄都市モノレールの首里とてだこ浦西との区間が延伸開業しました。何分遠方にこともあってそうそう気軽に乗りに行くというわけには行きませんが、乗り潰しを目指した身にとっては早いうちに乗っておきたいところ。そこで、手持ちのマイレージを使って訪ねることにしました。とは言え、すんなり羽田と沖縄を往復するというのも面白くないところ。スタートは高速バスが出発する夜の東京駅八重洲南口からとなりました。

東京駅八重洲南口'20.1.30旅のスタートは東京駅八重洲南口

 22時50分発ドリームなごや1号は東京駅八重洲南口を発車。この便は昨年5月、三岐鉄道北勢線や全国鉄道むすめ巡りでリニモを訪ねた際に利用しておりますが、最初の休憩箇所である足柄サービスエリアでは車外から降りてトイレを済ませたものの、その後はすっかり眠りについてしまい、次に気が付いた時には終点名古屋駅に到着する旨のアナウンスが車内に流れた時でした。

ドリームなごや1号@名古屋駅新幹線口'20.1.31早朝の名古屋駅に到着

 こうして夜もまだ開けやらない名古屋駅新幹線口に到着。さっそく次の目的地へ向かうべく近鉄の乗り場へ進みます(続く)。

| | コメント (0)

2020.01.24

【11/25】2度目の小湊鐡道訪問とちばたまライナーお名残乗車

 11月に北神急行のキャラクター、北神弓子がデザインされたヘッドマークを付けて運行していた小湊鐡道。11月末に再訪してまいりました。内房線で五井駅まで向かい小湊鐡道に乗り換え。今回もあまり遠方まで足を延ばせず、次の上総村上駅で下車することにしました。初めて降り立った駅でしたが、近くの警報器のない踏切で待っているとお目当てのヘッドマークを付けた2両編成のディーゼルカーが上総牛久方面へ向けて出発していきました。

小湊鐡道キハ200形@上総村上'19.11.25上総村上駅近くで応援ヘッドマークを付けたディーゼルカーと出会う

 さて行きと帰りは例によって小湊鐡道の高速バス、「ちばたまライナー」を利用しましたが、残念なことに11月一杯で廃止とのこと。大宮と千葉を乗り換えなしで移動できる貴重な足だっただけに廃止は残念なところで、この日は廃止の5日前ということでお名残を兼ねて乗車した次第でした。大宮発着の近距離の高速バス路線と言うとかつてつくばへ向かう便があったものの数年で廃止の憂き目にあってしまい、なかなか根付かないですね。

小湊鐡道バス@蘇我駅東口'19.11.25

ちばたまライナー廃止のお知らせ@蘇我駅東口'19.11.25

(2枚とも)11月末で廃止された高速バス「ちばたまライナー」で大宮へ

| | コメント (0)

2020.01.02

全国鉄道むすめ巡り完結の旅その8~ひたすら東へ

 前回の続き。兵庫駅に戻り、再び山陽本線に乗って東を目指します。この先、降りて過ごすには時間がないものの、ランチくらいはどこかで下車して食べたいところ。ふと彦根駅前にある近江ちゃんぽんを思い出し、まっすぐ彦根駅まで向かいました。11時ちょっと前に彦根駅に到着したので、開店と同時に店内へ。今回で近江ちゃんぽんを頂くのは2回目でしたが、長崎ちゃんぽんとはまた違った味わいなのが興味深いですね。

近江ちゃんぽん@ちゃんぽん亭'19.10.26彦根駅前の近江ちゃんぽんの店でランチタイム

 米原からはJR東海エリアへ。12時ちょうど発大垣行きは311系がやってきました。311系というと名古屋エリアで新快速として疾走していたイメージが強いですが、19897月にデビューして以来30年以上が経過し、新快速ばかりでなく静岡地区や武豊線などでも活躍の幅を広めています。JR東海ではすっかり古参の部類になってしまい、今後の動向が気になるところです。

クハ310-9@米原'19.10.26米原から311系に揺られJR東海エリアへ

 大垣駅で新快速豊橋行きに乗り換え。始発とあって一度着席してしまえば後は終点まで揺られるだけなのが有難いところですが、乗っている間は車窓を眺めるくらいしかできないので退屈な時間になってしまいがちです。そんな中、終点豊橋駅からそのまま浜松行きになるとのアナウンス。おかげで荷物を持って移動する必要がなくなり、すっかりお馴染みになった知立名物のあんまきを豊橋駅停車中に手に入れてきました。

あんまき
豊橋駅でおみやげにあんまきを入手

 そのまま浜松駅まで乗り通し、1511分発熱海行きに接続。8月に全国鉄道むすめ巡りで和歌山を訪れた帰りと全く同じコースになりました。こちらも始発なので、一度座ってしまえば後は終点まで揺られるだけ。そのまま熱海まで向かう予定でしたが、沼津で40分ほど待てば上野東京ライン宇都宮行きがあることから下車することにしました。駅前に出てみると、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の新しいラッピングバスと出会いました。

伊豆箱根バス@沼津駅南口'19.10.26すっかり日が暮れた沼津駅前でアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の新しいラッピングバスと出会う

 188分発宇都宮行きで沼津駅を発車。途中で後続の高崎線直通に乗り換えて帰ってきました。

| | コメント (0)

2019.10.27

全国鉄道むすめ巡り紀伊半島編その1~ホワイトビーチシャトルで白浜へ

 着々とスタンプが集まりつつある全国鉄道むすめ巡り。今回は三陸や九州がなく、これまでに比べてエリアが幾分狭くなりましたが、代わりに白浜駅がスタンプ設置場所に加わりました。白浜と言えば4年前の20158月、夫婦旅でアドベンチャーワールドを訪問。伊丹空港から寄り道しながら半日ほどかけて白浜駅に到着した時には、改めて遠いことを実感した次第でした。

 さて、今回の全国鉄道むすめ巡りでどうやって白浜まで行くか検討しておりましたが、西武バスが運行する高速バス「ホワイトビーチシャトル」という大宮と南紀白浜を結ぶ路線があり、以前からその存在は知っていたもののなかなか利用する機会がありませんでした。こちらに乗って行けば直接紀伊半島へ行けることもあって、今回の全国鉄道むすめ巡りにはまさにうってつけ。ようやくその機会に恵まれることになりました。

 20時過ぎ、びわこドリーム号などの西へ向かう高速バスで度々利用する大宮駅西口のバス停を出発。この時点で乗客は自分一人だけで、首都高で都内に入ると池袋駅東口に続いてバスタ新宿に停車し、乗客を乗せていきました。さすがに都内ではそれなりの乗車があり、座席は半分ほどの埋まり具合。その後、横浜市内のYCATで客扱いをして東名高速道路に入り、定番の足柄サービスエリアで休憩後、深夜の東名高速道路を西へひた走ります。

 翌朝6時前、阪和自動車道の紀ノ川サービスエリアで休憩。大阪と和歌山の県境に位置するところで、サービスエリアのある高台からは和歌山市内や眼下を行き来する阪和線の列車を望むことができました。それにしても今回使用されていた西武バスはこれまで京都びわこドリーム号やドリームさいたま号などで見慣れているものの、ここ和歌山県で目にするとどこか新鮮味を感じますね。

ホワイトビーチシャトル@紀ノ川サービスエリア'19.8.5早朝の紀ノ川サービスエリアに停車中の「ホワイトビーチシャトル」

 その後ホワイトビーチシャトルは和歌山県内の停留所をこまめに停車。午前7時半頃に紀伊田辺駅を過ぎ、20分ほどでとれとれ市場前停留所に到着し、ここで下車となりました(続く)。

| | コメント (0)

2019.10.13

7月の1泊2日“いずっぱこ”旅その5~帰りは沼津からラッピングバス

Sa_20191013192801

 前回の続き。三島駅まで戻ってきましたが、この後は帰るだけとなりました。今回も沼津から高速バスで東京まで帰ることに。沼津駅南口を1550分に発車する便に乗り込みます。すっかりお馴染みになった、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバスに乗り込み沼津を出発。夏至に近い時期とあって、まだ真っ暗になる前に終点東京駅日本橋口に到着しました。

| | コメント (0)

2019.10.09

7月の1泊2日“いずっぱこ”旅その1~三島エクスプレス号で出発

 79日から、伊豆箱根鉄道駿豆線で運行されている70007502編成「Over the Rainbow号」にアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のキャラクター、津島善子のバースデーヘッドマークが掲出されるとのことで、さっそく訪ねてまいりました。今回は今年5月に大井川鐡道を訪ねた際に乗車した高速バス「三島エクスプレス」を利用。バスタ新宿を1940分に発車する便は前回と同じラッピング車両が使用されておりました。

三島エクスプレス号@バスタ新宿'19.7.12バスタ新宿から三島エクスプレス号に乗車

 三島エクスプレス号はほぼ定刻にバスタ新宿を出発すると途中の休憩もなく、ひたすら東名高速道路を走行。目立った遅れもなく、21時半過ぎに三島駅南口に到着しました。そのまま予約してあった駅前のホテルにチェックイン。翌日に備えました(続く)。

| | コメント (0)

2019.09.24

全国鉄道むすめ巡り北陸編その1~夜行高速バスで高岡へ

 全国鉄道むすめ巡りも完集に向けてこつこつスタンプを集めて回っておりますが、今回は北陸の2か所を訪ねることに。行きは高岡行きの夜行高速バスに乗車しました。過去何度か利用したことのある川越的場バス停から出発。JR川越線の的場駅から歩いて10分ほどの距離にあり、深夜の23時台でありながらバス停近くに大型スーパーがあることから便利なところですね。ちなみにこの日の乗客は自分一人でした。


川越的場バス停'19.6.24

北陸の旅はここからスタート

 翌朝5時過ぎ、富山駅前に到着。今回の全国鉄道むすめ巡りでは富山ライトレールが参加していないことからここはパスと相成りましたが、その富山ライトレールは来年富山地鉄に編入されることが決まっており、鉄道むすめの存在も含め気になるところですね。その後もバスは県内の停留所に細々と停車。当初高岡市内にある加越能バス本社まで行く予定でしたが、その手前の高岡駅前で降りることにしました。

富山地鉄バス@高岡駅前'19.6.25高岡駅前に到着

 さっそく高岡駅前からこの日の行動を開始することにしますが、続きは後ほど(続く)。

| | コメント (0)

2019.09.11

【6/11】6月のいずっぱこ訪問 前編

 “いずっぱこ”こと伊豆箱根鉄道駿豆線で活躍する”Over the Rainbow” 7502編成に6月中、アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場する小原鞠莉のバースデーヘッドマークを付けて運行されるとのことで、その姿を拝みに現地へ向かうことに。行きは東京駅八重洲南口9時ちょうど発の沼津行き富士急シティバスで出発しました。「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピング車両を使用した便で、自分にとってすっかりお馴染みになりました(笑)。

富士急シティバス@足柄SA'19.6.11行きはお馴染みのラッピングバスに乗車

 バスは11時半前、沼津駅北口に到着。ちょうど昼時だったので、三島へ向かう前にここでランチタイムとしました。沼津と言えばやはり海の幸が外せないところ。しかし沼津港まで行くとなるとバスで15分ほど掛かる上、店の混み具合によっては今後の予定が左右されてしまうので些か心配なところです。そこで今回は駅の南口にある商業施設「イーラ」3階にある寿司屋で頂くことに。時間が少し早目だったせいか、すぐに入ることが出来ました。

海鮮丼@沼津魚がし鮨'19.6.11沼津駅南口の商業施設内の寿司屋でランチタイム

 腹が満たされ、沼津駅から東海道本線で一駅揺られて三島駅に到着。さっそく伊豆箱根鉄道の乗り場へ向かいますが、公式サイトに掲載されているラッピング車両の時刻表によれば、到着まで少し時間があったことから駅の少し先にある踏切で列車を待つことにしました。まずは“Happy Party Train”こと3506編成が接近。こちらを見送り、三島駅へ向かいました。

伊豆箱根鉄道3000系@三島'19.6.11三島駅近くでHPTと対面

 ホームに入ると、続いてOver the Rainbow号が到着。まずはHPTに乗って出発することにしましたが、少し長くなってきたので、一旦この辺りで切ることと致します(続く)。

| | コメント (0)

2019.08.29

全国鉄道むすめ巡りの旅 大井川鐡道編その5~井川からの帰り道

 前回の続き。井川駅で無事に全国鉄道むすめ巡りのスタンプを押印し、折り返し1233分発の千頭行きに乗り込みます。改めて時刻表を確認したところ、次の閑蔵駅から千頭駅行きのバスが10分後に発車するとのこと。金谷駅で手に入れた「大井川周遊きっぷ」は千頭周辺の路線バスも乗車できることからこちらに乗ることにしました。その閑蔵駅は周辺を小高い木で覆われており、いわゆる“秘境駅”の雰囲気が漂っておりました。

600_20190829191701

秘境の雰囲気が漂う閑蔵駅で下車

 千頭行きの列車を見送った後、駅を出て少し坂を下ったところにあるバス停へ移動。千頭駅行きのバスが停まっていて、足早に乗り込むと13時ちょうど、閑蔵駅前を後にしました。バスは山道を進みながら概ね井川線に沿って走行。途中、奥大井湖上駅を見渡せるところに差し掛かると運転手の計らいで徐行しながら駅の様子を見ることが出来ました。改めて素晴らしい景色を堪能することが出来、次回こそは下車してのんびり過ごしてみたいところ。

Photo_20190829191901 千頭行きバスから奥大井湖上駅を望む

 バスはくねくね曲がる山道を進みながら、終点千頭駅に到着。閑蔵駅前を出てからの所要時間は30分ほどで、先程乗車した千頭行きの列車はアプト式の区間に差し掛かった頃でした。一方、駅構内には新金谷からやってきたSL列車が到着。折り返しの運転に向けてSLの付け替え作業を行っておりました。やはり大井川鐡道と言えばSLは外せないところですが、朝方発生した倒木の影響はすでに解消されていたようですね。

C5644_20190829192101千頭駅で出迎えてくれたSL列車

 ここからは1435分発の金谷行きに乗車。この日2度目の元南海ズームカーでまっすぐ終点へ向かいました(続く)。

21000_20190829192301トーマスの機関車たちに見送られ、ズームカーは千頭を発車

| | コメント (0)

2019.08.24

全国鉄道むすめ巡りの旅 大井川鐡道編その1~バスタ新宿から出発する

 全国鉄道むすめ巡りのスタンプも着々進みつつある中、5月後半は大井川鐡道を訪ねることに。1940分発の三島行きの高速バス「三島エクスプレス号」に乗るべくバスタ新宿へやってまいりました。実はバスタ新宿を利用したのはこれが初。出発前に夕飯を済ませようとするも、ターミナル内はコンビニがある他は飲食店がないのは些か難儀でしたね。この辺り、ターミナル内の食事処の充実は欲しいところです。

Photo_20190824200701初めて利用したバスタ新宿

 結局コンビニで買い込んでバスに乗車。1940分、三島エクスプレス号はバスタ新宿を後に致しました。乗り込んだバスはアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピング車両が使用されており、座席の背もたれにもキャラクターのイラストもデザイン。ちなみにラッピングのイラストは伊豆箱根鉄道で現在活躍中の「Over the Rainbow号」と同じものでした。

Photo_20190824201601

20190528_21214120190824_2013431 (3枚とも)アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピングバスに乗って三島へ

 21時半過ぎに三島駅南口に到着。この日の宿が三島広小路駅近くのホテルということで、一区間だけいずっぱこに揺られることにしましたが、首尾よく「over the rainbow号」がやってきたので、こちらに乗り込みました(続く)。

7000_20190824202001一区間だけ乗車~Over the Rainbow

| | コメント (0)

より以前の記事一覧